ライフ&キャリアの制作現場

主に「人生の午後」からの暮らし、仕事、生き方を充実させたい人、リセット、リメイク、再スタートを考えている方も応援します。

115.猫が気づかせてくれたこと

2019-08-25 23:02:53 | 日記
 事務所の近所の寺の境内に住み着いていた猫がいなくなった。誰かが拾って寺に連れてきた野良猫だったと聞いた。子猫の時からおよそ2年たっていたから、猫年齢は2~3才だったのだろう。この寺には、あと2匹の猫が住み着いている。少し年長の黒猫と、少し若い猫。年長の黒猫とあまり折り合いが良くないのか、黒猫がいないときに2匹が餌を食べ、仲良く昼寝し、時々じゃれ合ったりけんかしたりしていた。
 
 1年くらい前から、この寺にはいろいろな人が寄ってくるようになった。地元商店街の人や近所の住民。自転車整理係の作業着を着た高齢者や仕事中のサラリーマンが境内で一服していることも。テレビの街ネタニュースで「猫のいる寺」として紹介されてからは、遠方から愛猫家らしき人々や観光客なども立ち寄るようになった。また、おそらく働いていないのか、昼間行き場がないのだろうと見える人なども。老若男女。ただ見物に来たり、毎日餌をやりに来たり、スマホで写真を撮りに来たり。猫たちは人々から可愛がられていた。住職一家も猫たちをかわいがり毎日世話をしていた。

 そんな猫たちのうち一匹がいなくなった。おとなしくて、マイペースで、ほとんど境内から出ずに、大体いつも境内でゴロゴロしているか草陰で寝ているような猫だったので、かわいがっていた人たちは大いに心配した。近所を探し回った人もいた。いつか帰ってくると信じて待っていた。

 「猫を探しています」という写真入りの貼り紙が外壁に貼られて間もなく、住職のもとに猫はもう帰ってこないという知らせが入った。どこかで生きていると信じていた人たちは、ショックを受けた。号泣した人もいた。住職も涙をこらえた。残念な思いで気持ちが沈んだ。
 
 私は、もう帰ってこないと知った時、喪失感があった。寂しいと思った。泣いた人の話を聞いて、悲しくもなった。いなくなって初めて、自分も猫たちに癒されていたと気づいた。あたりまえと思っているささやかな日常も、当たり前ではないと感じた。あたりまえのように自分の周りにある物、あたりまえのように周囲にいる人に、感謝の気持ちを忘れてはいけないと思った。

 「猫を探しています」という貼り紙はまだ貼ったまま。皆の心のどこかに「猫違い」であって欲しいという気持ちがあるのだろうか、忘れたくない気持ちもあるのか。猫を探しその名を呼ぶ人の声には、慈しみの響きがあった。人それぞれの思い、良心、人情の一端を垣間見る出来事だった。今もいる若猫に「どこにも行くなよ。」と強く言いつける声に、どこかやさしい響きも感じた。その若猫は、いつものように餌をもらい、ゴロゴロしている様に見えるが、遊び相手がいなくなり寂しそうと話す人もいる。一方、境内には毎日餌をやったり見守ったりという役割が減って、寂しそうな人もいる。

 猫が気づかせてくれたことは、少なくなかった。

 

 


コメント

114.老後2,000万円・・・?

2019-08-18 23:07:17 | 生活
 老後の金融資産が2,000万円必要という金融庁の報告書が問題となったのはつい数か月前のことだ。参議院選挙前だったせいかマスコミも大きく取り上げ、その論調が批判的だったゆえに与党側は火消しに躍起となった。その後、金融機関等が主催する資産運用をテーマにしたセミナーの参加者が急増したというニュースもあったが、今はどうなのだろう。そもそもが騒ぎ過ぎで、本来は国の方向性や社会保障制度と合わせて、国民的な議論が必要な問題だという指摘もあった。個人的にも、ニュースで将来不安にかられて右往左往する都会の若いサラリーマンや、セミナー参加者の急増を得意げにアピールする主催者を見て、少なからず違和感を感じていた。

 もちろん、セミナーや個別相談で情報収集したり生活設計を考えること自体は大事なことだ。一方、お金に対する価値観や生活レベル、仕事や家族の事情も人それぞれだから、将来必要なお金も人によって当然変わってくる。だから、あまり情報に振り回されずに、自分自身や家族にとって必要なお金の見通しを立ててみて、問題が見つかればそれに対してできることから考えてみればよいと思う。
 
 どんなにきれいなライフプランも緻密な課題解決策も実行できなければ意味はない。そして、実行するためにはお金(収入)は必要だ。その収入は、多くの場合働くことによって得られる。このあたり前のことを忘れて、「お金にだけ働かせよう」と思っても無理だ。つまり、若い世代も高齢者もできるだけ長く働いて、〝自分という資産を運用する”ことが大事と思う。

 あまり先々のことを考えてみても、計画通りの人生がすべてではないのだから、できるだけ健康でなるべく長く働き、身の丈に合った暮らしをしていれば、何とか生きて行けるだろうと思うと気が楽だ。いくらお金があっても、自身に関わったり支えてくれる人がいないと生きて行けないと考えると謙虚になれる。

 
コメント

113.「働く」ということ。

2019-08-12 23:30:19 | 仕事 職業 働く
 「働くということは、どういうことか?」などと、普段は考えないだろう。「なぜ働くのか?」と問われたら、どうだろう。お金のため。生活のため。家族のため。会社のため。事業存続のため。こんな現実的な答えの一方で、「仕事が好きだから」、「お客様に喜んでもらうため」、「社会のため」、「自分の成長のため」というような、内心的な答えもあるだろう。人それぞれの現実社会での働き方や仕事に対する思いや価値観は多様だ。「何も考えない」というのも一つの価値観かもしれない。

 私にとって「働くということ。」は、どういうことだろう?理屈やきれい事を抜きにして、まず思いついた。「自分の存在を認めてもらうということ。そのための自分の表現の場であるということ。」と。小難しい言い方に聞こえるかもしれないが、簡単に言うと、現在組織を離れて個人事業主である以上、仕事がなければ生きて行けないということ。仮に、事業で大儲けして有り余るほどのお金が手に入ったとしても、生きていて健康である以上仕事はするだろう。先々のことまで、まだ真剣に考えているわけではないが、できる限り生涯現役を目指すだろう。

 「お金が儲かって、楽で、和気藹藹」そんな仕事や職場などあるものだろうか?もし、あったとしても、おそらくそれはごく一部であったり一時的なものだろう。人や環境が変われば、仕事も職場の雰囲気も変わって行くし、果たしてそれでやりがいや自分の成長など感じられるだろうか。リスクを取らずに儲けたり、楽して経験を積んだり、努力せずに円滑な人間関係を維持したりすることなど、不可能なのは当然と考えた方が気が楽だ。

 このように考えてみると、公共であれ民間であれ、仕事の場を提供してくれたり一緒に場づくりをしてくれる方々には感謝の気持ちを、そして仕事の場に来てくれるお客様、受講者や相談者の方々には誠実な姿勢を忘れてはいけないと改めて思った。

 (参照)☆松山市ホームページ

     ☆ミラジョブ イベント・セミナーカレンダー



コメント

112.ささやかな感動

2019-08-06 12:02:54 | 仕事 職業 働く
 先日、ある大手家電量販店で腕時計のバンドを交換した時のことです。ずらっと壁面に並ぶバンドの中から、同系色の二つを見比べていました。すると、近くにいた白髪で上品な感じのユニフォームを着た男性が横に近づいてきました。

 「幅は17ミリでいいか図ってみましょうか?」さっと物差しを私の時計に当てて確認してくれました。私は尋ねました。「この二つは同じに見えるのですが値段の違いはどこにありますか?」男性は少し得意気に答えました。「洋服に例えると仕立ての違いのようなものです。どちらも同じメーカーの素材を表も裏も使っていて、防水性も他社よりすぐれていて差はないのですが。」と言いながらケースから両方を取り出して、裏側を見せてくれました。確かに、裏地の色合いには違いがありました。「それから、横から見てもらうとわかるんですが、二枚重ねと三枚重ねの違いです。こちらは、厚みのある分丈夫ですが、少し硬くて腕になじむのに時間がかかるかもしれませんね。」それから、昼光色のライトの下に二つを並べて、「これからの季節こういう明るめの色合いが良いと思います。」と、穏やかに話しました。

 「レジをお待ちいただいている間に交換いたしましょうか。」と言って、私が選んだ方の会計を若い女性店員に丁寧な言葉で引き継ぐと、手際よくバンド交換を済ませてくれました。「ありがとうございました。」と大きな声が聞こえて振り返ると、その男性は眼鏡の奥の柔和な眼で見送ってくれていました。
 
 買い物客でごった返す週末の都心の家電量販店。数万円以上の時計も並ぶ売り場の片隅で、数千円の時計バンドの交換に親切に対応してもらえたことにささやかな感動を覚えました。あの人は百貨店の紳士服売り場で働いて定年後再就職したシニアの方かなと想像しながら、その人の生き方や人生が顔や姿勢に現れていると感じました。そして、見違えるようになった大事な腕時計を眺めて、気持ちも明るくなりました。


☆ご参照:ワークネットコラム 

     お仕事コラム第25回

コメント

111.コンプライアンスは身を守る

2019-08-03 21:35:50 | 時代・世の中
 かんぽ生命の不適正販売のニュースを見て、「まだこんなことやっていたのか。」と、怒りを通り越してあきれてしまう。17、8年前、保険業界にいた私は同様の体験をした。目標数字に追われて、不適切な営業活動を行った時期があった。一部にせよやったことは事実だった。よって、会社自体が業務停止処分を受けた時、懲戒処分を受けた多数の社員の中に名を連ねた。「訓告」という処分であったが、恥ずかしい気持ちと、ノルマからの解放感が入り混ざったような複雑な気持ちだったのを覚えている。「そこまでやれと言った覚えはない」と手のひらを反したり、「これくらいの処分は営業の勲章だ」とうそぶく上司、不正の自己申告に不誠実な申告をする同僚など、サラリーマンの責任転嫁と保身の術を目の当たりにして悲哀を感じたりもした。一方で、真っ当な仕事をしていた者や、自分なりのけじめをつけた者もいて、麻痺していた常識や良心が戻ってくるような安堵感もあったと思う。

 今回のニュースでも、不適正販売件数や被害にあった顧客のインタビュー、現場職員の声がクローズアップされているが、全体像やその背景はまだつまびらかになっていない。ただ言えることは、組織ぐるみの事件であるということだろう。勿論、実際に不適正販売を行った職員は謝罪をして処分を受けるべきだが、それ以上に現場に圧力をかけた上司、その上司、そして経営陣の責任は免れないということだ。社内牽制やチェック体制が甘かったというよりも、黙認されていたか物を言えない雰囲気もあったのだろう。それでも、出世欲や保身のために顧客や部下を騙したり犠牲にしたりすることが許されるはずはない。

 今の私は、コンプライアンスは自分を守るためと心得ている、迷った時こそ、信念や職業倫理をもとに判断していることは誇りになりつつある。「何のために働いているのか。」同じ過ちを繰り返さないためにも、時々思い起こしたい。
コメント

110.再集合

2019-07-06 21:23:24 | シニア
 先月下旬、大学時代のサークルの友人5人と再会した。同級生全員が揃うのは、多分私の退職直後以来だからほぼ10年ぶり。東京駅八重洲の居酒屋に集合した。私以外は皆、会社や役所に所属して今も現役で働いている。ただ、その中で卒業直後に入社した会社に勤めているのは一人。他の3人は、転職や再就職している。

 話題は、今の仕事や家族の事、先輩や後輩の近況、健康や世間の話題になっていることなど。皆、まだまだ現役で今を生きているから、学生時代の懐かしい話は少ない。誰からともなく話したいことを話して、誰かがそれに反応する。ただ聞いているだけの者もいる。身辺の大きな変化を発表する者がいても、皆あまり驚かない。愚痴っぽい話が出ても、あまり掘り下げない。誰かがお代わりや追加注文を頼んで間ができると、いつの間にか話題が変わっていたりする。それでも、話していた者もこだわらないし、皆次の話題に耳を傾ける。雰囲気は悪くならないし、居心地は良い。無理はしないし卑屈にもならない。この場では昔のように対等だ。

 お互いに「変わらないなあ」などと冗談めかして言いながらも、年相応の変化はある。いろいろ紆余曲折もあっただろうが、概ね良い年の重ね方をしてきたようだ。皆の「顔」や物腰を見てそう思った。家族の状況や仕事の内容、これからの働き方や人生観などそれぞれであるし、人に話していない問題や悩みも抱えているのかもしれないが、おそらく自分に正直な生き方をしてきた中で、人を気遣う姿勢も身につけてきた友人達と思う。

 毎年の年賀状の一言書きを実現したひととき。帰りは皆一斉に一軒で帰ることになった。「せっかく東京まで来たんだからいいよ」と割り勘からはずしてくれた。「じゃあ、体に気をつけて、還暦までにはまた皆で集まろう。」と、店の前でそれぞれの乗る地下鉄の駅の方へ別れた。後日、皆から私にねぎらいの短いメールが来た。

 

 
コメント

109.再会

2019-05-30 23:42:52 | 人生いろいろ
 このブログの102回目に書いた「人生の先輩Mさん」に、およそ30年ぶりに再会した。この間、中部地方に住むMさんとは、毎年年賀状のやり取りは続けていた。一言書きには、お互いほぼ同じことを書き続けていた。「今年こそお会いしましょう。遊びに来てください。」

 来年古希を迎えるMさんは、若々しかった。週に4~5日はジム通いやテニスをされているせいか、体は引き締まっている。声の張りや艶が、脳裏に残っている当時の声と変わらない。かわいいお孫さんもいて、お子さんの休みの日には一緒に遊びに来るらしい。スマホで見せてもらった奥様も若くきれいな方だ。サラリーマンの定年退職後の幸せな暮らしのモデルのようだ。

 そんなMさんと昔よく行ったバーへ行った。Mさんは、四半世紀ぶりにマスターと再会できることを期待していた。マスターがいた。「おおっ、お久しぶり」と、お互い懐かしそうに声を上げ、カウンター越しに握手した。それから、Mさんが店に来たいきさつや今の暮らしぶりなどを話し、マスターもお店の近況を簡単に話した。丁度、カウンターの上に、お店の34周年を祝う花が置かれていた。マスターは、ずっと好きな音楽活動をしながら、お店は同じ場所で改築して広げて、今はライブハウスにもなっている。メジャーなミュージシャンが来るような名店にもなっている。お客さんや仲間からも慕われている。休みの日は、還暦過ぎて繰り上げてもらっている年金で、一人気ままに日本各地の名所やライブハウスを旅しているそうだ。

 お二人ともに半生に悔いはないものの、まだまだやりたいこともある様子。そんな二人を見ていて、人生いろいろ、いつも満足ではなくても納得の行く生き方をしたいと思った。

 「じゃあ、また来るわ」と店を出るMさんを、マスターはいつもの柔らかいまなざしで見送った。私には「また来てよ」とささやいた。








 

 

 
コメント

108.仕事の煩悩

2019-05-19 16:25:39 | 仕事 職業 働く
 煩悩とは、「心身にまといつき心をかきみだす、一切の妄念・欲望」という意味の仏教用語である。どんな仕事も、悩みや迷い、煩わしさはつきものだろう。何の煩悩も欲望もなく働き、生きている人などいない。

 私の場合、例えばキャリア支援の仕事をする際にも、悩みや欲はある。クライエントが思うように動かない時、腹立たしくなる。就職に結びつく結果が出ないことに、焦りを感じてしまう。支援が長期化してくると、出口のないトンネルの中にいる様な不安が増してくる。相性が悪い相手との関係維持が難しくなると、支援が嫌になる。もっと割のいい仕事をしたいと、他人と比べて羨んだり嘆いたり。等々。虚栄心、嫉妬心なども。

 今もこのような煩悩や欲はあるが、以前よりはコントロールできるようになって来た。以前も、仕事と割り切ることでコントロールしていたつもりだが、心の負担やストレスにもなっていた。それが今では、時と場合にもよるが、概ねその度合いが軽くなったと思える。

 それは何故かと考えてみると、現場での場数を踏む中で、自分の弱さや仕事としての限界を知ったことが大きいと思う。人は自分の思い通りにはならないし、その人の一生に責任は持てないのだから、今できることを誠実に基本に忠実にやるしかないと思うようになった。勿論、柔軟性が必要な時もあるが、臨機応変と場当たりは違う。無責任と思われるかもしれないが、変わるも変わらないも相手次第で、一時その手助けをしているだけ。そんな風に考えるようになって来た。人に対して謙虚になったのかもしれないし、それが相手を尊重するということかと考えるようになった。

 今の仕事の煩悩を洗い流すには、これからも時々自分を振り返りさらけ出してみることが大事だろう。そして、心身にまといついた物の掃除や片づけは、誰かに手伝ってもらう方が早いかもしれない。虚心の境地はまだまだ。

 

 

 
コメント

107.仕事を辞めたくなったら

2019-05-12 13:42:32 | 仕事 職業 働く
 新年度が始まって、約1か月が過ぎました。新たに社会人になった人、新たな役割や環境の中でスタートした人など、気持ちを新たにされた人も多いでしょう。まずまず順調な人やまだこれからとがんばっている人がいる一方で、さっそく壁にぶつかって戸惑っている人も少なくないのかもしれません。

 キャリアコンサルタントとして転職相談を受ける時、よく聴く話があります。「仕事の内容や労働条件が、思っていた内容と違っている。」「職場の人間関係や雰囲気が良くない。」「仕事が合わなくてやりがいがない。」など、転職したい理由です。それらは、多くの場合、仕事や職場に対する不満です。

 確かに、労働条件や職場環境などに大きな支障があって、転職を望むことがやむを得ない場合もあります。俗に言う「ブラック職場」かもしれません。しかし、そのような職場でも、がんばっている人はいないでしょうか。また、仕事のやりがいがないと言えるほど、仕事を覚えようとしたでしょうか。無理や我慢を強いるつもりはありませんが、不満の原因を他人や環境のせいにしているだけでは、別の所へ移っても同じことを繰り返すだけかもしれません。

 景気の回復に伴い求人情報も増えて、売り手市場となっている昨今ですから、適職を探したり、自分の可能性を広げたりするチャンスもあるでしょう。ただ、その前に、今の仕事に就くまでにかけた時間や動機を振り返り、今の仕事で出会った人や、得られた知識、経験の中にプラスの面はないか考えてみてはどうでしょうか。友人やご家族、できれば上司にも相談して、気持ちと頭の整理をしてからでも遅くないのではないでしょうか。これまでの事も、これからの事も、できるだけポジティブに考えられるようになって、今の仕事や周りへの影響にも配慮できるようになった時が、良いチャンスかもしれません。
 
・・・以上は、私が昨年4月にある雑誌に投稿したコラムです。10連休が終わり、5月も半ばになり、ふと思い出し投稿しました。(ブログ掲載につき運営企業様の了解を得ています。)
 <ワークネットコラム:おしごとコラム>
https://www.work-net.co.jp/column/corporate/
コメント

106.笑門来福 千客万来

2019-05-01 17:19:03 | 日記
 「笑門来福 千客万来」行きつけの居酒屋の座敷の戸にかけてある暖簾に染められた文字。何度も来慣れている店なのに、平成の終わりにカウンターで話しながら飲んでいると、初めて目に飛び込んできた。

 暖簾をながめながら、自分なりの意味を考えてみた。「笑う」ことは、人に対する気づかいと考えてみた。「笑う」ことは、まず気持ちに余裕がないとできないことだし、いわゆる「笑顔」に象徴される朗らかな表情や穏やかな態度は、相手の気持ちを和らげる気づかいと思う。こちらも和やかになる。また会いたい、話したいとお互いに思う。一緒に何かをしたいと思うことや、誰かを紹介したいと思うこともあるかもしれない。そんな人が少しづつでも増えて行くといい。消えてしまう「点」、切れてしまう「線」、欠けて行く「面」もあるかもしれないが、長い目で見て、点が線になり、線が面に広がって行くように努めていれば、自分にも相手にも福が来るのではないか。

 この居酒屋の店主夫婦は40代。おそらく小難しい理屈よりも思いを大事に商売を続けて来られたのだろう。綿密なプランニングとかデザインなど無くても、一日一日、一人一人のお客様を大事にしてきたのだろう。注文すると返事をして微笑む。提供が遅くなると謝る。客の酒や食材に関する質問にも笑顔で答える。帰り際、必ず客を見て礼を言う。気持ち良いからまた行く。人を連れて行っても顔が立つ。そんな繁盛店の常連として、礼節をもって長く付き合いたいと思うようになる。

 人を相手にする仕事をしている以上、人に対する自分なりの理念や芯となるものを大事に持ち続けたい。人は必ずしも損得だけを考えているわけでなく、居心地の良さや自分らしくいられる場を求めていると思う。そして、和やかに人が集まる所に情報も集まり、機会も生まれ、それぞれの福も来るのだろう。

 「笑」を忘れないこと。「和」には「礼」も大事。
 

 
コメント