岩倉高等学校 放送部

東京都台東区上野にある岩倉高等学校・放送部のブログです
(創部1958年)

秋の気配と鶏そば

2020年09月15日 | その他

このまま秋へと向かうということでもないらしいですが、朝晩は大分それらしくなってきました。




季節の変わり目なので、当然のことながら秋の空にはまだほど遠いどんよりとした空。それでも太陽が痛いといったことはさすがになくなり、大分助かります。


暑い時には頭に浮かばない鶏そばを食しました。私の場合、季節と食欲は驚くほどリンクしています。


イワクラジオの準備に今年もグリーンバックの写真を部員が撮影しております。これもひとつの季節感。ただこの季節感、高文祭が頭にちらつく私にはただの恐怖心しかありません。もちろん部員たちには楽しんでもらいたいですが。

コメント

交流の形

2020年09月08日 | 活動

出場を予定していたこうち総文。大会そのものがなくなってしまったNHK杯。特にはるばる開催県の高知に行って直接作品交換して、何気ない話をして・・・そんなことができないことは切ないなと思うけれど、交流することを止められてしまったわけではない。

そんな時だから、むしろ感じている気持ちを共有することが大切なんだなぁなんて想いで部員たちがZOOOMを利用して番組を企画しました。上手くいくかどうかは(そもそも参加してくれるのか)まったくもってわかりません。顧問としては、程よく見守る感じ。


一先ず本日部員Twitterで告知第一弾が出ております。

今年の岩倉祭はオンライン文化祭と銘打っています(卒業生を含む一般の方の来場不可のため)が、壮大にWeb展開する(WEB SOUBUNみたいに)ということではありません。まずは本当にできること、すべきことという視点で工夫していこうというスタンスです。時間が迫る中ですが、一歩ずつそんなことを深めていけるといいですね。

コメント

色々、そして様々

2020年09月06日 | 活動

「色々」、そして「様々」。両方ともにたくさんのものが豊富で多彩という意味でほぼ同じ。国語的には前者は口語で後者は文語といった差なのでしょうか。実際「色々楽しかったね」と言っても、「様々楽しかったね」とはあまり言わないような気がします。

放送部は何をやっているのかという問いに「色々やっています」と答えても「様々やっています」と答えてもまぁどちらでもいいのでしょうが、ただ、個人的には「様々やっています」と答えてほしいなと思ったりします。それは「色々」という言葉に比べ「様々」という言葉には、物事のあり方はそれぞれ関係する人やその背景などで各々違っていて、たった1つの物ではないという意味が強いのではないかと感じるからです。

部員にたまに(?)「聞こえない声を聞け」みたいな恰好を付けたことを話すことがあるのですが、そんな気持ちが活動には欠かせません。それはたぶん「様々」という行動や考えがあって初めて成立していくようなものではないでしょうか。

さて今月は岩倉祭がある月ですので、例年ならば2日間でのべ6,000人くらいの来校者を迎えて、にぎやかな発表機会を経験し、といった具合で。しかし、残念ながら従来形式はできず、オンラインという名称の元、限定的な文化祭となります。それを受け、規模の縮小はやむを得ぬ現実的な決断ですが、反面だからこそ新たにできそうなことも「様々」提案されています。


幻想的な今年のポスターです。

2年生からは「こんなことをしてみたい」と、「様々」な考え方の引き出しから提案があります。でも、ちょっと待ったです。「様々」なものをしっかりとした「様々」なものとして成立させるためにはしっかり1本筋の通った土台が不可欠です。苦言を呈しますが、そこがどうにもこうにも物足りない。「色々」なものを「様々」なものに昇華するための大切な何かを日々手に入れていく、そんな確かさを求めていきたいと思います。(こんな記述をしたので3年部員に怒られそうです・・・)


まだまだ残暑。部室の空調は果たして効いているのかいないのか疑惑があります。


高知総文の生徒実行委員会から総文グッズをいただきました。必要以上に顧問が嬉しがっているのかもしれませんが。


コメント

9/1(火)~30(水)予定表

2020年08月29日 | 予定

例年なら夏休みが終わり秋に向けてといった気分になる9月ですが、今年はすでに授業が開始しているのでそのままなだれ込む感じ。厳しい暑さを引き連れて、しばらくはこのような気候と付き合いながら過ごさざるを得ません。
今月は何と言っても「岩倉祭」。残念ながら非公開(保護者のみ)となりましたが、中止とせず実施することに感謝し取り組んでいきたいと思います。そして、終わるとすぐに2学期中間試験という恐怖の(?!)の日程でもあります。

 1(火)
 2(水)【朝・昼】 制服販売
 3(木)【朝・昼】 部会
 4(金)【朝・昼】 防災避難訓練 ニュース検定
 5(土)【朝】 学校説明会
 6(日)
 7(月)【朝・昼】 
 8(火)
 9(水)【朝・昼】 指定校判定会議
10(木)【朝・昼】 部会
11(金)【朝・昼】 クレペリン検査(1・2年)
12(土)【朝】 世界遺産検定
13(日)
14(月)【朝・昼】
15(火)
16(水)【朝・昼】 #放送部チャレンジ2020締め切り
17(木)【朝】 進研模試(3A~F) 部会
18(金)【朝・昼】
19(土)【朝】 公開セミナー(浅草)
20(日) 休日活動
21(祝) 敬老の日
22(祝) 秋分の日
23(水)【朝・昼】
24(木) 岩倉祭準備日
25(金) 岩倉祭準備日
26(土) 岩倉祭1日目
27(日) 岩倉祭2日目
28(月) 通常授業 校内放送なし
29(火) 学校休日 休日活動一部あり
30(水) 中間試験終了まで活動一時休止

コメント

全国高等学校総合文化祭高知大会 放送部門

2020年08月20日 | 活動

本日、全国高等学校総合文化祭高知大会(2020こうち総文)放送部門の審査結果が発表されました。コロナ感染拡大の影響から、現地に赴くことがかなわないWebによる開催になりました。その名も、「WEB SOUBUN」。

AP(オーディオピクチャー)とVM(ビデオメッセージ)だけでなく、アナ朗も録音をして提出されたものによる審査になりました。私たちはAP「記憶をつなぐ」で東京都代表として出場。この番組は、下町の廃業した銭湯に再び命を吹き込んだ方を追ったものです。その方がご自身の言葉としてその道のりの原動力が「記憶をつなぎたい」というものであったことから、このタイトルになっています。

昨年に続く入賞はできませんでしたが、大会が開催されたことでそもそも出場できたわけですし、同時に結果が出るまで少しだけドキドキすることもできました。来年予定されている和歌山大会は、現時点では通常開催を目指すことが決まりました。今度は、この秋に行われる各都道府県の選考大会が無事実施されることを願うばかり。もちろん、東京都高等学校文化祭も。

振返ってみれば、出場が決まる前年の秋から本番の翌年の夏まで、総文祭までの月日の経過は毎年毎年色々な想いを積み重ねていきます。一度完成した番組、一度披露したアナウンスや朗読が、果たしてそのままでいいのか、やはり手直しを施した方がいいものなのか。そんなことを良い意味で悩む月日がとてもとても貴重なものなのですね。

とにかく今は、このAP番組に携わった部員たちに感謝したいと思います。ご苦労様でした。そして制作に協力していただいた多くの皆様に感謝いたします。

追伸・でもやっぱり高知行きたかったなぁ・・・。

コメント