電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.502 (4/4)

2006年10月23日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/15~06/07/16

◎彩雲国物語
 (第15話)
 相変わらず厠掃除がばかりの秀麗。さすがに吏部尚書が動き出して劉輝を叩きつけ始めてるけど……
 しかし、そんな養父の様子を見て寂しげな絳攸。養父は自分よりも兄やその娘である秀麗の方が大事だってか。で、いまだに紅姓が許されてないことを人事係のおっさんに指摘されてるんだけど……
 それにしても絳攸は自分が吏部尚書の養子であることを秀麗たちには隠してるのか。ま、養父が養父なら養子も養子だね。
 飲んだくれて荒れてる絳攸。楸瑛相手ならともかく、静蘭や劉輝にまで絡んでるとは、素面になったら冷や汗ものだな。おや、絳攸が吏部尚書に拾われたのって、邵可が静蘭を拾ったマネをしただけってか。酷い話ね。
 静蘭の願いで絳攸を招いた邵可。吏部尚書は昔からスモモが好きだったから、絳攸に李という姓を与え、あえて自由でいてほしいから紅の姓は与えなかったってか。

◎おとぎ銃士 赤ずきん
 (第3話)
 草太の家に結界が張られていないから敵から丸見えだと赤ずきんを責める白雪姫。反論しようとする赤ずきんだけど、見事に玉砕。ファンダヴェーレでは口喧嘩で白雪姫に勝てる者はいないってかい。その白雪姫を言い負かして草太を学校に連れて行くりんご。口ではこいつが最強かい。
 なぜかいきなし転校生の静森えりか……はいいけど、学校をうろつきまくって一瞬で学園七不思議を作り上げてる赤ずきん。草太といるところをナイトメアリアンに襲われ、赤ずきんに助けてもらったえりか。赤ずきんが三銃士だと知ってる辺りが異様に胡散臭いんだけど……

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
 (第16話)
 親友と思っていたダリオに王子の座を追われたトーマの話。ダリオ役のシェードが迫真なだけにトーマも現実とごっちゃになってる感じだけど……シェードってきついから、こういう悪役は似合いすぎるからねぇ。それと対称なのがブライトだけど……
 出番の少ない端役に文句を言うエリザベータだけど、それを上手く煽てて持ち上げてるシフォンと晴雨姉妹って……
 しかし、一番のネックは晴雨姉妹の大根芝居ってか。
 いよいよ本番。レモンがアドリブでギャグ入れまくってるってのはお約束の展開だけど、コウモリで楽屋をふさいで一人芝居を始めてるトーマ。しかし、魔法が使えないままコウモリの妨害を破ってやってきた晴雨姉妹や他のふしぎ星の連中に、自分の意思を取り戻すトーマ。
 結局、正気を取り戻して穏やかになったトーマだけど、何者に操られてたかは記憶に無いって話。そして晴雨姉妹が演じてた村娘のいる村に帰って、そこからやり直すと学園を去っていくけど……再登場の出番はあるのか?

◎BLOOD+
 (第40話)
 ディーヴァに血を吸われて恍惚状態のネイサン。一方、小夜はもっぱら献血で飢えを凌いでるって感じだけど……
 ディーヴァの前に現れたソロモン。小夜との共存を進言するけど……こいつ、シュヴァリエになったのって第1次大戦の頃って、割と最近なのね。アンシェルとは結局は実の兄弟じゃ無かったのか。
 結局、裏切り者としてディーヴァに追放されたソロモン。だからってディーヴァの血で不死になってるからディーヴァやそのシュヴァリエじゃ倒せないってか。皮肉だね。
 おや、ジェイムズって生きてたのか……。ギリギリのところでネイサンが助け出したって感じみたいだけど。
 ひたすら寝てる小夜。戦士の休息なら良いんだけど、生命力が低下して眠ってるとかじゃシャレにならんのだけど……

◎ツバサ・クロニクル(第2期)
 (第38話)
 サクラに返そうとした羽根を通り掛ったトラックに持って行かれてるモコナ。マヌケね。そこを通り掛ったバスが止まったと思ったら、中から現れた譲刃が自分を助けると思って乗ってくれって……
 そのバスにはプリメーラとか笙悟とかチャンアンとか日比谷さんが乗ってるんだけど、チャンアンと会話が噛み合わないから
 しかし、譲刃の声が千葉千恵巳ってのはやめてほしいなぁ。
 で、チャンアンの話相手をさせられてる黒鋼……ご苦労さんね。何か物思いにふけってる日比谷さんに、訳ありで追われてるみたいなプリメーラたち。なんか裏がありそうな乗客ばかりだな。
 トラックが休憩所に止まって追い着くチャンスかと思ったら、バスの前で事故が起こって停止。走って追いかける小狼だけど、トラックに取り付くも、障害物にぶつかって転落して失敗とは悲惨。それを見て自分たちも協力しようという譲刃だけど、他の乗客たちは拒否。冷たい連中ね。
 夜間走行は法律で禁止されてるからと停止してるバス。そこを襲ってきたロードギャング。最新式のガードシステムがあるから大丈夫だと言ってる日比谷さんだけど、速攻でチャフによってガードシステムが無効化されてるとは悲惨ね。

◎ああっ女神さまっ それぞれの翼
 (第13話)
 ベルちゃんが自転車に乗ってる姿に憧れてるスクルドだけど、当人はまだ自転車に乗れないって話。ま、天界に自転車なんぞ無いだろうし、女神には無用なものなんだろうけどね。でも、ベルちゃんがとくに練習してたって話は知らないし、ウルドも乗れて当然って態度だから、女神も自転車に乗るのか?
 ウルドに挑発されて必死で練習を始めるスクルドだけど、すぐに機械に頼ろうとしてるのがスクルドらしいところ。だからといって、その機械で成功するってわけでもないんだけどね。しかし、そりゃ完全電動自転車なら免許が無いと公道走れんけど……これの原作当時ってまだ電動アシスト自転車って無かったのか。
 挫折して河原でふてくされてるところで、川村仙太郎という男の子と出会ったスクルド。土手から転落したところを仙太郎よりも自転車を気遣ってるって辺りがスクルドらしいところ。自転車が嫌いだとかなんだとか言いながら、きっちり整備してやってるというのがねぇ……
 スクルドも変にチューンナップとか意識しなかったら、ちゃんと使えるようにメカを整備できるのね。
 で、仙太郎の協力で何とか自転車に乗れるようになったスクルドだけど、さて……

◎ストロベリー・パニック
 (第15話)
 三校合同の文化祭はいいけど、なんで三校の演劇部に混じっていちご舎が演劇に参加するんだ?
 しかし、いちご舎の出し物って、三校の生徒会が協議して企画決めて、主演がエトワールって……単に寮の出し物ってわけじゃないのか。学校単位でなく、三校の生徒を集めて出すってことに意味があるのね。
 で、千華留の提案を元に静馬と天音を主演に『カルメン』をやろうと仕切ってる詩音だけど、同じスピカの要と桃実に非難されてるって、悲惨ね。何かもうスピカのお家騒動って露骨に顕在化してきてるって感じだね。
「カルメンって何?」
 おや、この『カルメン』って玉青の出した企画だったってか。で、演出担当の深雪に脚本まで依頼されてるけど……夜中にお菓子を持ってやってきてる詩音。玉青に圧力掛けて、静馬と天音を意識した脚本を書けってか?
 しかし、その天音は演劇なんか出たくないってところ。一方、第3の主役候補の千華留は持ち前のコスプレ趣味でもっぱら衣装担当に張り切ってるけど……
 そして出来上がった玉青の脚本。それを元にキャスティングを決めてる深雪。カルメン役が千華留で、ドン・ホセ役が静馬。で、なんか悪役らしきところに要や桃実を入れてる感じがなかなか。天音もちゃんと配役に入れられてるけど……
 カルメン役が静馬でホセ役は天音という目論見が壊されてなんか屈辱そうな詩音。他の連中も意外そうって感じだけど……千華留は衣装担当さえやれたら後はどうでもいいって話ね。
 なんかこれで急速にスピカ生徒会長としての権威が失墜した感じだな<詩音。後は要と桃実の思惑通りって感じで、とても嫌な感じがするけど……
 おや、『カルメン』って高等部の出し物で、中等部は中等部で他にやるのか。しかし、仕切り役の夜々が大変そうだね。それにしても、籠女に指相撲で負けてロミオ役を取られてるって……
 ミアトルは裏方担当だからって配役から外されてる千代ちゃん、かわいそう。
 夜、夜々が部屋に一人で寂しそう……と思ったら、光莉が天音の手伝いに出て行ったって話ね。一方、静馬の練習相手にカルメンのセリフを読んでる渚砂。ああ、これって千華留が出られなくなって代わりに渚砂がカルメン役で出るって展開か?

◎XXXHOLiC
 (第13話)
 美術の授業はいいけど、野外で自画像描けって、どんな授業じゃい。
 なぜか百目鬼の弁当を作らされてる四月一日。おや、そういう関係だったのか……はどうでもいいけど、そこを通り掛った四月一日にしか見えない翼を生やしたねーちゃん。彼女が落としたと思しき羽根を持ち帰った四月一日だけど、それを見たとたんに燃やしてる侑子。何かヤバイものらしいね。
 翼が大きくなるとともにどんどん怒りっぽくなってくるねーちゃん。祭でトラブルを起こした後を追い掛けて来た四月一日にカッターナイフで切り掛かろうとしてるけど……
 大きくなった翼が体を離れて飛び、今度は四月一日に襲い掛かってきてるって展開。ま、管狐が食ったおかげで四月一日は助かってるけど……
 世間との折り合いをつけるのが嫌になった相手に犠牲するアヤカシだと言ってる侑子だけど、それじゃ四月一日が襲われたことと整合性がつかないんだけど……四月一日は無条件にアヤカシに襲われやすい体質って話か?

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第23話)
 意外とあっけなくプリキュアに言い包められてる満と薫。しかし、そこに現れたゴーヤーンの手でプリキュアもろともダークホールへ。で、早くもアクダイカーンとご対面。しかし、マンガのような悪役キャラだね。
 プリキュアを圧倒しながら「力を半分も出していない」とのたまうアクダイカーン。普通なら10分の1も出していないと言いそうなところなのに、謙虚なことで。
 満と薫は自分が生み出したから自分の理想だけ追求してれば良いと言ってるけど……どう見てもアクダイカーンが作ったんじゃなくて、空の泉の元々の住民だったのを記憶を封じて手下にしてるとしか思えないんだけど……
 アクダイカーンにトドメを刺されるプリキュアを庇い、空の泉を託して散っていく満と薫……こんなとこで退場か? ま、2人が本当は空の泉のプリキュアで、次回出てくる2匹が2人にとってのチョッピとフラッピに相当するキャラだとしたら、そのうち復活して一緒にアクダイカーンと戦うって展開になるんだろうけど……(ま、やられるとこが明確に映ってたわけじゃないから再び洗脳されてアクダイカーンの手下としてすぐにでも出てくるのかもしれないけどね)

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第10話)
 雑踏の中で郷を見掛けたとルミ子に言ってる次郎……おいおい、露骨に前の番組のキャラを出してくるか。
 超獣出現に、こんな時に郷がいればと言ってるけど、おまいはエースの存在を知らないのか? とりあえずTACのことは知ってるみたいだけど。
 超獣の前に取り残された次郎たちを守ろうとする北斗だけど、その前に現れた郷。ウルトラレーザーとかいう怪しげな武器で超獣を一撃してるけど……おいおい、郷に武器が開発できるなんて設定は無かったと思うんだけど……
 MATの資料ではゼットン戦で戦死したことになってるという美川。ま、確かに公式では死んだことになってて、その後で次郎たちの前にだけ現れて去っていったけど……
 超獣出現に病室に取り残された次郎たちを助けにやって来た北斗を攻撃する郷。ヤプールの使いのアンチラ星人って……ようするにヤプールに侵略されて扱き使われてる下っ端の宇宙人ね。俺の正体を知るものは許さないって、こんなとこで自分から正体を明かしてるところがマヌケ過ぎ。もうちょっと慎重にやってたら計画は成功しただろうに。
 最後は巨大化するのかと思ったら、単にビルを飛び移ってるだけ。夕子の持ってるバズーカであっけなく倒されてるとはマヌケ過ぎ。ま、所詮はヤプールの下っ端の宇宙人だからねぇ。
 おいおい、またウルトラ5つの誓いかい。ま、どこぞの番組みたいにいい歳した大人が叫んでるよりはマシだろうけど……

◎ウルトラマンメビウス
 (第15話)
 GUYS SPACYが撃破した怪獣の断片が地上に落ちたからって調査に向かおうとするクルーGUYSだけど、整備長のストップが掛かって出撃できないとはマヌケ。補佐官が整備長を抑えてる間に出撃するのはいいけど、いったいどういう組織構造なんだ?
 それでもマニューバモードは使うなといわれてるのに使おうとしたばかりに怪獣にやられそうになってるアイハラ。絶体絶命の危機を救ったのはヒカリだけどね。
 しかし、なんかもう体力の限界のようなヒカリ。そこにやってきて、もう光の国へ帰れというゾフィー。しかし、地球に怪獣が来襲し続けてる限り帰れないというヒカリに「君も弟たちと同じだな」というゾフィー。これって変身できなくなって地球に留まっている劇場版のウルトラマン、セブン、ジャック、エースの伏線か?
 機体を傷つけて帰ってきた一同に嫌味を言う整備長。昔はメテオールみたいな得体の知れないものに頼らなくても戦えたと言ってるけど、「だから墜落ばっかしてたんだろ」と反論してるアイハラ。そういえば確かにそうだけど……最近は機体単価が高いから、そうやすやすと墜落させられないって事情もあるんだろうねぇ。
 整備士になって最初に手掛けたのがジェットビートルだという整備長。あんさん科特隊にいたのか? で、ウルトラホークにマットアロー、タックファルコン、ZATコンドル、(UGM)スカイハイヤー……何かMAC以外の歴代防衛組織を転々としてたのか、このおっさん。まぁ全滅したMACにはいなくて良かったね。
 みんな昔の期待はぽろぽろ墜落したけど、パイロットはみんな元気で帰ってきたって……それがこのおっさんの誇りだったのか。機体よりもパイロットの命を優先して整備してるって話ね。
 ミライを連れてニューヨークに飛んでるおっさん。一方、自分たちでガンフェニックスを整備して出撃するアイハラだけど……素人整備じゃマニューバモードは使えないってか。そこにやってきた最新鋭機ガンブースター……はいいけど、ガンフェニックスからコックピットユニットだけ空中分離してガンブースターに合体させるって……なんかメチャクチャな運用だな。

◎仮面ライダーカブト
 (第24話)
 天道との勝負を中断させたじいやを自分に逆らったといってクビにしてる神代。自分の身の程をわきまえないアホを主人に持つと悲惨だね。
 天道の屋台に対抗して300円の超豪華ラーメンを始めてる神代だけど、その店の資金、いったいどこから出してるんだ? シェフの人件費だけでも相当な出費だろうに、これじゃ屋台で儲けたところで焼け石に水にもならないな。
 ひよりに代わって渋谷に行こうとしてる加賀美だけど、それを引き止める天道。いったい渋谷には何があるんだ? ま、どう考えてもワームの巣窟には間違いないだろうけど……
 ひとりで渋谷に向かったひよりを追う加賀美。しかし、渋谷の入口にはシャドウが待ち伏せ。しかし、影山じゃ加賀美は抑えられないだろ。その隙に現れてひよりを連れて中に入っていこうとする天道。相変わらずおいしいとこは取っていくやつだな。
 なおも追ってくる影山の前に立ちはだかる神代。借りは返すのはいいけど、ノブレス・オブリージュとは違うと思うぞ。
 何か地下のようなところに入っていくひよりたち。ハッチのようなドアを開けた天道……いったい何を見たんだ?

◎生物彗星WoO
 (第11話)
 HDDが壊れて見れなくなったけど、確か総集編だったはずだからどうでもいいや。
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.502 (3/4)

2006年10月23日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/12~06/07/14

◎いぬかみっ!
 (第15話)
 冒頭、なんでようこが天地開闢医局に私生活の手紙を書いてるのか不明。いつの間にか居ついてる河童も謎。
 3年前に啓太に助けられたというタヌキが恩返しに惚れ薬を持ってきたという話。そこからどうなるかというのはお約束のパターンだけど……老婆やマッチョに効いてしまうというのが哀れ。
 なでしこに使おうとして、せんだんと双子とともはねに効いてしまってるって話だけど、ともはねは最初から啓太に懐いてるって気が……それを言えば、そもそもなでしこにも使う必要なんか無いんだけどね。ここのポイントはやっぱしせんだんだな。惚れ薬の効果でもなけりゃ啓太にはなびかないからね。
 ようこに追い詰められた啓太。世界中の女は全部自分のものだとばかりに一気に残りの惚れ薬を貪ってるけど……ブスとか老婆とか動物の雌はともかく、すぐそばの周囲の男は全然反応してないのにマッチョの軍団が殺到していてるのはなんとも。しかし、一番そばにいたようこに全然聞いてなかったというのが……いや、効いた上で嫉妬してたって話もあるけど。

◎ウィッチブレイド
 (第15話)
 自分の遺伝子提供者だと教えられた玲奈のところに行って甘えようとしてるまりあだけど、そこには玲奈と仲良く暮らす梨穂子の姿が。たちまちぶち切れたまりあに危険を感じた玲奈は梨穂子を連れて逃げるけど……車がぬかるみに捕まって追い着かれてしまうとは哀れね。
 まりあを阻止しに梨穂子を残して向かっていく玲奈だけど、まりあの気を感じたエクスコンがぞろぞろ集まってくる羽目に。梨穂子は斗沢に助けられてるけど、玲奈の方は新型ネオジーン相手に勝ち目なし。おまけに結晶化が進展してるって始末。
 あくまで梨穂子を殺そうとするまりあの油断を突いた玲奈だけど、それが精一杯。そこにやって来たナソエフの回収班はまりあだけ回収して玲奈は手遅れとばかりに見捨ててるってか。
 梨穂子のところに現れた雅音。描写は無いんだけど、エクスコンはみんな始末したってところか。しかし、最後に玲奈から雅音に梨穂子を委ねるのかと思ったんだけど、この2人は遭遇しないのね。
 代わりに玲奈を看取ったのは鷹山。ま、こっちの方がドラマとしてはそれっぽく見えるのは確かだけど……やっぱし、玲奈には直接、雅音に梨穂子を返してほしかったね。
 しかし、玲奈ってもうちょっとナソエフで重要な役割のキャラかと思ってたんだけど、所詮、ネオジーンは使い捨ての駒に過ぎないって話か。

◎ZEGAPAIN -ゼーガペイン-
 (第15話)
 データレベルで謎の異変が起きてる舞浜。世界に違和感を感じて電車に乗るミズサワ先生だけど、当然ながら舞浜から出られるわけは無く……それよりも学校から出られないというクラシゲ先生の方が謎だけど、要するに学校にいるキャラとしか設定されてないんだな。そしてミズキとのデートにデジャブーを感じるウシオ……
 リョーコの再生は後回しでアンチゼーガ対策を優先させる生徒会長。ま、リョーコが戻ってきても前と同じ状況じゃ意味無いからね。しかし、いくらゼーガの技術が画期的でも技術革新のペースはガルズオルムの方が早いんなら、いずれ追い着かれるのはわかってただろうに。
 風景が壊れ始めてる舞浜。サーバーの処理能力が限界に来て、時間のリセットが近付いてるってか。トミガイとハヤセはそれに気付いてるみたいだけど……
 すでにソゴルは100回以上リセットを経験してるというシズノ。5ヶ月を100回ということは42年ぐらいだけど、人類が滅亡してからもう42年も経ってるってか? いや、舞浜サーバーの中の時間の速度が現実世界と同じ速度とは限らないけど……

◎砂沙美☆魔法少女クラブ(終)
 (第13話)
 逃げた魎皇鬼のたどり着いた先は学校。いつもの秘密の地下室にたどり着いたと思ったら、いきなし壁をぶち破った先が魔女界って……ま、見るからにドアって雰囲気だから、最初からそこに出入り口があったんだけど、何かの事情で塞いであったって感じだな。しかし、あえて塞いであったのを開けてしまって良いのか?
 団体競技で人数が足りずに失格寸前だったところにたどり着いた砂沙美と美紗緒。何とか首の皮1枚つながったってところだけど……
 魔女界に来ていた砂沙美の父親を問い詰める鷲羽。人間界に急に魔法少女たちが現れたのは何者かが魔女の大釜をひっくり返したからだと言って、そのまま姿を消してる父親だけど……

 ……おいおい、こんなところでいきなしレコーダーのHDDが壊れるか? 7月以降の録画内容が全滅してしまって何も見れなくなってしまった…… (;_;)
 とりあえず、今回分はこれの残りと『ザ・サード』と『ゼロの使い魔』だけなんだけど……
 ま、ここにあったのは基本的に見るためのワークみたいなもので、ほとんどの番組は他にバックアップがあることはあるんだけど、全部自宅にあるから週末になるまでどうしようもない…… (;_;)

(76時間後、復活)

 花を咲かせる競技で見事にバラバラな変な花を咲かせてる砂沙美たち鷲羽チーム。そこにアミちゃんの声が聞こえてきて、みんなで手を繋ぐことを思いついてるけど……いまどき小学生でも友達と手を繋ぐことは無いのか……
 で、まともな花が咲いてるけど、なんか侘しいね。
 大会が終わってアミに会いに森にやってきた砂沙美だけど、歌はするけど姿は見えず。声だけ掛けて去っていく砂沙美だけど……なんかアミは拘束されてて砂沙美の前に出て行けないみたいね。
 ま、魔法少女クラブの団結が出来たのは良いけど、何か謎だけ残して終わってるな。

◎神様家族
 (第8話)
 謎のチアガール姿のママ、姉、妹……それぞれ「V」「L」「E」で残る「O」はテンコかと思ったら、パパだったというベタなオチ。
 中村タカシとかいうやつからラブレターを受け取ったテンコ。どうでもいいけど、せめて封ぐらいは開けてやれよ。
 テンコに役目が終わったからもう帰れという謎の声。どうでもいいけど、テンコって誰の指示で佐間太郎のところに来てるんだ? 監視役ってことは神様に言われたってわけでは無さそうだな。天使長とか天使の社会の上司にでも命じられたのか? でも、自分の上司なら声を聞いて分からないわけはないだろうに。
 いきなし戻って来た久美子。なんかやけに佐間太郎に積極的になってるけど……向こうから付き合ってくれって言うか?
 どうでもいいけど、メメにまでテンコを抱けって言われてる佐間太郎って……(さすがに美佐みたいに押し倒せとまでは言ってないけど)

◎ザ・サード ~蒼い瞳の少女~
 (第11話)
 兵器による一方的な集中攻撃を受ける少年。それが最終戦争時のグレイブストーンだってか。
 グレイブストーンによる変異を目視した火乃香たち。危険だから引き返そうというパイフウを無視して先に進む火乃香。いきなしドームが大きくなって火乃香たちも巻き込まれてるけど……
 戦場の光景を見てるパイフウ。そこにやってきたボギーはレーダーとモニターで映ってるものが違うと言ってるけど……火乃香が幻を切ってその光景は消えてるけど、その代わりに衰弱して倒れてる火乃香。
 イクスはそれがグレイブストーンが見せた自分の受けた攻撃の光景だと言ってるけど……
 どうも火乃香の天宙眼がグレイブストーンと反応してるみたいね。そして忽然と姿を消してる火乃香とイクス。取り残されてるパイフウがマヌケね。元殺し屋とか言っても所詮はタダの人間か。
 おや、グレイブストーンってイクスが地球にやってきた時の影響で目覚めたってか。しかし、イクスに悪意は無いと知っても目覚めたからには世界への復讐をするってのが凶悪だね。
 その間にも着々と発射が迫ってるワームホールドライバー。パイフウの前にはかつてのグレイブストーン自身の姿が現れて死を宣告。そして火乃香の前には火乃香自身の姿が現れてるけど……
 ま、どっちもグレイブストーンがやってることだろうけど、どうせ殺すんならそんな回りくどい手段をとらなくても良いだろうに。


◎ケロロ軍曹
 (第118話)
 夏美を怖がらせようと学校で何か企んでるケロロたちに借り出された幽霊ちゃん。朝になって登校して来た五月とぶつかり、憑依してしまったけど……
 そのまま普通の学校生活の話かと思えば、いきなりB組との水泳対決。強敵、夏美のライバル・芋碁理絵。
 いきなり忍者道具持ち込んでる小雪。いや、普通に泳いでリードしてるところを見たら本人も意識してわざとボケてるって感じが強いね。きっと夏美にツッコんで欲しかったんだな。
 水泳の苦手な幽霊ちゃん。速攻でプールの底に沈んでるのはお約束だけど……おいおい、とても学校のプールとは思えん深さだな。なぜケロロを見て奮起しただけで泳げるようになったのかは知らないけど……きっと五月の体が無意識に反応して泳いでるんだな。
 アンカー対決、夏美VS理絵。超人的なジェットターンで夏美を大きく引き離す理絵だけど……宙を舞う夏美のトビウオターンによって大逆転。しかし、空を飛ぶのって反則じゃないのか?
 それにしても、スク水は良いね。^_^;

 65535種類の調味料を使ったカレーって……そりゃ使いすぎだろ。しかし、やけに馴染みの深い数字……ケロン人の脳味噌って16bitの演算処理能力しかなくて、数えられる限界がその数字だったって話か。
 夏美に貶されたカレーだけど、翌日開店した店は大繁盛。何かと思えば、夜中にクルルが手を加えてたって話。カレーに愛情って、そりゃ昔、どこかのカレーのCMで榊原郁江が入れてた気がするけど……要するに手間隙掛けろって話ね。
 しかし、カレー好きは良いけど、どう見ても両生類で皮膚呼吸してそうなケロン人がカレーの風呂になんか入ったら大変だと思うけど……

◎シムーン
 (第15話)
 ドミヌーラが倒れたとたんに仕切り始めてるパライエッタ。敵機接近に出撃しようというアーエルがパライエッタに反対されてすごすご引き下がってるのを見て不満げなフロエだけど……
 不機嫌なネヴィリルに謝ろうとするアーエルだけど、理由も無いのに謝るなと余計に不機嫌にさせてる様子。ネヴィリルもアムリアと同様、自分を踏み台にしてるだけだということに気付かされたってことをパライエッタに語ってるけど……
 薄暗い部屋で幼児退行化してるようなドミヌーラ。リモネにコールデクストラに選ばれた時のことを語ってるけど……
 一方、自分がネヴィリルを守れないことに挫折を感じてるようなパライエッタ。アーエルにだけ露骨にきつい態度なのが何とも。
 復活したと思ったら、食堂で貪り食ってるドミヌーラ。自分が負ってきた物とかみんな、なんか吹っ切れたって感じだね。そのドミヌーラに助言を求めようとして拒否されてるパライエッタが哀れね。
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.502 (2/4)

2006年10月23日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/11~06/07/11

◎BLEACH
 (第88話)
 あれだけ個別の戦いで苦戦しておいて、自分らより数が多いバウントの巣窟にのこのこ出掛けていく副隊長連中が理解できんな。で、あっさり全滅してるって……ガキの使いほども役に立ってないし……

◎ちょこッとSister(新)
 (第1話)
 ヤンキーねーちゃんのサンタに叩き起こされたと思ったら、プレゼントの中身は女の子。ずっと昔に願ったプレゼントで、妹は用意するのに時間が掛かるから今になったって……いったいどんな用意をして妹をでっち上げたんだ?
 普通に考えたらロボットか何かだろうに、生身の女の子かい。
 下着姿の女の子にびびって何か着ろといわれ、何かノートで調べたかと思ったら「兄妹でそんなこと気にしないんじゃ」って……初めて会った相手に兄妹として肉親の感情を期待する方が無理だろ。
 名前がないから「ちょこ」と名付けられてるけど……そこまで育ってて名前が付いてないって、いったいどんな育てられ方してたんだか。ロボットだってデフォルトの名前とか、形式番号ぐらい付いてそうなものだけど……
 ちょこの服を買いに出掛けたら、デパートはクリスマスセール……ああ、ちょこ自身がクリスマスプレゼントだったんだから当然か。で、服代が3万以上して驚いてるお兄ちゃんだけど……そりゃデパートで買えば高いだろ。しかし、金が足りないからってわざわざ預金を下ろしに行ってるって、そこのデパートではデビッドカードは使えないのか。
 おや、ちょこって昔、母親が流産した妹の代わりだったってか。とりあえず単なる妹萌えとか、邪な目的で妹を欲してた訳じゃないのね。ま、中学生や高校生の妹がいきなり出来たんなら押し倒したくもなるかもしれないけど、幼女相手じゃ……
 お兄ちゃんが買い物してる間に風船を追って迷子になってるちょこ。さんざん泣きべそかいたと思ったら、いきなしキスしてるけど……妹はお兄ちゃんにお礼にキスするって、どこの国の妹じゃい。ま、サンタさんの国ではそういう風習なのかもしれないけど。
 わざわざレンズ歪みを強調してるエンディング。いや、そういうのを逆に普通に見えるようにする仕事をしてた立場からすると悪夢にうなされそうなので、やめてくれ。

◎ハチミツとクローバーII
 (第2話)
 しゃっくりが止まらないハグちゃん。コップの反対側から水を飲めばいいと学生時代に教えられたと言ってる花本だけど、そりゃ絶対に騙されてるぞ。そこにやってきた森田。しゃっくりを100回やったら死ぬって、相変わらず格好の遊び相手にされてるな。しかし、竹本の割り箸を使った止め方ってのも胡散臭いんだけど……
 4年も理花さんと一緒に仕事してるといってる真山。う~ん……卒業してからまだそんなに経ってないだろ。学生時代のバイトの頃から数えてるのか。理花さんとの会話が見付からないからって真山に聞いたり花本に聞いたりしてる山田さん。好きになるほど喋らなくなるタイプって……他人から見たらとっつきにくい相手だろうな。
 しゃっくりが止まらなくなった理花さん。おいおい、花本って理花さんにもあの止め方教えてたのか。で、案の定、全然止まらず。結局、真山に砂糖水飲ませてもらって止まってるか。
 真山と理花さんのことを目の当たりにしてカツ丼特盛をやけ食いしてる山田さん。ま、この人は食っても太らないタイプだろうけど……なかなかの食いっぷりね。しかし、相変わらず切な過ぎるな、山田さんって。いい加減、真山は諦めろよ。

◎ひぐらしのなく頃に
 (第15話)
 苦しんだガキを診るために呼ばれた監督。ガキには何か手術の跡があってそこが痛いと言ってるんだけど、盲腸でも切ったのか?
 帰路の監督と出くわした大石と赤坂。おかげでガキの居場所がわかり、なんとかガキを取り返すことが出来たけど……大石の話ではガキを誘拐してた連中は、ちゃんとした訓練を受けてる人間って話。自衛隊でも噛んでるのか? おまけに大臣と犯人との取引が成功していて雛見沢ダム計画は凍結されたって話。赤坂が怪我をしなくてもガキは解放されたってか。
 東京に連絡しようとする赤坂だけど、付近の電話はすべて線が切られてて不通。そこにやって来た梨花。電話を掛けても悲しくなるだけだとか言ってるけど……
 今日は綿流しの祭だと言う梨花。連れられて見に行く赤坂だけど、祭とは名ばかりで、神社で村人たちが飲み食いしてるだけの宴会かい。なんか、圭一がやって来た頃とは全然違うねぇ。
 ダム計画の凍結で村に平和がやってくるという赤坂に、これから毎年血生臭いことが起こって数年後には自分も殺されてしまうと言ってる梨花だけど……

 それから数年後、退官後に札幌に引っ越した大石を訪ねてる赤坂……ということは、圭一の時代よりも後の話だな。
 あの綿流しの晩に赤坂の妻が死んでたって話。階段から転落して事故死し、辛うじてお腹の中の赤ちゃんだけ助かったってか。せめて雛見沢にいる間は赤坂がそれを知って悲しまないようにと、梨花が電話線を切ったってか。
 で、雛見沢村はオヤシロ様の生まれ変わりである梨花が殺されたことで、祟りで大災害が起きて全滅……って、《暇潰し編》って《祟殺し編》のバックストーリーだったのかい。連続怪死事件って、誘拐事件の翌年から始まったのか……
 しかし、圭一が沙都子の叔父を殺したとか、富竹が殺されたのとかは梨花の口からは予言されてないのね。圭一の犯行はともかく、富竹の事件って毎回出てきてるんだけど、実はオヤシロ様の祟りとは無関係のただの殺人事件って話なのか?

◎つよきす Cool×Sweet
 (第2話)
 小学校のときにレオに「大根」と言われたのがトラウマになってるみたいな素奈緒。
 素奈緒はただの幼馴染なのにいつのまにか許婚だとか言われてるレオ、ご苦労さんね。いや、教室中に大声でバスとのサイズを叫ばれてるよりマシか。
 部がダメならって同好会を始めようとする素奈緒。しかし、同好会にも設立規約みたいなものがあるんじゃないのか?
 掲示板の貼り紙に館長許可を取れという乙女。どうでもいいけど、日本刀の帯刀許可って、この学校には銃刀法が適用されないのか? アーミーナイフを持ってるだけで逮捕される世の中なのに、日本刀の帯刀なんてねぇ……
 希望者集めにエキシビジョンを企画した素奈緒だけど、生徒会主催の制服祭とぶつかってるとは悲惨。しかし、この学校って毎年制服変えてるのか? でも、出てるのがとても制服とは思えんのばかりなんだけど……
 誰も観客がいないまま劇をやってる素奈緒。そこにやって来た暴走族の集団……っていつの時代の連中じゃい。生意気な素奈緒に手を上げようとしたら、速攻で乙女に撃退されてるとは見掛け倒しの連中ね。
 それにしても、やっぱしミニスカ制服でたちまわりやったら見えるものは見えるって、自然でいいね
 ところで、「ヒロイン全員ツンデレ」って宣伝文句を聞いた覚えがあるんだけど、いったいこの作品のどこにツンデレがいるんだ?

◎ARIA The NATURAL
 (第15話)
 一人だと仕事をサボって遊んでるのか、このARIAカンパニーの穀潰し。そこを晃に見付かってビビってる灯里だけど……晃も仕事無しか。そこに現れた暁。こいつと晃って何か敵対してるのか?
 で、知らない間に湧いて出てるアル。しかし、サラマンダーもノームも暇だねぇ。ところで、暁やウッディよりもアルの方が年上ってかい。いや、そりゃ絶対嘘だろ。
 どうでもいいけど、ガキの頃の晃って完全に男そのものだな。しかし、暁ってそいつが晃だっていまだに気付いてなかったのか。で、挙句の果てに晃のことを女装趣味の優男って……さすがに激怒ものだろうな。
 いつの間にかアルの思い出話から、みんな灯里を中心としたわっかの中に集まってるって話になってるんだけど……その周囲で何か微妙にゲストキャラとかサブキャラがニアミスしてるんだけど……人形芝居のおっさんまでいるとは思わなかった。

◎スクールランブル 二学期
 (第14話)
 11月30日、塚本天満、17歳のバースデーパーティー……どこぞのおねえちゃんと一緒でその後に12の倍数の月数が付くんだな(違うっ!)。
 今日一日は女王様って、さっそく愛理に納豆食わせるか。そんな関東人しか食わないような豆の腐ったゲテモノ食わされるとは、愛理も災難ね。で、次は晶に笑えって……そういや、こいつの笑った顔って見たことないな。美琴はポッキーゲーム。ま、その阿弥陀で当たった相手が晶でよかったね。
 一条かれんは帯でぐるぐる回し。なんかオヤジ趣味に走ってるな。
 そんな天満を寂しそうって言ってる八雲。そういえば烏丸が来てないんだな。しかし、今回のシリーズ、烏丸ってとことん存在感がないな。
 急に漫画家のアシスタントに呼び出された播磨だけど……まさか相手は烏丸ってオチなのか?
 その烏丸、期末試験も受けなかったって花井や今鳥が心配してるけど、毎月アメリカに行ってるって……マンガの取材でもあるまいに。しかし、嵯峨野恵と話してる眼鏡っ子って誰だ?(EDのキャストでそれらしいのって、結城つむぎか?) 嵯峨野恵も最初にパーティーを仕切ってたけど、こいつってそんなに天満と仲良かったか? 『スクラン』は『ネギま!』と違ってネット上にサブキャラのデータがないから、このあたり全然わからんな。
 やっぱし、播磨を呼び出したのは烏丸。ま、そこで律儀にアシスタントの仕事はやるのが播磨の真面目なところだけどね。しかし、結局は烏丸を追い出して内容を描き変えるって展開だけど……
 インクをこぼして原稿を台無しにしたからって、今度は八雲を呼び出すかい。で、もうメチャクチャ自分勝手に話をでっち上げてるし……しかし、その相手を押し倒すって漫画、『ラブひな』かいっ!
 しかし、そんなの自分で実演して構図がつかめるのか?
 結局、播磨のでっち上げ漫画を乗せることになってる担当さん。漫画雑誌の編集者も大変だね。

 何気にD組の連中の方が目立ってるパーティー。ゲームに参加してないのに罰ゲームで女装させられてる奈良、大変だね。
 おや、大塚舞と西本って幼稚園から一緒だったってか。舞のツッコミって西本相手で鍛えられたんだな。

◎内閣権力犯罪強制取締官 財前丈太郎(新)
 (第1話)
 あまりに現代のアニメレベルを超越し過ぎてて言葉も出ない……いや、こんなの見て面白いとか思うやつがいるのか?
 まず冒頭。テロで警戒が厳しい中、あんなことしてやってくるのはアホというか、米軍に打ち落とされても知らんぞ。おまけに無意味に緊急脱出装置を使ってパラシュートで降りてきてるけど、そのイーグル、おまえとの自家用機じゃなけりゃ、とんだ税金の浪費だぞ。
 いきなりCIAを一流レストランに呼びつけたと思えば、要するに自分が金持ちだということを見せ付けたかっただけかい。で、目的の場所に向かおうとしたら、唐突に刺客が襲ってくるという展開。はっきり言ってわざわざCIAに同行させてる意味なし。
 襲ってきた車の屋根に飛び移ったかと思えば、その車の運転手が自爆……いったいどんな組織の手のものじゃい。で、車中が燃え盛ってる中、飛び降りても即死、このままでは爆発とか悠長なこと言ってるけど、それだけ中が燃えてたらおまえの乗ってる屋根も相当な高熱になってるだろ。
 なんとか車を川に飛び込ませて脱出はいいけど、そんなとこからハンドル撃つとかいう信頼性の低い行動取るよりは前輪のタイヤを撃ってパンクさせた方が確実だと思うけど……
 川から上がったら敵の刺客たちが待ち伏せ。いや、そこで絶対に助かるわけ無いだろ。運がいいというより、悪夢だな。
 で、目的の場所に行くためにカードで買ったのがカウンタック。加速が良いとか言って飛ばしてるのかと思えば、刺客のトレーラーに簡単に四方を押さえられて絶体絶命……なんでカウンタックに乗っててそんな状況に陥るんだ? 宝の持ち腐れだね。
 どうやって切り抜けるかと思えば、カウンタックの屋根の四方の支柱部分を銃で穴を開け、無理やりトレーラーの下に潜り込んだら屋根は引っ掛かって外れて、オープンカーになったカウンタック……もったいなさ過ぎ。いや、それより、こいつらカウンタックのドアの構造知ってるのか?
 で、それだけのバトルを繰り広げてたどり着いた先にいたのが、たかがエリート気取りの木っ端役人1人……
 あまりにもくだらなさ過ぎ。これじゃ、まだ『MUSASHI』の方がまともな作品って気がするぞ。当然ながらとても見続ける気にはなれんね。
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.502 (1/4)

2006年10月23日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/10~06/07/10

◎ゼロの使い魔
 (第2話)
 おや、才人が召喚されたのって、才人から見たらずいぶんマヌケな光景だな。しかし、相手がどこの誰だろうが契約は絶対だって、ずいぶん身勝手なルールだな。
 寝るからっていきなし脱ぎ始めてるルイズ。ま、植民地主義が華やかなりし頃は白人の高貴な女性は有色人種の使用人の前では平気で脱いでたって話だけど、ようするに人間扱いされずに犬や猫と同じって話ね。さすがに平民全般を対象にしたら問題だろうから、使い魔って限定してるけど……
 しかし、脱ぎたての生パン投げつけるか。しかし、あんな中世風の感じの世界じゃ下着もカボチャパンツがいいとこだろうに、ずいぶんと普通のパンツはいてるね。
 シエスタとぶつかった才人。ギーシュに落ちたケーキを食わせるわ、モンモンとの語らいまで邪魔して決闘を申し込まれてるとは悲惨ね。しかし、決闘と言っても魔法で青銅の騎士を召喚して戦わせるって……貴族ってメチャクチャだな。
 丸腰でやられまくる才人だけど、ギーシュが投げつけた剣を手にした途端、手の甲のガンダールヴのルーンが光っていとも簡単にギーシュをやっつけてるって……いくらなんでも安易過ぎだろ。
 それにしても、伝説の使い魔のルーンは良いんだけど、ガンダールヴって名前はどうにかならないのか。もろに『指輪物語』に影響されましたって言ってるようなものだからねぇ。ま、オマージュなりリスペクトといえば聞こえはいいけどね。いや、他にもファンタジー系のキャラ名とか散りばめてあるんならわかるんだけど、キャラ名とかは他のジャンルの作品から持ってきてたりするから、これだけ露骨なんだな。

◎ブラック・ジャック21
 (第73話)
 列車の中で紅蜥蜴に襲われたブラック・ジャック。何とか逃れてドクター・ジョルジュの山荘に向かうけど、相手も目的地を知ってたらいつまでも追いかけてくるわな。
 スノーモービルで追ってきた紅蜥蜴の攻撃をかわし、スノーモービルを奪ってるけど、追ってきた紅蜥蜴に捕まってスノーモービルは崖から転落。寸前に飛び降りたブラック・ジャックとピノコは無事だけど、転落した紅蜥蜴は瀕死の重傷。
 山荘まで紅蜥蜴を運んで治療するブラック・ジャック。治療費が期待できるわけでもないのに、親切だね。
 山荘の地下室でフェニックス病の資料を見つけたのはいいけど、その間に意識を取り戻した紅蜥蜴はピノコを人質に。ブラック・ジャックは隙を突いて資料を投げ付けピノコを取り戻すけど、しくじった紅蜥蜴はメスで心臓を突いて自決。
 その紅蜥蜴をまたしても治療してるブラック・ジャック。おいおい、大金を貸していて死なれたら困るとかいうわけでもないのに、何でそんなに親切なんだ?
 手術完了と同時に雪崩がやってきて地下室に避難するけど、肝心の資料は置き忘れて喪失。いったい何しに来たんやら……というか、その地下室に資料がその1冊ってことはないだろ、ふつう。ま、とりあえず次のキーパーソンを紅蜥蜴から教えられてるけど……

◎名探偵コナン
 (第445話)
 蘭が英理から預かった猫の世話を押し付けられてる小五郎。そこにやって来た依頼人。娘から変な暗号のメールを受け取ったって話なんだけど……そりゃ、ただのギャル文字だろ。蘭が帰って来るのを待って聞いたら楽勝だろうに。
「よゝ└⊂⇒±W σ言延┐゜νカゝレゝ(=〒〒< σ⊃きぁっτ」
「お と ーさんの 誕 プ レか い に 行 くのつきあって」
 ま、お父さんには何の心配も要らないメールだね。
 しかし、猫の行動からヒントを得て解いてる小五郎もある意味凄いね……と思ったら、コナンの仕業だったか。いや、でもその程度のヒントじゃ普通は気付かんだろ。物語の組み立てが強引だね。
 結局、ほとんど解けかけたところで園子にあっさり読まれてるけど……ま、依頼人に内容を教えないってのが親切だな。

◎となグラ(新)
 (第1話)
 OPの冒頭でいきなしパンツとは、何とも剛毅な……。しかし、これ、第1話は白パンだったのか。後の話では縞パンになってるよな。
 初恋の相手の隣人が帰ってくるとうきうきしてる香月。なぜかツキまくってる香月を監視して「おかしい」を連発してる謎の関西弁女。傍目にはあんさんの方がよっぽどおかしいけど……鈴原ちはや、声は関山美沙紀って見掛けない名前だな。最近の新人さんか? とりあえずネイティブなのは確かみたいだけど……
 香月のスカートのポッケに手を突っ込んで初恋の相手の幼馴染の写真を取り出してるちはや。しれにしても屈託無くパンツ見せる作品ってのは、わざとらしさが無くて清々しくていいね
 ケーキを作って幼馴染との再会を準備してる香月だけど……いきなし、このボケボケのお姉ちゃんは何ですか。大原さやかって、ベタだなぁ。
 窓を開けたまま着替えてる香月。下着姿のまま、幼馴染の妄想に浸ってるのはいいけど、そこに窓から侵入者。速攻で飛び掛かられてるとは災難ね。その助平なやつが幼馴染の勇治で、途端に幻滅って展開。怒りまくる香月だけど、逆に勇治をけしかけてるお姉ちゃんって……しかし、抱いてたテディベアにモデルガンを仕込んでる妹のまりえって……
 しかし、さんざん引っ張った末に食ってるケーキが激マズってオチかい。それにしても4人で宴会できるって、ずいぶん広いベランダだな。

◎N・H・Kにようこそ!(新)
 (第1話)
 ぷるぷるぷるりんってどんな美少女アニメの主題歌じゃい。しかし、ヒッキーの分際で隣のアニメソングがうるさいって文句言える身分じゃあるまいに。
 陰謀を語ってる美人の先輩。美人なのにデンパなのね。しかし、預金通帳の残高が無いのまで陰謀の仕業に出来たら、世の中楽で良いね。
 日本引きこもり協会は良いけど、そんな二十歳を過ぎてアニメの影響でひきこもりって、そりゃ言い訳にもならんだろ。
 チャイムが鳴って外を覗いたら、日傘を差した美少女が。喜んでドアを開けたらそこには宗教おばさん。美少女で釣りだしてカモを誘おうとはなかなか巧妙な手口だな。しかし、渡した冊子がニートの特集で、ぶちきれた佐藤に文句言われまくってるって、このおばさんも災難だね。
 自分がニートじゃないと言った手前、働かないと格好が付かないと思ったのかバイトの応募に出掛けた佐藤。それがマンガ喫茶のバイトって辺りがあんまり進展無いような気がするんだけど、受付に例の美少女がいて、慌てて引き返してるって辺りが意気地なしだな。引きこもりなんていくら理屈をこねようとも、一番の原因は本人が意気地なしだってことだからね。
 夕方、落とした履歴書を届けてきた美少女。封筒の裏に自分のプロジェクトに抜擢されたから夜公園に来いって……公園に夜中に呼び出してるって時点で胡散臭すぎだろ。佐藤を前から知ってたと言って、引きこもりを脱出できる方法を知ってるとか抜かしてるけど……
 ま、新興宗教とか人格形成セミナーとか、その手の勧誘文句を言ってカモを集めるのってのは常套手段だからねぇ。もっとも、そんなことをちゃんと見極められる目のある人間だったら最初っからヒッキーなんかになってはいないだろうけど。

◎Angel Heart
 (第39話)
 いきなし報道陣の目前で誘拐されかけた世界的アクション女優のジョイ。さらわれたと思ったら自力で犯人たちを倒してるけど……香瑩の変装かいっ!
 海坊主の店で襲撃されるような危険があるって依頼じゃなかったとジョイ本人を責め立てるリョウ。防弾ガラスの窓は狙撃犯による銃弾の跡だらけじゃシラを切れないってか。ただの喫茶店に防弾ガラスが張られてることに驚いてる狙撃手たちだけど、ミキが寝てるから騒がれたら困るって海坊主に一網打尽にされてるとは哀れね。
 ホームレスの誰かを探してることをリョウに気付かれたジョイ。ようやく本当のことを話し始めてるけど、自分は国王の愛人だったけど、その国王が影武者に入れ替わってることに気付いたから政府の連中に口封じとして狙われてるってこと。そして、最後に本物の国王に会ったときに日本にいる前の愛人の子供を探し出して幸せにしてやってほしいって言われたって話。
 国王は自分の元愛人が新宿でホームレスになっていたことまで調べたけど、その後のクーデター騒ぎで調査を続けられなくなったまま、暗殺されたって話。その愛人の子供は国王の形見だからなんとしてでも探し出したいってか。
 ふと、ミキを見掛けたジョイ。ミキに国王の娘としても面影があるって言いだしてるんだけど、ミキのことは母親のことを良く知る人もいないから確証は出ずしまい。
 冒頭の誘拐事件とか、新しいエピソードに入ったのかと思ったら、まだミキ絡みのエピソードの続きだったのね。しかし、ジョイにも絵本を読んで聞かせてやってるミキって……

◎ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
 (第14話)
 イベント観客動員数10万人突破って……そりゃサバの読みすぎじゃないか? そりゃ、ドーム球場レベルの会場で何回かやったらそれくらいの数字にはなるだろうけど、いきなりの新人ユニットがそんな会場を押さえられるわけもあるまいし……
 水着カレンダーの撮影に遅刻してる桃子……はいいけど、おや、モデルさんってガムテープで胸を寄せてるのか?
 原画に上がったのはいいけどリテイク続きのアタリ……大変だね。
 久々にアフレコの仕事にやってきた桃子。水斗や夕海が一緒ってことは『チャイルドガールズ』のアフレコか。アイドルの仕事が詰まってるからって一人だけ先に抜き録りはいいけど、それで夕海にさんざん嫌味を言われてるって、大変だね。
 ……って、てっきり仕事かと思ったらそのまま下宿に帰ってるって、さすがにそりゃ酷いだろ。
 前夜、アタリに世話になったことを管理人に教えられて、貯金をはたいて御礼をしようとする桃子だけど……ま、そんな成金な桃子なんか嫌だっていうアタリもわからなくなるな。ところで、やっぱし、ぺーぺーの新人声優よりは売れっ子アイドルの方がギャラは良いのか。しかし、いったいいくら残高があったんだ?
 アタリに思い出のドラゴンコーラを持ってきてる祐理花。ま、この辺の付き合い方は桃子よりは上手いね。でも、いきなり押し倒されちゃってるけど……

◎桜蘭高校ホスト部
 (第14話)
 部員以外に新聞が売れないからって廃部寸前の新聞部。普通、校内新聞って学校とか生徒会から予算が出て無料で配るものじゃないのか?……という常識は、ここの金持ちどもには通じないな。一方、出れば完売のホスト部関係のグラビア誌。
 中庭で平安貴族のような格好をしてるホスト部の面々。いわゆるイベントデーってやつですか。(メイド喫茶のスク水デーみたいなもの)
 環が蹴った蹴鞠が飛び込んできたのをきっかけにホスト部の取材を申し込んでる部長だけど……環を妬んでゴシップ記事をでっち上げて、ホスト部を暴落させるのが魂胆だってか。そりゃ、そんな記事ばかり書いてたら廃部させられるわな。
 盗聴を仕掛けて新聞部の魂胆を阻止してる鏡也も鏡也って気がするけど……盗聴器ってあの救急箱に仕掛けてたのね。
 須王の家って何やってるのかと思ったら……環の親父が桜蘭高校の理事長だったってかい。特待生のハルヒは本来なら環には頭が上がらないって話なのね。

◎僕等がいた
 (第2話)
 なんか数学の落第脱出が大変みたいだな<七美。
 矢野が山本の姉と付き合ってたって話がクラス中に知れ渡ってて、中学の卒業アルバムまで持ち込まれてる展開。それを見ようとしたところを矢野と出くわして、一緒に見る羽目になってる七美。その状況でよく山本の姉の写真を見られるものだね。
 なんか成り行きで七美に付き合うかと言ってる矢野。そんなの本当に好きになってからとか拘って付き合う機会を逃してる七美がマヌケ。
 休日に竹内に出くわしたと思ったらそこがそいつらの溜まり場ってことで、矢野と出くわしてるけど……なんか中学時代の女子にもてもてみたいね。で、山本の話題で気まずくなってる七美。しかし、山本って同じ中学のやつからは嫌われてるのね。
 怒って飛び出した七美だけど、財布を落としてきてるとはマヌケ。それを届けに来た矢野。山本の姉が死んだとき、昔のカレシと一緒にいたって悲惨な話を語ってるんだけど……
 なんかまだ入学したてみたいなのに、もう文化祭の話題が出てるんだけど……しかし、七美なんかを議長にしてるからこのクラス、悲惨だね。で、とばっちりを食って観客動員のために小劇の主演をやらされてる矢野、ご苦労さんね。
 竹内に矢野のことを愚痴ってる七美だけど、それを横で矢野が聞いていたってマヌケな話。泥沼だね。
 七美が委員会に出そびれて小劇の教室が取れなかったからって大騒動。それを実行委員会に強引にねじ込んで教室を奪取してきてる矢野。ま、世の中には何でも自分の望むままに動かせる特殊能力を持ったやつがいるからね……

◎コヨーテ ラグタイムショー
 (第2話)
 あと10日もあれば刑期が終わるのに脱獄したというミスター。どうやらグレイスランドという惑星がもうすぐ無くなってしまうのと関係あるみたいだけど……
 どうもフランカとかいう女の子の父親が残した莫大な遺産が眠ってるから、惑星が無くなる前にどうにか回収しようとかいう話で、例の12姉妹もそれが目的でミスターを確保しようとしてたって話かい。
 12姉妹の襲撃で絶体絶命のミスターとフランカ。2人がビルから落ちるところを回収してるビショップとカタナだけど……いくらなんでもそりゃ無理だろ。
 ビルが200階建てとして高さ800メートル。区切りのいいところで980メートルととりあえずしておく。地上激突までの時間をtとしたら、落下距離hは「h = 1/2 * g * t^2」
で、ここで重力加速度gを9.8m/s^2としたら、tは約14秒。
 わずか短いCM1本分の時間で、別に申し合わせてタイミングを計って落下したわけでもない相手を見付けてちゃんとキャッチするなんてのは無理だろ。もっとも、この星が地球よりもずっと重力の小さい星だとか、ビルの高さは1万メートル級だとかいうんなら話は別だけどね。

◎うたわれるもの
 (第15話)
 計画通りにシケリペチムの全軍を引き付けたベナウィ軍。おいおい、ハクオロの方にいないと思ったらこっちに混じってたのか<アルルゥ。
 で、留守を突いてニウェの本拠に攻め込んだハクオロたちだけど……大国シケリペチムの皇城にしては何かこじんまりしてるな。おまけに外は見張りと門番が数人いるだけだし……
 速攻でトウカが門番を倒すと一撃で門を破ってるカルラ。城を落とすのに破城槌も何も要らないな、こいつら。しかし、中にはバーサーカーの大群って凶悪すぎ。
 やってきたハクオロに、まだ足りないと城下に火を放ってるニウェ。戦術的な目的でもなんでもなく、ただハクオロを炊き付けるために自国の民を犠牲にするって、メチャクチャな皇だな。これじゃ、まだインカラの方が何倍もマシだろ。
 怒りに暗黒闘気のようなものをまとい始めるハクオロ。それを見て満足そうに決戦の場にハクオロを誘うニウェ。こいつが求めてるのは皇としての覇権でも何でもなく、ただ戦いの高揚感を楽しみたいためにオリカカンを操ったり城下に火を放ってハクオロの闘争心を高めたってかい。
 高まった怒りに、暗黒闘気に支配されたハクオロは何か異形の姿に。おいおい、こいつの正体は人間じゃなかったって話か? その凶悪な姿に満足そうなニウェだけど、次にハクオロが元の姿で意識を取り戻したときには、そこには無惨なニウェの惨殺死体が……ま、自分が望んだ高揚感の中で死んだんだから本人にとっては本望だっただろうけどね。
 ニウェを殺した時のことを覚えていないハクオロ。何かオリカカンに自分の妻子を殺した反逆者だと責められてた時より深刻そうだな。それにしても、すべてを見ていたあの翼人のにーちゃん、いったい何者なんだ?
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.501 (3/3)

2006年10月06日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/08~06/07/09

◎彩雲国物語
 (第14話)
 著作権違反があったからってWikipediaが削除されてる…… (;_;)

 進士式を終えた秀麗だけど、その途端に周囲の人々に避けられてるとは大変ね。
 初日から嫌がらせで集合時間を騙されてる秀麗と影月。それを助けに来てる劉輝。国王の仕事は他の者にやらせるからしばらく2人の専属武官になるって……どんな国王じゃい。
 で、その後も妬まれて嫌がらせを受けまくってる2人。延々と厠掃除に靴磨きって……進士及第の人間のする仕事じゃないな。
 戸部尚書が秀麗たちの仕事の書類に何か他の書類を紛れ込ませてたみたいだけど、あれは何だったんだろ? ま、2人を励ますか元気付けるようなことが書いてあったんだと思うけど、絳攸が来たおかげで話の視点がそれたからなぁ。

◎おとぎ銃士 赤ずきん
 (第2話)
 りんごの持ってきた肉じゃがを美味そうに食ってる赤ずきんとヴァル。当然、牛肉の肉じゃがだろうな。豚肉の肉じゃがなんかまともな味とは思えんからねぇ。
 おでん缶を美味そうに食おうとしてるランダージョ。いったいどこを根城にしてるんだか。
 最初は何でもぺらぺら喋ってた赤ずきんなのに、どこから来たのかと聞いたとたんにあからさまに誤魔化してる胡散臭さがなかなか。
 テレビでクレープの番組を見て食いたくなってる赤ずきん。一同でのんきに出掛けてるのはいいけど……秘密を喋った途端に、狙われてる草太を外に連れ出してるのはやばいってりんごにツッコまれてるとはマヌケ。
 そこにナイトメアリアンの襲撃。2体相手に苦戦する赤ずきん。そこにいきなし雪が降って来たかと思うと、白雪姫が登場……はいいけど、どこが白雪姫なのかわからん胡散臭さでは赤ずきんと似たようなものだね。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
 (第15話)
 旧校舎の開かずの間のことを調べてるシフォン。そこには幸せのプリンスとプリンセスの肖像画があったとかいう話なんだけど……まさか、おひさまの国の国王夫妻の昔の話だというベタな話じゃないだろうな。
 そこに学園仲良し計画に協力すると言って来てるトーマ。胡散臭がるシェードとブライトにトーマが特待生の努力家だということを話す晴雨姉妹。それに便乗して自分の申し出に信憑性を持たせるような話をするトーマだけど、その話を演劇にすることになってるとは思わぬ展開だろうね。
 手下のふしぎ星のプリンス&プリンセスたちに人手を借り集めさせてる晴雨姉妹……もとい、たちまち協力して準備を始める学園の生徒たち。いつもは反対の教頭もトーマがやるなら学園の方針に反対するような内容にはならないだろうと信用して許可してるんだけど……唯一、対抗して自分たちの演劇で人を集めようとしてるエリザベータたちだけど、相手にされてないとは哀れね。
 晴雨姉妹たちがセットを離れたところにやってきたエリザベータたち。それに濡れ衣を着せて学園内を仲違いさせようとセットを壊そうとするトーマだけど……晴雨姉妹が戻ってきたお陰でエリザベータは疑われずに済んだって話。いや、逆に自分たちの芝居に出たいのだと誤解されてるけどね。
 とりあえずセットは破壊されたからみんなやる気をなくしただろうと思ったトーマだけど、逆にやる気に燃えさせてるとはお粗末ね。

◎BLOOD+
 (第39話)
 岡村とルイスが監視してる中、いきなし暗殺されてるアンシェル。しかし、その後のパーティーに何食わぬ顔で登場してるって話。で、そのパーティーにやってきたジョエルとデヴィッド。招待状が無くてもゴルトシュミットの懐中時計を見せるだけで入れるってかい。
 前にアルジャーノを人質に取った時に使ったペンをジュリアに返してるデヴィッドだけど……ジュリアって最初はあえて敵中に潜り込んでるのかとも思ったけど、もうすっかりコリンズの部下に成り下がってる感じね。
 小夜を連れて渓流釣りにやってきたカイたち。先週の怪我って、何も無かったのね。
 パーティーの席で堂々とアンシェルと渡り合ってるジョエル。さすがにこの場でジェエルやデヴィッドに危害は加えられないか。
 次の舞台はニューヨークということでモニークたちと別れてる一行。相手はすっかりアメリカの国家中枢に潜り込んでるみたいだけど、赤い盾ってアメリカに何か味方でもいるのか?

◎ツバサ・クロニクル(第2期)
 (第37話)
 新しい世界にやってきた一堂。そこはなんかデフォルメされたマンガみたいな世界だけど、小狼たちの姿もデフォルメされてるけど……サクラのぷにぷに度が最高だね。
 なぜかどこにも見当たらないモコナ。一人だけ現実の世界にいて、小狼たちはサクラの羽根を使った羽根ペンの力でマンガの世界に閉じ込められてしまったってか。で、そこに現れた漫画家のねーちゃん、どこかで見掛けた……と思ったらエメロード姫か。
 小狼たちを出すには羽根ペンを使ってそういう物語を描かないといけないというエメロード姫。しかし、モコナの描く物語は雑念が入り過ぎ。
 やたら大量のモコナに襲われたり、何かと爆発ばかり起こったり、挙句の果てに怪獣にされてる黒鋼……ご苦労さんね。
 しかし、小狼とサクラにキスしろとさんざん引っ張っておいて、鈴蘭と蒼石のキスでも良かったって……お約束のオチってか。

◎ああっ女神さまっ それぞれの翼
 (第12話)
 テレビが壊れて残念そうなベルちゃんたち。とても女神の生活とは思えんのだけど、それはさておき、庭の梅の花を見て思い出に浸ってるウルド。昔の恋人のことらしいけど……
 それはさておき、桜の花じゃあるまいし梅の木が花で真赤になったりはしないだろ。  そこにやってきた梅の精のクレバトール。こいつがウルドの昔の恋人だって話だけど……全然相手にされないのはお約束。しかし、やたら歌を歌おうとするけど、こいつ吟遊詩人か何かか?
 螢一の姿を見て嫉妬に燃えるクレバトール。何か根本的に思い込みが間違ってると思うけど、普通は女神が人間界に居つくことって珍しいから、ウルドと螢一が出来てるってことしか思い浮かばなかったのね。
 クレバトールのことで気が滅入ってるウルド。出たばかりの風呂にもう一度入ろうとしたのはいいけど、そこには螢一が。そのまま平然と螢一の背中を流してるあたりがウルドらしいけど、そこにクレバトールが……
 螢一との関係を完全に誤解されることを心配してるのはいいけど、それより前に覗きだろ、覗き。普通ならそれで張り倒されるところだけど、ま、ウルドだからね。
 で、騒ぎを聞きつけてやってきたベルちゃん。裸で一緒にいる螢一とウルドを見てひとこと「そういうことでしたら声を掛けてくだされば私もご一緒しましたのに」……怒るどころか残念がってるのがベルちゃんらしいというか。ま、邪念が無ければそういう反応が正しいとは思うけどね。
 いきなしテレビでウルドへの歌を歌ってるクレバトール。そばで聴いてるテレビのスタッフたちはメロメロになってるんだけど、ウルドには効果なし。しかし、「箱の中で歌えば」とか言ってる割にはちゃんとテレビ局の番組に出てるあたり、何か正攻法な態度の人だな。
 あ、ウルドが素っ気無い態度を取ってるのは、自分は愛した相手を独占したいのに、クレバトールは自分より夢を追って去っていったから、クレバトールの夢を追い掛ける気持ちを大事にしたくて自分の独占欲を抑えようとしてたからってところか。
 自分の渡した指環をクレバトールが今も大事に持ってることを知って涙を流すウルドだけど……
 そこに姿を現したクレバトール。女神の涙が黄金のウグイスを呼ぶ歌の本の効果を引き出すって喜んでるって……なんかおもいっきしぶち壊しのシチュエーションだけど、それでこそクレバトールらしいって許してるウルドが何ともいえないね。ま、クレバトールがその涙目当てでウルドの元に戻ってきたのなら最低な話だけど、そういうわけでもなかったみたいだし。
 しかし、やたら巨大で濁声の黄金のウグイスって……そんなに大事か?

◎ストロベリー・パニック
 (第14話)
 光莉に手を出して嫌われ、夜のお茶会に一人でやってきた夜々。部屋に帰りづらくてそのまま渚砂たちの部屋に泊まってるけど……おかげで渚砂と同じベッドで寝ることになった玉青が幸せそうね。
 玉青の着る服を見てリボンのことを思い出した渚砂。慌てて探しに出掛けるけど、あのリボンって静馬と一緒にプールに落ちたときに無くしたんじゃなかったのか? なんか落し物として届けられてたみたいだけど……
 聖歌隊の練習に出ようとしてる夜々の前に現れた玉青。そのまま練習に出て来ない夜々を心配してる光莉と蕾だけど……そこにやってきた渚砂。光莉に親友との大切な場所を教えてくれと言ってるけど、そこは光莉と玉青が先に来てた御堂の裏庭。完璧に嫌われたと思ってた夜々だけど、そうではなかったみたいね。
  1.あんなこと嫌だけど、もうしないなら許してあげる。
  2.ただ戸惑ってたので何が何やら分からなかった。
  3.本当は好きだけど、突然で照れくさかった。
 さて、どれでしょう?

◎魔界戦記ディスガイア(終)
 (第12話)
 なぜかいきなし展開に着いてるラハールたち。それを待ち受けていたブルカノだけど、悪魔と契約してラハールを倒そうとしてるとは凶悪ね。ま、所詮はただの見掛け倒しだけど……
 大天使ラミントンの元に辿り着いたフロンたち。ブルカノの独断を見逃していたのは魔界や人間界が互いに理解しあえるように痛みを分かち合う試練を与えようとしてたって……
 独断で魔界を攻めたブルカノは1000年の呪いでカエルにされ、多くの天使兵を傷付けたフロンは罰として花に変えられてるけど、そんなことで納得できるようなラハールじゃないのは当然だね。
 渾身の怒りを込めてラミントンに斬りかかるラハール。それを自分への罰として受け入れようとしてるラミントンだけど、ラハールの剣は寸止め。斬るだけの価値は無いし、フロンに免じて矛を収めたってところ。
 そのかわり、魔王の書をエトナに譲り、自らの命と引き換えにフロンを堕天使として甦えらせているラハール。
 エトナが魔王となった魔界で、悪魔の子供たちに愛を説いてるフロン……って何かよくわからない長閑な光景ね。そこに新入りのプリニーが働かないからって見に行ったら、それはラハールだったってオチかい。
 しかし、最後までラハールを見守ってながら正体を明かさずに終わってる中ボスって……クリチェフスコイってことはミエミエなんだけどねぇ。

◎XXXHOLiC
 (第12話)
 貸し別荘にやってきた四月一日たち。侑子のことだからなんか仕事絡みって感じがするけど……
 ひまわりの水着が見られると浮かれてる四月一日だけど、海にはいろんなものが出るからって凹んでるって、毎度毎度大変だね。
 夜中に隣の部屋から壁を引っかく音が聞こえてくるんだけど、隣は行き止まりで部屋は無し。外から見たらそこに一部屋分のスペースがあるんだけど……で、壁が破れて中からドアが出てきてそこを開けると……
 すべては四月一日が泳げるように百目鬼の力を借りてアヤカシたちを出ないようにさせようってことで、四月一日に百目鬼に助けを求めさせようってことを仕組んだことだったみたいだけど、変に凝り過ぎて結局は目的を達成できなかったってオチ。
 しかし、ふと四月一日が別荘を見たら、窓に青い格好の女が……って、何ごとも余計なものを見てしまうやつって、不幸だね。

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第22話)
 いくら相手の正体に気付いてても、相手が自分から正体をばらすまで黙ってたんじゃ意味ないわな。それで舞の苦悩を描くとか言うんなら展開があっさりしすぎてるし……。前回のような攻撃が何度も続いてだんだん疑心暗鬼になってくる舞だけど、能天気な咲は2人を完全に信じきって疑ってる舞とは険悪な関係になるとか……
 いずれ滅びてしまうものだから、それを完璧に成し遂げるのが美しい世界の姿だって……いや、放っといても滅びるんなら何も放置しといてもいいじゃないかい。おまいら気が短いね。
 どうでもいいけど、命あるものが自ら滅びを求めるって、『スレイヤーズ』世界の魔族でもあるまいし、矛盾した自己否定だと思うぞ。

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第9話)
 北斗の友達だといって超獣出現を待ち伏せてるTACに紛れ込んで写真を取ってる女カメラマン。同じ社の金持ちの編集長に「痺れていた」って……いったい、いつの時代の表現なんだ?
 いきなし消えた超獣だけど、超獣自身が写真に写りこんでしまったとか言うベタな展開かい。
 1万円で釣りがあるわけないと言ってるタクシー。いや、料金が1万円以上だとぼったくってるわけじゃなくて、要するに今と貨幣価値が1桁ぐらい違うから、いまなら10万円札を出されて釣りがあるか聞かれてるのと同じなんだな。
 しかし、貨幣価値が1桁下がっても最高額紙幣の額面を1万円のまま放置してる財務省とか日銀も怠慢だねぇ。ま、ペソじゃないけど、そのうち、日用品を買うのにだって何枚もの1万円札の束をもって買わないといけないようになるかもしれないぞ。
 せっかく写真に写りこんだ超獣なんだから、焼き増しされたらどんどん増殖してしまうって展開かと思ったけど、1枚の段階であっさり出てきてしまってるって……忍耐力が無いな。
 ……とか思ってたらオリジナルはちゃんとネガに残ってたか。で、雑誌の表紙グラビアとしてすんでのところで輪転機で10万部刷られてしまうところだけど、編集長の髭剃り機の音で出てきてしまうって……マヌケ過ぎ。ま、本来はTACのカメラに忍び込んでタックの基地を破壊するのが目的だったんだろうから、大量増殖を目指していたわけではないみたいだけどね。

◎ウルトラマンメビウス
 (第14話)
 珍しくウインダムだけで怪獣を退治し、テレビの取材を受けてる補佐官。巻き添えを食って母親にGUYSに入ってることがバレてしまったテッペイ、哀れね。
 一方、未消毒の怪獣の粘液を踏んでしまった補佐官。中にいた幼虫に寄生されてるみたいだけど……
 テッペイを連れ戻しにGUYSにやってきた母親。いきなし暴れだしてる補佐官を取り押さえ、ドサクサで帰って行ったのはいいけど、幼虫は今度は母親に寄生。幼虫の存在に気付いたGUYSが母親を調べに行くけど、幼虫はすでに病院に潜伏した後……しかし、若いメイドさんのいる家って羨ましいね。
 病院に潜伏した幼虫はすでに脱皮を始めて成長してるって話で、怪獣の発する高周波を頼りに見付け出して殲滅しようとするけど、取り逃がして成体化……いや、どう考えてもあの大きさから巨大な成体に一気に脱皮して大きくなるのは無理だろ。だいたい、巨体を維持する物質質量はいったいどこから湧いて出たんだ?
 病院を死守しようとしてるGUYSとメビウスだけど……何も無い田舎に病院だけポツリとあるわけでもあるまいに、周囲の市街地だか住宅地だかはどうでもいいのか?
 それにしても高周波で呼び寄せられた昆虫たち。高周波が無くなったからって霧散するとは限らないと思うんだけど……

◎仮面ライダーカブト
 (第23話)
 ゼクトからクビにされて、いよいよ困窮に瀕した神代家。じいやが屋台のラーメン屋を始めてなんとか糊口を凌ごうとしてるけど、それを見た天道が代わって店をやってるのはいいけど……巻き込まれてるひよりと加賀美が哀れね。
 加賀美がライダーに変身してたのを見たひより、また両親が殺されたときのベルトの記憶の話になってるけど……
 ま、可能性としてはそのときすでに両親はワームが擬態したものだったから殺されたとか、ライダーベルトは元々はワームのものだったとか……あるいはクロックアップしてワームと戦っていたからひよりにはワームの姿が見えずにライダーに殺されたように思ってるって可能性もあるけど……
 ワームを倒しに向かう天道が手袋を脱いだのを決闘の申し込みだと誤解した神代。フェンシングで天道に挑むけど、何事も卒のない天道にあっさり負けてるとは惨めね。
 今度のワームはひよりと同じ石を持ってる連中ばかり襲ってるけど、それは渋谷隕石の欠片って話。その石を大事なものだというひよりだけど……ひよりの特殊能力ってその石の影響なのか?

◎生物彗星WoO
 (第10話)
 ウェーバーが広めたデマに踊らされてアイとWoOを襲おうとしてる大人たち。小学生の子供に説得されてるおっさんが情けないね。
 で、山南の反乱によって拘束されてるウェーバー……下手に日本への核攻撃を具申したばかりに反乱の大義名分を与えてるとはマヌケね。
 一方、永倉の粘液に侵されていく小太郎。秋田を通じてアイと会う約束をしたのはいいけど、だんだん永倉の意思に支配されていってるって凶悪だね。
 秋田に助け出されて小太郎と再会するアイだけど、すでに小太郎は永倉の意思に取り込まれて怪獣化。悲惨ね。結局、巨大化したWoOに倒されて小太郎は爆散。ま、自分の考えたヒーローの姿に倒されたんだから、こいつも本望だろ。


P.S.
 いつからアニメって見るのにこんなに時間の掛かるものになってしまったんだろうか……とにかく疲れた。
コメント (2)

週刊アニメ定点観察 Vol.501 (2/3)

2006年10月06日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/04~06/07/07

◎ひぐらしのなく頃に
 (第14話)
 怪しげな作業員に声を掛けられてる犬飼寿樹とかいうガキ。今回から「暇潰し編」だけど、この期に及んで新キャラか?
 電車で弁当を食ってる赤坂衛とかいう若い新米刑事。冒頭の建設大臣の孫のガキの誘拐事件に関して雛見沢村のダム建設反対団体の捜査にやってきたってか。で、梨花と出会ってるんだけど……名付けて「富竹2号」ってかい。
 神社の入り口に立てられたダム建設反対の幟。安保闘争みたいで懐かしいだろという村人に真面目に反対意見を言ってる赤坂。なんか簡単に正体が疑われそうな気がするけど……
 いきなし「赤坂、東京に帰れ」と言ってる梨花。なんかオヤシロ様に憑依されたみたいだけど……
 地元の警察に知らされた園崎家の親族会議の話。当主のお魎は大臣の孫の誘拐事件を知ってるって話。しかも、翌日、大石に呼び出されて見せられたのは雛見沢駐在所から届けられたという犬飼寿樹の名前の入った遺失物。発見場所に案内してくれと言ったら、いきなし防弾チョッキを着てる大石に驚いてる赤坂……なんか物騒だね。

 ダム反対運動の真っ最中ということは前原圭一の事件よりも以前の話ってか。沙都子の家族構成が分かれば年代は確定するんだろうけど……ま、最初の事件より前っぽい感じだね。「暇潰し編」というタイトルだけあって番外編みたいなものか。

◎つよきす Cool×Sweet(新)
 (第1話)
 初っ端から胸ポロかい。
 近衛素奈緒。転校生はいいけど、なんかクラスの反応が無いな。それで物語が作れるのか?
 演劇に燃えてる素奈緒。演劇部が無いと言われて、作るために生徒会に申請しに行くのはいいけど……なんちゅう生徒会室じゃい。
 昼間っからよっぴーとお楽しみのところを邪魔された生徒会長の霧夜エリカ。嫌がらせで自分に演劇の楽しさを分からせたなら部の創設を認めても良いって言ってるけど……
 エリカの用意したやあら豪華なセットで『ロミオとジュリエット』の一人芝居してる素奈緒だけど……途中で入ってきた対馬レオに気を取られて芝居は失敗。したりとばかりにエリカに演劇部を却下されてるとは哀れね。
 意味無く全員裸なED。ま、着てるよりは着てない方が良いけど……

◎ARIA The NATURAL
 (第14話)
 早起きしすぎた灯里。暗いうちからゴンドラでブラブラしながら交通標識の案内かい。ネオヴェネツィアの水路にはパリーナという標識があって、その中で建物の前にある彩色パリーナは看板みたいなものだという話だけど……
 ARIAカンパニーの前には彩色パリーナが無いってアリシアに言ったら、作れと言われてる灯里。言いだしっぺの法則ってアクアでも通じるのね。
 古いアルバムを見付けた灯里。そこには若い頃のグランマの写真と、ボツになった彩色パリーナのデザインが……しかし、グランマと一緒にアリア社長が写ってるんだけど、猫の寿命ってそんなに長くないだろ。ひょっとして、アリア社長って化け猫か?
 いきなりARIAカンパニーに来てるグランマ。そのデザインはグランマと同じ頃にいた別のメンバーが描いたものだって話だけど、その頃はまだ会社のカラーが分からなかったから色が決められなかったってか。
 一日練習をサボって彩色パリーナを考えてる灯里。ま、こいつが練習しようとしまいと、ARIAカンパニーの売り上げには関係ないだろうけどね。
 翌日、業者から搬入されたパリーナにデザインを描く灯里。そこにやってきた藍華とアリス。「猫の手も借りたいんでしょ?」と手伝おうと言ってるけど、猫の手ならとっくに借りてると思うぞ。
 業者が海底に打ち込んで完成した彩色パリーナだけど、なんか呪いのアイテムって感じだな。いや、ARIAカンパニーの制服とかも同じデザインのような気がするけど……

◎スクールランブル 二学期
 (第13話)
 留年先生の恐怖に脅える播磨。愛理たちが怖い顔になってるのが怪談パターンだけど、天満だけずれててずっとそのまま顔が戻ってないって……
 耳無し法一みたいに書き忘れた部分が……ってオチかと思ったけど、そこまでは引っ張らないのか。

 留年したら烏丸と離れ離れになると心配してる天満だけど、そもそも烏丸って天満に頼まれて1年だけ留学だか転校だかを引き伸ばしただけじゃないのか? どのみち春になったら離れ離れだと思うんだけど……
 日本史の問題、好きな人に絡めて覚えれば良いって美琴の提案だけど……そのまんま好きな人で覚えてしまうってオチね。しかし、川中島の合戦でどっちが勝ったなんて、高校の試験の問題なのか? 他に本能寺の変で織田信長を滅ぼしたのは誰かとか、1603年に江戸幕府を開いたのは誰かとか、黒船で来航して幕府に開国を迫ったのは誰かとか……中学どころか小学校のテスト問題だと思うぞ。

 プールに出るヤッシーの話。矢神高校だからヤッシーってか。百物語の最後に夜中のプールでヤッシーを見て引き攣る一同……楳図かずおかいっ! ま、例の播磨に懐いてるキリンでもプールで行水してただけだろうけどね。
 しかし、作品時間は確か冬のはずなんだけど、夜の学校で百物語なんかするか?

 バスケの後日談、麻生と美琴のデート。パジャマパーティーで報告させられてる美琴だけど、天満たち3人に思いっきしダメだしされまくってるのが何とも。しかし、美琴は花井一筋かと思ってたんだけど、麻生にも気があるのか?

◎いぬかみっ!
 (第14話)
 河原で野宿生活の啓太たち。さすがに一週間たったらアパートが直ってるってことは無いか。しかし、新堂家に掛けられていた呪いが振りかかって、銀行口座も無くなってるとは悲惨だね。
 はけに呼び出されたようこ。大妖孤が復活し始めてるから封印を手伝えって話だけど、ようこって犬神じゃなくて大妖孤の娘だってかい。
 しかし、動物結界って……タヌキやネコで封印できるのか?
 啓太に自分の正体を話すようこだけど、啓太はすでに知ってたみたいね。で、大妖孤の封印に出掛けるようこ。見事、父親の封印に成功してるけど、それを脅えるように見てる他の犬神たち。はけや薫の犬神たちはようこと普通に付き合ってるのに、その他の犬神たちってそうじゃないみたいね。
 それにしても、せんだんはいたけど、ようこが一番実力を認めてるなでしこは来てないのか? そのなでしこでも大妖孤の封印は無理って話か? ま、大妖孤も相手が娘だから甘んじて封印されてるって面もあるんだろうけど……

◎ウィッチブレイド
 (第14話)
 玲奈に引き取られた梨穂子。ま、玲奈に悪気は無いんだろうけど、こんなマニュアル通りで無機質な母親じゃ、梨穂子も辛いだろうね。
 1人で塞ぎ込んでる雅音を連れ出してる鷹山。梨穂子の父親は自分かと言われて否定はしてないけど……
 雅音が17歳まで育ったという施設に連れて行ってる鷹山。施設の全員揃って旅行に出掛けた時に震災に遭ったって悲惨な話。じゃ、震災の時点で雅音は17歳で、それで子供をつれてたってか。
 大原寧夏というのが雅音の本名だという鷹山。施設で見付けた積み木を揃えてる雅音だけど、一つだけ足りないって話。どうも雅音が何か欠けてる物を異常に意識して埋め合わせようとするのはこの積み木が原因みたいね。
 結局、雅音の記憶は戻らなかったという話。
 ネオジーン新世代のまりあ。テストで成果を出した褒美に母親のことを教えてもらってるけど、それが玲奈ってか。ま、母親といっても実験用に遺伝子か卵子を提供しただけだろうけどね。

◎ZEGAPAIN -ゼーガペイン-
 (第14話)
 衛星軌道上から地上に打ち落とされる楔。それがデフテラ領域の発生装置だってか。それを阻止するにはガルズオルムの本拠地を叩くしかないってか。
 リョーコが消滅した時の映像記録を見てるオケアノスの一堂。自分が狙われたのだと言ってるシズノだけど……なんかガルズオルムの連中と因縁でもあるのか?
 弟の記憶からすでに消去されてるリョーコの記憶。そのくせしてリョーコの部屋はそのままだけど、女の子の部屋にずかずか乗り込むか?
 例の『世界の終わりの一日』の映像からこの世界の謎を探っていくソゴル。キーワードは「セブンデイズ・プログラム」。しかし、そんなものよく図書館の検索システムから引けたものだな。ま、生徒会長たちがそう仕組んでるんだろうけど。
 オルムウイルスの蔓延による人類滅亡の危機がそもそもの原因みたいだけど……
 量子コンピューターを開発したナーガという怪しげな女魔道士学者のおっさん。幻体化して量子サーバー内で無限進化を行うことが人類にとっての幸福だと提唱したって話だけど、その実験を実行するためにオルムウイルスをばら撒いて人類を滅亡の危機に導いたってか。究極のマッドサイエンティストだな。
 しかし、幻体化したいとは思わないものとか、そもそもオルムウイルスは生物兵器だとかいう疑心暗鬼で戦争が起こって、幻体化した一部の人間を除いて2年以内に人類は滅亡したってか。悲惨だね。
 ナーガはガルズオルムを率いて誰もいなくなった地上を勝手に実験場として環境改造し始めたのがデフテラ領域で、幻体化した人間の中からそれに反旗を翻したのがセレブラントだったってか。
 アルテイルのバックアップ領域を調べてて謎の破損ファイルを発見したシズノ。調べたらそれがリョーコの幻体の圧縮データだって……要するに死んでなかったって話ね。

◎砂沙美☆魔法少女クラブ
 (第12話)
 魔法少女大会の前にもんたに告白しようとしてる美紗緒。もんたの下駄箱に呼び出しの手紙を入れて気合十分だけど……魔法攻撃の的が衣斗紀の写真って、そこまで毛嫌いしてるのか?>鷲羽。
 当日、緊張して早く出掛けてしまった美紗緒。砂沙美と一緒に時間まで魔法の練習で暇潰しとか思ったら、なぜが集合してる他の連中。魔法少女大会の案内に書かれてた日付が間違っていて、今日が大会の日だって話。昨日の晩、連絡が回ったはずなのに、真琴のところで止まってたって酷い話。
 そのまま魔女界に連れて行かれそうになってる美紗緒たちだけど、電車の発車寸前で降りてしまった美紗緒。砂沙美も次の駅から引き返し、魔法少女大会は他の3人で何とか凌いで待ってるってことになったけど……
 5人揃わないと失格だという衣斗紀に、大門をダシに使って何とか認めさせてる鷲羽だけど……毛嫌いしてる割には取り入るのが巧いね。
 約束の場所で待ってるもんたの前にやってきた美紗緒だけど、全然言葉が口に出ないってのはお約束。じれたもんたがもう帰ると言い出すと、ストレスで黒い触手を出してしまってる美紗緒。当然、それを見て脅える様子のもんた。
 そこに空を飛んでやってきた砂沙美。ま、黒い触手よりこっちの方がインパクトあるわな。そんなことしてながらもんたに「びっくりしちゃダメだ」って言ってる砂沙美。ま、小学生の思考なんだろうけど、そんな無茶なこと言うなよ。
 思わず逃げ出した美紗緒を追いかける砂沙美ともんた。美紗緒を見つけ、砂沙美に言われたようにそんなの平気だと言ってるもんただけど……相当に無理があるね。取り合えず、また今度そんことを説明させてくれと言ってる美紗緒。なんかそれだけで告白したつもりになってるみたいだけど……それで良いのか?
 魔法少女大会って何をやるのかと思ったら、要するに魔法を使った運動会かい。どうにか3人で午前の個人競技をクリアした鷲羽チーム。昼休みで弁当ってお約束の光景。家族じゃないからどっちかというと遠足の昼食光景だけどね。
 遠くに人影を見たような鷲羽。どうも砂沙美の父親みたいに見えたけど……
 目的を達成して魔女界に向かうとする砂沙美と美紗緒。しかし、合言葉を忘れたから前と同じように魔女界には行けなさそう……と思ったら、いきなし走り出してる魎皇鬼。ま、鷲羽が魎皇鬼を渡したのは魎皇鬼が魔女界への行き方を知ってるからだろうけどね。
 それにしても気になるのは砂沙美の父親だな。魔女界出身者のくせして魔法を毛嫌いしてる人だからねぇ……

◎神様家族
 (第8話)
 写真の女の子そっくりに成長してる愛。しかし、写真の女の子は実は病院の女の子で、愛という名前もその女の子の名前。愛は本当は女の子の持ってた人形の方で、名前はルルってか。
 人形しか友達のいなかった女の子がずっと奇跡を願ってたから、神様が願いをかなえたって……この前の短冊の願い事を釣ってたのはこれの伏線だったのか。ま、俄かに短冊に書いたような願い事は叶うわけ無いってのがよくわかった。
 しかし、ラストのオチがよくわからんのだけど……

◎ザ・サード ~蒼い瞳の少女~
 (第10話)
 倒した獣人のことで悪夢にうなされてる火乃香を気遣うイクス。何か情報をつかんでるんだろうけど、火乃香に引き返さないかと提案するイクスだけど、当然それは拒否。
 イクスのことを胡散臭がってるパイフウだけど、人を殺したことで戸惑ってる火乃香にいらついてるって……そりゃ元殺し屋のねーちゃんから見たら甘いんだろうねぇ。で、火乃香を挑発して戦ってるんだけど、元殺し屋のねーちゃんの腕でも火乃香には全然敵わないってか。
 グレイブストーンを攻撃するためのワームホールドライバーのファイナルカウントダウンに入ったザ・サード。イクスと火乃香が歪曲点のそばにいると聞いて慌ててる浄眼機だけど、何かもう間に合わないって雰囲気だね。

◎ハチミツとクローバーII(新)
 (第1話)
 冒頭、草むらで四葉のクローバーを探してる一同。何かと思ったらタイトルの前振りかいっ!
 竹本が美大に入ってすぐって……前作の総集編か。

◎まもって!ロリポップ(新)
 (第1話)
 ケーキに付いていた飴を食べたニナ。それが魔法使いの試験で奪い合うクリスタルパールって話で、それを巡って受験生たちが襲ってくるって展開。それを最初に見つけたイチイとゼロが守ってことだけど……ようするにニナを守ってるんじゃなくて、自分たちのクリスタルパールに対する優先権を確保しようとしてるだけって、酷い話。
 ときたひろこ作品にしてはなんか杜撰な出来だと思ったら、やってるのはシリーズ構成だけか。ときたひろこが監督やってりゃ、もっと見れた作品になってると思うんだけどねぇ……
 ニナ役の庄子裕衣って確かクローバーのメンバーだから声優経験は1年以上は絶対にあるはずなんだけど、なんか新人並みに下手糞だな。ま、変に「守る」というキーワードに反応してるところに違和感を覚えるのかも知れないけど……
 はっきり言って、見続けるのは非常に辛い作品だね。

◎ケロロ軍曹
 (第117話)
 織姫と彦星は一緒にいたらラブラブで仕事が手に付かないから1年に1回しか会えなくされてしまったって……天界は1年に1回しか仕事をしなくていい休日は無いんかい。人遣い荒すぎ。

 ラジオジャックは良いけど、毎度毎度623の番組をジャックしてるって、そんなことすりゃ夏美の妨害に遭うことわかってるだろうに。ま、夏美に聞かせてやりたいという報復的願望と、作戦遂行のためには万難を排して成功を期すという慎重的な理性とじゃ、報復願望の方が上回ってるのが失敗の原因だな。

◎シムーン
 (第14話)
 ワポーリフがシャワーを浴びてる最中に入ってきたモリナス。自分も男になるから気にするなって……ワポーリフは男だったのか。この世界、男って言ってもオカマみたいなのばかりだから、よくわからんね。
 シムーンはただの機械で、すでに周辺国に対する技術的な優位性は無くなって来てるから、ワポーリフにシムーンを解体してテクノロジーの秘密を探れと言ってるドミヌーラ。とりあえずはそれを拒否してるワポーリフだけど……結局は好奇心のほうが勝ってしまうって展開ね。
 モリナスに夜這いをかけて、アムリア機の解体を行うワポーリフ。しかし、自分たちに理解できるものは何も無かったと言ってるんだけど、それを見たドミヌーラは何かを見ていきなし怯え出し、悲鳴を上げてるって……いったいそこに何を見たんだ? まさか、あの螺旋の一本一本が失われたシヴュラそのものだとかいう話じゃないだろうな。
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.501 (1/3)

2006年10月05日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/03~06/07/03

◎ゼロの使い魔(新)
 (第1話)
 朝、着替えてるときのルイズの寝ぼけ眼がなかなか良いね。
 ミセス・シュブリエールの錬金術の授業。ルイズが当てられたとたんに何か脅えてるクラスの一同は良いけど、こっそり教室を抜け出してるタバサって……ま、結果は見事に大爆発だけどね。
 原作はいきなし才人が召喚されたところから始まってるけど、アニメはルイズ視点でその少し前からやってるおかげで、ルイズ以外の連中の使い魔召喚のシーンもあるのね。ま、だからってギーシュの使い魔がモグラってことには変わりないけど。
 しかし、どう考えても一番の大物の使い魔だしてるのはタバサのはずなのに、その光景が無いってのは考え物だね。
 で、才人を召喚したルイズだけど、平民であろうと何であろうと使い魔は使い魔って、平民に人権は無いのか。
 しかし、タダでさえ礼儀の出来ていない現代の日本のガキがこんな中世風の貴族社会に飛ばされたら、本当ならとてもまともにやっていけないだろうね。ルイズにとって一生に一度しか呼び出せない使い魔だから多少の無礼は多めに見られてるってところだろうからね。
 それにしても、使い魔って普通は魔法動物だから使えることって魔法行為の手伝いぐらいなんだろうけど、相手が平民だからってまるで奴隷か召使って扱いで家事全般何でもやらされそうな感じだな。ま、空を飛んだり火を吐いたりとかいう特殊能力が無いんじゃ、それくらいしか使い道ないんだろうけど。

◎ブラック・ジャック21
 (第72話)
 ドクター・ジョルジュに会いに来たブラック・ジャックだけど、父を殺しに来た兄と間違われてジョルジュの娘に銃を向けられてるとは穏やかじゃないな。
 ジョルジュはフェニックス病とかいう一種の気胸で、医者の兄が治そうとして治せなかったから、今度は安楽死させようとしてるってかい。
 ブラック・ジャックが手術しようとしたら、そこに現れて手術の邪魔をしようとしてるキリコ。こいつがジョルジュの息子だったってかい。キリコが安楽死に手を出したのは、現代医学で治せない父親を苦しまずに楽に死なせてやりたいと考えたからってか。
 あくまで手術を行うブラック・ジャック。臓器を水に浸してようやく気胸の場所を発見したブラック・ジャックだけど、いきなり患者の心拍数が低下。どうせ手術は失敗するだろうってキリコが毒を仕込んでたってかい。酷い話ね。
 それでも懸命の処置を続けるブラック・ジャック。何とか心臓を復活させたと思ったら、今度は呼吸が止まり脳波が停止……それがフェニックス病だと言い放つキリコだけど……
 しかし、行く先々で手掛かりの重要人物が続々死亡。別に組織が殺し屋雇って口封じしてるわけでも無いだろうに、なんかブラック・ジャック自身が死神みたいだな。

◎名探偵コナン
 (第444話)
 どうでもいいけど、最初から被害者の飲む緑茶の銘柄がわかってるんなら、ペットボトルのふたぐらい予備で用意しとくってこと簡単に出来るだろうに。ま、ふたに血が付くなんて予想してなかったんだろうけど。
 しかし、あの場所で砂の中にふたを埋めるなんて露骨に怪しい行動だと思うけど、誰も目撃してなかったのか? 被害者以外はペットボトルに触ってないとか、変なとこだけ詳しい目撃証言があるんだけど……
(証拠隠滅が目的で砂に埋めたんなら、後ろ手で砂を書き分けながら埋め込むなんて中途半端なことしないだろうし)
 それにしても、こいつらみてもどこが貝の愛好家なのか全然わからんのだけど……

◎涼宮ハルヒの憂鬱(終)
 (第14話)
 みくるの写真を眺めてて、みくる本人に見付かりそうになって慌ててるキョン。その光景を見てなぜか不機嫌なハルヒ。しかし、何でいちいちバニーに着替えてるんだ?
 夜、寝てたらハルヒに叩き起こされてるキョン。気が付けばそこは学校で、どうやら閉鎖空間の中。学校の敷地からは出られず、そこにいるのはキョンとハルヒだけ。
 ハルヒが一人で見回りに出掛けた隙に現れた古泉。なんか緊急事態の癖して相変わらず饒舌なやつだな。ハルヒはキョンと二人で新しい世界を作って、他の連中は見捨てられてしまったってか。
「キョンくんと涼宮さんは新しい閉鎖空間のアダムとイブになったんだ」
 ま、産めよ増やせよでやりまくれるなら悪くは無いかも知れんけど、他に人間がいないんじゃ、後が大変だな。
 結局、役に立つ情報はパソコンの電源を入れろという長門のメッセージだけ。で、パソコンを立ち上げたらいきなしDOSのコンソール画面……いったいどんな仕掛けを仕組んだんだ?>長門。いや、これもハルヒの作った世界だから、ハルヒがWindowsよりもMS-DOSが良いと望んだのかもしれないけど……
 なぜか長門とチャットが出来てるって状況だけど……こいつも饒舌だな。で、役に立つ情報は「sleeping beauty」だけかい。
 で、いきなし出現した神人。それを見て宇宙人か、古代人の作った秘密兵器かとはしゃいでるハルヒ。なんか久々に嬉しそうな顔だな。なんかすっかりこの世界が気に入ってるみたいだけど、すでにSOS団もどうでもいいってか。
 ハルヒの手をとって逃げるキョンだけど、ひたすら校舎を壊してる神人。まるで『劇場版ああっ女神さまっ』でひたすら巨大な豆の木を切ってる巨人だな。
「あんただってつまんない世界にうんざりしてたんじゃないの?」
 この時点で作品の大前提が壊れてるんだよね。ようするに世界はハルヒが望んだように出来てたんじゃなくて、キョンが望んだからハルヒという存在が生まれたって話。すべてはキョンが作り上げた虚構の世界って話なんだけど……一作目の時点で原作者はそういうことを匂わしてるんだけど、二作目以降は無かったことになってる感じだな。ま、今さら創造主はハルヒではなくてキョンだと言ったところでファンは納得しないだろうけど。
「オレ、実はポニーテール萌えなんだ」
 いきなし意味不明の告白。ま、ハルヒじゃなくったって理解不能だろうけど「ツンデレ・ツインテールで最強コンボ」というのはキョンには関係ないみたいね。
 で、キョンがハルヒにキスしたとたんに神人も閉鎖空間も消滅して元の世界に戻ってるんだけど……『白雪姫』も『sleeping beauty』も眠ってるお姫様にキスする話で、目の前の女の子に強引にキスする話じゃないと思うぞ。
 翌日、律儀にポニーテールにしてきてるハルヒがかわいいね。ま、この世はキョンの望むように出来てるんだから、ハルヒだってそれには逆らえないんだろうけどね。

◎Angel Heart
 (第38話)
 香の言葉で母親の死を意識したミキ。いや、これまでのミキの人生が否定されたって感じで残酷に思えるけどね。
 結局、ミキは海坊主に引き取られることに。目が見えなくてもその他の感覚で日常生活を不便なく送ってるという海坊主だけど、それでも目が見えないと周囲の景色はわからないって話。そこで、ずっとそばにいて海坊主に代わって景色を見るというミキ。
 なんかほのぼのとした良い話なんだけど、失明で引退してるとはいえ、元殺し屋のおっさんなんかに女の子を預けて大丈夫なのか?
 海坊主の店にやってきたある女性客。1年ぐらい前に来たことがあると言ってる海坊主だけど、物覚え良すぎ。ま、常連客以外にはほとんど客が来ない店なんだろうけど……
 3000円の会計にちょうどだと言って1万円札を3枚出してる客。しかし、1枚を引き抜いて7000円の釣りを出してる海坊主。途端に泣き崩れる客だけど……1年前に海坊主の目が見えないことを良いことにお金を騙したって話。今回のはその償いだってことだけど……1年前も海坊主はそのことに気付いてながら騙されたふりをしてたって、まぁくさい人情話ね。
 常識的に考えたら、仕入れや確定申告とかでちゃんと帳簿を付けないと店をやってけないから、全盲のマスター1人で店の経営は出来ないはずなんだけど、海坊主の店ってその辺はどうやってたんだ? まさか、あのいったいは税金免除の無法地帯ってわけでもないだろうに。

◎ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
 (第13話)
 いきなし「Sister×sisterS」とかいうアイドルユニットがいることになってるラムダエイト。社長の大門に無断で江戸川が勝手に始めた企画だけど、養成所の赤字を指摘されると大門も文句を言えないってか。
 で、そのメンバーに選ばれてるのが桃子たち5人……ぺーぺーの新人声優をアイドルとして売れると思ってるのか? アイドル業界も舐められたものだね。しかし、スポンサーの家電量販チェーンの社長と料亭で密談してる江戸川、なんか時代劇の悪代官と悪徳商人って感じだな。
 それにしても1ヶ月でアイドルとして売り出すって、無謀だな。
 連日レッスンで大変みたいな桃子だけど、おまい、バイトはやらなくて生活費出てるのか?
 イベント当日。なんか異様に客が入ってるけど……みんなアタリたちみたいに身内からタダ券貰ったやつらばかりか?
 メイドなんかもう古いって言ってるから狙ってシスターやってるのかと思ったら、妹のつもりだったってか。外人なのかどうか知らんけど、社長が英語交じりの言葉しか話さないのはその誤解のための伏線だったのか。
 おもいっきり会場が冷え切って、慌てて楽屋に呼び戻される5人。しかし、社長のマイクが入ったままだったのが逆に会場を盛り上げてるってか。りんかの発案でシスター衣装をカットして斬新なデザインにして再登場。アマチュアコスプレアイドルの面目躍如ってとことかい。
 しかし、妹でシスターって……

◎桜蘭高校ホスト部
 (第13話)
 父親と桜蘭高校の特待生の入学手続きにやってきたセーラー服のハルヒ。その頃の回想話かと思ったら、うさちゃんに誘われるままに第3音楽室に迷い込み、バナナの皮で滑ったと思ったら、そこは不思議の国。
 ま、よくあるアリスネタの話だけど、最初から全部夢だったとは酷い話。
 しかし、大きくなるきのこと小さくなるきのこを食った猫澤兄妹の変わりぶりがなかなか良かったね。

◎僕等がいた(新)
 (第1話)
 高校入学早々、友達を探そうとしてる高橋七美。取り合えず最初に声を掛けた隣の席の山本有里が何かやたら冷めた奴ってのが災難な感じ。クラスの女子が話題にしてる矢野元晴。原作者は佐野元春のファンでもやってるのか?
 なぜか矢野と一緒にホームルームの議長やらされてる七美、災難。数学0点というのも凄いけど、それで強請られて遠足の買い物を女子に引き受けさせられてるって……他の女子から恨まれるぞ。
 ま、確かに中学までと違って高校の試験で0点ってのは致命的だな。
 それにしても極端にキャラのアップが多くて背景の無いアニメだな。ま、大地監督だから確信犯的にやってるんだろうけど。
 どうでもいいけど、遠足で42.195キロの耐久訓練って、いったいどんな高校だ。
 中間地点を越えたところで山本有里がくたばって大騒動。それを手馴れたように処理してる矢野だけど……いや、そこで焼肉食うか?
 去年の夏、山本の姉が死んだと聞いた七美。それが矢野のカノジョだったって展開なんだけど……七美と竹内との話が噛み合ってないところが爆笑だな。

 この手の大地監督作品というと『フルーツバスケット』以来だけど、さすがに少女漫画は手馴れてるって感じで安心して見れるね。

◎コヨーテ ラグタイムショー(新)
 (第1話)
 シャトルの機内食を異様な勢いで掻き込んでるねーちゃん。銀河警察統合局からサンドビル刑務所に派遣されて来たアンジェリカ捜査官ってか。なんか物騒な銃器を持ち歩いて特殊な任務を帯びてるって感じだけど……
 目的は星の数ほど偽名を持つ凶悪犯ミスターの捕獲みたいだけど、そこにいきなり爆弾テロ。爆弾処理班に紛れ込んだ一味がミスターを連れ出しに来たってところだけど……
 そこに上空からミスターを探して刑務所を襲撃してきた凶悪なマダム・マルチアーノの12姉妹……名前が12月の名前ってのが凶悪だな。
 ミスターを知らないという刑務所長を殺そうとしてるメイにいきなり銃撃してるアンジェリカ。平然と銃弾を弾き返しながらアンジェリカに迫るメイ。追い詰められたと思ったら、そこにいきなしミサイル弾。吹き飛んで頭だけになってるメイ。そのちぎれた断面にはショートしてる機械……って、こいつはサイボーグか何かか? それで銃弾を弾き返してたのね。
 で、ミサイルが飛んできた先には仲間の手で脱獄したミスター。自分たちを無視してアンジェリカと話すミスターに怒ってアンジェリカを殺そうとするゴスロリ・エイプリルだけど、それを銃撃するミスター……なんかミスターとアンジェリカって腐れ縁って感じだな。
 津浪で銀行を襲った事件を引き合いにしてアンジェリカに注意を促すミスター。慌てて刑務所の一同を屋内に退避させるアンジェリカだけど、そこには津浪のようなサンドワームの襲来が。
 なんかエイプリル以下の12姉妹はサンドワームの津浪に飲み込まれてしまったみたいだけど……ま、これくらい何とも無いんだろうね。
 その隙にミスターはまんまとこの星から逃走してるわけだけど……

 ま、悪くは無い作品だね。しかし、12姉妹の動きとかどこかで見たような感じ……と思ったら、『フタコイ オルタナティブ』と同じスタッフの作品ってか。じゃ、まさか12姉妹の元ネタって6組の双子か『シスター・プリンセス』か? いや、そんな萌え系のキャラじゃないけどねぇ。

◎うたわれるもの
 (第14話)
 同時に複数の国境地帯に何度も繰り返し攻撃を仕掛けてくるニウェ。トゥスクル軍はそのたびに迎撃に出掛けていくものの、だんだん疲弊してきてるって感じ。こうなったら先に敵に攻め込もうというオボロだけど、ハクオロはあくまで専守防衛に徹するばかり。
 牢から出されたトウカ。てっきり処刑されるのかと思ってたみたいだけど、ハクオロは剣を返して釈放し、オリカカンの遺体を引き渡して故郷の土に還してやれと……。カルラの時と同じ扱いだけど、カルラは別にトゥスクルに害をなしたわけではないからね。
 ニウェはクッチャケッチャの内通者を手下に加えてるみたいだけど、何かろくな扱いはしてない感じだな。そのニウェに手を貸してる翼人のにーちゃん。ま、ウルトリィと同じようにシケリペチムに派遣されたオンカミヤムカイの使者なんだろうけど、何か自らニウェの侵略行為に加担してる感じだな。
 牢に捕らえてあった連中を組織して大軍を仕立て、トゥスクルに攻め込むニウェ。例のオリカカンを操ってた幻術か何かを使ってバーサーカーにでも仕立ててるのか?
 敵が全軍を率いて攻め込んできた隙に留守のシケリペチムを急襲してニウェを倒そうと目論んでたハクオロだけど、敵の進軍速度がまばらで本国を突く隙が無いって諦めて何とか迎撃で持ち堪えようとしてるハクオロ。乱戦でオボロたちと離れてエルルゥと住民を助け出してるところを敵の指揮官に襲われて絶体絶命。そこに現れたのがトウカ……ってお約束の展開。「トウカが仲間に加わった。レベルが1上がった」
 何とか攻撃を防ぎきったトゥスクル軍。次こそニウェも全軍を出してくるだろうと、全軍の指揮をベナウィに預け、カルラとトウカを率いてニウェを急襲しに出掛けるハクオロ。下っ端の兵士が付いてるとはいえ、連れてくのが女性キャラばかりってどういう人選だ? いや、こいつらは基本的に部下を持たずに一人で戦うタイプだから連れて行きやすいってこともあるんだろうけど。
 でも、それだったらわざわざ下っ端の兵士を連れて行くぐらいならオボロの部隊でも連れってった方が確実だと思うんだけど、オボロの部隊も迎撃用に残さないといけないくらい戦力が逼迫してるんだろうな。確かに双子の率いてる弓兵部隊は防衛戦には不可欠だからねぇ。
 それより、そんな襲撃部隊にエルルゥまで連れて行くか?
コメント