ムジカ公式ブログ MUSICA Official weblog

オーディオと音楽とすこしマニアック。 MUSICA are a new Hi-Fi brand from Japan.

スピーカーのテスト輸入を開始します vol.5

2017-02-28 | スピーカー
『スピーカーのテスト輸入を開始します vol.4』の続きです。

日本未輸入のドイツ・クアドラル社のスピーカー ロジウム400の

限定5セットのテスト輸入についてです。

詳細はこちらです。



ロジウム400の使いこなしですが、

このスピーカーのウィークポイントは2点あります。

まずはベースです。

ロジウム400のようなトールボーイタイプのスピーカーは

重心が上部にくるためスピーカーユニットが不安定になりやすく

音楽を再生するためにコーン紙を振動させているスピーカーユニットが

取り付けられているエンクロージャー自身が振動しているということになります。

これは音の歪という形で耳に届きます。

ではどういった改善方法があるのでしょう?

最初にベースはしっかりしましょう。

カーペットの上ならスパイクをそのまま挿して安定させます。

フローリングの場合はスパイクベースを使わずに

できるたけ大きくて硬い板の上にスピーカーを設置するのが効果的です。

石材やガラスがベストですが、次善の策としてコンクリート、硬い木材も有効です。

次にスピーカーが振動しないようにスピーカー上部に重りを置くのも効果的です。



1キロ程度ではあまり効果は期待できません。

出来れば3~4キロはほしいところです。

スピーカーを少し後に倒れたように設置することも良いでしょう。



スピーカーユニットは前面についていますので

後に傾けることで重心をセンターにもっていくことができます。

次回に続きます。




お知らせその1です。

日本未輸入のドイツ・クアドラル社のスピーカー ロジウム400を

限定5セットでテスト輸入します。

1次募集の締め切りは3月5日です。

詳細はこちらです。






お知らせその2です。

64シリーズ発売記念、乗り換えキャンペーンを行っています。



60シリーズ、60taシリーズ、62シリーズ、限定モデル62sシリーズ

欧州向けモデル62esシリーズをご使用中のお客様で

64シリーズに変更をご希望の方は\29800(税別)で交換させていただきます。

この乗り換えキャンペーンは改造ではなく新品の64シリーズへの交換となります。

下記のQ&Aもご参照ください。

お申込は eigyou@musika.jp まで



お知らせその3です。

Raicho3発売記念、乗り換えキャンペーンを行っています。



雷鳥シリーズ(雷鳥、雷鳥2、雷鳥L)をご使用中のお客様で

雷鳥3にグレードアップをご希望の方は4万円で交換させていただきます。

この乗り換えキャンペーンは新品の雷鳥3への交換となります。

お申込は eigyou@musika.jp まで
コメント

アウトレット!防弾ガラスのオーディオラック

2017-02-27 | オーディオボード

サウンドマジックのオーディオラックにXR03STSというモデルがあります。



このモデルは棚板が防弾ガラスでできています。



重さ1kgの鉄球を1mの高さから

このガラスの上に落下させても割れないそうです。

このラックはオススメです。

強度があるからオススメなのでなく、理由はその構造にあります。

使用されているガラスはとても密度が高い高密度ガラスです。

ラックのガラスの寸法は605×458ですが

もっと大きなガラスをこの寸法まで圧縮させます。

そのためガラスが高密度化し、防弾ガラスになるのです。

ところがガラスの圧縮は完全に同じ収縮率にはならず、1mm程の誤差が発生します。

これが防弾ガラスである証拠です。

これを2枚、又は3枚を積層し、強度を上げていきます。

出来上がった防弾ガラスはガラス特有のカンカンとした音はなく

ゴツンゴツンという感じです。

これが高音質の秘密です。

また、ガラス特有の見た目の美しさや

約40キロもの重量もオーディオラックとしてはプラス要素です。

ところがこういった特殊なもののため、検査で不合格になるものも一定量存在します。

不合格の中で一番多いのがガラスを積層する際に気泡が混入するものです。

わずか数ミリの気泡で、音質の劣化はまったくありませんが検査では不合格。

ムジカではこの気泡が混入したラックを5セット入手しました。

これをアウトレット品として販売します。

このラックの標準価格90000円(税別)ですが

アウトレット価格60000円(税別)です。

既に1セット販売済みですので、残りは4セットとなります。

お問い合わせとご注文は eigyou@musika.jp までご連絡ください。




お知らせその1です。

日本未輸入のドイツ・クアドラル社のスピーカー ロジウム400を

限定5セットでテスト輸入します。

1次募集の締め切りは3月5日です。

詳細はこちらです。






お知らせその2です。

64シリーズ発売記念、乗り換えキャンペーンを行っています。



60シリーズ、60taシリーズ、62シリーズ、限定モデル62sシリーズ

欧州向けモデル62esシリーズをご使用中のお客様で

64シリーズに変更をご希望の方は\29800(税別)で交換させていただきます。

この乗り換えキャンペーンは改造ではなく新品の64シリーズへの交換となります。

下記のQ&Aもご参照ください。

お申込は eigyou@musika.jp まで



お知らせその3です。

Raicho3発売記念、乗り換えキャンペーンを行っています。



雷鳥シリーズ(雷鳥、雷鳥2、雷鳥L)をご使用中のお客様で

雷鳥3にグレードアップをご希望の方は4万円で交換させていただきます。

この乗り換えキャンペーンは新品の雷鳥3への交換となります。

お申込は eigyou@musika.jp まで
コメント

スピーカーのテスト輸入を開始します vol.4

2017-02-26 | スピーカー
『スピーカーのテスト輸入を開始します vol.3』の続きです。

日本未輸入のドイツ・クアドラル社のスピーカー ロジウム400の

限定5セットのテスト輸入についてです。

詳細はこちらです。



このスピーカーも当社にやってきて3週間程になりました。



使いこなしもずいぶんとできるようになってきました。

このスピーカーの聴感上の周波数特性ですが、

低域は仕様書通り38Hzまでしっかり出ている感じです。

中域は1KHzあたりがほんの少し(2dBくらい)凹んでいる感じです。

よく聴かないと判らない程度ですが、

フローリングのお部屋では部屋の特性として

中域が若干膨らみますのでこうしてあるのかもしれません。

畳の部屋では中域を吸う傾向がありますので

ボーカルが少し引っ込むかもしれません。

高域は8KHzあたりから上が3dB程減衰しています。

これはやはりクラシックを聴くお国柄なのかもしれません。

日本のスピーカーは高域がキツイほど良く出るものが多く、

私の耳には『耳に優しいスピーカー』に聴こえます。

こういった特性を踏まえて

使いこなしを考えてみます・・・次回に続きます。


ロジウム400のテスト輸入ですが

一次募集を3月5日に締め切ります。

一次募集分の製品引渡しは4月初頭の予定です。

2次募集(最終回)の締め切りは3月末で、引渡しは5月初頭の予定です。

お申込はお早めに!!

お申込は eigyou@musika.jp まで







お知らせその1です。

64シリーズ発売記念、乗り換えキャンペーンを行っています。



60シリーズ、60taシリーズ、62シリーズ、限定モデル62sシリーズ

欧州向けモデル62esシリーズをご使用中のお客様で

64シリーズに変更をご希望の方は\29800(税別)で交換させていただきます。

この乗り換えキャンペーンは改造ではなく新品の64シリーズへの交換となります。

下記のQ&Aもご参照ください。

お申込は eigyou@musika.jp まで



お知らせその2です。

Raicho3発売記念、乗り換えキャンペーンを行っています。



雷鳥シリーズ(雷鳥、雷鳥2、雷鳥L)をご使用中のお客様で

雷鳥3にグレードアップをご希望の方は4万円で交換させていただきます。

この乗り換えキャンペーンは新品の雷鳥3への交換となります。

お申込は eigyou@musika.jp まで

コメント

クアドラルのスピーカーがきちんと鳴っている本屋さん

2017-02-25 | イベント
3月17日に名古屋でムジカのアンプと独クアドラル社のスピーカーの音を聴くことができる

『本屋さん』が開店します。

名古屋市守山区にあるKDM.txtさんです。

本や文房具と共にムジカとクアドラルの製品も販売しています。

このお店には2セットのオーディオシステムが展示してあります。

まずは、入り口の上で吹き抜けになったところに設置してある

アナログを再生する大型システムです。



カートリッジ:米SHURE M97XE

レコードプレーヤー:英rega P1

フォノアンプ:musica 雷鳥3phono

プリアンプ:musica 雷鳥3pri

モノラルパワーアンプ:musica 雷鳥3mono ×2

スピーカー:独クアドラル ウォータン

総額200万円を超えるシステムです。

豊かな低域が特徴でクラシックからロックまで

何でもこい!というシステムです。

もうひとつは、1階に設置してある小型システムです。



音源:iPod

プリメインアンプ:musica int64

スピーカー:独クアドラル ロジウム200

このシステムはとても反応が良く、

JAZZやポップスはとても良いと思います。

女性ヴォーカルも得意です。

KDM.txtさんは現在開店準備中です。

準備が整いましたら再度リーポートしたいと思います。

次回に続きます。


アウトレットショップでは半期決算セールを行っています。

ぜひご覧ください。





お知らせその1です。

日本未輸入のドイツ・クアドラル社のスピーカー ロジウム400を

限定5セットでテスト輸入します。

詳細はこちらです。






お知らせその2です。

64シリーズ発売記念、乗り換えキャンペーンを行っています。



60シリーズ、60taシリーズ、62シリーズ、限定モデル62sシリーズ

欧州向けモデル62esシリーズをご使用中のお客様で

64シリーズに変更をご希望の方は\29800(税別)で交換させていただきます。

この乗り換えキャンペーンは改造ではなく新品の64シリーズへの交換となります。

下記のQ&Aもご参照ください。

お申込は eigyou@musika.jp まで



お知らせその3です。

Raicho3発売記念、乗り換えキャンペーンを行っています。



雷鳥シリーズ(雷鳥、雷鳥2、雷鳥L)をご使用中のお客様で

雷鳥3にグレードアップをご希望の方は4万円で交換させていただきます。

この乗り換えキャンペーンは新品の雷鳥3への交換となります。

お申込は eigyou@musika.jp まで

コメント

自作できるレコードプレーヤー用アクセサリー vol.11

2017-02-23 | レコードプレーヤー
『自作できるレコードプレーヤー用アクセサリー vol.10』の続きです。

米SHURE社のカートリッジM97XEを使用して

レコードプレーヤー周辺のアクセサリーについて考えてみます。

1マイクロファラッドのコンデンサーは微妙です。

選択肢が広いようで、あまりないというのが実情です。

他のコンデンサーの音質の傾向をご紹介します。

まず電解コンデンサーですが、無極性タイプを使用します。

音質は低音が力強い反面

中高域は荒い音だったり、元気のない音だったりとイマイチです。

漏れ電流も多いのですが、今回の用途に対してはあまり問題にはなりません。

コストは最も安くなります。

セラミックコンデンサーは



(写真のコンデンサーは1マイクロファラッドではありません)

音質は意外と良いです。

しかし、かなり大型になりますし、入手は困難です。

大型のコンデンサーを使用すると

ノイズも多くなってしまうため注意が必要です。

オイルコンデンサーという選択肢もありますが



(写真のコンデンサーは1マイクロファラッドではありません)

使用されるオイルが発がん性物質に指定され

現在先進国では生産されていません。

ドイツ製やアメリカ製のものは40年以上前のデッドストックです。

コンデンサーとして機能しているかは・・・わかりません。

次回に続きます。

アウトレットショップでは半期決算セールを行っています。

ぜひご覧ください。





お知らせその1です。

日本未輸入のドイツ・クアドラル社のスピーカー ロジウム400を

限定5セットでテスト輸入します。

詳細はこちらです。






お知らせその2です。

64シリーズ発売記念、乗り換えキャンペーンを行っています。



60シリーズ、60taシリーズ、62シリーズ、限定モデル62sシリーズ

欧州向けモデル62esシリーズをご使用中のお客様で

64シリーズに変更をご希望の方は\29800(税別)で交換させていただきます。

この乗り換えキャンペーンは改造ではなく新品の64シリーズへの交換となります。

下記のQ&Aもご参照ください。

お申込は eigyou@musika.jp まで



お知らせその3です。

Raicho3発売記念、乗り換えキャンペーンを行っています。



雷鳥シリーズ(雷鳥、雷鳥2、雷鳥L)をご使用中のお客様で

雷鳥3にグレードアップをご希望の方は4万円で交換させていただきます。

この乗り換えキャンペーンは新品の雷鳥3への交換となります。

お申込は eigyou@musika.jp まで

コメント