おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


公衆浴場 平川温泉

2018年09月23日 | 青森県の温泉
田んぼアートを見た後に寄った田舎館村の温泉。 広い駐車場に1台も車が止まってなかったから定休日かと思った。 が、ちゃんと営業していた。 入湯料300円を受付のお兄ちゃんに払って入る。 広くてきれいな脱衣室。 網戸の外を見ると田んぼが広がっていた ワオ!と言いたくなるようなお風呂。 狭いながらもサウナがあり水風呂も小さい。 2つの浴槽は広い方が10人くらい入れそうだ。 狭い方は . . . 本文を読む
コメント

嶽温泉 小島旅館 その二

2018年09月22日 | 青森県の温泉
嶽温泉に入るとひときわ目立つ小島旅館。 広い駐車場に車がたくさん止まっていた。 日帰り入浴のお客さんの車だった。 エレベーターがあったのにビックリ! 3階の8畳の部屋に案内される。 すでに布団が敷いてあってうれしい。 テレビ・金庫・鏡台・ポットのお湯と冷たいお水のポット。 冷蔵庫はない。 備品・アメニティは一般的。 夕食は2階の個室でいただく。 部屋に電話があるのに若女将さんが迎え . . . 本文を読む
コメント

嶽温泉 小島旅館

2018年09月22日 | 青森県の温泉
小島旅館のお風呂は2階にある男女別の内湯のみ。 広くてシンプルな脱衣室。 ドライヤーあり。 シャワーのある洗い場は4、5箇所。 リンスインシャンプーと石鹸あり。 2つある浴槽はどちらも5、6人規模で、右が熱くて左がややぬるい。 どちらも熱めの温度で43~44度ある。 浴槽の広さに対して投入量は多い。 舐めると少し苦味のある酸っぱいお湯だ。 青みがかった透明のお湯はかき混ぜると底に . . . 本文を読む
コメント

百沢温泉

2018年09月22日 | 青森県の温泉
岩木山下山後の温泉は百沢温泉へ。 湯治部があるから良い湯に違いない! 入湯料320円也。 感じのいい明るいお姉ちゃんだ。 広い脱衣室には数人のおばあちゃん。 脱衣室には扇風機もドライヤーもあり。 お風呂にも4、5人。 しかし一斉に上がったので我々2人だけとなった。 手前の広い浴槽は6、7人規模。 褐色っぽいグリーンのお湯が投入されている。 44℃くらいの熱さ。 金気臭がするお . . . 本文を読む
コメント

下風呂温泉 大湯と新湯

2018年09月20日 | 青森県の温泉
下風呂温泉の共同浴場は2つある。 チェックインしてすぐに出かけたのは大湯。 大きな建物で券売機がある。 村民は200円、普通券は350円。 入湯券は番台のおばちゃんに渡す。 さすがに夕方の6時だ混んでいる。 地元の方ばかり7、8人が入浴中。 画像は下風呂温泉のHPから拝借。 湯船は2つあり手前が「ぬるめです」奥が「あつめです」と書かれている。 あつめの方には誰も入っていない。 ぬるい . . . 本文を読む
コメント

下風呂温泉 坪田旅館 お食事編

2018年09月19日 | 青森県の温泉
下風呂では食事を豪華にしたいと「鮑の踊り焼き♪下風呂海の幸・満喫プラン 」にした。 食事は1階の別の部屋でいただく。 予めセットしてあるお膳。 大好きなホヤもある。 アワビの踊り焼き。 ちょっと残酷、でも柔らかくて美味しいアワビ。 イカの焼き物 後出しのお料理 大間のマグロ ウニ ローストビーフ ご飯とお味噌汁 デザートは梨 どれもこれも美味しく . . . 本文を読む
コメント

下風呂温泉 坪田旅館

2018年09月19日 | 青森県の温泉
下風呂温泉坪田旅館は海岸沿いから高台にあった。 なので残念ながら海は見えない。 旅館チョイスに失敗したかも・・・ そういえば料理に重きをおいてここにした事を思い出す。 夜はイカ釣り船の灯りを楽しみにして来たのだ。 ともあれ、感じのいい明るい奥様がお出迎え。 2階の部屋に通された。 8畳の和室には高窓が1つ、下を川が流れ眺望は山の緑だ。 トイレ・洗面所は無し。 先ずはお茶を飲んでしばし . . . 本文を読む
コメント

恐山の温泉

2018年09月18日 | 青森県の温泉
初めて恐山に来た時、温泉は宿泊している信者さんが入る所だと思っていた。 そこに一般の人も入れると知ったのは後からで後悔したものだ。 今回の旅の目的の一つはこの温泉に入る事。 女性用は1つしかないと聞いていたが2棟あった。 反対に男性用が1棟だけとは驚いた。 参道を挟んで右側に男性用の湯小屋がある。 夫に頼んで撮ってもらった男性風呂。       さて、女性用手前の湯小屋「古滝の湯」か . . . 本文を読む
コメント

ぬくだまりの里 八甲田温泉

2018年09月18日 | 青森県の温泉
温泉設備不調を理解して宿泊した八甲田温泉。 建物は相変わらず古い。 外観はボロだが中はきれいだ。 2階の部屋に案内される。 すでに布団が敷いてあるのがうれしい。 8畳と6畳の続き間の昔ながらの部屋。 窓の外は湯小屋・龍神の館が見える。 部屋にテレビ、金庫はあるが冷蔵庫はない。 冷たい水とお湯のポットあり。 9月の雨の日、部屋は寒くてガスストーブを付けてくれる。 浴衣・羽織・タオル・ . . . 本文を読む
コメント

ぬくだまりの里 八甲田温泉 お風呂編

2018年09月17日 | 青森県の温泉
1ヶ月以上前に予約していた八甲田温泉からの電話。 温泉設備の不具合による臨時休業だとか。 4本ある源泉の1本(龍神の湯)が出ないが、それでも良ければという話だった。 1本くらい出なくたってラムネの湯に入ればいいとOKした。 昔、「游仙」と言っていた頃に訪れた宿だ。 お風呂の位置や造りが当時と変わっていた。 先ずはラムネの湯へ。 簡素な脱衣室みは飲水もあるが冷たくはない。 入った . . . 本文を読む
コメント

酸ヶ湯温泉宿泊

2017年06月19日 | 青森県の温泉
酸ヶ湯温泉宿泊は3度目となる。 日帰り入浴は10回くらいかと思う好きなお湯。 今回の宿泊は7号館2階の8畳間で4人。 テレビ、金庫、ヒーター、電話あるが冷蔵庫は無い。 温かいお湯のポットと冷たいお水のポットあり。 電気ポットが欲しいところ・・・ 鍵は1本のみで2本あればいいな~ タオル、バスタオル、歯ブラシ、浴衣、羽織りと一般的な物あり。 トイレ・洗面所は共同で廊下の突き当りにある。 トイレ . . . 本文を読む
コメント

嶽温泉 小島旅館&縄文人の宿

2017年05月04日 | 青森県の温泉
今回の弘前行きには温泉の予定は入ってなかった。 移動時間が長いので桜を見るだけだとあきらめていたのだ。 ところがひょんな事から嶽温泉に来た。 だから何のリサーチも無し。 ただ「縄文人の宿」の名前だけは知っていたのでここへ。 ところが私達の直前に女性10名の団体が入ったばかりで待たねばならない。 それではと、その隣にあった「小島旅館」を訪問。 何とも愛想のない男性が面倒くさそうに応対。 ここ . . . 本文を読む
コメント (2)

十和田湖温泉郷 野の花 焼山荘 お食事編

2016年11月05日 | 青森県の温泉
. . . 本文を読む
コメント (2)

十和田湖温泉郷野の花 焼山荘 お風呂編

2016年11月05日 | 青森県の温泉
焼山荘のお風呂は1階にある。 チェックイン時から夜の8時まで女性が入れるのは内湯と露天が離れている方。 先ずは露天風呂へ。 露天へのアプローチがステキ。 脱衣室。   4、5人規模の石造りの浴槽。 微微たる濁りが感じられるほぼ透明のお湯。 少しキシキシ感のあるお湯は特に匂いもなし。 猿倉温泉からの引湯。 露天でまったりしてから内湯に移動。 いちいち着替えなければならない。 こち . . . 本文を読む
コメント

十和田湖温泉郷 野の花焼山荘

2016年11月04日 | 青森県の温泉
奥入瀬渓流・石ヶ戸から車で10分。 部屋数22室のこじんまりした宿が今回の宿泊地。 奥入瀬めぐりにはちょうど良い場所に建つ「野の花 焼山荘」 ウエルカムドリンクを頂きながらロビーでチェックイン。 館内はすべて畳敷き、スリッパ要らず。 トイレ付き8帖をの部屋を予約したが10帖の角部屋を用意された。 それも1階でお風呂に行くにも食事にも便利。 テレビ、冷蔵庫、金庫、鏡台、お湯と冷水ポ . . . 本文を読む
コメント