あぁ・・・このままでは終われない!脳内出血奮戦記

ひとり暮らしを突然に襲ってきた脳内出血 なんとかしなければ!
毎日わくわくキラキラを発見しながらのトレーニング記録 

うちわ & 扇子で  感覚障害 

2018-06-19 09:34:15 | 左半身のシビレ対策・感覚障害

2010 FIFA WORLD CUP(開催地・南アフリカ共和国)  プロサッカ~ 中澤 佑二 選手


直径 20㎝ 程よいしなやかな紙質


直径23㎝ ちょっと硬めの厚紙質  SONY 1993年 PINGU


2012年2月、
脳内出血に倒れる以前から ン?と
気になったものは、手元においている(笑)
倒れた時コチラ・・

エアコン冷気には、対応難しいコノ身体に
唯一 安心できるものが この 団扇(ウチワ) 扇子(センス)

時折、窓から ふわ~りと入ってくる風にさえ激痛が走ることもある(クツ) 
で、風力を自在に調整できる うちわ せんす 登場となった。


毎シーズン使い放題だから ヨレヨレボロっと感があるが
そこは 長年共にしてきた仲、愛着ありますともっ!
みな も・ら・い・も・の
あ、音譜柄の扇子 唯一の自前お気に入り



プレゼントしてもらったもの お出かけ用に


おでこに ミニ保冷剤を巻きつけ、
うちわ せんす
熱中症対策として
ときど~き「 エアコン微風 」
これからの季節を乗り切ります!

なお、
ワールドカップ2018 ロシア大会
コロンビア ×  日本戦
今夜 21:00~放送のようです。
サランスク(モルドヴィア共和国の都市)モルドヴィア アリ~ナ
 ⇃
モスクワから東へ 直線距離 600km  
参考・・東京~大阪 500km
このくらいの距離感らしい(笑)

一般的ニュ~スとして知る程度のサッカ~知識しか持ち合わせていないけれど
テレビ観戦のチャンス 狙ってみたい。

6月生まれの あなたに かんぷぁ~い


人気ブログランキング
コメント

MENSめんず 御用達っ

2018-04-11 16:42:17 | 左半身のシビレ対策・感覚障害

MENSクル~ネックシャツ 半袖丸首 Mサイズ Lサイズ

衣替えには まだ早いと思うが
コノ身体の場合は
通常の 四つの季節というよりも
八つの季節に細分される。
より小マメにしなくてはならない。

極寒 → 寒 → 弱寒 → 微弱寒 → 
→ 寒くもなく暑くもない → 微暑 → 暑い → 極暑
と、いったところだろうか。

体温調節機能低下な身体ときてるから
温度計・湿度計を常に確認しながらの生活である。
ひっきりなしに脱いだり羽織ったり。

リュックに中には
ミニ保冷剤・扇子・タオル手ぬぐい必須な夏日・・・。

外出時は温度計を持ち歩きたいくらいだ(笑)

昨夏のように

滝のように流れる汗
かといって
エアコン冷気は凶器となってしまうし・・・
素肌ではダメなのだ。
何かしら うす~い生地で肌を覆っておかなければいけない(感覚障害)

もう二の舞 にはならないぞっ!
と 今回は
着衣に目を向けてみた。
真夏の衣装・・

Tシャツなど数枚あるものの
今回のような 薄い生地のものは持っていなかった。
 
試しに1枚っ!
おっ!
なんだか肌触りも良いいじゃないの~。
念願の丸首タイプだし
お財布にもやさしいし・・・。

再度訪問、まとめ買いとなりましたとさ(笑)

どうしてもレディース用は
U首タイプで
襟ぐりが う~~んと開いている。

肩の筋肉が無いうえ、なで肩なので肩が抜けてしまってダラシなくなるのがなんとも(苦笑)

ボトルネックやハイネックも
冬は良いが
夏は やはり暑いっ。

首周りのシビレの痛みは空気に触れるだけでビッリビッリ突き刺さって来る(泣っ)
メンズのMサイズなら左片麻痺の身体でも脱ぎ着ラクチンだしね。

Lサイズだとどうかな?
と こちらも試しにお買い上げ~。

手首までの長袖を2枚重ね着していたが
Tシャツの上にカットソーというスタイルに変えてみた(室内)
身もココロもか~るくなった気がする(笑)

少しずつ寒さから暑さへと身体に教え込んでいる。
            「 男 前 」

人気ブログランキング
コメント

「消えた背中」 が戻って来た?!感覚障害

2017-11-20 12:37:23 | 左半身のシビレ対策・感覚障害
うでは、消えても目には見えてるから感覚は無くとも存在は確認できるけど・・
あぁっ うでが無い?!・・

でも背中は、そうはいかない。
急性期病院リハビリ病院そして退院してからも
横になるときは常に右側(健側)を下にしていた。

アドバイスをもらいながら身体と相談しながら訓練の結果、
6年目に突入した今年は、仰向け、右を下に、左を下にと
寝返りもまぁまぁ自由に出来るようになってきている。

背中はというと・・・
左肩というか肩甲骨ごとグッグッと前に引っ張られてしまっている。
伸ばす筋肉よりも縮む筋肉のほうが断然強いからだということも知った。
これがまた強い症状な身体(泣っ)

自主トレの時
ベッド上で壁越しに背中をくっつけても感覚がまるで無い。
背中半分が消えてしまってる感覚。
仰向けになっても肩が浮いてしまっているからだとズ~と思っていたのだ。

それがだ
ベッドから床(フロ~リング床の上にコルク敷き)へと自主トレの場を移すことに成功!
と言っても成功率50%くらい(笑)
ここまで来るのに6年間も要したことになる。

床に、あおむけになって初めて左側の背中の存在に気づくことができた(ウッソ~!)
床とベッド上とは天と地との違いである。


あの氷のように冷たかった腕が常温くらいに感じられる現在。
背中の存在をもっともっと強く感じれるようになったなら
この5~6kgの重りを左上半身に乗せてる感覚も軽減するのではないだろうか・・・と。
脳関節筋肉・・

昨日は、3週間ぶりのうれしい日曜日だった。
こんな時は、もの事が良い方へ良い方へと向かう。

ココ一番の冷え込みと、どんより曇り空にもかかわらず
紅茶を啜りながらゆった~りなひととき~
いったい いつぶりだろうか(ウレシ)

人気ブログランキング







コメント

熱ッツゥ~!この感覚が解るようになってきた

2017-03-10 14:14:51 | 左半身のシビレ対策・感覚障害

いただきものの 畑で採れた さつま芋 
やっと出番がやってきた。 
炊飯器の調理モードで蒸すこと40分間。

どれどれ
アッチッチなサツマイモに触りたいけど触れない 熱っツ!!

左手は(マヒ側)触れるか触れないうちに温度を感知できるようになっていた(笑)
いつの間に・・・。

ワンテンポもツ~テンポも遅れてやっと感じるレベルだったのに・・・。
ちょっぴりうれしさがこみあげてくる。

スイ~ツのようにスプ~ンで掬っていただきましたっ! 
気がつけば皮もいっしょに胃袋へ。ごちそうさま~

美味しい物を目の前にぶら下げられると、何とかして食べたいっ!と動く身体(笑)
改善を目指すにはコレが一番だな♪

人気ブログランキング
コメント

うぅっ!身体が押しつぶされるぅぅぅっ な感覚

2017-02-21 09:24:03 | 左半身のシビレ対策・感覚障害
「騒音」な感覚とともに苦痛だったものがコレ!
救急車で運ばれたICU(集中治療室)では、何本もの管に繋がれていた状態だったから身動きできず、
あまり覚えていない・・・。痛いっ痛いっの10日間あまりだったと思う。

一般病棟に移ってからというもの肩の亜脱臼激痛とともに上肢の圧迫感がとても苦痛だった。
胴体全体をギュッ~と締めつけられている感覚。
強力なゴムが巻きつき息をするにも苦しい。
胸に何がはめられているのかと思っていた。
早く取り除いてくれぇ~!!と。

U首タイプの肌着に病衣があるだけだと気づいたがまるで拷問(苦笑)
あの登山用肌着を切り刻んでしまったから病院売店で購入してもらった白いU首肌着。
余裕あるサイズにもかかわらずギュウギュウ締めつけてくる感覚・・・。
ハダカにさせてくれぇ~(笑)
着ていた服は・・

この圧迫感は次第に小さくなっていった。が、
2012年2月に倒れてから2013年8月の通所リハビリ開始まで下着をつけることはなかった。
ほとんどをベッド上で過ごす生活だったこともあり、
の~○らということですね(恥っ~)

リハビリ病院では片麻痺でも着脱可能な下着の指導をやっていたが
コノ身体は対象外だなと思っていた。
周りの方々との違いにだんだんと気づいていったから・・・。

現在は、ごく普通に下着をつけている。
Tシャツを着るようにかぶるタイプを愛用。
それまでの下着からすべてこのjinieに替えたのだった。

ナナメ体調な時は介助をお願いしているが下着は自分で!という思いは強い・・・。
だからこそ 自主トレは毎日欠かせないものとなっている。
肩甲骨に動きが出てくると着る脱ぐがよりスム~ズになる。

また・ひ・と・つ・ チョットだけ倒れる前の身体に近づけた気がしている♪~

人気ブログランキングへ
コメント

「音」が騒音となっていたころ・・・聴力が超過敏にっ!これも感覚障害なの?

2017-02-15 10:18:18 | 左半身のシビレ対策・感覚障害
救急車で運ばれICU(集中治療室)へ10日間ほど。
その後、一般病棟へ移ったころのこと。

とにかく亜脱臼の激痛が昼夜問わず襲い続けていた。
夜間が特に長~くて長くて・・・。

ある夜のこと。
大きな声でパッと目が覚めてしまったのだ。

大きな怒鳴り声っ!
静まり返っている夜間の声は、何倍もの大きさに聞こえてしまう。
すぐ耳元に聞こえる(怖ワッ)
震えながら耐えていた。

どうやら薬を拒んでいるようだった。
男子患者さんと看護女史のやりとり。

翌朝、このことを看護師さんに問うてみて・・・
看護師さんて、なんとも強靭なココロの持ち主なんだろうと感じた。
怒声と怒言葉にも平常心なのだろうかと。

リハビリ病院に転院した夜もそうだった。
お見舞客に患者さんもうれしいのだろう、
声が大きくなっても不思議はないと今なら思えるが・・・。
まるで大男が大声を上げているかのよう・・・。

病室の前のテレビスペースでの音量と患者さん同士の会話にも苦痛を感じる(苦笑)

退院間近にともない病室移動になっても「騒音 」感覚はつづいていた。

お隣さんがワシャッ!ワシャッ!と音を出し始めた、何事っ?!
ビニールの買い物袋の音だと理解したのはずいぶん後の事。
夜がとても苦痛で 夜よ来ないでぇっ!と。

当時は、
聴覚も超過敏になっているなんて思ってもいなかった。
高齢者が多かったから難聴のシワザなんだろうと。

あのビニール袋のワシャワシャで初めて聴力がっ!と思ったのである。
一般人でもこの病室でのワシャワシャ音は苦痛だと知ったのは数年後だった。

現在は、普通に戻っていると自己判断(笑)
でもやっぱり静かな空間がいちばん!!
時には、Radioも消し、音なしエリアになることも。
そんな時は身体もココロもリラックスでき充電timeとなる。

静か~な、 しずか~で、 たま~に にぎやかッ♪~


人気ブログランキングへ
コメント

座骨神経 痛ッ!コイツか・・・ 

2016-09-29 16:02:47 | 左半身のシビレ対策・感覚障害
座骨神経痛という言葉は知っていたし、悩まされている人もいた。
実際、体感してみてこれがそうなのかと辛さを実感している。

知覚系・自律神経系・運動系とあると知った。コノ身体はどうやら知覚系が最も大きいと感じている。
梨状筋・仙腸関節と覚えていくたびにマッサージ、ストレッチをていねいにやってきたつもりだ。
すべて内反足、せん足、クロ―トゥによるものだと思っていたのだが座骨神経こそが真の悪者なんじゃないかと思えてくる(苦笑)

Mさんの施術の時のこと。
大殿筋中殿筋小殿筋と解してもらうのだが座骨神経からくる痛みがほんのちょっとであるが小さいことに気がつく。
足の指先まで痛みが走っていたものが、足裏指先の痛みが少ない。アレッとうれしくなる。
マヒ足も健足もゴリゴリ箇所だらけ ギャ~ギャ~ → → 痛ッ → → ツッ~ と悲鳴も変化してくる(笑)
寒さが厳しくなるとともにこの座骨神経が圧迫され激痛になっていく。
筋肉をほぐすほかないのか、、せっせせっせとマッサージ + ストレッチ漬けな日々である。

秋晴れ きっと来るよねっ!このままじゃないよね?!と、
天気図とにらめっこ。天気図の知識なんか持ち合わせてないのに・・・。


人気ブログランキングへ
コメント

気温31℃湿度42% 快適エリアでっ! 

2016-08-16 13:10:32 | 左半身のシビレ対策・感覚障害
日の出とともにオリンピック「 男子卓球・決勝進出戦 」を初めてテレビLIVE観戦できた(ウレシッ)
この季節でも20:00にはリラックスモード開始。
そうだ!早朝にもやっているのだと今頃になって気づいたのだ(笑)
文字や耳で選手の名前は知ってても顔が分からない、ようやく覚えたころには・・・。

体操の内村航平選手はじめ団体選手の顔とイッチ!
錦織圭選手の96年ぶりの銅メダル!
あ、水泳もありましたね。ドンドン獲得していくメダル!

ここにきて、ようやく甲子園観戦!
第一試合の 慶應義塾13 × 嘉手納5
Radioからは、13・1だと流れてくる、8回ウラへと。あぁぁ・・。
と、球場を味方につけたかのような嘉手納がココでいっきに猛攻打っ!
あわててテレビをつけてみる!Radio+テレビ同時視聴(笑)
いっきに4点かえした!ファインプレーに魅せられ!感動もらいっ!と、朝からうれしい日がスタート。

甲子園 リオ五輪 ♪~SMAP 台風7号で午後から影響アリなどなどあふれるでるニュースに大忙し。
頭も身体もかなり遅れをとってるけどまずは台風対策を。用心ですね(コワッ)

室温31℃湿度42%心地よい風がふわ~り~。
シビレがおとなしくしていてくれるのがなにより、このままこのまま~
    絶 好 調 で す 
              人気ブログランキングへ
 




コメント

暑い季節のシビレ対策 あたま編

2016-07-14 11:07:29 | 左半身のシビレ対策・感覚障害
                    
毎朝のルーティンのひとつに「 髪を100回ブラッシング 」がある。
時間にして5分とかからないブラッシング。
あの日いきなりシビレの大強襲がやって来てからの戦いである(苦笑)
顔にシビレ現るっ・・

赤いブラシは長年使い続けてきたタイプ。
手にしてるのは、いただきもののソフトタイプ、途中から仲間いり。
赤いブラシの1/3ほどの軽量。
頭も真ん中に線を引いたように1mmの誤差もなく左側にだけ息つく間もなく襲い続けている。

ソフトで100回、ややハードで100回と交互に頭皮をブラッシング。
初めてのソフトタイプに心地よさを実感している。
うなじ辺り、髪の毛の生え際辺りが痛キモ、力の入れ具合で調整している。
ドライヤーで乾かしていただく時など、左右の感覚がまったく違うので特に注意してもらっている。
ほんのちょっぴり近いだけで熱い、イヤ火傷するんじゃないかぐらいに感じてしまう。
超鈍感と超過敏が混在(泣ッ)
ブラッシング + オデコ&後頭部をミニ保冷剤で冷やす(ヘヤ―バンド利用)ことで凌いでいる。 

どんな方法でシビレ対策なさってますか?こんなのあるよ!情報ぜひお待ちしてます♪~


コメント

暑い季節のシビレ対策 かお編

2016-07-09 09:52:54 | 左半身のシビレ対策・感覚障害

                    homemade & photo by 葉子san.
暑くても寒くてもちょうど良くても一瞬の切れ間もなく襲い続けてるシビレ!!
数値で表すとかシビレには比較もレベルも無い。同病の方々とも共感することができない(ツラっイ)
自分の感覚とそれを表す語彙に限られてしまうと感じているがシビレ共存の方はどうだろうか?

4年間試行錯誤で見つけた対策、もちろんコノ身体限定だと思うが軽減されている。
夏の暑い季節・・・とにかく冷やす。ミニ保冷剤でおでこ、目尻、ほほ骨、口角と特別に辛い箇所を重点的に。
シビレ対策+暑さ対策一石二鳥?!ここで注意するのが「かお」だけということ。
つい保冷剤がズルッと肩に首に落ちてしまうことがある。
そうなんです、仰向けだったり横向き態勢、かおに乗せたりマクラに挟んだりと利用しているから。
肩首を冷やしたらもう逆効果どころかガッチガチ、痛みは高騰、身体はズッシリ動けずと最悪な状態になるからご注意を。
一度経験して泣いた(キョウフ)首から下は夏でも保温、なんとも忙しい身体である(苦笑)

寒い季節はもちろん同じ個所中心に温める!!温める!もう身体全体を温める。
こんな雨の日はラベンダ―の香りに癒されてみよう~画で 妄~想~♪ 



コメント