心の免疫力~書とことばから

もっと暮らしに書を~
雲のように水のように あっけらかんと自在に生きるヒントを
求めて~ by 沙於里

草書的生活

2017-01-12 | 木簡


今日は今年初めての書道教室。
久々に筆を持って木簡の参考作品をば。

これは草書系木簡かな。
簡略化されている分、かっこつかなくて難しい。
線と空間を意識しつつ。

あ〜。
私の部屋も、日々も、草書的生活がしたいものぞよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)





原本はこれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第46回玄同社展

2017-01-08 | 書展・展覧会情報




稲村雲洞先生の社中展ー玄同社展に来ています。

雲洞先生は、昨秋ご逝去されたため、
今回最後の社中展になるようです。



稲村雲洞先生の般若心経 部分


旧知の諸先輩との久々の再会は、先生はじめ、
皆が熱く書作に取り組んでいた頃を思い出させてくれました

玄同社展は明日まで、新宿ヒルトンホテル内ヒルトピア アートスクエアで。
京王百貨店前から無料シャトルバスが出ています。
21番乗り場から。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家族と迎えた新年

2017-01-01 | 


あけましておめでとうございます。

今年も自宅の片付けはほぼできないまま、
新年が明けてしまいました

子供の頃の年末は、掃除をしながら、
母のおせち作りのお手伝いをしたものでした。

納戸にはみかん箱や、出番を待つお正月料理の数々が並び、
玄関には毎年知人手作りのしめ縄を飾り。

新年の節目を、子供なりに神聖な時間と感じていました。


母が話してくれたことばを、毎年大晦日になると思い出します。

 お母さんが子供の頃は、元旦の朝、お袋さんが家族全員の枕元に
 新しい真っ白な下着を置いてくれていたの。
 それで子供心に、新しい年がきたんだなって思ったものよ。


そんな暮らしに憧れて大きくなったはずなのに、
年々節目が曖昧に無意味になってしまい、寂しいような
母に申し訳ないような気持ちでいます。

今年は大晦日に母が一時帰宅、
元旦はおせちとお雑煮で家族水入らずで迎えることができました。
今夜はおめかしして、久々に妹一家も一緒に、外食。

家ではあまり表情のなかった母が、笑顔で一人一人を観察する様子を
みんなで喜び合えたひと時にも感謝です 

父が用意してくれた京都のおせち。 
3人では食べきれない品数でしたが、母は食欲旺盛でよく食べてくれました。




昨年は、気持ちが停滞ぎみでしたが、そんな時間のお蔭で
今年はまた行動しようと思えるようになってきました。

今年もよろしくお願いいたします。
皆さまにとっても、穏やかで優しい日々でありますように 

新年最初の今日の1曲は、何度か登場しているこの曲。
Ed Sheeran - One

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第16回扶桑印社展レポート

2016-12-28 | 書展・展覧会情報


気がつくとX'masも終わり、師走も残り4日! 
全然更新ができていなかったので、展覧会レポートをもうひとつ。

12月6日~11日までセントラルミュージアム銀座で開催されていた扶桑印社展。

書の師のご子息、稲村龍谷先生もいらして、お話を伺いながら、拝観。






卯中恵美子氏





奥には今回特別展示の塼(せん)の古い拓本も。

もしや‥と拝見すると、師の蔵書印が押してあり、思わず涙が溢れてきて。。

お元気だった頃、愛おしそうに解説されていた師の声が聞こえてきました。

龍谷先生も、この機会に一堂に展示できたことは
とても感慨深いです、とお話しされて。

篆刻の世界も、時代の流れとともに、新しい世界を模索中とのこと。

とはいえ、たとえば仮名文字の篆刻や、形の新しさを求めるのは
どうなんだろう・・・と。

限られた方寸の世界の中で、古典を鑑みつつ新しいことをやる、
それは難しいけれど、挑戦していきたいことだ、とお話し下さいました。

それは書の世界でも同じかもですね。

古典を学ばないまま、書の線を身につけないままの作品は、
とかく奇をてらったりするものも多く、
長い間見ていると、どこか居心地の悪さを感じてしまうというか。

さてと。
私も臨書しなきゃ。
書いて書いて書きまくっていた頃の感激を、思い出してきました 

龍谷先生、ありがとうございました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書と絵画の線

2016-12-28 | 前衛・抽象

12月12日から銀座Gallery ART POINTでの
グループ展に出品していた作品のアップ集。


全体とは全然違うイメージかも。
今度はこの部分からヒントをもらって、作品制作してみようかな、とか。










日々を慌ただしく追われる中、自分なりに苦戦しながらも前に進むことで、
発見や反省、出会いもありました。

今回は画仙紙ではなく、ケント紙を使ったことで、
書ではないマチエールを楽しむことができました。

書と絵画の違いについて、感じるところもあれこれ。

書は線と空間(余白)。絵画は色と面。

そして、書の線に流れる時間は生々しく、躍動的。
絵画の、特に日本画や鉛筆画などの線は、冷静沈着。

私は木簡の、おおらかで自由で伸び伸びとした線が好きなので
絵画を見る時も、線に動きのあるものに心惹かれます 

たとえば、今回一緒に出品されていた春日葉子さんの作品






墨の濃淡、紙の妙、線のあれこれだけで、こんな世界が描けたらなぁ。
色にはかなわないところもあるけれど、挑戦してみたいです。


会場にお越し下さった方、参加の機会を与えて下さった
ギャラリーの吉村さまにも感謝です。

ありがとうございました。

遠く山口からもお越し下さっていたのに、お目にかかれず残念至極。。
波多さま。本当にありがとうございました。








GALLERY ART POINTでは、1月12日~1月20日まで
New Year Selection 2017 -来場者の投票による大賞セレクション展-が
開催されます 









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

∞ Infinity 2016展に参加しています

2016-12-14 | 前衛・抽象
                     Work2016_1/10

 
50号(1167×910mm)と久々に大きい作品です。
書でいうところの3尺×4尺。

なんていう字? 猫? 右のは牛乳瓶?
たいていはそんな感じの言葉が届きます

けれど、文字も書いていないし、
何か具体的なイメージがあるわけでもなく。

初めてこちらのギャラリーに参加させて頂いた時、
まわりは絵画の方ばかりで、余白の多い私の作品に
なんでここを塗らないの?と 

う~ん。
絵画は、背景や画面をすべて埋める仕事なのだとしたら、
書は余白を生かす仕事なのでして。

そんなこんな、居心地の悪さよりも、目から鱗、異文化交流的に、
書にはない空間、表現、思想、色使い、呼吸のようなものを
絵画の世界から学ばせて頂いています。

私の場合、何か形あるものを描くということではなく、
自分が探している「線」が、限られた空間の中で響き合い、
生き生きと、爛々と、音楽を奏でるような作品が描きたいと思っています。

まだまだ、そこに辿りつけていませんが、
お近くにお越しの機会がありましたら、お立ち寄り頂けましたらうれしいです。

17日まで~Gallery ART POINT

17日は午後から在廊予定ですが、近所をウロウロしているかもなので
どこかにメッセージ頂けましたら、戻りま~す

会場はこんな感じです。





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

∞ Infinity 2016

2016-12-07 | 前衛・抽象


来週月曜日から、銀座 Gallery ART POINT での展覧会に出品します

今回は久々に大きい作品。50号のパネル、910cm×1167cm。
文字ではなく抽象。

相変わらずタイムリミットぎりぎりでの制作で
会場で作品を見るまで不安だらけ・・言い訳や言い訳やら・・
つべこべ言いたいことばかりですが






今年5月のSpring Selection展でご一緒させて頂いていた
遥月さんも出品されます。

 ■平成28年12月12日(月)~12月17日(土)
  12:00~19:00 最終日は17:00まで

 ■Gallery ART POINT Facebook
  中央区銀座8-11-13 エリザベスビルB1F
  電話:03-5537-3690
  www.art-point.jp


初日12日 17:30~19:00までオープニングパーティ。
確か・・どなたでも参加OK(無料)です。

私は12日と17日、午後から在廊予定(途中外出したり)です
お近くにお出かけの機会がありましたら、お立ち寄り頂けましたら幸いです




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第16回扶桑印社展 6日~11日まで

2016-12-07 | 書展・展覧会情報


篆刻家、稲村龍谷先生よりご案内が届きました。

今年の日展の作品 「道在瓦甓」は、特選を受賞されました!

日展のHPの授賞理由をご紹介。

余白を呼応させた構成とし、輪郭を大胆に排除することで印面に光を取り込んだ。
筆意と刀意の柔軟な対応を見せる線状からは瀟洒な趣きが感じられ、
生命感溢れる見事な朱白の世界を表出している 


日展の作品は残念ながら拝見できなかったのですが、
先日の鳩居堂での龍谷先生の印は、遊び心満載、自由で大胆。
今回の作品も拝見するのが楽しみです。


■ 会期:平成28年12月6日(火)~12月11日(日)
     午前10時~午後6時 最終日午後5時まで

 ■会場:セントラルミュージアム銀座

地図はクリックで拡大⇒ 


特別陳列として「塼文の美」と題し、趙子謙を始め多くの印人が
作品制作のヒントとした古塼の精拓本が展示されるそうです。

龍谷先生の作品はこちらでご覧になれます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽の力

2016-12-07 | ワークショップ・ライブレポートなど

昨日は夜6時半過ぎから、つなぐ展で一緒だった
染織家のおがわみかさん宅で筆遊びワークショップ~。

つなぐ展にもお越し下さったヨガの先生~祐子さんと中学1年の里穂ちゃん。
部活を終えてダッシュで来てくれて。

あったかいそば茶を1杯頂いたら、早速スタート。
BGMはキザイヤ・ジョーンズ(大人すぎた

最初は、今ふと心に浮かんだ漢字一字を~。
初めは半紙の真ん中に王道的に。

そこから、文字の持つ意味、自分の中にあるイメージを膨らませて
文字を書くのではなく、絵を描くように~と。

そう、それと、書くときは声を出す
ひゃ~、とか、しゅ~っとか、えいっ、とか。

お習字じゃないからね、自由に、解放する感じで 

私は作品を作る時、音楽は必須。音楽がないと書けない。
その時自分の胸の真ん中に、ぐぐっとくる音楽をガンガンにかける。
紙の前に立って音楽を全身に浸み込ませて、音楽に力をもらって書く。

里穂ちゃん:「え~でもお母さんは勉強するときに音楽はダメって言うよ」
おかあさん:「・・・
沙 於 里:「私たちね、ブラバンだったから音楽は大事なの

おがわみか:吹奏楽は、いろんな楽器がひとつになって音楽を作ってるのね。
      練習の時はあっちでクラリネット、こっちで打楽器がそれぞれ音を
      出していたり、同じ楽器同士がハーモニーを作っていたりするんだけど、
      その混ざりあってる感じが心地よかったのよね。

      染と織の仕事も、それに似ていて、色と色、糸と糸、
      それを混ぜ合わせながらひとつのものを作っていくっていうか。
      染織をやっていく上でも、その時の体験があったから、みたいな。


私は、どんな芸術も音楽にはかなわないなぁって、ずっと思っていて。
音楽っていうか、「音」かな。

音楽は、誰もが本能的に素直に受け入れることができて、
癒したり、励ましたりできる即効性のあるエネルギーの源だと思うから。

で、里穂ちゃんに普段どんな音楽聞くの?と聞いたら、
歌詞がね、いいの・・って、もじもじしながら教えてくれて。



で、早速大好きな曲をスマホ動画を流したら、あれま~
からだでリズムを刻みながら、急に笑顔になって
「笑」の文字をたくさん書き始めて。

ほらね~ 

途中大人二人は椅子に座って休憩しつつも、
里穂ちゃん37枚、祐子さん33枚、みか27枚、
丸めたのも入れると、みんなで100枚以上書きました~。

ねぇねぇ。親子で展覧会やったらどうかしら。

やる~! とまずはおかあさん。
いいね!  新しい楽しい目標ができたね!


ふと時計をみると9時前。
きゃ~明日学校だよね、今日はまだ火曜日だよね(大人衆) 

里穂ちゃん、祐子さん、みか~楽しい時間をありがとうございました~

みか宅の玄関はサンタのアドベントカレンダーが。
若かりし頃、あんなに楽しかったクリスマスまでの時間が
あ~あ、どこに行っちゃったのやら。

今年は眠ってるクリスマスグッズ、出そうかな~ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書TEN

2016-12-06 | 書TEN
                      「心」 越智麗川氏 


11月20日~24日まで東京芸術劇場 アトリエウエストで開催されていた書TEN。
レポートが遅くなってしまいましたが、作品をご紹介させていただきます。

最初の作品は、越智氏の「心」。
それぞれの心模様を想像しつつ、表具の変化も楽しませて頂きました。


こちらも越智麗川氏 「森羅万象」。
今までとは違う世界を感じますと、お伝えすると笑顔でお返事下さって





伊地知星夏氏 けふの糧に幸足る汝や寒雀 杉岡久女の句





伊地知星夏氏 「本来無一物」 藍の古布を使ったパネル作品。
いつも表具にもお心をかけられていて、格調高く美しい世界にため息。




TENの代表、木原光威氏 「寿山」。
あたためてきたものを つみかさねてきたものを やむにやまれぬものを
つたえたいおもいを わかってもらえたしあわせ うけとってもらえたよろこび

言葉が喜んでいるような書だなぁと。素敵でした。





中谷翠泉氏 甲骨文字による「森」





TENの皆さまとは、ほぼ1年ぶりの再会でした。

昨夏以来、父母の介助と介護に夢中になり、
自分のために何かをすることにどうにも夢中になれず、
TENを離れてしまいましたが、メンバーの皆さまの作品を拝見し
なんだかほっとしたような、懐かしいような気持ちになりました。

現日会でご活躍されていらっしゃる諸先生方の中に、
未熟な私をお仲間にお誘い下さった越智先生には
言葉で言い尽くせないほど感謝の気持ちでいっぱいです。

メンバーの皆さまの穏やかであたたかいお人柄に
甘えてばかりだったなぁと、反省もしきりです。

TENでは、挑戦できたこと、刺激、感激、発見もたくさん。
その、出会いと時間と呼吸を私の宝物のひとつにします 



さて、TENの作品は越智氏のブログで見事にご紹介されています。
それぞれクリックしてご覧ください。
(越智先生~勝手にリンク~ごめんなさい )

作品紹介①   作品紹介②

作品紹介③   作品紹介④

作品紹介⑤    作品紹介⑥

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こそねえみこ・川田知子展

2016-11-22 | 書展・展覧会情報

日曜日、こそねえみこ・川田知子展にお邪魔しました。

今年の1月、銀座アートポイントでのNew Year Selection展で
ご一緒させて頂いたこそねさん。
今回も作品やあれこれお話しを伺えて、楽しかったです


普通だったら捨ててしまうような日常のこまごましたものを
ひとつのステージに縫い込んで新しい世界を作るという作品。





洋服のタグ、ワインのワイーヤーキャップ、薬が入っていたアルミケース、
ストロー、隙間テープ、トイレットペーパー、ボタン、リボン、
介護用の歯磨きブラシ、ファスナー・・・



そこに見える作り手の変わらない日常と、無限の可能性。
繰り返しの日々の中にも、わくわくやうふふを見つけられたら 

会場は、御茶ノ水ソラシティB1階にひょっこり現れる築100年の蔵。
どこぞから移築されたそうで。



入口入ると、川田知子さんの有機的な作品。





お話を伺いました。
白いストッキングとご自分で染められたフェルトを重ね合わせて、
机上でこすり合わせて1枚のフェルトストッキング?を作り、
そこに緩衝材を縫い込んだそうで。

なんと手間のかかる作業!
「オリンピックを見ながら作りました」と、にこやかに

会場は蔵ということもあり、照明は暗めでしたが、
そこに生まれる影も作品。美しや~。


画像はご一緒させて頂いたSatokoさんのFacebookから拝借

こちらはストール。モデルは作家の川田さん。


狭い階段をのぼると・・



蚊帳とフェルトのコラボ作品。 
画像ではわかりにくいですが、色のグラデーションが美しや。



こちらは同じく蚊帳とフェルト、ストッキングとフェルトのコラボのバッグ。
欲しい!と伺お願いしましたが、今回はどれも非売品だそうです。残念





私好みの色合いのストール


色と素材、そして川田さんの手仕事が届けてくれる癒しの空間です。

さらに3階に上がると~天井の梁には達筆が。



こちらは再びこそねさんの世界。
屋根裏部屋のような空間は、秘密基地のようでもあり。

こちらの作品は、Enter がテーマのインスタレーション。
Eの文字に切り取られた紙を組み合わせて、マジックテープで箱に。
内側の緑は、再生を意味しているそうです。



小さなミシンを持ち込んで、期間中、Enter が増殖する予定だそうです。




御茶ノ水ソラシティB1階 Gallery 蔵で24日まで開催中です。







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こそねえみこ・川田知子展

2016-11-18 | 書展・展覧会情報

御茶ノ水ソラシティにあるGallery 蔵で今日から開催の二人展のご案内。

こそねえみこさん:
タグやラベル等、廃物にマテリアルを見出すミクストメディア

川田知子さん:
フェルトをベースに、様々なマテリアルで展開するテキスタイルワーク

こそねさんとは今年1月、銀座アートポイントでのNew Year Selection展で
ご一緒させて頂いて。

と~っても楽しい方だったので、ご案内うれしや~。

会場は御茶ノ水駅前の高層ビルの狭間に移築された築100年の蔵。
様々なおベントやワークショップも開催されているようで
何やらと~っても楽しそう! こちらも興味津々。


会場 御茶ノ水ソラシティ「Gallery蔵」
   東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティB1F
   アクセス JR 御茶ノ水駅 聖橋改札徒歩1分
   東京メトロ千代田線  新御茶ノ水駅 聖橋方面改札 直結

会期 2016年11月18日(金)~24(木)
   平日11:00~19:00  土日11:00~18:30 最終日17:00まで

 
お問合せ:お茶ナビゲート 電話03-3525-4190

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

しみじみすると

2016-11-18 | 前衛・抽象


              われをしみじみ風が出て考へさせる   by 山頭火  


Parallel(平行な・並行して・相似する)な毎日の中にも
時には「しみじみ」があったらいいね。

しみじみすると、心がほどけていく気がするからさ~。


今日のBGMは KD Lang- Hymns of the 49th Parallel
う~いい声。好きっ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

そんな風に

2016-11-17 | 前衛・抽象

                   秋風の、水音の、石をみがく  by 山頭火



いいなぁ。
そんな風に暮らせたら。

秋風を感じながら
水音を聞きながら
自分をみがけたら。


今日のBGMは Bon Iver - I Can't Make You Love Me

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生えてくる

2016-11-16 | 前衛・抽象

                      生えて伸びて咲いてゐる幸福  by 山頭火


このところ気力が足りないと友人に話したら
腹筋をしたらいいよ、と。

そっか、腹が座るっていうもんね。

早速始めたら、今日は筋肉痛。
気力はそんなところから生えてくるのでした

今日のBGMは  カサリンチュ あるがままに

コメント
この記事をはてなブックマークに追加