京アニ放火・青葉真司容疑者「こんなに優しくされたことなかった」医療スタッフに感謝 2019/11/14

2019-11-15 | 死刑/重刑/生命犯

京アニ事件容疑者「こんなに優しくされたことなかった」 医療スタッフに感謝、転院前の病院で
 2019/11/15(金) 7:00配信
 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、男女36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、大阪府内の病院に入院していた青葉真司容疑者(41)=殺人などの疑いで逮捕状=が14日、京都市内の病院に転院した。命に別条がない程度まで回復したためで、京都府警は勾留に耐えられる状態になるのを待って逮捕する方針。
 病院関係者によると、青葉容疑者は現在、感染症などの合併症を起こす危険な状態を脱している。自力歩行はできないが、会話は可能という。転院前、治療に携わった医療スタッフに対して「人からこんなに優しくしてもらったことは、今までなかった」と感謝の言葉を伝えたという。
 青葉容疑者は14日午前9時ごろ、ストレッチャーで救急車に乗せられて大阪府内の病院を出発し、午前10時15分ごろに京都市内の病院に到着。青葉容疑者はタオルで全身を覆われ、医療関係者に取り囲まれながら院内に運び込まれた。
 青葉容疑者は事件で全身やけどを負い、京都市内の病院に救急搬送された。7月20日、より高度な治療を受けられる大阪府内の病院に転院し、皮膚移植やリハビリなどを重ねてきた。
 事件は7月18日午前10時半ごろに発生。青葉容疑者が京アニ第1スタジオ1階でガソリンをまいて放火したとされ、建物内にいた20~60代の男女計69人が死傷した。
 最終更新:11/15(金) 17:12 京都新聞

    ◎上記事は[Yahoo!JAPAN ニュース]からの転載・引用です
――――――――――――――――――――――――
京アニ事件「自宅出る時から殺意」「道に外れることした」転院の青葉容疑者、反省も口に
 2019年11月14日 23時0分 産経新聞
 アニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、殺人などの容疑で逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)が、京都府警の任意の事情聴取に対し「自宅を出るときから殺意があった」「道に外れることをしてしまった」などと供述していたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。
 青葉容疑者は同日、入院治療中の大阪府内の病院から京都市内の病院に転院。府警は今後、逮捕の時期などを検討していく。
 青葉容疑者は7月18日にガソリンをまいて火を付けた際に自らも全身にやけどを負い、京都市内の病院に搬送されたが、重篤な状態が続いたため、20日にヘリコプターでやけどの高度な医療を受けられる大阪府内の病院に移送された。
 京都府警などによると、皮膚移植など主な治療を終えたことから、元の病院に戻り治療を続けることになったという。ただ、勾留に耐えられる状態ではないといい、逮捕にはまだ時間がかかるとしている。
 捜査関係者によると、青葉容疑者は大阪府内の病院で受けた今月8日の京都府警の事情聴取で容疑を大筋で認め、「埼玉の自宅を出るときから殺意があった」「どうせ死刑になる」などと供述。さらに「道に外れることをしてしまった」と、反省とも受け取れる言葉も口にしていたという。
 京都弁護士会は聴取後の11日、当番弁護士派遣のために病院名を教えることや、聴取の録音・録画(可視化)を求めることなどを京都地検や府警に申し入れた。
  産経新聞

 ◎上記事は[livedoor NEWS]からの転載・引用です
――――――――――――――――――――――――
京アニ放火・青葉真司容疑者が転院 「早期の逮捕につなげたい」(捜査関係者)2019/11/14 
....................

コメント   この記事についてブログを書く
« 奈良女児殺害事件(2004/11/1... | トップ | 政府、結論ありきの大嘗祭 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。