異教の地「日本」 ~二つの愛する”J”のために!

言論宗教の自由が保障され、ひとりひとりの人権が尊ばれ、共に生きることを喜ぶ、愛すべき日本の地であることを願う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

すべて嘘と誤魔化し=最高責任者が責任を取らずに「言い訳」に終始するのが、日本の文化となった。 2018.5.31 思索の日記(武田康弘)

2018-06-01 01:24:24 | 戦前回帰 明治 国家思想

                    「公文書を書き換えたけど改ざんではない」
                   「武力衝突はあったけど戦闘ではない」
                   「潰せとは言ったけど反則しろとは言っていない」
                                       「物を盗んだけど窃盗ではない」...
                                       「人を殺したけど殺人ではない」
                                       「無理やり性交したけど強姦ではない」
                                       「騙したけど詐欺ではない」
                                       「遅れたけど遅刻ではない」

                                                                        ー想田 和弘ー

     

 

すべて嘘と誤魔化し=最高責任者が責任を取らずに「言い訳」に終始するのが、日本の文化となった。

思索の日記 https://blog.goo.ne.jp/shirakabatakesen/e/1dda9fa937a0817de9224d7224b3d414

2018-05-31 | 社会批評

加計学園のトップが、親友・安倍晋三を守るために事務局長にやらせたサル芝居には、誰もが吐き気をもよおした事と思います。

森友は、関係者全員が不起訴!!?? 頭脳明晰の元検事で正義の味方・郷原信郎さんの言う通り、『検察崩壊』です。

日本という国家が根元から朽ちていくのを目の当たりにして、正常な人は、憤りを通り越して、言葉もないでしょう。

21世紀最初のピュリッツァー賞を受賞した大書「HIROHITO」(日本語版名は「昭和天皇」)の著者ハーバート・ビックスは、「大敗戦のあと、最高責任者が責任を取らずに、その地位に留まった国は、世界の歴史上はじめてのこと、その国がどのようになっていくのか」がこの大著を書かせた重要なテーマだと言いました。ここまで堕ちるのです。ついに経験したことのない次元にまできました。

いよいよ最後を迎えるのでしょうか。それを食い止めるのは、良識を失わない自立した精神=シチズンシップをもつ市民だけです。立憲民主党などの野党と力を合わせて、新しい日本を開かなければならない、と強く思います。

罪を認め、正直に話したのは、ただ一人、若干20歳の宮川選手だけ、というのが日本の国の現状です。わが国の「エリート」、最高の地位にある人は、みな悪賢い人のようです。顔は汚く、目は濁っています。


左から二番目が郷原信郎さん


武田康弘(元参議院行政監視委員会調査室・客員調査員)

 

 

【関連記事】
嘘が嘘を呼び関係者が増えて収拾がつかなくなる悪循環 2018.5.30 永田町の裏を読む 高野孟(日刊ゲンダイ)


 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 嘘が嘘を呼び関係者が増えて... | トップ | カンヌ受賞の是枝裕和監督を... »
最近の画像もっと見る

戦前回帰 明治 国家思想」カテゴリの最新記事