異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

日本国憲法は「国家神道への回帰を阻む封印」である。…という視点を護憲の中核(旗印)に据えなければならない!

2017-01-04 21:04:06 | 憲法



吉原 庸郎安倍政権に拒否の姿勢を突きつける。

日本国憲法は「国家神道への回帰を阻む封印」である。
…という視点を護憲の中核(旗印)に据えなければならない!

自動代替テキストはありません。

 

 

 

 

 


産経新聞 2017.1.1


・・・
山崎 雅弘さんの投稿
元日の産経新聞には、国家神道の復活に向けた記事が掲載されていた。
「神道再興へのきざし」とあるが、GHQの神道指令が「日本人から神々を遠ざけようとした」という、歴史的事実を歪曲したミスリードが示すように、信仰としての「神道」と政治システムとしての「国家神道」をわざと混同させている。
GHQの「神道指令」が禁止したのは、戦前戦中の「国家神道」に繋がる政治思想やその宣伝媒体、政治教育の教材などであって、信仰としての「神道」には手をつけていない。日本国憲法にも、その意図は継承され、戦前戦中のような「国家神道」に回帰しないようにする「封印」としての効果が込められた。
こうしたGHQの意図を、現在の日本会議の中核組織である神社本庁は正しく見抜いていた。それゆえ、彼らは日本国憲法を「親の敵」のように憎悪し、徹底的に価値を否定する。
神社本庁の意向を反映した自民党改憲案の条文は、そうした「国家神道への回帰を阻む封印」を一つずつ剥がす内容になっている。

*************************************:

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

自動代替テキストはありません。

画像に含まれている可能性があるもの:テキスト

自動代替テキストはありません。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国家神道とは? 推進者の立場... | トップ | 「ベアテの贈りもの」 憲法... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

憲法」カテゴリの最新記事