あぁ・・・このままでは終われない!脳内出血奮戦記

ひとり暮らしを突然に襲ってきた脳内出血 なんとかしなければ!
毎日わくわくキラキラを発見しながらのトレーニング記録 

昼下がり

2018-05-22 11:29:54 | 通所リハビリ


ずっと狙っていた この日 到来っ!

湿度が低く あおぞら広がり
爽やかな 昼下がり。

白のTシャツの上には
お気に入りのデニムジャケットを羽織る。
脳内出血に倒れて以来、7年ぶりに手を通してみる。

倒れる前に着ていた洋服を
着たり履いたり出来たらいいなといつも思っていたのだ・・・。
ニヤニヤしながら目的地を目指す(笑)

気温が上がったり下がったりと年々極端になってきている。
4月を最後に、通所リハビリを休学中な身。

送迎車のエアコンが凶器になるし、
リハビリ会場もエアコン稼働だし(苦笑)

弱めてもらったからとかいうレベルではないのだ 残念だが・・・。

で、いっしょに通っているリハ友さん方の顔を見に
最寄りの送迎場所まで出かけることにしたという理由(わけ)

最短を行くには
石段を5段・・踊り場スぺ~ス3mほど・・さらに石段を10段 クリアが条件となる。
かなりの覚悟がないと「 行くぞっ 」とは なりません(笑)

手すりつきなのだが、
それでも慎重に、横向き歩きを組み入れなんとか到達。

スズさん(80代後半)がすでに公園のベンチに座っておられ、
すぐに見つけて手を振ってくださる。

ご家族と同居だが、だんだんついていけてないことを実感し
落胆しておられた。
お若いころは才女だったらしく、今でも 知識豊富弁は立つ
80歳まで自転車を乗り回していたのに・・・このごろは・・・と。

体力の衰え、脳の働きが鈍ってきたことを実感した時って
ショックですもんね・・・。

50代半ばで ある日突然身体の自由が効かなくなり、
脳の働きもめっきり鈍くなってしまった凡人でも よ~くわかりますとも・・・(笑)

そんなところに送迎車登場。
スタッフさんとも
クロさん(80代後半)とも
稜さんとも(70代半ば)
会話がはずむ。

さっきまで調子が悪くてって言っていたのに(笑)
いつもなら6人のメンバ~が、この日は4人だそうでワゴンではなくバン。

通所リハビリに通えなくとも こうして
また みなさんの顔を見に「 かなりの覚悟 」をして
この場所に来てみたいと思った瞬間。

「 行ってらっしゃ~い 」と、手を振り
見送った 昼下がりの出来事。
通所リハビリこちら・・

「 う~んと違う年代って 時には お互いに ステキな刺激っ 」

人気ブログランキング


コメント

サクラ 青い空 通所リハビリお花見ドライブ 2018

2018-03-27 07:57:17 | 通所リハビリ

ほぼ満開のサクラ しだれ桜 & 青い空

帰り際、高台の広~い空の下で記念撮影をスタッフさんが。
周りに高い建物が無いっ ないっ。
ちょうど たっか~い青空のなかに白く光るものを発見(飛行機)
ラッキ~~!!
飛行機は撮れなかったけど
枝垂桜に、やっとの思いで手を伸ばしたところもパシャリっ


週明けから青空予報がでていた第一日目。

2台の車に分乗し、10数名。
お花見ドライブに連れて行っていただいた。

車中は冷房こそ使わないものの窓を少し開ける程度で走行。
みなさん 暑いアツいの声々。
コノ身体にとっては最適・・・かな、痛み和らぐし(笑)

窓からのながめに
「 あの黄色いのは何の花かしら?! アっ、あの赤い葉っぱは?!
あれはね~ え~と 言葉が出てこない、忘れちゃったぁ~ 」etc・・・
その昔、植物博士だったであろう、みなさま(80代~)
車内は華やぐ。

150本ほどの桜並木を、上り坂下り坂と桜のトンネルをぐるりとっ!
中央の縁道にはベビ~カ~や元・若いカップルであったであろう方々
華やかさと のんび~りした光景に座席に居ながらにして
まるで桜の下を歩いているかのようなukiuki感っ!

露店がいっさい無いのがまた良い。
ほんとに桜を愛でているっ感!

自立を目指し故郷を離れて以来、
「一番の桜並木」に出逢ったっ!
実に12年ぶりである。(故郷の桜は4000本ちかいといわれる高田公園)

通所リハビリのスタッフさんに感謝です!


夕方、帰宅するなり 夢見ごこちに就寝・・・。
で、
お腹が空いて目が覚めたのが3:00、
行動開始5:00
それで、こんな時間からPCに向かっている(笑)

週明け好スタ~ト
花より団子?ぃぇぃぇ 「 華って 妙 薬ぅ 」 

お花見2017・・

人気ブログランキング
コメント

ナンパされちゃった?!な気分(笑)

2017-04-03 21:40:07 | 通所リハビリ


本日の戦利品    石神井川の桜  セイヨウタンポポ

風もなく 晴れわたる青空
2週間ぶりのリハビリへ行くぞっ!と、早めに家を出た。
近所のモクレンが満開だ。

通常は5~10分前だが、気合が入っているのか
20分前に送迎車場所にて自主トレをしていると・・・。

「 リハビリですか? 」と声をかけられた。
「 へっ?! 」funsenkiのことかい?

どうみても20代前半の若者だ。たぶん(笑)
耳にはキラキラ輝くものが・・Gパンはスレキレ状態・・

30代頃のfunsenkiならば近寄らなかっただろう人種(笑)
アラフォー過ぎてからは見かけで判断するものではないっ!
ということを学んだ。
そのとおりで、話してみれば言葉づかいもしっかりしてる若者だった。

数分前には足踏み、もも上げをし、行ったり来たり歩行訓練をしていた姿を見て思ったそうである。

帽子、めがね、マスク、もっこもこロングコートという姿。
足元の装具着用専用靴はサクラ色。
アゴをひき、きれいな姿勢で杖歩行をとココロがけていたからチョッピリ若く見えたかもしれない。
まさか親子以上な年齢などとは思ってもいなかっただろう、いえいえギリギリ親子か?!(笑)

事故で左足を手術し5ケ月経過、杖無し歩行をしているが、
ようやく松葉杖を卒業したばかりという。
ま、若者に一本杖歩行など酷っ!ってもんだ。

腿に金具が入っていてシビレと痛みが辛いという。
「うんうん・・シビレ辛いよねぇ~。体験してる人にしか解りませんよねっ!・・・」funsenkiココロの声。

階段の昇り降りがまだできないという。
「 歩道道路段差っ!平らだと思っていた道路は傾斜してるっ!!常に危険がいっぱい・・」ココロのこえ。

わずかな人混みでも怖いという。
fun「向こうから来る人発見っ!これでまず緊張感が走るっ!!
    すれ違う瞬間の怖い事っ!怖い事っ!風圧でさえヨ~ロヨ~ロ状態サ(笑)」ココロの声。

思うようなリハビリ効果が上がらなくて気落ちしているようだった。
「 リハビリって辛いですよね? 」と聞いてくる。

う~~ん 自分との戦いかなと答えておいた。弱い自分との闘い・・
外に出るのは 命がけですよ とも答える。
身体の痛みと同様イヤそれ以上か
ココロの痛みをどうやって癒すかということが重要と感じている。

半世紀以上も生きてても、突然身体の自由が奪われたショックは計り知れないというのに
バスケをやって動き回っていた若者が突然歩けなくなったのだから入院生活も辛かったことだろう。
若い人がベッドにくくりつけられるのだから・・・。

通所リハビリでは、人生の大先輩の中で聞き役が多かっただけに
若者からの聞かれる立場に、とまどいながらも新鮮だった。
話が盛り上がったところに送迎車登場(笑)

あせらずに!くさらずに!まがらずに!
これが回復への近道だと思う。
若いのだから大丈夫・・

若者よ頑張れっ! そして声をかけてくれて ありがとうございます♪

人気ブログランキング
コメント

ことし初の通所リハビリへ行くっ!

2017-01-30 19:15:29 | 通所リハビリ
日本海に暖かい空気が流れ込んでいるため、関東圏では20℃前後という4月並みの気温。

行くなら今日だっ!と今年初めての通所リハビリへと出かけた。

送迎車を待ってる間に400歩ほど歩いてウォ~ミングアップをしておく。
実に40日ぶりのリハビリは、わくわくする(笑)

おまけに青空だから みなさん待ち合わせ時間よりもうんと早くにお集まりだ!
お日さまって偉大ですね!!

血圧・・・114-72
体温・・・36.4℃ (通所リハビリにて手首用血圧計での測定)
絶好調ではないかっ!

寒い季節だから仕方ないが、室内ちょっと静かめ。
寒暖差でグラングランと揺さぶられる身体は高齢者の方々にも打撃が大きい・・・。
みなさん いま・ひ・と・つ。だが
参加することに意義あり

帰り際 豆まきをした。福はうち~ 鬼は外っ!!
歳の数だけとはいかないが(平均年齢80歳ちかい?!)ミニミニ小袋をいただいてきた。


帰宅するなりあっという間に胃袋へ(笑)
あったかくてすっかり春の気分でいたから、
この豆まきで「 これから2月がやって来るんだったな 」と
ukiukiモードからいっ気に凍りついてしまう(苦笑)

最大の山場は2月だっ。
あすは、きょうより10度も下がる予報がでている(恐~ッ)

ココからがホントの正念場!!

リハビリ再開2016・・

人気ブログランキングへ
コメント

ひと足早くに・・・

2016-12-27 12:28:25 | 通所リハビリ
怒涛の12月もなんとか予定通りにクリアできている。
その ひ・と・つ 
みなさんより 早々通所リハビリ納めをさせてもらった。

隔週を目標にしていたのだが3回連続っ!怒涛の12月というのに。よくガンバリました(笑)

自主トレ主流のこの身体。発症後1年半後、リハビリ病院退院してから1年後、
ようやく介護保険での通所リハビリを開始したのだった
自主トレーニング派・・
2013年8月15日の初出席から2016年12月まで3年間お世話になっていることになる。が、
これまで94回の出席日数。
冬期間は壊滅状態だから年9ケ月として 2~3回 / 月 なんとかクリアできてることになろうか(笑)

my最終日帰宅の送迎車でみなさんと年末の挨拶を交わす。
70半代~80半代のみなさまは、もちろん最終日まで出席なさる。

aoさんkuroさんtakaさんsuzuさん「 最初のころより元気になったわよねぇ 」と口々に言ってくださる。
当初は、ワゴン車への乗り降りも危ぶまれていたので補助必須な身。

今だって多少乗り降りはスム~ズになっているとはいえ、みなさんと比べたら足元にも及ばない・・・。
乗り降りを心配げに見守ってくださる。感謝です。

          また元気なお顔でお会いしましょう♪~
          「 通所リハビリは 心と身体のスっパイス 」
人気ブログランキングへ


コメント

♬ きよしのズンドコ節でッ!

2016-07-16 10:33:49 | 通所リハビリ
先月から再開した通所リハビリ。
15名(小規模型) → → 20名(通常規模型)へと体制が移行したとともに
個人種目が減り、多人数種目が増えたのだ。
最終種目に「 みんなで体操 」を20分程度。
体側、うで、脚のストレッチ、棒やボールを使い椅子に腰かけたままやる。70代~80代のなかに50代がひとり(笑)

顔の表情筋訓練・パ・ペ・ピ・プ・ペ・ポ・パ・ポ的なアレですね。
脳の活性化・・・20○○年 平成○年 ○月 ○日 ○曜日 大きな声で!
最初は抵抗があったが、いつの頃からか「 すべて 回復する為なのだからっ! 」と決心してからは、
一番大きな口を開けている。声はいたって普通の大きさ(笑)

で、体操の〆に音楽に乗って踊る?!っていうのがある。
先月は「 上を向いて歩こう 」、
今月は「 きよしのズンドコ節 」
ズン・ズン・ズン ズンドコ!・・ひざをポンポンたたいて、チャっチャっチャっ!or キ・ヨ・シっ!・・ココ手拍子。
手拍子っていうより両手を合わせることもまだまだ難度が高いコノ身体。
♬ 音・・           
すべて終えて帰り支度のBGMは JAZZYな曲が流れる。スタッフさんのココロづかいがなんともうれしい。
             郷に入っては郷に従え~
人気ブログランキングへ
コメント

通所リハビリ再開するっ! 2016

2016-06-07 11:13:06 | 通所リハビリ
          



関東甲信越地域の梅雨入りが5日発表された。去年より2日遅いという。

ずっとお休みをしていた通所リハビリをようやく再開することができた。
去年より50日ほど遅い再開である(笑)

4月からの介護保険制度改正によるリハビリデイサービスの内容にちょっとの変更があった。
自分的には、今までと変わらず満足している。が、
まだ一日体験だからこれから実感していくことになりそうだ。
青空!大っ好き!なコノ身体にとって梅雨入りは
「よしっ!やろう!外へ行けるぞっ!」と思ってたところだっただけに
「なんだよ~せっかくやる気度数あがってきたっていうのに~・・・
これじゃまた部屋にこもり、自宅がやっぱり一番サ!」となるではないか(苦笑)

♪ bayfmから「 館 山 」という地名がたびたびながれてくる。
そうそうお土産にいただいた「 琵 琶 & びわゼリ~ 」の美味しかったこと!
とっくに胃袋の中だけど。ごちそうさま~♪
コメント

まだ 若いのだから大丈夫!頑張れるよっ!がんばりなさい!

2015-07-21 11:34:02 | 通所リハビリ
「 まだ 若いのだから頑張れるよ!がんばって! 」 と 
同病の大先輩方からの言葉である。

通所リハビリで ご一緒するTさんは(70代はじめ)発症5年目である。
知人から紹介いただいたOさんは(70代前半)8年目である。
同病者との機会は貴重である。
後遺症はかなり違うが(みなさま発見が早かった)
コツコツ努力を続けていらっしゃる。

これほどやってる方でも このくらいの回復レベルなのかぁ・・・
じゃコノ身体は??相当がんばらないとなぁ。
自然治癒力で・・

普通に歳を重ねていても 加齢とともに確実に老化していくというのに
脳卒中は更に拍車がかかった状態と感じている。
具合の悪いところが、ひとつひとつ増えるのだと言ってたTnさん(60代)、
Dr.からも歳ですからねぇ~と言われるのだと。

後遺症以外のところも着々と老化は進んでいるのだ。
コノ身体も3年前の発症したころと比べ衰えを痛感している。
外出がメッキリ減ったし、
さぁ! 外へ出かけようという意欲が下降ぎみ。
動けなくとも じっとしてはいられない!と怖いもの知らずだった退院当時(苦笑)
最近 こういうことか・・・と感じることが多い。

若ければ 若いほど 病に倒れた時のショックは計り知れない。
それまでの人生が輝かしければ、輝かしいほど絶望感は大きい。

これから輝こうぜっ!と思っていた矢先の脳内出血。
絶望感はいまでも消えてはいない。
が、そこから立ち直る 精神力 や 体力 「若 い!」ということはとても重要である。
頑張りたくとも ドンドン頑張れなくなっていくという 老化を実感しての
アノ言葉なのだろうと今は思える。

歳を重ねるということはけっして 良いことばかりではない。
むしろ過酷とさえ思う時がある。
でもこうしてPCに向かえてる。

「 知らなかったことを知ることができる! 」そんな喜びもまた活力となっている(笑)
まだまだ いけるぞっ♪~



人気ブログランキング
コメント

通所リハビリ 再開する

2015-04-16 11:58:35 | 通所リハビリ
久しぶりの お日様が とっても うれしい! 
長い冬眠から ようやく 動き出した。何度目かの リハビリ再開である。
遠足前夜の小学生のごとく 自分でも笑ってしまうほど(笑)
これまで 毎週、休みの連絡を入れていたのだ。
スタッフさんとの会話も「電話をする」という行動も自分にとっては リハビリだ。
「春まで休みま~す」でも良かったのだがなんとなく 縁 が薄くなってしまうようで・・・。
80代の方々が多く ココでも最年少である(笑)
脳卒中の方は数名と何かしらの病を抱えつつも、
寝たきり予防にと意欲ある方々なので室内には活気があふれている。
だいたい十数名が集う。
冬期間も皆勤賞並みの方がいらしてて すご~い!

こちらのリハビリデイサービスは、とても雰囲気が良い!
スタッフさんと利用者さん、利用者さん同士、スタッフさん同士とても仲が良いのだ。
毎週は まだ無理だから来週は 休もうか・・・
と、思っていたが「また 来週ねぇ 」とそれぞれ みなさん挨拶かわしてる頃には
「来週も 来るっ」となる。

15種類ほどの器具があるこのデイサービスは「トレーニング ジム」と呼んでいる自分(笑)
わりと自由に好きな器具からやれるのがいい。
もちろん療法士さんの監督のもとである。
マイクロ波、低周波治療がコノ身体にはヒットしているので必須科目と決めている(笑)
これから夏に向かって 効果が現われて来そうな予感がしてくる。
これも 3年間の辛抱 の成果となると うれしいな。

 
人気ブログランキング
コメント