心の免疫力~書とことばから

もっと暮らしに書を~
雲のように水のように あっけらかんと自在に生きるヒントを
求めて~ by 沙於里

情熱に出会う

2016-09-28 | 前衛・抽象


  情熱はどこから来るのか。

  
たとえば、
満たされない思いから、だ。

  満たされないことを嘆いているより
  満たされないことを力に変えられる
  そんな自分でありたいって思う。


  今日のBGMは Keziah Jones - Where's Life
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨に出会う

2016-09-26 | 前衛・抽象
                 
出会えた運命。

違う師に出会っていたら、こんな世界が自分にあるなんて
気づかないままだったかもしれない。

書も絵も、具象より抽象に魅かれます。

書から辿り着いたもうひとつの自分。
出会えてよかった 


この作品のBGMはこの曲をば。
Tom Waits - I'm Still Here




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「極」

2016-09-25 | 書の話

今日は予定通り、旧知の門下生7名で師のお宅に伺いました。
亡くなるほんの数週間前まで、全紙に向かわれていたと。

ここに書かれるはずだった文字は「極」。
書く前にその意味に深く思いを馳せ、気持ちを集中されておられたそうです。

けれど、書かれることのないまま、
師の生き様が、懐かしいお稽古部屋に残されていました。

91歳。
最期まで書きたいという衝動に駆られ、書に人生の全てを注いでこられた姿に
言葉で尽くせないほどの敬意と感謝の思いで、胸が熱くなりました。

また、今日久しぶりに仲間に会えて、師の情熱に心動かされ
共に奮起、切磋琢磨し、書に夢中だった頃を思い出すことができました。

そして、お互いどこにいようとも、それぞれが「今」を大事にしたいね、と。
そして、師に頂いたご縁を、これからもどうぞよろしく、と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生に悔いなし

2016-09-23 | つれづれ
                      
    

今早朝に、私の書の、そして人生の師でもあった先生が亡くなられたと。

少し体調を崩されたと伺い、古き仲間7名で
あさって25日にお宅にお邪魔する予定でした。

突然の訃報に言葉も出ず、
体じゅうの流れが一気に止まっています。

最後にお目にかかった時
「人生に悔いはない」とお話しされていました。

激動の時代に、燃えるような情熱で書と共に生きてこられた師に
ご縁を頂けたこと、たくさんご教示を頂けたことに
感謝の気持ちで、胸が張り裂けそうです。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ワークショップ~自分を筆文字一字で表現する

2016-09-21 | つなぐ展
                        「楽」

先週18日まで開催していたつなぐ展でのワークショップ。
自分と向き合い、自分をイメージする漢字一字を書く。
あるいは、こんな風になりたい自分とか。

半紙に、気がつくとみんなで立って書いてました。



心静かに・・と思っていましたが、始まったら賑やかで。
筆文字で・・と思っていましたが、藁の束や歯ブラシで。



途中参加のこちらの方、
「普通の書しかやったことないし」「たまたま通りかかっただけだから」と、
遠慮がちでしたが、まずは、「放」という文字を書いてみて~と。

1枚目は、半紙の真ん中に「普通に」。

「全然放たれてないですけど~」
「え?あ、そういうこと?」

と5枚位書いたところで、下の「放」に。



最初の画像の「楽」もこの方。いろんな「筆」を使って。

「文字を書く」のではなく、いろんな心をイメージして書いてみてくださ~いと
お話したら、心は、藁の束でこんな風に。



躍動したいと、「躍」の文字も。
最初は四角くまとまりすぎていて、固まってます~と言ったら
藁の筆で思い切りよく、全体を左に寄せて右の余白がきいてます~。


最初に書いたものと最後に書いたものを並べてみて、いかがですか?と伺うと
「全然違う」と、ご本人も変化を楽しんでいらはいました 

うれしや~

猫のクラフト作家の白井光可さんもご参加下さり。
10月に谷中・ギャラリー猫町で開催する個展のテーマ「seminare(種を蒔く)」から
「種」を書く!と。この種から、どんな芽が出て花が咲くのか楽しみです



白井さんの工房はこちら⇒ 路地裏の猫屋&工房W-WELL
(個展のご案内はまた次回)

こちらは、笑いすぎて泣いちゃってる「笑」と
凸凹やらいろんなことを辿ってきた「道」。


そして、この方は大事にしたいものを書かれて。
力強く凛々と。


予定よりかなり時間オーバー&賑やかだったので、作品をご覧下さった皆様には
ご迷惑だったかもですが  楽しいひと時でした。

嵐?が去ったあとに、少し前までご近所に住んでいらした方がお母さまと。
1枚書く?と聞いたら、うん!というので書いてくれました。

人の人生もいろいろ。
書の楽しみ方、かかわり方もいろいろでいいのかな、と。

ここから、私もどこかにつないでいけたらと思っています。

ありがとうございました。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

粉引の器と墨の展覧会~於:相模原市ギャラリースペース游

2016-09-19 | 書展・展覧会情報

昨日、つなぐ展が無事終了しました。

会場にお越し下さいました皆さま、ブログやFBでご覧下さった皆さま
ありがとうございました。

6月からそれぞれが準備を始め、目まぐるしい日々でしたが
たくさん笑って、たくさん感激もあり、実り多い経験と時間を得ました。

搬出後、帰宅したらダウン。
でもって、本日はもっとダウン
というわけで、ワークショップのレポート等々はまた次回 

今日は午後から、21日~始まる 歳時「器」展の搬入、陳列。

ギャラリーのオーナーも私も、お疲れモードで朦朧としながらも
陶芸家の山﨑さんとの作業。

山﨑さんのシンプルでやさしい風合いの器と共に、
家ごはん、家カフェをイメージしつつ
なんとなく居心地のいい空間を作れたかな~と思います

2週間の会期です。お立ち寄り頂けましたら嬉しいです。

私は、時々在廊・・今週は
24日(11時~3時頃迄
25日(お昼頃~2時迄)在廊の予定です。


➡︎諸用が入ってしまい在廊できなくなりましたが
 山﨑さんは会期中、毎日在廊されています。



 ■日時:2016年9月21日(水)~10月2日(日)
     11:00~17:00 最終日 16:00まで
     【9月26日(月)・27日(火)休廊】

 ■会場:ギャラリースペース游



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワークショップ

2016-09-17 | つなぐ展


あぅ‥こんなに筆をいじめて‥怒られそう(^_^;)

今日のワークショップ、自分を漢字一字で表現するー
皆さまに楽しかったぁと言って頂けてほっ。

ここ数週間休みなし〜と、今日のワークショップが終わったら、一気にお疲れがどどどどど(^_^;)

我が家の猫さまは、あれこれ缶詰開けても食べてくれず、だし😢

そんなわけで、レポートはまた明日。
つなぐ展は明日最終日です。

おやすみなさいましし。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手織り体験しました〜

2016-09-17 | つなぐ展


手織り機で作るコースターのワークショップに参加しましたぁ🤗

自分がいかに不器用なのか再認識(^_^;)
でもやりたぁ〜いの気持ちがあったから、無事完成。

大好きな色合いのコースターができました(*^_^*)
楽しかったぁ♪

みかさんが染めてきてくれた綿。
左のは私のコースターに使いました〜


途中〜




みかさんが染めてきてくれた糸たち。



シャツを裂いているところ


裂いた布をヨコ糸に見立てて織る


裂織のコースター完成


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私のもったいない

2016-09-16 | つなぐ展

書をやっていると、反故紙も溜まるのでして。

気に入らないなら捨てればいいのだけど、なんか引っかかるとか
この部分だけは気に入ってるんだけどなぁとか言って。

時々揚げ物の油切に使ったり、レンジまわりの掃除や窓ふきに使ったり、
老猫がほぼ毎日ゲボするので、そのキャッチャーに使ったり

それだけじゃもったいない・・ということで
今回は柿渋で染めて、紙箱や猫たち用の枕を作ってみたり
お菓子が入っていた箱は、額に見立ててあれこれ遊んでみました~


お菓子の木箱に墨を塗って、玄関の鍵をひっかけるものとか。



これは小さい紙の箱に作品を貼って。玄関のハンコ入れとか。


作品をカットして残ったものは、栞にしてみたり。
左奥はペットボトルの灯り。中には電池で灯す灯り入り。



何度も登場してるけど、昔の糸巻きの灯りとか(普段寝室で使ってます)
拾ってきた石ころに和紙を貼って、インテリア風とか
筆は、母が長年溜め込んでいたものたち。



まぁ、お遊びです

毎日なんとなく忙しがしくて、気ぜわしくて、
ゆっくり物事を考えたり感じたりすることを忘れているような。

私のまわりでも、介護や子育てで自分の時間がなく
かといって、どこかに出かけたりのんびりもできないというような
ことを最近よく聞きます。

17日(土)13:00~のワークショップでは、
心静かなひと時を持ちつつ、、漢字という形を借りて
自分と向き合い、開放するヒントをお届けできたらと思っています。

まだまだ知らない自分を探しに〜。

ご参加下さる方は当日、会場で。
墨を使うので、多少汚れてもいっかという服装で。
手ぶらでご参加くださ~い。

今日のワークショップは、おがわみかさんの
「手織り機でコースターを織る」です。
私も会場にいるので、体験してきま~す
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歳時「器」展のご案内~

2016-09-16 | 書展・展覧会情報

つなぐ展、開催中ですが、続けての展示会のお知らせをば

昨年の10月、ギャラリースペース游での山﨑まさおさんの器展に
書の作品を何点かご一緒させて頂いて。
その模様は⇒こちら

早くも1年、今年もコラボさせて頂けることに。
たまたまとはいえ、スペース游の住人?と思うほど
ずっとギャラリーにいます 

山﨑さんの器は、粉引の作品を中心に普段使いの
お茶碗、マグカップ、お皿、急須など、さりげなく
やさしい風合いのものばかり。

愛川町で自宅兼アトリエがあり、そこには大きな窯も。
山の中だよ~とのことですが、ギャラリーのオーナーと
一度見学に行きたいね~と話しています。

アトリエでは陶芸教室もやっているそうです。
まずは山﨑さんの器に会いに来て頂けましたら、うれしいです。
私も山﨑さんのごはん茶碗を愛用しています

そして、私は~。
山﨑さんの器と共に、家ごはん、家カフェを楽しむ空間に
さりげな~く置いて頂けるような作品をば。

シンプルで、音楽が聞こえてきそうな世界をお届けできたらと
思っています。

 ■日時:2016年9月21日(水)~10月2日(日)
     11:00~17:00 最終日 16:00まで
     【9月26日(月)・27日(火)休廊】


 ■会場:ギャラリースペース游
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おがわみかさんの染織の仕事

2016-09-16 | つなぐ展
                        タペストリー

おがわみかさんのタペストリーの両脇にあるのは、
残った部分を額に入れて、インテリアとして楽しめる作品に。

今回のテーマ、もったいない!から素敵へ、について、こんなメッセージが。
 
 私のもったいないからすてきは、少し余ってしまういとから。
 カシミヤのストールをつくるとき、必要な糸の量を計算して割り出して紡ぎます。
 だけどいつも足りなくなるのが心配で少しだけ多く紡ぎます。
 そして無事織り上がると、少しの糸が残るのです。

 織り上がって良かったけれど残っていく少しの糸たち。
 今回は、そんな糸たちで二枚のストールをおりました。ほっこり温かそうな黄色の。
 冬木立のようなの。
 はじめからそのつもりだったみたいに仲良くストールにおさまってくれました。


さて、こちらはコースター。


今日16日のワークショップは、おがわみかさん担当。


たて糸に毛糸やわたや布をよこ糸に見立てて通します。
お気に入りの色や風合いのコースターを織りあげませんか?

ということで、こんな感じのコースターを作ります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もったいない!から素敵!へ

2016-09-14 | つなぐ展

某タウン紙の記者だった林 香さん。
林 香さんも高校のブラスの同級生。

今まで誰かのことを書いてきたのだから、今度は自分の詩を書いてみたら?
なぞと軽々しくも言ってみたら、その日の夜に早速詩を送ってくれて。

その後、どんどん生まれた詩の中から、
秋のはじまり、月、あっ、ただいま、胸に棲む言葉、アゲハなど
額に入れた作品を展示します。 手作りの冊子の詩集も~。

つなぐ展第2章。詳細はこちらへ

林さんからこんなメッセージが届きました。

 日々の暮らしの中でであう
 さまざまなことを
 形にしないなんてもったいない!

 楽しい時間も幸せな経験も、
 時には厳しい現実も辛い出来事も
 何かの形に残したい。

 今回、詩をつくることで
 その瞬間を切り取ってみました。

明日14日のワークショップは、林 香さんの詩作の時間。
13時〜当日会場にて先着5名。

ノート、消しゴム、そしてエコのアイディアが光る鉛筆付きです
明日は林 香さん、岩元さんが在廊。

連日ワークショップ開催しま~す。
お出かけの機会がありましたら、お立ち寄りくださいませ~。


16日 おがわみかさんの、手織り機でコースターを織る 
    (みかさんのお母さまの毬さん:ステンドグラス作品出品、沙於里が在廊)

17日 私、沙於里の、自分を筆文字一字で表現する 
    (17日は林香さんも在廊)

私は16日・17日・18日会場にいます。
最終日は全員集合、16時までです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帽子のワークショップ開催中〜

2016-09-14 | つなぐ展

今日から始まった、つなぐ展第2章。

13時から、帽子作家のいわもとけいこさんの、
キットで作る帽子のワークショップの会場から画像が届きました~。



今朝11時にはオープンと同時に、いわもとファンのお客様がお越し下さり。


紫の帽子は、林さんのカシミヤのセーターだったもの。昨日のブログで、毬さんが被っている帽子です。




こちらがいわもとけいこさん。
毎回お会いするたびに違う、スタイルに合わせた帽子を被られています♪
首飾りもお手製。こちらのワークショップもあるみたいです。



数年前、私の絵手紙教室にいらしていたNさんが、
いわもとさんの帽子教室に行かれていて。

Nさん、いつも私の絵手紙を持ち歩いていて下さり、
数年前、帽子教室でその絵手紙を見たいわもとさんが、
私などにお声をかけて下さったのがご縁の始まり。

以来、時々お会いしてはお互いの思いや夢を語り、
今回ようやくその第一歩を踏み出すことができました。

つなぐ、の思いが、これからどんな風に
人と人との出会いを広げていけるのか、一つ一つを大事に
育てていけたらと思っています。

明日は、染織家のおがわみかさんのワークショップが同じく13時~。

➡︎もとい〜。ちとお疲れ気味?で、間違えましたぁ。
明日のワークショップは林 香さんの詩作のじかんです(^_−)−☆

ご案内はまた後程。

つなぐ展は、18日まで、相模原市にあるギャラリースペース游で。

追記
皆さま無事、帽子が完成したようです


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帽子のワークショップ開催します

2016-09-13 | つなぐ展

つなぐ展、第2章が明日から始まります。

2章では、帽子作家のいわもとけいこさん、詩作人の林 香さんが加わり、
染織家のおがわみか、墨の坂本沙於里、四人展。

使っていないけれど捨てられないものに、
ちょっとした工夫や遊び心を加えた作品もご紹介します。


 ■会期:2016年9月14日(水)~9月18日(日)
     11:00~17:00 最終日は16:00まで 

  ■会場:ギャラリースペース游 アクセス
 
明日から毎日日替わりでワークショップも開催します。

初日14日(水)はいわもとけいこさんと作る帽子。
キットを使って、2時間~2時間半でちくちく手縫いで作ります。

見本は最初の画像と、こちら。



先週日曜の陳列の時に、おがわみか&吉村毬母娘が被ってみました
実はこの帽子、みかさんのシャツだったものをリメイク。
いわもとさんが、メンバーそれぞれをイメージした帽子を作って下さり


林さんのは紫のカシミヤセーター、私のはウールのカラフルなスカートをリメイク。
近々アップしま~す。

ワークショップは、各日13:00~。 
当日先着5名様。 手ぶらでご参加頂けます。

帽子は人気のようなので、参加ご希望の方はお早めにお越しください。




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母とのつなぐに感謝

2016-09-11 | つなぐ展

つなぐ2016NO.1〜NO.7 by 沙於里

墨、色、直線、曲線、強い線、細い線、擦れ、滲み。
時間の流れの中に存在する人と人、思いと思い、それらの響き合い、つながり。
そんなものをイメージしました。

つなぐ展最終日〜。
雨の予報がなんとか曇り空。

あと数時間ですが、楽しみま〜す(*^_^*)

昨日は母の兄弟子、石川芳雲先生、宮山一琴先生がいらして下さり感激!

来年は銀座で米寿の個展をされると伺い、母と是非伺います〜と、元気を頂きました。


今回は、母の書には敵わないと思ったので、書の作品は3点だけ。
そのひとつ、「あなたと生きてこれたしあわせ」。

母に、このあなたはお母さんなの〜と言ったらt頷いて、「ありがとう、お母さんもよ」

今回、つなぐ展を開くことができて、母とのたくさんのつなぐを持てたことはしあわせでした。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加