This is the football ! 長野市で活動している吉田サッカークラブです。 設立1997年4月

運営委員が公式ブログとして編集しております。その他いろいろとつぶやきも混ざってます。

何もあきらめるな。

2005年05月26日 | サッカー
ビデオ録画ががちゃんとスタートしたか確かめようとしただけなのにマルディニさん、いきなり叩き込まなくても...。おかげで眠れなくなっちゃったじゃないですか。

あれ、ピルロいきなりミスキックか?あんなとこ蹴って、うわっと!

マルディニがいたー!って感じかな。サインプレーでしょうね。


前半のACミランは中盤を支配し、リバプールのDFラインを引き裂いて何度も決定的チャンスを作り、守勢に回ってもわざと自陣に引き込んだかのように完璧なカウンターで返して2点を追加してしまったときはもう寝ようかと思いました。



でもイングランドも不屈だからな、もうちょっと見るかと思ったら今度は立て続けにリバプールが3点。

闘将ジェラード、すばらしい!!

3点目、ガットゥーゾの反則はちょっとかわいそうだけどしょうがないかな。
主審としてはジェラードはシュミレーションしないだろうという印象もあった?

PKを弾かれたシャビアロンソはご愛敬。
盛り上げすぎ。


後半は眠い目をこすりながら前半あれだけ圧倒的だったACミランの攻撃がなぜぱったり止まってしまったか一生懸命考えていました。

そうかリバプール、3バックにしたんだ。まんなかヒービア1人じゃん。と気づいたのは後半20分過ぎたころでしたか。
後半の頭からセンターバックを下げて、MF入れてましたよね。

でもそれでなぜあんなに戦況が変わるかは見てるだけじゃよくわからずじまい。
いろいろ解説出てきたら読んでみよう。

印象に残った選手
ガットゥーゾ(タフだね)、ネスタ(前半の守備、完璧)、ピルロ(すばらしいパス)
ジェラード(反撃ののろし)、ヒービア(後半はスイーパーで見事)、スミチェル(見事なミドルシュート)


さて家へ帰ってもう一回見よう。
コメント (2)

筋肉痛

2005年05月23日 | サッカー
相も変わらず筋肉痛な月曜日を迎えています。週末はイオンカップ(少年)に参加してきました。予選リーグの会場は2面あったので12チームが一同に会していました。

全日本少年サッカー大会まであと2週間、組み合わせも決まっていることもあってか、各チームの選手、コーチ、保護者の入れ込みようが伝わってきました。自分自身、各試合経過や他会場での結果一覧を見ながらそれぞれの実力を値踏みしているのに気づき、

やな気分。なんかちょっとね...。


あまのじゃくな私としては、会場の熱気とは裏腹に冷めて見ている自分に気づいてしまいました。

私も6年生の息子がいるので人の子の親として盛り上がっている部分ももちろんありますが、あくまでこれはやつらの大会であって僕のではない。

ということさね。


全小は確かに全国につながる大会ですが、そのトーナメントのために木曽まで行くのもどんなもんですかね?遠いところで移動中の危険もあるし、各家庭のお金、時間の負担もばかになりません。
その他のトーナメント大会ならキャンセルするとこですよ。しかしこの大会のためにサッカー協会に登録し、3級審判員を養成しているようなものですからそうもいきません。

長野県全県のチームと対戦してみたいというのもわかりますが、小学生以外の年代では地区予選をやってから県大会なんですから小学生もそれでいいと思うんですけど。

ということを考えたり少年の審判をしていたら脳みそが筋肉痛になってきたので、チームのMパパのお誘いで吉田SCとは別チームの社会人の試合に参加してきました。
応援もほとんどいない小雨に煙る河川敷のグランドでの試合。
どこのチームでも後ろをやってくれる人は少ないようで前半は4バックの左センター、後半は3バックの真ん中に入りました。
えっ、そんなポジション?と、とまどいつつ簡単に自己紹介してキックオフ。
少し話をしたらどうもGKもいつも試合に参加している人ではないようで、うわーどう守っていいんだ。
ばたばたしながらも前半は相手FWの強引(!)なボール奪取からの1点で終了。

後半は3バックにして逆転をねらったんですが私のミスもあって後半2失点、トータル0-3で負けてしまいました。

助っ人に入って無失点で勝利!といけばかっこよかったんですがそうは簡単に行きませんよね。

が、気分爽快!!

サッカーはいいですよね、初めて会った30人位の人間が同じ体験をして笑顔でまたね!となるのですから。


チームの子供達の中で何人こうして大人になってもサッカーを続けてくれるでしょう。
自分で仲間を集めて、会場を確保して、相手をさがして、審判して。


というわけでビーチサッカー5歩手前のピッチで久々にぶんぶんと振り回されていつも以上に筋肉痛な月曜日です。
コメント (1)

めざせベストサポーター読みました?

2005年05月18日 | サッカー
日本サッカー協会から保護者向けパンフレット出ています。
無料配布で吉田SCのみなさんにはお配りしましたがもう読んでみましたか?
目次は次のようです。

●こんな大人たち、みなさんも見覚えありませんか?
●サッカーは子供を大人にし、大人を紳士にする
 ・自立の第1歩
 ・クラブへの協力
 ・こんなクラブ、こんな指導者に出会っていますか?
●スポーツ・サッカー大好きっ子を育てよう
 ・子ども自身の夢
 ・ゆっくり見守りましょう
 ・サッカーと学校や生活のバランス
 ・トライ&エラー
●みんな大切なサッカーの仲間です
 ・クラブの考えを聞いてみて
 ・みんな大切な仲間
 ・サッカーを知っているお父さんへ
 ・レフェリーの判定を尊重しましょう
 ・「○○の子ども」
●根本的な部分へのアプローチ
 ・論理的に考える力を引き出す
 ・栄養、食習慣
 ・子どもの成長
 ・子どもが主役
●その他

今まで競技者向けの本はいろいろありましたが少年の保護者向けというのは初めてじゃないでしょうか。
サッカーだけでなく子供の教育全般に共通するヒントがあると思いますので一度読んでみてください。

無料配布の申し込みは
制作協力のベネッセコーポレーションのページ
からできます。一応私はベネッセの関係者じゃありません。念のため。

川渕キャプテンは日本の教育をサッカーから変えるぐらいの気持ちらしいですよ。

コメント

サッカー、点と線

2005年05月16日 | サッカー
サッカー週末明けの月曜日はお疲れがちです。しかも今日はいつもの筋肉疲労の心地よいだるさではなく、昨日の全小の監督会議から抽選会、審判講習会と1日体育館の床にすわっていたことから来る、妙な体の節々の痛みでちっとも心地よくないなあ。

昼休み(としておこう)にあちこちブログを散歩していたらグランノバさんの関係者のページを見つけました。

おー、直接お会いしたことないけどなんか懐かしい。

と、ここであることに気づきました。


時系列で並べてみます。

5/13(金)ある人物より吉田少年サッカークラブ掲示板に久々に書き込み有り。
5/15(日)全小の抽選会で以前ある人物が所属していたチームとの対戦が決まる。
5/16(月)ある人物が所属していた、また別のチームのブログ発見。

そのある人物とは、もうお気づきでしょう。ラウルさんです。

長崎に居ながらこんなことができるとは、おそるべきフォース。


引っ越した先々で足跡を残していき、周りの人たちまで結びつけてしまうとはニクイことするね、ラウルさん。
コメント (1)

全日本少年サッカー大会組み合わせ決まりました

2005年05月15日 | サッカー
6/5の1回戦の相手は、みなさんよくご存じの松本の鎌田サッカースポーツ少年団に決まりました。

以前から練習試合のお相手をしてもらったり、大会で対戦したり、今は長崎に潜伏している宴会取締役に飲み会を仕切られたり、ホームページを相互リンクしたりと、仲良くさせていただいているクラブと何も101分の1の確率で1回戦で対戦しなくてもとも思いますが...。

これもなにかの縁です。鎌田さんよろしくお願いします。



で、問題なのが場所と時間です。


会場は、木曽駒が岳と御嶽山の間、深く木曽川に刻まれた渓谷の中に位置する”ひのきと渓流の里上松町”の下河原運動場。

鎌田-吉田は午前9時キックオフです。
ブックマーク欄に会場の地図、上松町役場のホームページを掲載しておきましたのでご覧下さい。

これから3週間、親子共々、早寝早起きと、午前9時から全開でサッカーできるコンディション作りの特訓だあ。

うおりゃー。(©K坂)
コメント (4)

5月の連休も終わって

2005年05月14日 | サッカー
”週末だけ”サッカーの日々が戻ってきました。
GWの間のように毎日サッカーするのはもちろん楽しいですが、1年の内でもこのときだけ。
来年からはどうなるかな...。

まあ、グランドで体を動かさないだけでウイークデイもテレビを見たり、WEB散歩したり、本を読んだり、音楽聞いたり、自分のページを更新したり、とずっとサッカーに関わっているんですけどね。

まさしく”No Life Without Football !!(サッカーの無い人生なんて)”です。
て言うかあ、仕事しろよな。



明日は全日本少年サッカー大会長野県大会の抽選会、行ってきます。

どんな組み合わせをひいてくるかお楽しみに。
コメント

アジアの壁は厚い。

2005年05月12日 | サッカー
厳しいですね。Jのトップクラブがアジアチャンピオンズリーグの1次リーグを勝ち抜けないとは。

サッカー=アジアCL、横浜が山東に敗れ1次リーグ敗退 (ロイター) - goo ニュース

いろいろ日程などについて議論はされているようですが、ホームアンドアウェーでやってるし、どこのクラブも自国のリーグ戦の最中だし、まったく言い訳の余地無し。

弱いから負けたということでしょう。

磐田はJでの低迷からきついかなと思ってましたが、横浜Mはクラブも力を入れてたし結構期待していたんですが。またがんばりましょう。


と、長野県カップウイナーズカップも今年は開催が危ういらしいです。

県内の強豪チームとがちんこ勝負が出来ると思って楽しみにしていたんですが。
でもまだ、あきらめてません。

長野県サッカー協会様。なんとか開催をお願いします。
コメント

リーグ戦開幕!!

2005年05月09日 | サッカー
緊張しました!!

2005北信リーグ開幕試合の主審!
なんでそんな節目の試合が3級デビューの日に回ってくるんでしょうね。
試合に出るよりドキドキもんでした。



開始1分のゴール前の競り合いでGKが痛んで治療のロスタイムを取ったり、PKを取ったり、イエローカードを出したり、両チームあわせて7点も入ったりと、とても忙しい試合でした。
試合の後、本部席でリーグの長老から貴重なアドバイスをいただいたので、次の試合にはまた今日以上の主審をやろうと気持ちを新たにしました。

審判をしていてひしひしと感じたのはやっぱり2部に来たんだなということ。
局面ごとの競り合いでの激しさ、試合展開のスピード、試合の終盤に来ても勝負をあきらめない気迫など、ひとつリーグが上がっただけなのに...って感じでした。


さて、かんじんの自分たちの試合はと言えば、終了間際の決勝ゴールで勝つという劇的な展開でした。


さぞや昨日の祝勝会は盛り上がったことでしょう。
今日はみんなまともに仕事、学業になってるかな?

次の試合もがんばりましょう!!!

コメント

連休、お疲れ様でした!

2005年05月06日 | サッカー
牟礼合宿からGW遠征シリーズ、選手、父兄、コーチの皆さんお疲れ様でした。

当日までの準備に始まって、お弁当作り、会場までの移動、会場の設営などなど、本当に父兄のみなさまご苦労様でした。
病人、けが人が何人か出てしまいましたが、それについても適切な対応をしていただきありがとうございました。

練習試合結果は通算9試合で4勝1分4敗でした。
この連戦で見えた、良かった点、課題を考えながら、また前に進んでいきましょう。



突然のお願いにもかかわらず、こころよく試合をしていただいた浅川、鳥居川、南箕輪、箕輪、長門和田、丸子、日野の各チームの皆様ありがとうございました。
また、試合会場を設営していただいた鳥居川、南箕輪、長門和田の皆様ありがとうございました。WEB上ですいませんがここに御礼申し上げます。

それにしても合宿から遠征までずっとお天気続きでよかったですね。せっかく段取りしてもらったのに雨で流れてしまったら残念でしたものね。
コメント