おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


日光湯元温泉 朝の散歩

2018年06月06日 | 栃木県の温泉
朝食前に友人と3人で散歩。 先ずは温泉神社へ。 急な階段を上ってお参り。 「今年も良い温泉に巡り会えますように」 続いて湯ノ湖湖畔を散策。 水がきれいだ、新緑もきれい。 レンゲツツジ咲く遊歩道を歩いて宿へと向かう。 静かな温泉寺の参道を歩く。 友人たちは先に帰り、私は再び源泉地をウロウロ。 何度見てもスゴイ。 ここから奥は立入禁止の源泉地。 日光湯元温泉が気 . . . 本文を読む
コメント

日光湯元温泉板屋 お食事編

2018年06月06日 | 栃木県の温泉
食事は朝夕とも1階の食事処でいただく。 時間差のあるもう一組と衝立で仕切られたテーブル席。 入り口から奥が私達のテーブル。 夕食は6時からと7時15分から選ぶ。 空腹の私達は6時にお願いした。 テーブルに着くと美味しそうな料理が並んでいる。 食前酒の山ぶどう酒で乾杯。 その後ビールでも乾杯。 鍋はイノシシの肉。 軟らかくて臭みもなく美味しくいただく。 頃合いを見計らって運ばれてく . . . 本文を読む
コメント

日光湯元温泉板屋 お風呂編

2018年06月06日 | 栃木県の温泉
板屋のお風呂は3階に男女別内湯・露天がある。 湯あがり処には冷たいお水と麦茶。 二方に脱衣カゴのある棚。 洗面台にはドライヤーや化粧水完備。 扇風機もありがたい。      (画像はHPから) 冷たいお水があるのがうれしい。 10人くらい入れる内湯は43、4度。 私はほとんど露天にいた。 夕方は41度くらいのぬるいお湯、夜と翌朝は43度くらいの熱めになっていた。 透明度 . . . 本文を読む
コメント

日光湯元温泉 湯元 板屋

2018年06月06日 | 栃木県の温泉
日光湯元温泉板屋に宿泊。 部屋数24室の4階建て旅館。 宿の前に車を止めて、駐車場がどこかと友人が聞き入ると同時に バタバタと従業員が4、5人お出迎え。 車は荷物を下ろした後、係の人が駐車場まで運んでくれる。 とっても感じのいい最初の印象で当たりを感じた。 館内も落ち着いた雰囲気でステキだ。 我々の重いリュックを持ってくれようとする。 私のは重いので自分で持つよ。 4階のバス・トイレ付き . . . 本文を読む
コメント

日光湯元温泉 温泉寺

2018年06月06日 | 栃木県の温泉
日光湯元温泉の源泉地に隣接する温泉寺。 何と、お寺のお風呂に入れるというので行って来た。 この日光湯元温泉で一番源泉地に近いお風呂なんだろう。 お寺は右側に本堂、お風呂があるのは手前の客殿。 玄関で声をかけると年配の女性が出てきて、人数を聞いた後お風呂を見に行く。 どうやら入浴できる人数を確認したようでOKが出た。 全国でも珍しいお寺の中の温泉は「薬師の湯」 入浴料は500円也。 先 . . . 本文を読む
コメント (2)

日光湯元温泉 源泉地

2018年06月05日 | 栃木県の温泉
日光湯元温泉は日本で4番目に濃い硫黄温泉だという。 宿にチェックイン後に見学。 宿のすぐそばにある「湯の平湿原」が源泉地。 湿原のあちこちに湯だまりができている。 地面から温泉がボコボコと湧き出るのが見てわかる。 熱いのもあればぬるい湯も様々。 屋根がかかった源泉小屋もいくつかある。 中から白い湯気が勢いよくでている。 顔を近づけないでと書いてはあるが・・・・ . . . 本文を読む
コメント

那須温泉 自在荘

2014年10月20日 | 栃木県の温泉
次に向かうはまっとうな温泉本で入れる自在荘へ。 出迎えた男性に日帰り入浴を告げると、玄関すぐ横に駐車させ中へ案内してくれる。 フロントではとっても感じのいい女性が無料の客4人に対し親切に対応。 みんな、すっかり気に入ってしまった自在荘。 お風呂は階下へ。 冷たいお水を飲んでから入湯。 明るくきれいな脱衣室。 この棚と洗面台は左右にある。 ソープ、シャンプー類が充実した洗い場は使いやす . . . 本文を読む
コメント

那須温泉 鹿の湯

2014年10月19日 | 栃木県の温泉
那須温泉で一番入りたかった共同浴場・鹿の湯。 1300年続くという歴史ある名湯。 広い駐車場には車がいっぱい、この上にも駐車場はある。 これだけの人が入浴しているのだろうか??? 車を止めて川を見ると、天然記念物と書かれた那須湯本源泉。 そこから下流を見ると鹿の湯。 入浴料は平日400円、土日祭日は500円。 まっとうな温泉本で無料入浴。 受付と休憩所のある建物から橋を渡って浴 . . . 本文を読む
コメント (4)

奥塩原温泉 渓雲閣

2006年10月23日 | 栃木県の温泉
奥塩原温泉新湯にある「日本秘湯を守る会」の宿。 日帰り入浴1000円、それも内湯だけで露天風呂には入れない。 普通だったら入らないが自遊人パスポートで無料入浴。 きれいでステキな館内である。 大きな窓ガラスの明るい浴室である。 15人くらい入れるヒノキの浴槽には灰色がかった白濁の湯が掛け流し。 白樺の湯よりやや薄く感じる。 硫黄の匂いがする熱いお湯である。 ガラス窓から下を見ると共同浴 . . . 本文を読む
コメント (14)   トラックバック (1)

新湯爆裂火口跡

2006年10月20日 | 栃木県の温泉
宿泊した湯荘白樺のすぐ裏にある新湯爆裂火口跡。 岩肌むき出しの斜面のあちこちで噴気しているのが見える。 近くに行けるのかと思いきや、有毒ガスが危険なため立ち入り禁止になっていた。 . . . 本文を読む
コメント (2)

塩原温泉 共同浴場

2006年10月20日 | 栃木県の温泉
塩原温泉新湯には3つの共同浴場がある。 白樺に泊まると無料で利用できるというので朝食前に出かけた。 入浴料の300円は入り口の料金箱に入れる無人の湯だ。 3つとも7時にオープンだ。 宿泊した白樺のすぐ隣にある「寺の湯」に行ってみた。 ドアを開けると左右に脱衣所がある。 男とも女とも書かれていないので何となく左に入りお風呂を見ると若い男性が湯に浸かっていた。 ごめんなさい、と言って右に . . . 本文を読む
コメント (6)

湯荘白樺 内湯

2006年10月19日 | 栃木県の温泉
白樺の内湯は3階にある。 四角い木でできた浴槽である。 7,8人入ればいっぱいの大きさ。 灰色っぽい白濁の湯は硫黄の匂いがする。 源泉が80度近いためかとても熱い湯である。 強酸性の湯はピリピリする。 あまりに熱くて水道水で加水されていた。 硫化水素にやられないためか全て木でできたお風呂だった。 なんとも落ち着く昔風のお風呂に源泉が掛け流しされている。 洗い場は2カ所に分かれてい . . . 本文を読む
コメント (2)

湯荘白樺 露天風呂

2006年10月19日 | 栃木県の温泉
白樺の露天風呂は1つだけ、しかも混浴である。 建物に挟まれた中庭のような所にあるひょうたん型のお風呂だ。 真ん中に木でできた衝立のような仕切がある。 これは最近できたらしい。 お湯は灰色がかった白濁で透明度はない。 湯の底に貯まっている湯の花を体に感じる。 これが「泥湯」と呼ばれる由縁か。 右側には屋根がかかっていて熱い湯、左の広い方はぬるいお湯だった。 どちらも源泉掛け流し、湯の投入量で温 . . . 本文を読む
コメント (6)

塩原温泉 湯荘白樺

2006年10月19日 | 栃木県の温泉
奥塩原、新湯温泉にある部屋数15の小さな宿である。 真後ろに新湯爆裂噴火跡がありお湯が良いと評判だ。 そして何よりも宿泊料金が安いのである。 休前日なので8925円だが平日なら6825円。(1部屋4人・10畳) 当初、大出館か元泉館に泊まりたかったが満室であった。 それならば、どこだっていいからお湯が良くて安い所という事で決定。 もちろんトイレも洗面所も無い2階の部屋。 テレビと金庫、冷蔵 . . . 本文を読む
コメント (2)

女夫淵温泉

2006年10月17日 | 栃木県の温泉
日帰り入浴1000円は高いと思ったがここまで来て入らずにはいられない。 他の奥鬼怒温泉の宿と比べ魅力を感じないが入ってみた。 日帰り入浴の入り口にはカードの券売機がある。 そのカードを地下鉄の改札みたいに通して入るのである。 そこから階段を下りて進む。 階段からはすでに混浴露天に入ってる人の姿が見える。 混浴露天の男女別脱衣室があるがをそのまま通り過ぎ、女性ゾーンにある脱衣所へ。 板で囲わ . . . 本文を読む
コメント (4)