気まぐれ徒然かすみ草

近藤かすみ…遅れてきた私
著作権は近藤に帰属します
白日傘さして私を捨てにゆく とつぴんぱらりと雲ケ畑まで

青を泳ぐ。 杉谷麻衣 

2016-09-19 13:43:22 | つれづれ
爪に残る木炭ばかり気になって完成しない風の横顔

少しずつ色を失う街角の胸に息づく信号の赤

運転を終わらせ君が折りたたむ眼鏡の銀が西陽をはじく

あの遮断機まで走るんだ群青が空のすがたで追いかけてくる

ワイパーがぬぐい残した雨つよく光るね駅へ近づくほどに

流星のような一瞬 送信を終えて止まった画面見ている

花の名を封じ込めたるアドレスの@のみずたまり越ゆ

  北へは上がる 南へは下がる
道なりに北へ上がれば北にしかゆけぬかしこき京に暮らせり

  送り火を見た松尾橋
背の高きひとから秋になることをふいに言われぬ晩暉の橋に

同志社今出川キャンパス
絵のなかに閉じ込められに行くように赤い煉瓦の風景に入る

(杉谷麻衣 青を泳ぐ。 書肆侃侃房)

****************************************

杉谷麻衣の第一歌集『青を泳ぐ。』を読む。

杉谷さんとは面識がないが、京都市出身の方なので、縁を感じて歌集を送っていただいたと思う。爽やかな相聞、若々しい感性の歌がならぶ。作者の職業や年齢、家族などの情報は消されていて、わからない。歌として切り取られた瞬間が、スナップ写真のように差し出されている。
わたしが一番気にいった歌は、七首目。@がみずたまりに見えるという把握がとてもいい。
八首目からは京都の歌で詞書がある。「かしこき京」という言葉に注目した。「賢」か「畏」だろうか。京都人の他人との距離の取り方には、水くさい感じがある。あまり立ち入らない。「お宅さんはちゃんとしたはりますやろし・・・」と言った無言の圧力を感じることが、間々ある。言われなくともかしこくしていなければならない。京都もいろいろあって、地域によって違うことはよく聞くことではあるが、肯うしかないのだ。
杉谷麻衣さんのますますのご活躍を祈っている。





この記事をはてなブックマークに追加

ぐい飲みの罅 藤村学 

2016-09-14 12:17:31 | つれづれ
疲れ目に効くとしきけばしののめの瞼をあおき檸檬にて圧す

背中からふかい眠りに沈みゆく軟い触りの籐の揺り椅子

三十年使い馴れたるぐい飲みの罅にかぐろき酒焼けの渋

フセインの絞首刑の日わが窓にクレーンの腕がどんどん伸びる

学(まなぶ)という名でよくあそびおもしろうてやがてさびしき還暦がくる

「門灯が切れているね」って言いながら替えようとせぬ三人家族

むらさきの藤村信子は四十年以来(このかた)われの若草の妻

蟻ほどの雄螺子(おねじ)が卓に落ちていてわれの世界のどこかが狂う

せせらぎに架かる木橋のたそがれを美しくするむぎわらとんぼ

十缶の(金鳥渦巻)ことごとく使い切ってもまだこない秋

(藤村学 ぐい飲みの罅 六花書林)

****************************************

コスモス短歌会の藤村学の第一歌集『ぐい飲みの罅』を読む。

藤村さんとはお会いした記憶がない。歌は素直で、歌の内容と現実とがリンクしていると読んでまちがいないだろう。六十七歳で、とても家族思いの方。特に奥さまに対する愛情に感心した。いろいろな夫婦があるものだ。六首目の門灯のうたに家族の様子が窺える。
五首目では還暦になった感慨を詠っている。わたしも還暦を過ぎているが、こういう感慨は持たなかった。無事に迎えたことに感謝はしたものの、あ、そうか、というだけだった。
四首目のような取り合わせの面白い歌を、期待している。

この記事をはてなブックマークに追加

ビビッと動く 奥村晃作 

2016-09-08 12:47:57 | つれづれ
二百台以上の自転車現われつ井の頭池の水抜きをして

ジョーンズの一枚の絵のどこ見ても現わし方がカンペキである

妻<すえ>に因む名付けの<スエコグサ>富太郎の碑の巡りを埋む

十万人に二人か三人<本態性血小板血症>を病む身となりぬ

一匹の死魚を貰いて一芸を見せるバンドウイルカを目守(まも)る

「本読んでナニになるんだ、晃作は」ホントに父はそう思ってた

俊敏の佐藤慶子の鳥のごとビビッと動く脳を思えり

レオナルド・ダ・ヴィンチの場合一点の絵画があれば動員できる

大小の筍二本<四本>を知人二人にお裾分けせり

石橋の荒神橋の名称が「荒神橋」と深く彫られて

(奥村晃作 ビビッと動く 六花書林)

****************************************

奥村晃作の15冊目の歌集『ビビッと動く』を読む。

著者77歳から79歳までの作品をおさめてある。奥村さんは満80歳になられた。表紙を見ていただきたい。帯の言葉の「独自の歌境」「真面目に邁進するオクムラ短歌」にすべてが込められている。

一首目は、現実にあったことを提示して驚きをそのまま差し出す。二首目は、定型にきっちり収まり、思いがカンペキに表現されている。「カンペキ」のカタカナ表記がオクムラ独自のスタイルだ。三首目。植物の研究で有名な牧野富太郎を詠む連作の一首。四首目、長い名前の病名を入れるために字余りになっている。字余りの重さに意味がある。五首目。バンドウイルカの芸を見たときの歌。「死魚」という言葉が強烈だが、実際にそうなのでそのまま詠んで、言葉が活きた。下句の句跨りのリズムが良い。
六首目。「反面教師」と題された一連から。実家の様子がわかる。辞めた勤め先、親の職業、所得の歌があり、いまでは珍しい題材の歌だと思った。
七首目。佐藤慶子さんとオクムラさんは夫婦。この一連に「メダカ愛強き吾妻は餌をやり過ぎ水が濁って次々死んだ」という歌がある。似た者夫婦という言葉を思ってしまった。
八首目は、その通りだろう。展覧会をめぐる、という題で美術作品に触れる歌も面白く読んだ。九首目は筍の歌。こういう題材は説明したいことが多くなり、定型に収まりにくいものだが、ピシリと決まっていて過不足ない。十首目は、京都観光の一連の歌。わたしも荒神橋を渡ることがよくあり、親しみがあった。蛇足ですが、近藤のうたは「川を越え西へ東へゆく人をたひらに渡す荒神橋は」。
歌集末尾のうたは、「八十の誕生日今日つつしみて御先祖様の霊(みたま)に告げる」。
歌集を出して一区切りついたが、奥村さんはますます邁進される。信じて疑わない。

この記事をはてなブックマークに追加

ゆき、泥の舟にふる  阿部久美 

2016-08-17 19:31:22 | つれづれ
晴夜から晴夜へ渡る泥の舟ふたり漕ぎつつ歌唄いつつ

わがうなじそびらいさらいひかがみにわが向き合えぬただ一生(ひとよ)なり

灯のともる薄闇の街抱き寄せて海が最後に暮れてゆきたり

人を待ち季節を待ちてわが住むは昼なお寂し駅舎ある町

つよい雨聞こえる夜のくるしみは人を壊すか<壊す>と思う

等身を映すか夜の窓ガラス 緋(ひ)も朱(しゅ)も紅(こう)もわれに似合わず

笹舟はつつましきもの運ぶふね 氷菓の箆や死にたるほたる

飛ぶときのカモメの脚の行儀良ささらにさびしく敬語用いる

百の川あれば百回濡れる脚 探しに来よと声によばれて

行先に背を向けて漕ぐ小舟なりきしむ声とは悲鳴/歌/息

(阿部久美 ゆき、泥の舟にふる 六花書林)

**************************************

短歌人同人、阿部久美の第二歌集『ゆき、泥の舟にふる』を読んだ。

阿部久美さんは、北海道留萌市在住。歌集を読んで作者のこころは見えるが、職業や家族構成などは巧みに隠されていて、よくわからない。わかる必要もない。言葉が丁寧に選ばれていて、読むのに時間がかかった。その時間が濃密でありがたいものに思われた。
ブログに載せるとき、ルビが上手く載らず、カッコで表記することになって申し訳ない。

最近の歌集を読みながら思うことだが、作者の個性、短歌観がさまざまでどこに焦点あてるのがいいのかわからない。最近読んだユリイカ8月号の特集で紹介されている短歌、新聞歌壇、結社誌に載る短歌、それぞれが目指すものが異なる。また、その場のなかでも個性が異なる。しかも、思ったことをツイートする人と、ブログにアップする人とではスピードが違う。言葉がどんどん読み飛ばされる感じがする。
しかし、わたしは阿部久美さんとは同じ場で短歌を作っていて、そのことを光栄に嬉しく思った。いまは批評のようなことを書いても、虚しく感じられて、細かく書くことを躊躇してしまう。この場の読者の方に任せて、わたしは余計なことを言わない方がいい気がする。歌集から、ここに転載するとき、間違いがないことを祈りつつ、阿部久美さんに感謝したい。

この記事をはてなブックマークに追加

うはの空 西橋美保 

2016-07-26 11:15:10 | つれづれ
をさな日の恐怖のひとつ姿見のうらに塗られて剝がれし朱色

散らばりやすきわれをやうやく取りあつめ首飾りてふ鎖で縛る

子と声をあはせて読めばたのしくてよき歌ばかり茂吉も晶子も

袖で拭く窓に映りし少年の面輪に透けてあは雪の降る

つばくろの雛ふと黙(もだ)しぬさるびあの蒼ふかぶかと咲けるま昼を

午さがりの霊安室で生きてゐる人間だけがしんそこ怖い

幅ひろき昭和のネクタイ足首にまつはりまつはり行く手をはばむ

ぬばたまの夜はふかまるあぢさゐの青くおほきな花のうつはに

芳一を隠してあまる耳ふたつ「観」からはじまる般若心経

いつかわたしはわたしを手放す せせらぎに笹船ひとつうかべるやうに

(西橋美保 うはの空 六花書林)

****************************************

短歌人同人の西橋美保の第二歌集『うはの空』を読む。

西橋さんは兵庫県姫路の人。短歌人関西歌会でご一緒していたが、兵庫歌会が始まってからは余りお会いすることがなかった。17年間の作品がまとめられていて、読みごたえがある。西橋さんには西橋さんの美学があり、短歌にそれがよく現れていてぶれない。

彼女の持つ美意識と、周りの期待する嫁のいう立場との齟齬に苦しむように見受けられる。短歌がどこまで現実と重なるかという問題に突き当たるのではあるが、フィクションとして読むと救われる。

一首目の姿見、七首目の昭和のネクタイに、時代が表れていて視点の鋭さを思う。わたしより五歳くらいお若いとは思うけれど。
二首目は自意識の歌で、散らばる我を首飾りに託したところが彼女らしい。鎖で縛るとまで言ってしまう。三首目は、幼かった子との楽しいひとときを詠みながら、なんとなく茂吉や晶子は好みではないように読んでしまった。白秋や寺山修司が好きなのではないだろうか。四首目は美しい歌。初句の「袖で拭く」の動作にリアリティがある。
五首目のつばくろ、さるびあ、九首目のあぢさゐは、ひらがな表記を生かして、文句なく綺麗でよくできた歌。堂々としている。
六首目は看取りを詠んだ連作「鬼の道」から。亡くなったのは姑なのか実母なのか。死者とあり、わたしにはどちらかわからないし、わからなくていい。「生きてゐるときから死者のやうだつた死んでも生きてゐるやうなひと」も強く印象に残る。怖い歌は良い歌という言葉を思う。八首目は発見の歌だろう。こういう発想の歌をもっと読みたい。
十首目は、歌集最後の一首。この一首に読者は救われる気がする。笹船の具体がいい。

歌集一冊を読んで、かな使いのことを思った。集題は『うはの空』。「われの住むマンション八階うはのそらまことにわれはうはの空に住む」から取られている。旧かなが西橋さんの世界には合っているし、新かなとは違う世界感を出すことが出来る。
今年の短歌人会全国集会は姫路で開催。お会いするのが、楽しみだ。



この記事をはてなブックマークに追加

九年坂 田上起一郎 

2016-07-10 11:07:18 | つれづれ
ふくふくと交差点わたる老女なり空の縫ひ目のほどけつつ春

のつそりと厨にきたり餅をやくもちはさみしき食ひものなるよ

真夜中の卓上にある桃ひとつ われは悩みぬ食つてもよいか

踏切を渡れば左右わかれ道夕日みちびく右にはゆかず

娘(こ)と孫娘(まご)の引越ししたるアパートの戸口に立ちぬ居らぬを知れど

みなれたる三十五年のかへりみち路傍の牛が暗闇にゐる

公園の木にもたれたる自転車のきらきらとせり 今宵飛ぶべし

ふたつめの明治キャラメルなめをれば夜の多摩川はや越えにけり

できたできた湯船のなかでほつこりと卵のやうな良き歌できた

この世への戻り道などありませぬ 黙黙とゆく蟻の十ばかり

(田上起一郎 九年坂 六花書林)

******************************

短歌人同人の田上起一郎の第一歌集『九年坂』を読む。
田上さんは神奈川県の方で、全国集会で数回お会いした。また、6年前、当時の横浜歌会に出かけたときにお世話になった記憶がある。あとがきに「若い頃から何をやっても自分の性格と折り合いをつけることができず、うつうつと過ごしてきた。これではならぬ、このままでは死ねぬと、六十代半ばとはいえ短歌を始めた。心がすこしずつ解放され・・・。歌に出会えて良かったと思う。」という一文が印象に残った。田上さんの歌は、特に感情を言わず、素っ気なく、小池光的とも茂吉的とも読める。跋文で小池さんは、岡部桂一郎の影響を言及している。
わたしは、五首目の歌に強く惹かれた。もう居ない娘と孫娘を忘れられない。引っ越してしまったアパートに、過去のまぼろしのようにしばらく前の家族がいる感覚がよくわかる。
以前の短歌人誌で、娘さんの家の近くまで行って、訪ねないままに帰る歌があった。この歌だったのだろうか。それとも別の歌か。この歌のことも忘れられない。


この記事をはてなブックマークに追加

短歌人6月号 同人のうた

2016-06-13 12:18:47 | 短歌人同人のうた
目を病みてあふぐ並木のさくらばな下之橋御門の堤に浄し
(青輝翼)

ひとひらの貝の形の皿の上「花遊山」てふ菓子置かれをり
(有沢螢)

街中の染井吉野は咲き満ちて窒息しそうなわれが立ちおり
(関谷啓子)

月天心水仙のはなほの白く春のかをりのなかを歩めり
(大森浄子)

きのふけふ中国山地を巡り来し列車に乗りて、乗りて何せむ
(八木明子)

静けさと時間が少し要るのです花の波動を受け取るまでに
(武藤ゆかり)

みなみかぜは福島よりくる風なればこころして受く桜とともに
(洞口千恵)

一枚の紙を重ねてゆくように生きんや今日の靴も選びて
(岩下静香)

滝のごとさくらは堀に傾れつつ白鷺の城をいろどりてをり
(西橋美保)

わが庭に孫が植ゑたるチューリップひとつ花咲きみつつの蕾
(小池光)

***********************************

短歌人6月号。同人1欄より。



この記事をはてなブックマークに追加

短歌人6月号 6月の扉

2016-06-03 16:56:47 | 短歌人同人のうた
三番も十六番も空いてないそういう時に入れる七番

ロッカーに荷物押し込むそのときに花びら一まい舞い込んでくる

(川島眸 荷物)

全面にマンション広告描かれしコインロッカー上段は雲

荷を入れるときは誰でも一人きりコインロッカーの暗みを覗く

(河村奈美江 ばた足)

爆買いにいそしむ人らを見つつ過ぐ春浅き駅のロッカー前を

かろやかに音ひびかせて落ちてゆく百円硬貨一枚の音

(柊 明日香 一枚の音)

春ネコやヒヨドリの声も届かざる通路に並ぶコインロッカー

一晩ぢゆう空きを探して見つからぬコインロッカーの夢より戻る

(真木勉 みんなの願ふ)

****************************************

短歌人6月号、6月の扉。題詠*コインロッカーを詠む


この記事をはてなブックマークに追加

野紺菊  藤井順子 

2016-05-27 18:18:41 | つれづれ
藁を積む車が信号曲り行く藁の匂をまといながらに

乾きつつちりめんじゃこになる魚の眼に藍の色残しいつ

朝露の残れる蕪の間引き菜を漬け終えて指の先は冷えたり

梨は梨葡萄は葡萄の匂いして自死せし娘の遺影に供う

逝きたりし娘(むすめ)の部屋に雛人形飾ればそこより春となりゆく

時おりはおひとり様にあこがれて停年の夫と三度の食事

花柄のブラウス一枚加えられにわかに艶めく春の箪笥は

金屏風なけれど花婿花嫁の坐るうしろに海の青見ゆ

ひと雨の降るごとに秋ややうごき青冴えざえと夏草の群れ

野紺菊群るるむらさき丘の上(へ)の娘(むすめ)の墓まで野の道をゆく

(藤井順子 野紺菊 現代短歌社)

****************************************

八雁所属の藤井順子の第一歌集『野紺菊』を読む。

藤井さんとはお会いしたことがないが、島根県の方で石田比呂志にずっと師事した来た。
真っ当で地に足のついた生き方が歌に滲み出ている。四首目、五首目にあるように、二十歳代の娘さんの自死が詠われていて、歌集の核となっている。歌を詠むことで救われる面があったと思いながら、そう簡単にまとめてしまうことに恥ずかしい気持ちも持ってしまった。ますますのご健詠をお祈りします。

この記事をはてなブックマークに追加

短歌人5月号 同人のうた その3

2016-05-23 14:20:27 | 短歌人同人のうた
ギプスの中で冬眠中の右下肢を春の光にふふふと差し出す
(古川アヤ子)

平凡に生くるが佳しと雪片を手に受けしかばあはあはと消ゆ
(小川潤治)

上弦の月かかりいる真夜中のピアノにのこる小さき指紋
(梶田ひな子)

草色の陶器のように変わりたりクリスマスローズの固き花びら
(齊藤和美)

一族の唾液がまじり合いながら食器洗浄機内は嵐
(八木博信)

話しおれば冬のこころに小(ち)さき風の生まれて鈴のごとき音せり
(平林文枝)

暗がりへかへらむ風の尾の白さ冬まひるまの三熊野をゆく
(大谷雅彦)

冷蔵庫に卵ならびゐる平安をくずして朝のだし巻きたまご
(藤本喜久恵)

おるがんの辺りにうたひしことありや正岡律の歌ごゑおもふ
(紺野裕子)

カーペットの蔓草模様にまぎれたるグリンピースのみどりやいずこ
(今井千草)

****************************************

短歌人5月号、同人1欄より。

小雨ふる夕べ机辺に身を置きて静かなり二月余滴のひと日
(近藤かすみ)

この記事をはてなブックマークに追加