This is the football ! 長野市で活動している吉田サッカークラブです。 設立1997年4月

運営委員が公式ブログとして編集しております。その他いろいろとつぶやきも混ざってます。

チームを続ける事

2021年10月21日 | サッカー
秋になってツイッターなどを見ているとアマチュア社会人チームの存続の話題が流れてくる。
外の人になってしまったけど、だからこそ言える雑感などを。

1.選手集めについて

まずは所属選手が友達を連れてくるチームにする。
一人の選手の周りには少なくとも10人の選手がいるはず。仲の良い子を一人でも連れてきてもらえばすぐに人数は倍になる。

地元のサッカー協会の集まりや各種別の大会に顔を出して、近隣の大学、高校、中学、のサッカー部の先生や少年サッカーの指導者と仲良くなる。
可能ならば大会の審判なども引き受けて顔を覚えてもらう。
卒業生を紹介してくれることもあるし、部活止めちゃったけどそっちでサッカーやらせてもらえないかな、という話もある。
審判繋がりから選手を紹介してくれることもある。

ホームページ、ツイッター、ブログなどをまめに更新する。
現代はこれですね。ネットで探してきた選手は自分で探してくるから定着率も高いです。そのかわり活動内容を盛らない事。正直に書かないとすぐにうそはばれる。

選手を集めるのは代表とか役員の仕事ではなく、選手それぞれの仕事ということを理解してもらって、今まで書いたことをできる範囲でみんなでやる。
人が増えたために試合に出られなくなった。友達を呼んだら自分の出場時間が減った。そんなとき運営としては参加する大会を増やしたり練習試合を組んだりして出場する機会を増やしたり、監督は選手起用に配慮してなるべくたくさんの選手が試合に出られるようにする。
出場時間が減っても毎回来てくれる選手は本当にチームのことを考えてくれているし、出た時の準備も欠かさない大事な人材です。
自分がサッカーをして楽しむだけの選手は段々と来なくなります。

2.参加するリーグについて
リーグ運営に欲を言えば、GWやお盆、シルバーウイークを外して4月から11月まで月に2,3試合でトータル15試合位の日程が理想ですね。
北信リーグは理想に近いです。
そうすれば家族や自分の時間も作りやすいし、怪我などからの復帰も余裕ができます。
仕事の都合で夏までしか行けません、就活終わってからでいいですか?なんて選手にも対応しやすい。
長野県リーグの様に3か月で10試合というのは正直きついです。上位リーグとの昇降格試合のスケジュールがあるので仕方が無いですが。

3.スポンサーについて
社会人チームに入部した時点ですでにスポンサーがいます。
それぞれの勤め先がスポンサーです。生活できるのは仕事をして給料をもらっているからです。
自分がやりたいことをやるんだから自腹は当たり前でしょう。
そういう考えでスポンサーは募りませんでした。
今はアマチュアでもスポンサーが付いているチームの方が多い位になりましたが、僕らは趣味の余暇活動をしているので自腹でやる。
これはずっと守ってきました。

余談ですが
プロと言われているチームや選手の中でも、プロのはずなのに勤め先がある選手、バイトしている選手。それは本当にプロですか。
スポーツで飯を食うためには桁外れの才能と努力が必要だし、それ相応の覚悟もいる。
その覚悟の無い選手がサッカーが少しうまいというだけで余暇にお金を出してもらえる甘い環境にいることは、決してその人にとって良い事ではないと思うのですが。

4.チームには寿命がある
チームは生き物です。寿命があります。
見ていると3年目、5年目、10年目くらいに存続の危機が来ますよね。
うちはたまたま
3年目位にそれまで常敗チームだったのが、強力な学生たちが加入したことによって突然カップ戦で下克上優勝。
5年目、その勢いのまま地区の1部まで昇格
10年目前後から1部でも上位チームになり、初優勝した年に一発勝負でついに県リーグへ昇格。
その後3年周期位のリーグ降格の危機を、選手が多数入れ替わることによって脱出してきましたがついに昨年力尽きました。
という感じで、危機の際にちょうどチームのトピックが重なって乗り越えてきました。
同じ環境で人間の集中力や好奇心が続くのは3年位なのかもしれませんね。6.3.3学制はよくできているということですか。
寿命に抗うには常に若返りが必要です。

5.運営する人の心構え
僕は自分が楽しくなくなったら辞めようとずっと思っていました。
最初はせっかく楽しいサッカーができなくなったら困ると思い運営をやり始めました。その頃は試合はフル出場、審判もフル出場。シーズンオフは運営に奔走と休みなくサッカーに関わっていました。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

吉田サッカークラブの活動を停止します

2021年04月01日 | 2019試合結果
吉田SCのみなさん

2021年3月で吉田サッカークラブの活動を停止します。
いままで活動にご参加いただいたみなさまありがとうございました。
チーム活動を続けることができなかったのは私の力不足です。申し訳ありません。

チームの始まりがいつだったかはフレンド時代、その前史もありますので僕はよく知りませんが、日本サッカー協会へ初めてチーム登録したのが1998年(フランスワールドカップの年!)4月となっているので23シーズンを公式リーグで戦っていました。
北信リーグ3部から参戦を始めて、昨シーズンは長野県リーグ1部まで昇格できました。
その間一度も降格しなかったことは胸を張れる結果ですし、選手のみなさんの奮闘のおかげです。

私がチーム運営に携わるようになったのは2003年度からと思います。
先日数えたら、18シーズンの間にチームに登録した選手は200名近くに達していました。
選手登録をしないで練習や市長杯等に参加してくれた人を合わせると、さらに多くのみなさんとサッカーを通じて出会っていたんですね。
本当に楽しく貴重なクラブでした。

今後もよろしくお願いいたします。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

長野市長杯サッカー大会も中断となりました

2020年12月01日 | サッカー
毎年秋に開催される長野市長杯サッカー大会
正直、開催しようか迷いました。僕は大会委員長も兼ねているので。
気持ちでは6割やらないつもりでしたが、いろんな方から、
こんな時こそみんなで気を付けてやろうよ。
シーズン終わりにきちんと大会をやって締めようよ。
と後押しされたので開催に踏み切りました。
いつもはトーナメントなのをグループリーグにしてどのチームも最低3試合はできるようにしました。
グランドも天然芝を2面確保できました。
試合の日、集まってきた各チームのみなさんは楽しそうでした。
開催してもらってありがとう、よかったです!
と声を掛けてもらってこちらもうれしかったです。
どのチームも人数集めには苦労したようで、毎回朝はその話で盛り上がっていました。
規定も柔軟にして追加登録をしやすいように運用しました。
しかし
大会3日目の前日に長野市圏内の警戒レベルが4に上がってしまい、断腸の思いで中断を決断しました。
中断です。
3月には続きをやります!
春の自粛期間も思いましたが、やらないことは簡単だけど何も始まらない。
やっぱり出来ることを何かをやらないと何も進まない。
やるための苦労はいくら忙しくても楽しい。
ということでわたくし個人の引退宣言も部分的には撤回します。
このままでは終われません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2020フットボールシーズン、ひとまずの締めです

2020年10月01日 | 2019試合結果
報告が遅くなりました。
昨年度の台風災害、感染症対策、7月の豪雨の影響でドタバタだったリーグ戦ですが、中断をはさんで最後は1節を残して8月末に終了となりました。
成績は1分5敗で最下位でした。いずれも僅差での敗北でしたが力負けです。
申合せ事項で今季は降格無しなので、来年また挑戦です。

今は10月下旬から開催予定の市長杯サッカー大会に向けて準備中です。

選手たちの去就がそろそろ聞こえてくる。
うちの場合は去就と言っても転勤や卒業に伴うやつだけど、なかなか例年に増してチームを離れる人が多そうです。
正直危機です。
このブログを見て興味を持った方は、ぜひ助太刀をお頼み申す。
今ならもれなく秋の大会に出場できますよ。

チームの概要や僕個人の思いはこちらをご覧ください。
No Life Without Football !! 吉田サッカークラブ、ホームページです
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

長野県フットボールリーグは中断しています

2020年07月31日 | 2019試合結果
7/29に長野県全域が感染警戒レベル2に引き上げられたことから、NFAガイドラインに従い長野県フットボールリーグは中断することになりました。
それでも今後、全県でレベル1以下に下がれば再開できるはずです。
楽しくサッカーができるように、みんなで感染防止を心がけましょう。

6/21にリーグが始まってから1か月で4試合できました。
楽しくなってきたところで中断というのが残念です。
開催に尽力いただいたリーグ運営のみなさん
協力して粛々とリーグ戦会場を運営した各チームのみなさん
そして集まってくれたチームメンバー
ありがとうございました、そしてご苦労様でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする