電脳アニメパス

アニメ及び周辺文化に関する雑感

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週刊アニメ定点観察 Vol.504 (4/4)

2006年11月21日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/30~06/07/30

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第25話)
 おや、いまどき釣り船屋で生計立てられるのかとか思ってたら、夏場は海の家やってるのね。しかし、海の家って稼ぎ時が限られてるし、単価の低い商売だからそれだけではあんましたいした収入源にはならんだろうね。やっぱし年間通してのメインは釣り船の方か。でも、あれも冬は商売にならんだろうし……
 ハナミズターレとは良いネーミングセンスだね。
 ムープとフープって満&薫と出会ったのは空の泉がやられた後だったみたいだけど……単にそれ以前に出会ったことが無いだけって話で、満&薫が元からアクダイカーンの部下だったとかいう話じゃないよな。2人はまだアクダイカーンのところにいるって話だけど、要するにアクダイカーンにとって簡単に滅ぼしたり逆に野放しにしたりは出来ないって存在のように思うんだけど……。ひょっとして、フィーリア王女の魂が2人の中にいるとか、そういう展開なのかなぁ?

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第12話)
 サボテン超獣を攻撃する戦闘機部隊。おや、この世界で超獣と戦うのはTACだけじゃなかったのか。
 サボテンに化けてサボテン屋の屋台に紛れ込んだ超獣。それを気に入って学校に持ち込んでるサボテン屋のガキだけど……虫を食うサボテンの花っておかしいとは思わないのか?>担任の教師。これだから科学知識の無い女の教師ってねぇ……
 夜中に飼育小屋のニワトリを襲ってるサボテン。見回りに来た大村千吉の用務員もサボテンに食われてるけど……大村千吉のやられっぷりというのが年季が入ってて最高。何といっても特撮のやられ役俳優としてのキャリアはピカイチだからねぇ。
 事件の調査にやってきた刑事くん、桜木健一とTAC。現場に残った刺からサボテンが怪しいと睨むも、隠し持って帰ってるガキ。
 焼き鳥を食って逃げ出したサボテンを追うガキだけど、サボテンは通り掛ったオープンカーのカップルを捕食。それを発見したTAC。そのまま宇宙に放り出して破壊するけど……サボテンは爆発のエネルギーを食って再び巨大化し、地上へ。全然攻撃に意味ないというか、攻撃の成果ぐらい確かめてから地球に帰れよ。
 超獣の再出現に体内の水分を蒸発させる効果のある爆弾を使用するTACだけど……見たところ全然効果が出てるようには見えないんだけど。だいたい、そんな爆弾、オキシジェンデストロイヤーと一緒で超獣だけじゃなく周囲の生態系にも多大な影響を与えてしまいそうな気がするし……
 どうでもいいけど、南夕子の跳躍力、凄すぎ。
 最後、超獣をネタにサボテンを騙し売ってるガキだけど……そりゃ1個50円じゃ泣くわな。

◎ウルトラマンメビウス
 (第17話)
 セリザワにGUYSに戻れと言ってるミライ。そこにいきなし怪獣が出現してるけど……。 速攻で変身して戦うメビウスとヒカリ。それをモニターで見ているGUYSの面々。やられそうなメビウスを見て「ミライ、危ない」と叫んでるサコミズ隊長……ま、ドサクサの中で誰にもツッコまれてなかったけど。
 ドキュメントUGMって、『ウルトラマン80』の怪獣かい。過去にウルトラマンの光線で細胞がすべて焼き尽くされて倒されてるからって、スペシウム弾頭弾の連発でサラマンドラを焼き尽くそうとしてるけど……これって、元ネタは波動カートリッジ弾だな。つまり、スペシウム光線のエネルギーを詰めたメテオールの兵器ってか。
 しかし、その攻撃もサラマンドラには効果なし。咽喉のところに再生を促す酵素を出す細胞があるからそこを狙えって話だけど、それじゃサラマンドラの吐く光弾の餌食になるだけってか。
 そこでいきなしフォーメーション・ヤマトってのを持ち出してきてるけど……結局、最後はウルトラマン頼りかい。
 メビウスにブレスレットを渡し、そしてセリザワの姿でアイハラに別れを告げて去っていくヒカリ。もう限界で戦えないってか。しかし、なんか中途半端な立ち去り方だな。それにしても、これでようやくサコミズを隊長として認めたってか<アイハラ。

◎仮面ライダーカブト
 (第26話)
 祐月に擬態して樹花を襲おうとしていたワーム。結局、天道に駆けつけられて失敗してるとはマヌケ。おまけに天道にやられかけて逃げたのはいいけど、倒れこんだ先にいたのが神代とは……
 しかし、その神代が「姉さん」と呼んだのを聞いて何故か近付いてる祐月ワームだけど、そこに影山と風間を圧倒的な力で痛め付けたワームが来てほとんど正体ばらしてるようなものだけど、全然気付かない神代……鈍すぎ。
 今度はひよりを狙ったワーム。それを守る天道だけど、なんかキャストオフする前に変身が解けてるって相当な強敵か? で、絶体絶命のとこにやってきた加賀美。田所が何か解析結果を出したら天道の力が必要だって……上空に飛び上がって上から叩くって話かと思ったけど……やっつけたと思ったら地面の下にいたもう1体のワームに助けられてるって、悪運が強いね。
 なんか祐月ワームといい雰囲気だと思った神代だけど、互いにキツネとタヌキの化かし合いだったとはいとおかし。
 7年前にひよりが見たのは天道本人だって話だけど、そこで何があったのかは話せないってか。ま、マスクドライダー計画や天道の両親にも絡んでる話なんだろうけど……あ、そうか。ワームって元々はマスクドライダー計画の副産物として生まれたんだけど、渋谷隕石の落下のときに野放しになってしまったって話か。
 しかし、ゼクトの上層部って絶対に一部のワームとつるんでることは確かだろうな。
コメント   トラックバック (2)

週刊アニメ定点観察 Vol.504 (3/4)

2006年11月21日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/27~06/07/29

◎ZEGAPAIN -ゼーガペイン-
 (第17話)
 なぜか行方不明の会長とシズノ。他のメンバーの知らない何か秘密を持ってるみたいだけど……
 300以上あったはずの幻体サーバーはすでに残り11。なんか、もう後が無い状況だね。
 セレブラントたちの戦う意味を知るためにオケアノスに侵入して来たガルズオルムの復元者・シン。相手は生身だから幻体では直接戦えないってか。白兵戦用のサイボーグとかは無いのか?
 幻体の搭乗員が戦うのは無理でもオケアノス自体に武器があるだろ……とか思ったら、ハッキングされて使い物にならないってか。なんかセレブラントもガルズオルムも基本的には同じシステムを発展させてきてるみたいね。
 ブリッジに向かうシン。閉鎖されたブリッジに今度は幻体になって侵入してるけど……目的はイエル……シズノのことかい。
 シズノがいないと知って副会長やルーシェン、ソゴルになぜ戦うかを訊くシン。しかし、そいつらの敵対的な回答では満足しない感じ。で、今度はアルティールのコックピットの中に残ってたリョーコのところにやってきてるけど……
「大事なものを守りたいから」
 その答えを聞くと満足そうに納得してるって感じ。で、リョーコに何かが欠けてるといって自分の体から何かを与えているんだけど……
 クリスの攻撃で追い払われたシン。瀕死の状態で戻ってるけど……その「大事なものを守りたいから」って感情はガルズオルムが進化の途中で捨ててきたものだってか。そして、再生されてるシンの肉体を見ながら、自分たちのは死すら無いって言ってるけど……
 帰ってきたシズノに「あなたの友達がやってきた」と言ってる副会長……おいおい、シズノって実は元々ガルズオルムの人間だったって話じゃないだろうな。

◎神様家族
 (第10話)
 朝から久美子とデートすると出掛けた佐間太郎を尾行してるテンコ。なんか怒りモード爆発寸前って感じだけど……しかし、テンコがいないと朝飯食えない神様一家……悲惨な食生活ね。
 いきなし佐間太郎たちを除くクラスの全員が同じ夢を見て遅刻。神様と天使が見てないのはともかく、久美子が見てないってのが謎。
 久美子を怪しがって家を調べるテンコだけど、ぼろアパートの中から出てきたのはフミコとかいう怖いねーちゃん。いきなし包丁を持ってテンコを追い回してるって……凶悪すぎ。
 闇に閉ざされた町。真赤な月に染まる中、怪しげな物音に目覚めたテンコ。その前に大きな鎌を持って現れた久美子。佐間太郎を取り込もうとしてやってきた悪魔だってかい。なんか最初から佐間太郎に意識させるように転校したふりをしただけで町で様子を伺ってたって……ご苦労さんだね。
 それにしても、今回はろくな扱いされてないな<ブタ。こいつ、てっきり悪魔の使いか何かかと思ってたんだけど、久美子の前での様子からしたらそっちの関係者ではないようだけど……本当に大天使なのか? そこが胡散臭そうなんだけどねぇ。

◎ザ・サード ~蒼い瞳の少女~
 (第13話)
 砂漠に現れる妖精とかファントムとか……ま、大戦前の最終兵器が出てくるような世界だから何でもありかい。
 学術調査隊への同行でそれなりにやってる火乃香だけど、学校でミリィが眠り込んだまま起きなくなったからってパイフウが連絡してきて、ミリィを連れて旅に出ることになってるって展開。
 しかし、スカート談義の火乃香のリアクションが良いね。
 その火乃香を探してる怪しげな男。殺し屋か何かと思ったら、妖精を専門にしてるハンターだってか。火乃香に仕事を手伝うように依頼するけど、休暇だからと断る火乃香。去り際に天宙眼のことを口に出す男……いや、もうひとつの目って普通は心の目とかそんなもんだろうに。
 沙漠の中で査察軍の兵士に臨検されてる男。いきなし液状化したと思ったら兵士を倒してるけど……おいおい、こいつがファントムだってかい。火乃香を探してたのは冒頭の戦いで興味を持ったからってか? いや、別に火乃香を倒すつもりなら会った時に襲ってきてるだろうけど……

◎ケロロ軍曹
 (第120話)
 今年もやってきた土井中海岸。例によって引率のオトナ夏美。今年は男子水着コンテストだけど、賞品が623のサイン入りダンカンのプラモってことで無理やりエントリさせられてる冬樹が哀れね。
 例によってガンプラのパチモンにマニア心をくすぐられたケロロたちが参加してくるって展開でとても勝ち目が無い冬樹だけど、何としても冬樹を優勝させようとする桃華の工作で健闘。しかし、そこまでズルしててもケロロの執着心に勝てないとは、実に恐ろしきはマニアだね。
 しかし、土壇場で556に出し抜かれてるとは、ケロロも悲惨ね。

 人生は二度ある銃でセクシー美女になった桃華。さぞかし積極的に冬樹にアタックでもするのかと思ったら……あんまし冬樹相手に容姿が変わっても意味ないみたいね。ま、恋愛対象として見てくれてはいないけど、それなりに桃華の本質を理解してくれてるってことで、じっくり攻めていくしか無さそうだな。

◎シムーン
 (第17話)
 古巣のアルクス・プリーマに帰ってきて嬉しそうなワポーリフ。ま、確かにあのボロ舟は居心地悪かっただろうけど。
 おやま、アルクス・プリーマにいた他の2つのコールはシムーンの損失が激しくて再生を断念して、結局、コール・テンペストしか残ってないってか。
 敵の連合軍が遺跡に向かってるから、それより先に遺跡に向かうって話だけど……何かもう戦局はジリ貧だな。ま、翠玉のリマージョンが攻撃に使えないんなら物量に勝る敵がいずれは凌駕してくるのが当然だろうけどね。
 本気になってアーエルとパルを組む決意をしてるネヴィリル。しかし、パライエッタはまだまだ未練がましいな。
 遺跡にたどり着いたコール・テンペストだけど、そこには黒い見掛けない3機のシムーンが出現。まさか自分たちがリマージョンで攻撃されるとは思っても無かったって感じだけど……
 何かを感じて遺跡の中に向かうアーエルとネヴィリルだけど、そこには何故か泉があってオナシアの姿も。ここではすべての時の呪縛から解放されてるというオナシアだけど……。一方、遺跡に埋もれた1機のシムーンを発見してるユンとマミーナだけど、コックピットを見たとたんに呆然……いったい何が何があったんだ? まさか、それがドミヌーラとリモネの乗ってたシムーンか……と思ったら、前に和平交渉を偽ってアルクス・プリーマに潜入してシムーンを奪おうとしてた敵の巫女かい。格納庫の爆発で失敗したかと思ったら、シムーンごと遺跡に飛ばされてたってか?

◎おとぎ銃士 赤ずきん
 (第5話)
 気を付けるから大丈夫だと言って、赤ずきんたちを残して写生会に出掛けていく草太たち。前回、あれだけ大々的に学校が襲撃されてるのに、どこにそんなに暢気に構えてられる余裕があるんだ? まるで近隣の敵対テロ国家が核兵器を開発して脅しをかけようとしてるのに、この期に及んで核保有の是非をめぐる論議すら左翼ファシストたちに言論封鎖されてしまうどこぞの非科学的な平和念仏国家みたいだな。
 草太が話をしてる地味なぺんぺん草の花。「継子の尻拭い」って今のガキじゃ意味わからないだろうな。継子といえばシンデレラみたいに継母たちに虐められてる存在で、尻拭いというのは今は意味が転じて他人の失敗をフォローするような意味合いに使われてるけど、本来は用便の後に尻を拭くこと。要するに継子は紙で尻を拭かせてもらえないから、そんな雑草で尻を拭いてたってような意味ね。ま、植物の名前なんかは例えが多いから、実際にその草で尻を拭いてたかどうかはわからんけど。
 花壇の中で寝てる変なコスプレ少女に声を掛けようとする草太だけど、いきなし地中から生えてきたツルに襲われて大変。白雪に助けを求めてるけど……とか思ったら、そのツルを切って襲ってくるグレーテルと、その剣を受け止めるツル……敵かと思ったら味方だったってか。
「いばらだよ」と寝ぼけながら名乗ってる少女。ま、3人目の三銃士って話だろうけど……いわゆる『眠りの森の美女』の「眠り姫」ってのはペロー童話集の話で、これは民間伝承を元にアレンジを加えて作られてる童話だから、グリム童話としては「いばら姫」が正解なんだけど……逆にグリムの話の方はあんまりメジャーじゃないからねぇ。どっちかというとやっぱしグレーテルの方がメジャーでヒーローっぽい感じだな。ま、敵ボスがサンドリヨン(シンデレラ)だという世界だからねぇ……
 ま、グレーテル自身には悪意はなくてヘンデルに命じられるまま動いてるだけみたいだし、そのヘンデルも元はやさしいキャラだけど何か邪悪なものに取り付かれてるって感じだな。ま、寝返りイベントが期待できそうではあるってところか。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
 (第18話)
 列車に乗り遅れて学園に残ってる晴雨姉妹……と思ったら、シェードとかブライトとかも一緒かい。いや、ティオやミルロやたねたねの国の御一行は無事に帰ったみたいだけどね。しかし、リオーネを残して自分だけ帰ってるティオって……
 デコールパーティーに帰れなかったと落ち込んでるアルテッサ。怒りながら落ち込んでるって……
 ロイヤルワンダー流星群……ま、コロニーの内壁に住んでるふしぎ星じゃ見られない天文ショーだね。
 アルテッサが落ち込んでるのをチャンスだとばかりにエスコートしようとしてるアウラーだけど、そこを例の邪悪な意思に取り込まれてるとは悲惨ね。
 キャンプの邪魔をしまくるアウラー……って、やることせこ過ぎ。ま、基本的にアウラーはやさしいから、闇の力もそれくらいしか出来ないのね。
 で、最後は実体化して黒い煙になって空を隠そうとするけど……話にもならないとはこういうことだね。

◎BLOOD+
 (第42話)
 米軍キャンプのステージにやってきたディーヴァだけど、知名度が無いからドサ回りの三流芸人って感じだね。
 ステージ前で配ってるスティック菓子が何か露骨に怪しげ。まさか、例の翼手化の薬入りってか?
 アンシェルに拉致されてディーヴァの元に連れて行かれたカイ。いきなしリクの子供が出来てるとか言われたら頭が混乱するだろうな。
 ディーヴァに自分のシュヴァリエになれと言われてるカイだけど、当然拒否。でも、シュヴァリエになったら小夜に子供を産ませられると聞いてちょっと躊躇したか?
 コリンズに襲われてるジュリアを庇ったデヴィッド。なんか致命傷って感じだけど、大丈夫かこのおっさん?
 シュヴァリエになることを拒否したカイを始末しようとしてるディーヴァだけど、そこに小夜が到着。しかし、体調が万全じゃないのか、簡単にアンシェルに取り押さえられてるとは悲惨。
 で、案の定、例のスティック菓子を食ってディーヴァの歌を聴いた観客の一部はいきなし翼手化。そこに例の生体ロボットを投入して翼手を始末してるけど……自作自演で米軍へのデモンストレーションって酷い話ね。
 小夜を始末しようとしたアンシェルだけど、そこにソロモンが乱入。小夜を奪ってそのまま逃走……って、味方とか言っておいて要するに小夜を自分のものにしたいだけかい。ま、翼手の双子の女王は互いのシュヴァリエとの間にしか子孫を残せないってことを考えたら、シュヴァリエが相手の女王の方に魅かれるのは本能みたいなものだろうけど。

◎ツバサ・クロニクル(第2期)
 (第40話)
 小狼が読んでるどこぞで見慣れたようなキャラのお話。黒鋼のガキの頃の話みたいだけど……ま、確かに黒鋼の世界って侑子のいる日本国の昔の時代だって感じだったけど、本に書かれてるキャラだったとはねぇ。
 それにしても、母親を殺したのは何者なんだ? さすがに飛王の干渉とも思えないんだけど……
 最後にやってきたニホン国の帝、天照……この声は弘子ちゃんかい。で、妹の月読が知世姫。月読というのは称号で、知世が本名ってとこだな。しかし、姉が弘子ちゃんで妹が真綾ちゃんって……完全にネタだな。こまどり時代にやってないこと今になってやってもねぇ。
 しかし、この図書館、変な管理人のいる永久図書館じゃないだろうな。

◎NIGHT HEAD GENESIS(新)
 (第1話)
 超能力のために親に研究施設に売られたガキたち。しかし、どんな能力があるか知っててつれてきただろうに、職員たちが無防備なのがマヌケね。で、研究施設の周囲に結界みたいなのがあってそこから出られないんだけど、あれは何だ? 人為的なもので結界が生み出せるほど超能力の研究が進んでるとは思えんし……元からそういう力を備えた木を持ってきて植えてあるってところか?
 いきなし図書館で消えた少女……「あ、ラベンダーの香り」とか言って時間でも跳躍したのか?

 (第2話)
 パンクの修理のために立ち寄った酒場……どうみてもアメリカ映画のモーテルって感じだけど。後ろめたいやつばかり集まってるとかいうのは、この手のシーンのお約束。しかし、新興宗教にはまった母親への反発でオカルト的なものをすべて否定しようとしてる男はともかく、この男と付き合ってるくせに周囲の男全員とやりまくってたねーちゃんって……しかもその場の全員にビジョンが漏れてバレまくってるって災難だね。
 で、その場に殺人犯がいたというのもお約束。なんか陳腐な話だな。

◎ああっ女神さまっ それぞれの翼
 (第15話)
 男湯になぜか全裸の女が……と思ったら、マーラーかい。これ、マーラーが女だという証明のためだな、ぜったい。
 私用で遊びに来てるだけだというマーラーと飲み始めてるウルド。こいつら元々は仲が良かったってかい。最初、マーラーが現れた時の執拗に封印しようとしてたウルドを見てたら、とてもそんな風には思えんのだけど……
 しかし、いくら場末の温泉旅館とはいえ、ブロック崩しのテーブル台って……
 すべてはウルドの髪の毛を得るための芝居だってかい。しかし、ウルドに演歌を聞かせて拉致するんならわざわざそんな面倒なことする必要はなかっただろうに……と思ったら、髪の毛から作ったクローンに、ウルドの魔族の部分を移植するってか。しかし、神が出来なかった神魔の分離を簡単に出来るアイテムが通販で売ってる魔界って……
 魔族のウルドに速攻で封印されてるスクルド。女神を追い払い祝福を受けた人間をこっちに取り込めばいいだけだというマーラーに、女神を封印し直接人間界を支配することを主張してる魔族ウルド。封印は自分にしか解けないって言ってるけど……女神ウルドにも解けてるとはマヌケね。
 なぜか天然的に隙を見せないベルちゃんに、螢一を騙してベルちゃんの目の前でキスをする魔族ウルド……しかし、その程度で動揺しまくりのベルちゃんもねぇ。

◎ストロベリー・パニック
 (第17話)
 秋。エトワール選の季節。でもル・リムには関係ないってかい。ま、生徒会長からしてあれだし、暢気な学校で良いね。
 詩音に天音のエントリーは諦めろと迫ってる要だけど、正直に自分が出たいと抜かすほど、まだ根配りは出来てないか。
 いきなし玉青が有力候補になってるミアトル。エトワール選のエントリーは2人一組だと聞いて驚いてる渚砂。現在のエトワールは静馬一人だから当然だけど……もう一人は死んだってかい。そいつが静馬の大切なパートナーだったって話ね。しばらくこの話題から遠ざかってたと思ったけど、やっぱり最後は避けて通れない話なのね。
 どんな相手だったか訊ねる渚砂に、即答を避ける玉青。そして、六条生徒会長も……ま、その理由は違うんだけどね。
 夜中にピアノを弾いてる非常識な渚砂。いちご舎って防音設備は完璧なのか? そこにやってきた静馬。もう一人のエトワールについて話すから、明日は自分の別荘に来いってか。
 約束をドタキャンされてる玉青。哀れね。玉青としては自分でもう一人のエトワールのことを教えるべきだったのに、それを躊躇したばかりに渚砂を失ってしまったって感じだな。

◎XXXHOLiC
 (第15話)
 映画館で突然出血した双子の姉。言葉に縛られているということを侑子から教えられた四月一日は、何でもやる前から失敗すると考え込まずに前向きに考えるようにアドバイスするけど……
 それからしばらくして再開した姉は妹と見違えるくらい明るくなってて、これも四月一日のおかげだとバイトを始めたカフェに招待してるんだけど……カフェで働く姉はまるで以前よりもダメになってる様子。
 いったい何があったのかと思ったら、いちいち妹が様子を見に来ていてやたら失敗するだの言ってプレッシャーを掛けてるって……他人の言葉にも縛られてしまうって話ね。しかし、あんな調子でぐだぐだ言われまくってたら、この姉じゃなくてもろくな仕事は出来ないと思うぞ。
 そこに現れた侑子。いつものように代償を要求して姉を変えてるんだけど……具体的に何をやったのか不明。
 その後、妹の働くハンバーガーショップに呼び出された四月一日と百目鬼。髪を切ってすっかり変わってる姉。百目鬼に告白してふられると、また次って……そんな面でポジティブになり過ぎてもどうかと思うけど……
 侑子への代償が髪の毛だったって話だけど……そりゃ単に髪の毛を切ってイメチェンできっかけを与えてやっただけじゃないのか?

 姉にお礼を言われて上機嫌の四月一日。百目鬼のおかげとばかりに弁当に好きなものを作ってやると言ったら……てっちりって、おまいは水越姉妹かいっ!
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.504 (2/4)

2006年11月21日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/25~06/07/26

◎ちょこッとSister
 (第3話)
 朝から目玉焼きを焼いてるちょこ……もうちょっと生活知識の無いやつかと思ってたけど、マルチよりはずっと役に立ちそうだね。しかし、格好が裸エプロンって……いったいどんなユーザー層を相手にしたあんちょこなんだ? で、何かとすぐに現れる「KEEP OUT」のリボン。話によると作画段階から入ってるってわけじゃないみたいだけど……DVDだと外れてるってのが露骨なんで嫌だなぁ。もっとも、2クール目になってからは出なくなったみたいだけど……
 はるまの乗ってる電車の吊広告に音神亜里沙のグラビアの載った雑誌の広告……こんなところから伏線張ってたのか。
 通勤電車のラッシュの客に押し出されてコンタクトを落としてるおっとりねーちゃん、芹川千歳。はるまに探すのを手伝ってもらってるけど、結局、レンズはパー。自分に縁が無いから良くわからんけど、今は使い捨てのソフトタイプがポピュラーなんじゃないのか?
 仕方なく眼鏡を取り出すけど、なんか嫌な過去があるって感じ。ま、眼鏡っ子萌えのわからん連中のことは無視してりゃ良いだろうに。しかし、相当に方向音痴なのか、説明してるお巡りさんの迷惑そうな表情が何とも。いや、お前ら公僕なんだから、そんなことで嫌な顔してたらダメだろ。
 で、たどり着いた先が一刻館つばき荘。先週、大家さんが言ってた孫の新しい管理人だてか。しかし、着いたら着いたで管理人室のカギを失くしてるって……相当なドジっ子だね。そこに来たちょこと一緒にカギを探してるけど……ええいっ、その顔はやめろよ、公僕。
 何とか公園の自販機の下にあったカギを見付けてるけど……カラスに取られてるとは悲惨すぎ。最後、ちゃこがあんちょこ投げて取り返してるけど……当たらなくてもあれだけ投げられるって相当な遠投力だな。やっぱし正体はメイドロボみたいなものってところか?

◎ハチミツとクローバーII
 (第4話)
 ハグちゃんが見付けたムンクの絵葉書。ハグちゃんの「叫び」はともかく、その絵を見てかつての原田と理花のことを夢に見ている花本だけど……
 顧客を見送りに出た駅で目の前のカシオペアに発作的に理花を連れて乗った真山。理花を里帰りさせようって話だけど、札幌まで17時間の列車の旅……ご苦労さんね。ま、発車早々車掌が来たからそのまま済し崩し的に札幌まで個室を買ってるけど、そうじゃなけりゃ理花は大宮で降りてそうだな。
 理花の実家……小樽の郊外って話だけど、そこには家の建ってた跡があるだけ。父親が死んで無人になった家は、雪に潰されて残骸にならないように撤去したってか。本州の田舎じゃ無人の家はそのまま放置が普通だけど……
 その夜、ホテルでえっちしてる2人……カシオペアで巧妙に遠慮してた割には、やる時はやるのね<真山。
 朝、こっそり立ち去ろうとしてる理花だけど、真山の仕掛けたひったくり防止ブザーが鳴って失敗。そのまま一人でバルセロナに行って原田の仕事を仕上げたら死ぬつもりだったってか。
 真山との付き合いも長いのに、この人、いまだにそんなこと考えてたのか……一途だねぇ。いや、事故で怪我した足が痛み続けてるから忘れようと思っても忘れられないんだろうけど……

◎ひぐらしのなく頃に
 (第17話)
 智史から電話があったと詩音に連絡してきた魅音。バイトがあるから沙都子を綿流しの祭に連れて行ってくれと言ってる智史だけど……
 当日、金属バットを持ってうろついてる智史。しかし、『暇潰し編』の頃に比べたらずいぶん普通の祭になってるけど、この間、たった数年でいったい何があったんだ? 観光協会でも出来て村興しの一環として夜店を呼んだりしてるのか? ま、圭一のくる前の年と考えたらこういう祭の方が当たり前に思えるけど……
 捨てられてた箪笥をだしに智史に釣り出された叔母。潜んでた智史に背後から撲殺されてるとは悲惨。
 町で魅音と沙都子へのプレゼントを予約した智史だけど、そこに現れた大石。ま、智史を疑うのは当然だろうね。で、いきなし智史のアリバイを偽証し始めるけど……こいつは詩音だったか。時々、魅音そっくりの振る舞いになるからわからないよな。
 警察沙汰になって園崎の当主に行動がばれた詩音。古の拷問道具が並んだ地下の祭具殿に呼び出されてるけど、そこにはぞろぞろと村人が……いまだにダム賛成派だった北条の人間は裏切り者だってかい。賛成してた当事者はとっくにいないのにねぇ。
 鬼婆の前で開き直って智史を庇おうとする詩音だけど、そんな詩音にけじめをつけろって追い込んでる魅音。拷問道具を使って3枚の爪をはがせって……凶悪だね。だいたい、詩音が入れ替わってたのはおまいも共犯者だろうに。
 爪をはがされた詩音。ま、爪はまた生えてくるから、指を詰めろと言われるよりはマシだっただろうけどね。久しぶりに町に出たら大石に呼び止められて、智史が失踪したって話。しかも、叔母殺しの真犯人は連続怪死事件を模倣した変質者の犯行だったって……智史が犯人だったらすっきりするのに、そうじゃなくなったってのは詩音の爪が代償にされたって話か……

◎つよきす Cool×Sweet
 (第4話)
 素奈緒と椰子の料理対決。食材は大根……と思ったら、夢オチかい。しかし、第4話にしてもう夏休みって、OVAペースの1クール作品って慌しいね。
 チンピラに襲われかけた椰子を乙女の真似して助けてる素奈緒だけど……放っといたって自分でやっつけてたと思うぞ。しかし、これ、椰子と乙女ってキャラが被ってないか?というか、普通ならあわせたキャラにしてるのを2人に分けてるんだよな。ま、原作は乙女がメインヒロインだからそれで区別がついてるのかも知れないけど、アニメは素奈緒をメインにしてるから乙女も椰子もサブヒロイン扱いだからなぁ。
 しかし、けっこうきつそうなキャラだけど、素奈緒よりは後輩なのか。

 どうでもいいけど、この作品、ツンデレって意味なんか変に取り違えてないか? 素奈緒が椰子相手にツンツンしたりデレ見せても意味がないと思うんだけど……それはそうと、番宣じゃレオが主人公って感じだったのに番組が始まってみれば素奈緒からみ以外ではほとんど出番がないって悲惨な状況。素奈緒が主人公の作品はそれはそれでいいんだけど、そいれならはっきり言って他のヒロインは不要だって。物語の進行上、エリカと乙女は必要かもしれないけど、それもヒロインである意味はないんだよな。

◎ARIA The NATURAL
 (第17話)
 ゴンドラさんとのお別れディナー……まだこの話で引っ張るのか? ま、今回はアリシアの思い出話って感じね。
 おや、アリシアの付けた傷も残ってるのか。ま、灯里の傷の数よりは少ないと思うけどね。ゴンドラもちゃんと陸揚げして牡蠣落としだか藤壺落としだかしないといけないのか。で、ゴンドラって船体に塗ったワックスで水を弾いて浸水を防いでるのか。しかし、ワックスの調合って……
 三大妖精で最初にプリマになったアリシアだけど、プリマになったら白いゴンドラに乗り換えるのか。しかし、アリシアがプリマになった頃にはもう他に誰もARIAカンパニーにはないって感じだったけど……プリマになるまでは一人で客商売できないのに、いったいそれまでどうやって会社を運営してたんだ? さてはグランマの資産を食い潰してたのかね。
 朝になって運ばれていくゴンドラ。ま、ネオ・ヴェネツィアじゃ陸揚げしてトレーラーで運搬ってわけにも行かないだろうからてっきり水路を引っ張っていくのかと思ったら……空輸かいっ! これは意表を突かれたな。確かに火星移民がすっかり根付いて、地球と火星の間に定期便があって自由に行き来できる時代なんだから、輸送手段が空輸ってのは当たり前なんだけど、普段のネオ・ヴェネツィアを見てたら、とてもそんな風には見えないからねぇ。
 そしてやってきた新しいゴンドラ。灯里の練習なんか中古のおんぼろでも良いだろうに……と思ったけど、一応、灯里も付き添い付きで客商売したりもするし、灯里の次の新人も無いわけではないから、ちゃんとしたゴンドラは必要か。
 で、さっそく試乗する灯里だけど、その途中ですれ違ったのが前のゴンドラ……割と近いところで第二の人生を送ってるのね。

◎スクールランブル 二学期
 (第16話)
 ゲレンデでスノーボード捌きで注目を集めてる絃子。しかし、その直後に注目を掻っ攫ってる雪だるま……中に烏丸が入ってるのはともかく、後ろ向きというのが凄いね。
 朝起きたら簀巻きで道に放り出されていた播磨。ま、八雲に夜這いかけようとしてたと誤解した天満の仕業だけど、天満ひとりで運ぶには播磨は重過ぎると思うけど、相当に引き摺ってただろうに、気付かなかったのか?
 塚本家を追い出された播磨。捨てる神あれば拾う神あり。美琴に誘われて花井道場に泊まる羽目に。しかし、そこには何故か愛理も……。サングラスをはずして作業服を来た播磨に気付かない愛理だけど、美琴の留守中に播磨と混浴かい。
 いや、播磨も生真面目だね。間違えて入ってきたのは向こうだから、何もそんな卑屈にならなくてもいいだろうに。その状況を見て助けてやってるあたりが美琴らしいところだね。天満なら誤解するだろうし、晶なら強請りの材料にするところだな。
 結婚が嫌で家出してきた愛理を連れ戻しに来た執事。バイクで愛理を逃げさせられてる播磨だけど……美琴にしたら愛理と播磨をくっつける良い機会ってところなんだけど、播磨の方は天満一途だからねぇ。おまけにマンガを描く時間も無くなってるし、踏んだり蹴ったりな感じだな。
 しかし、何でツインテールにしてるんだ?<吉田山。

◎イノセント・ヴィーナス(新)
 (第1話)
 炎上する都市から逃げる2人。それをおう軍人らしき連中……炎上してるのはテロによる災害なのか、軍による作戦によるものなのか知らんけど、周辺の廃墟はそれ以前から廃墟だったみたいね。
 大災害で世界が崩壊した後、復興を遂げた日本は軍事大国化してAU(アジア連合)の侵攻軍を撃退したって……いったいどんな世界観なんだ? で、現在は軍隊は貧困層の反体制派に対して向けられてるって……左翼のステレオタイプな軍隊観だな。
 軍隊は沙那とかいう女の子をヴィーナスと呼んで追いかけてるんだけど、よくわからんね。沙那を連れてる仁とか丈とかいうやつらがレジスタンスって話。こいつらが最優先で軍隊に襲われてる関係で接触する予定だった組織が全滅させられてるって迷惑だな。それだけ危険を顧みないだけの秘密が沙那にあるってことだろうけど……
 それにしても容赦なく人を殺す作品だな。ま、軍事作戦やってりゃ敵に情けを掛けてるわけには行かないけどさ。平気で首が飛んだり上半身だけで腸引きずったりしてる『銀英伝』よりはマシだろうけど……
 いかにも未来的な機動兵器が出て来てる割には戦闘ヘリが現有兵器のままってのが何とも。2010年の災害でそれらの兵器を作ってた欧米先進国が崩壊して世代発展がなくなったのはわかるけど、2035年じゃもう兵器としての耐用年数過ぎてるだろ。それとも日本の技術で延命処置を施したか、同じデザインでコピー製造されたものなのかよくわからんけど……
 仁と丈の乗ってるのが軍より遥かに高性能な機動兵器。ジャンプして戦闘ヘリまで落としてるし、とてもレジスタンスの持ち物とは思えんのだけど……お約束の軍の最新兵器を奪ってきたとかいう話か? それとも外国の兵器産業とつるんでるとか……でも、日本以外に機動兵器の実用化できる技術や経済力は無いって世界なんだろうな。
 それにしても、食生活の貧しそうな貧困層の連中にしたら食用ガエルなんてこの上も無い食材だろうに、それを逃がさせられるってのは心外だろうな。どうも、カエルに対する反応見てたら、こいつらはロゴス側で育ってきた人間みたいね。(いや、どちらかというと未来の支配階級というより、現代の一般的な日本人の感じがするけど)

◎いぬかみっ!
 (第17話)
 仮名の持ち込んだ怪しげな絵を調べてる薫……ようやく物語に関わってきたって感じだね。たちまち絵に吸い込まれてしまって、あわてて啓太のところに泣きついてくるなでしことともはね。他の10匹はいないのか?
 啓太が調べたら問い掛けに対して正答を返したら絵の扉が開くって話。そうこうやってるうちに自分たちも扉の中に吸い込まれた啓太とようことなでしこ。問い掛けに関わらなかったからって取り残されてるともはね、哀れね。
 で、絵の中で待ち構えていたのは怪しげな魔道具をたくさん残した江戸時代の魔道士、赤道斎の挑戦とマッチョ軍団の試練。相変わらずマッチョに襲われてる啓太、悲惨ね。
 薫とは会ったことないから知らないといって、なでしこに訊いてるようこだけど……そりゃありえないと思うぞ。ま、読者なり視聴者を代弁する役割を果たすためにそう言わせてるんだろうけど、なんか不自然すぎるね。
 赤道斎の目的は啓太たちの霊力を利用して外の世界に出ようってことみたいで、そのために力を計ってたみたいだけど……啓太を気に入ったのはそれだけの理由じゃないような木がするぞ。
 しかし、外に出て世界を作り変えるって……なんかマッチョにあふれた世界になってしまいそうで嫌だねぇ。

◎ウィッチブレイド
 (第17話)
 レディーたち全員に自分の遺伝子を組み込ませてるナソエフの会長、古水のことを調べる斗沢。何故かどの資料を調べても母親のことだけ載ってないって話。そこで古水の自伝を担当した人に訊いたら、古水は母親を憎んでて触れたがらないとか。1枚だけ処分漏れで残ってた母親の写った写真を頼りに取材する斗沢だけど……
 ウィッチブレイドのデータを元に新しい兵器が完成して、それで重役会議で鷹山を失脚させようという和銅。ちゃっかり乗換えを図ろうとしてる瀬川が何とも……こいつ、鷹山に忠実ってわけじゃなかったのね。
 古水は自分が子供を埋めない体に育ったのが母親のせいだと憎んでるって話。レディーの開発に自分の遺伝子を組み込んでるのは通常の受精で子供を作れないからその代わりなのか?……と思ったんだけど、まずは完璧な母親を作ってから本当の自分を産ませるって……良くわからん発想だな。
 それにしても、この作品のテーマって「母親」だったのか。
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.504 (1/4)

2006年11月21日 | 週刊アニメ定点観察
 タダでさえ視聴が滞ってるのに、先週は引越しで3日間全然手が付けられなかった。オマケに転居先ではBSが映らなくなってるし…… (;_;)

期間:06/07/24~06/07/24

◎ゼロの使い魔
 (第4話)
 土くれのフーケに、破壊の杖……いよいよ本題に入るかなと思ったんだけど、単なる前振りだけみたいね。しかし、そのフーケが自分の目の前にいるとは思ってもいないんだろうね。
 シエスタがモット伯とかいう貴族に買われていったと聞いたサイト。デルフリンガーの話だと貴族が名指しで娘を連れて行くのは妾にするのが目的だって。モット伯の屋敷に飛び込んだ才人だけど、シエスタを返して欲しかったらキュルケの家の家宝の召喚されし本を持って来いって……さぞかし凄い魔法の書か何かなんだろうと思ったんだけどね。
 自分と付き合うならそんな本くれてやるというキュルケだけど、その態度にシエスタを買っていったモット伯と同じものを感じて怒って飛び出す才人。剣を持って殴りこもうとするも簡単に捕まってるし……しかし、デルフリンガーは持って行かないのか?
 モット伯と対決するも剣をうまく扱えない才人。魔法攻撃に絶体絶命のところに現れたルイズ……ゼロのルイズでも相手の魔法攻撃を防ぐぐらいは出来るのね。
 で、キュルケの持ってきた召喚されし本と引き換えにシエスタは解放されてるけど……才人の世界の昔のエロ本かいっ! しかし、70年代じゃ美少女マンガも何も出てくる以前のものだから萌えっ気も何もあったもんじゃないだろうな。しかし、本物の生身の美少女を手放してまで入手したいようなものなのか? いや、この世界には類似品が無いから物凄く刺激的に感じるのかも知れないけど……

◎ブラック・ジャック21
 (第74話)
 大雨で目的地へたどり着けず、ホテルも取れずに放り出されたブラック・ジャック。そこで再会した写楽とその父親に助けられてるって話。いや、なんでいきなり写楽を発掘現場に連れ出してるのか、なんで和登さんはいないのか、ツッコミどころはいろいろあるけど……また宇宙人の遺跡っぽいから写楽に憑依させようとしてるんじゃないだろうな?
 ホームシックのような素振りを見せたピノコを写楽と一緒に日本に帰そうというブラック・ジャック。ま、当然といえば当然の判断。もちろん反発するピノコだけど……
 アルという現地のガキが肝硬変で倒れてもう手遅れって感じ。それを手術したらおとなしく帰るというピノコ。
 手術を始めるブラック・ジャックだけど、悪天候で移植用の肝臓は届かず……ま、何かと天候理由で交通が寸断されてるこの国も大変だけど、それにしても移植用の肝臓なんてよく速攻で用意できたな。届かないんじゃ意味ないけど……
 で、アルの生き別れの双子の弟を探し出して肝臓を提供させるって展開。肝臓は半分切っても大丈夫とかいう話だけど、半分で移植できるのか?
 10年前の水害で故事になった双子の弟だけが金持ちに引き取られてたとか、その手の背後関係がちょっと陳腐だね。

◎名探偵コナン
 (第446話)
 鈴木家の別荘に向かう蘭たち。前に事件のあった別荘に蘭を騙して連れ出してるとは、なかなか正確悪いな<園子。
 しかし、子連れとはいえ、女子高生2人がクラスメイトの男子を連れて別荘とは……男の見せ所だぞ>本堂瑛祐。いや、こいつにそんなこと期待しても無理だろうけど。ま、安全パイと思われて労働力に連れられたってのが関の山だな。お気の毒に。
 しかし、別荘にたどり着いたら、釣り橋が腐って落ちてたって……鈴木家の別荘なら年中放置されてるってわけでもなく、ちゃんと管理人もいるだろうに、事前に確認できなかったのか? いや、前に事件のいわく付きで手放そうかと放置状態だったのを、園子が無理やり蘭を誘ってやってきたとかいう話かも知れんけど……とか思ったけど、姉たちと合流する予定ならそれはないわな。やっぱし、青山剛昌得意の強引な展開か。
 で、近くの別荘に転がり込んだ一行。例によっていわく付きの部屋。
 部屋に窓が並んで2つあるのに、魔物が入ってくるからって打ち付けられたのは1つだけって……そりゃどう考えても変だとは思わないか? いや、そもそも魔物がくるからって打ち付けられてることが変だといえばそうなんだけどね。
 それにしても、アニメで瑛祐の出番ってまだ1~2回ってとこだったと思うけど、へっぽこ山村刑事と知り合うような事件ってやってたっけ?

◎となグラ
 (第3話)
 螢の舞う中で勇治とキスしてる香月。夢ってのは当然だけど、美化し過ぎ。ま、基本的に勇治のことが好きなんだろうけど、現実と理想のギャップが受け入れられないってところだな。
 勇治たちの転校初日。おや、初音さんって高校生だったのか。あの素振り見てたら天道家のかすみお姉ちゃんみたく、とっくに高校なんか卒業してそうに思ってたんだけど。
 登校中のまりえにぶつかってきた謎の金髪少女、磯川ニーナ。まりえと同じクラスは良いけど、いきなし英語で話しかけて来るか? いや、これって日本人が外国人見ると無条件で英語で話しかけようとしてくるのを逆手に取った高度なギャグなんだろうけど、いまいち分かりにくいのが残念だね。
 香月に言われたとおりに美形の顔を保ったままの勇治。おかげでクラスの女子たちにはモテモテみたいだけど、そんな勇治に嫉妬してる香月。
 翌日、ちはやに勇治を紹介する香月だけど……ちはやは勇治の正体をお見通しだってかい。しかし、関西弁のねーちゃんは何かとエッチには寛大とかいうイメージを作り上げてるみたいだけど、別にそんなわけねーだろ。
 それにしても、何かとパンツ見せまくる作品だね。こりゃUHFでしか流せんわな。

◎N・H・Kにようこそ!
 (第3話)
 エロゲを馬鹿にして山崎の逆鱗に触れてる佐藤。なんかエロゲからのし上がって世界に君臨する野望を抱いてる二人だけど、そんな簡単に成功できるんならそこらじゅうにエロゲ成金だらけだぞ。
 で、こいつらが作ったのが『True World~真実のセカイ~』って話ね。しかし、この前出てたのって年齢制限無しに一般のコミックスとして売ってたから、ありゃエロゲじゃなくて一般作だろ。ゲーム自身は曲芸の製作だからはずれは無いと思うけど……『朝比奈ミクルの冒険』みたいに素人が作ったゲームのクオリティをリアルに再現しましたとかだったら泣くぞ。
 山崎から参考に借りたエロゲにはまってる佐藤。いや、ヒッキーはいくらでも時間があって良いね。しかし、バッドエンドになったからっていちいち夜中に叩き起こされてたら山崎も大変だね。
 で、次に資料用に山崎が渡したCD-ROM。何が入ってるのかと思ったら、ネットで落としてきた無修正エロ画像集……おいおい、おまいヒッキーの分際で今までそんなものに触れたこと無かったのか? それでやたらティッシュを使いまくってる佐藤。てっきりそっちの行為に励んでるのかと思ったら、鼻血が止まらないってか。
 で、エロ画像集めに凝り始めてる佐藤だけど……それで1週間掛けて120GBのHDDを埋め潰してしまうってか。てっきり怪しげなサイトにアクセスしてウイルス伝染されたとか、ネット詐欺に引っかかったとか、そういうオチかと思ってたんだけど……
 山崎に変態だといわれて開き直って女子中学生の盗撮に出掛けてる佐藤。しかし、いつの間にか山崎が岬と入れ替わっててロリコン扱いされてるかい。強烈に悲惨だね。しかし、この方が都合が良いとほくそえんでる電波女。こいつが一番怖いな。

◎Angel Heart
 (第41話)
 香瑩を呑みに連れてるジョイだけど、香瑩ってまだ未成年じゃなかったか? ま、国籍の無いような元殺し屋の怪しげなねーちゃんの年齢をチェックするようなやつは、この世界の新宿にはいないんだろうけど。
 いきなし元国王の影武者が亡命して真相を暴露したって新聞記事。これで現政権が口封じのためにジョイを狙う理由が無くなったってかい。しかし、影武者の家族のことを反政府組織にリークしてるって、いったいどんなチャンネル持ってるんだ?<リョウ。
 しかしねぇ、家族で脅されるような影武者って、影武者の役に立たないような気がするんだけどねぇ。そりゃ、黒澤明の『影武者』に出てきた武田信玄の影武者みたいに逼迫した状態で雇い入れた影武者でもなく、また常日頃から命を狙われてるんでも無けりゃ、影武者自身に普通の私生活があってもかまわないんだろうけど……
 帰国する前夜、ジョナサンとかいう寂れた飲み屋をリョウに案内させているジョイ。そこがミキの母親が働いていて国王と知り合った店だってか。国王と母親のプリクラの横にミキと自分のプリクラを貼ってるジョイ。ようやく家族が一緒になったってか。しかし、肝心のミキがそのこと知らないままだと空しいだけだけどねぇ。

◎ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
 (第16話)
 アタリと祐理花がいちゃついてるのを見てへこんでる桃子。ま、武宮先生からアフレコの仕事の話を聞いてそれなりには回復してるけど、さすがに楽屋で祐理花とは顔を合わせられないか。
 しかし、せっかくアフレコの仕事が入ってるのに、全然身に入らないんじゃねぇ。そりゃ大門社長だって怒るわなぁ……と思ったら、スウィート・ラブって、さすが全部お見通しかい。ま、ストレートに怒られるより身に染みるわな。
 さっそく祐理花に電話して宣戦布告。ま、祐理花にしたら最初からそのつもりだったみたいだけどね。その足でアタリをランチに誘おうとするけど、仕事でへこんでるアタリは無視……。例によって『スケラブ』のセリフで気付いてもらってるけど……
 ようやくアタリをランチに誘えた桃子。しかし、アタリは過労だか睡眠不足で倒れ、約束の時間にやって来ず……お約束とは言え、一筋縄ではいかない%
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.503 (5/5)

2006年11月03日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/17~06/07/23

《おまけ》
◎ウルトラマンエース(再)
 (第11話)
 TACの第3レーダー基地を破壊した超獣ユニタング。その超獣が消えた山から現れた謎の女子大生のサイクリング集団。
 第3レーダー基地の修復にためにトランジスター1万個分の性能があるというダイオードSTD……おいおい、トランジスターとダイオードじゃそもそも機能が違うだろ。トランジスターの1万個分って、普通はICとかLSIの範疇だろ。
 搬送中にサイクリング集団と出くわして、事故でダイオードSTDを失ってる北斗。そのねーちゃんたちが怪しいと調査に向かってるけど、案の定、このねーちゃんたちは超獣だったって話。それを知って取り囲まれる北斗だけど……こういうとき、一人で変身できないのって不便だね。
 第2レーダー基地が襲われ、出動してきたTACの前に現れたサイクリング集団。操られてその中に混じってる北斗。何か羨ましいような感じがするのは気のせいか?
 追ってきた夕子に本性をさらして攻撃するねーちゃんたち。TAC本部を攻撃するため超獣に合体したら北斗は不要とばかりに抹殺しようとするけど……ずいぶん回りくどい殺し方をするのね。
 おいおい、そんなとこで都合よく洗脳針が抜けるか
 エースが現れ、意外とあっけなく倒される超獣……と思ったら、元々バラバラなやつだから、合体したら元通りか。しかし、TAC基地破壊を諦めたのか、わざわざ寂れた地方都市に移動してるのが謎。ま、どのみちやられる運命だけどね。
 それにしても、ねーちゃんたちが歌ってた「ハチのムサシが……」とかいう歌。昔から耳について忘れられないんだけど、これって当時流行ってた歌なのか? どうもこの番組でしか聞いたことないんだけど……

◎ウルトラマンメビウス
 (第16話)
 地球に接近してる大島彗星。その上でマグマ星人の兄弟と剣を交えてる武者姿の宇宙人ザムシャーだけど……
 彗星ごとマグマ星人を斬り倒し、地球に向かうザムシャーとそれを追うバルキー星人。そして日本に降り注ぐ彗星の破片……メテオスイーパーの出番だな。下地島迎撃基地はどうした?
 GUNブースターで迎撃に出たミライだけど、そこで宇宙人2体を発見。破片は本部のシルバーシャークGで対応するからと宇宙人を追わせた補佐官だけど、そこにバルキー星人がやってきて攻撃不能になってるとはマヌケね。
 バルキー星人をあっけなく倒したザムシャーだけど、こいつの狙いはツルギだってかい。ツルギが地球にいるとファントム星人に教えられたって……あの宇宙人も余計なことをしてくれたね。
 一方、予備回路の切り替えにてんてこ舞いのGYUSジャパン。おいおい、ふだんから自動的に切り替わる予備系統って用意してないのか?
 そのシルバーシャークGを盾に、ツルギを出せと迫るザムシャー。メビウスに変身して守るミライだけど……そこに現れたヒカリ。ミライの制止も聞かずザムシャーと対決するけど……一撃でへし折れてるザムシャーの剣。実はメビウスと戦った時にすでに折れてたって……剣豪には屈辱だろうねぇ。
 再戦を宣言して去っていくザムシャーだけど……最終回までに再登場はあるのか?
 それにしても、宇宙人はミライが追い払ったと言ってるサコミズ隊長。やっぱしミライの正体を知ってるのは確かだね。

◎仮面ライダーカブト
 (第25話)
 扉を開けた先にあったのは35年前のマスクドライダー計画のファイル。そしてそのファイルにガタックの装着者として名前が書かれていた加賀美。ま、そのファイルの記載に合わせて父親が名前を付けたって方が正しいんだろうけど……
 その奥の部屋から謎の呻き声。なんか鉄仮面を被ってるんだけど、おまいは五代陽子か?(って書いても最近の若いやつは知らんぞ) どうもマスクドライダー計画の失敗作で幽閉されてるってところみたいだけど……
 シャドウに踏み込まれて、結局は逃げ戻ってる一同。おいおい、ひよりの目的はどうなったんだ?
 完全な三下扱いの影山。ライダーの中でこいつが一番ろくな扱い受けてないな。ま、逆にゼクトとしては使いやすいんだろうけど。
 祐月に化けて樹花をさらってるワーム。そのまま襲うかと思ったら、律儀にプールに連れて行ったばかりに神代の邪魔が入ってるとはマヌケね。
 田所のふりをしてゼクト本部を探ろうとしてる加賀美だけど、着いた場所にはシャドウが待ち伏せ……そりゃいくら組織の上層部でも田所の面ぐらいは知ってるだろうからね。ま、シャドウごときじゃガタックに変身すれば相手じゃないけど。
 三島の指示でワームの化けてる女を捜してる影山だけど、標的の方からやってきてるとは完全に舐められてるね。しかし、やけに影山のことに詳しいんだけど……まさかゼクトとワームってつるんでるのか?……というより、マスクドライダー計画の失敗の副産物がワームとか話じゃないだろうな。で、大部分のワームは失敗作だから始末する対象なんだけど、一部に利用してるワームがいるとか。
 ずいぶん久々に登場の風間。恨みの深い影山がやられてるのを見て傍観の構えだけど、さすがに見かねて助太刀かい。
 三島に問い質す加賀美。そして警察に潜入して加賀美の父親に問い質す天道。果たしてマスクドライダー計画の秘密って明かされるのか? いや、そんなには甘くないだろ。加賀美は適当にはぐらかされそうだし、天道は樹花の件で引き上げってオチだな。

◎生物彗星WoO
 (第12話)
 日本に大陸間弾道弾が発射されると嘘をついて監禁を解かせたウェーバーだけど、速攻で監禁に逆戻りとはマヌケ。
 邪魔なWoOを始末しに本部に乗り込んできてる永倉博士。WoOの卵に向かうアイの前に立ちはだかろうとするも失敗。で、ウェーバーの監禁先にやってくるんだけど、自分も取り込まれると脅えてるウェーバーに「お前には興味が無い」って……取り込む価値も無いと言い放たれてるとは哀れね。
 で、ウェーバーに権田が甦えったと告げてるんだけど……
 おいおい、彗星を破壊したミサイルって結局はウェーバーが遠隔操作で発射してたってか。とことん卑劣なおっさんだな。
 そこに飛び込んできて権田を殺そうとしてるウェーバー。一同の注意がウェーバーに向けられてる隙を突いてアイの背後に出現してる永倉。ウェーバーを囮役に使ったってか。狡猾だな。
 アイを助けようとしたシオンが取り込まれ、逃げるアイ。それを追ってきた永倉がついに怪獣化。巨大化して立ち向かうWoOだけど……結局、こいつもやられてしまうんかい。
 どうでもいいけど、これ、なし崩し的に永倉の話に事態が収束してるんだけど、元から出てた怪獣のことはどうなったんだ?
コメント   トラックバック (1)

週刊アニメ定点観察 Vol.503 (4/5)

2006年11月03日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/22~06/07/23

◎彩雲国物語
 (第16話)
 相変わらず待遇の変わらない秀麗と影月。そんな2人を護衛してる劉輝だけど、国王って暇なのね。もっとも護衛する以外に2人の待遇を改善したり出来ないのが無力で哀れだけど……
 そんな2人を気遣ってる同期の碧珀明。倒れられたら周囲に迷惑がかかるからとか言ってるけど、絳攸に憧れて目標としてるというだけあって、見て見ぬふりはできない見たいね。
 女の管理は邪魔だと秀麗を目の敵にしてる魯礼部官。女は男に色目を使ってれば良いって……一緒にいるのは胡蝶姐さんかい。
 休日に胡蝶からの手紙で出掛けた秀麗を見送る父。そこに現れた紅玖琅とかいう男、こいつも吏部尚書と同じく弟ってことだけど、いったい何の用件なんだ?
 一方、宮廷では吏部尚書が秀麗の国試受験に関して不正を働いたと嫌疑を掛けられて捕縛捕縛されてるけど、これは魯礼部官の仕掛けた罠だってか。それと同時に胡蝶のもとを訊ねた秀麗たちはヤーさんたちの待ち伏せを受けてるけど……男のためには妹分同然の秀麗を売るとは、花街のプライドとかはいったいどこに行ったんだ?
 いや、魯礼部官の謀略に関しては劉輝や楸瑛が実態をつかんで捕縛直前って感じだったし、以前に楸瑛が胡蝶のところに通いつめてるようだったのもこの件に関してのことだとしたら、胡蝶はあえて魯礼部官の言いなりになるふりをしてるのかも知れないけど……

◎おとぎ銃士 赤ずきん
 (第4話)
 何か邪悪な気を感じて学校にやってきた白雪姫。先生に扮してるってところが無計画で役立たずな赤ずきんとの違いだけど……
 自習時間を取り消して作文……ま、自習って言ったって遊んでるだけだろうから課題を与えてやるのは良いけど、ろくなテーマを出さないな。で、露骨に反発してるりんご。
 具合が悪いと席を外そうとするえりかをあからさまに疑ってる白雪。どっちも最初っからバレバレってか。しかし、えりかを心配して保健室まで連れて行くというりんごと草太……こいつらもこいつらで危機感が無いな。
 ひたすら時計を気にしてるえりか。12時になった途端、何か慌てて立ち去ってるって……おいおい、草太を連れ出して拉致するんじゃないのか? そこに現れた白雪。えりかの仕掛けた結界魔法の鏡はすべて取り除いたって話。
 企みを見破られて正体を現すえりか。『ヘンデルとグレーテル』のグレーテルって、シンデレラ同様に悪役扱いかい。いったいどういう基準でメルヘンのキャラクターを敵味方に分けてるんだ?
 白雪の隙を突いて亜空間の結界を張るグレーテル。白雪は外側に取り残され、学校と草太たちは結界の中に。赤ずきんに期待する草太だけど、給食室で給食を盗み食いしてたと思ったら、他の生徒たち同様に眠ってしまってる赤ずきんって……
 しかし、どうでも良いけど、あれは給食というより弁当にしか見えないんだけど……
 グレーテルに追い詰められる草太。そこにいきなし現れてる赤ずきん。眠ってたのは魔法の効果じゃなくて、単に腹かいっぱいになって眠くなったからってかい。グレーテルに対する赤ずきんの言葉にいちいちつっこんでるりんごが良いね。
 しかし、亜空間の中では圧倒的にグレーテルに有利。何とか出ようとする赤ずきんだけど、結界は剣では破れず。白雪を信じるといって屋上に上る赤ずきん。すると天から舞って来る雪……赤ずきんが天を斬ると結界が破れ、白雪が出現。結界が閉じる前に隙間を作ってたってか。

◎ふしぎ星の☆ふたご姫 Gyu!
 (第17話)
 ロイヤルワンダー学園の夏休み。ふしぎ星への里帰りの準備で大忙しの晴雨姉妹だけど……明日の列車を乗り逃したら次の列車は1週間後ってか。けっこう辺鄙なところにある星なのね。いや、どっとがとは言わんけど……
 いきなし期末テストで、成績が悪けりゃ夏休み返上って……ま、それ自体はよくあることだけど、前日にいきなしテストするって決めてるのはメチャクチャだな。
 しかし、テストの内容がボールの奪い合いって……そりゃ事前に予習勉強してる意味が無いじゃないかい。
 ま、結局、テストは無効になって全員合格ってことになったけど……列車に乗り遅れてるのはお約束ね。ま、こいつら入学のときも乗り遅れてたし。

◎BLOOD+
 (第41話)
 那覇行きの航空チケットを買ってる真央。ガキと思ってエコノミークラスだと思い込んでるカウンターのねーちゃん。ファーストクラスと言われて驚いてるのが何とも……
 食糧の買出しから戻ってきた岡村。空港に迎えに来いと真央から呼び出されてアパートを出た途端、部屋が爆発。さすがにアメリカは物騒だね。ま、軍も絡んでるし……で、カイたちのところに合流した真央たち。小夜の調子が悪いと聞いて、あれの日かと思い込んでる真央だけど……そうじゃないような気がするぞ。
 コリンズに代わってディーヴァの主治医に任命されてるジュリア……このねーちゃん、どこまでこっち側なんだ? 本心で寝返ってるとは思えないんだけど……
 ジュリアが診察したディーヴァはその胎内に双子を宿してたって……おいおい、いったいどうやってリクの子を宿したんだ? あの状況で普通にエッチしてたとは思えんけど……ディーヴァと小夜って互いのシュヴァリエの血を吸ったら身ごもるようになってるのか?
 小夜がもうすぐ30年の眠りに付くという話を聞いてしまった真央。結局、それで小夜の戦いを最後まで見届けて沖縄に連れ帰るって目的が出来て、すぐに帰るのはやめにしたってか。
 ところで、真央のコーヒーってどれくらいまずいんだ? 森雪並みか?

◎ツバサ・クロニクル(第2期)
 (第39話)
 ロードギャングを撃退した小狼だけど、結局、バイクを奪い取るって作戦は失敗したみたいね。
 技術者の仕事に疲れて自分探しの旅に出たという日比谷さん。アイドルの仕事に疲れてマネージャーと駆け落ちしたというプリメーラ……なんかその手の乗客ばっかりか、このバス。
 手前でいきなり止まったトラック。追い着いて羽根を取るチャンスかと思ったけど、バスはノロノロ運転。おまけに前方を横切る線路に超長大貨物列車が。日比谷さんが手動運転でスピードアップさせるけど、貨物列車には間に合わず……
 列車を棒高飛びで飛び越えてトラックに取り付く小狼。しかし、そこにロードギャングの逆襲。武器で小狼を援護するという日比谷さんと運転を代わったチャンアン。昔、メカを扱う仕事をしてたというけど……
「ポチっとな」
 おい……確かにあんさんの声は古の三悪のメカ担当の声だけどねぇ。
 何とか羽根を回収した小狼だけど、すんでのところでミサイル攻撃でトラックごと吹き飛ぶとこだってか。しかし、サクラの羽根って火で燃えてなくなったりするのか? もしそうなら、異世界中に散らばったサクラの羽根に中にはすでに失われたものがあるって可能性もあるけど……
 ところで、譲刃とサクラって絶妙のコンビだな。

◎ああっ女神さまっ それぞれの翼
 (第14話)
 ベルちゃんにアドバイスされながらナットを浮かしてるスクルド。自転車に乗れるようになったとたん、法術まで使え始めてるってか。
 仙太郎に法術を見せて自分は女神だと話してるスクルドだけど……簡単に正体ばらして良いのか? いや、確かに螢一は女神のこととか知っててとくにペイオースとか他の女神から問題にされたりはしてないから、別にどうでもいいことなのかも知れないけど……でも、恵だっていまだにこいつらが女神だとは知らないだろうし……
 ホーリーベルを出して歌ってるベルちゃんを見て、スクルドには天使はいないのかとツッコんでる仙太郎。焦って誤魔化してるスクルドだけど……
 仙太郎と約束したからって慌てて卵から天使を孵そうとしてるスクルド。ウルドがやってきたのに慌てて、思わず飲み込んじゃってるけど……
 強力嘔吐剤で卵を吐かそうとするウルドだけど、副作用を恐れて拒否するスクルド。ま、そりゃ当然だわな。しかし、いきなしスクルドが苦しみだして倒れたと思ったら、腹の中で孵化してる天使。暴走を恐れて出て来たところを封印しようとしてるウルドとベルちゃんだけど、出て来たのは小さなおとなしい天使。
 天使にノーブルスカーレットって名前が付いてるけど……スカーレットの意味がわからんぞ。(ああ、瞳の色か)
 モトクロスの大会を控えた仙太郎に応援に来てくれって言われるスクルドだけど、何を考えたのかスクルドの背中を押して仙太郎にキスさせてるノーブルスカーレット。仙太郎は慌てて逃げ帰り、怒り心頭のスクルド。漫画を投げ付けて部屋から追い払ってるけど……
 その話を聞いて、アイスクリーム屋がまだ開いてるかどうか言ってる螢一だけど……この頃ってまだ24時間営業のコンビニは全国展開してなかったのか? いや、サーティワンとか専門店のアイスクリームじゃないと意味無かったのかもしれないけど。
 翌日、スクルドをモトクロス会場に引っ張り出してるノーブルスカーレット。アクシデントでこけた仙太郎を励まし、優勝させてるスクルド。こっそり帰ろうとしてるところをまたノーブルスカーレットに押し出されて、表彰された仙太郎とばったり……って展開だけど……
 仲直りのときに「今度また余計なことをしたら、卵に帰ってもらう」とスクルドが言ったばかりに卵に帰ってしまったノーブルスカーレット。なんか天使の扱いっていろいろと大変みたいね。

◎ストロベリー・パニック
 (第16話)
 『カルメン』のリハーサル。やっぱりスピカのあの2人が不協和音だよな。文句を言われてる照明・効果担当の紀子&千早や、やたら難題を言いつけられてる舞台進行の渚砂。裏方のミアトル連中がさんざんだね。
 桃実に撥ね飛ばされて闘技場の巨大な書割のセットにぶつかった渚砂。そのショックで倒れてきて、台無しになってるセット。どう見ても渚砂を跳ね飛ばした桃実の責任だし、あれくらいで倒れるようじゃそもそも安全対策が出来てないのが問題って気がするんだけどねぇ。ひたすら恐縮してる渚砂が悲惨だね。
 しかし、セットの修復で徹夜明けの後でリハーサルのやり直しって、きついねぇ。
 いよいよ本番。中等部の『ロミオとジュリエット』ってそれだけかい。そして高等部の『カルメン』……おもいっきし化けたな、千華留。
 天音の靴のかかとが折れて倒れかけてるけど……要と桃実の仕業だろうね。天音を庇おうとして足を挫いてる千華留。そこで渚砂が代役って……お約束だね。ま、いきなしの代役にしてはよくやってるんだけど、千華留に比べたら凄みが足りないね。でも、その代わり、静馬の演技には気合が入ってるんだけど……
 しかし、どうでもいいけどいきなし主役が変わって、観客の反応はどうだったんだ?

◎XXXHOLiC
 (第14話)
 珍しく侑子とデパートに出掛けてる四月一日。しかし、デパートといえばデパチカの食品街って……とても若い女性(いや、この人の年齢はよくわからんけど)の発言とは思えないね。
 そこで見掛けた双子の姉妹。サクラコとカオルコって……何か『双恋』並のネーミングセンスだな。
 高い魚を買ったついでに、失敗した時のためだといって安い肉を買ってるのを見て、きっと夕食は肉料理になると言ってる侑子。その双子には何かあるみたいだけど……
 翌日、その双子の姉がコンタクトを落として探してるのを手伝った四月一日。結局、見付からなかったけど、それは本人が見付けようとしなかったからだと言ってる侑子。謎は深まるばかり。
 百目鬼とハンバーガーショップに行ったら、そこでバイトしてる妹と出会い、姉妹と4人でデートすることになってるのは良いけど、映画を見にいくと言われて乗り気じゃない四月一日。映画館では見えるって話ね。
 映画館でマイナスのオーラを放ってる感じの姉。いきなし額から血を流してるんだけど……なんかこの姉って、どうもマイナス思考が過ぎて、それを現実化してしまう傾向があるみたいな感じね。魚料理が失敗したとか、コンタクトが見付からないってのはその現われだけど……

◎ふたりはプリキュア Splash Star
 (第24話)
 プリキュアの2人以外から満と薫の記憶が消えてるって……悲惨だね。ま、記憶が無いとかいう設定ならいきなし人間が失踪しても対応しなくていいから楽だな。
 新たな刺客を送り込んでるゴーヤーン。何か今回はアクダイカーンの信頼も高い凄腕の刺客みたいね。
 空の泉を復活させた咲と舞。フィーリア王女、ようやく会話の受け答えが出来るようになったってところか。満と薫について意味深な発言をするフィーリア王女だけど、やっぱしこの2人はもう一組のプリキュアだったか。
 そして現れた新たな刺客、ミズシタターレって……相変わらずろくな名前付いてないな。ネーミングからして満と薫はこいつらとは違うし。しかし、強敵が現れたと思ったらプリキュアも安直にパワーアップするってのはどうにかならないのか?
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.503 (3/5)

2006年11月03日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/20~06/07/21

◎ZEGAPAIN -ゼーガペイン-
 (第16話)
 夏休み最後の晩……復活する前の自分からの手紙を受け取ったソゴル。5回もリセットを経験してもう疲れたって感じで、今の自分がこの手紙が何の意味かわからない方が良いって……気持ちはわかるけど、それでも今のソゴルみたいに中途半端に世界のことを知ってるよりは、元のソゴルの方が良かったんじゃないのか?
 記憶がリセットされる最後の晩をソゴルと過ごしたいとやってきたハヤセとトミガイ。他の連中も誘って学校のプールに集まってるけど……他の連中ってみんな明日が9月1日であることを疑ってないのが何か空しいね。
 メドレーで新記録が出るとかはしゃいでいたけど、最後にソゴルがゴールした時はすでに日付が変わってリセットされ、プールには誰もいないって……悲惨すぎ。
 そして、翌日の学校。前日にリョーコのデータは舞浜サーバーに移すと生徒会長が言ってたのに、学校には姿が見当たらず。トミガイに訊いたら怪我で入院してるって……結局、リョーコのデータは幻体しては完全に復活できなかったって話。「守凪了子」ってこんな漢字だったのね。リョーコの意識はアルティールの中にだけ存在してるって話かい。
 しかし、舞浜の病院の中では昏睡状態なのに、アルティールの中ではまったく健在ってのも違和感あるね。データの損壊が激しくて、転送したら復元できないギリギリのレベルだってかい。それじゃ、今度アルティールがやられたら完全にお終いって話だな。むごすぎ……
 冒頭でサーバーによる幻体データの維持はけっして永遠ではないけど、生身の人間として復活するために戦ってると生徒会長が言ってて、この物語が人間復活を目指してる話だと示唆されたわけだけど……やっぱし復活の母体というのは舞浜サーバーなりオケアノスに存在するデータだろうって考えたら、リョーコって……

◎神様家族
 (第9話)
 久美子と付き合うことに決めた佐間太郎。久美子と一緒に帰るからって不要だとばかりに追い払われるテンコ、哀れね。
 久美子の家はいまどきのアニメの登場人物の家としてはまず出て来ない程の木造おんぼろアパート。貧乏貧乏と言ってても七瀬成恵の(あるいは藤岡ハルヒの)アパートなんて、まだずっと新しくて小奇麗だからねぇ。
 普通、そんな家は恥ずかしがって彼氏になんか見せたがらないものだろうに、家の中にまで佐間太郎を招き入れてる久美子。中は外見に比べたらきれいなんだけど……なんか家具一式が不似合いな感じで違和感ある部屋ね。で、おまけにとってつけたような病気の母親……
 この状況、どうみても何ヶ月も前からこんな生活って感じなんだけど、それなら久美子が以前に家庭の事情で転々と転校を繰り返してたとか、急に戻って来たという説明が付かないんだけど……まさか、病気の母親を置き去りに、父親と放浪生活を送ってたというわけでもあるまいに。
 佐間太郎に不要と言われて傷心のテンコに、天界に帰れと言って来る謎の声。テンコってまだ幼い頃に佐間太郎とっしょに人間界に送られたから、天界のことはよく知らないってか。だからこの胡散臭い声にも疑問を持たないんだな。
 口車に乗って、天界に帰る代わりにあと3日だけ佐間太郎を見守らせてくれといってるテンコ。その願いに「契約」だと拘ってる謎の声だけど……そりゃ明らかに天使というより悪魔の価値観じゃないのか?
 で、テンコに見付かってしまったブタの貯金箱。自分は大天使で、佐間太郎たちにテンコを迎えに来たことを気付かれないようにそんな目立たないものに変身してるのだと言ってるけど、明らかに胡散臭すぎ。しかし、それでも疑わないテンコってねぇ。ま、ブタの貯金箱が飛んだり喋ったりしてても変に思わない神様一家も神様一家だけど……

◎ザ・サード ~蒼い瞳の少女~
 (第12話)
 イクスから敵はもういないと告げられて動揺してるグレイブストーン。自分が眠ってる間に敵味方双方とも戦争で滅んだって話なんだけど……究極兵器のくせして人間臭いやつだな。
 それでも火乃香は自分には敗れるというグレイブストーンに、それならなぜ火乃香を呼んだのかと訊ねるイクス。無意識に自分が発していた助けを呼ぶ声に火乃香が反応していたことを知らなかったって話ね。
 自分の幻影と戦う火乃香。しかし、相手のニセ火乃香って凶悪ね。
 反撃しようとすると、前に生身の人間を倒したときのことを思い出して手が出せない火乃香。相手が機動歩兵とかだったら兵器で戦えるのも結局は好んで殺してるのと同じだと責め立てられてるんだけど……
 結局、開き直って自分の罪はおばあちゃんになるまで生き抜いてから償うと言い放ってニセ火乃香を倒してる火乃香。一人、中心部に残ってた寂しげなグレイブストーンを自分に受け入れてるんだけど……イクスはどこへ行ったんだ?
 崩壊するグレイブストーン。結局、火乃香に破られた結界の外では生きていけなかったって話か。ま、ぎりぎりワームホールドライバの発射は中止されたけど……自分知らないところでそんなギリギリな状態になってたて知ったらどう思うんだろうねぇ。

◎ケロロ軍曹
 (第119話)
 ケロロ小隊の夏合宿。相変わらず夏美たちの合宿と同じ場所というのが嫌がらせ臭いね。でも、今回はギロロが仕切ってて真面目にやる感じだけど……
 何かと小雪を目の敵にしてるギロロだけど、やっぱし夏美をめぐる強敵って意識なのかねぇ。ギロロのしごきに次々と脱落するケロロ小隊……って、ほとんど合宿の意味無いな。
 途中から小雪を標的にしてるギロロだけど……危ういところを小雪に助けられ、おまけに小雪に怪我を負わせて罰が悪い感じ。ギロロの義理堅さがいい感じ見せてるけど……だからって小雪に乗り換えたりするって展開は無いな。

 日向家に土用の丑のウナギを食べさせないのはいいけど、それがペコポン侵略のどこに繋がるんじゃい。いや、最大の障害である夏美を夏バテさせたままなら侵略しやすくなると思ったも知れないけど、夏バテの解消って、別にウナギじゃなくても……
 しかし、夏美と冬樹を足止めしてる間に町中のウナギを完売させるとかはいいけど、いつの間にかウナギを売って商売することに専念してるって本末転倒だね。
 結局、足止めに使った623のラジオ番組と、ウナギを食わさないように用意したバーベキューでわざわざ夏バテを解消させてやってるって……ご苦労様。

◎シムーン
 (第16話)
 敵の空中基地を再発見できないまま、次々に偵察用のシムーンが出て行って、メシスには2機が残ってるだけ。そこに敵の大編隊がやってきて、発見されたらお終いって感じ。アーエルとパルを組んで出撃するパライエッタだけど、何か大丈夫か、このねーちゃん。ドミヌーラはもう完全に復活したって感じなのにね。
 敵を何とかやり過ごしてるアーエル。何か戦場の駆け引きには手馴れた感じだけど、そういえばこいつは兵隊上がりだったな。
 戦争を知るアーエルと、指揮官として大局からの視野を持つドミヌーラ。この2人が残ってたから、何とか2機でも持ち堪えられるって感じだな。それに引き換え、パライエッタは無様だね。
 朝になって再び敵襲。何か敵の航空機はみるみる技術革新してるみたいだけど、それでもリマージョンとかいうわけのわからん攻撃でやられまくるというのが哀れだね。しかし、敵もだんだんリマージョンをかわし始めてるって感じ。そうなったらさして兵装の無いシムーンの方が不利になってくるか。
 囮になってシムーンを逃がすために発進するメシスだけど、それを見て翠玉のリマージョンを決意するドミヌーラ。そこに他の4機のシムーンが戻ってきたけど……
 翠玉のリマージョンは成功したみたいだけど、消えたのはドミヌーラとリモネだけで、敵機は残ってるって……役に立たないリマージョンね。アムリアとネヴィリルの時は失敗した反動で大きな破壊力を発揮したってことか?
 そこにいきなし巨大な影……修理の終わったアルクス・プリーマが参上ってか。これでメシスはお役御免ね。
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.503 (2/5)

2006年11月03日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/18~06/07/19

◎ちょこッとSister
 (第2話)
 またやってきたヤンキーのサンタのねーちゃん。気に入ってないみたいだから回収するってのは良いけど、いったんクリーニングして他の希望者に渡すって……クリーニングってどうするんだ?
 正月だからっていきなしお年玉をせびられてるけど、いまどき500円程度のお年玉で喜んでくれるガキなんていないぞ。しかし、硬貨1枚というのは虚しいね。昔はちゃんと500円札があったものなのに……
 それにしても、お年玉以外は何も無い正月だな。で、辛うじて近所の神社に初詣かい。しかし、正月だけのバイトだろうけど巫女さんのいる神社ってのも、あんまし近所の氏神さんって感じがしないな。初詣なんかみんな有名な社寺仏閣に行くんだから、近所の神社はもっと閑散としてるだろ。それとも、そこの神社は初詣のメッカなのか?
 それにしても正月といえば冬の真っ盛りなのに、平気で手水を手に取ってるってのが信じられないな。隣人に声を掛けられて気付かないお兄ちゃん。いや、都会のワンルームマンションとかじゃ隣に誰が住んでるかなんて知らないのが普通だと思うけど……ま、昔ながらの木造ボロアパートの下宿みたいだから、それなりに近所付き合いは残ってるんだろうね。
 初詣から帰ったら、いきなしパンツを見せて部屋に入ってきたねーちゃん……6号室の住人の朱美さんですか(おい)。でも、さっきの隣人は影の薄いところをみたら四谷さんというより一ノ瀬さんの旦那さんって感じだな。
 そこに一升瓶を持ってきた大家さん。大家さんというより一ノ瀬さんだな。孫と交代で出て行くといってる大家さん……音無の爺さんみたいなものか。で、やってくるのが響子さんだな。こういうの、『まほらば』もそうだったけど、みんな『めぞん一刻』の影響をもろに受けてるな。一種のお約束ってやつだろうけど。
 公園でバトミントンをやってるガキたち……ま、確かに羽根を突いてるから正月らしい遊びではあるな。チョコレートと間違えてクーピーを買ってるちょこ。あんちょこにはクーピーは載ってなかったか。確かに木の軸が無いから色鉛筆とはわからないだろうけど。しかし、口の周りに色が付いてるのみたらそれ食ったのか?
 大家さんにお年玉を貰って日記帳を買ってるちょこ。ま、500円ってことはないだろうけど、いったいいくら入ってたんだろ?

◎ハチミツとクローバーII
 (第3話)
 ハワイや砂漠のスノードームって……土産物も場所を選べよ。ま、鳥取砂丘なら無理じゃないけど。しかし、こいつら鳥取に飛ばされるのは半年だったとか言ってたはずだけど、まだ半年経ってないのか?
 理花さんのPCのネット履歴をこっそり調べてる真山。それを山田さんに見られて大慌て。そこに仕事のFAXが……いきなりバルセロナの仕事があるって話で抗議してる真山だけど、こっちのデザイン事務所を閉めて理花さん一人で行くのかって思ってたら、それは原田が生きてた頃の仕事が向こうの都合で伸びてたって話で、真山も一緒にスペインに来いってかい。ま、当分先の話みたいだけど……
 野宮からの電話で落ち込んだ山田さん。美和子さんが鳥取に行かせてるんだけど、行き違いで東京に戻ってきてる野宮……いまどき携帯が無いって不便だね。
 しかし、すっかりふぬけてる山田さん。迎えに来た山崎とは露骨に距離を散ってるのが何とも……
 そこに大急ぎで帰ってきた野宮。山田さんを帰さないと言ってるのはいいけど、そのままソファーで寝込んでるって……ま、車で東京・鳥取間を往復じゃ、そりゃ疲れきってるだろうな。
 無防備な山田さんの寝姿……ユニコーンに邪魔されて手が出せない野宮が哀れ。どうでもいいけど、こんなところでいきなし一泊して、オヤジさんが心配してないか? ま、その辺は美和子さんが何とか言い繕ってるんだろうけど……
 電車で東京から鳥取ってどう行くのかと思ったら、新大阪で新幹線と山陰方面の特急に乗り換えか。山陰本線というと京都から出てるはずなんだけど、京都・福知山間ってすっかり福知山線の影になってしまってるからなぁ。
 別れ際、野宮から告白されて呆然としてる山田さん……フリーズするほど駅弁掻き込むなよ。
 やっぱし、この作品は山田さん絡みの話が最高だな。

◎ひぐらしのなく頃に
 (第16話)
 今回から《解》の『目明し編』。冒頭の光景を見てたら『綿流し編』とセットの話みたいだけど……
 夜の学校から抜け出してる詩音。詩音って全寮制の学校に通ってたのか。しかし、園崎本家の跡取りに双子が生まれたら片方は絞め殺せって、そういう話は言い伝えではよく聞くけど、本当に実践されてたことなのか? だいたい双子なんてもの、排卵誘発剤の無い時代にそんなに簡単に生まれんだろう。
 生活費のために叔父の経営するファミレスでバイトすることになった詩音。人目をはばかるためバイト中は魅音ってことで通すって……『綿流し編』で魅音がバイトするとか言ってたのはそのアリバイ作りのためか。別に玩具屋でバイトしてたとかいうわけじゃないのね。
 オヤシロ様の祟りの話を聞いてる詩音。話が3年目の梨花の父親が変死した話までなのは、詩音が脱走したのはまだ智史が失踪する事件の前だったってことか。古手神社の神主がダム賛成派の北条夫妻を庇ってたって……そうか、その流れで梨花と沙都子は同居してるのか。
 暴走族のバイクを倒して絡まれてる詩音を助けようとしたにーちゃん。初めて見る顔だけど、状況的にはこいつが智史ってか。そういえば、雛見沢村のモデルになった白川郷には「智史」って書いた金属バットが置いてあるって話だな。いや、何も知らない地元の人が見つけたら捨てられるぞ。
 智史を誉めてる監督だけど、家庭事情にも詳しそうだね。しかし、詩音の話で智史のことを意識し始めた魅音……おや、これって何か詩音が入れ替わってるみたいだけど。で、智史が何かと沙都子のために犠牲になってるのを知って沙都子を憎み始めてるみたいだけど……
 智史の置かれた状況はオヤシロ様の祟りの前兆だと言ってるレナ。自分が経験者のようなことを言ってるけど……
 すっかり疲れきって生気の無い智史の顔を見た詩音。弁当をこぼしただけですぐに智史に泣き付こうとする沙都子を見てぶちきれて沙都子をいじめだすけど、駆けつけてきた智史に逆に憎まれてるとは哀れね。

◎つよきす Cool×Sweet
 (第3話)
 演劇部創部を賭けて体育武闘祭で勝負するエリカと素奈緒……いや、個人戦の勝負ならともかく、団体戦の総合成績で決められてもねぇ。おまけに南軍や北軍が勝ったらどうするんだ?
 胸の差で1位になったよっぴー。負けて励まされてる紀子だけど、胸の差で負けて胸を張れって言われてもねぇ。
 障害物競走……とことん卑劣な勝負をするな、カニ。
 借物競争……ツインテール対ポニーテールの理論はともかく、エリカってメチャクチャ早過ぎ。こりゃまともな相手じゃ勝てないね。
 ……と思ったら、勝てるのは一人いたってか。風紀委員の鉄乙女……原作本来のヒロインってかい。
 弁当のごはんにピーナッツバターを塗ってる素奈緒……アメリカ人じゃあるまいし、よくそんなもの平気で食えるね。
 おや、エリカって乙女には勝てないからって乙女の出ない競技を選んで出てるってか。おかげで素奈緒との直接対決も多くなるのね。
 同点に終わった東軍と西軍。ま、エリカと素奈緒の直接対決は見事に素奈緒の完敗だけど……で、同点のときのプレーオフはいいけど、タイマンドッジボールって……いや、それ、ボールをぶつけ合うことが共通なだけで、すでにドッジボールでもなんでもないだろ。
 乙女なら勝てたところをあえて素奈緒が出てる東軍。どう見てもエリカ相手に勝てるとは思えないんだけど
 保健室で目覚めた素奈緒……乱れた体育服に強調された胸がやけに色っぽいね。しかし、罰ゲームがメイド服で後片付けって……なんか普通だね。

◎ARIA The NATURAL
 (第16話)
 点検に出したゴンドラを引き取りに来たアリシアと灯里。職人さんの話では、もう客商売には使えないから運搬業者に引き取らせた方が良いって話。練習にだけ使う程度ではかえって傷みが早いって話なんだけど……灯里みたいに年中練習してる人間ならちゃんと毎日使ってるのと変わらないと思うぞ。
 ゴンドラとの思い出に浸る灯里。やっぱし初っ端は逆漕ぎですか。言い難いと言いながらあっさりと指摘してるアリシアもけっこう性格きついね。
 ゴンドラさんさよならツアー……どうでも良いけど、このゴンドラの傷はすべて灯里が付けたんかい。
 お客様を乗せるには失礼なくらいに傷んだゴンドラに暁を乗せてる灯里。要するに暁は客扱いじゃないって話ね。ま、灯里はまだ一人で客を乗せられないから当然か。
 最後にシングルの試験のコースをたどってる灯里。おじさんに何か頼んでると思ったら……閘門式の運河ね。しかし、ネオヴェネツィアにそんな水面の高度さがある場所があるのか?……と思ったら、内陸部の水路は水面が高い場所にあるのね。
 しかし、勤務時間中に寝るなよ。

◎スクールランブル 二学期
 (第15話)
 天満の誕生日に播磨が勝手にでっち上げた烏丸の原稿は結局ボツになって、代わりに元々穴埋め用に押さえてあった播磨の原稿が載ってたってか。
 編集部に呼び出された播磨。八雲を連れて行くのは良いけど、そこに現れたのは超巨体の編集長。おいおい、そんなでかい体でいつもどんな仕事をしてるんだ。いつぞやのマグロ漁船の船長とは知り合いだという編集長だけど……いきなし1週間で120ページってメチャクチャだな。
 家に帰ろうとしたら絃子が不在で締め出されてしまってる播磨。冬休み中、塚本家で居候することになってるけど……どうでもいいけど、塚本家に親はいないのか?
 意味深に荷物をまとめてる愛理が謎。
 なぜか編集者スクールに出掛けてる八雲。講師として現れたのは例の編集長。すっかり気に入られてスカウトされてる八雲だけど……
 八雲に変装して播磨の(八雲に対する)気持ちを聞きだそうとしてる天満だけど、変装はモロバレだから播磨の答えは天満に対してのものだって気付かないのがマヌケ。
 しかし、いつもつるんでる愛理や美琴はともかく、一条や嵯峨野の変装までしてるのって細かいね……と思ったら、晶は変装なしかい。
 全財産12円の播磨。自分より持ってるって……いったいおまいの所持金はどれだけなんだ?
 このままではずっと天満に誤解されたままだと焦った播磨。告白するのは良いけど、深夜に忍び込むってのはいくらなんでも非常識だろ。おまけにそこは八雲の部屋で、さらに背後に何者かの気配が……
 なんかいきなしホラー映画の世界になってるんだけど、現実世界に帰れるのか?

◎いぬかみっ!
 (第16話)
 薫に海に招待されたなでしこたち……せっかくの海なのに作画が悲惨って気が。しかし、ビーチボールに喜んでじゃれてる辺りが犬だね。
 そこにやってきた啓太とようこ。10人が仲が良さそうだと言ってるけど……この前、なでしこを排除するってさんざん謀略を張り巡らせてたのはどいつらだ?
 いぐさの怪談……単に作画の手抜きのための時間稼ぎって気が……で、それを恐がってるたゆね。いまり&さよか、フラノたちにそれをからかわれ、たちまち喧嘩。強引に巻き込まれてるいぐさが哀れ。それを心配してるともはねと怒ってるせんだんはともかく、なんか達観してる感じのなでしことごきょうやが何とも。
 別荘に漂ってる邪気を感じてる啓太。たゆねを驚かせようと用意したマネキンが勝手に踊り始めてるってところから事態が急転。マネキンに脅えて暴走してるたゆねのとばっちりで、隠れてた離れが潰されてるフラノ、ごきょうや、てんそう。なぜかいきなし隠し扉が開いて地下室への入口が現れてるけど……そこにあったのはマネキン、じゃなくて何かの術で囚われてる人間か妖怪か何かだな。
 暴走したまま別荘に突入しようとしてるたゆねを阻止しようとしてるせんだんといぐさだけど、こいつらではたゆねを止められない……って、なでしこかようこじゃぐらい霊力が無いとダメってか。
 しかし、そのたゆねの前に現れてマネキンを倒してる薫……と思ったら、啓太だったってか。マネキンに取り付いてたのは犬神同士の喧嘩による霊気の乱れに引かれて来た低級霊……それくらいならせんだんたちにも対応できただろうに、たゆねを止めることだけに囚われててマネキンに対応しきれなかったってところか。
 フラノたちが見たのは薫にそっくりだったとかいうことだけど、見てはいけないものを見てしまったって感じで見なかったことにするってか。しかし、そこに現れてるなでしこはすべてお見通しって感じだけど……

◎ウィッチブレイド
 (第16話)
 家賃を滞納して女子大生と合コンって、けっこうな身分だね。いや、相手は女子大生じゃなくて戸沢の関係する雑誌の編集部員だか、そこの編集長の単なる個人的知り合いなのかよくわからんけど。それにこっちもエロジジイをIT事業で成功した大富豪とか偽ってるし……
 鷹山に呼び止められてウィッチブレイドを装着し続けた末路について知らされてる雅音。おまけに本当の適合者は梨穂子で、自分が装着してるのは梨穂子が大人になるまでの繋ぎだといわれたらたまらないだろうな。
 編集長も子連れなんだけど、旦那と死に分かれたのか(雅音みたいに)元からシングルマザーだったのかよくわからんね。で、自分の母親より雅音の方がきれいだってうらやんでるんだけど、そりゃ単に雅音の方が若い(震災の時点で女子高生ぐらいだったから、まだ20代半ばぐらいか)からそう見えるだけじゃないのか? 普通にあのくらいの子供産んでたら30代にはなってるだろうからね。
コメント

週刊アニメ定点観察 Vol.503 (1/5)

2006年11月03日 | 週刊アニメ定点観察
期間:06/07/17~06/07/17

◎ゼロの使い魔
 (第3話)
 大量のルイズの下着を洗わせられてる才人。ま、見る人によっては天国のような光景かも知れないけど、好意を持ってる相手とか、下心が無けりゃ、ただの汚れ物の洗濯で面倒なだけか。おまけに洗濯機なんか無い世界だからねぇ。あっても手洗いさせられそうな下着だけど……やっぱし貴族様の下着はシルク製なんだろうね。見た目には木綿と変わらんけど。
 才人の作ったダメルイズの歌。そりゃ相手が誰であってもそんなの目の前で歌われたら激怒するのが当たり前だろ。
 ルイズに部屋から追い出されたところをキュルケに襲われてる才人。窓からやってくる先約の男たちを次々に追い落として才人に迫って来るけど……迷うまもなく飛び込んできたルイズ。ここはもうちょっと才人を戸惑わせるのがお約束だろうに……
 ま、ヴァリエール家とツェルプストー家は国境を挟んで領土を接してて昔から犬猿の仲だって話だからねぇ。
 翌日の休日。馬で3時間のところに剣を買いに行ってるルイズと才人。ま、市場経済が発達する前の西洋風の世界だからそんなに辺鄙なのも仕方が無いか。小麦や肉食を中心とする社会は米作中心の社会と違って食糧の生産効率が極めて低いから、都市の形成は小さな規模でまばらで点在することになってしまうからねぇ。大都市が隣接するなんてことは産業革命以前にはありえなかったことだから。これが東洋とは違うところで、日本にしろ中国にしろ産業革命以前にもそれなりの大都市を形成する経済基盤があったから。
 国の中心にあるはずの名門の魔法学校から馬で3時間もかけないとまともな市場が存在しないってのは信じられない話。
 で、デルフリンガーの登場。ま、これを武器屋から買い叩けたのはある意味、ルイズにそれなりの運があるってことなんだけど、あの武器屋も案外目利きの腕は疑わしいものだな。これが日本刀なら刃の焼き方とか磨ぎ具合とかチェックすべきポイントはいっぱいあるんだけど、この手の剣は斬るんじゃなくて叩く武器だから頑丈さと振りやすささえ備わってれば良いか。
 ま、デルフリンガーが目覚めたのは才人のガンダールヴの紋章に反応したんだろうけどね。

◎ブラック・ジャック秘蔵版スペシャル
 (第3話)
 新潟地震のせいで放送第3回にして再放送と入れ替えられた曰く付きの話。運良くナイター中止のおかげでようやく放送されたけど、ナイターがあったらそのまま未放送のまま番組終了してたのかねぇ。

 公園の片隅で写楽とままごとしていたピノコ。ままごとよりもアトムごっこしようと言ってる写楽だけど……そんなガキ、今ももちろん、70年代の原作の連載当時だってもういないだろ。
 いきなしピノコのポシェットを銜え去ってる野良犬。和登さんたちに追い掛けられて車道に飛び出したところをトラックに撥ねられてるとはマヌケ。
 岬の診療所に掛かってくる電話。
「この鳴り方はピノコだな」
 携帯の着信音じゃあるまいし、そんな古いダイヤル電話の着信音が発信者によって変わるかいっ!
 慌てて飛び出したブラック・ジャック。患者が野良犬とわかるとたちまち冷淡ってよくある話。ま、餅は餅屋。犬のことは獣医に見せろってのは正論だけど。でも、ペットブームの現在なら町で獣医を見付けるのも簡単だけど、原作掲載当時じゃ獣医といえばまだまだ家畜が専門って感じで町で開業したりはしてないことが多かったんじゃないかなぁ。
 犬にラルゴと名付けてるブラック・ジャック。ものぐさで動作がスローモーだからってか。
 読みたい記事があるからと新聞を買って来いと言われたピノコ。ラルゴに財布をくくりつけて1匹で買いに行かせてるけど……いきなしそんなこと言われてちゃんと買ってくる犬がいたら、それは犬じゃない何か他の未知なる生物だと思うぞ。で、帰ってきたのは2日後。読みたい記事があるならその日のうちに新聞を買わなきゃ意味無いのに、律儀に待ってたブラック・ジャックも凄いねぇ。
 写楽の話でラルゴがポシェットを銜え去ったのは植木鉢が落ちてくる危険を察知したからってことを聞いたピノコ。コンクールでは倒れるテントから審査員たちを救い、そして地震からブラック・ジャックとピノコを救ってるけど……。ラルゴには危険を予知する能力があるって設定なんだけど、この話を飛ばして、『21』になってから何の説明も無く診療所の爆破を予知するような描写が出て来ても理解不能だってば。
 で、ラストの地震。確かに揺れの描写は少し執拗な気がするけど、露骨な震災シーンが描かれてるわけでもなく、揺れが止まったらラルゴが家具の下敷きになってるという絵があるだけ。『日本沈没』の東京大地震のシーンとか『地震列島』のようなリアルな災害スペクタクルの映像ならともかく、こんなもの映像自粛するような意味あるのかねぇ。

 (第XX話)
 ブラック・ジャックの診察を受けてる医学の権威・クローネン博士。最近、その周囲で謎の連続創傷事件があるって話だけど……どう見てもそりゃ、かまいたちだろ。
 地図を見て何かに気付いたクローネン。甥を呼び戻そうとして庭に出たところを自分がやられてるんだけど、駆けつけてメスを握ったブラック・ジャックを見て動転して警察を読んでる甥。治療が間に合わず、警察から逃げてるブラック・ジャックだけど……
 ま、原因がミサイルの発射実験ってのは最初からミエミエだったけど……そんな毎度毎度定時に発射実験をしてるミサイル基地ってどんなんだ? ミサイルなんぞ金の掛かるもの、アメリカだって頻繁に実弾の発射実験なんてできないだろうに。

 どうでもいいけど、陸上自衛隊がサマワから撤退完了したって、そんなもの速報で流すような意味のあるニュースなのか? その局の受信エリアでもない地方の震度1~2の地震だとか、ニュース速報の乱用はいい加減にしろよ。

◎となグラ
 (第2話)
 朝起きたら勝手にベッドで寝てるって……何のエロゲじゃい。しかし、タンスに潜んでまりえを止めていた初音って……窓のカギが開いてたのはこいつの仕業だな。
 再会祝いに2週間の海外旅行に出掛けてる両親も凄いけど……いきなし飛行機が墜落ですか。ま、とりあえずは無事みたいだけど、いまどきトレジャーハンターって……ようするに遺跡泥棒。誉められた職業とは言えんぞ。で、年頃の娘たちをほうったらかして滞在するってか。
 一緒に暮らすのは嫌だからって勇治がエッチなことするかどうかテストすることになった香月だけど……新婚さんごっこですか。しかし、混浴するわけでもあるまいに、スク水着て風呂に入る意味って……
 ま、香月は勇治が飛び込んでくる危険に備えてってことなんだろうけど、勇治は別の意味で妄想掻き立てられてるって効果が出てるけど……
 香月の激マズ料理を全部平らげてる勇治。並のスケベにこんな真似は出来んな。ま、エッチではあるけどあくまで真剣なやつだって話ね。それに免じて負けを認める香月だけど……
 最後のとどめで裸エプロン(ただし下着着用)ですか。そりゃ、押し倒すなと言う方が無理だろ。

◎N・H・Kにようこそ!
 (第2話)
 わけのわからんことを言っていきなし夜の公園に呼び出したと思ったら、手書きの怪しげな契約書を渡してるデンパ女。罰金百万円って……露骨に詐欺の手口だな。ま、世間知らずのヒッキーなら簡単に引っ掛かるかもしれんけど。しかし、こんな怪しげなデンパ女のいうこと聞いてヒッキーが直るんなら、文科省も苦労しないぞ。
 それにしても、年上の相手を君付け呼ばわりかい。ま、ヒッキーに人権は無いと思ってるんだろうな。
 最終戦争で絶滅した地球の唯一の生き残りをサンプルとして生かすためにヒッキーに仕立て上げてる宇宙人……わざわざヒッキーにしてまで生かす意味が無いと思うんだけど……
 デンパ女・中原岬を無視しようとする佐藤だけど、変質者の存在が気になって心配してるとは中途半端だな。しかし、変質者の被害者が記者会見なんかするわけないだろ。
 岬に自分がヒッキーじゃないことを懸命に主張する佐藤だけど、なんか馬脚を現してるだけで、どんどん泥沼になってるな。だいたい、クリエーターの場合、昔から個人事業としてやってるような仕事だから、改まってSOHOなんかと言わないだろ。
 ビルやリーナスも真っ青って……きっとどんどん無駄に肥大化するクソ重いWindowsなんぞよりは遥かに軽快で、Linuxなんぞよりずっと初心者に優しい直感的なユーザーインタフェースと豊富な周辺機器サポートを備えた、素晴らしいOSでも開発してるんだろうねぇ。その代わり動くアプリが一つも無いとか言ったら笑うけど……
 夜中に大音量でアニソンを聞いてる隣室のアニオタに怒鳴り込んだら、そいつは佐藤の高校時代の後輩の山崎だったってか。しかし、なんかオタクを絵に描いたような趣味をしてるやつだな。ま、体型が縦でも横でもないのが救いか。
 ゲームの専門学校に通ってて苛められてる山崎。クラスの連中を引き合いに日本のゲーム業界はお先真っ暗だとか言ってるけど……そりゃそこらの声優学校と同じで、大半は単にモラトリアムのアリバイ作りのために通ってるだけだから、本気でゲーム業界への就職考えてるやつはごく一部だけだろ。
 佐藤が山崎に対して面倒見がいいのは、山崎が自分よりランクが下の人間だと思って優越感に浸れるからだな。
 山崎の教科書借りてゲームクリエーターだと言い張り岬の手から逃れようとしてる佐藤だけど、それなら作品見せろと言われてるのがマヌケ。おまけにそれを山崎に知られて立場が逆転してるとは悲惨ね。
 ニート脱却のためにゲームを作れという山崎だけど、何の才能も無い佐藤と足りない製作時間に人手……で、唯一作れるのがエロゲだってかい。ま、趣味でちょこっとやってるくらいだったら簡単なオンラインソフトのテーブルゲームでも作って済ませられるだろうけど、才能のあるプロのクリエーターだと言い放ったからには曲がりなりにもパッケージソフトの体裁を繕わないといけないからね。
 いや、エロゲだったらパッケージ見ただけで「もういい」と突っ返して来そうな気がするから、中身は作らなくてもって気がしないでもないけど……

◎Angel Heart
 (第40話)
 ジョイが襲撃されてるのを映画のキャンペーンのやらせだと思い込み、相手が香瑩の変装だとも知らずに注意してる冴子。そこを襲ってきた殺し屋を注意しようとしてマジで実弾の雨を浴びてるとはマヌケね。
 ホテルが襲撃犯にバレたからって、海坊主の家に押し掛けてるジョイ。ま、確かに防弾ガラス完備の家なんて日本には滅多に無いからね。でも、本当の目的はミキなんだろうね。
 ジョイが本当に襲われてると知ってミキに危害が及ぶのを心配し、ジョイが海坊主の家に泊まることを反対してる冴子だけど、リョウに説得されたら引き下がるか。
 ジョイに一緒に風呂に入らないかと誘われて、すっかり逝っちゃってる信宏だけど……その誘いは後ろにいたミキに対してだったってシビアなオチ。ま、日本みたいに湯船にじっくり浸かる入浴慣習があるんなら混浴だって意味あるけど、シャワー浴びるだけとか、西洋風のバスタブで体を洗うようなものなら、いくら親密な男女でもあんまし一緒に入るもんじゃないからね。
 それにしても信宏ってどんなことを期待してたんだろ? ま、台湾なら日本と同じ入浴慣習があってもおかしくないけど……でも、台湾のホテルの風呂って、普通にユニットバスだったからよくわからんわ。
 どうでもいいけど、ジョイのファンで、ジョイに関するものなら何でも集めてるという信宏だけど、いったいいつの間にファンになったんだ? 李大人の組織でスナイパーやってた頃に、そんな趣味に走ってる余裕があったとは思えんし、その頃のコレクションを日本に持ってきてるとも思えんからねぇ。
 ミキと一緒に風呂に入って、ミキが国王の遺児であることを確信してるジョイ。リョウにミキが住んでた隠れ場所に案内され、涙を流してるけど……

◎ラブゲッCHU ~ミラクル声優白書~
 (第15話)
 小学校のガキたちにはやし立てられてキスをやめてるって、いまどき意気地が足りないな<祐理花&アタリ。
 アイドル業だけで仕事が詰まってるシス×シスのスケジュールに懸念を示してる大門だけど、江戸川に会社の経営状態を持ち出されると反論できないってか。社長のくせに立場が弱いね。
 桃子とアタリの口喧嘩の伝言をしてる管理人さん……今井由香ってこんなキャラ演じてたっけ?
 アニメのアフレコは当然のように一人だけ別録りの桃子。本人が演技に拘ろうとしてもスタッフがアイドル扱いで済まそうとしてるとは、悲惨だね。しかし、全員それでも声優業との掛け持ちでスケジュールが揃わない時も多いのね。
 アイドルになったら町中も落着いて歩けない桃子。どうでもいいけど、事務所によったら勝手にファンの子と握手したりも出来ないってことだけど、ま、ラムダエイトは声優事務所だからそこまで拘束きつくはないか。
 中学時代に『スケラブ』のセリフを録音したというMD……そういや、最近のガキって物心付いたときにはすでにカセットテープなんぞ使ってないんだよな。しかし、他人に聞かれるのは物凄く恥ずかしいアイテムだな。
 アタリが「お前の声しか聞こえてこない」って言ったのは、地声でやってるだけで声優としての演じ分けが出来てないって話だったか。
 桃子たちのマネージャーに新たに武宮先生を付けてる大門。あくまでアイドル路線だけで突っ走る江戸川へのせめてもの反撃かい。

◎桜蘭高校ホスト部
 (第15話)
 夏休み。裸で同じベッドで寝てる双子……気色悪いけど、少女マンガだから我慢するしかないか。
 ハルヒが行方不明だと慌ててる環だけど、実は父親の友人の経営する軽井沢のペンションでバイト中だという話。
 ホスト部の連中から解放されたとばかりに羽を伸ばしてる感じのハルヒだけど、そこにヘリで乗り込んできてる環たち……凶悪ね。それにしても、ハルヒが携帯持ってることを知らなかった環……哀れ。おまけにお友達専用だからって、はみ子にされてるし……
 そのペンションで合宿しようとしてるホスト部一同だけど、空き部屋は一つ。もっとも全員近くに別荘があるってところが嫌味な金持ちどもだね。
 空き部屋を賭けてペンションでの働きぶりで勝負する一同だけど……鏡也のアドバイスでピアノを弾いた環が勝利をつかんだかと思ったら、ハルヒの頭上に落ちてきた花瓶からハルヒを守ったというアクシデントのせいで双子が逆転勝ち。双子相手になるととことん運が悪いな<環。
 翌朝、それでもめげずに合宿のスケジュールを立ててる辺りが懲りないというか、何と言うか……
 そこに野菜を運んできたバイトのにーちゃん。何かハルヒの中学時代のカレシって感じで波乱の予感……だけど、次回予告にはそんな雰囲気がまったく無いってんは、ただのブラフか?

◎僕等がいた
 (第3話)
 夏休みだから矢野に会えないって退屈そうな七美。演劇の練習にも出て来ないからって不満たらたらだけど……
 夏祭には誘ったとか聞いて期待して行った七美。浴衣が似合ってるとか言われて「浴衣が制服だったら、あたしモテモテじゃん」とか言ってるけど……そりゃ、滅多に着ないものだから特別に見えるだけだと思うぞ。しかし、矢野はやっぱり来ない。
 心配になって矢野の家まで行ったら窓からストーカー扱い。ぶちきれてチャイムを鳴らしまくったら出て来たのはお母さん……おもいっきし気まずいだろうねぇ。
 矢野の部屋でアルバムを見る七美だけど、この前が命日だったという山本の姉の写真は無し……
 その次から練習に出てきてる矢野。昼寝しながら山本の姉のことを夢で見てるんだけど……卒業式の日に学校でエッチですか……何かまだ寒そうな気がするんだけど、物好きだねぇ。ま、そりゃ思い出にはなるだろうけど。
 しかし、この山本姉って七美になんとなく感じが似てるんだな。それで矢野は七美が気になったって話か。
 そえにしても、あれで死んだ時に元彼と一緒だったとか言われたら、そりゃショックだろうなぁ。

◎コヨーテ ラグタイムショー
 (第3話)
 逃げたミスターたちを追いかけるシスター・プリンセス12姉妹。う~ん、冒頭から息を継がせるまもなく延々とチェイスシーンかい。
 ブルースの遺産の手掛かりを得るためにブルースの第1の子分だったスワンプに会いに行こうとするミスターだけど、共通の敵がブルースの敵のマルチアーノって以外は仲が良いってわけじゃないってか。
 おや、エイプリルたちが行方不明って言ってるメイって、アンジェリカに首を持ってかれてたのか。いったいいつの間に……
 まんまとスワンプを仲間に巻き込んで遺産探しに向かうミスター。行きがけの駄賃にセプを粉砕。12姉妹は11姉妹になったってか。いや、すでにメイもあの状況じゃ死んだも同じだと思うけど……で、いよいよマルチアーノ本人が参戦か。

◎うたわれるもの
 (第16話)
 クッチャケッチャやシペリケチムの復興に頭を悩ませてるハクオロ。領土が増えたら増えたで戦勝国の皇も大変だね。
 ニウェに焼き払われたシペリケチムの首都は生き残った住民が1割しかいなく復興は不可能ってことで廃棄を言い出してるけど、住民自身は自分たちでどうにか復興させたいって……新潟地震で壊滅した過疎の村みたいだな。エルルゥに焼跡から芽生えた植物を見せられて復興が不可能でないと教えられ、ハクオロも住民が戻ることを認めてるけど……でも、どっちかというとニウェとの最後の戦いの時の悪夢を思い出したくないから廃棄したいって感じの方が強いと思ったんだけど。
 喉が渇いたと言って水をがぶ飲みしてるカミュ。案の定、腹を壊したって感じ。ウルトリィが心配して様子を見に来てるけど、よくあることなのか? エルルゥに見せようというハクオロを断ってるけど……
 夜、湖のほとりで人魂みたいなのと戯れてるカミュ。それを見ていたハクオロのところにゲンジマルとかいう厳ついおっさんが。ハクオロに会わせたい人がいると言って連れて行った先には何やら物々しい覆面をした小柄な人物。どこぞやの皇のクーヤとか名乗ってるけど……ま、昼間に堂々と来ないところとか、ハクオロ一人のところを見計らって現れたところを見たら何らかの事情で極秘の面会みたいだけど……
コメント