ムジカ公式ブログ MUSICA Official weblog

オーディオと音楽とすこしマニアック。 MUSICA are a new Hi-Fi brand from Japan.

マイナス電位シールド スピーカーケーブル?! vol.2

2019-09-20 | ケーブル

『マイナス電位シールド スピーカーケーブル?! vol.1』の続きです。

マイナス電位シールドによって外来ノイズに影響されないスピーカーケーブルについて考えてみます。

念のため、JBL4344で普通に会話しているくらいの音量で聴いた場合も計算してみましょう。



1、普通に会話しているくらいの音量は60dBほどと言われています。

  これは平均値ですので最大値はその10倍程度ありますので80dBになります。

2、JBL4344の能率は96dB/wです。

  つまり、1wの電力を入力させると96dBの大きさの音になるということです。

3、80-96=-16dB=0.025倍 ですので 1w×0.025=0.025w必要です。

4、スピーカーのインピーダンスは8オームですので

  V^2=P×R=0.025×8=0.2   V=(0.2)^0.5=0.45vとなります。

なんと、CDプレーヤーのラインアウト0.71vよりも小さな値になります。

ではなぜスピーカーケーブルはシールド等のノイズ対策がなされていないのでしょう?

その理由はインピーダンスにあります。

インピーダンスは低いほどノイズに影響されにくいのですが

スピーカーケーブルの場合、一番インピーダンスが高い真空管アンプでも4オーム程度なのに対して

ラインレベルのインピーダンスは470オーム程度はあります。

つまり(470/4)÷(0.71/0.45)=117.5/1.58=74

スピーカーケーブルは1/74くらいノイズに影響されにくいのです。

とはいうものの影響は全くゼロではありません。

ということで、マイナス電位シールド スピーカーケーブルの回路図です。



回路図を詳しく解説します・・・次回に続きます。



≪お知らせ1≫

緊急告知!!

9月のイベントです!



QUADRAL新小型スピーカー&アクセサリー

日時 9月29日(日)10:00~12:30

場所 岐阜県大垣市上石津町の当社モデルハウス(ログハウス)





≪お知らせ2≫

50年前のシーメンスのフルレンジスピーカー価格改定しました。





新価格¥40000(税別・ペア)

1セット限りです。



≪お知らせ3≫

無方向性マイナス電位シールド RCAケーブルが発売になりました。



詳細はこちらです。



≪お知らせ4≫

当社試聴室(ログハウス)のオーディオ試聴とログハウス見学の混雑状況です。

9月
24日
10:00~12:00 ◎
13:00~15:00 ◎
15:00~17:00 ◎

25日
10:00~12:00 ◎
13:00~15:00 ◎
15:00~17:00 ×

◎すいています。ご連絡なしで試聴・見学OKです。

〇ご連絡なしで試聴・見学OKですが、念のためお出かけになる前にお電話でご連絡下さい。

×お電話(0584-51-6232)・お問い合わせフォームでお問い合わせください。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« マイナス電位シールド スピ... | トップ | マイナス電位シールド スピ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。