世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

歯の磨きすぎは逆効果?歯周病予防には「弱い力でマッサージ」が重要

2021-06-23 17:45:12 | 連絡
★「歯周病菌は心臓疾患や脳血管疾患、心筋梗塞、糖尿病といった全身疾患の割合を増加させるほか、認知症のリスクを高めることも近年の研究で明らかになっている。」か>
★神奈川歯科大学教授山本龍生さん「近年の研究」論文を紹介か>
::::::::::::::::::::::::::::::::
2021/06/23 16:05 ※女性セブン2021年7月1・8日号
神奈川歯科大学教授で、『ボケたくなければ「奥歯」は抜くな』(青春新書)著者の山本龍生さんが指摘する。
毛先の硬さが『ふつう』の歯ブラシを使って、やさしくブラッシングするのが基本。歯に対してブラシを真横にし、細かく動かすのが正しい歯磨きのやり方です。歯磨き剤に含まれる研磨剤は歯を削ってしまう原因になるので、磨き終わった後の仕上げにつける。その際、歯磨き剤は高濃度フッ素が入ったものでなければ、虫歯予防になりません。おすすめは、寝る前にフッ素入りのマウスウオッシュを使うことです」(山本さん) 
歯周病菌は血中の鉄分をエサにしているため、歯茎からの出血を止めると歯周病菌が大幅に減ることがわかっています。磨こうとするのではなく、歯ブラシの毛先をあてて弱い力で歯茎をマッサージすると、歯茎の細胞分裂が2〜2.5倍ほど活発になって歯茎の出血が止まる。それが歯周病の改善につながるのです」(山本さん) 

 圧力に加え、磨き方のクセも歯茎がやせる原因になると話すのは、山田歯科医院院長の山田豊和さんだ。
また、山田さんはこうアドバイスする。
 「やみくもにブラッシングするのではなく、手鏡で汚れを確かめながらじっくり磨きましょう。最近は電動歯ブラシも人気ですが、結局磨ける部分は手磨きと変わりません。

コメント

島根原発2号機、再稼働へ事実上「合格」…時期は明らかにせず

2021-06-23 17:01:16 | 連絡
★読売取材記者不明、通信社からの配信記事を掲載しコスト低減か>
★中国電力は、中国電力島根原子力発電所2号機の建設運転開始1989年から廃棄までのライフサイクルコストを積算公表か>
:::::::::
2021/06/23 12:33 、読売取材記者不明
原子力規制委員会は23日の定例会合で、中国電力島根原子力発電所2号機(松江市、出力82万キロ・ワット)の再稼働に向けた安全審査の審査書案を了承した。事実上の「合格」で、中国電力は安全対策工事を今年度中に終える見通しだが、再稼働の時期については「地元の合意が得られていない」として明らかにしていない。
同原発は全国で唯一、県庁所在地に立地し、事故に備えた避難計画の策定が必要な半径30キロ・メートル圏内に40万人以上が住む。島根県庁や県警本部なども含まれることから、実効性のある避難計画の整備が重要となる。
 審査書案は、原発の安全対策の基本方針をまとめたもので、規制委は一般から意見を募集した上で正式決定する。合格は東京電力福島第一原発事故後、10原発17基目となる。
 審査は地震想定などの評価に時間を要し、7年半に及んだ。中国電力は周辺の活断層の長さを見直し、想定される最大の揺れを申請時の600ガル(ガルは加速度の単位)から820ガルに引き上げた。津波の最大想定も高さ約9・5メートルから約11・6メートルに修正した。
 2号機は1989年に営業運転開始。1号機は廃炉作業中で、3号機(建設中)は安全審査を受けている。
コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ イルカ70歳の「Follow Me」

2021-06-23 16:50:38 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
イルカの「Follow Me」

 
コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ さだまさし69歳の「つゆのあとさき」

2021-06-23 16:37:47 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
さだまさしの「つゆのあとさき」
 
さだ まさし(本名:佐田 雅志〈読みは同じ〉、1952年〈昭和27年〉4月10日 - 69歳)は、日本のシンガーソングライター、タレント、小説家。國學院大學、東京藝術大学客員教授[1][2]。ファンとスタッフの間では「まっさん」の愛称で親しまれている。
フォークデュオのグレープでメジャーデビュー。「精霊流し」のヒットにより全国にその名を知られるようになった。ソロシンガーになってからも「雨やどり」「関白宣言」「親父の一番長い日」「北の国から〜遥かなる大地より〜」など、数々のヒット曲を生み出す。2013年7月19日時点で、日本で最も多くのソロ・コンサートを行った歌手でもあり、その回数は4,400回を越えている[3]。
トークの軽妙さは大きな魅力とされており、それで自身のコンサートのお客を楽しませ、またテレビ・ラジオ番組のパーソナリティーやMCなどとしても活躍。小説家としても活動し、『解夏』『眉山』などの作品を発表している。

コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ ベッツィ&クリス=68歳×2の「白い色は恋人の色」

2021-06-23 16:14:06 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
ベッツィ&クリスの「白い色は恋人の色」


 ベッツイ&クリス=68歳×2+(Betsy & Chris)は、ハワイ州出身のベッツイとアイダホ州出身のクリスによる女性フォークデュオ。日本語で歌っていた。 
ベッツイ (エリザベス・ヴァージニア・ワーグナー Elizabeth Virginia Wagner)ボーカル 1952年9月4日(68歳)生まれ 
クリス (クリスティーン・アン・ロルセス Christine Anne Rolseth)ボーカル、ギター 1952年6月25日(68歳)生まれ 

コメント