ヒロノブログ

Swinging Popsicleのヒラタヒロノブのブログです。

武内享 Rock Show 仙台・札幌 旅の思い出

2024-03-29 18:13:28 | Weblog
武内享とタンバリンズのRock Showツアーが始まりました。



まずは札幌駅での一枚から。
享さんがたくさん自撮りしてくれるので何かと助かります。

さて、僕とドラムのカズさんは<享さんのバックバンドでありつつ、
タンバリンズというバンド名を頂きました。
ステッカーもできまして、
来場者には享さん自らの手で配布されました。
これです。



まずは仙台の会場リメンバー。
ドラムを頂点にステージがピラミッド形だったので、
メンバーの顔が見やすく、
アイコンタクトもとれてやりやすかったです。



会場の壁にはギターが吊り下げられていて、
Fender JapanのJVシリアルのテレキャスがありました。
よく出演されるバンドのかたがお店に置いているそうです。
いまやJVシリアルは値が上がって貴重なギターです。
(ピックアップのしたにシリアルが刻印されてます。)



僕はこのツアーには最近ずっと愛用している1982年製のSquierのプレベを連れて行きました。
コイツもJVシリアルです。
(JVシリアルとは1982〜1984年までのFender JapanとSquierに振られたシリアルで
JVから始まり5桁の数字が付いています。
フェンダージャパン最初期のこのプロダクトはクオリティーも高く中古市場でも人気があります。)



このベースは僕が音楽にのめり込む頃に発売されたものなので、
なんと言いますか、
昔の同級生のように気が合う感じなんです。笑

仙台のお客さんはとてもポジティブなノリで熱い初日となりました。
音楽仲間の郡山のGeneさん(日本人!)チームがいらしてくれて、
急遽、クールスの「シンデレラ」をその場でセッションしました。
スタンダードなロックンロールナンバーはこういう場面でパッと演奏できるのでサイコーですね!



終演後の会場での一枚。

仙台の友人の金子くんも観に来てくれました。
Auroranoteの大阪でのライブで知り合って、
金子くんはSMASH YOUTHというバンドでギターを弾いていました。
SMASH YOUTHは金子くんが辞めたあとも活動を続けて、
今も大阪で精力的なライブを展開しています。リスペクト!
バンドの友達が会いにきてくれるのは嬉しいです!



打ち上げはやはりコイツに会いに行きました。



全力でライブをやって美味しいものを食らう。
最高ですね!

翌日は仙台空港から新千歳空港へ。



ワタクシ、銃を向けられて手を上げた人みたいです。

新千歳空港から札幌に向かう電車の景色も情緒があります。



JR北海道では終点ではなくて終着って言うことを享さんが教えてくれました。
車内アナウンスにもしみじみとした味わいがありました。
八代亜紀さんの「愛の終着駅」が頭をよぎります。
♪さ〜むい〜夜汽車で〜♪



リハの前に享さんリコメンドの味噌ラーメンを食べに
昭和41年創業の大公へ。



(暖簾をくぐっているのは享さん)



これぞ味噌ラーメンというスタンダードな味わい。
優しく力強い一杯でした。
素晴らしかったです!

札幌の会場のチャック・ベリーはエリック・クラプトンも訪れたという名店。
チェッカーズもお忍びで飲みにきていたというスゴイところです。
さらっと会場に1960年のFenderのストラトが置いてありました。笑
数百万しますよ、コレ。
さらっと置いてはいけないやつです。笑

椅子がギターをモチーフしてあったり、



テーブルがギターと同じ塗装のツートーンサンバーストだったり、



ギター愛が感じられる居心地の良さが素晴らしい!

ベースアンプのヘッドがWALTER WOODS。



これビックリするほど最高でした!
ケーブルをさした瞬間に何もいじらないで
「そう!それ!」という音が飛び出して痺れました。
あまりに好きな音だったんで値段調べたら中古でも50万ほどするので更に痺れました。

札幌は着席ライブだったのですが、
客席の躍動感がスゴかったです!
盛り上がり過ぎて大変楽しかったです。
カバーした浅香唯の「C-Girl」や
シブがき隊の「NAI NAI 16」など、
我々の世代にはたまらない曲も披露して
客席には笑顔が溢れていました。

チェッカーズのライブに通っていた僕が
享さんとカズさんと3人で「NAI NAI 16」をハモっているなんて、
面白い未来に来たなぁと思います。笑



享さんとチャック・ベリーのマスターとの一枚。
昔、マスターはソウル・パワーというバンドをやっていたそうで、
1974年福島県郡山で行われたワンステップフェスティバルにも出演されたそうです。
僕はこのフェスを知らなかったのですが、
オノ・ヨーコさんを始め、
そうそうたる出演者たちに倒れました。

無事に仙台・札幌の2日間終了しましてありがとうございました。



旅のシメは新千歳空港でのソフトクリーム!
いくつになってもやめられません。

ツアーは
4月6日(土) 高松Rizin'
4月7日(日) 福岡ma-ya
へと続きます。

Rock Showの高松〜福岡公演に参加される方は会場でお会いしましょう!!

実は4月6日(土)、
Swinging Popsicleがライブに誘われまして、、、
僕は先にこのツアーが決まっていたので
出演をお断りしようと思っていたのですが、
ミネコフとシマッチでSwinging Popsicle2/3として
イベントに出演してくれることになりました!



こちらのイベントに参加される方々、
ミネコフとシマッチの応援をよろしくお願いします!
きっとSwinging Popsicle2/3ならではの楽曲たちで
楽しいレアなライブになると思います。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年もよろしくお願いいたします。

2024-01-24 09:48:05 | Weblog
明けましておめでとうございます。

もう1月も後半ですが、
新年ぽい画像を頂きましたので、
ご挨拶させていただきました。

写真は今月の14日、
大阪での武内享さんの新年会のショットです。

ポプシのメンバーとの写真がなかったので、汗
(12月のライブの写真も撮っていなかった。)
おめでたそうなこちらの写真を使わせていただきました。



別ショットです。
これはヤラセ写真で鏡割りをしている風ですが
撮影用に止まって、それらしくやっています。笑

こちらのブログはのんびりやっていきますので
時たま覗いたりしてお付き合いください。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Swinging Popsicle 25周年記念ワンマン@Mona Record

2023-08-08 10:19:22 | Weblog
おかげさまでデビュー25周年の記念ワンマンが無事に成功いたしました。
ありがとうございました!

ポプシ史上でステージも会場も一番暑かったと思われ、
会場全体も最も熱いライブとなったと思います。

会場のMona Recordの後方からの写真の頂きましたので載せておきます。



今回は4月にやった大阪のワンマンの流れをくんだメニューで、
初期から現在へとまんべんなく選曲しました。

この年齢になっても、
ダラダラとROCK SHOWをプレイしたり、
Changeで大人げ無くハジけたりできるのは
つくづく幸せだなと思います。



MCで藤島が「メンバー紹介をします。」と言うべきところを
「メンバー募集をします。」と言ったのには
笑わせて頂きました!

3人のMCは相変わらずユルユルでグダグダなままですが、
これもずっと続いているポプシらしさなのでお許しくださいね。



最近ステージで愛用しているのは
このG&LのL-1000。
90年代の初頭に作られたものなんですが、
Fenderを作ったレオ・フェンダーが最後に作った会社です。
パワーがあって、ドッシリとしたズ太いサウンドなのですが、
適度な温かさのサウンドにするために
ボディに付いているボリュームは6〜7割程度に絞っています。
 


そしてそして、
ありがたくも直前にチケットがソールドアウトしたので
急遽、ツイキャスで配信も行いました。
14日間アーカイブも残りますので
もし諸事情でお越しいただけなかった方もご覧いただけます。

https://www.popsicleclip.com/event/pops-parade-vol-37/

終わってみれば、あっという間の2時間でしたが、
25年分の我々と皆さんの思い出がキラキラするような瞬間が作れたことに感謝いたします。
あらためてありがとうございました。

来年はアルバム「transit」の発売20周年なんで、
そんなこともやれたら皆さんに楽しんでもらえるのかな?

相変わらずのマイペースな活動ですが
今後ともお付き合いくださいね。



打ち上げでの乾杯の写真も載せておきます。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

難波Mele ワンマン

2023-04-18 22:44:00 | Weblog
23年ぶりの大阪でのバンドスタイルワンマン、
無事に終了いたしました!
23年ぶりにもかかわらず、
よくぞあんなにも集まってくださいました!
ありがとうございました!



(ポプシの後ろにドクロがあるなんて斬新ですね。)

オープニングアクトのmeh meh white sheepsも素晴らしく、どこかわれわれの好きな90年代の匂いを感じさせるサウンドでステージを盛り上げてくれました。



(meh mehさんと一緒に写真とりました!)


ワンマンはベストオブポプシなメニューで挑みました。
あれやこれややらない曲もありましたが、
最後の最後まで悩んで決めたセトリです。
大阪に向かう新幹線のホームで
アンコールで「Fly to the moon」を3人でやろうと決めたりもしました。

ステージから見える皆さんも楽しそうで、
お互いに良いヴァイブレーションを送りながら盛り上がれて最高でした!



(広島から溝渕ケンイチロウくんが突然に観に来てくれました!知らせてくれなかったので驚きました。)


デビューした1997年には26年後にもこうしてワンマンができるなんて1ミリも思っていませんでした。
思えばずいぶんと年月は流れましたが、
ここまでのんびりと続けてこれたことに感謝します。
メンバーと応援してくれるみなさんのおかげです。
いつもありがとうございます。

今回のライブはポプシとは別に主催者がおりまして、
その方の熱意で実現しました。
チェッカーズのカバーバンド「ネンチェ」の大阪でのライブを観に来てくれた田尻さんとご挨拶したのがきっかけです。
この時の写真です。

(6年前だそうです。)

この時ご挨拶出来なかったら今回のワンマンは企画されず、
大阪でワンマンやらない年数を今も更新していたはずです。

そんな素敵な出逢いにも乾杯して、
この日は飲みました!
先ほどの写真から6年後の田尻さんと私です。






田尻さんは変顔ばかりしますね。笑

打ち上げも盛り上がり、
メレのスタッフの方々も参加してくれまして、
ホントに良い形でワンマンを終了することができました。

その時の記念写真。




この時、既に夜中の2時。
楽しい大阪のワンマンをありがとうございました。

またそう遠くないうちに大阪でワンマンやれたらイイな。
そのときまでみなさん、どうぞ健康で楽しい日々を送ってくださいね。
また会いましょう。






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今年もよろしくお願いいたします。

2023-01-23 09:12:25 | Weblog


明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
縁起良さそうな楽しい写真です!

先週1月15日、
大阪 Mother Popcornでの武内享さんのイベントでの1枚です。
樽酒の鏡開きをやらせていただきました。

昨年はポプシのライブが一度も無かったのですが、
2月19日に高円寺HIGHでのイベント出演が決定しました!
素晴らしいアーティストが揃いました。
こんな機会はなかなか無いのでお見逃し無く。
ポプシは5人編成のバンドで挑みます〜。

公演】POPS Parade 10th Anniversary LIVE
【日時】2023年2月12日(日) open 16:30(予定)/start 17:15(予定)
※開場・開演時間は多少前後する場合があります
【会場】東京・高円寺HIGH
【出演】カジヒデキ/ヒックスヴィル/Swinging Popsicle/PLECTRUM/HAPPY EVER AFTER×歌手常盤ゆう/conte(ex.Orangeade)

【料金】ポプシクリップ。メルマガ会員先行 3,900円(+1drink)/
一般前売り 4,300円(+1drink)/当日券後日案内(+1drink)※当日学生証提示で500円オフ

チケットはコチラから。
↓↓↓
https://www.popsicleclip.com/event/pops-parade-10th-live/

そして
またまた武内享さんの楽しそうな大阪でのイベントに参加します。



<大阪ギザギザハートの野郎達>

日時/2/19(日)
場所/umeda TRAD
   http://umeda-trad.com
   TEL:06-7897-2450
料金/5,500(別途1D)
オープン/15:00
スタート/16:00〜19:00
キャスト/武内享、ワタル(少林兄弟)
     武田真治
セッション/田中和(勝手にしやがれ)
      平田博信(Swinging Popsicle)

武内享さん、ワタルさん(少林兄弟)、武田真治さん、
そして田中和さん(勝手にしやがれ)と一緒に大阪で盛り上がります!
チェッカーズを愛する男達によるチェッカーズにまつわるトークと生ライブ。
ご期待くださいね。

チケットはコチラから。
↓↓↓
https://torumaster.exblog.jp/


寒い日が続きますが、
みなさんも、体調に気をつけながら
2023年も楽しく過ごして行きましょう!
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

振り返り

2022-12-28 03:11:00 | Weblog
わ〜、なんてことでしょう。。
今年はこのブログへの投稿が過去イチ少なかった。
すみません。。

今年2回目の投稿なのに、、
総まとめでスマホの写真フォルダを見ながら
今年を振り返ります。

まいります!

今月は念願叶って、
キラルのライブでバックバンドもつとめました!
バンドメンバーと。



5アーティストをサポートしながら、
珍しくアコースティックベースを弾きました。

これは武内享さんとのリハの後に、
一杯やってるときです。笑
楽しそう!

20年ぶりに冨田恵一さんともお会いできました。
冨田さんにプロデュースして頂いた「オレンジ/遠い空」が発売から20年経ってアナログ化されるなんて、
素敵な体験でした。



享さん、カズさん、ワタルさん、武田真治さんと、
チェッカーズを愛する男たちのイベント
「ギザギザハートの野郎達」
にも出演させて頂き、
大好きなチェッカーズナンバーをみんなで演奏したのも良い思い出。


夏には武内享さんのライブで
福岡〜久留米に!
享さんのご実家にもお邪魔!
幸せ♡


ライブを観に来てくれた享さんのお母様との一枚。
お若くてチャーミング!


念願叶って久留米の中央亭の焼きそばも食べに行けた。
チェッカーズが愛した一皿。


もひとつ念願叶って久留米の丸星ラーメンにも行けた!
しびれる美味さ。


7月には享さんの還暦もお祝いできた!
一緒にプレイして旅ができる
こんな未来があるなんて!
ちなみに享さんの誕生日は
ポプシのデビュー日と同じ7月21日!

Gran⭐︎Cielの夏のワンマン、
恵比寿リキッドルーム。
かれこれポプシをずっと応援してくれているニッポン放送の吉田尚記アナウンサーも駆けつけてくれました。



最高のシエルバンドのメンバー。
話題のスーパー小学生ギタリストの音太朗くんも一緒にプレイしました。

こちらは「ギザギザハートの野郎達」の第一回の記念フォト。
急遽飛び入りして
「ギザギザハートの子守唄」
「涙のリクエスト」
「Song for U.S.A.」
を演奏しました。


こちらは高円寺のUFO Clubでのシークレットライブ。
享さんの出演は一切知らされてなく、
トップバッターで出演。
ディープな雰囲気が素晴らしいハコでした。



これは三茶のカムトゥギャザーで享さんのイベントでの一枚。
楽しそう!
お酒も入ってる。笑

Gran⭐︎Cielのツアーファイルの神田スクエアホール。
今月やったキラルライブと一緒の会場でございます。
ステージ広いけど、
しえるのみんなの熱いダンスでこれでも狭くなります。


しえるのツアーの大阪では
1日2回インデアンカレーに。


2回目はインデアンスパゲッティをチョイス。
1日3回食べるという目標もできました。



Gran⭐︎Cielの一月のツアーではアコギばかり弾いておりました。
アイドルがアコースティックで歌うのは素晴らしい試みですね。


気がつけば今年はポプシのライブが少なかったんで、
来年は良いタイミングでポプシもやりたい!

来年も仲間たちと元気に楽しい音楽生活ができますように。

今年もお世話になりました!
あまり更新しないブログを見てくれてありがとうございます。

良いお年をお迎えください。







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ROCKERS

2022-05-09 01:55:00 | Weblog



すみません、久しぶりの更新です。

今夜はCLUB Queで「ROCKERS」というイベントに武内享さんのバンドで出演しました。
ご来場のみなさん、ありがとうございました。

久しぶりにこの歳になって、
自分が最年少じゃないかという年配なイベント。笑

今日のオーガナイザーは写真1番左の高橋先輩です。
ポプシでもドラムを叩いてもらったことも何度もあります。

右隣はわたくし。

その隣は武内享さん。
その隣は渡辺俊美さん(TOKYO No.1 SOUL SET)、
1番右は「勝手にしやがれ」のカズさんです。

いやはや、
素敵な夜になりました。

何と言いますか、
生き様が音になって、自由を感じる音楽に昇華しているんだなとしみじみ思うライブでした。

みなさん、それぞれにゆったりした雰囲気が流れていながら、一筋のグルーヴが産まれた瞬間からキラキラしだす瞬間を何度も感じました。
あんなにゆるいのに、
どっしりと鳴る音楽はなかなかないです。

アンコールでは出演者全員で「年配ブルース」という曲を即興でやりました。
12小節のブルース進行って偉大ですね。
キーだけ決めれば誰もが楽しく盛り上がれます。
楽しく、自由を感じる素敵な夜となりました。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

胸キュン☆アルペジオ vol.17

2021-12-06 10:56:59 | Weblog


「胸キュン☆アルペジオ vol.17」
下北沢CLUB Queにお越しの皆様、
配信をご覧になってくれた皆様、
どうもありがとうございました。
毎年1回のイベントが17回も続いているなんてスゴイですね。
(去年はコロナで開催ができませんでしたが)
もはや、音楽を続けている仲間達にとって
健康に生きて音楽を楽しむ、
心の支えとなっているイベントだと感じます。

この日、
家を出る直前に
期末テストも終わったばかりの中1の長男に
「お前も来るか?」
と聞いたら
「行こうかな。」
と言ってくれたので
急遽長男同伴の一日となりました。

10年前に長男に会ったきりの友人などは
その成長っぷりにびっくりしていました。
もう僕とほとんど身長が変わらないんですよね。

一緒に楽器を運んでくれたのは
ずいぶん助かりました。

僕が持参した1975年製のギター
Fender Musicmasterは亡くなった福村くんが愛用していたのと同じで、
福村くんが産まれたのも1975年だと告げたら。
「それはエモい。」
と言っていました。
エモいの使い方、学びました。笑

福村くんが亡くなったのが2003年だから、
われわれもずいぶん年をとって
いろいろとポンコツになりました。
間違ったり、忘れたり、音楽的にはNGだったりすることも全てふくめて、
それぞれが一生懸命生きている証を鳴らして
芳醇な音楽になっていると思う夜でした。

クライフもバサロもイイ感じだったなぁ〜。
息子の記憶にも残る一日になったかな。

僕らはいつまでこんな夜を過ごせるのでしょうかね。
とにかくみんな元気で健やかに音楽を鳴らし続けて、
また集まりましょうね。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

胸キュン☆アルペジオ vol.17 に出演します!

2021-11-22 21:20:24 | Weblog


ポプシひさしぶりのライブ。
胸キュン☆アルペジオ vol.17 に出演します!

ご存知のかたも多いと思いますが
このイベントは
advanced Lucy、Vasallo Crab75のメンバーだった故・福村貴行のトリビュートライブです。

この日、ポプシの3人は
写真の楽器で演奏します。
真ん中はFenderのMusicmasterというギターです。
福村くんが使用していたギターにもMusicmasterがありました。
たまたまですがこのギターも福村くんの産まれた年の1975年製。
この日に使わない手は無いですね。
藤島がこれを弾きますよ!!

そしてシマッチとわたくしはムスタングをチョイス。
実はこの3本、ボディの大きさは全く同じ。
同じ型からそれぞれ違う楽器になって行くのです。
フェンダーの使い回しっぷり、スゴイね。
ベースとギターが同じ大きさのボディだからね。

同じようなスチューデントモデルの楽器をぶら下げて演奏する3人のバンドは
なかなかいないんじゃないかな?
この日だけのスペシャルな楽器のチョイス。笑

共演バンドもゲストも気心知れた仲間達なんで
幸せな音楽がアットホームに鳴り響く空間になると思いますよ。
ぜひみなさんいらしてください。
福村くんを偲んで懐かしい曲も多くやる予定です。


12/4[SAT] 下北沢 CLUB Que
“胸キュン☆アルペジオ vol.17”

VASALLO CRAB 75|cruyff in the bedroom|Swinging Popsicle
Guest> タカタタイスケ(PLECTRUM)|佐々木博史(CONDOR44)
DJ> DJカマアゲ

観覧[https://t.livepocket.jp/e/que20211204]
配信[https://danke-v.com/videos/42]

ご予約はこちらまで↓
https://t.livepocket.jp/e/que20211204


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Gran⭐︎Ciel 1st ワンマン

2021-08-23 02:49:00 | Weblog




わたくしがサウンドディレクターを務めております、Gran⭐︎Cielの1stワンマンが無事に終了しました。
ありがとうございました。

今回はバンド編成でのライブということで、
バンマスを務めさせて頂きました。

今回のブログはこのGran⭐︎Cielのバックバンドを紹介するだけの内容です。
ご了承くださいませ。

まずは左から、
ギターのテッペイヤン。
Hi-5というバンドでデビューしまして、
僕との出会いはDQSで一緒にプレイしたのが始まりです。
毎回、シエルバンドのリハが始まると、
誰よりも予習をしてきてくれる真面目なところが素晴らしいです。

左から2番目はドラムのモックン。
元くるり、という肩書きもありますが、
僕にとってはひたすらに「歌を愛する」ドラマーです。
そのスタイルに惚れてSwinging Popsicleでも叩いてもらっています。
デビューが同時期で、当時はお互いに牽制し合っていたのに、
今はお互いに助け合って音楽人生を共に歩んでおります。

中央は三宅さん。
Party Rockets GTのサウンドプロデューサーとして出会いまして、僕のパティロケ楽曲を全てアレンジしてくれた恩人です。
今回のステージではパティロケの「セツナソラ」を一緒に演奏することができまして、感無量でした。
僕のメタル魂をBURRN!してくれる熱いギタリストでもあります。

右から2番目はキーボードの吉田くん。
ポプシでも鍵盤を弾いてもらっていますし、
D4DJのLyrical Lilyの音楽も一緒に作ってます。
気がつくといつも一緒に仕事しています。
機材に対してもハンパない愛情を注ぐ姿勢にいつも刺激をもらっています。

それぞれの活動を応援頂けますと幸いです。

写真1番右のイラストは
Gran⭐︎Cielのメンバーの一色さんによる僕のイラスト。
力の抜け具合がたまらないですね。
普段はイラストみたいにおじいちゃんみたいな感じで生きております。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする