遺産相続手続き簡略化 情報まとめた証明書発行へ 2017年5月から

2017-03-28 | 社会
〈来栖の独白〉 . . . 本文を読む
コメント

富山地裁、4度目の再審請求棄却 2017/3/23付け 「富山・長野連続誘拐殺人事件」宮崎知子死刑囚 27日、即時抗告

2017-03-28 | 死刑/重刑/生命犯
弁護人によると、再審請求では共犯として逮捕され無罪となった知人男性の関与を主張 . . . 本文を読む
コメント

もう国会での追及は終わりにし、政府も籠池氏の偽証告発をして、捜査当局や司法の場に移したほうがいい 2017/3/27

2017-03-27 | 政治
現代ビジネス 髙橋 洋一 . . . 本文を読む
コメント

愛犬家連続殺人事件(1993年埼玉) 関根元死刑囚が東京拘置所で病死 2017.3.27

2017-03-27 | 死刑/重刑/生命犯
昨年11月、拘置所内で心臓発作を起こし . . . 本文を読む
コメント

神戸連続児童殺傷事件から20年 加害男性(元少年A)父母「たまに連絡が入る。『絶歌』に涙止まらず」 神戸新聞インタビュー 2017/3/26

2017-03-26 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
「絶歌」の出版について 少年院を退院してから、入院してからの様子が分かり、涙が止まりませんでした。しかし、被害者、ご遺族の方々には大変申し訳なく思っています。出版にいたるまでの順序が間違っているように思いました。 . . . 本文を読む
コメント

和歌山カレー事件・林眞須美死刑囚 再審請求に対して2017年3月29日に裁判所が判断を示すとのことで

2017-03-26 | 死刑/重刑/生命犯
篠田博之  | 月刊『創』編集長 . . . 本文を読む
コメント

乳児噛み殺し事件2017/3/9 なぜ従順なレトリバーが乳児を

2017-03-25 | 社会
「なぜ大事な乳児を噛み殺したのか?『愛犬家世帯』が慄然  従順な『レトリバー』が狂暴化する『5つの引き金』」より . . . 本文を読む
コメント (2)

【森友学園問題】国会はまるで魔女狩り / 「違和感があったからお断りしたんですよ そうしたら勝手に名前を使われて 僕が断ったので、安倍昭恵さんに行ったわけです」竹田恒泰氏

2017-03-25 | 政治
そもそも2月中旬に森友学園の疑惑が浮上した際、首相はさほど気にとめていなかった。籠池氏夫妻と面識はなく、疑惑の中身さえ知らない . . . 本文を読む
コメント (1)

元名大女子学生「高齢女性殺害・硫酸タリウム混入・放火事件」に無期懲役の判決 名古屋地裁2017/3/24

2017-03-24 | 身体・生命犯 少年
〈来栖の独白〉さっぱり分からない。強盗殺人でもなく、被害死者1名で、無期懲役。量刑の意図がさっぱり分からない。 . . . 本文を読む
コメント

元名大女子学生への判決、主文後回し 女性殺害・硫酸タリウム事件など 2017/3/24 14:16

2017-03-24 | 身体・生命犯 少年
〈来栖の独白〉 主文を後回し、ということなら、求刑通りの判決か。 . . . 本文を読む
コメント

神戸連続児童殺傷事件から20年 山下彩花さん母が手記 2017/3/23

2017-03-24 | 元少年A 酒鬼薔薇聖斗
彩花が10歳でこの世を去って20年。彩花が生きた時間の倍の歳月が流れました。 . . . 本文を読む
コメント

「証人喚問のゲームが続く限り、"死刑宣告"を先延ばしできる」「籠池理事長と野党の利害が一致」山口敬之氏が分析

2017-03-24 | 政治
「他にも国会で語らなければならない問題がある中、このまま証人喚問を繰り返してGWまで行くというようなことがあると国会のあり方が問われると思う」 . . . 本文を読む
コメント

安倍総理夫人の昭恵氏 フェイスブックで、「森友学園」籠池泰典理事長の証言を否定 2017/3/23

2017-03-24 | 政治
「私は、籠池さんに100万円の寄付金をお渡ししたことも、講演料を頂いたこともありません。籠池夫人と今年2月から何度もメールのやりとりをさせていただきましたが、寄付金があったですとか、講演料を受け取ったというご指摘はありませんでした。私からも、その旨の記憶がないことをはっきりとお伝えしております」 . . . 本文を読む
コメント

鳥越俊太郎氏が告訴していた『週刊文春』『週刊新潮』の編集長を不起訴 東京地検特捜部 2017/3/23

2017-03-24 | メディア/ジャーナリズム/インターネット
過去の女性関係に疑惑があるとした記事 . . . 本文を読む
コメント

淡路島 洲本5人殺害事件 平野達彦被告に死刑判決 責任能力を認定 神戸地裁2017/3/22

2017-03-22 | 死刑/重刑/生命犯
井秀典裁判長「被告には精神障害があったが、被害者らが寝ている時間帯を選んで犯行に及んでいることや、犯行後、警察官に『弁護士が来るまで言えない』と話していることなどから、事件への影響はほとんどなく責任能力が認められる」 . . . 本文を読む
コメント