豊川幼児殺害 田辺(旧姓河瀬)雅樹受刑者 高裁決定に異議 2019.1.28

2019-01-29 | 後藤昌弘弁護士
〈来栖の独白〉再審の扉を開くことは、裁判官にとって出世を諦めることだ。請求を受け入れるということは、前任裁判官たち(の決定)を全否定すること。裁判所を否定することだ。そんな者が、上級の裁判所に居させてもらえるわけはない。官僚社会である。 . . . 本文を読む
コメント

豊川幼児殺害 田辺(旧姓河瀬)雅樹受刑者に再審認めず 名古屋高裁 2019.1.25

2019-01-25 | 後藤昌弘弁護士
後藤昌弘弁護団長   山口裕之裁判長 . . . 本文を読む
コメント

日弁連が再審請求支援=愛知・豊川の幼児殺害 田辺(旧姓河瀬)雅樹受刑者 (2016/7/6 jiji.com)

2016-07-07 | 後藤昌弘弁護士
弁護団は近く、名古屋高裁に再審請求する . . . 本文を読む
コメント

豊川幼児殺害 田辺(旧姓河瀬)雅樹受刑者 再審請求へ 弁護団 2016.7月にも

2016-06-30 | 後藤昌弘弁護士
豊川殺害、再審請求へ 受刑者側弁護団、7月にも   中日新聞 2016/6/30 朝刊  愛知県豊川市で二〇〇二年、車から一歳十カ月の男児を連れ去り殺害したとして、殺人罪などで懲役十七年が確定した田辺(旧姓河瀬)雅樹受刑者(49)の弁護団が、来月にも名古屋高裁に再審請求することが分かった。今月、日本弁護士連合会が支援を決定したことを受け、方針を固めた。 事件を巡っては、直接証拠がないため自白の信用 . . . 本文を読む
コメント

特定秘密保護法の怖さ 後藤昌弘(弁護士)

2014-10-19 | 後藤昌弘弁護士
委縮効果こそ当局の狙いだと分かってはいるのだが . . . 本文を読む
コメント

美濃加茂 藤井浩人市長に対する問責決議と、人質司法 後藤昌弘(弁護士)

2014-08-24 | 後藤昌弘弁護士
問題は無罪の推定を受けているはずの裁判中にも市長が身柄の拘束を受けているという点にあるのであり、市長の責任を問うのは筋が違う . . . 本文を読む
コメント

「司法取引法制化へ」 新たな冤罪の危険性 後藤昌弘(弁護士)

2014-06-29 | 後藤昌弘弁護士
今の自白偏重の裁判官が放置されている中で、この制度を導入することに賛成できない . . . 本文を読む
コメント

秘密警察が跋扈する 後藤昌弘(弁護士)

2013-09-15 | 後藤昌弘弁護士
特定秘密保護法案 . . . 本文を読む
コメント (2)

問題は9条だけじゃない 後藤昌弘(弁護士)

2013-06-09 | 後藤昌弘弁護士
中日新聞を読んで . . . 本文を読む
コメント (3)

「隔離」判決~社会防衛の名の下に、市民を隔離することが許されるという恐ろしい社会が来ようとしている

2012-08-12 | 後藤昌弘弁護士
中日新聞を読んで 後藤昌弘(弁護士) . . . 本文を読む
コメント

「再稼動 未必の故意は人災」後藤昌弘(弁護士)

2012-04-22 | 後藤昌弘弁護士
中日新聞を読んで . . . 本文を読む
コメント

「少年の死刑判決と更生余地」 しかしそれでもなお、更生の余地がある場合にその道を閉ざすことが相当だろうか

2012-02-26 | 後藤昌弘弁護士
山口県光市の母子殺害事件 . . . 本文を読む
コメント

JR西日本前社長無罪判決の皮肉/刑事事件で有罪とするには、具体的な事故の予見可能性が必要である

2012-01-29 | 後藤昌弘弁護士
皮肉な話だが、JR西日本のトップが安全を最優先に考え、管内の危険な場所を事前に見て回り、事故防止策の必要性を現場から聞いていれば、今回の裁判で有罪となった可能性はある。しかし、そうではなかったが故に無罪になったといえる。 / 遺族の悲しみと怒り。原因究明を求めたい気持ちは痛いほど分るが、それは刑事裁判本来の目的ではない。こうした起訴は、事故防止の面では逆の効果をもたらしかねないということを知っておく必要があるだろう。 . . . 本文を読む
コメント

刑務所や留置場が失業者や行き場のない高齢者の収容所となっているとすれば・・・

2011-11-27 | 後藤昌弘弁護士
失業保険の期間も切れ、求職中だった中年男性の被告人がコンビニでおにぎりとカップ麺各1個を万引きした事件。被害金額は238円、同種前科もない . . . 本文を読む
コメント

「民法大改正で喜ぶのは、学者と法律関係の出版社、弁護士だけ」後藤昌弘弁護士/ 『官僚の責任』古賀茂明著

2011-09-05 | 後藤昌弘弁護士
債権法の改正が検討されている/権限争議と呼ばれる省の縄張り争い . . . 本文を読む
コメント