幸せのカケラ

1700名以上の人と向き合ってきたカラーセラピスト&コーチ。
がんばっても成果の出ない、自分を好きになりたいあなたへ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

個性を語れる自分になる

2017-05-30 21:03:52 | 自分スタイルをデザイン
こんばんは。
伊藤裕子です。


急激に気温が上がり、湿度も高くなってきた神奈川です。
みなさま、いかがお過ごしですか?

この週末は、久しぶりにホームステイの受け入れ。
カナダ在住の中国人の女の子が2泊3日、我家に滞在していました。


よく

 「日本人は◯◯だ」

 「日本人に比べて欧米人は△△だ」

などと言われますが、
それは本当であり、嘘…というかステレオタイプだなぁと思います。


どこの国にもいろいろな人がいる。

 シャイで話すのが苦手なイタリア人。

 踊れないメキシコ人。

 声の小さい中国人。

 話の止まらないアフリカ大陸のみなさん…


私たちだって

 「日本人だから奥ゆかしいにちがいない」とか

 「日本人だから自分の意見なんてないでしょう」

と言われたら「は?」って思いますよね。


 日本にも、いろいろな人がいるんですけどー!


って。



どこの国でも、どこの地域でも、それは同じです。

だからもちろん
自分たちのまわりにも、それはそれはたくさん…
いろいろな経験をもった、いろいろな背景のある、いろいろな価値観の人がいるのです。



確かに、お国柄というものはある。
それも事実です。

その国の文化、言語、価値観の中で育ったからこそ
もっているセンスというものがあるから。


でも、みんな「個人」だからね。


 自分と他人は違うということ

 そして、どっちもアリだということ


それを認めあえる社会であればいい。


そのためには、

 「自分は何者なのか」

を語れることも大切です。


海外の人と触れ合うと、
日本人がいかに自国の歴史や価値観、文化や背景を語れない民族なのかを痛感します。

それは、自分自身を語ることをしてこなかったことにも
通じているのかもしれないな〜って。


自分でビジネスをするにしても、

会社で自分をアピールするにしても、

自己主張していくためには

自分のことを語れるようになることが大事ね。



 「日本てどんな国?」

 「あなたは何者?」


この質問に答えられますか?



「自分を知る」を体験しよう。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント

外の刺激と自分の強み

2017-05-25 18:50:34 | 自分スタイルをデザイン
こんばんは。
伊藤裕子です。


お仕事すると元気になる。
大好きすぎてどうしよう(笑)なんて、幸せを感じています。


カラーセラピーやカウンセリング、コーチングのセッションや
パーソナルカラー診断を通して思うのは

みんな自分の生かし方を知らないだけ

自分の強みに気づいていないだけなんだな〜

ということ。


だから余計なことに囚われたり、

グルグル思考から抜け出せなくなってしまったり

それ自体に気づけなくなっていたり。


外からの刺激(セッションとか診断とか)を受けることで
自分を外側から見られるようになる。

自分を外側から見ることで、
自分の内側を感じられるようになる。


どちらかだけということはないというわけです。


今日はこれからエスペラント。
プライベートのお楽しみタイムですが、油断して見たかった番組の録画を忘れてしまった!

「忘れる前にやらなきゃ!」
と思ったことは、思った瞬間に行動に移さなきゃダメだな…

と、改めて思い知ったのでした。




いい夜を。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント (2)

「あなたは何者ですか?」

2017-05-12 10:21:58 | 自分スタイルをデザイン
おはようございます。
伊藤裕子です。


生田緑地にある岡本太郎美術館に行ってきました。



常設展のテーマは『赤の衝動』。

「あなたの好きな色は何ですか?」と尋ねられると必ず「赤」と答えていたという岡本太郎さん。
「赤」は彼にとって炎や太陽、血、そして命の色でしたーーー

とあるのですが、色彩心理や象徴、チャクラの視点から考えても
赤はまさに
火・血・地平近くの太陽(朝日・夕日)、そして生きる力を表す命の色。

それをそのまま感じ、キャンバスに表現されていたということ。


彼は言いました。

 「今の日本人は、『生きてる人』が少ない」

彼がそう言った時代からさらに30年。
あの頃以上に、『本当に生きている人』は少ないように思います。


自分の内側にある衝動を
何かしらの形で表現するのがアーティスト。

作品の好き嫌いは個人の嗜好なので置いておいて、
自己表現するというのは、やはりすばらしい

バーバル(言語)でも、
ノンバーバル(非言語)でも。


  


「あなたは何者ですか?」

そう問われたとき、あなたはどう答えるでしょうか?
答えることが、できるでしょうか?


日本人で、仕事は◯◯で、家族は△△で、ペットを飼っていて…

というのは
ただの肩書きであり、あなたの外側の情報です。

「あなたは何者か」の問いの答えにはなっていません。


 じゃあ、私って何者なのか?


日本人はこの質問が苦手。

され慣れていないから。
だから答えられない人が多いのです。

日本に長く住んでいる外国人が、口を揃えてこぼすのが

 「『どこから来たの?
   どうして日本に来たの?
   納豆食べられる?
   日本語上手ね』
  …以外のことを言ってくれ!」

ということ。

 「『私は青が好きなんだけどね、あなたは?』とかさぁ、聞けないの?」

って。

そうだよね〜…


 「あなたは何者ですか?」 


あなたはどう答えますか?


そんな質問に答えられる自分になるセッションもご用意しています。
気になる方は、こちらから。




私は春が大好き。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント (2)

とりあえず一歩。答えは未来のワタシが知っている

2017-04-04 07:00:00 | 自分スタイルをデザイン
おはようございます。
伊藤裕子です。


今日は「とりあえず一歩」のお話。


何かを学び始めようと思う時、あなたはどうしますか?


 ・話を聞きに行く?

 ・資料を取り寄せる?

 ・ネットで調べてみる?


いろいろな「はじめの一歩」があるだろうと思いますが、
大事なのは《実際に動くこと》です。

特に


 自分には何が合っているのか

 自分には何が最善か


で悩んだり迷ったりしている場合。
ひとりで考えていても、ほとんどの場合答えはわかりません。

だって、考えて答えを導きだそうとしているのは
その世界を知らないあなたなんだもの。

知らないものに対して、
過去のデータから判断しようとしても、適切な判断はできません。


 だって知らないんだもの!!


だったらとりあえず、やってみる。

体験してみないと、
それが自分に合っているのかどうかはわからないのです。



たとえば「何か語学を学びたい」と思ったとします。

自分にはスペイン語が向いているのか、それともフランス語か…
語学スクールに問い合わせて


 「私にはどっちがあっているでしょうか?」

 「どっちがオススメですか?」


と聞いても、スクール側は困りますよね。
お客様に、


 何故学びたいと思ったのか

 今の状況はどんななのか

 何に興味があるのか

 それを使って何をしたいのか


を伺うことはできます。
アドバイスも可能です。

でも


 「じゃあ私に合っているのはスペイン語だということですか?」

 「フランス語がオススメだということですか?」


と言われても、スクール側は「はい、そうです」とは言えません。
決定権は本人にしかないのです。


 どっちもそれぞれ魅力があります。

 だからもし興味があるのなら、両方受けてみたらいかがですか?


むしろ言えるとしたらこうかもね。

やる前にどっちがその人に向いているのかなんて誰にもわからないし
その方がどう感じて、生かしていくことができるかなんて、
未来のその人しかわからないことだもの。


頭でごちゃごちゃ考えていても、あなたの欲しい「最善」は手に入りません。

ひとつやってみて、そこから見えてくる世界が
あなたの判断基準のベースを作り始めるのだから。


 考えるより、行動。


その方が断然早いし、ワクワクです♡



これぞ行動療法。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント

大変身プログラム&はじめの一歩のお茶会

2017-02-26 13:31:59 | 自分スタイルをデザイン
こんにちは。
伊藤裕子です。


久々に出展した昨日のイベント。
正直、ほとんど詳細を知らないままお手伝いさせていただく感じだったので


 どんなお客様がいらっしゃるのかな?

 緊張するな〜…(←いつまでたっても慣れない)

 私のところに来てくださるかな〜?


なんて思っていたのですが…

蓋を開けてみたら
開始から終了まで、ほぼお休みなくセッションさせていただくことに…!

お越しくださったみなさま、ありがとうございました。


今回だけで終わることなく、
人生が動き始めた最初の一歩として
この後も継続してみなさまの人生を動かしていくために
私とまた時間を共有していただけたら嬉しいです。


そ・し・て・!


わざわざ、顔が見たいからと
お誕生日プレゼント片手に顔を出してくださったAさん!!

どうもありがとうございました

めちゃくちゃ嬉しかった〜〜〜っ



紅茶大好きな私にとって、最高に嬉しいプレゼント♡

世の中にはこんなに素敵な商品があるのね
知らなかった〜!!

G clefの紅茶を入れてお出かけしよう♡



昨日、私が思ったこと。

 私やっぱりこの仕事が大好きだわ


そして出展者仲間に言われて嬉しかったこと。

 一瞬で相手の本質とその人が囚われていることの本質を見抜ける能力がすごい

 本気で変わりたい人向けに、1年かけて大変身できるプログラムを提供して。

 それだけの能力とスキルがあるじゃん!!



ありがとう〜!!

そうね、もっと広くたくさんの人が、
美と健康と自分らしい幸せを楽しめる豊かな生活を送れるように。

やってみよう。


それからもうひとつ。


 「ひろさんに会ってみたいけど、セッションてよくわからないんだよな〜」とか

 「またひろさんに会いたいけど、今はセッション受けるという感じじゃないんだよな〜」とか

 「ひろ先生が今、開講している講座のカリキュラム以外の話も聞きたいな〜」とか

 「学ぶにしても、その前にちょっとお話してみたいな〜」


という方とお会いできるような時間を作ってみようかなと思っています。

お茶会とか、ランチ会かな?
開催したら、みなさん来てくださるかしら??


大変身プログラム&はじめの一歩のお茶会、
ご希望の方、ご興味ある方、
メールでもメッセージでもコメントでも、声を聞かせていただけたら嬉しい♡



毎日がHappy Day!

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント

答えは子どもたちが知っている

2017-02-16 17:24:31 | 自分スタイルをデザイン
こんにちは。
伊藤裕子です。


奈良・伊勢から帰ってきて、
昨日は1日ぐったりゴロゴロしていました。

それが許される環境に感謝。
それができるようになった自分を撫でてあげたい。

そして何より
そんな私を受け入れてくれている主人に感謝です♡


  


「何かをしていないといけないんじゃないか」

「みんな働いているのに、休むなんて許されないんじゃないか」

そんな罪悪感を感じて
人は勝手に自分にプレッシャーを与えます。

休みなくたくさん働く人がエライとか
「お休み=怠慢、サボり」だと思ってしまうとか
そういう気持ちがインプットされている人は多いみたい。

かくいう私もそうでした。


でも、
それは全部、神話(ファンタジー)です。


確かに、そんな時代もありました。
そう言われたことがある人もいらっしゃると思います。


でも、

 それだと苦しくない?

 違和感を感じない?


努力・忍耐・根性ではもうどうにもならないことに
気づき始めた人が多いから、こんなに

 「自分らしく生きたらいいのよ」

と言う人が増えたのではないでしょうか。





 魂は、生まれながらに完璧

なのだと言われています。
つまり

 人は、生まれながらに完璧

だということ。

 悩みや引っかかりは、青空に浮かんでいる雲ようなもの


初めてこれを聞いたのは、
何だかよくわからないことでグルグル悩んでいた時期でした。

 そうなんだ〜

と思いつつ、

 でも…

とまたグルグルに入っていくのが私たち(笑)

そんなときは、
何も考えないで体が求めるままに一歩を踏み出すことをオススメします♡


  


赤ちゃんは寝るのが仕事。

子どもは遊ぶのが仕事。

じゃあ大人は…?

赤ちゃんと子どもの、子どもと大人の境目って、どこ?


子どもたちの行動に、私たち大人が求める答えがたくさん、隠されているのよ




今でもあなたは子どもの才能を持っている。

伊藤裕子でした♡



■ お悩み解決個人セッション ■

■ 資格取得とセルフケア ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント (2)

大ファンの彼女は◯◯歳!?

2017-01-25 15:44:20 | 自分スタイルをデザイン
こんにちは。
伊藤裕子です。


今日はファンができる店員さんのおはなし。


新居に引越して何度かお世話になっているホームセンターの
カーテンコーナーにいらっしゃるHさん。

私たちが求めていることを伝えると、
いつもきちんと聴いて
専門家としてのアドバイスをくださいます。


 当たり前?


でもこれが、当たり前にみんながしていることではないのだと
彼女の不在時に他の方と話をしてわかりました。


  全然話が通じない

  こちらの言っていることが伝わらない

  割引の話ばかりする

  「〜だと思いますけど…」と、責任をもたない発言をする

  こちらの暮らしがよくなることより、
   売上げに意識がいっているのが伝わってきてしまう

  めんどくさそう…


そんな店員さんと話をすると


 この人に話しただけで買っちゃうのは不安だなぁ…


という気持ちになってしまう。

Hさんは、そのすべてが逆でした。


  カウンセリングやコーチングを学んだ経験が?と思うほど「聴ける」

  こちらにとって大切なことを掴み取ってくれる

  自らの知識と経験から、最善だと思うものを提案してくれる

  かといって、押し付けない

  プラスαの気持ちを受け止めて、可能性を広げてくれる

  名前を覚えていてあちらから挨拶してくれる

  とにかく対応が気持ちいい!


私と主人はすっかり彼女のファン。

カーテンコーナーに行ってHさんの姿が見えないと


 「今日は帰って別の日に…」


なんて思ってしまうくらいにね。






 Hさんはいくつなんだろう?


そんな興味がわいた私と主人。


 「見た目は20代だよね。若くてかわいい♡」

 「でもあの知識量と対応力はすごいよね。
  あれで20代半ばとか言われたら、かなりびっくり」

 「だよね。じゃあいってて28〜29くらいかな?」

 「うーん。知識と接客や対応力を考えたら、30過ぎてても納得するけど…」

 「外見的には30過ぎてたら驚くよね。
  経験積んでても若く見える人はいるけどね〜…」


そんな勝手な会話をしておりました。

そして本日。
採寸が終わったものの代金のお支払いに行くと…


 「26歳です」


 え?! 本当に??!


びっくり


改めて、
彼女のプロとしてのあり方を目の当たりにし、感服したのでした。


  


実は異動が決まっている彼女。
今日が今の店舗での最終日だったのだそう。

私たちにとっては残念だけど
カーテンは何度も買うものではないし
我家に必要なものは、ひとまずすべて揃ったしね。

新店舗に譲ってあげよう(笑)


 新店舗でも、たくさんのファンができるんだろうな〜


彼女の笑顔から、
幸せな住空間がまたいくつも生まれていくことが想像できる!



仕事をする上で、年齢は関係ない。

人と向き合う上で、年齢は関係ない。

大切なのは


 自分が仕事や人と、どう向き合っていくか


ということ。


どんな仕事でもファンはできるのだと、見せていただいたのでした♡



今日もあなたにときめきを。

伊藤裕子でした♡



■ メニュー&お知らせ ■


■ お申込み・お問合せ ■

◆ 電話:044-322-0500
メールフォーム
コメント