何のために生き、死ぬかは… 五木寛之『人生の目的』

2019-04-19 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
「人生の目的」などというわけのわからない問題について考えたりする . . . 本文を読む
コメント

死にどころをきちんと決める。長生きすれば目出たかった時代は過ぎた。世を去る道こそ考えるとき。

2015-07-06 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
空海は五穀を断って成仏したといわれるんだけれど。それを僕は自然死といっています。自分を殺すのが自殺。自然に死ぬのが自然死。円空もそうです . . . 本文を読む
コメント

五木寛之氏 「『親鸞』の最後は無造作に書く。それは決めていた」

2014-12-30 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
小説「親鸞」。その「完結篇」が先月、講談社から出版された . . . 本文を読む
コメント

五木寛之著『孤独の力』 2014年9月4日 第1刷発行 / 『マタイ』27章46節 / 『詩編』22

2014-10-25 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」 . . . 本文を読む
コメント

『親鸞』 作・五木寛之 / 画・山口 晃 「第一部~激動篇~完結篇」 エントリ 一覧

2014-07-08 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
『親鸞』、連載始まる 2008.9.1 ~ 連載をおえて 五木寛之 2014/7/8 Tue. . . . 本文を読む
コメント

虚構と史実の狭間に 小説『親鸞』(完結篇)の連載をおえて 五木寛之 2014/7/8 Tue.

2014-07-08 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
〈来栖の独白〉 . . . 本文を読む
コメント

『親鸞』 作・五木寛之 / 画・山口 晃  完結編 362 自然(じねん)に還る(6) 最終回 2104.7.6 Mon.

2014-07-07 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
やがて昼過ぎに口をかすかに開いたまま息絶えた。自然な死だった。 . . . 本文を読む
コメント

『親鸞』完結編 自然に還る(4) 心の動きと関係なく、自然に涙がこぼれおちたのである。

2014-07-06 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
親鸞はその日、夕餉をとらなかった。翌日も、翌々日も、親鸞は床にふしたままだった。覚信がいくらすすめても、ほとんどものを口にしなかった。 . . . 本文を読む
コメント

『親鸞』完結編 ぼろ屑のような乞者、病者の群れ…長蛇の列を作って進んでくる/外道院金剛/名香房宗元/長次

2014-05-30 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
垢にまみれた女がいる。骨と皮のような男がいた。それだけではない。台にのせられた病者がいる。杖をつき手をひかれた老人もいる。木の箱車にのり、手でこいでいる脚の不自由な男がいる。 . . . 本文を読む
コメント

『親鸞』完結編~群集と争乱 竜大山遵念寺 「越後の姉上に文を送って…」「恵信に、知らせたのか」

2014-05-21 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
吉水の草庵から、六条河原の斬首の場面までが描かれております。安楽房遵西どのの物語でございますね . . . 本文を読む
コメント

『親鸞』完結編 「鹿野どの、か」「誰かが先頭にたって人びとを導いていく、そのような念仏ではない」

2014-05-12 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
夢まぼろしのごとく . . . 本文を読む
コメント

五木寛之著『親鸞』 完結編~せまりくる足音(10) 朝廷も、鎌倉も、南都北嶺も… / [画・山口 晃] 

2014-05-03 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
〈来栖の独白〉恵信尼と竜夫人との関係を<姉妹>と明記しているではないか . . . 本文を読む
コメント

五木寛之著『親鸞』完結編~回想の人びと 「専修念仏迫害…弟子たちが死罪…安楽房遵西…後鳥羽上皇」

2014-04-20 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
「それは、為にする嘘の噂でございました」 . . . 本文を読む
コメント

五木寛之・[私訳]歎異抄 ~私はこう感じ、このように理解した

2014-04-16 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
歎異抄はふしぎな書物である . . . 本文を読む
コメント

五木寛之著『親鸞』完結編~「ツブテの弥七は私の父親でございます」わしらはみんな河原の石ころ、つぶて

2014-04-07 | 仏教・・・/親鸞/五木寛之
その小石には、なにか印(しるし)がきざまれておりませんでしたか . . . 本文を読む
コメント