心の免疫力~書とことばから

もっと暮らしに書を~
雲のように水のように あっけらかんと自在に生きるヒントを
求めて~ by 沙於里

メモリアル

2017-03-21 | 

今日は、ぷくぷくの四十九日でした。

2月1日にぷくぷくが、2月10日にみーにゃが続けて逝ってしまって
使っていた寝床や食器はそのままあるのに
家の中が急にがらんどうになったようでした。

ただ、あれから部屋の中にも花がいてくれるようになりました。
ぷくぷくには黄色や橙色の元気な花、
みーにゃには白やピンクのたおやかな花。

花にたとえたことはなかったけれど、
うん、そうそうって、改めてそれぞれの個性を感じています。

私のメモリアルとして、今日はぷくぷくの懐かしい写真を
残しておきたいと思います。
おつきあい頂けましたら幸いです














コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

帯の夢

2017-03-17 | 


父と母は着物が好きで、その昔はよく家に呉服屋さんがいらしていて。
父はその呉服屋の旦那と二人で飲んでは、あれこれ語り合っていたなぁと、ふと。

お母さんはもう着物を着ることもないのかなぁと、父が整理をしていて。
お前が着れそうなものを選んでくれ、と父。

残念ながら一人では着れないし、着る機会もないなぁと思いつつ、
これを機に着付けを習おうかなぁと思ったり。

帯は写真以外にもまだまだ色々あって。
一枚一枚、母と父が選んだものだと思うと感慨深く。

原爆を体験した父、疎開を体験した母。

戦後の激動と高度成長期を生き抜き、今を生きているんだと思うと、
人生は短いようで長く、長いようで短い。

私のなんて、飲み明かして語り合うほどのものもなく、
全然ちょろいなぁと、ふと。

生きてきた道のりを考えると、
尊敬と感謝の気持ちを覚えずにはいられないのでありんした。

‥と、父には面と向かっては言えないので、この場を借りて 

ありがとう。

久々に今日の1曲。
やっぱりいいなぁ

Tom Waits - San Diego Serenade
この方のサイトにあった日本語歌詞

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

工房YUAIコレクション展

2017-03-13 | 書展・展覧会情報


12日まで渋谷ヒカリエで開催されていた工房YUAIコレクション展に
11日、お邪魔しました。

3.11の復興イベントとして、11日には谷川俊太郎さんの朗読会もあり
その時間だけカーテンで仕切られた会場には、たくさんの人が。



なんだかわくわくする作品たちに囲まれて、穏やかでやさしい時間を過ごしました。


力強い刺繍からエネルギーを感じました。


山本寛斎氏とのコラボ作品も。




陶芸や、最初の大きな愛嬌のある顔は、オリジナル和紙でできています。




青梅市にある知的障害児の支援施設、社会福祉法人友愛学園にある
クリック⇒工房YUAIでは、様々な創作活動をされていて。

和紙・陶芸・藍染め・草木染め・織・木工、絵画・音楽療法・理学療法。
サポートされているスタッフの方々の溢れる想いが、多様な表現を可能にしているのでせう。

工房のHPを拝見したら、おおお。。。
大好きなおおたか静流さんがいらはる~~ ⇒ここ

ああ。。
やっぱり好きと感じる世界はつながってるんだなぁと。
またここへ帰ろう。

しばらく寄り道、迷い道をウロウロしていたけど、ちょっとづつ思い出してきた 

春も近し。
もぞもぞと土の中から動いておくれよ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工房YUAI展

2017-03-11 | 書展・展覧会情報


今日はこれから、こちらの展覧会に行ってきまーす。

ブログ友の美游さんのお友達がボランティアで染めや織りを教えていらはる、青梅の社会福祉法人友愛学園。
その成人部のART & 工芸の展覧会が開催されます。
今日3/11は、詩人・谷川俊太郎さんのライブも。

「工房YUAI展」
渋谷ヒカリエ 8 / COURT
3/9(木)17:00〜19:00
3/10(金)11(土)11:00〜19:00
3/12(日)11:00〜18:00

☆⭐︎LIVE 3.11 谷川俊太郎からの贈り物 with 音楽療法
未来にいのちをつなぐ「祈り」の朗読を3月11日14時46分にきく。
14:00開演〜15:00終了

http://www.hikarie8.com/court/2017/01/post-207.shtml




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽天

2017-03-06 | 
           

            
ときにはへなへな~ってなってもいいんさね。
遊び心がやる気をつくる、ってもんだからさ。

そんなようなことを、母とよく話していたっけ。

2年前の6月、脳の手術中に脳梗塞をおこし、高次脳機能障害となった母。
術後しばらくは、それでもまだ冗談も言い合えて。

私:お母さんみたいな行草も書けるようも勉強しなきゃ。
母:そうね。でももう遅いけどね

母は寝床に入ってもスタンドの明かりで書の本を読んでいたらしく。

母:あなたは感覚的にはいいものを持ってるんだけど
  あと少し勉強ができたらねぇ。

そう言いながらも、私の絶対の応援者でした。
お互いにないところを刺激しあい、ライバルでした。

母にこの「楽天」を見せたら、ふふっと笑って楽しそうねと言ってくれて。

書は「正しい」だけが魅力ではなくて。
私の体温や癖、思い、生きざまが刻されているような書が書きたいものです。
母の書-「夢」のように。

私はまだまだ修行が足りないでありんす 

 (クリックで拡大します)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

母からの贈りもの

2017-03-04 | 
                 高次脳機能障害となった母が書いた 「夢」



一昨日、午前中は書道教室。
午後からは父を病院に送ってから母のいる老健で面談。

元気だけど、少しづつ言葉や表情が減ってきたので、薬を減らせないものでせうかと相談。
諸事情が絡む現実に、やるせない思いの行き場もなく。

今日はそれでも母の一瞬の笑顔を見れて会話もできて。
久々に筆を渡すと、思いがけずちゃんと書けた(^_^)

何度か書くと繰り返し行動が始まるので、最初の一枚が良ろし



スタッフの方に、書道の先生だったんですよね、と言われて何かを思い出したのか、
暫く真剣な眼差しで半紙に向かっていました

猫たちが続けて亡くなり、情けないことに体調崩していましたが、
また書に戻ろうと思えるきっかけをくれたのは、やはり母でした

今を生きる母の隣にいられることに感謝です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

みーにゃも天国へ

2017-02-16 | 


2月10日23時24分、4月で18才になるところだったみーにゃが天国へ旅立ちました。 
今日16日は初七日。

2月1日にぷくぷくが逝ってしまったばかりなのに。

覚悟はしていたつもりですが、とてつもない淋しさに負けて
なかなかご報告ができずにいました。

2匹とも甲状腺機能障害の持病があり、
昨夏頃から食が細くなって、あれこれ並べても食べてくれず。

みーにゃも昨年末からほとんど食べられず
今年に入ってからは鼻風邪がひどく、まずはそれを治そうねって
一緒に頑張ってきましたが、一緒に桜を見ることができず残念です。

10日の夜、み-にゃは寝床から出てよろめきながら、1mほど先のトイレに向かいました。
おっ、行った行ったと、どこか安心していました。

でもトイレに入って5秒後位に、突然大きな声を出したので
大慌てでトイレの蓋を外すと、砂の上に倒れていて。

すぐに抱き上げて名前を叫んだけど、聞こえたかな・・・

そして次の瞬間、大量の下痢が流れ出て・・。
つい2時間前に飲ませた水と薬のせいで苦しい思いをさせてしまったのか思うと、
胸が張り裂けそうでした。

後日病院で、普通なら寝たきりになるところですよと言われ、
最期まで自分の足でトイレに向かい、自分の意志で生き抜いたみーにゃに
がんばったね、かっこいいね、と感謝の気持ちでいっぱいです。

ぷくぷくとみーにゃと過ごしてきた時間は、私にとって宝物です。
それぞれの日常からたくさんのことを教わり、癒され、助けられました。

今頃ぷくぷくが、遠慮するにゃ~と言ってるみーにゃを手招きしているかな。
なにせあまり仲がよろしくなかったのでね
ほら、こんな感じに。一触触発の状況に私の足でstop!




美人で知的で。気位が高くて甘え下手なツンデレで

ようやく写真を見れるようになってきたので、愛して止まないみーにゃを並べちゃいます。





このブログにも時々登場していた我が家の猫さまたち。
お時間ありましたら、ここから のぞいてみてやってください。

 
   
  
 
 
 
  

ブログを通して、みーにゃを愛して下さった皆さま、
会いに来てくれた皆さま、ありがとうございました。


コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

もったいない展今日から

2017-02-15 | 書展・展覧会情報

地元相模原市にあるギャラリースペース游さんで、今日から始まった
MOTTAINAI(もったいない)展。 今年のテーマは「手作りのお宝」。

昨年9月、つなぐ展で一緒に参加させて頂いた、おがわみかさん(織)、林香さん(詩)、
みかさんのお母さまの吉村毬さん(ステンドグラス)が参加しています。

他に陶芸、手芸、ニット、など手仕事の作品が並ぶようです。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。





■会期:2017年2月15日(水)~2月19日(日)
    11:00~16:00 最終日 15:00まで

■会場:ギャラリースペース游
    相模原市中央区千代田2-2-15 メイプルビル2階  
    電話:042-856-1990
 
    JR横浜線相模原駅よりバス

地図 クリックで拡大⇒


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の天(そら)

2017-02-07 | 

いい天気だね。
らんららんらら〜ん。
歌でも歌う?

海のような青空だね。
す〜いすいす〜。
泳ぎたくなるね。

木々達のそんな会話が聞こえてくるような。

ね。



久々の今日の1曲は~。
やっぱりこの人のところへ帰るんだなぁ。

Tom Waits - Take me home

沁みるだす

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ぷくぷく逝く

2017-02-01 | 

それは突然のようでもあり、予感していたようでもあり。


今日の0時4分、長年一緒に暮らしてきたぷくぷくが
天国へ旅立ちました。
15才半でした。

昨秋頃より食が細くなり、色々なフードを試すも
お皿が並ぶばかりで食べてくれなくなり。

それでも、つい1週間位前まで、大好きなおもちゃを渡すと
大興奮で格闘したりもしていたのに。



ぷくぷくが食べてくれるようにと気にかけている間に
同居のみーにゃ(4月で18才)も、年末から鼻風邪と体調崩し
1月は、交互にほぼ毎日のように点滴通いの落ち着かない日々でした。

みーにゃはお腹に腫瘍も見つかり、余命を想像したりしつつ
いやいや、春になったら一緒に散歩するから風邪を治そうねと
毎日話しかけていたら、なんとか持ち直してくれて
ほっとひと安心したところでの、ぷくぷくの急変。

昨日は朝一で点滴、夕方帰宅してからはずっとそばに。

最後の時間をゆっくり一緒に過ごすことができたこと、
最期の瞬間を腕の中で見送ることができたこと、
それは、ぷくぷくの愛だったんだなぁと涙が出ます。

このブログにも時々登場していた我が家の猫さまたち。
お時間ありましたら、ここから のぞいてみてやってください。

ぷくぷくは、いつも私の後をついてまわりました。

寝床にいても、私がお風呂に入ると寒い扉の前で待っていたり、
深夜まで作品を書いていると、舟を漕ぎながらも
起きて待っていたり、時々ご指南頂いたり。

寝る時は一緒のお布団だったり、
食事の時はいつも膝の上にいたり。





たくさんのシーンを思い出しながら、
今日はみーにゃと一緒に偲びます。

ブログを通して、ぷくぷくを愛して下さった皆さま、
会いに来てくれた皆さま、ありがとうございました。



そういえば~と、若かりし頃のぷくぷく動画。
なつかしや~。

ぷくぷくを通り越して、
ぶくぶくと名前を変えた時期もあったっけ。





コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

いろはと遊ぶ

2017-01-27 | 書の話


昨日の書道教室で参考に書いたいろは歌(半紙)。

ここしばらく、書する時間と言ったら教室の時くらいで
せめて鑑賞の場になんとか足を運ぶという状況ですが、
久々にこういう遊びは楽しや~です。

教室のメンバーの方が、いろはを書いてみたいというので
じゃぁ、他の方もご一緒に~ということにして。

半紙の中にどう文字を組み込んでいくのか、というチャレンジ。



千字文や般若心経では文字数が多いけど、
いろは歌はちょうどいい文字数。

参考に~と、たったか書いたので、文字の詳細は
つっこまないでくだしゃんせ



墨の量、線の細い/太い、かすれ、緩急の呼吸、
隣同士の絡み合い、全体のバランス等々を考えながら。

一字書いて前の文字や空間を見ないで、
行草の流れのごとく突き進むのではなく、
瞬間ごとにそれらを感じながら書く~の体験と体現。

書はそんなところも、人生に似ているなぁ、なんて、ふと。

そろそろ、ようやく、また文字を書きたい、書けるかなと
思えるようになってきたような 

教室の皆さまに、感謝です。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

New Year Selection 2017

2017-01-17 | 書展・展覧会情報

昨年12月の∞2016展でお世話になった銀座GALLERY ART POINTでは
New Year Selection 2017 が始まっています。

私は今回、参加していませんが、19日にお邪魔しま~す。
そのあと、書の未来展へ向かう予定。


 ■1月12日(木)〜1月20日(金) 日曜休廊
  12:00〜19:00* 1月20日(金)は18:00まで

  最終日1月20日(金)は 17:00〜19:00にクロージングパーティがあります。
  参加費無料、フリードリンク&フード 
 
  様々なアーティストとの交流の機会、どなたでも参加できます。







今回は124名のアーティストたちの作品が一堂に。

今回の展示は来場された方々の投票による大賞セレクション展。
得票数によって人気作品の順位が決まります。

いいなぁと思った作品がありましたら、ぜひ投票して、
アーティストを応援してください!

投票された方の中から抽選で1名様に、
投票された作品が1点プレゼントされます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

書の未来展

2017-01-17 | 書展・展覧会情報

ブログつながりのどっかんママさんこと森本順子さんや
SNS等でいつも情熱的な作品を拝見している方々も参加される
「書の未来展」のご案内をば。

お知らせが遅くなってしまいましたが、今日からです

書が、書道という習い事から、アートとなりうるのか、
その挑戦と感激を体感しに、私は19日にお邪魔します

以下、会場の伊藤忠青山アートスクエアのHPより拝借

 次世代育成を目的として、書道の新進気鋭のアーティスト8人の
 グループ展「書の未来展」を開催します。
 
 戦後の日本現代美術を代表し、世界的に高い評価を得た数少ない
 日本現代の書家、井上有一氏。

 彼は、紙と墨からなる「書」を現代芸術の文脈の中で、
 個人の表現物として開花させました。
 井上氏のカタログレゾネの仕事に従事し、そこから大いに学んだ山本尚志氏は、
 25年間井上氏に続く新たな書道の形を探求し、書道の世界を国内外の
 アートシーンに対して訴求することに挑戦し続けています。

 今回、山本氏自身の作品と共に、8人の書道家の個性豊かな作品を展示致します。
 また、8人の作品と共に、巨匠井上有一氏の作品も展示致します。
 次世代を担う書道家8名が新たに提示する「書の未来」を是非ご高覧下さい。

 ■会期 2017年1月17日(火)~1月25日(水)

 ■時間 11:00~19:00 会期中無休

 ■会場 伊藤忠青山アートスクエア
     東京都港区北青山2丁目3-1シーアイプラザB1F
     電話:03-5772-2913

■ 東京メトロ 銀座線『外苑前』駅 出口 4a より 徒歩2分
■ 東京メトロ 銀座線・半蔵門線・都営地下鉄 大江戸線『青山一丁目』駅 出口 1(北青山方面) より徒歩5分
■地図は ここをクリック


◇有料駐車場あり
◇入場無料

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

草書的生活

2017-01-12 | 木簡


今日は今年初めての書道教室。
久々に筆を持って木簡の参考作品をば。

これは草書系木簡かな。
簡略化されている分、かっこつかなくて難しい。
線と空間を意識しつつ。

あ〜。
私の部屋も、日々も、草書的生活がしたいものぞよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)





原本はこれ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第46回玄同社展

2017-01-08 | 書展・展覧会情報




稲村雲洞先生の社中展ー玄同社展に来ています。

雲洞先生は、昨秋ご逝去されたため、
今回最後の社中展になるようです。



稲村雲洞先生の般若心経 部分


旧知の諸先輩との久々の再会は、先生はじめ、
皆が熱く書作に取り組んでいた頃を思い出させてくれました

玄同社展は明日まで、新宿ヒルトンホテル内ヒルトピア アートスクエアで。
京王百貨店前から無料シャトルバスが出ています。
21番乗り場から。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加