アメリカンフットボールチーム サンダーバーズ  2015年スローガン 「REBORN」
さんだば通信       サンダーバーズの今を発信! 



しんすけ@2014CAPです。

12月14日に行われたアーバンボウルの決勝戦、バトルホークスとの試合は20対7で勝利することが出来ました。

当日スタッフとしてご協力して頂いたみなさま、ご声援頂いたみなさまありがとうございました。

※以下、連盟HPよりゲームレポート抜粋

----------------------------------
決勝に相応しい緊迫感のある立ち上がり、お互い譲らない展開から試合が始まる。

試合が動いたのは2Q。
サンダーバーズは、次オフェンスにてTE村越へのパスから最後はWR栗生へのパスでタッチダウン。
2Qに入り7対0と試合が動き始める。
サンダーバーズはさらにWR崎谷らへのパスで攻勢をかけるも、バトルホークスのハードタックルによりファンブルしたボールをリカバーされてしまい追加点を挙げることが出来ない。
その後サンダーバーズはWR藤井へのパス、RB大類のランで徐々に敵陣へ攻め込むものの、度重なる反則によりリズムを掴むことが出来ない。
なんとか反撃に出たいバトルホークスは、QB林によるパスアタックにて攻勢に出るもサンダーバーズの固いDB陣の守備に阻まれてしまう。
逆にサンダーバーズはQB岩本からTE村越へのパスを続けて通し、エンドゾーン目前まで迫るが、ここでバトルホークスDB小野がインターセプトしエンドゾーンまで90ヤード以上を駆け抜ける。
これによりバトルホークスは7対7とし、前半が終了する。

後半、再び予断を許さない試合開始となったが、先にチャンスを掴んだのはサンダーバーズ。
WR栗生、WR崎谷へのパスでゴール前まで前進、RB大類のランプレーでタッチダウン。
再びリードを奪う。
追いつきたいバトルホークスは第4Qに入りRB高橋のランプレーなどで押し込むも攻めきれず。
P高野のナイスパントで敵陣深くまで攻め込み攻守交代。
その後、バトルホークスは逆転を目指しギャンブルを行うもサンダーバーズDB土元にインターセプトされ自陣深くでのディフェンスとなる。
サンダーバーズはQB岩本が自ら持ち込みタッチダウン。
リードを広げる。
残り時間僅かでバトルホークスはWR池田へのパスで敵陣に攻め込むが、サンダーバーズDB土元にインターセプトされ試合終了。

第23回アーバンボウルは昨年に引き続きサンダーバーズの優勝により幕を閉じた。

 

TM THU BAT
1Q 0 0
2Q 7 7
3Q 6 0
4Q 7 0
計 20 7


【監督・MVPコメント】
監督コメント
昨年に続いて春秋連覇が出来て本当にいいチームになりました。数年前よりチームの中で世代交代も含め試行錯誤で時に意見をぶつけながら毎試合成長しながらここまできました。こらからも少しでもよいチームになれるように努力していきます。大会を運営してくださった皆様に本当に感謝します。
臼田正思

MVPコメント
MVPという名誉ある賞をいただき、大変光栄に思います。
これは私一人だけでの活躍ではなく、チームの全員が活躍しチーム全体で勝ち取ったものだと思っております。
来年もまたこの舞台に立てるように、チームとして個人としてさらなる進化をしていきますので応援よろしくお願いします。
また、この場を借りてこれまで支えていただいた関係者の皆様を始め、応援していた方々に感謝の気持ちをお伝えします。
岩本貴聖

『MVP』
QB#16岩本貴聖(THU)

『MIP』
DB#12 小野友太(BAT)

『ベストディフェンダー』
DL#78 金田充功(BAT)

『ベストディフェンシブラインメン』
DL#63 藤村晃弘(THU)

『ベストインテリアラインメン』
C#79 齋藤丈(THU)

『東京都連盟特別賞』
TE#80 村越哲朗(THU)
LB#9 山崎将志(BAT)

 


(当日は快晴、暖かい日差しの下で最高にフットボール日和)

 


(当チーム応援旗もセットしていただきました)

 


(選手入場直前の表情。もうスイッチ入ってます)

 


(入場、臨戦態勢のメンバ)

 


(GO、オフェンス!! この試合は予想どおり厳しい展開でしたが、ライン陣の踏ん張りでドライブできました)

 


(凌いだディフェンス! シーズン通して本当によく守り抜いてくれました)

 


(最高の勝利です。CAPシンスケ、一年間お疲れ様!)

 ----------------------------------

 

それでは、試合のstaff's Awardの発表です。
今回のMVP MIPはゴンさんに選んでいただきました。

MVP
DL#92 野村
DEFでの失点を0点に抑えた立役者、終始OLを圧倒したプレイで受賞

齋藤コメント
トイメンに立たれて、コイツ以上に嫌な相手はいないですね。


MIP↑
WR#80 村越
DB#27 高木

前半のモメンタムを持ってくるプレイで受賞
村越→ロングゲインパス
高木→タックル

齋藤コメント
要所でのパスキャッチ、タックルでチームを救いました

 

MIP→
DB#11 星
DL#66 日下部
WR#13 小山
DB#37 谷嶋

サイドラインからの声で
チームを鼓舞し続けた姿勢で受賞

齋藤コメント
ピンチのときもチャンスのときも常に声が出ていてチームを盛り上げました。



MIP↓
RB#20 大類
エースとしてもっと出来ただろうということで受賞

齋藤コメント
期待値が高い分評価も厳しいですね。

 

続いてシーズンのMVP・MIPになります。
チーム全員で投票して決めたものです。
※複数票を獲得した人も記載します

 

MVP
RB#20 大類

複数票
QB#16岩本
OL#52しんすけ
DL#92野村
LB#54河野
WB#7藤井

 

MIP↑
DB#27高木
WR#17栗生

複数票
LB#54河野
DL#92野村
DB#23土元
WB#7藤井
QB#16岩本
OL#79ジョー
スタッフ

 

MIP→
LB#54河野

複数票
WB#7藤井
RB#20大類
QB#16岩本
WR#17栗生
OL#52しんすけ

 

MIP↓
LB#54河野

複数票
OL#66日下部
DB#23土元
DL#72田中
RB#20大類

 

ルーキーオブザイヤー
WB#7藤井

OL#60大介
DL#40藤村
LB#85コージロウ

 

今年も皆様のご声援に支えられて全勝優勝を達成することが出来ました。
来年も引き続き応援して頂けますようお願いします。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 20141206_リー... 2014シーズン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。