山口光市母子殺害事件 最高裁弁論要旨

2007-05-30 | 日録
 工事中 時間要するが、HPに。 http://www.k4.dion.ne.jp/~yuko-k/kiyotaka/colum-menu.htm FORUM 90 VOL..87(2006年05月24日フォーラム90実行委員会発行) 光市事件における最高裁弁論要旨  なぜ光市事件の最高裁弁論を掲載するのか 以下に紹介するのはいわゆる「光市母子殺人事件」において、最高裁第三小法廷で、4月18日 . . . 本文を読む
コメント

山口県光市母子殺害事件差し戻し審

2007-05-28 | 日録
春霞さんのブログから、拙ホームページ http://www.k4.dion.ne.jp/~yuko-k/kiyotaka/ を更新した。 「光市の母子殺害事件~差し戻し控訴審」(↓抜粋) 【弁護人は、被告人の利益・権利のために誠実に、献身的に最善を尽くさなくてはなりません。弁護人の任務としてはこのような誠実義務があるのです。  被告人のために献身的に最善を尽くすとは、被告人が自白していても有利 . . . 本文を読む
コメント

ペンテコステ 二重太鼓結びに見える?帯

2007-05-27 | 日録
 本日は聖霊降臨の祝日(ペンテコステ)。昨日家で、一年ぶりに「聖霊の続唱」を弾いた。ほんとに爽やかな曲。私にとってカトリックの最大の賜物は、音楽である。これは、人類の宝物であると思う。 今朝の早ミサには、画像の帯を結んで行った。典礼暦上祝日に当たるが、格の高い着物(帯)は大袈裟すぎる。これは仕立て上、一寸したからくり?の施されたような名古屋帯。普通のお太鼓に結ぶが、横から見ると、まるで袋帯を二重太 . . . 本文を読む
コメント

<少年法>改正法成立 さらに「厳罰化」進む 虞犯少年 触法少年 「冤罪の恐れ存在」=日弁連

2007-05-25 | 身体・生命犯 少年
(毎日新聞 - 05月25日 11:25)  刑事責任を問えない14歳未満の少年(触法少年)の取り扱いをめぐる改正少年法は25日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。刑事処分が可能な年齢を14歳に引き下げた00年の前回改正に続き、「厳罰化」がさらに進むことになった。 改正のポイントは(1)触法少年に対する警察の質問や、証拠の押収と捜索などの調査権を明記(2)少年院送致の下限年齢を現行の . . . 本文を読む
コメント

改正少年法 井垣康弘・神戸家裁判事の寄稿全文(1)(2) 神戸新聞 2000/11/29

2007-05-25 | 身体・生命犯 少年
神戸新聞(紙面掲載日:2000/11/29) 神戸市須磨区の連続児童殺傷事件が契機となり、少年法が二十八日、改正された。同事件の審判を担当した井垣康弘・神戸家裁判事が、神戸新聞社に寄せた法改正に対する感想を全文紹介する。(要旨は28付け朝刊掲載済み)■50年後に思いをはせ ■両親の手記 ■「荘厳なかなしみ」■愛情注げば変わる ■厳罰化への疑問 ■審判の改革案■国民中心の審議会を ■金銭での償い ■ . . . 本文を読む
コメント

改正少年法 井垣康弘・神戸家裁判事の寄稿全文(3)(4) 神戸新聞 2000/11/29

2007-05-25 | 身体・生命犯 少年
改正少年法成立 井垣康弘・神戸家裁判事の寄稿全文(3)■国民中心の審議会を そして、見直しに当たっては、是非司法制度改革審議会のありようをまねて、関係者を排除した国民中心の審議会を作ってほしい。 国民代表の審議会に対しては、隠すことは何もない訳で、裁判官・検察官・弁護士や少年院・保護観察所も全面的に協力するのは間違いない。少年や保護者の協力も多数得られるものと思う。 例えばもし少年Aのケースでも協 . . . 本文を読む
コメント

光市母子殺害事件 差し戻し審 被告、遺族と目合わさず 5年ぶり姿 (中国新聞'07/5/25 )

2007-05-25 | 光市母子殺害事件
被告、遺族と目合わさず 5年ぶり姿  (中国新聞)'07/5/25  光市母子殺害事件で殺人罪などに問われた犯行時少年の男性被告(26)の差し戻し審が二十四日、広島高裁で始まり、被告は無期懲役の広島高裁判決以来五年ぶりに法廷に立った。無期懲役を破棄された差し戻し審がどんな結論を導くのか。傍聴席に詰め掛けた六十人は被告の背中に視線を集中させた。(野田華奈子) 午後一時半、三〇二号法廷。被告は青と白の . . . 本文を読む
コメント (4)

光市事件 差し戻し控訴審 初公判 広島高裁 2007/5/24 被告は「最高刑」で償って…遺族の本村さん

2007-05-24 | 光市母子殺害事件
光市の母子殺害、検察再び「極刑」主張…差し戻し控訴審 山口県光市で1999年に起きた母子殺人事件で、殺人や強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた当時18歳の元会社員(26)に対する差し戻し控訴審の初公判が24日、広島高裁(楢崎康英裁判長)であった。 最高裁は2審・広島高裁の無期懲役を量刑不当として破棄しており、死刑が適用できる「18歳」を1か月超えた被告への死刑選択の是非が焦点になる . . . 本文を読む
コメント

少年院のうち8カ所を低年齢者受け入れ施設に * 3歳男児が虐待で重体

2007-05-24 | 社会
全国8カ所の少年院に収容=集団から離し、教官両親役-小学生入所備え・法務省  (時事通信社 - 05月24日 05:02)  少年院に送致する年齢をおおむね12歳以上に引き下げる少年法改正案などが成立することに備え、法務省は24日までに、小学生が入所することを想定し、全国の少年院のうち8カ所(宮城、群馬、東京、神奈川、広島、京都、大阪、三重)を低年齢者受け入れ施設にする方針を固めた。 . . . 本文を読む
コメント

呼吸器外し、医師を書類送検 * 終末期医療に関する国の初めての指針

2007-05-22 | 社会
脳内出血の患者死亡「自然に」と家族依頼 5月22日16時32分配信 時事通信  和歌山和歌山県立医大病院紀北分院(同県かつらぎ町)で昨年2月、人工呼吸器を外された患者が死亡し、県警が殺人容疑で当時助教授だった50代の男性医師を書類送検していたことが22日、分かった。脳死状態の患者について家族が延命治療の中止を求めていたという。 延命治療をどんな条件の下で中止できるかは明確な基準がなく、和歌山地 . . . 本文を読む
コメント

裁判員制度「部分判決」制度新設など関係法が成立

2007-05-22 | 裁判員裁判/被害者参加/強制起訴
(毎日新聞 - 05月22日 13:21)  09年に始まる裁判員制度で、複数の事件で起訴された被告の刑事裁判を事件ごとに分割して審理する「部分判決」制度を新設する裁判員法改正など関係法が22日午後、衆院本会議で全会一致で可決、成立した。先月11日に参院で可決されていた。事件ごとに裁判員を入れ替え、負担を軽くするのが狙いだ。  裁判員が審理する殺人や放火事件などは初公判前に争点を絞り込む「公判 . . . 本文を読む
コメント

苦から救ってやろうと思って命を絶った。それが罪であろうか。

2007-05-20 | 日録
中日新聞【社説】高瀬舟の昔からの課題 週のはじめに考える2007年5月20日  「苦から救ってやろうと思って命を絶った。それが罪であろうか」-森鴎外の短編「高瀬舟」のテーマは安楽死・尊厳死。ますます今日的問題となってきました。  「妻が体のことを心配してくれるのはいい。いつまでも働いてもらいたいのだろうが、自分の最期ぐらいは自分で決めたい」。団塊世代の友人たちから、そんな切ない願望が聞こえるよ . . . 本文を読む
コメント

湯あみの島

2007-05-20 | 日録
 本日、の~んびりと「湯あみの島」へ行き、対G戦7回の辺りを見た。負けていた。ウッズの球が入るか、と思ったが届かずキャッチされた。あ~あ。お風呂へ入り直し。  昨日ドラが首位に返り咲き、五月晴れだし、今朝は申し分ない気分で出発したのだったが、残念だった。日刊スの「1日天下」の記事↓も、如何にも腹が立つ! 【中日】7連勝でストップ、1日天下 <中日1-5巨人>◇20日◇ナゴヤドーム  中日は巨 . . . 本文を読む
コメント

逮捕の瞬間から

2007-05-18 | 社会
この人は、二度と「独り」になることはない . . . 本文を読む
コメント

「食卓の無い家」

2007-05-17 | 社会
「子供だけで朝食」4割 小中生05年調査 小学生増加目立つ2007年5月17日 中日新聞朝刊  小中学生の約四割は朝食を親と一緒にとらず、一人か、きょうだいだけで食べていることが十六日、厚生労働省の「二〇〇五年国民健康・栄養調査」で分かった。このうち小学一-三年生は、同様の調査をした一九九三年の27・4%から40・9%と約一・五倍になった。  厚労省は「共働き家庭の増加などで、親に『食事は家族 . . . 本文を読む
コメント