おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


養老牛温泉 だいいち 朝食編

2016年10月26日 | 北海道の温泉
この宿での一番の楽しみが温泉よりもこの朝食。 今回もこの席ゲット。 いったい何種類のおかずがあるのだろう。 北海道の美味しい野菜がいっぱい並ぶ。 肉や魚もあるがもっぱら野菜をいただく。 どれも手作りで美味しいお料理。 ご飯のお供だけでもこれだけある。 濃厚で美味しい養老牛牛乳。 お一人様一本でと書かれるようになった。 フレンチトーストがとっても美味しかった。 . . . 本文を読む
コメント

養老牛温泉 だいいち 夕食編

2016年10月26日 | 北海道の温泉
夕食は7時半から食事処せせらぎでいただく。 チェックインが遅かったため、6時と7時半しか空いていなかった。 先ずはゆっくりと温泉に入ってからがいいとこの時間にした。 今夜もビールで乾杯! 食前酒 メニュー メニュー順に、前菜 煮物 小鉢 鍋物 漬物 お造り 揚げ物 焼き物 食事・吸い物 デザート 給仕の年配 . . . 本文を読む
コメント

養老牛温泉 湯宿だいいち お風呂編

2016年10月26日 | 北海道の温泉
養老牛温泉だいいちはお湯が豊富でお風呂も多い。 HPで「泉源は自然湧出。毎分300 リットル(72度から95度) 7 ケ所の泉源より湧き出て、浴室、露天風呂を満たしております」 満室だったため人も多くて脱衣室や内風呂などの画像なし。 2年前のブログでどうぞ→コチラ 今回も気に入ったのがこのお風呂。 けっこう熱めのお湯が気持ちよかった。 その横はぬるすぎてパス。 いちばん川に近い混 . . . 本文を読む
コメント

養老牛温泉 湯宿だいいち

2016年10月26日 | 北海道の温泉
中標津にある養老牛温泉・湯宿だいいちは大好きな宿。 今回で3度目の宿泊となる。 途中で夕焼けに見とれてチェックインは5時をすぎた。 大きな囲炉裏でウエルカムドリンクとお菓子をいただき手続き。 今回の部屋はメゾネットタイプを予約。 宿泊料を安くするため2夫婦4人で利用。 部屋の入り口から直接2階へ行く階段があり独立している。 2階はすでに布団が敷いてある。 こちらは大型テレ . . . 本文を読む
コメント

岩尾別温泉 無料の混浴露天風呂

2016年10月25日 | 北海道の温泉
知床五湖の帰り道に通る岩尾別川河畔。 そこには熊の写真を撮ろうと待ち構えているカメラマンが5、6人。 岩尾別温泉の看板が見えたので、ここから遠いのかと聞いてみた。 「そこの道を行けばすぐだよ」 おじさんの言うほどすぐではなかった。 北海道の人のすぐそこと我々のすぐそこは違うようだ。 岩尾別温泉ホテル地の涯の白い建物が見えてきた。 まさか、無料だと思わないのでホテルの受付へ。 親切なフロントマ . . . 本文を読む
コメント

ウトロ温泉 桂田 お食事編

2016年10月22日 | 北海道の温泉
夕食は宿の玄関から徒歩30歩の食事処へ。 この日はは天気がいいからよかったが雨、風の時は大変だ。 今回は安くあげるためにお値打ちな「知床炭火焼きプラン」 先ずは生ビールで乾杯! ツブガイやカニ、魚を焼いて食べる。 アルミの中身はジャガイモ。 何とかのグラタンが美味しい!!! トマトのジュレ何とか。 お肉も焼きますよ~ ご飯は焼きおにぎりに! お味噌汁。 . . . 本文を読む
コメント

ウトロ温泉 桂田 お風呂編

2016年10月22日 | 北海道の温泉
この宿に決めたのはHPのこの写真。 元々大型旅館は好きでないのでピッタリだと思って予約。 ところが騙された感が強い。 以前ならお風呂から海が見えたようだ。 今は露天風呂の前に食事処ができてお風呂からは何も見えず・・・ ガッカリぽん。 もしかしたら男性風呂はそうでないのかな~ 先ずは内風呂から。 浴室は1階の奥に男女別にある。 シンプルな脱衣室。 洗面台にはドライヤー完備。 シ . . . 本文を読む
コメント

ウトロ温泉 夕映えの宿桂田

2016年10月22日 | 北海道の温泉
前夜泊まったしれこ村の姉妹館である「桂田」 ウトロ温泉の中でもいちばん奥まった場所に位置する海沿いの宿。 玄関入ったところにあるロビー。 部屋は2階。 」 海の見える部屋は8畳。 トイレ無し、今回初のトイレ無しの部屋。 男女別のトイレが1階にも2階にもある。 テレビ、冷蔵庫、ヒーター、電気ポット、お茶セットなど一般的な備品あり。 部屋からの眺め。 . . . 本文を読む
コメント

ウトロ温泉 しれとこ村 食事編

2016年10月21日 | 北海道の温泉
食事は玄関近くの食堂でいただく。 上の写真は最初にセットされていたもの。 毛ガニが一杯づつ付く。 お刺身はアブラガレイ、イワシ、ツブガイ、甘エビ。 肉の物はエゾシカ。 鍋物はタコの頭とモズク。 後出しの煮魚はスケソウダラ。 もっと小さくていいから他の魚がいい。 焼き物は鮭。 知床で鮭が採れるからってボリュームありすぎ。 ご飯はいくらを乗せてみた。 デザートは . . . 本文を読む
コメント

ウトロ温泉 しれとこ村 お風呂編

2016年10月21日 | 北海道の温泉
しれとこ村のお風呂は「熊の湯」と書かれている。 知床で「熊の湯」といえば羅臼の無料露天と勘違いする。 脱衣室は大きめの棚だけ、洗面台にはドライヤー完備。 いつ入ってもきちんと整頓されている洗い桶とイス。 洗い場は左右にあり数も多い。 ボディソープ、シャンプー類完備。 7、8人入れる浴槽が2つつながっている。 右側の投入口がある方が若干温度が高い。 緑色がかった褐色の半透明 . . . 本文を読む
コメント

ウトロ温泉 しれとこ村

2016年10月21日 | 北海道の温泉
ウトロの高台にあるしれとこ村(旧つくだ荘) 全体写真が撮れないのでHPから拝借。 本館、新館、別館からなる55室の宿。 私達の泊まった別館はリニューアルされた10室でバス・トイレ付き。 トイレ付きの部屋があるのはこの別館だけ。 部屋は12畳と広くてきれい。 テレビ、冷蔵庫、エアコン、空気清浄機、電気ポット、ドライヤー完備。 コインランドリーもあるのでこの日は洗濯。 別館は禁煙 . . . 本文を読む
コメント

きよさと温泉 緑清荘

2016年10月19日 | 北海道の温泉
清里町には3つの日帰りできる温泉がある。 ウトロに向かう方向でここに決めた。 町営の温泉のようだ。 日帰り入浴390円と安い。 いかにも公共の宿という脱衣室。 お風呂は内湯だけ。 ジャグジーなどもあるが左端の浴槽にだけ浸かる。 淡い褐色の透明湯に茶色で細かい湯の花が見られる。 さして特徴のないお湯。 源泉かけ流しだそうな。 広い休憩室は10時から夜の10時まで利用できる。 冷水 . . . 本文を読む
コメント

奥屈斜路温泉 森つべつ 食事編

2016年10月19日 | 北海道の温泉
ホテル森つべつの食事は朝夕とも1階のレストランでいただく。 窓の外にステキなお庭を見ながらいただく。 夕食は6時30分にお願い。 メニュー しゃぶしゃぶ 何ともオシャレな鮭のちゃんちゃん焼き ご飯とお吸い物 デザート リンゴのコンポートが食べにくい。 コーヒーは私的には薄い。 朝食はバイキング。 こんなお庭を見ていただくので美味しさが増す。 品数 . . . 本文を読む
コメント

奥屈斜路温泉 森つべつ お風呂編

2016年10月19日 | 北海道の温泉
奥屈斜路温泉などという名前を聞いた事がなくあまり期待しなかったお湯。 フロントの男性が「トロトロのお湯ですから!」とご自慢気。 部屋のある2階エレベーター前にはシャンプーバー。 高級品だそうな。 浴室に入ると貴重品ボックス。 脱衣室は明るく清潔感あり。 冷たいお水も用意されている。 洗面台には強力なドライヤーあり。 洗い場の数は多い。 日帰り入浴を夜遅くまで引き受けてい . . . 本文を読む
コメント

奥屈斜路温泉 ランプの宿 森つべつ 

2016年10月19日 | 北海道の温泉
夕方に着いたホテルはやさしい灯りが出迎えてくれる。 部屋数23室のおしゃれなホテル。 周りには何一つ建物がない、森の中の一軒宿。 木のぬくもりが感じられるロビーがおしゃれ。 私達の前にチェックインしていたのは外国の人。 フロントは英語がペラペラ。 食事を運んでくれる従業員さん2人も海外のお客さんと英語で会話。 この日は3組の外国人観光客が宿泊。 部屋は2階8畳和室トイレ付き。 テレビ . . . 本文を読む
コメント