アルママの気まぐれ日記

自宅近くの大堀川や柏の葉周辺の動植物と日常生活の備忘録。プラス最近家族の一員になった三毛猫と先住猫2匹の記録。

トリちゃん日記_堅いビニール紐でもオモチャに?

2018-04-15 | ネコ

今日のトリちゃんは、ジャラシにつないだ堅いビニール紐で遊ぶ。ビニール紐の先には壊れた堅いネズミがついているのだが、ネズミにはあまり興味はないようだ。
















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリちゃん日記_ボトルキャップで遊ぶ

2018-04-12 | ネコ

トリちゃんはペットボトルのキャップも素敵なオモチャにしている。













↓ 飽きたのでそろそろやめようかなぁ・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリちゃん日記_靴下の臭い?

2018-04-09 | ネコ

トリちゃんが私の足をつかんでクンクン・・・

↓ クンクン・・

↓ 裏側もクンクン・・

↓ ??

↓ どうしたの?



↓ 何と言ったらいいのでしょうか??

↓ 何もなかったことにしよ〜っと・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリちゃん日記_あんよのお手入れ

2018-04-07 | ネコ

トリちゃんは丁度1才を過ぎた、リビングの椅子を独り占めするくらいに体も大きくなった。体のお手入れも丁寧にしている。今日は左前足のお手入れを撮った。

↓ そろそろ手入れをしようかな!







↓ 指先も丁寧になめる

↓ 手入れが済んだら眠くなってきた

トリちゃんは、いつでも、何処でも、すぐに眠くなる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大掘川のサクラ(2018年)

2018-04-02 | 大堀川周辺の動植物

大掘川のサクラ見物。駒木橋⇒青葉橋⇒新橋⇒新堤橋⇒勝橋⇒高田橋までウオーキングしながら撮影。
↓ 川の左側には、駒木橋から見た流山市大掘川桜並木整備事業で植樹された若いオオシマザクラの並木と記念銘板。



↓ 整備されたベンチから見る青葉橋とサクラ並木

↓ 青葉橋から見るサクラ並木



↓ 左手建物は東葛農協、例年この辺りで町会のお花見が実施される。

↓ 新橋から見るサクラ並木。一番手前に1本ひときわピンクが鮮やかなキクモモ満開。

↓ なお、キクモモは、花は前年枝の葉腋につき、直径約4cmの八重咲き。花弁は50枚位あるそうだが、雄しべが変化したもの。

↓ 新橋の上からみるサクラ並木。川は浄化施設になっているが、ラバーダムは壊れたまま?川の上にはゴミや泥や雑草多数。機能しているのだろうか?

↓ 新橋から見る。右手が礫間浄化施設。

↓ 新堤橋から見るサクラ並木。以前は新堤橋の上からはサケの遡上が見られた。

↓ 勝橋からみるサクラ並木。中ほどに見える階段状の橋は「うなぎの水切り場」

↓ 勝橋の上から「うなぎの水切り場」(16/04/04撮影)

↓ 勝橋を渡り高田緑地へ向かう

↓ 高田緑地

↓ 高田橋手前からふり帰り高田緑地方面を見る



↓ 道路端にはサクラの絨毯

↓ 高田橋から昭和橋方面を見る。

↓ 高田橋からUターンして、サクラ並木とは反対側をあるいて帰る。

↓ 柏厚生病院横から高田緑地を見る



↓ 新堤橋手前から下流を見る

↓ 新橋から青葉橋に向かって帰る



野鳥観察もしながらの往復2時間弱のウオーキングだった。(18/03/30)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大堀川周辺の野鳥_ハクセキレイ(白鶺鴒)、カワセミ(翡翠)、モズ(百舌)、ムクドリ(椋鳥)、スズメ(雀)

2018-03-31 | 大堀川周辺の動植物

ハクセキレイ(白鶺鴒)が水浴びをするのかと思ったが、すでに何回が浴びた後らしく、すぐに水から上がった。
スズメ目 セキレイ科 セキレイ属(L21cm)











↓ カワセミ(翡翠)
ブッポウソウ目 カワセミ科 カワセミ属(L17cm)



↓ モズ(百舌)
スズメ目 モズ科 モズ属(L20cm)

↓ スズメ(雀)の群れと一緒に行動していたムクドリ(椋鳥)
スズメ目 ムクドリ科(L24cm)

↓ スズメ(雀)の若い衆か?
スズメ目 スズメ科 スズメ(L14.5cm)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大堀川周辺の野鳥_オオバン(大鷭)、コガモ(小鴨)、カルガモ(軽鴨)

2018-03-31 | 大堀川周辺の動植物

大掘川の桜は満開、そろそろ散り始めていた。高田緑地の近くでオオバンの群れが見られた。コガモも数が減っていた。今回はカルガモが少なかった。
オオバン(大鷭)
ツル目 クイナ科 オオバン属(L39cm)







↓ コガモ(小鴨)
カモ目 カモ科 マガモ属(L37.5)







↓ カルガモ(軽鴨)
カモ目 カモ科 マガモ属(L61cm)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリちゃん日記_姉さんたちが爺さまに抱かれると

2018-03-26 | ネコ

エジプシャンマウのスモちゃん(15才♀)

↓ スコマンチのフォルちゃん(7才?♀)





↓ で・・トリちゃんは?(01/29撮影


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリちゃん日記_コンビニ袋

2018-03-25 | ネコ

触るとカサカサと音がするコンビニ袋はトリちゃんのオモチャにもなる。
↓ 捕まえたー

↓ 姉さんに取られないように、両手でおさえておかなくては

↓ ウッ? 奥に何かありそうな・・・

↓ 見えるかな?

↓ 狭くて入れない、さて・・・・どうしたものか?




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムスカリの花

2018-03-25 | キママ日記

今年は庭のムスカリが多数開花。全く面倒をみないので、庭のあちこちで勝手に咲いている。今年は球根を上げて来年にそなえようかと思うが・・・仕事は6月頃が良いらしい。
キジカクシ科ツルボ亜科 キジカクシ属 球根植物
別名「ブドウヒヤシンス」
2018/03/23








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュンラン(春蘭)開花

2018-03-24 | キママ日記

忙しくて、庭の手入れもままならなかったが、気づいたらシュンラン(春蘭)が沢山開花していた。隣に植えてある君子蘭には、気休めの寒さよけビニールを掛けておいたが、シュンランは何もしてあげなかった。雪が積もってもそのまま、自然にとけるのを待った。それなのに、今年の花の数はざっと数えて40本。ほんとに義理堅く春を告げてくれる素敵な花だ。このシュンランは、2011年にお隣から頂き、ピラカンサスの木の根元に植えたまま、何もしてあげてない。シュンランは土壌中に根を拡げる地生欄の代表的なもの。
単子葉植物ラン科シュンラン属
別名「ホクロ、ジイババ」
2018年3月20日





↓ シュンランの花弁は、外3弁と副弁2枚と唇弁の6枚ある。
唇弁には赤い斑点がある。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリちゃん日記_アゴまくらでウトウト・・・

2018-03-21 | ネコ

トリちゃんはお腹がいっぱいになったら、ウトウト・・・





↓ ちょっと体勢がずれてきた?・・



↓ 上から見られているみたい??



いやいや誰も見ていないよ〜

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリちゃん日記_目の先には

2018-03-18 | ネコ

トリちゃんが、椅子の上から媚びるように、また怖じ気づくように見上げる先には・・・













↓ スモちゃんでした。
スモちゃんはもうじき15才になるお婆ちゃんだが、まだまだ貫禄充分。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大堀川周辺の野鳥_コサギ(小鷺)

2018-03-16 | 大堀川周辺の動植物

いつも単独行動するコサギ、今回も観察でき、ラッキーだった。
ペリカン目 サギ科 コサギ属(L61cm)
2018/3/10





↓ 水中の左足を細かく動かして、小魚などを追い出している。なかなか小魚は捕まえられない。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大堀川周辺の野鳥_ツグミ(鶫)

2018-03-16 | 大堀川周辺の動植物

昨年は多数のツグミ(鶫)に出会えたが、今回は少ないような気がする。「山渓ハンディ図鑑7日本の野鳥」によると、採食場の食料の量によって群れで生活するものと1羽で生活するものがいるそうだ。地上を跳ね歩いては立ち止まり胸を張る、この動作を繰り返しながら、土中からミミズ類や昆虫類の幼虫などを採食する。 木の実もよく食べる。私のブログでは11月〜4月ころまで観察している。
スズメ目 ヒタキ科 (L24cm)
↓ ツグミその1





↓ ツグミその2
胸を張って前方を眺める、何かを見つけた・・・

↓ 冬眠中のミミズ?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加