続・辛いは幸せの隠し味

大好きな山歩きを含む日々の覚書
以前のブログは ブックマークの「辛いは幸せの隠し味」で


とれとれ野菜

2017-11-30 22:43:15 | 
2017/11/30(木)曇りのち雨 明日は もう12月なんだ。 休みが長いと だらけてしまい ついつい いつでもできることは 後回しになってしまう。 明日から仕事なんだわ。 (と、言っても一日行けば 土日で休みなんですが) 今月最後のお休み日。 文殊山でもと思ったのですが 待て待て 漬物しておかなくちゃ。 不細工ですが これ全部 うちでとれた野菜です。(柚は 先日のかりんて祭で買っ . . . 本文を読む
コメント

小さな魔女たち

2016-10-09 19:36:12 | 
2016/10/9(日)雨のち曇り 今日は 今までと打って変わり 一段と涼しくなりました。 午前中は 一足早く ハロウィンハットを被り 魔女気分。  あれ~ 咲希ちゃん箒の向きが 逆じゃない?          午後から 雨も上がったようなので 「咲希と八幡山へ行ってきます」と言うと 息子が「俺も一緒に行くわ」と言うことで 三人で散歩。 こんな天気なので 歩いている人はほんのわずか . . . 本文を読む
コメント

奔走老人

2016-09-19 10:58:27 | 
2016/10/19(月)雨時々曇り 何の気なしに 図書館で借りてきたこの本。 第2の人生を 山岳地域の少数民族の村々に 学校を建ててあげるではなく「つくらせてください」と奔走するのです。 どんな人かと 裏表紙の作者を見てびっくり。 なんと 1943年 わが福井県生まれの 元商社マン。 5歳の時 この方が済んでいた丸岡が震源地でもある 福井震災で家屋の板敷になり 次兄と共に助けられた . . . 本文を読む
コメント

クライマーズ・ハイ

2016-05-07 21:20:37 | 
2016/5/7(土)雨のち曇り 今日も明日も子守日。  「64」に続き 横山秀夫の本を読む。    昭和60年の夏 御巣鷹山の日航機事故の取材を 題材にした小説。  早朝 雨が降る前に 庭で草を取っていると ROKOが草むらへ。 300gだったから 可愛かったけど 約3キロになった今じゃ どう見ても不細工。 黒っぽくて 何処に行ったかわからない。   首につけた鈴の音で見つけ出 . . . 本文を読む
コメント

昭和64年

2016-05-05 05:55:32 | 
2016/5/4(水)晴れ 昭和64年は たった7日。  その年に起こった 誘拐未解決事件を時効間近に控えての 警察小説「64」 大好きな 横山秀夫さんの作品。 もう直ぐ 映画公開の前に しっかり読んでおこうと借りたのですが・・・ 文字が小さいうえに 分厚い。    返却日が迫っている。  2日間かけてやっと読みきりました。 そして 三男がやっと5ヶ月になろうとする 彩 . . . 本文を読む
コメント

火花

2016-01-28 23:29:10 | 
2016/1/28(木)晴れのち曇り 今話題の「火花」 ではなくもう一つの「火花」 ハンセン病・ライ病 言葉として聞いたことがありました。 この病気をテレビ番組でみて すごいショックを受けました。 歴史が苦手な私ですが 忘れてはいけない 表には出なかった こんな歴史があったとは。 五体満足 こうして好きな時に 好きな山歩き等できる 今の時代に生きれる喜びを 痛切に感じました。 . . . 本文を読む
コメント

氷壁

2015-05-19 21:58:22 | 
2015/5/19(火)雨のち曇り ちょうど私が生まれた頃の話で 穂高で遭難した ナイロンザイル事件をモデルとした作品。 登山の ある一面の歴史を 垣間見る作品で 読み応えがあり 久々に一気に読んでしまいました。 . . . 本文を読む
コメント (4)

家に篭る

2013-08-25 20:17:14 | 
2013/8/25(日)雨のち曇り昼過ぎから晴れ 仕事の残量が多くて 普通なら今頃は休みになるはずなんですが・・・ 来週も仕事で 最終追い込みをかけないと 月末の休みが取れそうもない。 土日が休みでも 子守やBABA様の在宅などで山への行動日が減ってちょっと イライラ。 久々に雨も降って 洗濯物は室内干し。 「こらこら咲希ちゃん それは鉄棒じゃないって!」              . . . 本文を読む
コメント

雨の日は読書

2013-07-30 22:00:51 | 
2013/7/30(火)曇りのち晴れ 昨日の雨は凄かったですね。 きょう 日野川の堤防を通ったら 河川敷の畑は水浸し。 川の水嵩も高く 川幅も広く 濁った川となっていました。 そんな雨の日は 暫く活字離れしていたので 早速図書館で借りてきました。 好きな作家のこの本。 そして 先日頂いた呑べえさんの花束。  紫陽花は一つ枯れてしまったので  ちょっとアレンジして活けてみまし . . . 本文を読む
コメント

読みきれない本

2013-02-10 10:41:11 | 
2013/2/9(土)雪降ったりやんだり 図書館で借りた本 そろそろ返却日近し。 昭和13年福井生まれの作家 杉本利男さんの作品 二点。 郷土の知った地名などが 出てきて親しみが湧くのだけど どういう訳か私には読みづらく 10日もたっても読みきることが出来ない。 気分を変えて お気に入りの作家 小路幸也さんの作品を読み出すと あっと言う間に読みきり。 本を借りる際 作家のプロフ . . . 本文を読む
コメント

課題図書

2013-01-23 16:07:45 | 
2013/1/22(火)曇り 先日の 温泉に行った時 友達から 「これ読んでみね!」と一冊の本を渡された。 湊かなえの『告白』 タイトルから想像するに 告白と聞けば恋愛物? 読み始めると それはミステリー。 それも 登場人物それぞれが 表と裏と持ち合わせ 尚且つ陰湿。 読むうち 人間不信に なりそうになる。  でも、その続きが気になり一気に読んでしまった。 ミステリーも . . . 本文を読む
コメント

健康診査とがん検診

2012-07-13 20:57:17 | 
2012/7/13(金)曇りのち夕方から雨 会社員だったころは 毎年定期健診が義務付けられていたので 当たり前のように受けていました。 でも 会社を辞めてからは 自分で予約を申し込まないと受けれない。 春先に 市から健康診査のお知らせが届いており しかも乳がんと大腸がん検査に関しては無料券がついていた。 そこで本日の予約を入れ 保険センターで受けてきました。 詳しい結果は2・3週間後 . . . 本文を読む
コメント

雨の日の読書

2012-05-25 21:26:55 | 
2012/5/25(金)雨 久しぶりに降りましたね。 こんな日は一歩も外に出たくありません。 昨日のうちに借りてきた本でも読んで過ごします。 漫画から小説になった本 そして昨年冬 西田敏行演じる映画にもなった「星守る犬」  犬の視点で描かれているこの作品  一昨年に亡くなった飼い猫ネネとダブってジ~ンと切なくなる。 読み終わった後 暫く何も手に付かず。 気を取り直して もう一 . . . 本文を読む
コメント