時遊人~La liberte de l'esprit~

不羈奔放 優游涵泳 by椋柊

相棒-劇場版Ⅱ- 94

2010-12-31 | 映画
日本警察の要所・警視庁本部内で
前代未聞の人質籠城事件が発生

人質は
田丸警視総監
長谷川副総監を始めとした幹部12名
現場となった会議室は
機動隊と
特殊捜査班SITによって完全に包囲されるが
何の要求もないまま
いたずらに時間が過ぎていく




いち早く事件に気づいたのは
特命係の神戸尊と杉下右京
右京は
会議室内の様子を把握することが肝心と
鑑識の米沢守や
元特命係の陣川公平の協力を得て
誰も予想しなかった奇策に出る

捜査本部では
幹部たちが囚われているため
思うように進展しない事態に
捜査一課の
伊丹憲一・三浦信輔・芹沢慶二らが
苛立ちを募らせていた
そこへ
情報を入手した右京が現れ
籠城犯が
元警視庁刑事の八重樫哲也だと判明




一方
籠城前に
尊が八重樫から助け出した女性が
総務部装備課の
朝比奈圭子であることを突き止める
その時
緊迫する会議室内から2発の銃声が…
右京の強硬な反対にも関わらず
SITと機動隊員たちが会議室内に突入し
事態は終結




人質は無事に保護されるが
籠城した八重樫は死亡
大河内監察官の事情聴取に対しても
12名は言葉を曖昧にしたままで
何の証言も得られない
全員が
一様に口を閉ざすことに疑問を抱いた右京と尊は
角田課長らの協力を得て
独自に幹部たちへの聞き込みを開始する




八重樫の所持品にあった
一枚の写真
独特な刺青を腕に施した
写真の男を捜すため
上海マフィアが潜伏する
中華街へ向かった右京と尊だったが

逆に
男の仲間と疑われて
一触即発の事態…
そこに
ひとりの女が現れた

彼女の名は
李華来(リー・ファーライ)




彼女の口から
刺青を施した男が
曹良明と言う
上海マフィアの人間だと知らされる
そして
かつて右京や尊と同様に
八重樫もまた
曹良明を探しに
この街へやって来た事を知る




その頃
某料亭の一室では
警察庁幹部の小野田官房室長と
金子警察庁長官が
首席監察官・大河内春樹から
警視庁での事件の
結果報告を受けていた

それじゃ
そろそろ動きますか






徐々に明らかになってくる事実

それは7年前
八重樫や圭子が関わった
過去の大きな事件に関する衝撃の真相だった…

水面下で繰り広げられる
覇権争い
警察庁 警視庁

平和ボケ国家日本における
公安の存在意義

影の管理官…

小野田官房長との
因縁の対決!?




今年の締め作品となりました

劇場版Ⅱは

相棒season9第9話「予兆」を前説として
描かれております
敢えて映画にする必要性はないと
改めて思いましたが
邪魔なCMは入らない分
よしとしましょうかね~




何を守るために
誰を救うために
あなたは
警察官でいるんです!

真実は必ず
我々が
明らかにしてみせます!

絶対的な正義が
この世にあると思ってる?

僕の進む道を
変えるわけにはいきません!




あなたの正義を問う。



相変わらず
面白い&考えさせられる&深い!

輿水泰弘・戸田山雅司
両氏の脚本が
まぁ~お見事です
今回は
ドラマでは見れない
右京さんの仕草&ポーズも
ニクイ演出でした

及川光博演ずる神戸尊は
亀山薫に負けず劣らず
最高の相棒になってくれました
及川光博最高~



中途半端な
終わり方と言えば
終わり方です
この続きは!?
ドラマの後半あたりで
決着つけてくれるのかな?
それとも
映画と来月から始まるドラマ版って
別物と考えた方がいいのかな?
だって
あのラスト…
マズイでしょ
あの演出は
かなりチャレンジャーですよ…
いいんですか

そうそう
相棒10周年10大プレゼントの問題の答え


来年も
沢山みるぞぉ~





            

この記事についてブログを書く
« トロン:レガシー 93 | トップ | 春琴抄 137 »
最近の画像もっと見る

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事