おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


戸神山登山

2018年10月13日 | 山歩き
今日の山の会は太白区秋保の戸神山。 公共交通機関を使っての山行きはたぶん私は初めて。 仙台駅から市バスで上愛子小学校下車、そこから登山口まで30分くらい車道を歩く。 山頂で豚汁を作るメンバー4人は先に車で行っているはず。 10時10分くらいに登山開始。 色づき始めた広葉樹の中をルンルン。 ルンルンもここまで。 私が普段歩く道より遠回りな気がする。 ここから女戸神山へはけっこう急な坂道。 . . . 本文を読む
コメント

南屏風岳登山

2018年10月09日 | 山歩き
家を6時に出て刈田峠の駐車場に向かう。 さすがに夏と違って路肩の駐車場はガラガラ。 今日は屏風岳登山。 あいにくの曇り空。 前山の斜面から見る山の紅葉。 見事ではあるが太陽の光が弱い。 晴れていればさぞきれいだろう。 今の季節、山道を彩るのは葉っぱの落ちたナナカマドの実。 前山・杉ヶ峰と2つの山を上って下りた所が芝草平。 南蔵王最大の湿原である。 初夏ならチングルマ・ヒナザクラ . . . 本文を読む
コメント

安達太良山登山

2018年10月06日 | 山歩き
朝から曇り空で雨の心配ばかりしての安達太良登山。 ところが、安達太良山の駐車場に着いたとたん青空が見えた!!! まさかまさかの青空だ。 紅葉の登山道をルンルンで歩く12人を最初に感動させたのは雲海。 そしてどこまでも広がる青い空。 雲海は消えることなくまだ広がっていた。 紅葉と雲海のコラボがすばらしい。 通称乳首山と言われる安達太良山頂の乳首の部分に人がいるのが見える。 . . . 本文を読む
コメント

栗駒山登山

2018年10月05日 | 山歩き
昨日は栗駒山登山。 仙台駅7時30分出発のバスで24名の参加。 イワカガミ平から見上げる栗駒は真っ赤である。 1年ぶりの栗駒山はいちばん簡単な中央コースを歩く。 昨年歩いた東栗駒コースが変化を楽しめて好きだ。 振り返ればそこも真っ赤。 ワクワクしながら約1時間歩いて小休止。 頂上はもうすぐ。 見事な錦繍だ。 1時間50分で1627mの栗駒山山頂に到着。 平日ながら人は多い . . . 本文を読む
コメント

治山の森

2018年09月29日 | 山歩き
里山の会で治山の森を歩く。 地下鉄東西線の青葉山駅に集合した約40人。 宮教大の前を通って青葉山に入る。 そこで見つけた変わった植物。 詳しい人に聞くと「ミズタマソウ」と言うそうな。 ここから治山の森。 秋の花・ハギが咲く道を歩くよ。 仙台市の花はハギ、宮城県の県花はミヤギノハギ。 ここは横になって歩くようにと指示がある。 橋も4ヶ所くらい渡る。 今まで歩いたのが「鈎 . . . 本文を読む
コメント

岩木山登山

2018年09月21日 | 山歩き
一昨年の夏に登った岩木山。 今回はスカイラインを利用しないで麓の登山口から登ろう! と、いう計画だったが遊び歩いた体は楽な方を要求した。 なので今回も8合目まで車で行き、そこからリフト利用のお気楽登山と相成った。 夏の花の時期は過ぎて、秋の紅葉にはまだ早い9月。 駐車場にはたくさんの車が止まっている。 平日ながら登山者は多いようだ。 リフト駅からお気楽登山開始。 ガスが出てきた。 火山ら . . . 本文を読む
コメント

月山下山は雪の上

2018年07月22日 | 山歩き
のんびり過ごした月山山頂から12時半頃に下山開始。 ツアーもこの時間帯がピークのようで時々渋滞する。 牛首の分岐を左側へ。 石畳の道をすぎるとほぼ雪渓の上を歩くことになる。 ここではアイゼンを付ける人の姿。 私もアイゼン装着完了! と、目の前を行くおじさんの靴にはロープ。 そこで拾った縄だとか。 アイゼンがあれば多少の斜面はへイチャラ。 団体さんが来たが誰もアイゼンを持っ . . . 本文を読む
コメント

月山登山 山頂へ

2018年07月21日 | 山歩き
姥ヶ岳から牛首への稜線歩きの道が好きだ。 ニッコウキスゲロードとでも言おうか木道の両側に咲き乱れている。 上の方にも! 今年はコバイケイソウの当たり年なのだろうかよく咲いている。 2つ目の雪渓を渡る。 平らだからアイゼンは要らない。 当初は牛首までのつもりだったがやはり山頂に行こう! ここからのきつい道が嫌で山頂まで行かない事もある。 歩いた道を振り返るのもいいよ。 . . . 本文を読む
コメント

月山登山は姥ヶ岳から

2018年07月20日 | 山歩き
昨日は大好きな月山へ。 この季節は雪渓とたくさんの高山植物に逢える。 昨年は20日に行ってるからほぼ同時期だ。 姥ヶ岳の斜面はいつも雪が残っている。 先を行く人が雪渓で滑って転ぶのを見てアイゼン装着。 途中で登山道に出ず、このまま雪の上を歩いて頂上に行こう! と、横着な気持ちで上り始めた。 だが、あまりの急斜面に危険を感じて登山道に戻る事にした。 雪の無い登山道の両側は花・花・花。 . . . 本文を読む
コメント

蔵王・御田ノ神湿原

2018年07月10日 | 山歩き
この日の蔵王行きは曇り空の中を仙台出発。 エコーラインは標高を上げるごとに風が強くなっていくのが車窓からわかる。 リフト駅下の刈田駐車場に着くと一面真っ白。 ガスだか霧雨だかわからない様な天気。 一応、カッパの上下を着用。 石がゴロゴロの登山道を歩く。 ハクサンチドリが至る所に咲いている。 道路を横断して御田ノ神湿原に入る。 ここの木道は滑らない様に工夫されているが、濡れているから慎重 . . . 本文を読む
コメント

一切経山~鎌沼~浄土平

2018年07月04日 | 山歩き
魔女の瞳を眺めて山頂で30分ばかり滞在。 登るときよりいくらかガスが晴れてきたようだ。 眼下に鎌沼が見える。 池塘が点在する湿原にはワタスゲ。 鎌沼の水位が異様に低い。 コバイケイソウの白い花が目立つ。 山頂部は相変わらずガスってる。 鎌沼の端っこまできた。 沼にお別れして浄土平駐車場めざして歩く。 この道は綿毛状チングルマ、イワカガミ、ツマトリソウ、ゴゼンタ . . . 本文を読む
コメント

一切経山登山

2018年07月04日 | 山歩き
今回は早朝に家を出て7時50分には登山開始。 この日は朝から暑い。 歩くに連れて山頂付近はガス。 方向によっては青空が広がる。 登山道には傷んだ箇所もあり。 40分で酸ヶ平避難小屋に到着。 トイレはあるがとても汚い。 手洗い用の水が出ないからウエットティッシュが役にたつ。 石ばかりの登山道の向こうは灰色のガスが広がっている。 嫌な予感。 雲に覆われる上部。 . . . 本文を読む
コメント

南蔵王縦走 4  不忘山~芝草平〜刈田峠

2018年06月10日 | 山歩き
不忘山山頂の花をもっと見ていたいが下山開始。 ここから白石スキー場側に下りれば2時間とかからないのに… その点、車だと駐車場に戻らないとダメだ。 上る時に写真いっぱい撮ったのに、下りる時もまた撮っている。 夫ははるか下の方でこっちを見ている。 「早くしろ!」と、きっと思ってるのだろう。 来た道をどんどん引き返す。 約2時間で南蔵王唯一の湿原である芝草平に到着。 木道沿いのチングルマが満開。 . . . 本文を読む
コメント

南蔵王縦走 3  不忘山の花

2018年06月10日 | 山歩き
不忘山に上るのは5月下旬か6月初めがいいと思う。 ピンクの可愛いユキワリコザクラに逢えるのが今なのだ。 不忘山山頂付近に咲いていた花たち。 見落とした花もあるかもしれないが画像UP。 ユキワリコザクラ。 ハクサンイチゲ ミヤマキンバイ シラネアオイ ミヤマオダマキ ハクサンチドリ チングルマ イワカガミ イワベンケイ          6月7日 . . . 本文を読む
コメント

南蔵王縦走 2  南屏風岳~不忘山

2018年06月09日 | 山歩き
南屏風から不忘山への道は悪路。 火山性の滑りやすい土で一番緊張する場所だ。 慎重に歩いていてもズズズーと滑る。 途中で出会ったお2人が鎖の所で引き返すとおっしゃる。 「ここまで来てもったいない。お花いっぱいできれいですよ!」 「この滑るのも怖いし、あんな所登れない」 無理強いもできないので別れる。 ハクサンイチゲがいっぱいの場所に来た。 何度も追い越し追い越された駐車場で隣に . . . 本文を読む
コメント