伊勢崎市議会議員 多田稔(ただ みのる)の明日へのブログ

行政経営、地方政治、そのほか人生にプラスの楽しいこと eメールアドレスkucctada@mail.goo.ne.jp

多田ブログ 名作劇場 その17(自治の本質)

2020-07-11 16:34:42 | Weblog
地方自治の本質について考える3話。 行政職員の方だけでなく、住民にとっても大事な問題です。       (行政の根本原理 誠実性)2016-02-29 行政活動には基本的な原則がいくつかあります。「法治主義」や、「公正透明な行政」など。 私は「地方創生」の大騒ぎには、「誠実性」の問題が生じると考えています。 私が考え出した言葉なので、行政問題において「 . . . 本文を読む
コメント

多田ブログ 名作劇場 その16(働き方)

2020-07-10 17:21:24 | Weblog
コロナの影響もあり、 これまでの働き方が大きく見直されています。 充実した人生を送るためのヒントを3話。     (ぶら下がっているだけじゃ危ないですよ~!)2017-01-17 かつては、優秀な学校を出て大企業に就職すれば一生安泰と信じられていました。今では会社の方が社員の定年まで存続するかあやうい時代。 多くの社員は大企業の名前にあぐらをかき、大過なく勤めてい . . . 本文を読む
コメント

群馬県も豪雨

2020-07-08 20:16:28 | Weblog
今日の午前10時ごろ、伊勢崎市は豪雨でした。 ウエザーニュースの、雨雲レーダーで見ると、 豪雨を示す真っ赤でした。(64ミリ/時)   特に雨が強かった時間は30分くらいだったと思います。 窓の外は真っ白で、景色が見えません。 少し開いていた自宅の窓から風と雨が侵入し、 2階の廊下がびしょぬれになってしまいました。   地元の方から、町内の川があふれた様子の動 . . . 本文を読む
コメント

財政破綻時の公務員の処遇 ネバダレポート

2020-07-07 18:20:55 | 政治・政策・経済
本日発売の週刊朝日に、 「近づくハイパーインフレ・預金封鎖も」という記事。 藤巻健史氏、小幡慶応大学院教授、小黒法政大学教授が、 かなりの危機感を表明。   平成14年に、 「日本が財政破綻した場合どう対応するのか?」 という国会質問がありました。 その時取り上げられたのが「ネバダレポート」。 必ずしもこうなる訳ではありませんが、実施された場合、 公務員の方には特に大 . . . 本文を読む
コメント

熱中小学校

2020-07-06 17:20:10 | Weblog
7月6日付け日経新聞「交遊抄」から。(詳しくは紙面をご確認ください)   内海さんは鉄道模型が好きということで、 先輩に言われ「熱中小学校」の巨大模型製作責任者になりました。 山形県高畠町にある廃校になった小学校を 大人の学び舎として再生するプロジェクトが「熱中小学校」。   熱中小学校創立メンバー堀田さんは、70才を超えてもアクティブ。 鉄道担当の内海さんに「 . . . 本文を読む
コメント

多田ブログ 名作劇場 その15(公務員)

2020-07-05 18:59:05 | Weblog
公務員の方へのメッセージ3話。 行政を実行し、支えていくのは公務員の皆さんです。 これから起こる社会の激変の中で、 地域や国をしっかりと支えて頂きたいと思ってます。       (あなた方が公務員でいる間に、年功序列も終身雇用も崩壊する) 2019-04-15 一生安泰と思っている公務員の方にとっては聞き捨てならない! 昨年出版された生駒市長さんの著 . . . 本文を読む
コメント

多田ブログ 名作劇場 その14(教育パート3)

2020-07-04 19:11:06 | Weblog
教育に関する2話。 全国の卒業式で歌われる名曲「旅立ちの日に」と、 私が撮影し、ユーチューブに投稿した幼稚園児の演奏動画。 今では50万回以上、世界中の皆さんに観て頂いてます。     (旅立ちの日に) 2011-01-26 全国の卒業式で歌われる「旅立ちの日に」。 この歌は、秩父市の中学の校長先生が一晩で作詞し、 同校の音楽の先生がわずか15分で作曲しました . . . 本文を読む
コメント (2)

多田ブログ 名作劇場 その13(教育パート2)

2020-07-03 17:24:56 | Weblog
すばらしい子どもたちを紹介します。 ・小学校の持久走大会での出来事。 ・プレゼンの神様を魅了した中学生。 ・拡張型心筋症の新たな治療法を提案した女子高生。 みなさんスゴイです。大拍手!       (伴走者)2007-12-10  この地域では、子どもたちが登校するとき、保護者が当番で「旗振り」と言って、道路横断の誘導をします。私が当番の日 . . . 本文を読む
コメント

一番大事な教育とは何か

2020-07-02 17:42:27 | 教育・PTA・児童福祉
昨日のブログで教育について取り上げました。 教育は時代の変化に応じて内容や教え方を変える必要がある。 発展途上国型の、知識詰め込み一斉教育は時代遅れ。 どうやって創造性の高い人材を育成するか、 というような功利主義的な狭い視点でした。   ブログに次のコメントを頂きました。ありがとうございます。 返信のコメントを書きながら、一番大事な教育に気づきました。   . . . 本文を読む
コメント (2)

多田ブログ 名作劇場 その12(教育)

2020-07-01 17:00:38 | Weblog
  教育の在り方について考える3話。教育の内容やスタイルは不変ではありません。例えば、いま戦時中の教育をやったらとんでもないわけです。(国会議員の中には教育勅語復活を唱える人もいます) その時代に応じたニーズや、社会や科学の進歩、国際的な日本の立ち位置の変化などを的確に反映しなければ、役に立たない教育となってしまいます。 今回は広い意味で考えますので、夜間中学や外国人の教育問題には . . . 本文を読む
コメント (2)