臆病なビーズ刺繍

 臆病なビーズ刺繍にありにしも
 糸目ほつれて今朝の薔薇薔薇

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「角川『短歌』2017年1月号」を読む

2017年03月22日 | 古雑誌を読む
    「うたびとの墓」  吉田隼人


胸郭のうちにも月ぞ昇りゐむふるき仏蘭西の雑誌よむころ

闇に眼はいよいよ冴えて宙空に息詰まるほど花のまぼろし

かげろふのあをき慄へに存在のあさきゆめみし炎熱の夜を

絶滅の危機に瀕してわが書架に収められゆく旅の蝶たち

筆擱きてなほものぐるひしづまらぬ暁烏その聲のみ聞こゆ

あをあをと揺るる夏の田 詩歌へのおもひ萎えつつ白鷺飛ばず

鳥類のこぞりて墜つる蒼空のふかみに風の鉱脈あらむ

うたひつつうたを棄つるか白昼に影ひとつなく咲く夏の花

熱風にさらす身にしてたましひの底ひに夏の花散りやまず

植ゑもせぬ百合ひとくきの咲きて枯るおろかきはまる詩論に傷み

  かすみ草は英語にてBaby's breathと称す由。
わがうたの殯も為さむそののちのわれに手向けよ霞草(みどりごのいき)

かなしみに似て白き夏びようしんを天使に抱かることもなく過ぐ

夏の最期のひかり浴びけむひさかたの天使住居街(ロス・アンジェルス)の浜田到も

夏草やうたを棄つればうたの墓 となりに白きうたびとの墓



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「角川『短歌』2017年2月号」を読む

2017年03月21日 | 古雑誌を読む
   橋本喜典作「芸に遊ばむ(31首)」より抜粋

身弱くも数限りなき恩愛を享けて八十八年の生      

籠らむと最晩年を意識してつくりし書屋にわれの椅子あり

祝はるるわれ立ち上がり声に言ふ喜寿の君らに乾杯をせむ

聞こえざる耳傾けて聞かむとし目の前にある天婦羅食へず

日の脚の退きゆく見つつ背のびして洗濯物を取り込みてをり

久久に往還に見つ目的をもちて車の疾駆するさま

ご近所のいつも笑顔の人に会ひ立ち話ながくなりさうな妻

誘眠剤効かざることを幸ひに一首にむかふ暗きなかにて

師の墓に参らぬ三年晩秋の雑司ヶ谷墓地を思ひゑがくも

新しき己に会ふをたのしみに吾はも古き芸を遊ばむ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加