佐藤愛子著『私の遺言』に見る 神戸連続児童殺傷事件 少年A 酒鬼薔薇聖斗 〈来栖の独白 2018.12.3〉

2018-12-03 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
五章 死後の世界 . . . 本文を読む
コメント

「神戸連続児童殺傷事件」被害者父 無差別殺人(誰でもいいから殺したかった)に対する思い 2018/6/29

2018-06-30 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
“誰でもいいから殺したかった”という無差別殺人が頻繁に . . . 本文を読む
コメント

〈手記『絶歌』〉亀と浦島太郎の像で 「少年A」更生を信じた「関東医療少年院」元院長

2018-06-26 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
杉本研士氏 関東医療少年院の元院長で精神科医 . . . 本文を読む
コメント

『友達なら教えてくれよ…何やったのか』 神戸児童連続殺傷事件を彷彿 映画「友罪」2018/5/25公開

2018-05-24 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
もし、心を許した友があの「少年A」だったら . . . 本文を読む
コメント

神戸連続児童殺傷事件から21年 加害男性と音信不通に 2018.5.24  

2018-05-24 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
『絶歌』元少年A著 2015年6月 初版発行 . . . 本文を読む
コメント

神戸連続児童殺傷21年 「元少年A」から途切れた手紙 2018/5/19

2018-05-19 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
1997年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件で、小学6年生だった土師淳君が亡くなってから . . . 本文を読む
コメント

神戸連続児童殺傷事件から21年 加害男性から、今年は命日前の手紙届かず 2018/5/3

2018-05-03 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
〈来栖の独白〉『絶歌』を読んで戴きたい。そうしないで、元少年Aの気持がどうして解るだろう。Aの真摯な思いが綴られている。 . . . 本文を読む
コメント

■神戸連続児童殺傷事件から21年 山下彩花さん父 手記 2018.3.23 ■全国初、訴訟費用を助成 犯罪被害者支援条例改正 明石市

2018-03-25 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
〈来栖の独白〉 加害者(家族も)は、 . . . 本文を読む
コメント

神戸連続児童殺傷事件『絶歌』、「購入せず」図書館の対応検証 2017/7/31 2年前の6月23日、神戸市の図書館運営会議で、ある書籍の購入の可否が話し合われた

2017-07-31 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
憲法に定める「知る権利」や「表現の自由」とともに、地元で発生した事件の重みと遺族らの思いに配慮した検討の過程 . . . 本文を読む
コメント

神戸連続児童殺傷事件20年 <少年と罪 「A」、20年> (特集)雨宮処凛さん 藤川洋子教授に聞く

2017-07-08 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
「神戸事件は、人間関係を築くのが苦手だったり、疎外感を持ったりする子どもらに『同世代でも社会を震撼させられる』と誤って響いてしまった」 . . . 本文を読む
コメント

神戸連続児童殺傷事件20年 <少年と罪 「A」、20年> 第2部(6)拒絶 (中日新聞 2017/7/1)終わり

2017-07-01 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
作家としてではなく、母親として「息子たちは大丈夫」という証拠を見つけたくて . . . 本文を読む
コメント

神戸連続児童殺傷事件20年 <少年と罪 「A」、20年> 第2部(5)傷痕 (中日新聞 2017/6/30)

2017-07-01 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
西鉄バスジャック事件(2000年) 石巻3人殺傷事件(2010年)など . . . 本文を読む
コメント

神戸連続児童殺傷事件20年 <少年と罪 「A」、20年> 第2部(4)実像 「死にたい」はやがて「社会の中で生きてみたい」になった(中日新聞 2017/6/29)

2017-06-29 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
「訪ねてほしい。支えるから」弁護士の井垣康弘 . . . 本文を読む
コメント

神戸連続児童殺傷事件20年 <少年と罪 「A」、20年> 第2部(3)虚像 (中日新聞 2017/6/27)

2017-06-28 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
手記に「彼の弱さ、人間くささ」 . . . 本文を読む
コメント

神戸連続児童殺傷事件20年 <少年と罪 「A」、20年> 第2部(2)崇拝 (中日新聞 2017/6/26)

2017-06-28 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
〈来栖の独白〉被害者遺族の方にお願いしたい。苛酷なお願いと受け取られることを承知で、けれども、お願いしたい。何卒『絶歌』を読んで戴きたい。Aの謝罪の気持ちが素直に吐露されているから。悔いの気持ち、人間らしい悲しみ、人に対する遠慮も・・・。読んで戴きたい。 . . . 本文を読む
コメント