伊勢崎市議会議員 多田稔(ただ みのる)の明日へのブログ

行政経営、地方政治、そのほか人生にプラスの楽しいこと eメールアドレスkucctada@mail.goo.ne.jp

「戦争をさせない」みんなのつどい

2018-01-13 18:33:34 | Weblog
伊勢崎市民プラザで開催された
標記の会に参加しました。

政党などの会ではなく、
市民団体が主催の勉強会です。

元群馬県弁護士会会長の大塚武一さんの講演や
若手弁護士二人による、憲法を開設する漫才がありました。

ちなみに、「日本の安全保障に関する法案(戦争法案)」については、
個々の弁護士ではなく、全ての弁護士が加入する日本弁護士会が
団体として明確に憲法違反と判断し反対活動しています。



通常の「法律」は、
権力者側が国民を縛るためのものです。

逆に、憲法の本質は「国民」に対する制限ではなく、
「権力者」に対する制限にあります


大塚さんの講演の中で、
ピケティや、ムヒカ大統領の話が出てきました。
戦争が無い世界や社会を、どのように作って行ったら良いのか、
私と同じ本を読まれて研究されていました。


私は市議会議員でありますが、
地方議員の本旨である住民福祉を実現するには、
日本が平和であることが大前提です。

ナチスドイツの最高幹部だったゲーリングの言葉です。

「もちろん、普通の人間は戦争を望まない。(中略)
 しかし最終的には、政策を決めるのは国の指導者であって、
 民主主義であれファシスト独裁であれ議会であれ共産主義独裁であれ、
 国民を戦争に参加させるのは、つねに簡単なことだ。(中略)
 国民には攻撃されつつあると言い、
 平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、
 国を危険にさらしていると主張する以外には、何もする必要がない。
 この方法はどんな国でも有効だ。」



(川のパトロール)

下道寺町の方からご相談を受け、
韮川の確認に来ました。

河川敷の中に桑のような木が生えて
大きくなっています。



すでにゴミがひっかかっていました。
根が張ると、堤防などを崩す恐れがあります。
夕方、区長さんにもご連絡しました。

河川を管理する伊勢崎土木事務所に
連絡しました。


(1月15日 追記)
伊勢崎土木事務所からご連絡を頂きました。
1月末から2月初旬ごろまでに除去するそうです。
切るのは木が大きくならないうちの方が良いそうです。
迅速に対応いただきまして、ありがとうございます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 下道寺町老人クラブの新年会 | トップ | 妖精の国のりんご »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事