畑・畑・畑-2

・「畑・畑・畑」ブログの続きです。2018年から「畑・畑・畑-2」に移動、安全で美味しい野菜づくりに挑戦しています。

キュウリは最後の種まきをしました。

2022-08-08 04:00:00 | キュウリの栽培


3ヶ所に播種(写真クリックを)

キュウリの最後の種まきをしました。 残っていた種は3粒で、2回に分けるか一度に播くか迷いましたが、暑さで発芽しないことも考えて3粒を3ヶ所に播きました。


1ヶ所に1粒ずつ播く、隣の畝にも1ヶ所播く、覆土して籾殻燻炭を掛け行灯で保護しておく。


キュウリの畝、枯れる株もあり6株が生長している。 朝は雨が降って湿っています。


東側から見る、収穫は続いており8月いっぱいは収穫したいものです。

ずらして種まきをしており、収穫は途切れることなく続いて、昨日までに357本になりました。
前に種播きした株は枯れてきて現在は6株に、そのうちの4株から収穫が続き、7月5日に種まきした2株は間もなく収穫が始まります。
何度も種まきしてきたので、長く収穫が続いていますが、また暑くなってきたので発芽が少し心配です。 
暑さが続くようですが、8月末までは収穫したいと願っています。

   (これまでのキュウリ栽培) 

コメント

インゲンは収穫と種採りして終わりに。

2022-08-07 04:00:00 | インゲンの栽培


収穫と種採りをする(写真クリックを)

インゲンは最後の収穫とモロッコインゲンの種採りをしてして終わりにしました。 写真の右からモロッコインゲンの種、収穫したモロッコ、ケンタッキー101、恋みどり です。
8月に入り、畑の様子は春夏野菜が終わりに近づき、秋冬野菜の準備が少しずつ進んで、畑の様子も少しずつ変わってきています。


インゲンの畝、蔓あり2品種と蔓なし1品種を栽培していた。


蔓は全て撤去する、後日支柱も撤去することに、蔓なし種が少し残る。


昨日の収穫、左のカゴは収穫したインゲン、種はモロッコインゲンです。

まだ寒かった3月28日の種まきから始めたインゲン栽培は、6月、7月と収穫が続いて美味しく食したり、知り合いに差し上げて喜んでもらいました。
8月になり、暑い日が続いて実の生長もよくなく、害虫も発生するので最後の収穫をして終わりにしました。
モロッコインゲンは、何年も種採りをして栽培を続けているので、片づけながら種を採っておきました。
秋インゲンとして蔓なし種の「恋みどり」を毎年栽培しているので、間もなく種まきと畝づくりをすることになります。

  (昨年の秋インゲンの収穫) (これまでのインゲン栽培

コメント

夏まきニンジン1回目の種まきをしました。

2022-08-06 04:00:00 | ニンジンの栽培


2粒ずつ播種(写真クリックを)

ニンジン1回目の種まきをしました。  8月4日に完成した畝の約1/4に播種したもので、あと3回ほど種まきをします。
雨が降ったので、急いで種まきしておきました。 気温も低くいい種まき日和になりました。


播種後に覆土して更に籾殻燻炭を被せ水やりをしておきました。


雨が降り曇っていましたが、夏なので日除けの為に黒の寒冷紗を掛けておきました。奥はスイカです。


冬まきニンジンは、まだこんなに残っており食べきれません。

雨が降ってから種まきをと考えていた所、久しぶりに雨が降り、絶好の種まきになると思い急いで播いておきました。
品種は「向陽二号」、冬に種まきした残りの種で、甘くて美味しいので同じ品種に、一穴2粒ずつ播いておきました。
種まき後、種が隠れる程度に覆土し鎮圧した後に乾燥防止のため籾殻燻炭をかけ、日除けの為に黒の寒冷紗を掛けておきました。
暑いので発芽させるのが大変ですが、ニンジンは発芽する際に必要な水分を吸収する力が弱いそうなので、時々水やりをして発芽までは乾燥を避けるようにするつもりです。

 (これまでのニンジン栽培

コメント

カボチャは収穫して終わりにしました。

2022-08-05 04:00:00 | カボチャの栽培


9個を収穫(写真クリックを)

カボチャを収穫しました。 写真の左は「ほっこり133」、真ん中が「ロロンらしきカボチャ」と 右は昨年もらったカボチャの種から生長したので名が分かりませんが、この二つは種から育てたものではないが同じようなカボチャができました。


カボチャの蔓はほとんど枯れてしまいました。


収穫して蔓など全て撤去してスッキリする。 左の方からゴーヤーが伸びてくるのを願っています。


カボチャの畝に植えたゴーヤーはだいぶ伸びてきた、日陰になるように生長してほしい。

7月13日にも収穫しており、今年のカボチャ栽培は終わりに、計16個が収穫できたので喜んでいます。
今回の収穫は5月7日に2回目として植えた4株から穫れたもので、2株は種まきして苗をづくりした「ほっこり133」で、残り2株はコンポストを片づけていてカボチャの苗を発見しておもしろいので植えてみたものです。
カボチャの種もF1種だと思うので、同じようなカボチャはできないのではと思っていましたが、似たカボチャが穫れており、後日食べてみて味はどうなのかも調べてみたいと考えています。
日陰で追熟させると甘みが増して美味しくなるので、食べるのはしばらくしてからになります。

 (これまでのカボチャの栽培) 

コメント

ニンジンの畝が完成しました。

2022-08-04 04:00:00 | ニンジンの栽培


マルチ畝が完成(写真クリックを)

ニンジンのタネまき準備が終わりました。 少し遅くなっており、2日でマルチ張りまで終わって完成しました。


キャベツを片づけて準備を始める、苦土石灰、鶏糞、牛糞堆肥をまいて耕耘する。


長い栽培になるので、マルチ留めもしっかりしておく。


奥がニンジンの畝、残りにはべか菜と春菊を栽培します。右はスイカ、左は枝豆。

キャベツを片づけてから、苦土石灰、牛糞堆肥、鶏糞をまいて耕耘、次の日に施肥して耕耘して穴あきマルチを張って2日間で完成させました。 
夏の種まきなので、マルチを張るか張らないか迷いましたが、草取りが大変なのでマルチ畝にすることにしました。 
昨年はマルチなしの畝に種まきして、日除けをしたので発芽して苦労はしませんでした。
種まきは、一雨降ってからおこないます。 もし発芽しないようならマルチを剥いで種まきをやり直すつもりです。
ニンジン畝は、全体の1/4くらいで残りの畝には、べか菜と春菊を栽培する予定で、タネまき時期になったら施肥して畝を作ることになります。

 (昨年の夏タネまきの様子)  (これまでのニンジン栽培

コメント

ゴーヤーの収穫が好調になってきました。

2022-08-03 04:00:00 | ゴーヤーの栽培


7本を収穫(写真クリックを)

ゴーヤーの収穫が好調になってきました。 大きくて形のいいゴーヤーが たくさん収穫できるようになり喜んでいます。


なんとか蔓に覆われてゴーヤー棚らしくなってきました。 奥は枯れてきたカボチャ。


中の方から見ると、まだまだすき間だらけの棚ですが、ゴーヤーは目立ってきました。


枯れてきたカボチャの畝に植えたゴーヤーも少しずつ大きくなっています。

一昨年の「種」を使ったことで、すっかり遅くなっていましたが、やっと大量に収穫できるようになり喜んでいます。
7月11日の記事の様に、困った状態でしたが、大好きなゴーヤーチャンプルーを毎日食べられるようになり満足しています。 知人にもやっと差し上げられるようになり安堵しています。
ハウスの前で栽培しているのは、日陰をつくるためでもあり、カボチャが枯れてきたのでゴーヤーにもつと繁って日陰をつくってほしいものです。

    (これまでのゴーヤーの栽培) 

コメント

キュウリは収穫が続き計330本に。

2022-08-02 04:00:00 | キュウリの栽培


キュウリ畝の様子(写真クリックを)

キュウリの収穫が好調です。 収獲が続いて、昨日まで合計330本になりました。


枯れてきた株があり撤去しておきました、7株になっています。


昨日の収穫、これまで330本を収穫しています。


追肥をする、あんどんの穴に化成肥料を入れ、液肥を水で薄めて穴から入れておきました。

帰郷している間は、妻に一日おきに収穫してもらっていました。 枯れ始めた株もあったので撤去、収穫して追肥もしておきました。
収穫は、6月が190本、7月が134本、8月1日が6本で計330本になりました。 種は残り3粒あり、あと2回の種まきを予定しているので、今年は400本は収穫できるでしょう。
追肥をしばらくしていなかったので、あんどんの穴から化成肥料を入れ、スイカに使っているアミノ酸入り液肥をたっぷりやっておきました。 乾いているので雨がほしいですね。

  (昨年より収穫は多くなっています) (これまでのキュウリ栽培) 

コメント

無事に帰りましたので、ブロクを再開します。

2022-08-01 04:00:00 | その他


早速スイカを収穫しました(写真クリックを)

 
 鹿児島から帰ってまいりました。  コロナ禍と雨を心配しながらの帰郷でしたが、無事に帰りました。
実家では、雨は降りましたが一日中降り続くことはなく、途中からは梅雨明けしたような晴天が続いたので、予定していた作業などは概ね終えることができました。 とても疲れてしまいました。



左側の先に苗を植えた方は枯葉が目立ってきている、残りは小さいのも含めて30個くらいある。


右側の直播きした方には何個もスイカが見える、これまでに33個を収穫しました。

畑を心配していましたが、一日おきに妻が収穫に行ってくれていたので、特に問題もありませんでした。
スイカを収穫しましたが、8個もあり妻に手伝ってもらって車で運びました。知り合いに届けて喜んでもらっています。

明日から、収穫の様子や生長の様子、秋冬の準備などを少しずつ投稿していきます。

コメント

ブログは 休みにします。

2022-07-20 03:30:00 | その他


この中に30数個のスイカがあります(写真クリックを)


帰郷の為に10日間ほど休みにします。

いつも閲覧ありがとうございます。 墓参りと家や畑などの管理のために鹿児島に帰郷しますので、ブログはしばらく休みにします。 
コロナの新規感染者が拡大してきて困惑していますが、前から計画しており、コロナワクチン4回目の接種は終わったので、十分注意しながら行ってくるつもりです。

写真は、昨日の様子です。 


サツマイモの4畝、大きく生長してきています。


ネットで囲んで害獣が侵入できないようにしてあります。ヤマノイモなど大きく生長。


落花生は653株が生長中、マルチはすべて剥がしました。


マクワウリは収穫期に入り葉が黄化してきています、3個を収穫して美味しく食べました。


開墾畑を南側から、キュウリは8株になり、収穫は続いています。 インゲンも収穫が続いています。


右から枝豆、挿し木のトマト、オクラ、インゲンです。 草取りしておきました。


ゴーヤーはだいぶ茂って、奥のカボチャは雨で更に枯れてきました。 右側はスイカです

毎日コツコツと作業に取り組み、草取りや片づけなどやって一応畑はきれいにしておきました。
10日間ほど休むので、収穫が大変ですが、1日か2日おきに畑に行ってくれるように妻に頼んだので大丈夫です。
帰ってきたら「梅雨明け」しているのでしょうか、8月末には落花生を収穫して「落花生」を食べるのを楽しみにしているところです。
九州南部は大雨の予報、飛行機が飛ぶのか心配しながらの出立です。

コメント

キャベツは自作苗を植えました。

2022-07-19 04:00:00 | キャベツの栽培


16株を1列に植える(写真クリックを)

キャベツを植えました。 畝づくりは少しずつ進めて完成していたのですが、雨が降り続いていたので作業は しばらく中断していました。 


畝の準備は10日前から始める、大根を片づけて施肥して耕耘する。右がトウモロコシ、左がトマト。


雨で作業は途切れがちでしたが、畝が完成し植える準備をする。苗はセルトレーから植える。


梅雨空ですが、日照りが強くなったら黒の遮光ネットを掛ける準備を半分に掛けておく。


隣の隣に5月に植えたキャベツの株が大きく生長している。

大根を片づけて少しずつ畝づくりをしてきましたが、梅雨のような日が続き、なかなか作業は進みませんでした。
苗はセルトレーに種まきしたままでポットあげしていませんが、帰郷の為に時間がないので小苗のまま植えました。
キャベツは千鳥に2列に植えていましたが、今回は真夏の害虫対策として1列に植えて網がよく掛けられるようにしておきました。 強い日照りを防ぐ黒の遮光ネットも準備しておきました。

  (6月のキャベツの様子)  (これまでのキャベツ栽培)   

コメント