岩倉高等学校 放送部

東京都台東区上野にある岩倉高等学校・放送部のブログです

東京都高等学校文化祭 総合閉会式

2019年01月20日 | 活動

今年も総合閉会式に出席できました。昨年11月に行われた高文祭放送部門大会、APで全国、VMで関東が決まったため表彰(東京都教育委員会賞)していただきました。


相変わらず、都庁舎は実に高い。


表彰も大切ですが、文化部の他部門の活動を知る機会にもなります。


まずは入り口で記念撮影。3名で出席しました。日曜出勤(笑)お疲れ様。


終了後に再び記念撮影。

来週は関東大会(関東地区高校放送コンクール)で山梨へ。忙しいですが、これも結果を残したからこそできる忙しさ。総合閉会式は4年連続の出席になりました。継続は力なりと思います。

コメント

成人の日

2019年01月14日 | その他

首都圏は穏やかな天気の「成人の日」。


風もないし、あまり寒くないので晴れ着の人は助かる天気。

成人の新たな門出を祝福して、大人となった自覚を促すという日の今日。一昨年卒業した今年の成人は男女共学一期生。みんな元気かな。誇らしく今日を迎えることができているかな。我が部の卒業生は9名。年末の報告会に来てくれた人もいたけれど、あらためてまとめて成人のみんな、おめでとう。

コメント

言いたいことと伝えたいこと

2019年01月13日 | 活動

昨日は一日どんより曇り空で、ポジティブな気持ちに少しなりにくい天気でした。


午前中にはちらりと初雪。

放課後、学年別に個人個人が考えることを自由に話す時間を設けました。まずは「言うこと」。その元になるのは「考えること」。自分にとって、そしてみんなにとって、日々ある、これからある出来事をどう思うのか、そしてどう考えるのか。

思わず、さらに考えずに衝動的に「言うこと」は、なるべくならば避けたいところ。しかしだからと言って消極的で寡黙になってしまうと全くもって伝わらない。それは実にもどかしくて、出来事に対して前進する可能性を狭めます。本当に難しいところです。

ただ一つ言えることは、「言うこと」は自己中心的な発想(こう思う、こう考える、こう感じる…)だけれど、それがそもそもないと「伝えたいこと」に至らないということ。放送の活動の中心にあるものは「伝えること」です。これがないと100%成立しません。

その点で考えると、何事も「言うこと」から「伝えること」に順序良く昇華させなくてはなりません。そのことでしっかりした「伝えること」が成立します。「伝えること」は、相手に理解を求める気持ちだと思います。それが満たされれば、共感とか感動といった素晴らしい言葉にたどり着きます。

そんなことを具体的に思うことを目的に、昨日は過ごしました。

コメント

全国高校自慢選手権

2019年01月11日 | 活動

何かとても凄い名前のタイトル。掲載されていることをすっかり失念しておりました。

昨年夏のNHK杯。特別企画でZ.K.J2018(これもまた凄いが…)という「私の通う学校のここが凄い!」をテーマにしたアプリ動画投稿がありました。8月末の「ティーンズビデオ」で全国放送してもらいましたが、先月末NコンWebに一部が掲載されておりました。勝手にセレクションというサブタイトルが付いています。

よろしければこちらをクリックしてご覧ください。「これぞ!高校自慢!
他校もそうだと思いますが、全国大会前の申し訳ないくらいの思いつきやっつけ仕事。放送前にNHKの方から「ティーンズビデオで流す可能性があります」と電話いただいた時に、「本当に大丈夫ですか?」って聞いてしまったのも良い思い出。

コメント

放送再開

2019年01月10日 | 活動

年が明け、授業が再開しましたので校内放送も再開。恒例(?そんなに昔からやっているわけではありませんが)の年末年始の部員への宿題をちらりと読んでみると、今年の大会への抱負とともに、校内放送を何とかしたいというものが結構あり、それはとてもそうだよなと思うところ。

私たちに限らず、多くの学校で校内放送を進めている生徒たちの共通のテーマ。どうしたら校内放送を聞いてもらえるか。ただ、そもそも聞きたいと思って待ち構えているわけではない多くの生徒にとって、どちらかの先生がおっしゃっていましたが、「放送は暴力」。大分刺激的な言葉ですが、そのくらいの気持ちでとらえて、「そんなこともないよ。むしろ楽しみだよ」なんて言葉がもらえるものにするのが最終形なのでしょう。

そのためにも、努力と工夫を重ね合わせて、聞く身になっての〇〇。私たちは普段〇〇に「アナウンス」という言葉を入れていますが、そこに「昼放送」といった言葉を常に入れるべきなのでしょう。ある程度、型に入った曜日別テーマではあるので、その内容(企画といってもいい)にもっと手をかけるべきなのかもしれません。


さて、底冷えのする今日。部室の暖房の効きも少し時間が経たないといった感じです。

やるべきことを1つ1つ明確にして、色々な意見を交えながら前進してもらいたいところです。


コメント