帰省

2006-08-28 | 日録
 8月29日から。 母の見舞いと、実家に置いている車の車検のため。 . . . 本文を読む
コメント

加賀乙彦著『悪魔のささやき』 / 瀬戸内寂聴著『手毬』

2006-08-25 | 日録
〈来栖の独白 2006-08-25〉 注文しておいた『手毬』(瀬戸内寂聴著)を正文館書店へ受け取りに行って、加賀乙彦さんの『悪魔のささやき』も買った。 この夏、私は、瀬戸内さんの『釈迦』を涙の中で読んだ。繰り返し読んだ。涙は、瀬戸内さんの眼の確かさ、人間存在へ寄せるやさしさ、いたわり、至高の文体に対して、しばしば流れた。彼女が出家したとき、もうこれで作家としての生命は終わったか、と私は思った。しか . . . 本文を読む
コメント

中日 アレックス燃えたサヨナラ打

2006-08-23 | 野球・・・など
2006年8月23日(水) 10時37分 デイリースポーツ   敵軍ベンチを指さしてほえた。オレをなめるな-。右コブシで胸を叩き、プライドを死守した中日・アレックスが歓喜の輪に吸い込まれた。延長12回の激闘にピリオドを打つサヨナラ打。直前の敬遠策に燃えた舶来砲の意地がサク裂した。 6球連続フォーク。最後でとらえた。二死一、三塁。バットの先で拾った打球が三遊間をしぶとく破る。球団新記録 . . . 本文を読む
コメント

甲子園のエース、肩を守って。

2006-08-23 | 野球・・・など
(日刊スポーツ) - 8月23日10時14分更新 早実佑ちゃん「プロ」進学から気持ち傾く   早大進学の意志が固いとみられていた斎藤の進路に「プロ」の2文字が浮かんできた。「メジャーに行きたい気持ちもあります」と初めて公の場で大学以外の選択肢があることを口にした。今夏の甲子園で日本中を沸かせた鉄腕ヒーロー。母校での優勝祝賀会で、きっぱりと答えた。 次々と繰り出される質問にも、マウンドさばき同様 . . . 本文を読む
コメント

<無理心中?>認知症の妻絞殺

2006-08-21 | 社会
80歳夫も首つり 大阪  (毎日新聞 - 08月21日 13:51)  21日午前8時50分ごろ、大阪府枚方市津田駅前1のマンションの寝室で「父が首をつり、母も死んでいる」と同居の長男(41)から110番通報があった。府警枚方署で調べたところ、寝室のベッドの上で長男の母親(77)が首を絞められて死亡しており、父親(80)も寝室内でエアコンのホースで首をつって死亡していた。  調べでは . . . 本文を読む
コメント

小泉純一郎総理 靖国参拝 2006(平成18)年8月15日 インタビュー

2006-08-20 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲法/歴史認識〉
総理大臣である、人間、小泉純一郎が参拝しているんです . . . 本文を読む
コメント (8)   トラックバック (1)

裁判官が日本を滅ぼす 死んだらどうなるの?

2006-08-14 | 本/演劇…など
 昨日、の~んびりの気分で正文館書店へ。注文しておいた『裁判官が日本を滅ぼす』と『死んだらどうなるの?』を購入。  『裁判官・・・』は、11章光母子殺人・・・、に続き、1章小野悦男・・・を読んでいる。詰まらない本。これによって、初めて光市の事件被告の名前を知ったが。  『死んだら・・・』は、ユーモラスな語り口もあり、面白い。まだ、読み始めたばかり。 “学校でのあだ名も「坊主」だったし、むしろ . . . 本文を読む
コメント

Bach

2006-08-10 | 日録
http://www.asahi-net.or.jp/~kr6t-ngs/bach.html . . . 本文を読む
コメント

様変わりした点字奉仕

2006-08-07 | 日録
 先週Sr.Kからの問い合わせがあり、しばし過去の記憶を紐解いた。死刑囚藤原清孝の点訳奉仕のことだ。シスターの問い合わせとは、名古屋拘置所に収監されている被告(2審死刑)の一人が面会で「点字をやりたい」とシスターに漏らし、「勝田さんの点訳の経緯を彼(被告)も知っており、そのお尋ねです」と。  清孝の点訳については、拙著にも大部を割いて書いた。囚人が点字をやることの困難は、本人も私も身にしみた。そ . . . 本文を読む
コメント

さながら、みなもに浮かぶ泡沫のごときものである

2006-08-05 | 日録
 拙記事(8月2日)へコメントをくださった結城さんへお返事をお書きしたのは、この一月ほどの思いである。  拙HPをやってきたが、所詮は水面に浮かぶうたかたに過ぎぬ。仮初めにすぎない。アナログだのデジタルだの言ってみたところで、明日消えるなら、それでもよし。そんなものだ。 . . . 本文を読む
コメント

教訓となるために死んだんじゃない

2006-08-05 | 日録
 横浜で一人暮らしをしている長男(28歳)のところへ行ってきた。  その間、流れるプールの吸水口に少女が吸い込まれて死亡するという事件があった。途端に、営業停止して各地のプールで点検。これまでなおざりにされていた安全管理に、痛ましい犠牲が警報を鳴らした格好だ。阪神の地震の時も、そう。各地、地震対策に躍起になった。あの教訓を生かせ、と。こういう状況に接するたびに私のような者は複雑な気持ちを抱かざるを . . . 本文を読む
コメント

裁判員制度で特別休暇検討 トヨタとキヤノン

2006-08-04 | 裁判員裁判/被害者参加/強制起訴
 2006年 8月 4日 (金) 21:20  トヨタ自動車は4日、2009年までにスタートする裁判員制度で、社員が裁判員に選任された場合に備え、有給の特別休暇制度の導入を検討していることを明らかにした。キヤノンも裁判員制度に参加しやすいように制度を整えることを検討しており、他の企業も対応を迫られそうだ。  トヨタが検討しているのは、社員が裁判員の職務に従事する期間はすべて給与を保証 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

大好き藤川球児さん

2006-08-04 | 野球・・・など
 昨夜もドラの試合をラジオで聴き(Sr.Kと点字の真面目な話をしながら)勝ちを見届けて、他球場の試合結果を、とテレビをつけたところ、藤川君が♪ 胸がドキン! この人は特別中の特別。大好き。好きで好きで。センスも良ければ、男気もあり、投げる直前の姿が、いとおしくてならぬ。「まっすぐ」が彼の球になった。あの球は、打てない。凄い。大好き球児君。   昨日は、川上、奪1000三振おめでとう。タ . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (1)

奈良高1放火殺人事件

2006-08-02 | 社会
◎高1長男、精神鑑定へ=第2回少年審判で決定-奈良家裁  (時事通信社 - 08月02日 14:10)  奈良県田原本町の医師(47)宅が全焼し、母子3人が死亡した放火殺人事件で、殺人や現住建造物等放火などの非行事実で奈良家裁に送致された高校1年の長男(16)の第2回少年審判が2日、同家裁(石田裕一裁判長)であり、同家裁は長男の精神鑑定を行うことを決定した。家裁によると、犯行時の精神状態 . . . 本文を読む
コメント

奈良高1放火殺人事件

2006-08-02 | 社会
事件後長男と初面会 父親の医師が手記  (毎日新聞 - 08月02日 11:31)  奈良県田原本町で母や弟妹を死亡させたとして高1の長男(16)が殺人と現住建造物等放火の非行事実で家裁送致された事件で、父親の医師(47)が2日、事件後初めて長男と面会した際のやりとりを公表した。付添人弁護士に先月13日の面会の様子を伝えるため作成したメモで、弁護士を通じて明らかにされた。  奈良県警 . . . 本文を読む
コメント (2)