ムジカ公式ブログ MUSICA Official weblog

オーディオと音楽とすこしマニアック。 MUSICA are a new Hi-Fi brand from Japan.

緋色じゃなくて、音色の研究 vol.5

2017-09-30 | オーディオ部品のうんちく
『緋色じゃなくて、音色の研究 vol.4』の続きです。

音色(ねいろ)に関する考察です。

スピーカーは出力音圧レベルが一定になりません。

これは構造上しかたがないのですが、

さらには、個体差も最も大きい音響機器です。

多くの方はステレオの左右のスピーカーの特性は同じだと思われていますが、

実測してみると6dB(2倍)ほどのバラツキがあります。

右と左で2倍も音量が違うのに、そう感じないのはなぜでしょう?

スピーカーの音圧は周波数によって大きくなったり小さくなったりします。

その一番大きいところと一番ちいさいところの差が6dBなのですが、

平均値をとってみるとどのスピーカーもだいたい同じようなところに納まります。

つまりある周波数では右側のスピーカーの音量が大きく

別の周波数では左側のスピーカーの音量が高い。

平均してみると左右ほぼ一緒の音圧ということです。

それでも左右の音圧がそこまで違えば目立ちそうなものですが、

実際に指摘する人はいません。

『ステレオの左右の特性は揃っているはずだ』という思い込みと

脳による音量補正によって違和感のない音に自動修正されていると考えられています。

話は変わりますが、

世の中に『おばけ』が見える人と見えない人がいるのはなぜでしょう?

『おばけ』が実在すると仮定します。

その場合『心霊写真』も実在するでしょう。

それでは、これだけたくさんの『心霊写真』が存在するのに

『おばけ』を見たことがないのはなぜでしょう。

ひとつには『おばけ』は『いない』、あるいは『見たくない』という意識が

実際におばけが出現した場面において

脳がおばけの映像を消し去っているとは考えられないでしょうか。

脳が実際の映像よりも常識を優先しおばけの映像の上に背景を上塗りしているということです。

また、何千本ものクローバーの中から

四葉のクローバーを探し出すことができる人と

いくら探しても見つからない人がいます。

四葉のクローバーを探し出すのが得意な人は現実の映像を見ている。

得意じゃない人は『どーせ全部三つ葉のクローバーで四葉のクローバーなんてないだろう。』と考え、

脳が四葉のクローバーの映像を三つ葉に書き換えているのではないでしょうか。

人間の脳は過去にコンサートで楽器の音を実際に聴いた経験や

オーケストラでは左はヴァイオリン、弦は手前で、管は後のほう。

ポピュラーソングではヴォーカルはセンターといった常識のフィルターによって

『正規の』場所に音像を作り出し、スピーカーのバラツキを補正しているものと思われます。

このとき感じる僅かな違和感が『音色』(ねいろ)といって済ませてしまう要素のひとつではないでしょうか。

次回に続きます。


ムジカ夏のキャンペーンがあと1日です!!



期間:2017年9月30日まで

内容:期間内に当社直営ショップ(直営ヤフーショップ、ネットショップ、

アウトレットショップ、カスタマイズ等)で

4万円(税別)以上お買い求めのお客様にツイーターをプレゼント

8万円(税別)以上お買い求めのお客様にツイーターとトーンコントロールをプレゼント

お申込方法:当社WEBから申込書をダウンロードの上必要事項を書き込み弊社にメールください。

お申込期間:10月3日まで

そのた:お申込常時受け付けています。プレゼントはお一人様1回です。

プレゼント品:トーンコントローラー



ツイーター






来年発売予定のドイツ・クアドラル社のスピーカーの内覧会のご案内

AURUM MONTAN 9



場所:当社試聴室(ログハウス)

日程:10月8日(日)11:00~20:00

完全予約制です。

のご希望の時間をお電話かメールでご予約ください。

電話:0584-51-6232

メール:eigyou@musika.jp



プリアンプやプリメインアンプにBluetooth受信部を追加するカスタマイズ価格表です。



お問い合わせは eigyou@musika.jp まで!
コメント

緋色じゃなくて、音色の研究 vol.4

2017-09-29 | オーディオ部品のうんちく
『緋色じゃなくて、音色の研究 vol.3』の続きです。

音色(ねいろ)に関する考察です。

全てのオーディオ機器の中で最も『てきとー』な特性を持つのはスピーカーです。

スピーカーの仕組みは100年前とさほど変化していません。

下記の特性図は

ある有名スピーカーメーカーの20cmフルレンジユニットの周波数特性です。



この特性図によると2KHzの音圧は90dBですが、

4KHzの音圧は96dBを示しています。

この差は6dBです。

6dBは2倍に相当します。

オーディオ誌でもあまり問題視はされてませんが

これは、

ピアノで一番高い音の『ド』(4186Hz)に対して

その1オクターブ下の『ド』(2093Hz)の音量が半分しかないということです。

ピアノだったら完全に不良品でしょう。

このユニットを使用してピアノを弾くと

1オクターブ音程が変わると

メゾフォルテがメゾピアノになってしまうのです!!

これは、このスピーカーユニットの能力が低いのではありません。

むしろこれほどの特性のユニットは最優秀のユニットで

100万円を超えるようなスピーカーシステムに使われているユニットでさえ

もっと悪い特性のものが存在します。

スピーカーユニットはそれほどにフラットな特性にすることが困難な電子部品です。

次回に続きます。


≪ムジカ夏のキャンペーンがあと2日です!!≫

期間:2017年9月30日まで

内容:期間内に当社直営ショップ(直営ヤフーショップ、ネットショップ、

アウトレットショップ、カスタマイズ等)で

4万円(税別)以上お買い求めのお客様にツイーターをプレゼント

8万円(税別)以上お買い求めのお客様にツイーターとトーンコントロールをプレゼント

お申込方法:当社WEBから申込書をダウンロードの上必要事項を書き込み弊社にメールください。

お申込期間:10月3日まで

そのた:お申込常時受け付けています。プレゼントはお一人様1回です。

プレゼント品:トーンコントローラー



ツイーター






来年発売予定のドイツ・クアドラル社のスピーカーの内覧会のご案内

AURUM MONTAN 9



場所:当社試聴室(ログハウス)

日程:10月8日(日)11:00~20:00

完全予約制です。

のご希望の時間をお電話かメールでご予約ください。

電話:0584-51-6232

メール:eigyou@musika.jp



プリアンプやプリメインアンプにBluetooth受信部を追加するカスタマイズ価格表です。



お問い合わせは eigyou@musika.jp まで!
コメント

緋色じゃなくて、音色の研究 vol.3

2017-09-28 | ムジカと音楽
『緋色じゃなくて、音色の研究 vol.2』の続きです。

音色(ねいろ)に関する考察です。

他にも『音色』といって片付けてしまう要素はいくつか考えられます。

そのひとつに可聴帯域外の音の存在があります。

人間が耳で聴く事ができる帯域は20Hz~20KHzといわれます。

これは赤ちゃんだけです。

大人になっていくとだんだん高域が聴こえにくくなり

60歳では~10KHzくらいになってしまいます。

ゴムや布のエッジが使用されているスピーカーは古くなってくると

エッジが硬化し、細かな振動が出来なくなります。

そのため高域が落ちてくるのですが、

耳も同様で歳と共に高域特性が悪化していきます。

人間の場合は耳で音を聴いた後、脳で補正を行いフラットにします。

そのため歳をとっても高域が聴こえないという感覚はないかもしれませんが

測定すると確実に落ちています。

このような状態のときよく訳がわからない現象が起きるのです。

たとえば、

あるオーディオシステムで16KHzにノイズのようなものが重畳していると仮定します。

リスナーが10KHzまでしか聴こえない年齢であれば当然聴こえません。

ところがこれは単音の場合です。

もしも7KHzと16KHzの音が同時に出た場合はどうでしょう?

単音であれば7KHzの音しか聴こえませんが

複数の音が混合している場合

その和や差の周波数にも影響を与えます。

この場合は 16+7=23KHzと16-7=9KHzに影響がでます。

23KHzは聴こえませんが 9KHzは十分聴こえる領域です。

つまり7KHzと16KHzが同時に再生された場合

9KHzの音が僅かに変化するのです。

これを『音色』といってごまかしてしまうわけです・・・。

皆さんは電源にノイズフィルターを使ったことがありますか?

40KHz以上の可聴帯域外のフィルターであるにもかかわらず

可聴帯域の音が変化する理由のひとつだと考えられます。

次回に続きます。


10月14日に行われるお月見コンサートのスタッフバッチが出来上がりました。



無料のコンサートです。

ぜひお越しください。

チラシはこちらです。



来年発売予定のドイツ・クアドラル社のスピーカーの内覧会のご案内

AURUM MONTAN 9



場所:当社試聴室(ログハウス)

日程:10月8日(日)11:00~20:00

完全予約制です。

のご希望の時間をお電話かメールでご予約ください。

電話:0584-51-6232

メール:eigyou@musika.jp



プリアンプやプリメインアンプにBluetooth受信部を追加するカスタマイズ価格表です。



お問い合わせは eigyou@musika.jp まで!



≪ムジカ夏のキャンペーン≫

期間:2017年9月30日まで

内容:期間内に当社直営ショップ(直営ヤフーショップ、ネットショップ、

アウトレットショップ、カスタマイズ等)で

4万円(税別)以上お買い求めのお客様にツイーターをプレゼント

8万円(税別)以上お買い求めのお客様にツイーターとトーンコントロールをプレゼント

お申込方法:当社WEBから申込書をダウンロードの上必要事項を書き込み弊社にメールください。

お申込期間:10月3日まで

そのた:お申込常時受け付けています。プレゼントはお一人様1回です。

プレゼント品:トーンコントローラー



ツイーター


コメント

緋色じゃなくて、音色の研究 vol.2

2017-09-27 | ムジカと音楽
『緋色じゃなくて、音色の研究 vol.1』の続きです。

音色(ねいろ)に関する考察です。

真空管アンプの人気は高く

とくに音楽ファンには真空管アンプ派が多いようにおもいます。

プロのギターリストが使用するギターアンプはほぼ100%真空管アンプです。

真空管アンプは歪が多く、半導体アンプの10倍以上。

歪の主な成分は真空管アンプの方式によって異なり

シングルアンプでは3倍、5倍、7倍といった奇数倍の倍音が多く

プッシュプルアンプでは2倍、4倍、6倍の偶数倍の倍音が多く含まれます。

また、シングルアンプとプッシュプルアンプでは

シングルアンプの方が多くの歪が発生します。

真空管アンプ派には古典的な2A3やWE-300Bといった3極管を使ったシングルアンプが人気ですが

これらのアンプは特に奇数倍の倍音を多く含みます。

どうやら真空管アンプの音色は奇数倍の倍音が関係しているようです。

ところで、

当社の製品に真空管バッファアンプ legatoⅡという製品があります。

この製品も3極管シングルアンプを使用したバッファアンプです。

このバッファアンプをCD等のデジタル機器に使用すると

滑らかな音質に変わるのですが、

ここにも奇数倍の倍音成分が影響していることが判っています。

次回に続きます。



来年発売予定のドイツ・クアドラル社のスピーカーの内覧会のご案内

AURUM MONTAN 9



場所:当社試聴室(ログハウス)

日程:10月8日(日)11:00~20:00

完全予約制です。

のご希望の時間をお電話かメールでご予約ください。

電話:0584-51-6232

メール:eigyou@musika.jp



プリアンプやプリメインアンプにBluetooth受信部を追加するカスタマイズ価格表です。



お問い合わせは eigyou@musika.jp まで!



≪ムジカ夏のキャンペーン≫

期間:2017年9月30日まで

内容:期間内に当社直営ショップ(直営ヤフーショップ、ネットショップ、

アウトレットショップ、カスタマイズ等)で

4万円(税別)以上お買い求めのお客様にツイーターをプレゼント

8万円(税別)以上お買い求めのお客様にツイーターとトーンコントロールをプレゼント

お申込方法:当社WEBから申込書をダウンロードの上必要事項を書き込み弊社にメールください。

お申込期間:10月3日まで

そのた:お申込常時受け付けています。プレゼントはお一人様1回です。

プレゼント品:トーンコントローラー



ツイーター


コメント

緋色じゃなくて、音色の研究 vol.1

2017-09-26 | ムジカと音楽

緋色ではありません。音色です。

音色とは何でしょう?

オーディオ誌を読むと

カタログのスペックで表わすことが出来ず

尚且つ自分のボキャブラリーにないときに使う便利な言葉が

『音色(ねいろ)』です。

例えば、

『低域はいまひとつ。ちょっと歪っぽい。音場感最悪だが、

この音色は自分好み。』というように使います。

『特性は最悪だけど、よくわからないけど良いところもある気がする・・・』という意味でしょうか。

最後に『音色は好み』と書き足すことでスポンサーに怒られないというライターにとっての保身語でもあります。

音色が意味する要素は多岐にわたっています。

今だ解明されていない未知のスペックということもあるかもしれませんが

そのいくつかは説明することができます。

ひとつは倍音成分であると思われます。

楽器の音と発振器によって作り出された正弦波の大きな違いは倍音成分の分布です。

発振器で440Hzを発振させた場合

440Hz以外の周波数は出力されません。

バイオリンで440Hzを演奏した場合

440Hzの他にも、2倍の880Hzや3倍の1320Hz、4倍の1760Hzも同時に聴こえます。

もちろん音のエネルギーの大半は440Hzですが、

そこに味の素的に加わる2倍音や3倍音によって

楽器の音色に『味』が付加されます。

基音に対して2倍音でも通常は半分以下で

10倍音ともなると1%以下です。

しかし、このわずかな倍音が楽器の個性を形成しています。

バイオリンの銘器にストラディバリウスがありますが

現代のバイオリンを比べるとストラディバリウスは倍音成分が多く

それが独特な音を作り出しているという説もあります。

また、バスドラの音は

高域のチューニングがイマイチのスピーカーシステムからは『ボンボン』と聴こえますが

透き通るような高域のスピーカーシステムからは『バシッバシッ』というリアルな音に聴こえます。

バスドラの基音は100Hzあたりのバリバリの低音ですが

2~10KHzの高域によって聴こえ方が変化するのです。

真空管アンプでも倍音は・・・次回に続きます。



来年発売予定のドイツ・クアドラル社のスピーカーの内覧会のご案内

AURUM MONTAN 9



場所:当社試聴室(ログハウス)

日程:10月8日(日)11:00~20:00

完全予約制です。

のご希望の時間をお電話かメールでご予約ください。

電話:0584-51-6232

メール:eigyou@musika.jp



プリアンプやプリメインアンプにBluetooth受信部を追加するカスタマイズ価格表です。



お問い合わせは eigyou@musika.jp まで!



≪ムジカ夏のキャンペーン≫

期間:2017年9月30日まで

内容:期間内に当社直営ショップ(直営ヤフーショップ、ネットショップ、

アウトレットショップ、カスタマイズ等)で

4万円(税別)以上お買い求めのお客様にツイーターをプレゼント

8万円(税別)以上お買い求めのお客様にツイーターとトーンコントロールをプレゼント

お申込方法:当社WEBから申込書をダウンロードの上必要事項を書き込み弊社にメールください。

お申込期間:10月3日まで

そのた:お申込常時受け付けています。プレゼントはお一人様1回です。

プレゼント品:トーンコントローラー



ツイーター


コメント