∞ヘロン「水野氏ルーツ採訪記」

  ―― 水野氏史研究ノート ――

     本ブログの記事、画像等の無断複製および転載を禁じます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

C-8>寶光山 大儀寺(水野忠徳の写真掲額)

2009-04-06 22:05:09 | C-8 >新宮水野





●寶光山 大儀寺(水野筑後守忠徳の領地菩提寺)
          茨城県鉾田市阿玉615 (2009.4.6 御住持から史料恵贈)


◆縁起
 当大儀寺は、禅宗・臨済宗妙心寺派に属し、華蔵曇化大禪師が、慶長年間(1596-.1615)阿玉の地に隠栖し、草庵を結び法花山大儀庵と称した。
 貞享元年(1684)、佛頂河南大禪師が入庵し、本堂、庫裏、山門諸堂を建立し、寶光山大儀寺と改め、この佛頂河南大禪師を中興開山とした。その後、正徳二年(1712)大火に遭ったが、翌三年(1713)佛頂禪師により再建された。しかし、明治六年(1874)冬、再び火災に見舞われ、諸堂および宝物古文書等、おおよそ焼失してしまったものの、幸いにして御本尊の聖観音、諸佛像は火災から免れたことで、当時の歴史を今日に伝えている。
 御本尊の聖観音菩薩座像は、稲葉丹後守御母の稔侍佛であったが、佛頂禪師へ寄進されたものである。本堂には、御本尊を中央に、不動明王、達磨大師像、釋迦如来立像が安置されている。

◆阿玉の領主、水野筑後守忠徳
 阿玉領主の初代は、水野主計忠英で、二代は水野齋宮忠護、三代は水野彌三郎忠長(忠延)、四代が水野甲子二郎忠徳、後の外國奉行水野筑後守忠徳である。五代は水野甲一郎忠敬(子雲)で、その子は克譲である。
 当大儀寺には、水野筑後守忠徳縁として、忠徳系の過去帳、墓地、位牌など、多くの文献資料が保存されている。
寺墓地内に忠徳の多宝塔が建てられており、水野筑後守忠徳の遺髪を納めた墓や、水野子雲の遺骨が納められた墓がある。
 また、本堂には、大正時代にご子孫から寄進された、水野筑後守忠徳公と水野子雲親子の写真が掲額されている。



☆旅硯青鷺日記
 先月、ネットサーフィンで、「茨城新聞 <鉾田市> 幕末の日本支えた水野忠徳 2008/03/28(金) 別刷り 特集 A版 24頁」に辿り着き、そこに「――阿玉での忠徳は隠居して現在の阿玉原の開墾を命じたと伝えられている。阿玉にある大儀寺には、遺髪を納めた墓があるほか、本堂には大正時代に子孫が託した忠徳と子の写真がある。同寺の山上宗俊住職は、「阿玉にいた記録もある。土居さんも取材に二度訪れている」と話している。 (土居良三著『幕末五人の外国奉行』中央公論社刊参照)―」との記事を見いだし、早速、大儀寺のご住職に電話を架けて、その写真の所在を確認したところ、当山の縁起由来を記したリーフレットに写真が掲載されており、それを郵送下さるとのありがたい御言葉を頂きました。本来なら訪問し実物の写真を拝見したいところですが、遠方であることから、時間と費用の捻出が叶わなず残念ながら採訪できませんでした。
 本日、ご住職がお寺にある史料に基づいて纏められた「阿玉の領主、水野忠徳(筑後守)公と大儀寺」と題する資料と併せてご送付下さり、今般初めて、水野筑後守忠徳の確実な根拠のある写真を入手する事ができました。ご住職様のご厚情に深謝いたします。 合掌
 なお、本記事に添付された写真は、ご住職様から転載のご許可を頂いたものであり、無断転載は堅くお断りいたします。






★水野筑後守忠徳 ―― 連載集
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« C-8>水野筑後守忠徳 No.7 | トップ | S-1>《水野氏関連氏族》「諏... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はな。)
2009-04-07 09:50:49
貴重なお写真を拝ませていただきました!
ありがとうございます!!
先日のTVで映った写真とも、
外国奉行の集合写真とも違うお顔立ちですが、
ひじょうに水野忠徳氏らしい御姿に
感動しております。
ぜひ拙ブログにこちらの記事とのリンクを
掲載さえてくださいませ。
よろしくお願いいたします☆
了解しました (∞ヘロン)
2009-04-07 10:00:34
はな。さん、早速コメントを頂きありがとうございました。
>先日のTVで映った写真とも、
>外国奉行の集合写真とも違うお顔立ですが、
>ひじょうに水野忠徳氏らしい御姿に感動しております。
―そうなんですね。このお方こそが屏風水野そのものですね。しかし外国奉行の集合写真は、今後も研究していきたいですね。(^^)

 それからお申し出のリンクの件、了解いたしました。よろしくお願いいたします。

はじめまして。 (小夜)
2009-04-08 12:16:25
はじめてコメントさせて頂きます。
∞ヘロンさんのお名前は、はな。さんのブログで度々お目にかかり、こちらへも時々寄らせて頂いておりましたが、ロムばかりで失礼致しておりました。
しかし今朝(ようやく)はな。さんの記事を見て飛んで参りました!
そして今、水野忠徳さんの写真を眼にし・・・どきどきしてます~。嬉しいです!
ありがとうございます。ありがとうございます。眼福です!本当に、水野忠徳さんらしいお顔で嬉しい!(笑)。
確かに、TVで紹介されたものとも例の集合写真ともだいぶ違いますね。本当に同一人物なのか否か、今後判って来ると良いですね。
初めてコメントするのにテンションが上がってしまい長くなってすみません。
今後ともよろしくお願い致します。
歓迎>小夜さん (∞ヘロン)
2009-04-08 14:13:36
小夜さん、こちらこそ初めまして。
小夜さんのブログにも、はな。さんのブログ経由で時々覗かせていただいておりましたので、コメントをいただきとても嬉しく思います。
この先も、忠徳公の記事を書き続けたいと思っておりますので、これからもどうかよろしくお願い申し上げます。


写真についての感想 (∞ヘロン)
2009-04-08 18:28:30
こちらにコメントいただいた――
「はな。さん」のハンドルをクリックすると
  「水野忠徳さんの別のお写真」という記事があります。
また、「小夜さん」のハンドルをクリックすると
  「アドレナリンが・・・。(追記アリ)」という記事があります。
いずれの記事やそれに伴うコメントは、水野筑後守忠徳の写真についての
ご感想などが書かれています。。
とても迫力がありますので、ぜひご一読下さいませ。(^^)


リンク完了致しました。 (小夜)
2009-04-10 22:50:13
拙宅「二つ夜」の「星月夜」→「幕臣録」→「水野忠徳」のページから(奥まっててすみません・汗)こちらへのリンク作業が完了致しました。ご確認下さい。
基本ふざけたHPなので、あんな感じの紹介文ですが、もしお気に召さない場合は遠慮なくご指摘下さいね。
では、よろしくお願い致します。
リンクありがとうございました。 (∞ヘロン)
2009-04-11 07:10:03
小夜さん、早速リンクしていただきまして、どうもありがとうございました。
で、お返しというわけでもありませんが、こちにのブックマークに貴「二つ夜」をリンクさせていただきましたので、ご確認下さい。(^^)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

C-8 >新宮水野」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

4月8日誕生会・・・・の巻4  宝光山大儀寺・上 (仏像1万2千体)
2012年4月08日    宝光山大儀寺=茨城県鉾田市阿玉614