おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


岩木山登山

2018年09月21日 | 山歩き
一昨年の夏に登った岩木山。 今回はスカイラインを利用しないで麓の登山口から登ろう! と、いう計画だったが遊び歩いた体は楽な方を要求した。 なので今回も8合目まで車で行き、そこからリフト利用のお気楽登山と相成った。 夏の花の時期は過ぎて、秋の紅葉にはまだ早い9月。 駐車場にはたくさんの車が止まっている。 平日ながら登山者は多いようだ。 リフト駅からお気楽登山開始。 ガスが出てきた。 火山ら . . . 本文を読む
コメント

月山下山は雪の上

2018年07月22日 | 山歩き
のんびり過ごした月山山頂から12時半頃に下山開始。 ツアーもこの時間帯がピークのようで時々渋滞する。 牛首の分岐を左側へ。 石畳の道をすぎるとほぼ雪渓の上を歩くことになる。 ここではアイゼンを付ける人の姿。 私もアイゼン装着完了! と、目の前を行くおじさんの靴にはロープ。 そこで拾った縄だとか。 アイゼンがあれば多少の斜面はへイチャラ。 団体さんが来たが誰もアイゼンを持っ . . . 本文を読む
コメント

月山登山 山頂へ

2018年07月21日 | 山歩き
姥ヶ岳から牛首への稜線歩きの道が好きだ。 ニッコウキスゲロードとでも言おうか木道の両側に咲き乱れている。 上の方にも! 今年はコバイケイソウの当たり年なのだろうかよく咲いている。 2つ目の雪渓を渡る。 平らだからアイゼンは要らない。 当初は牛首までのつもりだったがやはり山頂に行こう! ここからのきつい道が嫌で山頂まで行かない事もある。 歩いた道を振り返るのもいいよ。 . . . 本文を読む
コメント

月山登山は姥ヶ岳から

2018年07月20日 | 山歩き
昨日は大好きな月山へ。 この季節は雪渓とたくさんの高山植物に逢える。 昨年は20日に行ってるからほぼ同時期だ。 姥ヶ岳の斜面はいつも雪が残っている。 先を行く人が雪渓で滑って転ぶのを見てアイゼン装着。 途中で登山道に出ず、このまま雪の上を歩いて頂上に行こう! と、横着な気持ちで上り始めた。 だが、あまりの急斜面に危険を感じて登山道に戻る事にした。 雪の無い登山道の両側は花・花・花。 . . . 本文を読む
コメント

蔵王・御田ノ神湿原

2018年07月10日 | 山歩き
この日の蔵王行きは曇り空の中を仙台出発。 エコーラインは標高を上げるごとに風が強くなっていくのが車窓からわかる。 リフト駅下の刈田駐車場に着くと一面真っ白。 ガスだか霧雨だかわからない様な天気。 一応、カッパの上下を着用。 石がゴロゴロの登山道を歩く。 ハクサンチドリが至る所に咲いている。 道路を横断して御田ノ神湿原に入る。 ここの木道は滑らない様に工夫されているが、濡れているから慎重 . . . 本文を読む
コメント

一切経山~鎌沼~浄土平

2018年07月04日 | 山歩き
魔女の瞳を眺めて山頂で30分ばかり滞在。 登るときよりいくらかガスが晴れてきたようだ。 眼下に鎌沼が見える。 池塘が点在する湿原にはワタスゲ。 鎌沼の水位が異様に低い。 コバイケイソウの白い花が目立つ。 山頂部は相変わらずガスってる。 鎌沼の端っこまできた。 沼にお別れして浄土平駐車場めざして歩く。 この道は綿毛状チングルマ、イワカガミ、ツマトリソウ、ゴゼンタ . . . 本文を読む
コメント

一切経山登山

2018年07月04日 | 山歩き
今回は早朝に家を出て7時50分には登山開始。 この日は朝から暑い。 歩くに連れて山頂付近はガス。 方向によっては青空が広がる。 登山道には傷んだ箇所もあり。 40分で酸ヶ平避難小屋に到着。 トイレはあるがとても汚い。 手洗い用の水が出ないからウエットティッシュが役にたつ。 石ばかりの登山道の向こうは灰色のガスが広がっている。 嫌な予感。 雲に覆われる上部。 . . . 本文を読む
コメント

南蔵王縦走 4  不忘山~芝草平〜刈田峠

2018年06月10日 | 山歩き
不忘山山頂の花をもっと見ていたいが下山開始。 ここから白石スキー場側に下りれば2時間とかからないのに… その点、車だと駐車場に戻らないとダメだ。 上る時に写真いっぱい撮ったのに、下りる時もまた撮っている。 夫ははるか下の方でこっちを見ている。 「早くしろ!」と、きっと思ってるのだろう。 来た道をどんどん引き返す。 約2時間で南蔵王唯一の湿原である芝草平に到着。 木道沿いのチングルマが満開。 . . . 本文を読む
コメント

南蔵王縦走 3  不忘山の花

2018年06月10日 | 山歩き
不忘山に上るのは5月下旬か6月初めがいいと思う。 ピンクの可愛いユキワリコザクラに逢えるのが今なのだ。 不忘山山頂付近に咲いていた花たち。 見落とした花もあるかもしれないが画像UP。 ユキワリコザクラ。 ハクサンイチゲ ミヤマキンバイ シラネアオイ ミヤマオダマキ ハクサンチドリ チングルマ イワカガミ イワベンケイ          6月7日 . . . 本文を読む
コメント

南蔵王縦走 2  南屏風岳~不忘山

2018年06月09日 | 山歩き
南屏風から不忘山への道は悪路。 火山性の滑りやすい土で一番緊張する場所だ。 慎重に歩いていてもズズズーと滑る。 途中で出会ったお2人が鎖の所で引き返すとおっしゃる。 「ここまで来てもったいない。お花いっぱいできれいですよ!」 「この滑るのも怖いし、あんな所登れない」 無理強いもできないので別れる。 ハクサンイチゲがいっぱいの場所に来た。 何度も追い越し追い越された駐車場で隣に . . . 本文を読む
コメント

南蔵王縦走 1  刈田峠~南屏風岳

2018年06月09日 | 山歩き
久々に夫との山は南蔵王を縦走。 刈田峠~前山~杉ヶ峰~屏風岳~南屏風岳~不忘山をピストン。 友人を誘ったが体力的に自信が無いと言うので2人。 7時30分に着くと刈田峠の道路沿い駐車場に止める事ができた。 これはラッキー。 屏風岳や南屏風までは何度も行っているがその先の不忘山まで行くのは2度目。 距離は長いが、屏風の稜線歩きと不忘のお花が楽しみ。 青空だしランランラン♪♪足取りも軽い。 前 . . . 本文を読む
コメント

尾瀬 湿原の花

2018年06月04日 | 山歩き
この時期の尾瀬ヶ原はミズバショウ。 例年なら一番の見頃となる予定だったが、今年は2周間も早く咲いたそうだ。 残念ながら可憐なミズバショウは葉が大きくなっていた。 リュウキンカが主役のような顔をしていた。 タテヤマリンドウ ヒメシャクナゲ ミツガシワ    ワタスゲ オゼヌマタイゲキ ナツトウダイ ゼンマイみたいな形、名前がわからない。 ズミの蕾かな? . . . 本文を読む
コメント

青葉山ジャルダン跡

2018年05月28日 | 山歩き
竜ノ口渓谷の奥から青葉台へ上がるわけだが、初めから急斜面の荒れた道。 崖側にはロープが張られているがそれを支える木は中が朽ちていたりする。 すごい藪こぎだ。 笹の葉で顔を切ってしまいそう。 めったに人が歩かない道のようだ。 こんな所に咲いていたニッコウキスゲ。 かつては活躍したアスレチック遊具が見えてきた。 防腐処理した電柱を使って作ったそうだ。 アスレチ . . . 本文を読む
コメント

奥竜ノ口渓谷へ

2018年05月27日 | 山歩き
秋に長年の夢だった竜ノ口渓谷を歩いて感動した。 あれから半年、今日はフットパスの会ミニハイクで竜の口渓谷の奥を歩く。 今回も長靴を履いてイザ! 急な坂道をどんどん下る。 クジラ坂を下りて竜ノ口の谷底に出る。 前回はここから右に行って大昔の地層や化石を見ながら青葉山に出た。 今日は分岐を左に進み、青葉山ジャルダン跡に出るコース。 沢歩きは行く手を阻む倒木が多い。 秋に歩いた竜ノ口渓谷より荒 . . . 本文を読む
コメント

UFOを呼ぶ? 千貫森

2018年05月20日 | 山歩き
          (拝借画像) UFOふれあい館で見た3Dシアター。 この飯野の町で昔からUFOが見られるのはこの千貫森が関係あるとか。 そして、UFO基地説が唱えられるこの千貫森に登りたくなった。 職員の女性に聞くと春の桜シーズンには上る人も多いが、普段は少ないとか。 登山道は整備され、所々に宇宙人の道案内もあるというので面白そう。 往復1時間もかからないらしいから登山開始。 最初は . . . 本文を読む
コメント