電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.495 (3/3)

2006年07月20日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/05/27~06/05/28

◎彩雲国物語
 (第8話)
 猛暑で大変な彩雲国。次の国試から女人の受験も認めようと朝議で発案してる劉輝。言うまでも無く秀麗のためだな。
 貴妃をやめて自宅に戻った秀麗。元通りガキたちに読み書きを教えてるみたいだけど……劉輝からの恋文を裏紙にしてガキの書き取りの練習に使わせるなよ。
 次々に秀麗に届けられる匿名希望様からの贈り物……いや、分量を弁えろよ。しかし、彼岸花はともかく、藁人形なんて何を考えて送り届けたのかねぇ。
 屋敷の前で行き倒れてた怪しげな男を拾った秀麗だけど……それは浪燕青とかいう静蘭の旧知の間みたいな謎の人物。
 秀麗の家での夕食会にやってきた絳攸と楸瑛。静蘭を盗賊狩りに借り出す話をするついでに秀麗に戸部の雑用をしないかと持ちかけてるけど……ま、戸部尚書を説得して女人受験を認めさせようと苦戦してる劉輝への援軍みたいなものか。
 男装して戸部に勤めることになった秀麗だけど……絳攸なんぞに案内させるなよ。宮中で迷子になってるじゃないか。で、なんとかたどり着いたけど、戸部尚書は黄奇人という仮面をつけた奇人。いったい、どんな展開になるのかねぇ。
 それより、絶対女だとは気付かれない体格の秀麗って……

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
 (第9話)
 近くの山に登るだけのはずだった遠足が、エリザベータの一声でいきなり他の星に……どうでもいいけど遠足費用ってどこから出てるんだ? ま、エリザベータほどじゃないにしても生徒みんな庶民とは程遠いセレブな人たちだから、その辺はどんぶり勘定の学費でまかなってるのかもしれないけど……
 しかし、よその星って言っても、これじゃタダの牧場に来たのと同じじゃないか。
 ヤギの笑いを調べてるアルテッサたち。「がび~ん」をやればヤギだって笑うって……そんな古傷に触るようなことを……
 やたらマーチに原点されまくってる晴雨姉妹。まさに痒いとこに手が届くような至れり尽くせりの校則だね。
 トーマの呼び出す魔物もそうだけど、よその星でもユニバーサルプリンセスの魔法を使えてる晴雨姉妹。これってロイヤルワンダープラネット限定の魔法ってわけじゃないのね。

◎BLOOD+
 (第33話)
 ロンドンで翼手退治をしてるカイとルイス。なんかずいぶん大人びた感じのカイだけど……で、酒に溺れて廃人みたいになってるデヴィッド。そこにやってきたジョエルだけど、ジュリアはあのままコリンズと一緒に行ったって……なんか赤い盾は壊滅状態だな。
 こいつらが転がり込んでる場所って、デヴィッドが米軍にいたころの教官のやってる施設ってか。
 あのディーヴァとカールの襲撃から1年……組織も壊滅し、小夜抜きでよく戦って来れたものだね。ま、リクをあんな形で殺されたらカイは後戻りは出来ないだろうけど……
 そのロンドンの翼手退治に米軍が売り出してきた特殊兵団。遺伝子操作で生み出した生体ロボットって、凶悪だね。しかもその場にジェイムズとアルジャーノとコリンズ&ジュリア……胡散臭すぎ。ま、元々、怪物化してる翼手というのは失敗作だから、こいつらとしても野放しにしとくつもりは無いんだろうけど……ま、生体ロボットの方にも翼手の遺伝子を組み込んであるんだろうけどね。
 翼手退治に出掛けたカイとルイスだけど、3匹の翼手に囲まれて絶体絶命。そこにいきなし振ってきた棺桶……小夜ってか。

◎ツバサ・クロニクル(第2期)
 (第31話)
 新しい世界に来たのは良いけど、そこは海のど真ん中。通り掛った船に助けられてるけど……船長のおっさんはともかく、機関長のガキが藤隆……小狼の養父と魂を同じくする人物ってか。
 嵐が来て海に投げ出された藤隆と小狼。2人は亡霊の島へ漂着してたけど、そこで遺跡の文字を読む小狼に感銘してるような藤隆。
 遺跡にあった文章で亡霊の島の秘密を知った2人。藤隆は大人になったら考古学者になると小狼に言ってるけど……おいおい、こいつは本物の藤隆の子供のころだってか?

◎ああっ女神さまっ それぞれの翼
 (第6話)
 自動車部の倉庫の片付けで、崩れてきた荷物から翼を出して螢一と長谷川空を守ったベルちゃん。その背後で人の気配。てっきりベルちゃんの翼を見たのかと思ったんだけど……
 いきなし螢一にラブレター。差出人は榊原志保って名前だけど……会って断ろうとしたら相手の目的は螢一に取り付いてる悪霊払いってことみたい。何でも通信教育で見に付けた悪霊払いを実際に使ってみたいということなんだけど……
 螢一に取り付いてる悪霊というのがベルちゃんたちのことなのか、単に螢一の不運のことなのかよくわからんのだけど……悪霊払いをするために他力本願時にやってきてスクルドの部屋を占拠。怒ってたスクルドも悪霊がいると聞いて怖がってるって……女神でも怖いものは苦手かい。
 さすがに通信教育をやっただけというだけあって、いい加減な悪魔祓い。しかし、なぜか中途半端に効果があって、魔除けの札を貼ったら低級霊をわんさか呼び集めてしまったり、クンダリーニ(軍荼利明王)を召喚しようとして冥界の番犬ガルムを召喚したり……ある意味霊的な才能があるのは確かみたいね。
 でも、ま、それよりも自分の趣味に付き合ってくれる螢一にベタベタしてる志保を見て無意識にポルターガイスト現象を起こしてるベルちゃんが怖いね。しかし、ウルドが遠隔操作で螢一に志保の乳を揉ませてベルちゃんを正気に戻らせてるんだけど、これってどういう理屈なんだ?
 それにしてもガルムが出てきた時のスクルドの怖がりようが良いね。

◎ストロベリー・パニック
 (第8話)
 木陰で雨宿りしてるクマのぬいぐるみを抱いたル・リムの生徒、白檀籠女。それに続いて天音の乗馬姿が映ってるからてっきり天音関係の話かと思ったら……
 おや、千代って図書館の仕事してるのか。でも、普通、貸し出しは専門の職員がいると思うんだけど……で、図書館帰りの渚砂がでくわしてお気に入りの折り畳み傘を貸してしまうけど……
 おかげで渚砂と相合傘できると喜んでる玉青だけど……あいにく翌日は天気で不機嫌な玉青、いとおかし。
 借りた傘を返す相手がわからなくて困ってる籠女。そこに来た絆奈と檸檬だけど……おいおい、パージバルと会話が出来るんかいっ!>絆奈。で、持ち主探しを依頼されてる千華留……ル・リムの生徒会長も大変だね。いや、秘密部とかいって楽しんでるみたいにも見えるけど……
 速攻で前日の図書委員の名前まで調べてるあたり、なかなか鋭いんだけど……ま、場所が図書館の近くなら見当は付く話だろうけどね。
 そして突然振り出した雨。光莉と夜々が図書館の置き傘を借りに来たのは良いけど、間違ってカウンターに置いてあった渚砂の傘を持って行ってるから何かややこしくなってるね。静馬の傘に入れられた渚砂が前を走ってく2人を見てるけど、それが自分の傘だとは思わないってか。
 例によって夜中のお茶会。今回は光莉たちの部屋かい。
 翌日、引き続き、雨。今日こそは渚砂と相合傘できると楽しみにしてる玉青だけど、千代に先を越されてるとは悲惨。その横で1人、相合傘みたいに傘を差してる玉青。あんさん、それ、嫌味ですか。
 結局、渚砂たちが図書館に来たら関係者全員揃って一件落着って話ね。しかし、ラストの静馬と天音がなかなかいい感じだね。

◎魔界戦記ディスガイア
 (第6話)
 エトナの恥ずかしい記憶って、いったい何だったんだ?

◎XXXHOLiC
 (第6話)
 怪しげな通路を作ってまで銀座にやってきて何を買うかと思えば、赤い金属バットかいっ! で、仕事だといって見ず知らずの女性の部屋にずかずかと上がりこんでるけど……ネット仲間だったんかい。しかし、きんどーちゃんってハンドル名……トシちゃん25歳とか、そーじくんとかいうやつもいるのか? おまけに魔法少女+特撮系ってどんなサイトじゃいっ! 『魔法少女ちゅうかなぱいぱい』とかを熱く語り合ってるのか?
 で、相手のねーちゃんがネット中毒で生活に支障を来たしてるから止めたいというのに相談に来たのかと思えば……なんか逆に引き止めようとしてるとしか思えんぞ。
 なんかあっさり出て行った侑子だけど……確かにこのねーちゃん、パソコンが気になって何もかも上の空って感じだね。で、パソコン止めるならメール友達とか掲示板にそれを伝えないとって理由付けてパソコンを触り始めてるけど……いちいち新しいスレが立ったからって反応してたり、まだ落としてないサイトがあるとか……そんなこと言い出したら永遠に止められないぞ。
 で、戻ってきた侑子。パソコンを止めるための手助けをするって、いきなしバットを取り出したと思ったら「名前は大事」とか言ってマジックで「斬鉄剣」……おいおい、それでバットで鉄が斬れたら苦労はしないぞ。
 結局、パソコンを叩き斬ってもう使えないって話だけど、世の中にはパソコンなんて溢れてるからねぇ。しかし、子供用のイスに何の意味があったんだ?

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第17話)
 仕事場がいっぱいだからってキッチンに書類を広げてる舞のお母さん……おいおい、大学に研究室とか無いのか? まさか、どこぞの篠原みほのお父さんみたいに怪しげな在宅の考古学者とかいうんじゃないだろうな。ちゃんとさくらちゃんのお父さんみたいに大学で仕事しろよ。
 舞が壊した埴輪。てっきり研究中の遺跡から発掘された何か考古学的に貴重な埴輪かと思ったら……お母さんが子供の頃に掘り出して私物にがめてた埴輪だったってか。ま、埴輪なんてよっぽど珍しいものじゃなきゃ、そんなに貴重なものじゃないからね。本人にとって貴重かどうかは別問題だけど。

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第3話)
 山岳の渓谷地帯をパトロール飛行してる南夕子。吊橋の上から手を振ってるガキを見付けて手を振り返してるけど、操縦桿を手放してそんなことしてるから突風で機体のバランスを失ってあわや山肌に激突というところ。そこに超獣が現れてガキごと吊橋を破壊。夕子がそれに気を取られて手をこまねいてるうちに接近してきた旅客機も破壊。凶悪ね。
 その間何も出来ずに超獣を逃がしてしまった夕子は隊長に責められて謹慎処分。疑念を抱いた北斗は現場に落ちてた帽子からガキのことを調べるけど、ガキは無事で超獣は見てないという話。その家のジジババに酒を飲まされて帰る途中、やはり空が割れて出て来た超獣を目撃して不時着するけど、警察に飲酒運転で基地に連絡され、夕子同様に謹慎処分にされてるとはマヌケ。
 それでも念のためガキを調べに向かったTACの面々。すると村人らしき死体が積まれていて、さらにジジババの家から出火。中にはガキに殺されたジジババの死体。何かとても子供向け番組とは思えん光景だけど……
 TACに追い詰められ、超獣に変身するガキ。美川と夕子しかいないTAC基地を襲撃してるのは巧妙だけど……
 おいおい、変身するためにTACアローを乗り捨てて壊すんじゃねぇっ!

◎ウルトラマンメビウス
 (第8話)
 ボガールに電撃が有効らしいということでミクラスにエレキングの電撃能力を加える実験をしようとしていたGUYSだけど、粒子加速器の故障で分子ミストが漏れ出し、基地内に小型のエレキングが出現……
 なんか『マックス』以来、ペット怪獣化の道を進んでるな<エレキング。
 ツルギを敵視してる補佐官の言葉に複雑な気持ちで飛び出したアイハラ。過去の防衛組織がウルトラマンに助けられて怪獣を倒していたことにショックを受けたアイハラに、自分たちが全力を尽くしてるからウルトラマンも助けてくれるのだとセリザワに教えられたのがウルトラ五つの誓いだってかい。セリザワって次郎の友人だったのか?
 人間体のボガールと対峙してるセリザワだけど、ミライがやってきたお陰でボガールが逃げてしまい不機嫌だね。しかし、ウルトラマンが赤いのって宇宙警備隊の一員の印だってかい。でも、その割には無関係なレオもアストラも赤かった気がするけど、あれは別の星雲の宇宙人だから関係ないのか。
 ボガールが出現し、出撃するミクラス。接近戦でしか電撃を使えないミクラスはボガールにかわされて役立たず。そのまま時間切れで消えたのかと思ったら……ネロンガとエレドータスの透明化の能力も加わってて隠れてただけかいっ!
 ま、それなりにダメージは与えたみたいだけど、結局は時間切れで退場。メビウスが後を引き継ぐけど……
 そこに現れたツルギ、メビウスごとボガールを倒そうとするけどアイハラの叫びで中止。その間にメビウスがボガールを爆殺してしまって思い切り悔しがってるのが、いとおかし。

◎仮面ライダーカブト
 (第18話)
 おや、風間って天道の携帯番号を知ってたんかい。いったいいつの間に教えてもらったんだ?
 風間のメークの仕事を世話してるねーちゃんの娘がゴンで、味噌汁飲んでる飲み屋がゴンの言ってた天道の味噌汁より美味い店ってかい。
 風間と一緒に助け出しに行くなら別に加賀美たちが田所から場所を聞きだす必要なんか無かったじゃないか。しかし、食事があまりに美味しいから我を忘れて警備が疎かになるって……ゼクトもろくな組織じゃないな。
 ゴンと再会する母親。見計らったように現れるワーム。てっきり母親がワームにやられるとか、母親もワームだったとか、ゴンが記憶を取り戻したら母親はあの時に殺されてたはずだったとか……そういう展開を予想してたんだけど、意外と素直に記憶が戻ってメデタシメデタシだな。ま、記憶喪失中のことはみんな忘れてしまって風間のことも知らないってのはお約束だけど……
 ラストのサソリって、やっぱしゼクターだな。4人目のサソリのライダーが出てくるって話か? しかし、これでますます影山が惨めになってくるな。やっぱしザビーは矢車が復活してこないとね。
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.495 (2/3)

2006年07月20日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/05/23~06/05/26

◎ひぐらしのなく頃に
 (第8話)
 レナと話して祭具殿の件で魅音に謝りに行こうとしてる圭一の前に現れた大石。このおっさん、園崎家に踏み込む理由作りに圭一を利用してたってか。
 魅音に謝る圭一だけど、魅音の態度はふざけてるというレナ。回覧板を見て醤油を貰いにやってきた梨花を消したのは魅音だってかい。それで終わりにする予定だったんだけど、冷蔵庫に残された食事から沙都子に気付かれそうになったから沙都子まで殺したって話かい。
 レナの推理の前にすべてを白状する魅音。自首するから30分だけ圭一と2人にしてくれって、屋敷の一角にある秘密の地下の拷問場所に圭一を案内するけど、そこが梨花や沙都子を殺した場所だってか。おまけに牢屋には囚われた詩音が……
 詩音を助けようとする圭一の背後でいきなし豹変する魅音。圭一を殺してその後で詩音も始末するってかい。
 拷問台に張り付けにした圭一の前で事の発端を語る魅音。カルタ大会の賞品の人形を魅音じゃなくレナに渡したから、魅音の中の鬼が目覚めたってか……メチャクチャだね。
 しかし、なぜか圭一を殺せない魅音。そこに大石が突入してきて、魅音は圭一をスタンガンで眠らせて雲隠れ。ま、圭一と詩音は助かったみたいだけど……
 事件後、引っ越すことになった圭一。5人組の中で自分だけが残されたって感じでさびしそうなレナ。引越し準備をする圭一の前に現れた魅音。いきなし圭一の腹を刺して「これでみんな殺した」と言って笑い狂ってるけど……
 マンションからの転落死体として発見された詩音。殺されたと思った圭一は病院で入院してるところで大石の事情聴取を受けてるけど……おいおい、魅音は大石たちが踏み込んだ日に死んでたってか。おまけに鷹野も祭具殿に忍び込んだ時にはすでに死んでたはずだって話……おいおい。
 魅音の件は詩音と魅音が入れ替わってて、圭一を刺した後にマンションから飛び降りたって可能性もあるんだけど、鷹野の件は全然見当もつかないね。
 で、大石が去った後にいきなし圭一の病室に現れた血まみれの魅音……こりゃミステリーとかサスペンスじゃなくて、ホラー作品の世界だな。

◎吉永さん家のガーゴイル
 (第8話)
 イヨに怪しげな改造を施されたガーゴイルだけど、気が付けば雪国に飛ばされていて、そこで出会ったのが双葉似の少年・平太と、和己似のその姉。
 2人は代々山の守人をやってた家の子供だけど、前の大雪崩のとき、父親が雪崩は来ないと言ったといて犠牲の責任を負わされ、他の村人から仲間はずれにされてるって感じ。で、そんな時にまた雪崩の予兆が。
 平太の忠告を聞かない村長たち。前の雪崩のときも父親の警告を無視して犠牲が出たのは村長の仕業だったって話。自分が責められるのを避けるために、雪崩を知らせに回ってて犠牲になった平太たちの父親に責任を擦り付けたってか。
 ガーゴイルが雪崩を止めて村人の逃げる時間を作ったけど、力を使い果たしたガーゴイルは墜落。気が付けば双葉たちに掘り起こされてたってか。で、そこは昔、雪崩で崩壊した村があった場所で、その時は山神に助けされ村人は全員脱出して助かったってか。
 イヨの付けた機能は過去を見る能力だったのだけど、ガーゴイルは実際に過去に行ってしまったって話なんだけど……どっちかというと、過去に言ったというよりは幻を見たって雰囲気だねぇ。

◎ARIA The NATURAL
 (第8話)
 ネオヴェネツィアはまた水浸しの季節かい。で、いきなし暁に呼び出された灯里だけど……待っていたのは籠いっぱいの赤いバラを背負った暁。ボッコロとかいう好きな女性に1輪のバラを贈る日ってことだけど……
 アリシアさんにその籠いっぱいのバラを渡すって……そりゃ貰うほうが始末に困って迷惑するだけだろ。数を贈りゃ良いってわけでもないだろうに、それだけでも飽き足らずにさらにバラを買い込んでるアカツキ。
 しかし、灯里と練習してるところに通り掛ったアリシアのゴンドラにはすでに大量のバラが。おまけに暁のバラは灯里にあげたものだと思われてるとは悲惨ね。どう考えてもバラにちなんだ宝石を藍華に渡してるアルの方がずっと気が利いてるな。

◎夢使い
 (第7話)
 同棲の話をしてるからどんなカップルかと思えば、教師と生徒ってか。確かに仕事を変えないと同棲出来んわな。
 いきなし学校からの帰りにオードリー2(みたいな植物モンスター)に襲われてる瑞穂。そこにたまたま通り掛った燐子に助けられてるけど、教師の部屋は茨で埋もれた状態。例によって悪夢の仕業って話だけど……
 てっきり、教え子に手を出したことに罪悪感を感じて悪夢を見たのかと思ったら、生き別れの兄妹だったってか。
 第5話でババアが家族を無きものにしてるくらいだからここは禁断の恋を貫くかと思ったら、素直に手を引いてるか。

◎スクールランブル 二学期
 (第8話)
 マンガでバスケにはまった天満。奇しくも1年で八雲と同じクラスの俵屋さつきが女子バスケ部を立ち上げて、嵯峨野恵、美琴、一条、ララと共に参加してるのは良いけど、ろくに練習に参加してない間に完全にあぶれてしまって、顧問の保健室のねーちゃんに追い払われてるとは悲惨ね。
 なんか男子バスケ部の麻生目当てな感じのさつき。麻生に教えてもらってる美琴に嫉妬してるみたいだけど……美琴は花井のことしか眼中に無いから気にしなくて良いだろ。
 何かと女子バスケ部と関わろうとして追い出された東郷や今鳥、それに播磨も加わって天満を取り込み女子バスケ部への対抗チームを作ってるってメチャクチャナ展開。しかし、天満チームは4人しかいないんだけど、もう1人は誰を連れてくるんだ?

◎NANA
 (第8話)
 家財道具を調達に出掛けたナナと奈々。犬扱いされてハチになってる奈々。
 しかし、こいつらいっぺんに何でもかんでも買い込んでるって、金持ちなのね。どこぞの声優目指してやってきた貧乏人の桃子とはえらい違いね。
 それにしても、奈々改めハチと一緒に買い物するのって、ナナも大変そうね。
 ちょうどリサイクル家具店のバイトがいないって聞いて速攻で働くことを決めてるハチだけど……そんな店の取り分ギリギリでやってるようなところで働いてまともな給料出るのか?

◎いぬかみっ!
 (第8話)
 何かと『うる星やつら』に似た番組だと思ってたら、ついにメガネまで出して来たかいっ! 声も千葉繁にやらせるか。
 ダイエットしても体重の変わらないようこ。しっぽがダイエットしたのと同じだけ太ってるってか。しかし、八つ当たりで縮地される啓太も悲惨ね。
 レア同人誌と引き換えに啓太にようこと引き合わせてもらおうとするメガネ。いぐさの同人誌の愛読者だったってか。
 しかし、傍迷惑な魔道具だね。

◎ウィッチブレイド
 (第8話)
 戸沢に正体を知られて事情を話す約束をした雅音だけど、翌日になってさっぱり白を切ろうとしてるところが凄いね。
 スナックに飾られてた戸沢の写真を気に入り、スクープ写真を追ってるだけの今の戸沢との違いに驚いてるんだけど……ま、他人が何を言おうと芸術写真じゃ食っていけないからそういう仕事してるんだと思うぞ。(いや、フリーのカメラマンじゃあまり変わらん気がするけど、いいネタさえあれば大金で売れるだろうからね)
 あくまで白を切りとおす雅音を、自分の助手に雇ってエクスコンによる連続殺人事件の現場に連れて行く戸沢。なんかおもいっきし導示の仕事とバッティングしそうな気がしたんだけど、今回は導示からは何も言って来なかったなぁ。
 で、現場から立ち去ろうとしてるところをエクスコンに襲われた2人。取材には協力するから、梨穂子に知られないように1年間は公表するなと言い、変身してる雅音。情報秘匿って言っても、街中で戦ってるんじゃいつ他のマスコミのスクープにさらわれかねないから、そうなったら何かバカを見る感じだろうな。

◎RAY THE ANIMATION
 (第8話)
 何かと零と篠山をくっつけようとしてる美里だけど、そうすればそうするほど不機嫌になっていく零。不機嫌なのは口ではコウイチ、コウイチと言ってながら心の中では篠山を否定できない自分を見透かされているようで嫌なんだろうね。
 突然、苦しみだして倒れた外来患者。零が見ても体に異常はなかったんだけど……翌日、いきなし全身が何かの菌糸に覆われてるという有様。いや、いくら菌類は発育が早くても1日で全身を覆いつくすのは無理だろ。
 院長の話では体内にその菌類と共生してる虫がいて、その虫が全身に菌の感染を広めてるって話。で、菌が肺まで達したらそこで胞子を爆発的に周囲に撒き散らしてしまうって一刻を争う状況。この虫は零が組織にいたときに仲間のハナちゃんが人体実験にされていたのと同じだってことだけど……
 胞子を生み出すクイーンを除去し、手術を成功させた零。しかし、患者はただの学生で組織との接点は無し。しかし、患者がスキーに行った先の村が村民全滅とか言う謎の失踪事件があった場所だとネットで噂になってるって話……そりゃきっとオヤシロ様のタタリだろ。

◎ZEGAPAIN -ゼーガペイン-
 (第8話)
 メイウーに連れられて現実の舞浜サーバーを見せられたソゴル。他人事のようなメイウーを責めると、前に上海サーバーがやられたときのまるでゲーム感覚のソゴルの態度を持ち出されたら返す言葉は無いわな。
 メイウーを残して1人オケアノスに強制転送して戻るソゴル。残ったメイウーの前に敵が現れるけど……そんなのお構い無しに仮想空間の舞浜に戻るソゴル。
 結局、その仮想空間の中で自分が生きているということを実感し、世界の現実を受け入れたってか。
 ところで、廃墟の舞浜の地下にある舞浜サーバーだけど、どう考えてもあんな完全にライフラインが破壊された中で、いったいどうやって機能を維持してるんだ?

◎砂沙美☆魔法少女クラブ
 (第6話)
 夜の森で砂沙美が出会った魔女界の少年アミちゃん。
 翌日、魔法少女大会で世界中からやってきた他の魔法少女たちと出会うけど、その中にアミちゃんの姿は無く、寂しそうな砂沙美。
 魔法を抑えられることなく、魔法を使いこなしてる先輩の魔法少女たち。その姿に驚いてる鷲羽たちだけど、魔女界の方針でも変わったのか? そして彼女たちが歌いだした歌がアミちゃんが弾いてた曲なんだけど……曲に聞き覚えがあっても歌詞がわからないと歌えないと思うぞ。
 帰って来た砂沙美に原稿を見せるパパだけど……字がものすごくて読めないってか。いまどき肉筆で書くなよ。

◎神様家族
 (第2話)
 転校生の小森久美子に一目惚れしてる佐間太郎……はいいけど、それを見て頭から湯気を出してるテンコって……
 しかし、何でも神様の奇跡で叶うからって、やる気の無い人生ってのもねぇ。声掛けて断られるのがまるで有り得ない出来事って……そんな暮らしをしてみたいものだね。ま、持てる者ゆえの苦悩ってやつで、一般人には理解不能な悩み。
 翌日、久美子に呼び出されたと思ったら、いきなし制服を脱いで押し倒し「抱いてください」ってか。ま、これじゃ確かに恋もクソも無いわな。しかし、父親は自分の嫁さんをこの手で落としたって……よくそれで円満な家庭が築けてるな。
 プールでデートは良いけど、いきなしセパレートの水着で来る女の子ってのもそんなにいないだろ。しかし、見ず知らずの女どもにモテまくって胴上げってのもあれだけど、恐怖のウォータースライダーってのもメチャクチャだね。で、結局は久美子に嫌われてやぶへびって感じ。
 久美子が転校していくまであと3日って……おいおい、いくら家庭の事情か知らんけど、そんな短期間で高校を転々と出来るのか?

◎ザ・サード ~蒼い瞳の少女~
 (第6話)
 いきなりブルーブレイカーとの戦いになってる火乃香。こんな展開だったっけ?
 怒りに我を忘れて冷静さを失ってる火乃香はPSPの全弾を撃ち尽くして足も撃ち抜かれて使い物にならなくしてしまってるとは無様ね。ザンカンがいないのにPSPを壊したりしたら修理してくれるやつはいるのか?
 ミリーの言葉にようやく冷静さを取り戻した火乃香。ブルーブレイカーを気合で圧倒するも、手を出さずに見逃してるか。
 そこにいきなしやってきた浄眼機。イクスを惑星外の生命体と言ってる浄眼機だけど……おいおい、それって異星人ってことか? で、それを聞いても平然としてる火乃香。おいおい、そりゃ宇宙人なんか珍しくない世界ならともかく、人類が初めて接触する異星人とかだったら気味悪がったり警戒するのが普通だと思うんだけど……

◎Soul Link
 (第8話)
 作業ポッドから出て来たカレン。たちまち警戒するユウと新田だけど……涼太は簡単に信用しすぎ。
 カレンの口から語られるハマルの様子だけど……セラリアの周囲にいたやつらがどんどんスキュラ化していったって話だけど……何でカレンとゲイルたちだけ逃げられたのか謎だね。
 いきなしシン・クロサキとかいうセフィリアの仲間みたいなやつの名前が出てきてユウがハマルに行くって展開になってるけど……こういうところ、この作品、唐突過ぎるね。物語の進行に詰まったら適当なキャラを作って乗り切ってる感じだなぁ。

◎ケロロ軍曹
 (第111話)
 夏美と小雪の寝巻き宴会。その辺の小雪のずれたところはどうでも良いとして、夏美が怖がってる唐傘お化けゾロゾロの怪談映画がいいねぇ。
 夏美と小雪のABC……そういう方向に持っていくのはお約束だけど、ABCとかいうのも昔の概念だからねぇ。最近の若いやつ連中に通じるのか? Aの次は即Cって気が……

 夏美の家庭訪問。仕事で帰って来れないママ。しかし、だからって顔がケロン人そのままのペコポン人スーツで出て来られてもキショイだけだね。どうでもいいけど、ペコポン人スーツ着てたらアンチバリアは解除されてるのか?

◎アニメ魂
 西の善き魔女 Astrea Testament
 (第8話)
 ユーシスにプロポーズされ、それ受け入れるなら今後ルーンとは会うなと伯爵夫人に言われてるフィリエル。ま、エディリーンの娘、すなわち現女王の孫ならローランド伯爵家の嫁として申し分ないんだろうけどね。
 フィリエルから身を引き、リーズ公爵に従うふりをして命を奪うことに失敗したルーンだけど……翌日、リーズ公爵の死体が発見されてルーンに殺人の嫌疑が。で、ルーンは行方不明なんだけど……
 そんな時に竜が現れたり、国境に帝国の軍隊が侵攻して来たり……なんか大変な国難って気がするけど、それにしては悠長だねぇ。で、アデイルとレアンドラの2人の女王候補に女王からの試練が申し渡されたんだけど……
 あまり登場人物がいるわけでもなく、何をするにも手がいっぱいって感じの状況なのに事件を詰め込みすぎで、これでどうやって話が進んでいくのかよくわからないねぇ。作品のスケールと物語の展開とキャラクターの配置が全然かみ合ってない感じなんだけど……

◎シムーン
 (第8話)
 和平会談が始まったのは良いけど、通訳の巫女を同席させるさせないくらいで揉めてたら先は長いね。
 すでに、次の寄港地で解散が言い渡されてて、ずっと使ってたサロンも他のコールに横取りされてるコールテンペスト……惨めね。
 会談に参加できない巫女を預かることになったコールテンペスト。みんなを紹介してるフロエだけど、1人だけ巫女に名前を呼んでもらえないアーエル、哀れね。
 自分のことを語るマミーナ……テンプスパテュームの神ってのは家柄や身分で巫女を選ぶんかい。要するに戦争で実績を上げてる間しか身分の低いマミーナはシヴュラではいられないって話だな。
 相手の国の艦から信号弾が射たれたと思ったら、いきなしカイムを人質にしてシムーンの格納庫に向かってる巫女。しかし、会議場と格納庫が遮断され、もう1人の巫女と接触できなくなりシムーンを奪うことに失敗。最後は爆弾で自爆し、格納庫を吹き飛ばしてるってか。
 爆発音を聞いた交渉団の一行は作戦失敗を知り、全員銃で自殺。和平交渉って最初からウソだったのね。
 最後にアーエルとつぶやいた巫女。それはその国の言葉で神への最上の愛を表す言葉だってか。だからアーエルの名前を簡単に口に出せなかったんだな。
 格納庫の爆破で、コールテンペスト以外のコールは出撃不能に。これで汚名返上の機会が出来たって話ね。そして、迷いの無いマミーナではなく、迷い始めたアーエルをパルに選んだネヴィリル。この期に及んでようやく復活ってか。
コメント   トラックバック (1)

週刊アニメ定点観察 Vol.495 (1/3)

2006年07月20日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/05/22~06/05/22

◎蟲師
 (第22話)
 産み変わりの島。死にそうな人間を竜宮と呼ばれる海淵に沈めたら、次の満月の日に湧き上がって来る赤い粒々を飲んだ女が、その生まれ変わりを産むという話。
 その生まれ変わった人間が蟲とかいう話かと思ったら、それは何の異常もない普通の人間って話。ギンコが満月の日に粒々を調べてみたら、それは原初的な動物の胚。ギンコは蟲がその人の生きてた時間を食って胚に戻してるって言ってるけど、それなら粒々が大量に沸いて出てるはずはないね。時間を食ってるというより、食った生物の一部の細胞に新たに生命を与えてると考えたほうが正しいと思うぞ。
 問題はその胚で受胎することだけど、どう考えても飲んで受胎するのは無理だろ。

◎Fate/stay night
 (第20話)
 言峰に適当に言いくるめられてすごすごと戻ってきた士郎。子供の使いほどに役に立たんヤツね。(ま、GUYSのトリヤマ補佐官に比べればまだマシだろうけど)
 で、自分がセイバーのことが好きだってことに気付いてるけど……ここから恋愛展開というのは唐突過ぎ。ま、エロゲなら(どうせ肉体関係持った後だろうし)唐突でも気にならないんだろうけど、あえて一般作を作ってるんならその辺のところはちゃんと順を追って描いてくれないとね。
 セイバーのことについて話す士郎にアーチャーも同じことを言ってたという凛。アーチャーは昔からセイバーのことを知ってる感じで、アーサー王の騎士だったんじゃないかという凛だけど……アーサー王の騎士といえば円卓の騎士が有名だけど、さすがに円卓の騎士ならアーサー王に見覚えが無いわけは無いな。
 いや、これって原作の凛ルートの伏線だろうけど、アニメ版はセイバールートしかやらないみたいだからアーチャーの正体はわからないのね。アーチャーが死んだ回だけ特別なEDになってるのもありゃ原作ファンへのサービスで、アニメしか見てないとそんなに重要そうに思えないアーチャーが死んだだけでなんで特別なEDなのかわからないんだけど……
 今日はセイバーとデートがしたいという士郎に思いっきり笑いこける凛が良いね。
 で、デートという意味がわからずに聞き返すセイバー。さすがにアーサー王はケルト人の王だから侵略者のアングロサクソン人の言葉は知らないのか。(いや、単に現代的な意味がわからないって話ね。デートって「date」すなわち日付のことだから。日付を約束して会うのがデートって意味になったって話) でも「逢引」って昔の日本語なら意味が通じるっていうのはねぇ……
 いきなし湧いて出て来たおじゃまキャラのイリヤだけど、凛の脳天チョップ一撃でやられてるとは哀れ。どうでもいいけど、桜はともかく大河もいないのか。

 で、セイバーとのデート。服を見てて「開いてみてください」と言われて破いてるのって狙ってやってるんだろうけど、バーサーカーとかならともかくいくらセイバーでもそれくらい力加減はわかるだろ。
 映画を見て戦いかたを研究してるセイバー……他に適当な映画は無かったのか? そりゃベタな恋愛映画なんか士郎は照れるだろうしセイバーは退屈しそうだけどね。
 どこかでセイバーが紅茶好きなのはイギリス出身だからって書いてるところがあったけど……イギリス人が紅茶を飲むようになったのはインドに進出して以降のことだろ。アーサー王が紅茶を知ってたとはとても思えんね。セイバーが紅茶を知ったのはやっぱし凛がティーセット持ち込んで来てからの話だと思うけど……(いや、以前の聖杯戦争の時に知った可能性もあるけど)
 ライオンさんのぬいぐるみがお気に入りのセイバー。士郎に笑われて怒ってるけど、他にも動物がいるとセイバーを誘ってる士郎。おまいはクマさんとかペンギンさんとか定番なのを選んでほしかったのか?
 過ぎてしまった過去を聖杯の力でやり直そうなんて考えるのはやめろという士郎に思いっきり機嫌を損ね、士郎が戦いを止めたいなら止めろ、自分は他にマスターを探すとか言ってるセイバー。こいつも頑固だね。
 夜になっても帰って来ないセイバーを迎えに出掛けた士郎。セイバーはてっきり士郎に愛想を尽かされたと思って帰って来なかったみたいだけど……そこに「俺のものに手を出すな」と言って現れてる例のキンキラキンのサーヴァント。いよいよ最強のサーヴァントとの最後の対決か……と思ったけど、よく考えたら序盤に出てきてたまま途中からさっぱり出て来なくなったランサーがまだ残ってるはずだな。

◎ブラック・ジャック21
 (第67話)
 空港で手術道具が怪しまれて足止めを食ってるブラック・ジャック。旧知の女医の助けでスカイホスピタルに案内されるけど、その責任者がドクター・ホワイト。いつぞやのイタリアマフィアのガキをブラック・ジャックから横取りして手術したのは良いけど結局助けられなかったという口だけの日本一の名医だな。
 しかし、完璧な空の病院はいいけど、何に使うんだ? 病院施設の不足してる場所に持って行くにしてもそれなりの飛行場が必要だし、他の飛行機で急病になった患者を空中で乗り換えさせられるわけでもいないし……結局、海外で急病になった要人をちゃんとした病院に運ぶ間の処置をするくらいのものだろうね。
 離陸するや否や速攻でハイジャックに遭ってるのがマヌケ。操縦席に立てこもった犯人の閃光弾が爆発してコックピットの窓が破れ、機長と副操縦士が重態。ブラック・ジャックを追い出して自分で手術するという白拍子だけど、最新機器は使えず、機体の揺れもあって手術できず、結局はブラック・ジャック頼りとは無様ね。
 ま、白拍子もパイロットとしては役に立ってたけど……

◎名探偵コナン
 (第439話)
 ま、日影がすでにいなくて、犯人が神尾だったってのは最初からミエミエだったけど……犯行動機までは根津が金に絡んで評判悪かったって話が出て来るまでわからねぇな。しかし、オリジナルの話って本当に捻りが無いね。

◎ひまわりっ!
 (第7話)
 怪獣の正体は先の大戦で使われた巨人兵……先の大戦って、応仁の乱のことか?……って、京都人じゃあるまいし。

◎涼宮ハルヒの憂鬱
 (第8話)
 主の死体の脈を見ようとしてるハルヒを巧妙に制して引き離してる執事のおっさん……この時点で胡散臭さ全開だろ、この事件。手帳を貫通して心臓を刺してるといってる果物ナイフ。どう考えても手帳でナイフを刺してるように見せかけてるだけで、手帳より下には刃は出てないってところだろ。
 台風の中、事件状況を調べに島を回ってるハルヒとキョン。崖から落ちて、そばにあった洞窟に避難してるけど……濡れた服を脱いで絞ってるハルヒのしぐさがやけにエロっぽいね。
 洞窟の中のハルヒの推理……ほとんど小五郎レベルのトンデモ推理だな。
 ハルヒが帰って来ても部屋の鍵を開けない長門……ほとんどガキの留守番だな。キョンの解釈では長門流のジョークって話だけど。
 で、今度は古泉の推理。ハルヒが気付いて口にしなかったことを解き明かしたのは良いけど、それでキョンに口封じで殺されるって……どう考えてもありえない話。ま、死んだ振りしてる主を叩き起こすための芝居だったんだけどね。
 涼宮ハルヒの推理ショー……どう考えても蛇足だけど、最後に「ワトソン君」って言いたかっただけか。
 ところで、ハルヒが見た影の正体は……朝倉涼子の亡霊だな。(をひ)

◎Angel Heart
 (第32話)
 町で信宏を見掛け、海坊主の店にやってきた白蘭とかいう謎のねーちゃん。李大人の組織の工作員ってかい。
 信宏と町に出掛けた白蘭が何者かに尾行されてるけど、たまたま話題にしたリョウに助けられてるって展開。気になった信宏が陳の爺さんに白蘭が何の任務をやってるか聞こうとするけど……李大人の組織とは対立する早川という男を殺すため、早川のカジノのディーラーとして潜入してるってかい。
 しかし、白蘭が信宏に遺品を預けた理由は、どうも自分を実の娘のように慕ってくれる早川を守るために盾になって死ぬつもりって感じだな。

◎ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
 (第8話)
 いきなしラムダエイトにやって来た忍者行列。何かと思えば時代劇の大役者である天音の父親ってか。娘を声優になんかさせずに本物の役者にするから即刻やめさせるってかい。それにしても声が若本ってか……
 しかし、自宅が天守閣付きの城って……時代劇役者ってそんなに儲かるのか。でも、城の中にメイドさんゾロゾロってのも違和感ありまくり。どうでもいいけど、忍者がどう見ても『ニニンがシノブ伝』なんだけど……
 鶯張りの廊下はいいけど……いつからウグイスは「ウグイス、ウグイス」って鳴くようになったんじゃいっ!
 今回は京都弁出しまくりだな<桃子。
 しかし、駆け出しの研修生の演技で感動させられるか?……と思ったけど、他の連中と違って天音にはそれだけ演技力はあるのね。

◎桜蘭高校ホスト部
 (第6話)
 環に弟子入りに来た小学生の鷹鳳子嗣郎。ガキゆえの残酷さで客の女の子をフナ呼ばわりし、ハニー先輩を年下扱い、ハルヒはオカマ扱いって、言いたい放題だね。で、愛想を尽かしてホスト部に無いタイプのキャラじゃないと置いてやらないって言われてるけど……
 いきなり強力モーターで現れたれんげ。ホスト部に無いタイプ・やんちゃ系を指摘してその特訓を始めるけど……気に沿わなかったのか、去っていく嗣郎。
 ま、ホストになりたいというより転校していく女の子を喜ばせてやりたかったってことだけど……それにしても初等部に潜入するハニー先輩とハルヒの制服姿が良いね。
 結局、女の子とピアノの連弾をする特訓してやったって話だけど……生意気なガキは嫌だね。

 (第7話)
 京也の家の熱帯アクアガーデンに拉致されたハルヒ。いったいどんな水着を着せられるのかと思えば、何の変哲も無いというか、どっちかといえばお子様向けのワンピース水着。露出もクソも無いのに女の子はお嫁に行くまで肌を見せたらいけないってパーカーを着させてる環って……
 ハルヒの話すビニールプールが金持ちたちに通じないのが悲しいね。
 流水プールに流されて行方不明のハニー先輩。探しに向かう一同だけど、ワニの放し飼いって、金持ちの考えることはわからんね。
 しかし、このキャラで空手と柔道の全国チャンピオンのハニー先輩って……

◎うたわれるもの
 (第8話)
 玉座に座って朝議を行ってるハクオロ。なんか王様気取りだね。
 そこにやってきたウルトリィの一行。挨拶にやってきたというよりは、自分たちの方が偉いと教えに来たような感じだな。ウルトリィ本人にはそんな自覚は無いんだろうけど……
 エルルゥが「粗茶です」と差し出したら自分たちは歓迎されてないと怒ってるムントのじいさん。いや、高貴な連中には謙譲語という概念が無いみたいね。
 エルルゥの部屋を見て自分も薬師を目指してたというウルトリィ。どうも昔、トゥスクルに会った時に感銘を受けたみたい。それで、新しい国の名前がトゥスクルと聞いた途端に自分が使者に行くと言い出したのか。
 湖で黒い翼の少女を見たハクオロ。宮殿に戻ったら自分のベッドにその子が寝てたっていかにもエロゲ的な展開。ま、その先には進展しないだろうけど……
 慌てて魔法で姿を消そうとするカミュ。しかし、魔法はすぐに切れて丸見えなのをハクオロに指摘されてるとはマヌケ。で、急いで階段を下りていくけど、すぐに戻ってくるって慌しいやつ。何かと思えば、ムックルを怖がってたのか。
 ウルトリィの妹ってことで客人として扱われることになったカミュ。アルルゥと仲良くしたいのだけど、人見知りの激しいやつだからねぇ。で、ハクオロの入れ知恵でユズハのところを見舞ってるアルルゥに蜜蜂の巣を持っていくけど……おいおい、中で幼虫が蠢いてる蜂の巣をそのまま食うか? いや、本来、蜜蜂の巣を食うってそういうことかも知れないけど……
 すっかりアルルゥと打ち解けたカミュ。一緒にムックルに乗ってるのはいいけど……おいおい、ユズハを連れ出して一緒に乗るなよ。ユズハってトゥスクルがあまり先が長くなさそうなこと言ってたと思うけど、何か画期的な治療方法で快方にでも向かったのか? いや、トゥスクルが高価でもう手元には無いと言ってた特効薬の原料のアメジストがインカラの宮殿には大量にあったとかいうところかも知れないけど……
コメント

涼宮ハルヒの突撃 それゆけ!宇宙戦艦スズミヤ・ハルヒ(前編)

2006年07月15日 | アニメ
「我々が屈辱の敗北を味わって早1ヶ月あまりになる。だが、この間、無駄に時を浪費していたわけではない。コンピューター研究会の復興とSOS団への復讐、この宿願を果たすためであった。
 諸君、宇宙は広大である。必ずや我々の新戦力となるべき人材は発見されるであろう。コンピューター研究会は偉大であり、コンピューター研究会の栄光は永遠に不滅なのだ。ゆえに揺るぎ無い準備を整え、コンピューター研究会を再び北高文化部の盟主とするのだ。
 これより、私はコンピューター研究会部室に一目別れを告げた後、人材確保への旅に立つ!」

 俺たちの知らないところでコンピ研の部長がそう宣言したのは今から約1ヶ月ばかり前のことだった。それ以来、学校から姿を消していた部長が再びその姿を現したのは1週間前のこと。例のインチキゲーム『THE DAY OF SAGITTARIUS III』にさらに改良を加えた新バージョン『THE DAY OF SAGITTARIUS IV』を引っさげ、再び我がSOS団(というか、ハルヒ)に挑戦状を叩きつけてきたのだ。
「本日より7日後、ネットカフェ『七色星団』において艦隊戦力の決戦を申し入れる」
 前回の敗北の原因のひとつをネット環境の問題だと思ったのか、対戦場所を校外に変えてきたようだ。もちろん、向こうから場所を指定してきたということは事前に何らかのインチキを施してくることは容易に想像できたのだが……
「こんなのもう相手にしないわよ」
 ハルヒは完全に興味なしである。前回の対戦でさえハルヒ自身はそれほど好奇心を持っていたようには見えず、もっぱらはまっていたのは長門だったからだ。だから、コンピ研部長がSOS団のメールボックスに送り込んできたビデオメールによる挑戦状は即座にゴミ箱に捨てられようとしていた。
 しかし、アイコンをドラッグしてるハルヒの手がふと止まった。コンピ研が助っ人に呼んで来たというメンバーに何か心当たりがあるようだった。

「挑戦を受けるわ! 必ず通らなければならないSOS団の試練なのよ。必ず勝ってイスカンダルまでたどり着くのよ!」
 急にやる気を出してそう言い放ったハルヒ。俺はハルヒに言われて、その文言を一字一句間違えないように返信メールにしたためて送信させられた。やれやれ。しかし、イスカンダルって何だ?

 そして1週間が過ぎ、対戦の日がやってきたのだ。
 ネットカフェ『七色星団』は北口駅前の一角にある古ぼけた雑居ビルの中にあった。事前の調査によれば、案の定、コンピ研OBが経営する店のようだ。ここを貸切状態にして対戦会場にしたらしい。
「みんな、必ず生き残って勝利を味わうのよ!」
 なぜかハルヒの発案で水杯を交わすことになった。
「ゲームごときで命を落とすわけでもあるまい」
「気分よ、気分! もう少し雰囲気を楽しみなさいよ、キョン!」
 俺はハルヒにどやされながら、いつものように付き合うしかなかった。
「キョンくんも楽しみましょう」
 そう言って俺を慰めようとしてくれる朝比奈さんだったが……前回もひたすら逃げまくってるだけの人に言われてもなぁ。
 そうやって会場にたどり着いた俺たちSOS団チームを待ち受けていたのは、コンピ研部長が助っ人に掻き集めた敵チームのメンバーだった。

「こちらが、諸君の相手を務めるエスタナトレーヒ・チームの面々だ」
 そう言って部長が紹介したのは4人の女子高生だった。それぞれ、山本洋子、御堂まどか、白鳳院綾乃エリザベス、松明屋紅葉と名乗った。この4人と部長本人を加えた5人が俺たちの相手チームということらしい。
「あなたが北綾瀬の最終兵器ね」
 ハルヒはいきなり山本洋子と名乗った子にそう言った。何か良くない予感がするのだが、敵対意欲満々な感じである。
「いかにも、そうよ」
 相手も不敵な笑みを返してきた。
「何だ? 北綾瀬の最終兵器って」
 俺の疑問に答えたのは古泉だった。
「機関の調査によるとゲーマーの世界では有名な方みたいですよ。涼宮さんが急にやる気を出したのも、あの山本洋子という方に対抗意欲を掻き立てられたようですね」
 ちなみに山本洋子は猫目の表情、御堂まどかはおでこが広く、白鳳院綾乃エリザベスはお嬢様風で、松明屋紅葉はどこか馴染みの深い関西弁のキャラだった。

 顔合わせが終わった俺たちは、それぞれチーム別にパーティションで区切られた部屋に別れ、対戦準備を始めた。
 向こうで用意した会場と機材であることをいいことに、何世代も前の恐ろしく処理速度の低い旧式パソコンでも押し付けられるのかと思ったが、そんな小細工はしていないようだった。最新機種とはいえないものの、どれも1年以内に発売された一般的な処理速度のCPUを搭載したマシンである。
 もっとも、パソコンに小細工してないとはいえ、他も公平な条件になってるかどうかの保証にはならない。いざとなったら長門頼みという状況には変わりない。
「あたしは自分の手で山本洋子を叩くわ。他の連中は邪魔だからあなたたちで引き止めておきなさい!」
 相変わらず戦略もクソもなく勝手に作戦を指示しようとするハルヒであるが、このゲームは相手の大将を倒すのが目的だろ。敵の大将でもない艦隊を叩きに大将自ら突出してどうするんだ? ま、ハルヒの突出は前回も同じだったけどな。
 とりあえず、練習時間の間に長門にプログラムのチェックをさせておく。インチキゲームで勝ったって、敵も部長以外の4人は納得しないだろうからな。

 両チームともウォーミングアップが終わったところで開戦。例によってハルヒは各人の艦隊名を適当に名付けていたのだが、それはまどろっこしいのでここでは普通の名前で呼ぶことにする。
 長門の話によれば、今回はプログラムにズルは無かったみたいだ。あの助っ人の4人に絶対の信頼を寄せて、負けは無いと思い込んでるんだろう。
「みんな、作戦通りに行くわよ!」
 あの杜撰な思い付きのいったいどこが計画なんだという俺のツッコミも虚しく、案の定ハルヒ艦隊は山本洋子の艦隊を求めて突出していく。山本洋子を叩く云々はともかく、敵の位置関係が全然つかめていない状況で大将の艦隊が突出するのはあまりに無謀だ。
 俺は慌てて自分の艦隊をハルヒ艦隊の前に展開し、その進路を阻んだ。
「ちょっと、キョン。何するのよ!」
「ハルヒ、頭を冷やせ。敵の配置状況もわからないまま大将のおまえが突出してどうするんだ? おまえが真っ先に敵艦隊の待ち伏せを食らってやられてしまったら、即、俺たちの負けだ。別に山本洋子が逃げるわけじゃないだろ。敵の状況がわかるまで我慢しろ」
 俺は何とかハルヒを抑えた。しかし、だからと言って何もしなければ敵の状況もつかめない。斥候部隊を率いる長門艦隊の働きに期待するしかない。
 ちなみに開戦時のSOS団の陣形はマップの本陣中央にハルヒの司令艦隊。その脇に俺の遊撃艦隊がいて、両翼に雷撃戦能力を強化した朝比奈さんの艦隊と、砲撃戦能力を強化した古泉の艦隊。そして、マップ上の障害であるアステロイドベルトの向こうに長門の強襲偵察艦隊が配置された状況だった。本来なら両翼の朝比奈さん艦隊と古泉艦隊はハルヒ艦隊より前面に出て先に戦線に触れる配置をするはずなのだが、自分の艦隊での突撃に拘ったハルヒが後ろに下がらせたという形なのである。

 案の定、敵艦隊と最初に接触したのは長門の斥候部隊だった。マップの左前方10時の方向からその艦隊は現れた。しかし、その出現は予想より早過ぎた。高速艦で揃え脇目も振らずに突進してくるハルヒのようなバカじゃない限り、この時点で接触することはありえない。
「敵艦隊の指揮官判明。御堂まどかの艦隊」
 長門の報告に、俺は光るおでこを思い出した。どうやら向こうにもハルヒ同様の猪突猛進バカがいるみたいだ。
「山本洋子じゃないのね。じゃ、みくるちゃん、頼むわ」
 自分の望む相手ではないと知るとハルヒは朝比奈さんに振った。確かにこのまま進めばマップ左方に展開してる朝比奈さん艦隊の守備範囲なのだが、いきなしハルヒに振られた朝比奈さんは案の定パニックを引き起こしてる。
「ぜ、全艦、空間じゅ、重魚雷、発射用意!」
 敵艦隊がまだ有効射程距離どころか自分の策敵範囲にも入ってないのに攻撃しようとしてる朝比奈さん。まずい。このままだと敵が有効射程距離に入ってくる前に全弾撃ち尽くしてしまいそうだ。
「待ってください、先輩。あの艦隊は俺が叩きます」
 俺が側を離れるとハルヒが勝手に突進して自滅する危惧があったが、やはり朝比奈さんの方も心配だ。俺は自分の艦隊を左に移動させた。
「何、勝手なことやってるのよ、キョン」
 ハルヒが怒るが、俺は構わずに艦隊を進めた。御堂まどかの艦隊はそのまままっすぐ突っ込んでくる。それにしても速い。こりゃ相当に攻撃力や防御力を犠牲にして速度だけに特化させた艦隊だな。俺の艦隊の速度では出会い頭の一撃がギリギリ。それをしくじれば朝比奈さんの艦隊が危ない。
「御堂まどか艦隊、有効射程距離まであと5000!」
「全艦、凝集反陽子砲発射準備。目標、御堂まどか艦隊!」
「ターゲットスコープ、オープン!」
「電影クロスゲージ、明度20!」
「目標、有効射程距離内に突入!」
「発射10秒前!……7……6……5……4……3……2……1……」
「凝集反陽子砲発射!」
 俺の艦隊から一斉に放たれる主砲の軌跡が御堂艦隊に突き刺さった。次々に大破炎上していく御堂艦隊。壊滅には程遠いものの痛手を負った御堂艦隊はそれ以上の突進を諦めて反転した。俺は迷わず追撃を開始する。

 しかし、それが罠だったのだ。勢い余って御堂艦隊を追撃していく俺の艦隊だったが、高速艦を中心に編成された御堂艦隊との差は一向に縮まらず、いつの間にか深く釣り出されてしまっていた。
 星間物質が充満し、視界が限りなく制限される暗黒星雲空域に差し掛かったとき、いきなりどこかから攻撃を受け、炎上する俺の艦隊。よく見ると無数のステルス爆撃機による攻撃を受けていた。
「この艦載機の大群は……」
 そこに長門からの報告が入った。
「気を付けて。近くに松明屋紅葉の艦隊がいるわ」
 そう、それは宇宙空母を中心に編成された松明屋紅葉艦隊から発進してきた艦載機だったのだ。高速の御堂艦隊を突出させ、迎撃に出た相手の艦隊を釣り出し、暗黒星雲に差し掛かったところを待ち伏せしていた松明屋機動艦隊の無数の艦載機で叩く。これは明らかに計算された攻撃だった。

「何やってるのよ、キョン!」
 俺が万事休すと諦めかけたとき、後方からやって来たハルヒの艦隊が暗黒星雲に隠れた松明屋紅葉の機動艦隊に集中砲火を浴びせ始めた。もちろん、ハルヒだけでは視界に見えない機動艦隊の位置は性格にはつかめない。長門の斥候部隊の一部が暗黒星雲に潜り込んで状況を送り込んできていた。
 さすがに防御力の弱い空母中心に松明屋紅葉艦隊は、とにかく攻撃力だけは集中的に強化したハルヒ艦隊の猛攻の前に音をあげて撤退を始めた。ハルヒはそれを追おうとするが、罠に懲りた俺はそれを引き止めた。敵はもう一段罠を仕掛けていそうな気がしたからだ。
 俺の艦隊が相当にダメージを受けたとはいえ、敵も御堂艦隊と松明屋艦隊に相当なダメージを与えてるはずだ。緒戦はSOS団に有利に進んでるように思えたのだが……

「古泉艦隊、全滅」
 長門の報告に俺たちは驚いた。どうも御堂艦隊と松明屋艦隊は巧妙に仕組んだ陽動作戦で、我が軍の関心がこちらに集中してる間にマップを大きく迂回した白鳳院綾乃エリザベスの艦隊が古泉艦隊の側面から接触し、不意を突かれた古泉艦隊は艦隊の統率を失ったまま反撃に転ずることも無く全滅してしまったらしい。
「申し訳ありません。横から襲ってくるなんて、完全に油断してました」
 笑みを浮かべながら平身低頭謝る古泉だけど、当然ながらハルヒはカンカンである。
「こうなったらやっぱり1対1の勝負しか無いわね。いったいどこに隠れてるの、山本洋子!」
 1対1の勝負って言ったって、敵の大将は山本洋子じゃなくてコンピ研の部長だぞ。しかし、ハルヒはそんなことにお構いなく、長門に命じて山本洋子艦隊の所在地探索に全力を投入させた。いや、それよりコンピ研の部長を探し出して叩いた方が簡単なんじゃないかという俺の常識的な意見は当然ながら無視されたのは言うまでも無い。

《つづく》

涼宮ハルヒの憂鬱 Episode03(限定版) KABA-1504
涼宮ハルヒの憂鬱 Episode03(限定版) KABA-1504


コメント

『電脳アニメパス★はてな島迎撃基地』開設

2006年07月02日 | 雑記
 はてなダイアリーの方で『電脳アニメパス★はてな島迎撃基地』を開設しました。

 こちらの『電脳アニメパス』本館に対する別館扱いになりますが、ここには書かない何か別のものを綴って行きたいと思います。
 とりあえず、ここでは感想が当分先になってしまう夏のアニメ新番組について、流し見段階での簡単な印象とかを逐次書いておきます。
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.494 (4/4)

2006年07月01日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/05/20~06/05/21

◎彩雲国物語
 (第7話)
 結局、秀麗の落とした簪で敵の罠に気付いた劉輝。即座に敵を倒し秀麗を助けたけど、そのまま倒れる秀麗。
 秀麗に飲まされた毒のほとんどは劉輝が飲ませた解毒剤で中和されていたけど、一つだけ未知の毒があって解毒剤が作れないという典医。その解毒剤ならあると言って来たのは霄大師……おいおい、このジジイがすべての黒幕だったってか。ま、すべては劉輝に王としての自覚を促すための総仕上げってところで、そのためには秀麗や静蘭が犠牲になっても構わないってか。
 しかし、王が第一で、そんためなら国や民がづなっても構わないってのもひどい政治家だな。もっとも、自分があえてそういう立場であることをわきまえてるから、周囲には自分と違って国や民を思う人材を置こうとしてるみたいだけど。
 こんなジジイに金500両で買われてたって、秀麗も哀れね。ま、当人は事件に背後関係は知らされなかったみたいだけど……
 劉輝の自覚も出来、お役ごめんとばかりに宮廷を去っていく秀麗。やけにあっさりと公貴妃としての地位を捨てたものだね。普通、金500両よりよっぽど旨味があると思うんだけど……
 別れ際、自分は女も好きだといって秀麗の唇を奪う劉輝。秀麗は怒って去っていくけど……ま、また戻ってくるって展開なんだろうな。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
 (第8話)
 学園ほのぼのニュースで学園のニューヒーローを取り上げるレインだけど、アウラーにシェードにブライト……身内ばっかりじゃないかいっ! しかし、アウラーとブライトはともかく、何もして無いのに人気のあるシェードって凄いね。
 おや、トーマって一般人の特待生だってかい。一般人でもロイヤルワンダー学園を卒業したらキングの称号が貰えるってかい。すると、自分が苦学生だから呑気に学園生活を謳歌する連中が妬ましいから、モンスターを放って嫌がらせしてるってところか。
 そんな他のふしぎ星のプリンスたちと比べて影の薄いタネタネの国のソロ。自分も一人前だと存在感をアピールするためブライトのいるフェンシング部に入部しようとしてるのだけど……そもそも体が小さ過ぎるから端っから相手にされずに笑われてるとは哀れ。
 ところで、ふしぎ星のプリンスといえば、もう1人誰かいたような気がするんだけど……
 失意のソロを励ましてフェンシングの練習を手伝う晴雨姉妹。しかし、プーモにすら相手にならないんじゃフェンシング部の入部テストに合格するのは見込み薄だね。
 そんなソロの様子を影から見張ってる謎の影……って、クラスメイトのハーブとか言う女の子。前からソロがかわいいと思ってたけど、声を掛ける機会が無かったってかい。いや、確かにその方面じゃソロは大モテかもね。
 挫けそうになったところをシェードに甘えを指摘され、勇気を奮って入部テストに再挑戦するソロだけど……そこにいつものトーマの放ったモンスター。部員たちが逃げる中、何とか立ち向かおうとするキャプテンだけど、剣を折られて及び腰。ソロも踏みとどまってるけど、脅えてる様子。そんなソロを身を挺して守ろうとしたハーブを見て、勇敢に立ち向かっていくソロ……
 結局、その勇敢さが認められてフェンシング部に入部できたけど……入部出来たは良いけど、練習の相手になってくれる部員がいるとも思えんのだけど。
 ああ、忘れられてたもう一人のプリンスって、ティオだったな。

◎BLOOD+
 (第32話)
 さすがに「赤い盾」の移動基地。ちゃんと翼手対策の隔壁は用意してるのか……と思ったけど、全然役に立ってないな。ま、相手がディーヴァとシュヴァリエってこともあるだろうけど……
 おや、ディーヴァって心臓の鼓動で相手の居場所がわかるのか。
 カールの新しい右手、なんか凶悪ね。いったいどこからあの槍みたいなのを出してるんだ? 四次元ポケットでも持ってるのか?
 戦闘員が次々にやられて、コードDを発動してるジョエル。ディーヴァごと船を自爆させようって話だけど……どう考えてもおまいらが脱出するよりディーヴァが逃げ出す方が簡単だと思うんだけど。ま、カールがいなけりゃディーヴァだけじゃ空は飛べんだろうけど、せめてそのカールを叩いた後じゃなけりゃ……
 ディーヴァに追われて船倉に閉じ込められた状態のカイとリク。そこに10分後に自爆とのアナウンス。それだけで絶体絶命なのに……
 そこにやってきたディーヴァ。カイを払い飛ばすとまたリクにその毒牙を……どうもディーヴァはリクが小夜のシュヴァリエになってたことは知らなくて、単純に自分のシュヴァリエにしようと思ってたみたいだけど……
 小夜が駆けつけたら、そこにはカイを抱えたディーヴァが。そして傍らに横たわってる結晶化したリク……ま、リクを奪い去るのに失敗したから代わりにカイでも連れて行こうとしたのだけど、カイにはそれほど執着心は無いから小夜が来たらあっさり手放したって感じかな。
 ディーヴァとカールを船倉に閉じ込め、小夜たちと脱出を図るデヴィッド。しかし、そんなことで閉じ込められてるわけはなく、甲板を突き破って現れるディーヴァたち。カールの攻撃でジョエルが傷付き、小夜とハジを残して「赤い盾」は脱出……

 う~ん……リクは最後まで残ってそうな気がしたんだけど、こんなとこで殺されるか。せいぜいディーヴァに連れ去られていくって展開かと思ったんだけどね。むしろカイの方が先にやられそうだったけど、ま、真央との絡みもあるから当分は残るか。
 どっちかというとシュヴァリエになっても超人的な力に目覚めず、戦いに怯えてるリクが、カイの死をきっかけに戦いに身を投じていくとか、そんな方向かと思ってたりもしたんだけど……
 でも、リクが先に死んだから物語的にカイが殺される可能性は半減したかな。最後まで語り部として残りそうになってきたな。

◎ツバサ・クロニクル(第2期)
 (第30話)
 また新しい世界にやってきた一行だけど……今度はのどかな世界みたいね。
 この前の羽根は飼っていた野うさぎについての思い出だったというサクラだけど、相変わらずその野うさぎをくれた小狼のことは思い出せないのね。
 次元の魔女を呼び出し、ホワイトデーのお返しを渡してるサクラ。他の3人にもちゃんと返せって言ってる辺りが侑子の抜け目無いところだけど……
 いきなし羽根を見付けたのはいいけど、それは巨大なドラゴンの角に入ってるって厄介な状況。その羽根を狙ってドラゴンと戦ってる住民たち。サクラを見て「帰ってきてくれたのか」って言ってるけど……おいおい、ここは第26話で来た世界だったってか。
 せっかくサクラのおかげで生き返った連中なのに、新たな神のお告げで次の新月までしか生きられないって話。それを防ぐには羽根を神殿に捧げてサクラに祈らせるしかないって話ね。
 ドラゴンから角を奪い、神殿で祈りを捧げるサクラだけど、一度死んだ命はどの世界でも甦えることは無いという非情なお告げ。サクラの中に返った羽根は、野うさぎが死んだときの思い出。そういえばサクラの父親ってクロウ・リードだったか。
 そして新月の晩に消え去っていく死者たち……空太が生きてると思ってた嵐も実は死者だったとかいうのって唐突な話は完全に蛇足だな。

◎ああっ女神さまっ それぞれの翼
 (第5話)
 スクーターが故障したところを青嶋にナンパされて困ってる女の子を見掛け、スクーターを修理してあげた大滝先輩。その女の子、矢間野里子に一目惚れしてるんだけど……
 ベルちゃんの神通力で福引の1等を当てて遊園地でデートしてる2人。それを見て妨害しようとする青嶋だけど……偉いさんの指示に逆らって動いてるティーカップ。何かと思えば田宮先輩がバイトしてたって話ね。
 里子に招待されて自宅を訪問した大滝先輩だけど、いきなしオヤジに出迎えられて大ピンチ。おまけに青嶋と沙夜子がやってきたと思ったら、このオヤジ、猫実工大の理事長だってかい。で、二人揃って自動車部を廃止して四輪部に一本化する相談に来たって……卑劣な連中ね。
 しかし、里子が料理しかけの鍋に火がついて大騒ぎ。咄嗟に状況を判断して里子を庇ったことで逆に大いに気に入られてるって展開。反対に青嶋は信用を失った感じね。
 着ぐるみ趣味はいいけど、あんまり度を越して押し付けられてもあの寮住まいじゃ置き場所が無くて困るだけだな。
 しかし、今回、授業の終わりの螢一とベルちゃんの会話、同じ話を4回もするんじゃねぇっ!

◎ストロベリー・パニック
 (第7話)
 また天音と光莉の話かい。
 スピカの生徒会長の詩音は天音をエトワール選に出すつもりみたいだけど、副会長の剣城要は自分がエトワール選に出ようと書記の鬼屋敷桃実と画策してるって感じ。で、その策略に利用されたのが光莉って展開だけど……
 天音の壮行セレモニーの前に要に呼び出された光莉。てっきり天音に呼ばれたとばかりに騙されて、要に犯されかけてるとは悲惨。
 夜々に事情を聞いた渚砂と玉青も光莉を探すけど……結局は天音が駆けつけて助けられたってか。しかし、要と桃実はまだ懲りずに光莉を狙ってるみたいだけど……
 それにしても、本当に百合の人を出して来ますか……ま、前に『神無月の巫女』で姫子が千歌音に犯されてるって話もあったけど、さてさて。

◎魔界戦記ディスガイア
 (第5話)
 エトナが隠そうとする自分の手配書を見付けてしまったラハール。自分がじきじきに乗り込んで懸賞金をせしめて、賞金首を掛けた相手をタダじゃ済ませないって言ってるけど、あまり脅えた感じのしないエトナ。
 この手配書、エトナが出したのかと思ってたんだけど、そうじゃないみたいね。エトナはそれを都合よく利用しようとしてるだけか。
 1人砂漠に置き去りにされてるフロン。さすがに「永久に一番下っ端」の家来、存在感が薄いのね。
 で、いきなしラハールを招待して御馳走してるサルディアとかいうねーちゃん。露骨にラハールを騙して賞金狙いってのがミエミエなんだけど、何か凄い力でも持ってるのかと思ったら「かも知れない」……ハッタリかいっ!
 ラハールとエトナを落とし穴に落とし、そこにやってきたフロンに一緒にラハールを倒そうと持ち掛けてるけど、即座に断ってるフロン。天使見習いとしての正義感というよりも、すっかりラハールの従順な家来に成り下がってしまってるって感じだな。
 結局、ラハールの家来にされて手配書を出した張本人のところに案内させられてるけど……
 しかし、今回の中ボス、いったい何しに出てきたんだ?

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第16話)
 釣り船屋を継がなくてはいけないからコメディアンの夢を諦めるという健太。夢は諦めるなと何とか健太を励ます舞と咲だけど、本人が完全に諦めモードで効果なし。ま、健太のことでそれぞれ自分の夢を再確認してる二人だけど……だからっていきなし居残り特訓とか極端すぎ。
 結局、健太が跡継ぎとか言うのは誤解だって話。ま、釣り船屋みたいなあんまし堅実でもない商売、子供に無理やり継がせようなんて普通は思わないわな。

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第2話)
 いきなし工事現場に現れた銀の卵に飲み込まれてる作業員。土砂崩れの現場を探しても卵なんか見付からないから見間違いだろって話になるんだけど、それなら消えた作業員はどうなったんだ?
 空翔ぶ卵を攻撃した北斗。そのまま浮かれて歓迎パーティーに出てくるのはいいけど、その卵に旅客機がぶつかって墜落したから任務態度が疑われて謹慎させられてるとは悲惨ね。
 地上に降りた卵は地底から出現した銀の卵と合体。それはエジプトの古文書に記されたアトランティスを破壊したという超獣カメレキングの卵だって話。
 新型レーザーを開発して卵のうちに倒そうとするTACだけど、カメレキングは孵化してしまい、舌を一転集中攻撃するしかないと出撃した竜隊長も攻撃できずに撃墜……全然役に立ってないね、こいつら。
 北斗と南がオートバイで出撃してるっていうところがTACの珍しいところだけど、そのままジャンプして変身するか? 無意味にバイク壊してるだけって気がしないでもないんだけど……

◎ウルトラマンメビウス
 (第7話)
 GUYSスペーシーが発見した謎の宇宙船。例の敵だか青い巨人だかの宇宙船と見て先制攻撃しろという補佐官だけど、その宇宙船からは宇宙語によるメッセージが。訛りがひどくて自動翻訳機が使えないからってマニュアルで翻訳してるテッペイ……おまいはイデ隊員かい。しかし、バルタン星人以外にも宇宙語の通じる宇宙人がいたのね。しかし、何で(関東人風)関西弁なんだ?
 地球に落下した食糧を探しに来たというファントン星人。思わず平然と翻訳してるミライだけど、それじゃテッペイの立場が……
 シーピン929を発見したものの、謎の女の攻撃で外気にさらされ巨大化。このままだと地球上の水や二酸化炭素を使ってどんどん増殖していってしまうってかい。しかし、ファントン星人の宇宙船は故障で大気圏に入って来れないから、メテオールを使ってシーピン929を宇宙に放り出したところをファントン星人が回収するしかないってか……
 しかし、これ、どこかで見たような作戦だと思ったら『リリカルなのはA's』で暴走した『闇の書』の防御プログラムを抹殺するのに地上の攻撃で動きを封じた上、魔法で宇宙に放り出しアースラの主砲アルカンシェルで消滅させたのと同じ感じだな。
 しかし、シーピンを捕食しようと例の怪獣が出現。ま、何とかメビウスが抑えてるうちにシーピンの回収は成功したけど、青い巨人が現れて捕食獣と戦おうとして町を破壊……やってること怪獣と変わらんな。
 ファントン星人が去り際に残していった情報。青い巨人はツルギで、補食獣ボガールを倒そうとしてるって話。なんかこれまでも宇宙のあちこちで傍迷惑な戦いやってきてたみたいね。

◎仮面ライダーカブト
 (第17話)
 影山に襲われたゴン。土壇場で風間がやってきてどうにか逃げられたけど……
 怯えるゴンに付き添って女子トイレに入ってるところに他の女性がやってきて変質者扱いとは、哀れね。でも、あれで警察には捕まらなかったのか?
 影山に襲われて以来、物音に敏感になってるゴン。失敗続きで風間におもいっきし怒られて追い出されてるとは悲惨ね。
 で、ひよりと一緒に風間に謝りに行こうとしてるけど、それを追っている影山。でもワームが現れて襲撃は失敗。おまけに天道がやってきたらその場を去ってるかい。
 ワームに襲われたショックで記憶喪失が直ったゴンだけど、風間に謝っても記憶が戻ったら家に帰れと言われてるし。風間って最低だな。
 ひよりと一緒に記憶の手がかりを探しにバスに乗ったゴン。かつて両親とバスに乗ってた時にワームに襲われたことを思い出してるけど……そこにやってきた影山に拉致されてるとは悲惨。
 ゴンを人質にカブトを倒すことを脅迫されてる風間……
 しかし、影山ってどんどんどんどん凶悪なキャラになってるな。ゴンを拉致して脅迫なんてシャドウの体調がやるような仕事とは思えんのだけど……何か弱みを握られてるから汚い仕事はどんどん押し付けられてるって感じだな。

◎生物彗星WoO
 (第5話)
 ぼろい身なりを地元の中学生に笑われてるアイ。慌てて近くの水道で服を水洗い、なけなしのお金でコインランドリーの乾燥機を使ってるけど……乾燥機がボロで服が乾かないとは哀れね。
 そのコインランドリーにやってきた怪しげなにーちゃん。何をするかと思えば、機械の下に落ちてる硬貨を掻き集めてるってか。プロだね。で、アイもまねして硬貨を探すけど、残ってるわけないわな。
 昔住んでた荒川区にやってきたアイ。小学校の時アイに助けられたという歩美に出会ってるけど、本人は完全にそんなこと忘れてた感じ。というか、小学生の頃からろくに友達いなかったんじゃないのか?
 食事代代わりに歩美に身の上を話すアイだけど、歩美はWoOさえいなければアイが元通りの生活に戻れると思い、アイを守るという防衛隊の連中の嘘を真に受けてアイの居場所をちくってるとは最悪。
 例によって近付いてくる怪獣。災害マニュアルに乗っ取って避難誘導してる婦警さん、指示に従わない防衛隊のねーちゃんに文句をつけてるけど、そんなこというんなら怪獣に災害マニュアルを教えとけという防衛隊のねーちゃんの言葉の方が正論。怪獣が避難場所を避けて通る保証は無いからねぇ。それでもあくまで災害マニュアル通りに避難誘導を続けようとしてる婦警さんもねぇ……
 しかし、ハイビジョンでこのちゃちな特撮はどうにかならんのか? 円谷プロも『ウルトラマンメビウス』の方が遥かに気合入ってるだろ。ま、あっちには板野一郎がいるからねぇ。攻撃機に対艦ミサイルを装填するとか言ってるのは良いけど、肝心の対艦ミサイルで怪獣と戦ってるシーンが無いってのはどうよ。ま、辛うじて発射シーンだけはあるんだけど、その次のシーンが無いから効果が有ったのか無かったのかさえわからんぞ。おまけに攻撃機がF1……現実じゃほとんどすでに現役引退してる機体だろ。ま、東宝の倉庫辺りでほこりを被ってたミニチュアを流用しただけかもしれんけど……
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.494 (3/4)

2006年07月01日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/05/18~06/05/19

◎ZEGAPAIN -ゼーガペイン-
 (第7話)
 世界の真実を知ってしまってから様子のおかしいソゴル。それを心配するリョーコたちだけど……
 水族館に海パン一丁で来るソゴルもソゴルなら、デートにデジカムと台本と三脚抱えてくるリョーコもリョーコだね。
 オケアノスに転籍してきた傭兵のクリスとアークだけど……アークっていかにも声が久川綾って感じのねーちゃんで、なかなか良いね。でも、なんか病気……というか、バグだかウイルスにやられたのかデータに欠落があるみたいね。

◎砂沙美☆魔法少女クラブ
 (第5話)
 図工の時間、美紗緒の描いてる砂沙美の絵が物凄いね。
 いきなり魔法少女集会で魔女の世界に行くという話だけど、速攻で反対してる砂沙美のお父さん。自分だって魔女の世界の出身なのに……というより、だからこそ反対してるんだろうけど。
 何か普通に電車で出掛けてる一行。田舎に向かってるのは確かだけど。美紗緒の枕はわかるけど、大量のトイレットペーパーを持ち歩いてる司って……ま、確かにトイレットペーパーもピンからキリまであるし、向こうは異世界だからね。
 終点に着いた電車が車庫に入っていくと思ったら、車庫の中がトンネルで魔女界につながってるって話。しかし、異世界に行く列車がだいだい色の103系だか201系の貧相な国電車両というのがあんまし風情が無いね。
 で、魔女界の宿がおもいっきし日本の田舎の民家。畑で植えてるのが喋る野菜ってとこしか魔女の世界らしいところは無いんだけど……しかし、その野菜をそのまま平気でかじってる司って……なんか、男の使用人の前でも平気で着替えられるタイプの人間だな。
 夜中にトイレに起き出した砂沙美。いや、何か怪奇現象でも起こることを期待してたんだけど……森の中に入って行った砂沙美が出会った、木の上でハープを弾いてる謎のねーちゃん……ま、次回の重要人物って感じだね。

◎ポケットモンスター アドバンスジェネレーション
 (第185話)
 ロケット弾のデリバード、久しぶり。ムサシとコジローがいったんクビになって借金が帳消しになったからか? 再入団後も相当に借金を溜め込んでると思うんだけど、その取立てはしなくて良いのか?

◎神様家族(新)
 (第1話)
 夏の真っ盛りにホームルームの議題は「ブルマを廃止するか否か」……いったいどんな学校じゃいっ! しかし、いきなし「絶対反対」を叫んで自分の穿いてるブルマを見せてる男教師、キショ。しかし、そんなことやったらむしろ廃止が決定的になってしまいそうな気がするんだけど……
 そのことで佐間太郎を怒鳴りつけてるテンコ。佐間太郎は神様の息子で、こいつがブルマ廃止反対を考えたから神様が奇跡を起こしてああいう事態になったってか。いや、本人が少し望んだだけで勝手に実現してるって、この神様、過保護過ぎ。わざわざ人間界で修行させてる意味無いと思うぞ。
 家に帰れば家族総出でブルマ姿……オヤジはやめろ、オヤジは。部屋に引きこもりたくなるのも当然だね。
 次の日、クラスに転向してきた小森久美子……謎の転校生ですか。いや、佐間太郎が一目惚れしてるって話だけど、また神様が余計なことするって展開だな。

◎機神咆吼デモンベイン(新)
 (第1話)
 大金持ちらしき覇道瑠璃に本物の魔導書の探索を依頼された私立探偵の大十字九郎。何か魔法を教えてる大学を中退したって経歴なのを見込まれたみたいだけど……
 いきなし現れた怪しげな本屋の店長。九郎が魔導書を探していると知って何か強力そうな魔導書を取り出したけど、九郎はもっと強力な魔導書と出会うことになってると言って売ってくれないって、けちなねーちゃんね。
 いきなし空から降ってきたパンツ……じゃなくて、女の子。何者かに追われてるのはいいけど、九郎も巻き添えってのはお約束。ドクター・ウェストとかいうやつに追い詰められて、いきなし九郎と契約……こいつ、アル・アジフとかいう最強の魔導書、ネクロノミコンのオリジナルだってかい。
 巨大メカまで出して町を破壊しながら追ってくるウェストにデウス・マキナを感知し、それを召喚するアル・アジフだけど……それが覇道瑠璃の祖父が残したというデモンベインだってかい。

 なんか怒涛の展開でよくわからんのだけど、覇道瑠璃が九郎に魔導書探しを依頼したのはデモンペインを動かすためなんだろうけど、それで何をしようとしてるんだ?
 それより女性キャラがゾロゾロしすぎて把握できんのだけど、公式サイトがキャラ紹介の一つも無い糞サイトだからものの役にも立たんのはどうにかしろよ。

◎ザ・サード ~蒼い瞳の少女~
 (第5話)
 ザンカンの砂上戦車から遺品を回収し、墓を作る火乃香。自分の天宙眼のことをイクスに語ってるけど……
 小さな村で天宙眼を持って生まれた火乃香はザ・サードであることが期待されたけど、検査の結果ザ・サードの成り損ないとして戻され、この外観の特異性で村から阻害されることを恐れた両親よってキャラバンに預けられて育てられたって話。
 一方、ザ・サードの偉いさんに火乃香と戦わずに帰還したことを聴かれてるブルーブレイカーだけど、それは浄眼機から火乃香と戦うなって指示を受けてたからって話。ま、浄眼機は火乃香に好意的なんだけど、それはザ・サード全体の意思では無いって話ね。
 砂漠に一晩だけしか咲かないという花を見せに夜中にイクスを連れ出してる火乃香。浄眼機からプロポーズされてるのではというイクスに、浄眼機が欲しいのは自分の蒼い天宙眼の力だと言ってるけど……火乃香の天宙眼は他のザ・サードの能力と違って、気を高めて戦闘力に使えるってかい。ふだんは剣を媒介にしてその力を引き出してるって話ね。

◎Soul Link
 (第7話)
 冒頭の七央のイメージ……ありゃ、露骨に前回のエッチで秀平の子供を身ごもったとかそういう暗示なのか?
 秀平の留守中のリーダー役に選ばれた涼太だけど、新田の反応が無いのが不気味なんだけど……
 秀平からの通信で暴露されるセラリアの陰謀。パニクって隔壁にすがりついたら反対側から爆破されて瀕死の重態の七央、悲惨ね。
 で、襲ってきた連中はスキュラ細胞に犯されていて不死身のゾンビみたいな連中。また隔壁を閉めて凌いだけど、次から次へと破壊されたら限りのある話だからねぇ。
 医務室のベッドで何事も無かったように目覚めてる七央。おいおい、こいつもエッチした時に秀平のスキュラ細胞に感染したって感じだな。前回のエッチってこれの伏線だったのか。
 地下の食糧庫(宇宙ステーションで地下も何も無いだろうに)に言ったら、そこにいたのは犬。いや、それは犬のように見えるけど実は犬じゃないとかいう『物体X』ネタかと思ったけど、そういうわけじゃないのね。おまけに女の子が1人隠れてたし……いや、この状況で今さら話に関係無さそうなキャラを増やしてどうするんだ? いや、実は重大な鍵を握るキャラとかいう可能性も無いとはいえんけど……
 いきなしハマルからやってきてる作業ポット。ま、カレンが乗ってるやつだろうけど……それにしてもハララクス側の動きがわからんね。カレンもゲイルも逃げてる様子だからいつの間にかセラリアに実権を奪われたって感じだけど、いったいいつの間にそういう事態になったんだ?

◎ガラスの艦隊
 (第6話)
 救助した民間船に乗っていたミシェルの兄の話。ま、民間船は偽装で、ヴェッティーがミシェルを拉致するための策略だったのだけど、それはともかく……この兄、全然意味不明。
 事情が描かれてるのでもなければ、本人の感情とか思考とかが描かれてるでも無し。こいつが何を考えてこういうことをやってるのか、視聴者の立場から見てもミシェル本人と同様、全然状況がわからん。
 最後まで能面役者のままで、まるでゾンビか何かのように薄気味悪いまま。最後はクレオと2人、真空に投げ出されそうになって二者択一の状況でミシェルが助けたのはクレオの方だったという後味悪い結末。
 いったい何でこんなもの作ったのかね。もう見ない方が良さそうだな。

◎ケロロ軍曹
 (第110話)
 「V計画」……完璧な侵略計画が出来たときに限ってケロロが謎の病気でダウンってかい。しかし、スターフルーツぐらいで復活するか? 結局は5月病って……別に春に生活環境が変わらない状況じゃ、5月病もクソも無いと思うんだけど……

 どうでもいいけど、スターフルーツってそんなに美味いとは思わないんだけど……
 いつの間にかタイムアップになってる「V計画」。惑星直列って、そりゃいったいいつの時代の話だ? 今はもう惑星直列どころかグランドクロスすら過去の話だろ。
 ケロロ軍曹改めケロロ大元帥……ケロロ将軍よりインフレしてるな。この分だと来年辺りはケロロ大帝になってそうね。

◎アニメ魂
 西の善き魔女 Astrea Testament
 (第7話)
 何か天文台のような場所にいるルーン。天体観測でもしてるのかと思えば、王都では星が見えないからって竜の研究してるとか言ってるけど……
 そこにやってきたフィリエルを見た教授。エディリーンに雰囲気が似てるとか言って驚いてるけど、父親の方を毛嫌いしてたらしく、フィリエルが両親のことを教えてくれと言っても不機嫌そうに去っていくだけ。
 王宮に帰って来たフィリエルを驚かせてるアデイルとマリエ。何かと思えばフィリエルの誕生日だったってか。しかし、パンピーの誕生日プレゼントに自作のヤオイ小説を贈られても困るだけだと思うぞ>アデイル。
 フィリエルがユーシスと婚約してるという噂。いっそのこと本当に婚約したら良いと言うアデイルだけど……フィリエルが第3の女王候補に立候補したら困るから、その芽を摘むために先手を打ってるとかいうんじゃないだろうな。
 舞踏会でフィリエルに近付いてきたリーズ公爵。おいおい、このおっさんエディリーンの弟(ということは女王の息子)だってかい。ま、ここは女王制の国だから男は王家に生まれても王位とは関係無いのだろうけど……だからこそ自分が王位を得るために女王制の転覆を企んでるんだな。
 フィリエルに同じ異端者として自分と結婚し共に反逆を起こそうと迫ってくるリーズ公爵。幸い、リーズ公爵が後ろ盾らしき人物に呼び出されて助かったみたいだけど……そこにやってきたユーシスもフィリエルにプロポーズしてるって……
 深夜、研究所を出てきたルーンを待ってたフィリエル。2人に求婚されたと言ってルーンの気を引き、誕生日プレゼントのキスをねだってるフィリエルだけど……トーラスで教えられたことでも実践してるのか? ま、ルーンには相手にされてないけど。
 そのルーンの前に現れたレアンドラ。何を考えてるのか知らないけど、こいつも懲りないね。

◎シムーン
 (第7話)
 なんか馬鹿にされまくりのコールテンペスト。ま、ドミヌーラもパライエッタもコールテンペストの再建のために頑張ってるけど、肝心のネヴィリルが未だに復活してないんじゃねぇ……
 何か別の地方を担当してる船がやってきて、そこから伝令のシミュラシムーンが出てきたけど、そこに乗ってるシヴュラもコールテンペストを馬鹿にしてるって感じだけど……そのマミーナとユンが新たにコールテンペストに補充されてきたってかい。
 で、マミーナはロードレアモンの家の使用人の娘だったって話だけど、いきなしアーエルを差し置いてレヴィリルの父親がレヴィリルのパルに決めたってかい。
 入浴中のレヴィリルに身も心もパルになろうって迫ってるマミーナだけど、窓から入ってきたアーエルに邪魔されてるとは哀れね。で、プールでアーエルの服を脱がせて墜落死させようとして揉み合いのケンカになるけど、その騒ぎでコールテンペストの解散が言い渡されてるとは最悪ね。
コメント   トラックバック (1)

週刊アニメ定点観察 Vol.494 (2/4)

2006年07月01日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/05/16~06/05/17

◎BLEACH
 (第80話)
 黒崎家にバウント除けの罠を仕掛けてるリリンたち。一護に相手にされなくて、その効果をわからせるためにドールに化けて驚かそうとするけど……速攻で攻撃受けて計画破綻の上に、強化スーツの外部スピーカーも着脱装置も壊れて正体を明かすことも出来ず、逃げ回る羽目になるとは哀れね。
 どうでもいいけど、ルキアの読んでる本って、いったい何なんだ?

◎ひぐらしのなく頃に
 (第7話)
 村長が行方不明になったって話だけど、例の鬼隠しの被害者か? 今年は富竹と鷹野の2人が死んでるってことは鬼隠しも2人って話なんだけど……しかし、行方不明がかわいいから「お持ち帰りぃ」って……<レナ。
 犬と猫の例え話で梨花に話してしまった圭一だけど、詩音からの電話で詩音が村長に打ち明けた直後に村長が行方不明になったって話。梨花のことが気になって電話しても誰も出てこないからレナと魅音と3人で様子を見に行くけど……
 梨花と沙都子は不在で、例によってオヤシロ様が乗り移ったような怖い魅音。そこに他の村人たちがやってきて魅音が正気に戻ったのだけど……
 梨花の家の食事の状況から2人がいなくなったときのことを推理してるレナ。なんか見てきたような感じなんだけど……そこで圭一を待ち構えていた大石。祭具殿に入ったことはわかってるから何を見たか教えろって話なんだけど……
 どうも、祭具殿には圭一は気付かなかったヤバイものが隠してあって、それを見た他の3人は被害に遭ったって話。何か詩音も失踪したって話なんだけど……それに、大石の話した村長の行方不明になるまでの経緯じゃ詩音が打ち明けてる機会なんて無いって話だし……
 しかも、その後に圭一に掛かってきた詩音からの電話……詩音じゃないとすると魅音が詩音の振りしてるって可能性が高いんだけどねぇ。
 詩音が村長に会ったはずが無いと圭一が指摘したら、いきなし笑い出してる電話の声。そしてブチっと切れてるけど……やっぱし魅音っぽいな。しかし、2人死んで4人失踪って計算が合わないんだけど……

◎吉永さん家のガーゴイル
 (第7話)
 外国に出張だと行って出掛けた百式……って要するに泥棒稼業だな。1人で留守番してる梨々に泊まりに来るように言ってる双葉だけど、梨々はあくまで1人で留守番すると意地を張ってる感じ。
 その梨々の前に現れた父親の作ったロボット、デュラハン。自分を連れ戻しに来たのかと警戒する梨々だけど、梨々がいないと寂しいから自分も家出してきたと言ってるのだけど……唐突にそんなこと言われても信用できんわな。
 とりあえず百式が戻るまで様子見ということになったのだけど、家に帰る梨々とデュラハンの前に現れた父親。梨々の反応が消えたのに気付いたガーゴイルと百式が駆け付けると洗脳された梨々とデュラハンが待ち構えてるという凶悪な展開。
 父親を先に叩こうとする百式だけど、錬丹術で自分の五感も強化したという父親の前に苦戦。自分の体も実験材料にしてるとはマッドサイエンティストの鑑だね。しかし、あまりに五感を強化しすぎたから百式の投げたトランプを1枚1枚みんな読取ろうとしてるとは間抜け過ぎ。センサーの感度を強化してもそれを処理するCPUの性能が追いつかないとねぇ。
 梨々を操っていたのは賢者の石のペンダントだって話だけど……おいおい、おまい、前に賢者の石がほしくて百式にガーゴイルを盗ませたんじゃなかったのか?
 ペンダントは猫が外してしまい、梨々は正常に。父親の命令と梨々笑顔を見たいという思いの葛藤で自分を攻撃するデュラハン。何とか梨々を取り戻そうとする父親は撃退できたけど……おいおい、デュラハンに怪盗の手伝いをやらせるなよ>百式。

◎ARIA The NATURAL
 (第7話)
 いつもの合同訓練中にアリア社長がゴンドラでどこかに行くのを見掛けた灯里。追い掛けようとしたらいつもは閉まってる水路が開いていて、アリア社長はそっちに行った模様。入っていこうとする灯里だけど、でっかい危険な感じがするというアリスの言葉でその日は諦めるけど……
 翌日、でっかい反対をするアリスが不在なのをいいことに藍華を説得して水路に入っていく灯里。その進行方向には火星入植時代のものと思われる廃墟の跡。しかし、そこから何度進んで行ってもたどり着くのはいつも同じ場所という堂々巡り。どうもケットシーの幻惑に引っ掛かって迷宮に迷い込んだ感じでもう抜けられないのかと思ったら、いきなし現れたアリア社長が指し示す方向にさっきまでは無かったはずの出口が……
 去り際、灯里が振り返ったら、その廃墟こそが猫たちの集会場で、灯里に会釈して見送ってるケットシーの姿が……
 どうも、灯里に備わってる不思議な物に導かれる力が猫の集会場に引き付けられてたって感じなんだけど、一方で、藍華が一緒にいたから拒絶されてたって感じだな。

 それにしても冒頭でアリスが灯里たちを追い抜いて先にプリマになるとか言ってたけど、はっきり言ってシャレにならない話だね。
 前作の開始時点ですでに2人はシングルだったけど、今はもう1年以上過ぎた夏。火星の1年は地球での約2年にあたるから地球上では3年目も半ばを過ぎた頃って感じ。もちろんシングルになる前にはダブルスの時代もあったわけで、天才と言われるアリスでさえ登場した時点から地球時間で2年は経ってるから、ダブルスの期間は最低でも2年以上は必要ってこと。
 アリスが学校に行きながらオレンジプラネットに行ってるのが特例みたいなところを考えたら、普通は学校を卒業してから入社してダブルスの教習に入るわけなんだけど……シングルは指導教官が一緒じゃないと客を乗せられないということを考えたら、プリマにならないとちゃんと稼げないってこと。
 これ、一般の会社として考えると最短に見積もってもダブルス2年、シングル3年の合計5年間、全然会社の稼ぎに貢献してない社員なんてとてもじゃないけど雇ってられないぞ。ま、プリマにならないと旅客営業が出来ないだけで、貨物等の運搬には問題ないのかもしれないけど、とてもそういう仕事で稼いでるようにも見えないんだけどね。
 オレンジプラネットのような大手なら新人社員を遊ばせておく余裕はあるのかも知れないけど、どうみても2人しか従業員のいないアリアカンパニーじゃ、いくらアリシアの稼ぎが良くても灯里を食わせてる余裕は無いと思うんだけど。
 もっとも、プリマになるまでは無給で、逆に授業料を取って教育してるとかいうのなら話は別だけどね。毎年100人位新人の訓練生を募集するけど、プリマになれるのはそのうち1人か2人だけとか……これじゃそこらの声優学校と一緒だけど。

◎夢使い
 (第6話)
 いきなし九州からやってた三時花。国際空港のロビーを下駄履きで歩いてる塔子も塔子だけど、外国の要人でもあるまいに自家用機で国際空港に乗り入れてる三時花も三時花だな。おまけに執事のおっさんだけ別便で先に空港で待たせてるって……いったいどんな金持ちじゃい。
 てっきり仕事の件で塔子たちの助けを借りに来たと思い込んでる燐子だけど、三時花の態度はそうではない様子。
 はっきりしない三時花に新人研修と称して本家を案内する燐子。夢殿でいきなり三時花に反応してるドリームサイクロンの封印解除装置だけど……これって機械のように見えるけど、実はエロジジイの魂が乗り移ってるとか、そんな感じがするけど……で、処女かどうか確認するとかいう名目であそこを透視してると。で、橘が前に立ったら、見たくないものが見えてしまったので即刻昇天って感じだな。
 そんなドサクサの中、1人行くところがあると飛び出していく三時花。しかし、目的地もわからない上に手掛かりの写真を置き忘れてきてお手上げ状態。ま、燐子が地図を持ってやってきたから助かってるけど……それにしても、ふだんリムジンや自家用機で行き来する生活してるようなねーちゃんが、都会の雑踏の中1人で探しものなんてのは無理だと思うけど。
 時間が無いと急ぐ三時花なのに、タクシー乗ったら首都高で渋滞に巻き込まれ、降りて地上を走ったら最短ルートは工事で通行止め。無理やり素通りしようとして工事のおっちゃんに叱られて追い返されてるぐらいなら最初から迂回路を進んだ方が早かったと思うんだけど……
 急いでる割には途中で和菓子屋に立ち寄ってお菓子を買ってたりするんだけど、ようやく目的地に到着。しかし、そこは何も無い高台の展望台のベランダ。燐子に買ってきたお菓子を差し出す三時花……
 時間が無いって急いでたのは、和菓子屋が夕方に閉まってしまうからってかい。で、何が目的だったかというと、以前、悟とここで一緒にそのお菓子を食べようと約束してたのを果たしに来たってか……でもま、事情を何も説明されてなきゃ燐子が怒るのも当然だとは思うけど……

◎スクールランブル 二学期
 (第7話)
 ハイキングに馬鹿でかい荷物を持ってる播磨。何かと思えば天満と愛理のおにぎり対策だったか。
 いきなし播磨と花井の料理対決。なぜか今鳥も参加してるんだけど……食材を求めて巨大ザリガニと戦ってる播磨に、巨大イノシシと戦ってる花井、寝てる今鳥。レトルトカレーで手抜きしてる今鳥はともかく、少し塩が効きすぎてる播磨と灰汁を取り忘れた花井じゃ、普通に考えたら播磨の勝ちだろ。
 しかし、いきなし沢近家のシェフを連れてくるか?

 スクランキャラのバイト生活……八雲のバニーちゃんって、ま、そんなオチだとは思ったけど……西本の家のレンタルビデオ屋の開かずの扉の向こうにはいったい何があったんだ?
 今鳥にお子様メニューをせがまれて困ってる一条の表情がいいね。
 あんまり客が来ないから暇な古本屋でバイトしてる晶。いや、それだったらそもそもバイト雇うような稼ぎが無いだろ、その店。
 バイト先のアニメ会社で烏丸とは立場の違いを見せられてしまった播磨、哀れ。西本の家の例のものって、ゲイとかホモとかそっち関連のビデオだったみたいね。あれだけサラに痛め付けられてて、結局お子様メニューの景品はきっちり手に入れてる今鳥もある意味根性あるね。
 しかし、一番凄いのは晶の裏家業か。

◎NANA
 (第7話)
 いつの間にか幸子とかいう別の女がいることにされてる章司、いとおかし。
 しかし、部屋からいきなしあんなにーちゃん出て来たらびびるわな。実際はやたら頼りになりそうな弁護士の卵って感じで、奈々に付いて来た淳子たちは速攻で帰るかいっ!
 それにしても外見がしゃれた部屋だからって選んだんだろうけど、いまどき都会でエアコン無しの部屋なんて、相当に大変だと思うぞ。

◎いぬかみっ!
 (第7話)
 温泉街のホテルにやってきた啓太たち。温泉街のあちこちに穴を開ける妖怪を退治してくれって話だけど……それを知らないようこはすっかり温泉旅行気分。そのポーチにいったいどれだけ物が入ってるんだ?……というツッコミはともかく、デートには必要だって書いてあったからって輪ゴムを箱ごと持ってきてるって、そりゃゴム違いだろっ!
 混浴露天風呂ってベタな温泉だけど、そこにいたのがなでしこたち。こっちは休暇で温泉気分とはえらい違いだね。
 例によってようこに服を取り上げられて大騒ぎ。何とかたどりついた部屋には妖怪。そのままの姿で妖怪を追いかけていくのはいいけど……男の裸エプロンはやめろよ。おまけに妖怪に利用されてるとは哀れ。
 結局、その妖怪は昔温泉街の地主だったジジババが財産に執着して妖怪化したものだったって話。穴を開けてたのは埋めてた隠し財産を探してたってか。傍迷惑な話だね。

◎ウィッチブレイド
 (第7話)
 傷の入ったクローンブレイドの暴走でナソエフの研究所を飛び出した栞。強さを求めてようやく日本に帰ってきた雅音に襲い掛かってるけど……
 体力が回復してない雅音にはもう興味が無いって感じで見切り、今度は鷹山に襲い掛かってるけど……犯そうとでもしてるのか?
 しかし、クローンブレイドが完全に壊れ、栞は結晶化して粉々に砕けてしまったって、哀れな結末。クローンブレイドはウィッチブレイドのコピーだから、雅音もいずれああなるかも知れないと言って去っていく玲奈。いや、クローンブレイドが不完全なコピーだとか言う可能性は考えなかったのか?

◎RAY THE ANIMATION
 (第7話)
 自分たちが閉じ込められていた施設の廃墟で篠山にきついことを言った零。そのことで美里に責められてるけど……
 その美里に誘われて大手人工臓器メーカーの令嬢、すみれの誕生パーティーに出席した零だけど……すみれは篠山の幼馴染だってかい。それを知ってた美里……零を刺激するつもりでつれてきたんだろうけど……
 事故か何かで内臓の多くが人工臓器だというすみれ。篠山の作った人工臓器が欲しいからと酒を飲んで重体になるけど……人工臓器ってアルコールに弱いのか?
 零を恋敵だと思って零の手術を拒否しようとするすみれだけど……コーイチのことを思い続けてる零には篠山のことなんて端っから恋愛対象じゃないってか。
 そんな零のところに掛かってきたコーイチからの電話。おいおい、零の携帯番号を知ってるってあたりが露骨に怪しいんだけど……
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.494 (1/4)

2006年07月01日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/05/15~06/05/15

◎蟲師
 (第21話)
 嫁入りのときに花嫁衣装に緑の染みがあると思ったら、最初に生まれた子供は緑の液状の蟲としてこの世に出てきてすぐに床下に消え、1年たって床下から人の姿をした子供が出て来たって話。それ以来、同じような子供が次々に生まれてきたと思ったら、長男に緑色の染みが出てきて弱ってきたってことでギンコが呼ばれたのだけど……
 子供たちの正体は綿餓鬼とかいう蟲。床下に根を張ったのが本体で、子供の姿をしたのは養分を得るための器官ってかい。
 死にそうな長男はもう寿命だから助からない。それより、死ぬときに大量の種を吐き出してしまうからその前に始末しろって言うギンコ。
 それから3ヶ月。残った次男以下にも変化が見え始めたという話。知恵を付け始めた綿餓鬼たちはギンコが来ると知ると自分たちが殺されると気付き、それを知った母親はギンコを包丁で刺してるって展開。なんかいきなし殺伐とした展開だけど……
 でも、ギンコは死ななかったから自分たちの最後を知った綿餓鬼は種だけでも残そうと家に火を放って結末。
 ギンコは綿餓鬼の人間体は別の形に姿を変えて再び人間の形をする時期を待ってると言って夫婦に緑色の結晶を渡してるけど、それは嘘。本当は液状になった綿餓鬼を瓶に詰めて持ち帰ってるってか。しかし、その状態で会話するなよ。

◎Fate/stay night
 (第19話)
 秘剣ツバメ返しを放ったアサシンだけど、セイバーには敗れて、日の出と共に消滅。凛と士郎を追い込んだキャスターの前に立ち向かうセイバーだけど、キャスターの魔法に剣を封じられて有効打を放てない様子。高らかに勝利を宣言してるキャスターだけど……
 いきなし現れたキンキラの男。一撃でキャスターを始末して去って行ってるって、凶悪な強さだな。何か雰囲気がアーチャーに似てるんだけど……そいつは前回の聖杯戦争でセイバーを倒し、そのままこの世界に留まっていたってか。
 前回の聖杯戦争ではセイバーのマスターだった士郎の養父が聖杯を破壊し、そのために町が火に包まれたってか。酷い話ね。
 セイバーの語る衛宮切嗣の姿は士郎の知る養父とはまるで別人って感じ。ま、大河が慕ってたっていうから士郎の知る姿の方が本当なんだろうけど……
 あくまで聖杯を手にしたらアーサー王としての人生をやり直すというセイバーを、この時代に止める方法を言峰に訊く士郎だけど……おいおい、こいつもマスターだという可能性を考えてないのか?

◎ブラック・ジャック21
 (第66話)
 W杯を観戦^h^h^h^h^hシュタインに会いにドイツに来たブラック・ジャックだけどシュタインは会おうともせず、警備員に追い出されようとする始末。それを救ったのはいつぞやのブラッククイーン。BJに助けられて医者としての心構えを教えられたから、海外の病院で修行し直してるってかい。
 ブラッククイーンの担当患者のトリトン。ピアノを弾くことが好きな少年だけど、手が悪くてシュタインの作った万能ロボットアームに付け替えなくてはいけないという話。しかし、この万能ロボットアーム、脳波信号を読み取って本人の思ったとおりに自由に動くと言っていながら一方でプログラムすれば何でも出来るって……それ言ってること矛盾してないか?
 万能ロボットアームだと誰でも同じようにピアノが弾けると聞いたトリトン。それは自分の力で弾くことじゃないと知り、取替えを拒否しようとするトリトンだけど、シュタインはタダで手術してやるのに文句を言うなって態度。
 シュタインの屋敷に忍び込んで話を聞きだそうとするBJだけど、シュタインが口にしたのは本間丈太郎を嘲る言葉だけ。怒ったBJはトリトンの手を手術して直してしまい、シュタインは面目丸潰れ。
 マスコミに叩かれるのを恐れたシュタインはイギリスへ。BJもそれを追っていくのだけど……

◎名探偵コナン
 (第438話)
 これ、父親が釣りに行く偽装をして出掛けてたから手掛かりがたくさんあったんだけど、そんな小細工無かったらどうなってたんだろうね。ま、コナンたちが着いてからすぐに父親も現れたから、ガキが熱中症で死んでるってことは無いだろうけど……
 しかし、結核で3ヶ月入院って……そりゃ軽度の発症なら3ヶ月あれば直るだろうけど、今はあんまり結核って自覚症状ないから割りと重度にならないと入院とかいう事態にならないって気がするんだけど……
 ま、子供がいるから症状が軽くても感染防止のための入院ってのもあるだろうけど、現在は結核の発症者は極めて少ないけど保菌者はそこらにいっぱいいるから、あんまし意味無さそうに思うんだけどね。

◎ひまわりっ!
 (第6話)
 水遁の術の修行に失敗して落ち込むひまわりにあざみが教える伝説の修験者の話。
 ひまわりが教えを乞いに行ったら、今にも死にそうなジジイが酒や肴を要求し、最後に紅葉。しかし、この里には紅葉は無いって話。だからって、周囲の木に火を放って紅葉と思えってヒメジはメチャクチャだけど……
 結局、ハヤトの提案で紙で作った紅葉で誤魔化すことにしたけど……真赤な夕陽を浴びた紙の紅葉は本物の紅葉のようにきれいに映えわたり、ジジイは満足したって話。そして、紙の紅葉を示して忍びの極意をひまわりに語るけど……
 翌日、ひまわりが会いに来たら祠にはとっくに白骨化した修験者の遺体が……紅葉見たさに成仏できず、幽霊となって留まっていたけど、ひまわりのおかげで成仏できたって話かい。

◎涼宮ハルヒの憂鬱
 (第7話)
 試験期間も休みが無いとは、凶悪な集団だな。で、ハルヒが作ったSOS団のエンブレム。サナダムシがくだを巻いてるとはよく言ったものだね。
 トップページしかないSOS団のサイトのトップページにそれを貼り付けと言ってるハルヒだけど……それより他のコンテンツを増やそうという発想は無いのか? しかし、カウンターの9割はハルヒが自分で回してるって……いくらなんでもそりゃ虚しすぎるだろ。
 いきなしSOS団に彼氏が行方不明になったという女生徒の依頼。その彼氏というのがコンピ研の部長で、まず部屋を捜索に行ったのだけど……『電卓男』とか『失踪日記改』とか『明日へのピンポンダッシュ』とか、いったいどんな読書趣味をしてるんだ?
 冷蔵庫で見付けた賞味期限が3日前のワラビ餅を無理やりみくるに食わせてるハルヒって……
 その部屋で時空の異常を感知した長門と古泉。ハルヒが帰った後で確かめに戻ってるけど……いきなし砂漠のど真ん中。出現する巨大カマドウマ。
 486ペタバイトの驚異の情報量を誇るエンブレムに、それを媒介して目覚めてしまった一種の情報統合思念体……あの落書きのどこにそんな情報量が圧縮されてるんだか、というか、そんなに圧縮できる手段が解析できたらノーベル賞どころの話じゃないだろうね。
 しかし、いきなしアクセスカウントが3万超えて変だとは思わないのか?<ハルヒ。

◎Angel Heart
 (第31話)
 香の姉の早百合がニューヨークに帰る日の話だけど、実のところ、香がリョウと槇村がシティーハンターをやってることに気付いた話と、リョウが香にプロポーズした話の回想話。
 はっきり言って当人たちには何の関係も無い話が延々と続いてるのだけど、要するに香はこの新宿という街にいて幸せだったと早百合に感じさせてるって話ね。
 しかし、お約束とはいえ、やたら笑えるプロポーズだな。
 海坊主がリョウが本当なら新宿でくすぶってるような人間じゃないってことで、李謙徳に組織の会社を任せようとか言われてたことを持ち出してるけど……なんかおもいっきし蛇足だね。この作品、何かにつけ物語に台湾マフィアが絡み過ぎてちょっとうざいね。

◎ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
 (第7話)
 早口言葉で活舌を披露してる祐理花……しかし、落合祐里香ってこんなに活舌良かったのか? ここだけリテイク数十回とかだったら笑えるぞ。
 全然出来ない桃子の練習に付き合いに来てアタリの部屋を覗いてるけど……アタリがアニメーターとしてデビューしたってか。でも、動画だろ。
 幼馴染のアタリにプロデビューの先を越されて焦ってる祐理花。ラムダの新人を引き抜きにきた黒岩に人違いされたのをきっかけに、その事務所で声優デビューすることに決めたのはいいけど……
 その黒岩は業界でも有名な悪徳ゴロだと言う大門の言葉を聞き、祐理花を見掛けたというアタリに居場所を聞いて駆け付ける桃子だけど……祐理花は水着撮影されてる上に今度は無理やり脱がされようとしてるって悲惨ね。いや、自分からのこのこ付いていって契約書にサインしてるんだから、それくらいは勉強料と思って観念しろよ。
 しかし、地震並みの振動って……相変わらず常識はずれの桃子の大声だな。大門もけっこう怖いのね。ま、声が三石だから迫力あるけど。

◎桜蘭高校ホスト部
 (第5話)
 客の女の子相手にどっちがどっちか当てるゲームをしてる双子の光と馨。それを簡単に言い当ててるハルヒ。何気に光の方が1割ほど悪意があると言ったばかりに、それがきっかけで双子の仲が険悪化することに……
 どうでもいいけど、こいつらクラスではハルヒの両隣を押さえてるのか。なんかがっちりガードして他の連中には手出しできなくしてるって感じだな。
 双子が心配で学食に弁当持参でやってきたハルヒだけど……学食の定食メニューでもレストラン並みの料理かい。選んだ料理が嫌いなのばかりになったって弁当と交換させられてるハルヒだけど……何か食ったことも無い高級料理って感じだね。
 それにしても、ハルヒの手作り弁当をいかにも欲しそうにしてるのに貰えない須王、いとおかし。
 違う色に髪の毛を染めてますますエスカレートしてる双子のケンカにホスト部の面々もお手上げ状態。ハニー先輩でも刺々しい空気を変えられないから相当なものだね。
 ……とか思ってたら、「そんなにケンカしてたら、うちには来るな」って言った途端、それじゃケンカしないなら行っても良いのだと、たちまちケンカ終了。おいおい、ハルヒから家に行っても良いって言質とるために芝居でケンカしてたってかい。

◎うたわれるもの
 (第7話)
 無抵抗な人質を殺そうとしてたところをハクオロたちに攻め込まれ、最後は部下の兵士に逃げられて自分が捕虜になったヌアンギ。幼馴染のエルルゥのおかげで釈放してもらってるけど……
 そしてインカラの皇都に攻め込むハクオロたち。さすがにそれなりの防御施設を持った城砦になってるけど、守ってるのが指揮官のいない雑魚の兵士ばかりじゃ、そりゃろくに守れもしないわな。
 で、たちまち城内に攻め込んだハクオロだけど、牢を破ったベナウィに立ちはだかれてるけど……ハクオロを手下に任せて何をするのかと思ったら、インカラに切腹を進言。しかし、それが受け入れられないとなると自分の手でインカラを切り、ハクオロに戦争の終結を伝え、自刃……と思ったら、ハクオロに押し止められてるか。
 新たな国の誕生を伝え聞いてる翼人の国。国の名はトゥスクルって……ババアの名前を持ってきたか。で、使者に志願してる皇女のウルトリィだけど……
 しかし、獣耳の連中の次はいきなし翼人の国ってか。
コメント (1)