ズッキーニの味噌煮込みBlog版

コンピュータのこと、食べ物のこと、なんでもないこと、とんでもないこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

衛星が見たいと妻が言うので

2009年04月29日 20時39分02秒 | Weblog
例によって、犬猫を置いて遊びに行けない神経質さのせいでこの連休も、一泊以上の遠出ができない。もちろん、6年前にこじらせたまま慢性化した貧乏は、厳粛に受け止めるべき事実だ。

しかしそれでは、ふだん迷惑かけっぱなしの嫁さんがあまりにかわいそうだ。せめてささやかなプレゼントなりとと思い、なにかほしいものはないかと聞く。間髪入れずに「衛星見たい」との返事。もちろん天体望遠鏡がほしいのではなく、衛星放送が見られるようにしてくれというご希望だ。

    *

何度か書いているが、嫁さんは大の韓流ファン。

しかしテニス仲間に韓流の話を仕掛けると、当の相手はすでにその先のストーリーをBSやらWOWOWで観ているという悲しい状況。「うち、びんぼーだからぁ」とぐっと堪えていたかと思うといじらしく、ここは無理にも亭主の甲斐性を見せるべき場面。

ない知恵は絞りようがなくとも、ないカネはどこからか調達できるもの(そそ、そうなの?)。見せてやろうじゃないかその衛星とやら。WOWOWもスカパーも、全部まとめて面倒見たる。

いつも行くヨドバシにはまだウサギ[*1]がうろついており、質問したら「しばらくお待ちください」と言ったきり帰ってこない。仕方がないのでその辺にあったスカパーのパンフレットを持ち帰る。

カスタマーサポートに電話をしてみる。キャンペーンでアンテナを無料で取り付けてくれるという話に期待したのだが、申し込みから一週間もかかるとのこと。連休突入に間に合わせてやりたい亭主心をくすぐるどころか、逆なでしやがる。

知り合いに聞いてみたところ、自分でやるのは別に難しくないとのうれしい情報。そう言えば昔、どこかの電力会社で通信の仕事をしていたアタシだ。家には退職時にもらった工具類も現役で残っているから、なんとかなりそうだ。

すでに新築時に三階の手すりから二階の居間までの同軸ケーブルは敷設済み。あとは手すりにパラボラを取り付け、ケーブルをつないでやるだけだ。水曜日が休日なので、一気に片付けるべく前日に発寒(はっさむ)のヤマダ電機で一番安くて丈夫そうなパラボラを購入してきた。7,000円ほどだった。

実は改めて調べてみるまで、BSとCS(スカパー)は別々のパラボラが必要なのだと思っていた。いまは110°CSというのがあって、共用パラボラひとつですむのだそうだ。うーん、技術ってすばらしい。これは工事が楽だ。

    *

さて、工事日がやってきた。

前日に、WebからWOWOWとスカパーe2に申し込んである。WOWOWは翌月末までが割引期間、スカパーe2は16日間の全チャンネル無料キャンペーン中。

あらためてアンテナのマニュアルを読むと、しつこいくらいに「左右方向が1°ずれていても受信できないことがある」と書いてある。しかも電波が受信できてからテレビに映像が映るまで10~15秒かかるという。これを1°単位で調整するのかと、ちょっと緊張する。

朝っぱらの犬の散歩でご近所のアンテナ事情(?)を調査。おおよその方角を確かめてある。困ったことにちょうどその方角にお隣の三階の壁がある。これは屋根まで上がって取り付けないといかんかなと覚悟して、取りあえず階のベランダに出る。おりょっ。

なんとベランダの一番端から衛星が見える(見えない見えない)。

衛星は見えないが、うまい具合にご近所のアンテナが向いている方向にはお隣の壁がない。これはもしかしたらと、アンテナを取り付けてみた。二階の居間からテレビを上げてきてつないでみると…なんと放送を受信しているではないか。これは偶然1°の狂いもなく方角が合っていたということだろうか。

と思うのが畜生の浅ましさ(だれが畜生やねん)。いろいろと試してみると、左右方向の角度はマニュアルに書いてあるようには厳密ではない。むしろ縦方向、仰角の方が効くようだ。試しに少し仰角を大きくしてみると、とたんに受信できなくなった。面白いものだな。

放送が見られることがわかったのでいったんケーブルを外し、テレビを居間に戻す。アンテナにつないだケーブルを短く切り詰め、新築時(といっても10年以上も前のことだが)に敷設しておいてもらったケーブルと接続する。接続用のコネクタは昨日のうちに用意してある。このあたりはさすがに(だれもほめないが)もと通信屋である。

10年以上経過すると単にビニールテープを巻いただけの端末処理では胴体が腐食しているので、それはアタシか、導体が腐食しているので、10センチほど切ってから皮膜を剥くと新しいシールド層が出てきた。これをコネクタ内でつないで、特殊な防水テープを念入りに巻き、その上からビニールテープをしっかりと巻き付ける。長めになっているケーブルを巻き、雨の時に接続部に水がたまらないように位置に気をつけて、手すりに固定する。

ふぅ。

昨日のうちに16日間無料キャンペーンの手続きを済ませているので、ほどなくスカパーの警告表示が消えた。WOWOWも同様。あとは嫁さんにチャンネルを預けて、アタシはこないだ買っておいた日本酒を冷やで飲る。つまみは昨日の残りの糠ニシン。ちょうどいい塩味だ。

嫁さんがチャンネルを変えていくときに、CNNjというチャンネルを見つけた。どうもCNNを日本語で同時通訳して聞かせているようだ。うーん、すごい。これで「今朝CNNを観ていたらオバマがさぁ」とかとかやったらウケるかも知れない。どうせ英語ができないのはバレバレだから、ギャグとして正しく評価されることだろう。ふん。

    *

[*1] なにか質問すると「少しお待ちください」と言ってピョンピョン跳ねていったきり戻ってこない役立たずの店員を我々ヨドバシラー(ヒトバシラみたい^^;)は、「ウサギ」と呼んでいる。
コメント (2)

微妙なラーメン(わさびラーメン)

2009年04月29日 09時11分08秒 | 食い物
自宅の近くにあるラーメン屋。「百麺想(ひゃくめんそう)」という。メニューに百種類ものラーメンがあるというあり得ない話は、本当に、ない。道路向かいの大きなパチンコ屋の客をあてにしているような、普通のラーメン屋。嫁さんがわりと気に入っているので、時々行く。

こないだ行ったら、季節限定でこのメニューがあった。アタシはここのラーメンはあまり好きではないので、定番の一品がない。おもしろいから試してみようと注文してみた。「限定品」に弱い体質だし。

味は塩。スープは普通。写真でドンブリの奥の方の赤いのが梅肉。その左に、光が写っちゃったが緑色をした固まりがわさび。どちらもけっこうな分量。どうしたものかと思ったが、混ぜて食うものだろうと見当を付けた。

しかし、これらを麺に混ぜて食おうとすると、ほかの具もすべてぐちゃぐちゃにせざるを得ない。チャーシューも崩れてしまうので、肉好きのアタシとしては躊躇してしまう。結局、具が比較的空いているところに梅肉を持って行っては混ぜ、メンマをどけて空きを作っては、少しわさびを運んでは混ぜ。

なんでこんなことをしているのか多少の疑問を感じながらも、なんとか初期設定(笑)を終えた。

食ってみると、意外にいける。梅肉の量が微妙だが、全体としては悪くない。問題は、前述のような事情であまりきれいに混ぜられなかったので、わさびの固まりが残っていることだ。これはけっこう、来る。来るなんてもんじゃない。キターッ、くらい。そうたいしたことはないか。

リピートするかどうか…もう一回くらい、するかもしれない。

    *

このところ数日、仕事で珍しく大きなプレッシャーがかかることがあった。嫁さんが心配して「どしたの?」と聞いたくらい、顔がこわばっていたらしい。

本当にこういうのは珍しく、ふだんは「おー、来た来た」とプレッシャーがかかっている状況を楽しめる余裕があるのだが、今回は複数まとめてきたのできつかった。決断力はある方なのだが、決めようとするとその方向に立ちふさがるものがある。正面突破を図っていると、別の状況が足を引っ張る。アタマが単純にできているので、こういう状況は苦手だ。まぁ、逃げてもいられんので片付けるしかない。

こういうときは、ひとつ片付けたことを大げさに喜んでしまう。幸いにひとつ小さいのを片付けたので、「よっしゃーっ」のかけ声と共に右の握り拳を突き上げる。前々からほしいと思っていたイヤホンを発注し、日本酒のいいのを一本、買ってきて呑む。

「がんばった自分にご褒美」などと、甘ったれOLみたいなことは言わない。「よくやったなぁ。これが片付くのはいい兆候だ。よしっ。よしっ。」などと口に出して、体を揺すって全身で喜ぶ。脳みそをお祭り騒ぎに巻き込んで、しばしプレッシャーのかかった状態から引き離そうという寸法だ。わりとうまくいく。

それで、気がついてみたら月命日から2日も経ってしまっていた。すまんすまん。ごめんね。

今年初めての桜
コメント (3)

消臭剤、撒いた?

2009年04月22日 20時29分54秒 | Weblog
今朝、会社に行く前に嫁さんに聞かれた。

…なに? なにを撒いたって?

だから、あの、シューッて。臭い消しの。

だからなにを…あ、ボディスプレーのことか?

そうそう。それ。シューッてしてるの? ちゃんと。

あのなぁ、あれは消臭剤じゃないの。フレグランスっていうの。

だって、臭い消えるしょ。

    *

こないだ平岸で呑んだとき、帰りが遅くなったがタクシー代がもったいないので、業界の貧乏仲間のマンションに転がり込んだ。そこでまた呑んで、なんだか死ぬほど辛いスパゲティをごちそうになった。

この辛みの元が、ハバネロに鶏のトサカとガマガエルの脂と目玉オヤジの左目(どっち?)を加えて三日三晩煮込んだものだそうだ。「おなべや、ぐつぐつ」と唱えながら煮込むらしい。あまりにひどいので、浅田邸のバーベキューの時に持って行くぐらいしか使い道を思いつかないというシロモノだ。それを入れたのだから、まぁ辛いの辛くないのって、辛いのだ(なんなんだよ)。

それで翌朝。

意識を取り戻して、取りあえず会社に行くために地下鉄に乗った。シートに座って気がついたのだが…くく、くちゃい。風呂入っていないし、顔洗っていないし、おまけに昨日ごちそうになったスパゲティに、香り付けのニンニクが入っていたような気がする。

そりゃクサいだろうさ、そりゃ。


これはまずいと思って、ひと駅前で電車を降りた。コンビニに飛び込んで日用品の棚を見ると、AXEというシリーズもののボディスプレーがあった。サンプルで匂いを(こういう時は『臭い』ではなく『匂い』)確かめて、UNLIMITEDというのを買い、物陰に身を潜めて頭から始めて体中に吹きかけた。取りあえずこれで夕方までもたせよう(無理なんちゃう?)。

それが意外と気に入って、嫁さんにも評判が良かったので、風呂上がりには忘れずにシューッとしている。アタシはだらしがないので(とうとう自分から言い出した)こういうことはまず習慣化することがないのだが、珍しく続いているのはよほど匂いが気に入ったのだろう。

元々脂性で体臭がきつい上に最近は加齢臭とやらいうものが参戦して、なかなかにステキな状態になっているらしい。『らしい』というのは、自分ではよくわからないからだ。嫁さんに言わせると、嫌がらせのような臭気を発しているそうな。

…どんなんだ。

しかしそれにしても『匂い消し』とはなぁ。

わしゃ、ウンコか? 
コメント

夜更けにピンクフロイド

2009年04月18日 17時35分07秒 | Weblog
イッパイ飲みながら、テレビも見飽きた。ネットにも気になるニュースや新製品がない。ヤケにしんとしたそんな夜更け、日本人ならふいにピンクフロイドが聞きたくなることがあるだろう。


…ないか。


まぁ、ないわな。(⌒_⌒;)



しかし、なっちまったんだから仕方がない。こんなときのためにiTunesストアがあるのだ。

枕元にいつも置いていてるiPhoneを起こし、iPhoneアプリのiTunesから "Dark Side of the Moon" を検索してサクッと購入。アルバム一枚分でも無線LANだから早いのだ。

やっぱり "Money" だろ。最初に聞くのは。よろしいなぁ、ドキドキしますなぁ。ちょっと、背徳の臭いしません? こんな夜更けにピンクフロイド聞くなんて。目をぎゅっとつぶって、「まーねえー」とか口だけで歌っちゃう。隣で嫁さん、寝てるからね。「とうとうキタか」と思われると面倒だし。

もっと聞きたくなって、押さえようがなくなって、"Atom Heart Mother" をさがしたんだけど、どういうわけかこれが検索に引っかからない。おっかしーなー。あれだけ有名なアルバムがないはずはないんだが。

そのうち眠くなってきた。今朝起き抜けに "Wish You Were Here" をさがして購入。なんだか敵討ちでもしているみたいに気が急く。いったいなにに追い詰められているんだろう。

とにかくいまは、ピンクフロイドが聞きたいのだ。切々と訴えるギターに、ぎゅうっと心臓をわしづかみにされながら。
コメント (2)

札幌円山公園お花見予告

2009年04月15日 21時02分59秒 | Weblog
ちょっと早いかな。

毎年恒例の我が社の花見は、今年は5月9日(土)に仮決めした。いつも札幌市内でお付き合いのある組み込み系やらネットワーク系やらの人たちが大勢集まって賑やかな宴になるのだが、今年はハイビジョンカメラモジュール "Pegasus" の開発元、アキュートロジック株式会社(ALC)からもCTO始め技術系の人が何人か来られることになっている。

ALCは東京の会社だが、ソフトウェアの開発は札幌のデザインセンターが拠点となっている。うちの会社が "Pegasus" 用のインタフェースボード "EZORIS" を開発するにあたって強力な技術的バックアップをいただいていることもあって、一緒に花見をやりましょうと話がまとまった。

この、ゴリゴリの組み込み系開発の話を強引に花見に持ち込むあたりが、我が社はただ者ではない。そのとおり、馬鹿者である。(⌒_⌒;)

いつものとおり、場所はこちらで確保する。開始は昼前後、といういい加減さも例年どおり。ポータブルコンロ、使い捨てのジンギスカン鍋や皿コップ類、肉、野菜、最初の (*^^)/[_]~[_]ヽ(^^*) 用のビールくらいは、こちらで用意する。

飲み物は自前で用意していただく。あとから来る人は肉がなくなっている可能性があるので、買ってきていただけるとありがたい。事前に電話をくれたら、なにがどれくらい足りないかをお知らせする。肉以外にも、野菜、ハム/ソーセージ(これも「肉」か)、CD、DVD、FPGAなど、焼きたいものがあったら持ち込みは自由。おにぎりや漬け物も歓迎する。終盤間際のコーヒーの提供は大歓迎されるであろう。
コメント

なんでも安くなるのはいいことだが…

2009年04月11日 21時16分25秒 | Weblog
ここ数ヶ月は毎週土日のどちらかに、「西宮の沢食堂」という定食屋さんの朝食セットを食べに行っている。

基本は500円で焼き魚や揚げ物などの主菜がひとつ、好きなものを選べる小鉢がふたつ、味海苔、味噌汁、大中小(値段はおなじ)選べるご飯。

嫁さんがこれで、アタシは350円で納豆、卵、味海苔、味噌汁、ご飯の定食。味噌汁を豚汁に変えてもらって+50円の400円。サービスのふりかけをたっぷりかけて、ご飯の半分をおいしくいただく。ご飯が半分になったところで、納豆をといて卵と混ぜ、ご飯にたっぷりかけてザブザブとすすりこむ。これが実にうまい。もう、大好きだ。(*^_^*)

アタシの味海苔は嫁さんが持ち帰って平日の朝食に供し、二人で5枚の味海苔を分け合う。嫁さんが選んだ主菜や小鉢で気に入ったのがあれば、ちょっとつまんでみたりする。

二人で900円の朝食が高いか安いか。週に一度くらいは嫁さんに朝飯の支度をサボらせてやると考えると、夫婦円満代としてはお安いかも知れない。^^;

今朝も行ってみたら、それよりさらに安い「卵かけご飯」290円というのがメニューに加わっていた。卵と味海苔と漬け物、それに味噌汁とご飯。ふむ…。

納豆が単品で95円なので、足すと385円。当方の納豆定食と比べると385-350で35円が漬け物代か。微妙ですなぁ。^^;

なんでも安くなるのは結構なことだが、なんだかどんどん底なしの不況に沈んでいきそうな気分も味わう。いいような、悪いような。
コメント

ご一緒にポテトはいかがですか?

2009年04月09日 23時38分06秒 | Weblog
レジの女の子はたしかに、そう言った。

    *

嫁さんが、朝食に使う牛乳がないから買ってきてくれという。駅前のコンビニに行ったらまだ開いていない。JR北海道が経営しているらしいこのコンビニは、全然コンビニエンスじゃない。

仕方がないので、ちょっと離れたセブンイレブンまで足を伸ばす。こっちはちゃんと開いていて、棚から牛乳を1パック取ってレジに。そのときに、そう言われたのだ。

もしかして、こないだまでマクドナルドでバイトしてた? (⌒_⌒;)
コメント (2)

東京でiPhoneからMzoneを使う

2009年04月06日 19時10分45秒 | Weblog
かくして自動的にMzoneに接続できるようになった(かに見えた)iPhoneであったが、何度か札幌駅を通過しているうちに突然ログインを求められるようになり、その後はなにをどうしてもWPAエンタープライズの認証ができなくなった。「未検証」と冷たくあしらわれ、そのままいくら待っても先に進めない。

どうも好ましくない状況なので、設定情報をいったん消してしまった。

その後、出張で東京に行く機会があった。羽田から京急のホームに入り電車を待っているときに時間があったので、待てよと再度iPhoneでMzoneのWPAエンタープライズ認証を行ってみた。

これがなんとまぁ、あっさりと認証されてしまったのだ。その後の快適さといったらない。全部を調査したわけではないが、停まる駅ごとにMzoneの電波が来ていて、しかも認証済みだからログインもせずに使える。札幌だと公衆無線LANを使うにはまずスポットをさがさなくてはならないのが普通だが、東京はすげーぜ(←田舎もん)。

その快適さが壊されたのは千歳空港に戻ってきたときだ。またログインを求められる。その後はまったく同様で、通ったはずの認証が認められない。再度認証を試みるが、やはりダメだ。

この現象だけから想像できる理由はあるが、検証ができないことを書くつもりはない。もともとMzoneの「自動ログイン」はiPhoneでは保証されていないことだし。

まぁちょっと、状況が変わるまで待つことにするか。
コメント