落合博満・中日GM かつて巨人OB会に来ない理由問われ「通知が来ない」

2013-10-31 | 野球・・・など
アクの強さからか嫌われることもあるようだが、球団の最高権力者であるオーナーたちは、落合氏の実力を認めているようだ . . . 本文を読む
コメント

「首相が自衛隊最高司令官である事とは」「靖国参拝批判は内政干渉だ」 ジェームス・E・アワー

2013-10-31 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲法/歴史認識〉
「私が陸海空自衛隊の最高指揮官だそうですね。初めて知りました」 . . . 本文を読む
コメント

中国が世界の人権弾圧を監視する不条理 『国連人権理事会』理事国の資格なしと人権団体が抗議 古森 義久

2013-10-30 | 国際/中国/アジア
中国当局の人権弾圧はこのところとどまるところを知らず、である . . . 本文を読む
コメント

中国では年間十数万件の反政府暴動が起きているとも言われるが、報道されることはほとんどない

2013-10-30 | 国際/中国/アジア
天安門・炎上 . . . 本文を読む
コメント

天安門・炎上 ウイグル独立派を重点捜査=「自爆テロ」か

2013-10-29 | 国際/中国/アジア
公安当局は市内の宿泊施設に対し、捜査協力を求める通知を出した . . . 本文を読む
コメント

自衛隊官舎値上げなら危機管理に大問題 「即応態勢」崩壊も

2013-10-29 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲法/歴史認識〉
値上げ対象から自衛官官舎の除外を考えるべき . . . 本文を読む
コメント

中日 落合GM マスコミの「外様」報道に不満 / 人材集め コネ・人脈関係なく「手腕を買い声かける」

2013-10-29 | 野球・・・など
中日・森繁和HC ドミニカ視察で3度ピストル突きつけられた . . . 本文を読む
コメント

核不使用声明 周辺国の核兵器が現実の脅威になっている・・・

2013-10-28 | 政治
〈来栖の独白〉国際政治を動かしているのは核武装国である。このことをよくわかっているからこそ、非核武装国は何とか核武装国になれないものかと考え、逆に、既に核武装国になっている国々は、自分たちの価値を下げないために、これ以上、核武装国を増やしたくないと考える。日本はアメリカの核の傘の下にある。この「傘」が何を考えているか、どこまで有能であるかは疑問であるが。ところで安倍内閣は、今国会での日本版NSCの創設を目指している。このために総理は、無用な軋轢、反日メディアの無理解なプロパガンダを避けようと靖国参拝を見送った、と私は理解している。ソフトパワーとして、最大限にインテリジェンスを駆使する。これが、事ある毎に「唯一の被爆国」と名指しされる我が国の防衛のありかたではないだろうか。 . . . 本文を読む
コメント

【特定秘密保護法が守るもの】五嶋清 / 『防衛省と外務省 歪んだ二つのインテリジェンス組織』 福山隆著

2013-10-28 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲法/歴史認識〉
外交や防衛に関する国家の重要機密が漏洩すれば、国の安全が脅かされ、国民の生命や財産が危険にさらされる。憲法13条にうたわれた「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」を守ることも、この法律の大事な役割である。 . . . 本文を読む
コメント

米国家安全保障局(NSA) 独メルケル首相盗聴に使われたプログラムを停止

2013-10-28 | 国際
世界のリーダー35人前後を監視していた . . . 本文を読む
コメント

【誇れる国、日本】慰安婦はプロの戦時売春婦だ 河野洋平氏らを証人喚問せよ

2013-10-27 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲法/歴史認識〉
「河野談話」の根拠である元慰安婦への聞き取り調査がずさんだったことを、産経新聞が16日付朝刊で報じた . . . 本文を読む
コメント

裁判員裁判が1審で言い渡した死刑判決を破棄して無期懲役に減刑した事案 裁判員裁判、考えさせた報道

2013-10-27 | 裁判員裁判/被害者参加/強制起訴
京都大学産官学連携本部客員准教授・瀧本哲史 . . . 本文を読む
コメント

NSC法案 戦略策定強化へ早期成立図れ(讀賣 社説)

2013-10-26 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲法/歴史認識〉
日本の安全保障環境が厳しさを増す中、首相に直結した外交・安保政策の司令塔を創設する意義は極めて大きい。国家安全保障会議(日本版NSC)設置法案が、衆院本会議で審議入りした。 . . . 本文を読む
コメント

千葉大 荻野友花里さん殺害事件 竪山辰美被告 1審(裁判員裁判)死刑、2審無期 / 検察・弁護双方が上告

2013-10-26 | 裁判員裁判/被害者参加/強制起訴
〈来栖の独白〉多くのリスク、問題を抱えながら拙速に発足した裁判員裁判。市民感覚を判決に反映させるものと考え違いをしている人が多い。とりわけ被害者遺族にあっては、そうだろう。が、裁判員制度のどこにも「市民感覚を反映」といった趣旨は謳われていない。遺族は何としても被告人に死刑判決をと求めるが、如何なものか。経験や資格、学識等が選任の根拠とされず(必ずしもそれらを有していなくとも)無作為に選ばれた者が死刑判決を下すのこそ、危うい限りだ。国は、裁判員裁判をどうしてもやってみたいなら、民事裁判から手がけてみればよかった。いきなり死刑事件というのは、まことに危険だ。 . . . 本文を読む
コメント

安倍首相インタビュー WSJ 「中国は力による現状変更を試みようとしている」

2013-10-26 | 国際/中国/アジア
「日本のアジア太平洋地域における経済だけでなく、安全保障分野におけるリーダーシップも期待されると実感した」 . . . 本文を読む
コメント