ムジカ公式ブログ MUSICA Official weblog

オーディオと音楽とすこしマニアック。 MUSICA are a new Hi-Fi brand from Japan.

ハイレゾを調整する?? vol.6

2022-08-12 | スピーカー

****************************************************************************************

ムジカ公式ブログは goo blog で書かれています。

他のサイトでご覧の場合は転載されたものである可能性があります。

ムジカ公式ブログのアドレスは https://blog.goo.ne.jp/musica-corporation です。

ムジカコーポレーション公式ウェブサイトは https://www.musika.jp/nws/ です。

以下、ムジカ公式ブログの本文です。

 

『ハイレゾを調整する?? vol.5』の続きです。

ここからが『ハイレゾを調整する』実験になります。

まず、次のグラフをご覧ください。

このグラフはある音源の周波数ごとの音量を表しています。

横軸は周波数で、左端の20は20Hzを表し、

100Hz、1KHz、10KHz、そして右端が100KHzになります。

縦軸は音量で、一番上が0dB、一番下が-120dBです。

dB表示は判り難いのですが

0dBに対して-120dBは1/1000000の音量となります。

大雑把に言えば、

-10dBで1/3、-20dBで1/10です。

ハイレゾの帯域は20KHz~100KHzですので

-100dB以下の音量だということが判ります。

それに対して人間の可聴帯域ではおおむね-60dB程です。

この差は-40dBですので1/100になります。

つまり、音楽信号に対してハイレゾの帯域の信号(主に倍音成分)は

1/100ほどしか録音されていないということがわかります。

元々、ハイレゾ帯域を発する楽器はないのですから当然といえば当然なのですが、

この状態でトーンコントロールを調整するということはかなり難しいです。

バイオリンとコントラバスの曲で

バイオリンの音がコントラバスの1/100のしか出ていない状態で

バイオリンの音を調整するのと同じです。

そんなことはできるわけがありません。

そこで前回まで行った実験を踏まえて・・・次回に続きます。

 


≪アイローネ乗換キャンペーン≫

乗換キャンペーンとはご愛用のムジカ製の旧製品を返送頂き、

アイローネシリーズを半額で交換する期間限定のサービスです。

将来にわたってムジカの新製品を使い続けていただこことができる当社だけのサービスです。

 交換する旧製品は故障して使わなくなってしまったものでもOKです。

(交換品にインシュレーター等アクセサリーは非対象です)

お申込期間は2022年10月末までです。詳しくはこちらまで。

 


≪勉強会用フルレンジベース超広帯域スピーカーシステムセット販売≫

勉強会で教材として試作したスピーカー 2台、

MUSICAスーパーツィーターVer(ウェール)2台 39800円(新品・ペア・税込)、

SONYサブウーハーSA-CS9 2台 55000円(新品・ペア・税込) を

セットにして94800円(ペア・税込)で販売します。

再生帯域23Hz~60000Hzの超広帯域スピーカーシステムです。 

製作した教材の部分はゼロ円です。

尚、お引き渡しは勉強会終了後の8月17日以降です。

ご購入に関する詳細は https://www.musika.jp/nws/outlet.html まで。

 


 ≪カスタマイズ半額キャンペーン≫

1機種に3つ以上のカスタマイズで合計金額が半額に!

期間:2022年8月31日まで

(各機種のカスタマイズは一覧はこちら

また、60、62、雷鳥、雷鳥2、ラコルタ、いぶき、雷鳥ルシード、

雷鳥レジェード、アイリス、30、40、100、200、1000の各シリーズの

カスタマイズを2022年8月31日をもって終了させていただきます。

他のシリーズのカスタマイズは引き続き行われます。

また、上記のもでるであっても修理・メンテナンスは従来通り行います。

お問い合わせ:電話 0584-51-6232 又は お問い合わせフォーム

 


≪8月のイベント『ムジカ新製品試聴会』≫

フォノアンプ3種の比較試聴や

真空管バッファアンプCuculo-tubeを使用した場合と使用しない場合の比較試聴、

近々発表予定の新製品もお披露目となります。

日時:8月15日(月)10:00~、13:00~、15:00~

会場:ムジカ試聴室(ログハウス)

午前午後で合計3回ありますが、密を避けるためで3回とも同じ内容です。

入場無料、事前申込不要です。

レジュメはこちらからダウンロードできます。

 


≪アウトレットと特価製品が充実≫

お得なアウトレットモールと特価製品とセット販売のページです。

https://www.musika.jp/nws/outlet.html をチェックしてみてください。

 


≪夏季休暇のお知らせ≫

8月10日(水)まで  通常営業

8月11日(木・祝) 8月の勉強会『スピーカー自作のための基礎知識3』終了しました

8月12日(金)~8月14日(日) 休業日

8月15日(月)10:00~、13:00~、15:00~ 8月のイベント『ムジカ新製品試聴会』

8月16日(火) 休業日

8月17日(水)から  通常営業

夏季休業日中にご試聴を希望される場合は8月10日までにお問い合わせフォームからご相談ください。

 


≪試聴とログハウス見学予約状況≫

リアルタイムで更新される予約状況カレンダーを公開しています。

ご試聴・ご見学に関する詳細は https://www.musika.jp/nws/kengaku.html へどうぞ。

 


You can buy several MUSICA's products on-line internationally.
An English page is here.
https://www.musika.jp/en/index.html

And, factory outlet store is here.(on-line, Japanese page)
https://www.musika.jp/nws/outlet.html

 

ここまでが、ムジカ公式ブログの本文となります

****************************************************************************************

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハイレゾを調整する?? vol.5

2022-08-10 | スピーカー

****************************************************************************************

ムジカ公式ブログは goo blog で書かれています。

他のサイトでご覧の場合は転載されたものである可能性があります。

ムジカ公式ブログのアドレスは https://blog.goo.ne.jp/musica-corporation です。

ムジカコーポレーション公式ウェブサイトは https://www.musika.jp/nws/ です。

以下、ムジカ公式ブログの本文です。

 

『ハイレゾを調整する?? vol.3』の続きです。

次に1KHzの正弦波を音楽信号にして実験してみました。

まずは、ハイレゾ帯域に信号がないCDを使用しました。

CDを再生しながら30KHz、60KHz、90KHzの正弦波をミックスさせました。

音源にはオーケストラとJAZZヴォーカルを使用しましたが

どちらも30KHz、60KHz、90KHzの正弦波をミックスさせたほうが

高域が生き生きしてスピード感のある音になります。

最も変化が大きかったのは60KHzで30KHz、90KHzの順番です。

ここまでは前回の1KHzの信号にミックスしたときと同じような実験でした。

次にオーケストラとJAZZヴォーカルを192Kのハイレゾ音源にしてみました。

この2曲を選んだのは192Kのハイレゾ音源とCDの両方を所有しているからです。

ハイレゾ音源のほうが透明感があり、陳腐な表現ですがとても『綺麗な』音です。

30KHz、60KHz、90KHzの正弦波をミックスさせてみると

CDのときと同様の変化がありました。

いくつかの実験を行ってきましたが

ここまでで下準備は終わりです。

ここからが『ハイレゾを調整する』実験になり・・・次回に続きます。

 

明日8月11日は勉強会『スピーカー自作のための基礎知識3』です!!

スピーカー自作のための基礎知識の3回目です。

今回は自作スピーカーの音出しと調整、セッティングの実演します。

日時:8月11日(木・祝)10:30~、13:30~

会場:ムジカ試聴室(ログハウス)

午前午後とありますが、密を避けるためで2回とも同じ内容です。

入場無料、事前申込不要です。

レジュメはこちらからダウンロードできます。

 

 


≪アイローネ乗換キャンペーン≫

乗換キャンペーンとはご愛用のムジカ製の旧製品を返送頂き、

アイローネシリーズを半額で交換する期間限定のサービスです。

将来にわたってムジカの新製品を使い続けていただこことができる当社だけのサービスです。

 交換する旧製品は故障して使わなくなってしまったものでもOKです。

(交換品にインシュレーター等アクセサリーは非対象です)

お申込期間は2022年10月末までです。詳しくはこちらまで。

 


≪勉強会用フルレンジベース超広帯域スピーカーシステムセット販売≫

勉強会で教材として試作したスピーカー 2台、

MUSICAスーパーツィーターVer(ウェール)2台 39800円(新品・ペア・税込)、

SONYサブウーハーSA-CS9 2台 55000円(新品・ペア・税込) を

セットにして94800円(ペア・税込)で販売します。

再生帯域23Hz~60000Hzの超広帯域スピーカーシステムです。 

製作した教材の部分はゼロ円です。

尚、お引き渡しは勉強会終了後の8月17日以降です。

ご購入に関する詳細は https://www.musika.jp/nws/outlet.html まで。

 


 ≪カスタマイズ半額キャンペーン≫

1機種に3つ以上のカスタマイズで合計金額が半額に!

期間:2022年8月31日まで

(各機種のカスタマイズは一覧はこちら

また、60、62、雷鳥、雷鳥2、ラコルタ、いぶき、雷鳥ルシード、

雷鳥レジェード、アイリス、30、40、100、200、1000の各シリーズの

カスタマイズを2022年8月31日をもって終了させていただきます。

他のシリーズのカスタマイズは引き続き行われます。

また、上記のもでるであっても修理・メンテナンスは従来通り行います。

お問い合わせ:電話 0584-51-6232 又は お問い合わせフォーム

 


≪8月のイベント『ムジカ新製品試聴会』≫

フォノアンプ3種の比較試聴や

真空管バッファアンプCuculo-tubeを使用した場合と使用しない場合の比較試聴、

近々発表予定の新製品もお披露目となります。

日時:8月15日(月)10:00~、13:00~、15:00~

会場:ムジカ試聴室(ログハウス)

午前午後で合計3回ありますが、密を避けるためで3回とも同じ内容です。

入場無料、事前申込不要です。

レジュメはこちらからダウンロードできます。

 


≪アウトレットと特価製品が充実≫

お得なアウトレットモールと特価製品とセット販売のページです。

https://www.musika.jp/nws/outlet.html をチェックしてみてください。

 


≪夏季休暇のお知らせ≫

8月10日(水)まで  通常営業

8月11日(木・祝)10:30~、13:30~ 8月の勉強会『スピーカー自作のための基礎知識3』

8月12日(金)~8月14日(日) 休業日

8月15日(月)10:00~、13:00~、15:00~ 8月のイベント『ムジカ新製品試聴会』

8月16日(火) 休業日

8月17日(水)から  通常営業

夏季休業日中にご試聴を希望される場合は8月10日までにお問い合わせフォームからご相談ください。

 


≪試聴とログハウス見学予約状況≫

リアルタイムで更新される予約状況カレンダーを公開しています。

ご試聴・ご見学に関する詳細は https://www.musika.jp/nws/kengaku.html へどうぞ。

 


You can buy several MUSICA's products on-line internationally.
An English page is here.
https://www.musika.jp/en/index.html

And, factory outlet store is here.(on-line, Japanese page)
https://www.musika.jp/nws/outlet.html

 

ここまでが、ムジカ公式ブログの本文となります

****************************************************************************************

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハイレゾを調整する?? vol.4

2022-08-09 | スピーカー

****************************************************************************************

ムジカ公式ブログは goo blog で書かれています。

他のサイトでご覧の場合は転載されたものである可能性があります。

ムジカ公式ブログのアドレスは https://blog.goo.ne.jp/musica-corporation です。

ムジカコーポレーション公式ウェブサイトは https://www.musika.jp/nws/ です。

以下、ムジカ公式ブログの本文です。

 

『ハイレゾを調整する?? vol.3』の続きです。

最初に、ハイレゾ帯域の調整が可能になるようにカスタマイズしたpri6420で1KHzの信号を再生し、

発振器から7KHz、30KHz、60KHz、90KHzの正弦波をミックスさせました。

このときトーンコントロールのツマミはセンターで

特性はフラットです。

7KHzをミックスすると、

当たり前ですが、1KHzと7KHzの音が聴こえてきました。

このとき2つの信号が同じくらいの音量になるように調整しました。

この7KHzはミックスする信号のレベル調整のための信号です。

次に、ミックスする信号を30KHzにしました。

スピーカーからは1KHzの音しか聴こえていません。

可聴帯域外の30KHzの音は聴こえません。

そして、30KHzの信号を出したり止めたりしてみました。

出したときは1KHzの信号の立ち上かりがよくなり

澄んだ音に聴こえたような気がしました。

耳に聴こえない30KHzの音が1KHzの音に影響を与えています。

次に、ミックスする周波数を60KHzにしました。

60KHzの信号を出したり止めたりすると

30KHzの時と同じような変化をしましたが

変化の度合いは60KHzの時の方が大きいように感じました。

最後にミックスする周波数を90KHzにしました。

これも30KHzの時と同じような変化をしましたが

60KHzの時よりも変化の度合いは小さく

30KHzのときと同じくらいの変化と感じました。

この実験により、耳には聴こえないハイレゾ帯域の音が

何らかの影響をしているのは間違いないようです。

60KHzに比べて90KHzの変化が小さかったのは

このシステムに使用されているスーパーツィーターVer Duoが

60KHzまでフラットに再生し

それ以上の周波数では減衰するため

90KHzでは変化が小さく聴こえたのかもしれません。

次に1KHzの正弦波を音楽信号にして実験してみました・・・次回に続きます。

 


≪アイローネ乗換キャンペーン≫

乗換キャンペーンとはご愛用のムジカ製の旧製品を返送頂き、

アイローネシリーズを半額で交換する期間限定のサービスです。

将来にわたってムジカの新製品を使い続けていただこことができる当社だけのサービスです。

 交換する旧製品は故障して使わなくなってしまったものでもOKです。

(交換品にインシュレーター等アクセサリーは非対象です)

お申込期間は2022年10月末までです。詳しくはこちらまで。

 


≪勉強会用フルレンジベース超広帯域スピーカーシステムセット販売≫

勉強会で教材として試作したスピーカー 2台、

MUSICAスーパーツィーターVer(ウェール)2台 39800円(新品・ペア・税込)、

SONYサブウーハーSA-CS9 2台 55000円(新品・ペア・税込) を

セットにして94800円(ペア・税込)で販売します。

再生帯域23Hz~60000Hzの超広帯域スピーカーシステムです。 

製作した教材の部分はゼロ円です。

尚、お引き渡しは勉強会終了後の8月17日以降です。

ご購入に関する詳細は https://www.musika.jp/nws/outlet.html まで。

 


 ≪カスタマイズ半額キャンペーン≫

1機種に3つ以上のカスタマイズで合計金額が半額に!

期間:2022年8月31日まで

(各機種のカスタマイズは一覧はこちら

また、60、62、雷鳥、雷鳥2、ラコルタ、いぶき、雷鳥ルシード、

雷鳥レジェード、アイリス、30、40、100、200、1000の各シリーズの

カスタマイズを2022年8月31日をもって終了させていただきます。

他のシリーズのカスタマイズは引き続き行われます。

また、上記のもでるであっても修理・メンテナンスは従来通り行います。

お問い合わせ:電話 0584-51-6232 又は お問い合わせフォーム

 


≪8月の勉強会『スピーカー自作のための基礎知識3』≫

スピーカー自作のための基礎知識の3回目です。

今回は自作スピーカーの音出しと調整、セッティングの実演します。

日時:8月11日(木・祝)10:30~、13:30~

会場:ムジカ試聴室(ログハウス)

午前午後とありますが、密を避けるためで2回とも同じ内容です。

入場無料、事前申込不要です。

レジュメはこちらからダウンロードできます。

 


≪8月のイベント『ムジカ新製品試聴会』≫

フォノアンプ3種の比較試聴や

真空管バッファアンプCuculo-tubeを使用した場合と使用しない場合の比較試聴、

近々発表予定の新製品もお披露目となります。

日時:8月15日(月)10:00~、13:00~、15:00~

会場:ムジカ試聴室(ログハウス)

午前午後で合計3回ありますが、密を避けるためで3回とも同じ内容です。

入場無料、事前申込不要です。

レジュメはこちらからダウンロードできます。

 


≪アウトレットと特価製品が充実≫

お得なアウトレットモールと特価製品とセット販売のページです。

https://www.musika.jp/nws/outlet.html をチェックしてみてください。

 


≪夏季休暇のお知らせ≫

8月10日(水)まで  通常営業

8月11日(木・祝)10:30~、13:30~ 8月の勉強会『スピーカー自作のための基礎知識3』

8月12日(金)~8月14日(日) 休業日

8月15日(月)10:00~、13:00~、15:00~ 8月のイベント『ムジカ新製品試聴会』

8月16日(火) 休業日

8月17日(水)から  通常営業

夏季休業日中にご試聴を希望される場合は8月10日までにお問い合わせフォームからご相談ください。

 


≪試聴とログハウス見学予約状況≫

リアルタイムで更新される予約状況カレンダーを公開しています。

ご試聴・ご見学に関する詳細は https://www.musika.jp/nws/kengaku.html へどうぞ。

 


You can buy several MUSICA's products on-line internationally.
An English page is here.
https://www.musika.jp/en/index.html

And, factory outlet store is here.(on-line, Japanese page)
https://www.musika.jp/nws/outlet.html

 

ここまでが、ムジカ公式ブログの本文となります

****************************************************************************************

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハイレゾを調整する?? vol.3

2022-08-08 | スピーカー

****************************************************************************************

ムジカ公式ブログは goo blog で書かれています。

他のサイトでご覧の場合は転載されたものである可能性があります。

ムジカ公式ブログのアドレスは https://blog.goo.ne.jp/musica-corporation です。

ムジカコーポレーション公式ウェブサイトは https://www.musika.jp/nws/ です。

以下、ムジカ公式ブログの本文です。

 

『ハイレゾを調整する?? vol.2』の続きです。

次に、可聴域の1KHzの正弦波を連続的に再生します。

そのうえで、そこに重畳させる形で40KHzの正弦波を断続的に再生します。

こうすると、

40KHzの聴こえるはずのない音が出ているときと、出てないときとで

1KHzの音が変化しているように感じるというものです。

(電気的には1KHzが40KHzで変調されている状態です。)

本当にこのように感じるのであれば

通常の20Hz~20KHzの音楽信号に、

20KHz~100KHzのハイレゾの帯域の信号を重畳させて調整することで

聴感によるハイレゾ帯域のトーンコントロールの調整が可能になるかもしれません!

早速実験してみましょう。

ハイレゾ帯域の調整が可能になるようにカスタマイズしたpri6420と

テスト用の発振器を使用します。

今回は使用する発振器は0.01Hzから6000KHzまでの正弦波を発振できるものです。

この発振器をプリアンプの入力側に音楽信号とミックスして入力します。

次回に続きます。

 


≪アイローネ乗換キャンペーン≫

乗換キャンペーンとはご愛用のムジカ製の旧製品を返送頂き、

アイローネシリーズを半額で交換する期間限定のサービスです。

将来にわたってムジカの新製品を使い続けていただこことができる当社だけのサービスです。

 交換する旧製品は故障して使わなくなってしまったものでもOKです。

(交換品にインシュレーター等アクセサリーは非対象です)

お申込期間は2022年10月末までです。詳しくはこちらまで。

 


≪勉強会用フルレンジベース超広帯域スピーカーシステムセット販売≫

勉強会で教材として試作したスピーカー 2台、

MUSICAスーパーツィーターVer(ウェール)2台 39800円(新品・ペア・税込)、

SONYサブウーハーSA-CS9 2台 55000円(新品・ペア・税込) を

セットにして94800円(ペア・税込)で販売します。

再生帯域23Hz~60000Hzの超広帯域スピーカーシステムです。 

製作した教材の部分はゼロ円です。

尚、お引き渡しは勉強会終了後の8月17日以降です。

ご購入に関する詳細は https://www.musika.jp/nws/outlet.html まで。

 


 ≪カスタマイズ半額キャンペーン≫

1機種に3つ以上のカスタマイズで合計金額が半額に!

期間:2022年8月31日まで

(各機種のカスタマイズは一覧はこちら

また、60、62、雷鳥、雷鳥2、ラコルタ、いぶき、雷鳥ルシード、

雷鳥レジェード、アイリス、30、40、100、200、1000の各シリーズの

カスタマイズを2022年8月31日をもって終了させていただきます。

他のシリーズのカスタマイズは引き続き行われます。

また、上記のもでるであっても修理・メンテナンスは従来通り行います。

お問い合わせ:電話 0584-51-6232 又は お問い合わせフォーム

 


≪8月の勉強会『スピーカー自作のための基礎知識3』≫

スピーカー自作のための基礎知識の3回目です。

今回は自作スピーカーの音出しと調整、セッティングの実演します。

日時:8月11日(木・祝)10:30~、13:30~

会場:ムジカ試聴室(ログハウス)

午前午後とありますが、密を避けるためで2回とも同じ内容です。

入場無料、事前申込不要です。

レジュメはこちらからダウンロードできます。

 


≪8月のイベント『ムジカ新製品試聴会』≫

フォノアンプ3種の比較試聴や

真空管バッファアンプCuculo-tubeを使用した場合と使用しない場合の比較試聴、

近々発表予定の新製品もお披露目となります。

日時:8月15日(月)10:00~、13:00~、15:00~

会場:ムジカ試聴室(ログハウス)

午前午後で合計3回ありますが、密を避けるためで3回とも同じ内容です。

入場無料、事前申込不要です。

レジュメはこちらからダウンロードできます。

 


≪アウトレットと特価製品が充実≫

お得なアウトレットモールと特価製品とセット販売のページです。

https://www.musika.jp/nws/outlet.html をチェックしてみてください。

 


≪夏季休暇のお知らせ≫

8月10日(水)まで  通常営業

8月11日(木・祝)10:30~、13:30~ 8月の勉強会『スピーカー自作のための基礎知識3』

8月12日(金)~8月14日(日) 休業日

8月15日(月)10:00~、13:00~、15:00~ 8月のイベント『ムジカ新製品試聴会』

8月16日(火) 休業日

8月17日(水)から  通常営業

夏季休業日中にご試聴を希望される場合は8月10日までにお問い合わせフォームからご相談ください。

 


≪試聴とログハウス見学予約状況≫

リアルタイムで更新される予約状況カレンダーを公開しています。

ご試聴・ご見学に関する詳細は https://www.musika.jp/nws/kengaku.html へどうぞ。

 


You can buy several MUSICA's products on-line internationally.
An English page is here.
https://www.musika.jp/en/index.html

And, factory outlet store is here.(on-line, Japanese page)
https://www.musika.jp/nws/outlet.html

 

ここまでが、ムジカ公式ブログの本文となります

****************************************************************************************

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハイレゾを調整する?? vol.2

2022-08-07 | スピーカー

****************************************************************************************

ムジカ公式ブログは goo blog で書かれています。

他のサイトでご覧の場合は転載されたものである可能性があります。

ムジカ公式ブログのアドレスは https://blog.goo.ne.jp/musica-corporation です。

ムジカコーポレーション公式ウェブサイトは https://www.musika.jp/nws/ です。

以下、ムジカ公式ブログの本文です。

 

『ハイレゾを調整する?? vol.1』の続きです。

トーンコントロール回路のハイレゾ化に成功したのですが

ここで問題が発生しました。

そもそも、トーンコントロールというものは

音楽を聴きながら、低域が足りないと感じたら低域を増やす。

高域がきついと感じたら高域を落とす・・・というものです。

ところが、192Kのハイレゾ音源では

再生周波数は100KHz近くまであります。

人間の耳は20Hz~20KHzまでしか聴こえないと言われています。

例えば、トーンコントロールの設定点が

40KHzや80KHzの場合、どのように調整すればよいのでしょうか・・・。

このとき2つの出来事を思い出しました。

1つ目の話は

ストラディバリウスの音と国産のスチューデントモデルのバイオリンの音はどう違うか?というお話です。

最近では、テレビ番組で2つのバイオリンの内、どちらが高いかを当てるよ言うクイズもあります。

スタジオで生音を聴いている人には違いが判るのでしょうが

私はテレビで聴いていもどちらも同じような音に聴こえます。

ストラディバリウスの音の秘密は可聴帯域外の倍音成分の分布ではないかという研究があるそうです。

基音の部分はどんなバイオリンでも同じような音ですが、

倍音成分はバイオリンによって異なり

特にストラディバリウスは倍音成分が可聴帯域外にまで及んでおり

その分布がストラディバリウスの音を作り上げているというのです。

それが事実であれば、テレビでは15KHzくらいまでしか再生しませんので

バイオリンの違いが判らないというのもうなずけます。

2つ目の話は

可聴帯の音がハイレゾ帯域の音の鏡になるという話です。

ある実験をご紹介します。

最初に、人間には聴こえない40KHzの正弦波を断続的に再生します。

40KHzの正弦波が出たり、出なかったりしているわけですが

人間には何も聞こえません。

次に、可聴域の1KHzの正弦波を連続的に再生します。

そのうえで、そこに重畳させる形で40KHzの正弦波を断続的に再生します。

こうすると・・・次回に続きます。

 


≪アイローネ乗換キャンペーン≫

乗換キャンペーンとはご愛用のムジカ製の旧製品を返送頂き、

アイローネシリーズを半額で交換する期間限定のサービスです。

将来にわたってムジカの新製品を使い続けていただこことができる当社だけのサービスです。

 交換する旧製品は故障して使わなくなってしまったものでもOKです。

(交換品にインシュレーター等アクセサリーは非対象です)

お申込期間は2022年10月末までです。詳しくはこちらまで。

 


≪勉強会用フルレンジベース超広帯域スピーカーシステムセット販売≫

勉強会で教材として試作したスピーカー 2台、

MUSICAスーパーツィーターVer(ウェール)2台 39800円(新品・ペア・税込)、

SONYサブウーハーSA-CS9 2台 55000円(新品・ペア・税込) を

セットにして94800円(ペア・税込)で販売します。

再生帯域23Hz~60000Hzの超広帯域スピーカーシステムです。 

製作した教材の部分はゼロ円です。

尚、お引き渡しは勉強会終了後の8月17日以降です。

ご購入に関する詳細は https://www.musika.jp/nws/outlet.html まで。

 


 ≪カスタマイズ半額キャンペーン≫

1機種に3つ以上のカスタマイズで合計金額が半額に!

期間:2022年8月31日まで

(各機種のカスタマイズは一覧はこちら

また、60、62、雷鳥、雷鳥2、ラコルタ、いぶき、雷鳥ルシード、

雷鳥レジェード、アイリス、30、40、100、200、1000の各シリーズの

カスタマイズを2022年8月31日をもって終了させていただきます。

他のシリーズのカスタマイズは引き続き行われます。

また、上記のもでるであっても修理・メンテナンスは従来通り行います。

お問い合わせ:電話 0584-51-6232 又は お問い合わせフォーム

 


≪8月の勉強会『スピーカー自作のための基礎知識3』≫

スピーカー自作のための基礎知識の3回目です。

今回は自作スピーカーの音出しと調整、セッティングの実演します。

日時:8月11日(木・祝)10:30~、13:30~

会場:ムジカ試聴室(ログハウス)

午前午後とありますが、密を避けるためで2回とも同じ内容です。

入場無料、事前申込不要です。

レジュメはこちらからダウンロードできます。

 


≪8月のイベント『ムジカ新製品試聴会』≫

フォノアンプ3種の比較試聴や

真空管バッファアンプCuculo-tubeを使用した場合と使用しない場合の比較試聴、

近々発表予定の新製品もお披露目となります。

日時:8月15日(月)10:00~、13:00~、15:00~

会場:ムジカ試聴室(ログハウス)

午前午後で合計3回ありますが、密を避けるためで3回とも同じ内容です。

入場無料、事前申込不要です。

レジュメはこちらからダウンロードできます。

 


≪アウトレットと特価製品が充実≫

お得なアウトレットモールと特価製品とセット販売のページです。

https://www.musika.jp/nws/outlet.html をチェックしてみてください。

 


≪夏季休暇のお知らせ≫

8月10日(水)まで  通常営業

8月11日(木・祝)10:30~、13:30~ 8月の勉強会『スピーカー自作のための基礎知識3』

8月12日(金)~8月14日(日) 休業日

8月15日(月)10:00~、13:00~、15:00~ 8月のイベント『ムジカ新製品試聴会』

8月16日(火) 休業日

8月17日(水)から  通常営業

夏季休業日中にご試聴を希望される場合は8月10日までにお問い合わせフォームからご相談ください。

 


≪試聴とログハウス見学予約状況≫

リアルタイムで更新される予約状況カレンダーを公開しています。

ご試聴・ご見学に関する詳細は https://www.musika.jp/nws/kengaku.html へどうぞ。

 


You can buy several MUSICA's products on-line internationally.
An English page is here.
https://www.musika.jp/en/index.html

And, factory outlet store is here.(on-line, Japanese page)
https://www.musika.jp/nws/outlet.html

 

ここまでが、ムジカ公式ブログの本文となります

****************************************************************************************

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする