おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


NHK仙台放送局見学

2018年11月11日 | お出かけ
先日は新しくなったNHKを見学。
ピッカピカで天井の高いきれいな放送局である。
スス

先ずは大きな画面で4K・8Kとやらの映像を見る。
世界と日本の美しい景色がハッキリ・クッキリとても美しい。
きっと本物よりきれいな映像だ。

続いて上階のスタジオや副調整室を見学。
エレベーターが何と、30人乗り。
私がバイトしていた局とはえらい違いだ・・・

スタジオのライトは70個もあるらしい。
カメラが4台。
時計は大きなアナログで針の先が少し曲がっていてどの位置からも確かな時刻が読み取れる。

2階の展示スペースは震災コーナーのような物だ。
1階からの柱には各地域の津波の高さが示してある。
一番高い11・9mは何と若林区だった。
2階フロアから見ても驚きの高さなのに、1階からの高さだというからビックリ。

VR(バーチャルリアリティ)映像体験。
大きなゴーグルを目にあてると360度の映像が見られる。
最初は津波が襲ってくる映像。
あっという間に飲み込まれて真っ暗の世界、津波の速さを体験。

また震災直後の荒れ果てた映像。
あまりの悲惨な状態に声も出ない。
それらの光景が目の前だけでなく右も左も、振り向けば後ろも見られる。

2つ目の映像は福島の帰宅困難区域である双葉町。
こちらも重たい映像。
原発事故で取るものも取りあえず逃げたそのままの状態が今もそのまま。
軒下に干された洗濯物が7年たった今もそのまま。。。
小学校の校庭は草が生い茂り、木まで生えている。
日本はオリンピックなどやってる場合じゃないと痛感。

そして震災当時のニュースや放送が見られるコーナー。
当時、私達は停電でテレビは見られなかった。
その時、全国に流れた地震のニュース。 
「仙台死者1000人か」
こんなのを見た実家や向こうの友達が驚くのは無理もない。

それらを見学したら解散。
ほとんどの人は帰ったが、Iさんと私には目的があった。
それはNHKの社食でランチする事。

レストラン「やっぺぇキッチン」は2階にある。
券売機でサービスランチ500円を購入。


小鉢は3種類ある中からインゲンの胡麻和えをチョイス。
友人はひじきの炒め煮だ。
クリームコロッケが美味しい!
館内は撮影禁止だが料理の写真はいいだろう。



スタジオ等の見学は2週間前に予約が必要だが、1階と2階のフロアは自由に入れるようだ。
しかし、やたら警備員さんの姿が目についてなかなかお気軽にとはいえない雰囲気。
こうして「私達の受信料」で成り立つ豪華なNHKを後にした。


NHKの前の紅葉が真っ赤できれいだ。









『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« MEINA(メーナ) | トップ | 紅葉の山寺 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お出かけ」カテゴリの最新記事