香彩日記

一筆入魂!今の思いを『書』に込めて。

本仁田山~もえぎの湯

2018年11月15日 19時53分10秒 | 山歩き

本日の山歩きは、「本仁田山(ほにたやま)」。ブログを遡ってみたら、過去2回行っていました。
今回は、JR青梅線「鳩ノ巣」駅から出発。「コブタカ山」を経由して山頂へ向かい、「奥多摩」駅へ下りて、さらに10分ほど歩いて「もえぎの湯」に寄りました。

コブタカ山に向かう途中、「本仁田山」が見えました。

「コブタカ山」は小さいピーク。山頂名は、小さい石に手書きされていました。右は、コブタカ山からの景色です。↓

歩き始めは軽快でしたが、急斜面でペースダウンしたので、はぼ予定通りの約2時間15分で「本仁田山」山頂到着。

山頂標の反対側に美しい富士山が見えました



3回目で、初めて富士山が見えました♪

苦手な下りは、枯れた落ち葉が降り積もり、滑りそうで怖くて、急斜面は上り以上のペースダウン 緩斜面で盛り返したものの、予定を20分オーバーしました

そして、最近人気の「もえぎの湯」へ。

「もえぎの湯」で、かわいい「ツキノワグマ」のマスコットを見つけたので、ゲット!見出しの折帖の書と一緒に載せたのが、それです。本物に遭わないように、次回の山歩きから、お守り代わりに持ち歩こうかと思います

本日の山歩きは、「もえぎの湯」までの往復を足すと、約4時間25分でした

前回の本仁田山のブログ記事はこちら→2015年04月04日

前々回はこちらです→2011年08月08日

コメント

壽門會展&菊祭り~高幡不動

2018年11月11日 22時33分22秒 | 展覧会ご案内・訪問

     

本日は、高幡不動へ。

以前、師事させていただいた篆刻の先生の社中展に行ってきました。



会場には、土方先生の日展初入選作品から近作まで、印材の印面や印稿とともに篆刻作品や書作品がずらりと展示され、見応えがありました

先生の印がラベルに使われている「八海山の麹を使った麹のしょうゆ」と「塩麹だれ」も展示されていました

同じ教室だった先輩や友人たちにも会えて、皆さんの作品も鑑賞

篆刻は、2002年に通信で始めてから、ほぼ独学で勉強してきましたが、壁にぶつかるたびに、数人の先生に師事してきました。土方先生は、通信で初めて添削していただいた先生で、5~6年前に、自宅から近いカルチャースクールの講師をしていらっしゃることを知り、通い始めました。1年半ほどで、また独学に戻りましたが、今も壁にぶつかると先生に学んだことを思い出します

高幡不動尊では、菊祭りも開催中でした

なので、見出しの書は、「菊花」にしました。筆は、先日、台湾の故宮博物院で買った筆「明月健羊毫」を使いました。

コメント (2)

台北2泊3日

2018年11月09日 14時02分18秒 | お出かけ・グルメ

初台湾旅行してきました。
見出し画像は、持参した筆ペンで行ったところを書き込んだはがきを国立故宮博物院の包装紙(袋)に載せました。

台北に着いた初日の夜は、『十分』で天燈上げ!
ランタン(天燈)に願い事を4面に筆で書いて、線路の上から夜空に飛ばしました。

ランタンは、思っていたより大きくて、小さい筆だったので願い事をいっぱい書けました
雨に降られてしまいましたが、楽しかったです♪
その後、食べ物の屋台が並ぶ『寧夏夜市』を散策

2日目は、台北市内観光。
『行天宮』をお参りして、『中正記念堂』を巡り、『忠烈祠』で衛兵交代式を見学。

そして、今回一番楽しみにしていた国立故宮博物院へ。

展示品は、なんと写真撮影OK!
ツアーなので、自由時間の制限はありますが、書の展示は一通り観ることが出来ました♪
有名な「翠玉白菜」は出張中でしたが、「肉形石」と「象牙玉」、「毛公鼎」も駆け足で観てきました。ブレブレの写真ですがUPします↓


「毛公鼎」の銅内に金文で鋳刻された銘文、もっとゆっくり見たかった

書は一部撮影禁止でしたが、撮れるものは撮ったので、今後の学習の参考にしたいです そして、記念に自分用のお土産も大急ぎでゲット

一日観光した後は、『足つぼマッサージ』!予想していたより痛くなかったですが、足が軽くなった気がします

2日目の夜は、日本にも支店がある小籠包の名店『鼎泰豐』の本店で夕食♪ その後、士林夜市を散策しました。

 

最終日は、千と千尋の神隠しの舞台となったと言われる『九ふん』半日観光。

『阿妹茶楼』で烏龍茶セットをいただいて、散策

すると、手作り筆のお店を発見!

もちろん記念に買っちゃいました30秒で名入れサービス付きです♪

九ふんの夜は、提灯に明かりが灯され、まさに千と千尋の神隠しの世界になるので、見てみたかったですが、物凄い混雑だそうです。

過ぎてしまえば、あっという間の3日間でしたが、それぞれツアーの参加者が変わり、いろいろな方達と一期一会の充実した旅でした

コメント (2)

第3回 MOA美術館 国分寺児童作品展

2018年11月04日 19時05分50秒 | 展覧会ご案内・訪問

今年も早2か月を切りました。

見出しの11月の別名「霜月」は以前書いたものですが、いつものはがき掛けに飾りました。

本日は、先日、書写の部の審査をさせていただいたMOA美術館 国分寺児童作品展の表彰式に行って来ました。

そして、緊張の中、賞状授与と受賞作品の講評をさせていただきました。

書写の部の課題は自由なので、それぞれ書きたい言葉が書かれていて、見ているだけでも楽しいコンクールです。

書写の部の受賞作品です

 

絵画の部は、応募数が多いので、受賞者も多いです。

絵画の部の最高賞は、第30回MOA美術館全国児童作品展に出品されるそうです。

書写の部は今年から募集が始まり、まだ応募数が少ないので、どんどん挑戦者が増えて、いつか全国展にエントリーできるといいなあ~と切に願います。

コメント (2)

浅間嶺~数馬の湯

2018年10月30日 19時49分44秒 | 山歩き

     

本日の山歩きは、4年ぶり三度目の浅間嶺。

前回前々回は、払沢の滝バス停からピストンしましたが、今回は山頂から反対側の浅間尾根を下りて「数馬の湯」に寄りました。
今日は気持ちの良い秋晴れで、山頂から富士山も見えました!



山頂標の右側に見えますが、わかるかな

肉眼で見るより小さいので、アップでも撮りました↓



反対側には、奥多摩の代表的な山の御前山(右)と大岳山(左)がドーンと見えました。



数馬の湯は、2回目。
前回は槙寄山の帰りに寄りました→2014年12月21日

本日の歩行時間は、約3時間40分でした。

苦手な岩場や急斜面もなく、歩きやすかったので、予定時間より早く歩けました

コメント (2)

「2018韓・中・日 国際書画交流招待展」

2018年10月25日 20時25分35秒 | 展覧会ご案内・訪問

     

先日お知らせした「2018韓・中・日 国際書画交流招待展」が始まり、開会式に参加した日本チーム代表の渡辺美奈子さんから、たくさん画像を送っていただきました。

見出しの画像は、出品作品の「松竹梅」です。松は濃い緑、竹は黄緑、梅は薄い赤の墨を加えて、それぞれのイメージで書きました。軸装は現地韓国でしていただきました素敵な仕上がりで嬉しいです!

作品は、忠清南道洪城郡の新都市に新しくオープンした図書館に展示されているそうです

美奈子さんの作品はこちらの2点です↓

美奈子さんの作品の関連記事はコチラ→作品の装飾

そして、展示作品が印刷されて野外の公園にも展示されています。上から撮った画像も送ってくださいました。

↓ 拙作も ♪ 

プロフィール写真も展示されるということで、個展の時に「絆」Tシャツを着て撮ったものにしました。

現地に行けないのは残念ですが、まだまだたくさん画像を送っていただき、行った気分になりました  そして、展示していただける喜びをかみしめております

10月27日(土)まで韓国で開催中です!

コメント (8)

棒ノ折山~さわらびの湯

2018年10月22日 23時14分26秒 | 山歩き

     

本日の山歩きは、5回目の棒ノ折山。

4年前から書き始めた折帖に登場するのも2回目!同じ山を書くのは初です。

前回は、別名の「棒ノ嶺」と書きました。→2015年05月24日

今回は、5年前に下りに使った埼玉県側から登りました。

岩場登りと渓流渡りのスリリングな登山道!怖がりの私には登りも大変なのに、5年前、よく下れたなあ~

両脇に岩が切り立ったゴルジュも2ケ所あります。

これはその一つ。渓流の中の岩を選んで登ります。

途中から、土砂崩れで通行禁止の箇所があったため、別のコースに迂回して、山頂へ。

山頂標にかかる木が紅葉していました。

下りは、途中までピストンして、前回と同じ滝ノ平尾根コースを下り、「さわらびの湯」に寄りました

 本日の歩行時間は、上り約2時間20分、下り約1時間45分、計約4時間5分でした。

コメント (2)

2018 国分寺市民文化祭 書道展

2018年10月19日 14時20分38秒 | 書の学習

     

今年も市の文化祭の書道展に出展しました。

半切(135×35cm)に書いた光明皇后の杜家立成雑書要略の節臨(一部分の臨書)です。

会期は、本日10月19日(金)~21日(日)まで。

場所は、今年新しくできた国分寺駅すぐのリオンホール(ココブンジプラザwest5階)です。

案内はがきはこちら↓

本日、午前中、展示作業のお手伝いしてきました。

様々な世代の作品が展示されています。

お近くの方、ご興味のある方、是非ご観覧下さい。

本日は、午後1時~6時。

明日10月20日(土)は、午前10時~午後6時。

最終日10月21日(日)は、午前10時~午後4時です。

拙作は、入口入って右壁面の右端に展示してあります。

よかったら、見に来てください。

私は、明日3時頃から居ります

楽毅論・杜家立成雑書要略 光明皇后 (テキストシリーズ)
高城弘一
天来書院
コメント (2)

兜山&岩下温泉立ち寄り湯

2018年10月10日 19時54分20秒 | 山歩き

     

本日の山歩きは、中央本線の車窓から見える「兜山」。
その名のとおり、兜のような形の山です。

下車駅の「春日居町」のホームの目の前に見えました。




兜山はマイナーな山のようで、出会った登山者はなんと0人!


先日の台風の影響で登山道は荒れ、倒木も多く、またいだり、くぐったり 

なかなかサバイバルな山歩きとなりました

 

岩場コースは通行止めの貼り紙があったのて、山腹コースを登り、山頂へ。



山頂は眺望がないので、少し先の展望台をゴール地点にしました。

展望台には、関東の富士見100景のようですが、残念ながら霞んで見えませんでした

下りは、ピストンで登山口へ。

行きは、登山口までタクシーを利用しましたが、帰りは岩下温泉旅館の立ち寄り湯経由で春日居町駅まで歩きました。

収穫の秋、歩道には栗や胡桃の実が落ち、アケビがなっていました。


岩下温泉旅館の立ち寄り湯は、昭和8年に建てられた旧館です。

28℃の半地下の源泉と加温した加温した湯船があり、歴史が感じられる温泉です。

本日の歩行時間は、合計約3時間半

今日は、天気が良く汗ばむ陽気でした

コメント

「2018韓・中・日 国際書画交流招待展」出品作

2018年10月01日 14時37分25秒 | 展覧会ご案内・訪問

渡辺美奈子さんからお誘いいただき、韓国で開催する展覧会に出品することになりました。

韓中日交流展、ということで、どんなものが良いのか迷いましたが、展示場所は図書館で、印刷したものが屋外にも展示されるそうなので、どなたでも楽しんでいただけるものがいいかな~と思い、私独自の絵に見立てた閃書(せんしょ・ひらめきしょ)にしました。

サイズは半切に決め、何点か書いた中から絞ったのが、見出しの3点。

最終的に、美奈子さんに選んでいただくことにしました。

そして、決まったのは・・・

それは、また後日、報告させていただきます

会期は、2018年10月20日~27日

私は行かれませんが、渡韓のご予定のある方は是非お寄りください。

場所など詳細は美奈子さんのブログからどうぞ→ 「2018韓・中・日 国際書画交流展」

コメント (4)

ひょうたん印と姓名印など

2018年09月29日 14時18分28秒 | 篆刻

 

書友の萌粋さんからのご依頼でお作しました。

2.1cm角(7分)の姓名印は、高校生のお弟子さん用です。

今回は彫り上がりの写真も撮ってみました。 

朱墨と黒い墨で印面に布字(字入れ)して、刻し終わった所です。

この印面を洗って墨を落とし、押印して、彫りの足りない部分を補刀して仕上げたのが、見出しの印影です。

 

作品作りのお役に立てますように

コメント (2)

走~はしる

2018年09月17日 13時26分25秒 | 文字の成り立ち

「走」の漢字の成り立ちは、「夭」+「止」。

篆文では、「夭」は走る人の姿を象り、その下に足を意味する「止」が書き込まれています。

ようやく涼しくなり、ジョギング始めました。

といっても、歩くくらいのスピードで20分程度ですが

健康診断のコレステロール値が高いにもかかわらず、バターの入ったお菓子を制限なく食べていたら、体重が激増

コレステロール値もさらにUPしていると思います

で、健康体に近づけるべく、走ろう!と思ったわけで

3日坊主にならないように、無理せず、細く長く、ブログと同じように続けていきたいものです

コメント (2)

第5回 筆文字ラベルコンクール展

2018年09月11日 23時14分33秒 | 筆文字コンクール

     

今年も今日から筆文字コンクール、始まりました。

案内はがきはこちら↓     

 

入賞・入選者などの詳細はこちら→

 

優秀作品は、大宮ソニックシティで開催されるお酒の試飲会のブースに展示されるそうです。そのイベントの詳細は、案内はがきの宛名面に記載してありましたので、拡大しました。

 

私は時間に余裕がなくて、出品あきらめましたが、ご興味ある方は是非

コメント (2)

仮名用変形印

2018年09月08日 20時26分25秒 | 篆刻

拙ブログを見てくださっている方から、ご依頼いただき、仮名用の変形印をお作りしました。

大きい楕円形の方は、条幅用で、3cm×1,5cmの石で制作。

小さい方は、半懐紙~全懐紙用で、1,2cm角の石を使いました。

メールのやり取りでOKいただき、集印帖に押印してみたら、ちょっと太さが気になったので、さらに補刀して仕上げたのが見出しの画像です。

集印帖の方は消すことができないので、上の画像を小さめにプリントアウトして、その下に貼りました。こんな感じに↓

印泥も濃いめの美麗(びれい)から明るい箭鏃(せんぞく)に変えました。

 

作品作りのお役に立てたら嬉しいです

コメント (2)

菅かおるさんの展覧会

2018年08月31日 19時48分00秒 | 展覧会ご案内・訪問

 以前、印をご依頼いただいた()日本画家の菅かおるさんから、今月開催の展覧会のご案内が2枚届きました。

一つは明日から開催の二人展

初日は、夕方、トークショーがあるようです

詳細は、菅かおるさんのブログをどうぞ→二人展のお知らせ

 

もう一枚は、続いて開催される個展のご案内。

詳細は開催場所のギャラリーのホームページからどうぞ→Gallery Seek

嬉しい一言が添えられていました

よく見ると、大きく載せた作品にお作りした落款印が押されていました♪

見出しの画像は、これを拡大したものです。

 

どちらも銀座

是非、伺いたいです

コメント