おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


高子二十境ハイキング

2018年12月09日 | 山歩き
福島県伊達市の高子二十境。 高子二十境がどういう所で何なのか全くわからずハイキングに参加。 とにかく知らない所に行きたいのだ。 JR東北線から阿武隈急行で高子駅まで。 伊達市のHPから 「高子二十境」とは、江戸時代中期、高子に住む熊坂覇陵(はりょう)が20ヶ所の景勝地を選び、それぞれの地に名前をつけて漢詩を詠んだことから始まります 冬型の気圧配置で雪が降るかもという天気予報。 前日はメー . . . 本文を読む
コメント

太白山登山

2018年12月01日 | 山歩き
山の会のメンバー12名で地元の山・太白山に登る。 八木山南団地から治山の森に入る。 治山の森にはまだ葉を落としていないモミジが美しく紅葉している。 踏みつけるのがもったいない様なきれいな落ち葉。 落ち葉カサコソ初冬の山歩き。    水道の導水管脇の急な階段を下りる。        歩き始めて約2時間で太白山麓の自然観察センター到着。 トイレ休憩をしてから太白山に登るよ。 . . . 本文を読む
コメント

オボコンベ山登山 その二(マンモス岩と山頂) 

2018年11月07日 | 山歩き
紅葉に感動しながら上る急坂。 目の前に大きな岩が現れると間もなく山頂だ。 大きな岩の左側がオボコンベ山頂。 マンモス岩。 マンモス岩の後ろ側も見事な紅葉。 スリル満点のマンモス岩周辺である。 ここから山頂へのよじ登りの道もスリルある。 桐の目山の形が美しい。 いつか上ってみたい山である。 歩き始めて約2時間少しでオボコンベ山頂到着。 狭い山頂には小さな祠と . . . 本文を読む
コメント

オボコンベ山登山 その一

2018年11月07日 | 山歩き
過去に2回登ったオボコンベだがまた行きたくなった山。 未だに登山道がわかりにくく自信がないのでSさんに連れてってもらう。 9時に自宅を出発して1時間でオボコンベの登山口到着。 車が1台止まっていて男性2名が先に登って行った。 本砂金川の支流の沢歩きで始まる。 この沢を渡っては山道を歩き、再び沢を渡っての繰り返し。 いたる所に倒木があり、くぐったり跨いだり。 標識らしい物はなく、木の枝にくくり . . . 本文を読む
コメント

升沢自然遊歩道

2018年11月03日 | 山歩き
船形山の升沢登山道入り口にある旗坂野営場。 そこから始まる升沢自然遊歩道。 ブナとサワグルミの原生林は今紅葉真っ盛り。 アップダウンの繰り返しの遊歩道。 遊歩道とはいえ決して楽な道ではない。 登山靴は必須だ。 落ち葉を踏みしめて歩くのは気持ちがいい。 1時間ほど歩くとすりばち沼が現れる。 イモリだかサンショウウオの小さいのがたくさんいる。 高さ20mの割山大滝。 滝を眺めな . . . 本文を読む
コメント

青葉山ハイキング&東北大学カフェ

2018年10月20日 | 山歩き
昨日は青葉山ハイキングの日。 今にも雨が降りそうな雲行きの中を地下鉄青葉山駅に集結。 東北大、宮教大の間の道を歩いて青葉の森に入る。 管理センターでレンジャーの方から説明を聞いてから散策開始。 緩やかな起伏のある山道。 今の季節でも多少の花は咲いていた。 かわいいリンドウ。 キッコウハグマ。 他にもアザミやアキノキリンソウ、野菊なども咲いていた。 白いキノコも見かけたがキノコには詳し . . . 本文を読む
コメント

戸神山登山

2018年10月13日 | 山歩き
今日の山の会は太白区秋保の戸神山。 公共交通機関を使っての山行きはたぶん私は初めて。 仙台駅から市バスで上愛子小学校下車、そこから登山口まで30分くらい車道を歩く。 山頂で豚汁を作るメンバー4人は先に車で行っているはず。 10時10分くらいに登山開始。 色づき始めた広葉樹の中をルンルン。 ルンルンもここまで。 私が普段歩く道より遠回りな気がする。 ここから女戸神山へはけっこう急な坂道。 . . . 本文を読む
コメント

南屏風岳登山

2018年10月09日 | 山歩き
家を6時に出て刈田峠の駐車場に向かう。 さすがに夏と違って路肩の駐車場はガラガラ。 今日は屏風岳登山。 あいにくの曇り空。 前山の斜面から見る山の紅葉。 見事ではあるが太陽の光が弱い。 晴れていればさぞきれいだろう。 今の季節、山道を彩るのは葉っぱの落ちたナナカマドの実。 前山・杉ヶ峰と2つの山を上って下りた所が芝草平。 南蔵王最大の湿原である。 初夏ならチングルマ・ヒナザクラ . . . 本文を読む
コメント

安達太良山登山

2018年10月06日 | 山歩き
朝から曇り空で雨の心配ばかりしての安達太良登山。 ところが、安達太良山の駐車場に着いたとたん青空が見えた!!! まさかまさかの青空だ。 紅葉の登山道をルンルンで歩く12人を最初に感動させたのは雲海。 そしてどこまでも広がる青い空。 雲海は消えることなくまだ広がっていた。 紅葉と雲海のコラボがすばらしい。 通称乳首山と言われる安達太良山頂の乳首の部分に人がいるのが見える。 . . . 本文を読む
コメント

栗駒山登山

2018年10月05日 | 山歩き
昨日は栗駒山登山。 仙台駅7時30分出発のバスで24名の参加。 イワカガミ平から見上げる栗駒は真っ赤である。 1年ぶりの栗駒山はいちばん簡単な中央コースを歩く。 昨年歩いた東栗駒コースが変化を楽しめて好きだ。 振り返ればそこも真っ赤。 ワクワクしながら約1時間歩いて小休止。 頂上はもうすぐ。 見事な錦繍だ。 1時間50分で1627mの栗駒山山頂に到着。 平日ながら人は多い . . . 本文を読む
コメント

治山の森

2018年09月29日 | 山歩き
里山の会で治山の森を歩く。 地下鉄東西線の青葉山駅に集合した約40人。 宮教大の前を通って青葉山に入る。 そこで見つけた変わった植物。 詳しい人に聞くと「ミズタマソウ」と言うそうな。 ここから治山の森。 秋の花・ハギが咲く道を歩くよ。 仙台市の花はハギ、宮城県の県花はミヤギノハギ。 ここは横になって歩くようにと指示がある。 橋も4ヶ所くらい渡る。 今まで歩いたのが「鈎 . . . 本文を読む
コメント

岩木山登山

2018年09月21日 | 山歩き
一昨年の夏に登った岩木山。 今回はスカイラインを利用しないで麓の登山口から登ろう! と、いう計画だったが遊び歩いた体は楽な方を要求した。 なので今回も8合目まで車で行き、そこからリフト利用のお気楽登山と相成った。 夏の花の時期は過ぎて、秋の紅葉にはまだ早い9月。 駐車場にはたくさんの車が止まっている。 平日ながら登山者は多いようだ。 リフト駅からお気楽登山開始。 ガスが出てきた。 火山ら . . . 本文を読む
コメント

月山下山は雪の上

2018年07月22日 | 山歩き
のんびり過ごした月山山頂から12時半頃に下山開始。 ツアーもこの時間帯がピークのようで時々渋滞する。 牛首の分岐を左側へ。 石畳の道をすぎるとほぼ雪渓の上を歩くことになる。 ここではアイゼンを付ける人の姿。 私もアイゼン装着完了! と、目の前を行くおじさんの靴にはロープ。 そこで拾った縄だとか。 アイゼンがあれば多少の斜面はへイチャラ。 団体さんが来たが誰もアイゼンを持っ . . . 本文を読む
コメント

月山登山 山頂へ

2018年07月21日 | 山歩き
姥ヶ岳から牛首への稜線歩きの道が好きだ。 ニッコウキスゲロードとでも言おうか木道の両側に咲き乱れている。 上の方にも! 今年はコバイケイソウの当たり年なのだろうかよく咲いている。 2つ目の雪渓を渡る。 平らだからアイゼンは要らない。 当初は牛首までのつもりだったがやはり山頂に行こう! ここからのきつい道が嫌で山頂まで行かない事もある。 歩いた道を振り返るのもいいよ。 . . . 本文を読む
コメント

月山登山は姥ヶ岳から

2018年07月20日 | 山歩き
昨日は大好きな月山へ。 この季節は雪渓とたくさんの高山植物に逢える。 昨年は20日に行ってるからほぼ同時期だ。 姥ヶ岳の斜面はいつも雪が残っている。 先を行く人が雪渓で滑って転ぶのを見てアイゼン装着。 途中で登山道に出ず、このまま雪の上を歩いて頂上に行こう! と、横着な気持ちで上り始めた。 だが、あまりの急斜面に危険を感じて登山道に戻る事にした。 雪の無い登山道の両側は花・花・花。 . . . 本文を読む
コメント