おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


まっかり温泉

2018年07月02日 | 北海道の温泉
北海道真狩村は羊蹄山の麓に広がる農業の村。 食用ユリ根の出荷量は日本一だそうな。 「まっかり温泉」のすぐ近くにゆり園もある。 券売機で入湯券購入して受付に渡す、500円也。 村内の高齢者は200円。 村営の温泉保養センターだ。。 内湯は地元のおばちゃん達の交流の場となっていた。 露天には誰もいないので終始露天にいた。 眼の前に羊蹄山を望む露天風呂。 無職透明のさしたる特徴のない . . . 本文を読む
コメント

銀婚湯 お食事編

2018年07月02日 | 北海道の温泉
食事処は以前と同じ場所だが変わっていた。 椅子席になったのは何よりだ。 先ずはビールで乾杯。 サッポロクラシックがあった。 北海道にくればクラシックでしょ! 沖縄に行けばオリオンビール。 鍋料理は好きじゃない。 熱々の天ぷら。 ご飯とお味噌汁とデザート。 そういえば、前回あった手作りまんじゅうが無かったな~ どうせお腹いっぱいで食後には食べられなかったが。。。 朝食 . . . 本文を読む
コメント (2)

銀婚湯 内湯&露天風呂

2018年07月02日 | 北海道の温泉
銀婚湯では外の貸切露天をハシゴして内湯に入ったのは夜遅く。 髪を洗ったり体を洗うには内湯だ。 誰もいないこもれびの湯。 洗面台には強力なドライヤーあり。 独泉は好きだが広いお風呂では淋しいものだ。 露天にも行ってみよう。 周りを木々で覆われて葉っぱの間に月が見える。 ちょいと怖くなる。。。 チェックアウト前にドボンと浸かりに行った渓流の湯。 深夜に男女が入れ替わる。 明るく広い . . . 本文を読む
コメント

銀婚湯 杉の湯

2018年07月01日 | 北海道の温泉
銀婚湯の貸し切り風呂「杉の湯」 翌朝、朝食後に急いで行った。 かつら並木の「かつらの湯」を過ぎて杉林に入る。 宿のおじさんが向こうから歩いてくる。 「杉の湯は暗く作ってます」とおっしゃる。 杉林の中に見えてきた湯小屋。 ここは他の湯と違って鍵がかかっている。 フロントで借りた棒を突っ込むと鍵が開くしくみ。 目がなれるまでは暗い浴槽。 明りとりの窓は3ヶ所。 このほの暗さ . . . 本文を読む
コメント

銀婚湯 かつらの湯

2018年07月01日 | 北海道の温泉
銀婚湯の建物から一番近い貸し切り露天が「かつらの湯」 フロントで借りた入湯札を持ってイザ! かつらの林を歩くと甘い香りがしてくる。 そんなかつらの林の中に建つ「かつらの湯」 石をくり抜いた浴槽。 40度くらいのぬるいお湯だ。 今回はお湯の投入量がとても少ない。 新鮮さを感じないからさっさと上がる。 夕食が6時半だから急げいそげ。 . . . 本文を読む
コメント

銀婚湯 もみじの湯

2018年07月01日 | 北海道の温泉
銀婚湯の貸し切り露天風呂の一つ。 つり橋を渡って左に進む。 まもなく見えてくるモミジの林。 宿から7、8分で到着。 重い扉を閉めて入湯札を差し込みロック。 そこからのアプローチ。 脱衣所。 2人でちょうどの浴槽。 42度くらいの適温。 鉄分の味がする。 湯船を覆うモミジの大木。 見上げればモミジ、モミジ。 紅葉の時はさぞきれいだろう。 不思議な事 . . . 本文を読む
コメント

銀婚湯 トチ二の湯

2018年07月01日 | 北海道の温泉
銀婚湯には宿の外に宿泊者専用の貸切風呂が5ヶ所ある。 その内4つが露天風呂である。 前回の宿泊時、宿に着いたのが遅く「トチニの湯」だけ入ず、翌朝に入ろうとしたら雨が降って断念した。 この湯が一番良いのだと帰宅後に知ってがっかり。 今回はそのリベンジも兼ねている。 銀婚湯のチェックイン時間は午後1時。 宿泊客は早く着いてのんびりと湯巡りを楽しまれるそうだ。 今度は早くいらっしゃいと女将さんに言わ . . . 本文を読む
コメント

上の湯温泉 銀婚湯

2018年06月30日 | 北海道の温泉
5年前に泊まって以来2度めの宿泊。 広い敷地を持つ「日本秘湯を守る会」の宿である。 何しろ、宿の敷地内を川が流れているのだから。。。 向こうに見えるのが宿である。 前回は新館に泊まったが、お風呂も料理も同じなら安いに限ると旧館予約。 古いが清掃が行き届いた8畳の和室である。 テレビ、冷蔵庫はあるが金庫はなく、貴重品はフロントに預ける。 館内ではスリッパはなく、足袋が用意されてい . . . 本文を読む
コメント

二股ラジウム温泉

2018年06月30日 | 北海道の温泉
二股ラジウム温泉は玄関から長い階段を下りてお風呂に進む。 脱衣所は廊下のようなところだ。 その脱衣所から露天が見える。 女性露天だとばかり思っていたらそこは男性風呂だった。 夫たちが入る前で誰も入っていない。 浴槽がいっぱいあるのが見える。 さて、女性風呂は脱衣室と同じ階にある。 水道の蛇口もシャワーもない。 この湯溜めから汲み出して使うシステム。 注意書きも読まずに . . . 本文を読む
コメント (2)

二股ラジウム温泉へ

2018年06月30日 | 北海道の温泉
北海道でまだ入っていない憧れの温泉が3つある。 豊富温泉・かんの温泉・そして二股ラジウム温泉だ その一つの二股ラジウム温泉に行く! 長万部の町から左折して山の中へと入る。 キタキツネ発見。 すぐに山の中へ逃げてしまった。 しばらく走るともう一匹発見。 こちらは餌がもらえると思っているのか近づいてくる。 すると間もなく二股ラジウム温泉に到着。 秘湯のオンボロ宿を想像していたら新し . . . 本文を読む
コメント

ニセコ 湯本温泉 雪秩父

2018年06月29日 | 北海道の温泉
蘭越町の町営日帰り温泉・雪秩父。 昨年までは古い国民宿舎だったのをリニューアル。 すぐそばに源泉が湧きだす大湯沼がある。 先ずは沼を一周。 途中で立ち入り禁止になっていて一周できず。 券売機で入浴券購入700円。 すぐ横の愛想のいいおばちゃんに渡す。 内湯は地元の方らしき年配者が7、8人。 露天へと移動する。 誰もいない、ラッキー!!! 露天に出た所にある「ふれあいの湯」はチョイ . . . 本文を読む
コメント

養老牛温泉 だいいち 朝食編

2016年10月26日 | 北海道の温泉
この宿での一番の楽しみが温泉よりもこの朝食。 今回もこの席ゲット。 いったい何種類のおかずがあるのだろう。 北海道の美味しい野菜がいっぱい並ぶ。 肉や魚もあるがもっぱら野菜をいただく。 どれも手作りで美味しいお料理。 ご飯のお供だけでもこれだけある。 濃厚で美味しい養老牛牛乳。 お一人様一本でと書かれるようになった。 フレンチトーストがとっても美味しかった。 . . . 本文を読む
コメント

養老牛温泉 だいいち 夕食編

2016年10月26日 | 北海道の温泉
夕食は7時半から食事処せせらぎでいただく。 チェックインが遅かったため、6時と7時半しか空いていなかった。 先ずはゆっくりと温泉に入ってからがいいとこの時間にした。 今夜もビールで乾杯! 食前酒 メニュー メニュー順に、前菜 煮物 小鉢 鍋物 漬物 お造り 揚げ物 焼き物 食事・吸い物 デザート 給仕の年配 . . . 本文を読む
コメント

養老牛温泉 湯宿だいいち お風呂編

2016年10月26日 | 北海道の温泉
養老牛温泉だいいちはお湯が豊富でお風呂も多い。 HPで「泉源は自然湧出。毎分300 リットル(72度から95度) 7 ケ所の泉源より湧き出て、浴室、露天風呂を満たしております」 満室だったため人も多くて脱衣室や内風呂などの画像なし。 2年前のブログでどうぞ→コチラ 今回も気に入ったのがこのお風呂。 けっこう熱めのお湯が気持ちよかった。 その横はぬるすぎてパス。 いちばん川に近い混 . . . 本文を読む
コメント

養老牛温泉 湯宿だいいち

2016年10月26日 | 北海道の温泉
中標津にある養老牛温泉・湯宿だいいちは大好きな宿。 今回で3度目の宿泊となる。 途中で夕焼けに見とれてチェックインは5時をすぎた。 大きな囲炉裏でウエルカムドリンクとお菓子をいただき手続き。 今回の部屋はメゾネットタイプを予約。 宿泊料を安くするため2夫婦4人で利用。 部屋の入り口から直接2階へ行く階段があり独立している。 2階はすでに布団が敷いてある。 こちらは大型テレ . . . 本文を読む
コメント