おんせんたまごの温泉日記

東北の温泉・山・お蕎麦を中心に、お気楽主婦の日常をつづったブログです。


奥々八九郎温泉

2018年11月07日 | 秋田県の温泉
奥々八九郎温泉の存在を知ったのは今も持っている2006年発行の自遊人。 鉱山の試験掘削で湧き出たお湯だとか。 多くの温泉ブログに登場する野湯は憧れであった。 青森との県境に近い秋田県小坂町にある。 前に行った事のある長男が連れて行ってくれる。 深夜に仙台を出てひたすら東北道を北上。 標識も看板もない狭いダートの林道をガタガタ走る。 やはり、車高の高い彼の車にして正解。 窓の外に川の流れる音 . . . 本文を読む
コメント (5)

道の駅ねむの丘 展望温泉

2017年07月28日 | 秋田県の温泉
象潟の道の駅・ねむの丘4階にある日帰り温泉。 平日の午後2時30分ごろに訪問すると空いていた。 以前も海水浴の帰りに寄ったら我が家族だけの時間があった。 1回券350円也で90分利用できる。 明るく広々した脱衣室。 洗面台にはドライヤーあり。 貴重品入れもある。 洗い場の数も多くシャワーの出も良い。 シャンプー類完備。 海に面した浴槽の手前はジャグジーになっていて透明のお湯。 こちら . . . 本文を読む
コメント

にかほ市温泉保養センターはまなす

2017年07月19日 | 秋田県の温泉
国道7号線沿いにある温泉施設はまなす。 第三セクターの施設のようだ。 券売機で入浴券購入してフロントに渡す。 入浴料は300円。 あまりゆっくりもしていられないので露天風呂だけ。 六角形の深めの浴槽は8人サイズ。 茶色っぽい透明のお湯は42度くらいでツルツル。 口にすると海水のようにショッパイ。 源泉かけ流しだという。 お風呂の出た所には冷たいお水。 玄関穂ホールの入口にきれい . . . 本文を読む
コメント

須川温泉 栗駒山荘

2016年09月28日 | 秋田県の温泉
岩手県の須川温泉から徒歩3分で秋田県側に建つ栗駒山荘。 岩手県側から源泉をここまで引湯している。 券売機で入湯券を買い受付に渡す。 入浴料は600円から700円に値上がりしていた。 お風呂は静岡からの団体さんが10人くらいでにぎやか。 「初日は月山、昨日は鳥海山、今日は栗駒山」とおっしゃる。 3日連続の登山かと驚く。 よ~く話を聞くと、 月山8合目の弥陀ヶ原湿原、鳥海山麓の獅子ヶ鼻湿原、そし . . . 本文を読む
コメント (4)

泥湯温泉奥山旅館全焼

2016年07月13日 | 秋田県の温泉
河北新報の夕刊の記事。 秋田県の秘湯・泥湯温泉の中心的旅館である奥山旅館が未明に全焼。 記事によると従業員1名が亡くなられたとある。 また、隣接旅館にも一部延焼。 隣接旅館といえば小椋旅館であろうか。 詳しいいことは載っていない。 3、4年前には福島の不動湯温泉が全焼し、もっと昔には白布温泉の東屋・中屋の茅葺屋根の宿が全焼している。 どれも趣きのある鄙びた旅館だっただけに残念だ。 何年か前 . . . 本文を読む
コメント (4)

乳頭温泉郷 妙乃湯混浴露天とマナー違反のカップル

2015年03月02日 | 秋田県の温泉
土曜の午後2時頃、立ち寄り入浴しようとしたが駐車場満車で諦めて翌日に訪問。 すでに車を止めるスペースはわずか。 妙乃湯は過去に2回宿泊して満足した宿。 その後、なかなか泊まることができなくて久々の訪問。 入浴料は720円と乳頭温泉の中では高い。 脱いだ靴はビニール袋に入れて脱衣室まで持っていく。 脱衣室に入ってビックリ! 10時ちょっと過ぎたばかりなのに空のカゴは2,3個しかない。 . . . 本文を読む
コメント (6)

乳頭温泉郷 夜の鶴の湯

2015年03月01日 | 秋田県の温泉
駒ケ岳温泉では夕食後の8時から鶴の湯へ無料送迎してくれる。 冬の間だけか、この日は7時45分にロビー集合だった。 浴衣に丹前を来て足は宿の長靴。 さすがに雪の季節だから鶴の湯まで22、3分かかる。 バスを降りて空を見上げると空一面に星がキラキラ輝き感動。 入口には大きなかまくら。 雪を繰り抜いた灯籠にはロウソクが灯されてステキな雰囲気。   ちなみに3年前の昼間の鶴の湯画像。 . . . 本文を読む
コメント (2)

水沢温泉郷 駒ヶ岳温泉 お食事編と色々

2015年02月28日 | 秋田県の温泉
駒ヶ岳温泉は朝夕とも1階の食事処でいただく。 昼間は「そば五郎」として営業の部屋とその隣の広間のどちらか。 私たちは広間の方だった。 夕食は6時と6時半という事で6時にお願い。 ホタテ、フキ。 カンパチのしゃぶしゃぶ。 お造り。 サーモンの焼いたの。 八幡平ポークの塩麹漬け。 お新香盛り合わせ。 名物の山の芋鍋は自家製味噌で味付け。 手打ち蕎麦が美味 . . . 本文を読む
コメント

水沢温泉郷 駒ヶ岳温泉 貸切風呂

2015年02月27日 | 秋田県の温泉
駒ヶ岳温泉の貸し切り風呂は宿泊者専用。 貸し切り時間帯であればいつでも無料で利用できる。 宿泊棟の端にこのカゴが2つ置いてある。 貸し切り風呂に行く場合、この足ふきマット入りのカゴを持参。 ここにカゴが2つあれば2箇所とも空いているという事だ。 廊下を進み貸し切り風呂への入口。 ここでスリッパを履き替え。 今の時期は長靴が置かれているが普段はゴムのサンダル。 木の浴槽は見学のみ。 . . . 本文を読む
コメント

水沢温泉郷 駒ヶ岳温泉 お風呂編

2015年02月27日 | 秋田県の温泉
駒ヶ岳温泉の浴室は宿泊棟からきれいな長い廊下を進む。 湯小屋の入口でスリッパを脱ぐ。 そこは広々としたホールになっていて、マッサージチェアと貴重品ロッカーがある。 脱衣室は床暖房で足下ポカポカ。 カゴの数も多くシンプルで清潔。 洗面台にはドライヤーが2つ。 他には何もないシンプルさ。 浴室を入ってすぐ左にあるかけ湯。 洗い場の数は多く、リンスインシャンプーとボディソープ完備。 . . . 本文を読む
コメント (2)

水沢温泉郷 駒ヶ岳温泉

2015年02月26日 | 秋田県の温泉
大釜温泉で雪見風呂を満喫し宿泊先の駒ケ岳温泉へ。 水沢温泉郷の中でもここだけは離れた場所にある一軒宿。 雪が無かった幹線道路を入ると圧雪の道となる。 宿の玄関は雪囲いがされていて、大きなかまくらが出迎えてくれる。 宿の左側にはりっぱな湯小屋が見える。 この宿の客室は全て2階にある。 洋室2、和室7の計9室のこじんまりした木造2階建て。 駒ケ岳温泉での宿泊は3度目となる。 この4人 . . . 本文を読む
コメント (2)

乳頭温泉郷 大釜温泉

2015年02月26日 | 秋田県の温泉
目的の妙乃湯駐車場が満車で入れずすぐ上にある大釜温泉へ。 雪で狭くなった駐車場に車を止めて滑りそうな坂を下りて玄関に着く。 この宿の建物は廃校になった校舎を移築したもの。 感じのよいおばちゃんが受付、入浴料は510円となっていた。 廊下を進んで男女別の浴室へ。 カラフルなカゴのあるシンプルな脱衣室。 洗面台にドライヤーは無い。 ラッキーな事に先客さんは1名だけでじきに上がっていった。 私た . . . 本文を読む
コメント (4)

小安峡温泉 多郎兵衛旅館

2015年02月22日 | 秋田県の温泉
湯沢市内から398号を山間部へと進み小安峡温泉に到着。 一面の雪景色の中にその旅館は建っていた。 玄関を入ると感じのいい若いお姉さんが応対。 入浴料は500円。 浴室付近には冷水とお茶の出る給茶機が設置。 先ずは冷たいお水を飲んでからお風呂へ。 最初に入ったお風呂は先客さんが2人いたので次なるお風呂へ。 それはいったん外に出て階段を上がった所にある三宝の湯 4、5人規模の落 . . . 本文を読む
コメント (6)

わらび温泉 田沢湖芸術村ゆぽぽ

2015年02月19日 | 秋田県の温泉
今回の雪まつり見物の宿は昨年と同じゆぽぽ。 田沢湖芸術村は劇団わらび座、田沢湖ビール、そしてこの温泉宿ゆぽぽを擁する。 角館から無料のシャトルバスがあるので便利。 大館のアメッコ市を見てから来る息子一家とはここで合流。 5時ごろになるというので先にチェックインする。 昨年と同じく「部屋売りプラン」で宿泊。 トイレ付き12畳の和室を1室休日前料金で12000円也。 5人で利用だからビジネスホテル . . . 本文を読む
コメント

いさりび温泉ハタハタ館

2014年10月27日 | 秋田県の温泉
十二湖ハイキングの帰りに寄った温泉。 JR五能線あきた白神駅のすぐ向かいにあり、駅とは連絡橋でつながっている。 道の駅かと思ったが違うようで八峰町の第三セクター経営。 宿泊もできるハタハタ館の1階に浴室がある。 ツアーの女性が大勢いるので脱衣室は満杯状態。 脱衣室のカゴが並んだ棚には鍵のかかる貴重品入れがある。 洗面台にはドライヤー完備。 15くらいある洗い場は順番待ち。 シャンプー類完備。 . . . 本文を読む
コメント (2)