ズッキーニの味噌煮込みBlog版

コンピュータのこと、食べ物のこと、なんでもないこと、とんでもないこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なんでも安くなるのはいいことだが…

2009年04月11日 21時16分25秒 | Weblog
ここ数ヶ月は毎週土日のどちらかに、「西宮の沢食堂」という定食屋さんの朝食セットを食べに行っている。

基本は500円で焼き魚や揚げ物などの主菜がひとつ、好きなものを選べる小鉢がふたつ、味海苔、味噌汁、大中小(値段はおなじ)選べるご飯。

嫁さんがこれで、アタシは350円で納豆、卵、味海苔、味噌汁、ご飯の定食。味噌汁を豚汁に変えてもらって+50円の400円。サービスのふりかけをたっぷりかけて、ご飯の半分をおいしくいただく。ご飯が半分になったところで、納豆をといて卵と混ぜ、ご飯にたっぷりかけてザブザブとすすりこむ。これが実にうまい。もう、大好きだ。(*^_^*)

アタシの味海苔は嫁さんが持ち帰って平日の朝食に供し、二人で5枚の味海苔を分け合う。嫁さんが選んだ主菜や小鉢で気に入ったのがあれば、ちょっとつまんでみたりする。

二人で900円の朝食が高いか安いか。週に一度くらいは嫁さんに朝飯の支度をサボらせてやると考えると、夫婦円満代としてはお安いかも知れない。^^;

今朝も行ってみたら、それよりさらに安い「卵かけご飯」290円というのがメニューに加わっていた。卵と味海苔と漬け物、それに味噌汁とご飯。ふむ…。

納豆が単品で95円なので、足すと385円。当方の納豆定食と比べると385-350で35円が漬け物代か。微妙ですなぁ。^^;

なんでも安くなるのは結構なことだが、なんだかどんどん底なしの不況に沈んでいきそうな気分も味わう。いいような、悪いような。
コメント   この記事についてブログを書く
« ご一緒にポテトはいかがですか? | トップ | 札幌円山公園お花見予告 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事