世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

部下の残業ゼロに奔走した38歳課長が、給与2割減の降格処分を受けたワケ

2021-06-05 17:02:57 | 連絡
★近畿大学の奥田祥子教授元勤務先新聞社勤務体験の「働き方の課題と改革提案」を専門商社勤務体験聴取と対比し寄稿か>

:::::::::::::::::::
2021/06/05 11:15 PRESIDENT Online 掲載 
「専門商社の働き方改革」は進め方を間違えると、「ジタハラ(時短ハラスメント)」として問題視されてしまう。近畿大学の奥田祥子教授
----------
奥田 祥子(おくだ・しょうこ)
近畿大学 教授
京都生まれ。1994年、米・ニューヨーク大学文理大学院修士課程修了後、新聞社入社。ジャーナリスト。博士(政策・メディア)。日本文藝家協会会員。専門は労働・福祉政策、ジェンダー論、メディア論。新聞記者時代から独自に取材、調査研究を始め、2017年から現職。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程単位取得退学。著書に『男はつらいらしい』(新潮社、文庫版・講談社)『社会的うつ うつ病休職者はなぜ増加しているのか』(晃洋書房)、『夫婦幻想』(筑摩書房)などがある。
 ----------
(近畿大学 教授 奥田 祥子)
は「専門商社の企画部課長だった38歳の男性は、『ジタハラ』の責任を問われて、給与2割減の降格処分を受けた。一方、ジタハラを告発した部下は課長に昇進した。問題は複雑だ」という――。 
※本稿は、奥田祥子『捨てられる男たち 劣化した「男社会」の裏で起きていること』(ソフトバンク新書)の一部を再編集したものです。
■「今こそ残業ゼロを主導するのが管理職の役目」
■自身の反省から長時間労働是正に注力
■思うように進まない働き方改革
■せめて部下だけでも残業ゼロを目指したい
■部下3人からパワハラで訴えられた
■コロナ禍のテレワークが招いた「ジタハラ」
「業務効率化も事業仕分けも、私の場合は管理職といっても課をマネジメントしているだけですから、一つの部署だけでは到底無理だったんです。働き方改革は全社的な取り組みが不可欠で、対面でのコミュニケーションで、メールやオンライン会議では伝わりにくい微妙なニュアンスも含めて意思疎通が図れてこそ、うまくいくのだということを思い知らされました。入社時から気にかけていた30代半ばの主任には僕の後を引き継いでくれるよう、仕事のノウハウを伝え、期待していたんですが……。あっ、は、は、は……。そうそう、『期待しているから、頑張ってくれよ』も長時間労働につながったら、パワハラ、らしいですね……」 
^^^^^^^^
〇シフト勤務による勤務負荷分散策イメージ




^^^^^^^^^^^^^^^
■訴えた男性社員は課長に昇進した
コメント

都会から地方転職、成約率3割と意外な高水準も、半数以上は転居せず 

2021-06-05 16:41:55 | 連絡
★内閣官房勤務者(注1)の半数が「地方転職・転居」し、有言実行か>
(注1)内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 企画官兼内閣府本府 地方創生推進室
★内閣官房勤務者(注1)の半数の「地方転職・転居」者は、住民税・・・税収に寄与か>
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2021/06/05 11:00 (日経転職版・編集部 木村茉莉子) 
経営層や管理職など都市部で実績を積んだ“プロ人材”に、地方企業が熱い視線を向けている。ビジネスパーソン側もコロナ禍で働き方の選択肢が広がり、UターンやIターン、転職、副業など地方企業で働くことへの関心が高まり、両者を結び付ける仕組みの重要性が増してきた。大都市圏で働くビジネスパーソンと地方企業をつなぐ「プロフェッショナル人材事業」を展開する内閣官房のまち・ひと・しごと創生本部事務局企画官の笹尾一洋さん
<笹尾 一洋 内閣官房 まち・ひと・しごと創生本部事務局 企画官兼内閣府本府 地方創生推進室企画官 1999年慶大経卒 政府系金融機関にて、法人融資などを担当。官庁(経済産業省、金融庁)出向、経営企画・ALM業務を経験。金融庁では、中小企業金融、REVIC 監督、顧客本位の業務運営、有価証券運用等モニタリング、仮想通貨交換業者監督等に従事後、前任は監督局銀行第二課に在籍。2019年7月より現職。 
>

に話を聞いた。
 ■地方企業も、都会の即戦力を安心して確保 
――事業の目的やこれまでの成果について教えてください。 
■コロナ禍で相談件数が逆に大幅増へ 
――コロナ禍で、都市部のビジネスパーソンの利用が増えましたか? 
■DX人材は地方もモテモテ、岐阜・静岡の製造業で高いニーズ 
――地方企業で特に求められる人材は。 
――具体的にどのようなケースがありましたか? 
■地方転職でも、半数以上は県外転居せず 
―――ビジネスパーソンにとってのメリットは何でしょうか? 
――最大の課題は何ですか? 
「転職者のマインドの持ち方、具体的には“上から目線”問題です。経験やスキルを評価されて入社しても、大手企業、都市部の企業での経験を高飛車に振りかざして働くようでは、成果を上げることはできません。地方企業では、専門的な人材を中途で採用することはまだ一般的ではなく、企業側も『社風に合うか』などそれなりの不安がありつつも覚悟を決めて採用しているとも言えます。『郷に入っては郷に従え』の精神で自分から丁寧にコミュニケーションをとり、会社が抱える課題の解決に向かっていく姿勢を見せることが大切だと思います」
コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 山口百恵62歳の「ロックンロール・ウィドウ」

2021-06-05 16:28:24 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
山口百恵の「ロックンロール・ウィドウ」
 

コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 五木ひろし73歳の「倖せさがして」

2021-06-05 16:15:24 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
五木ひろしの「倖せさがして」

 五木 ひろし(いつき ひろし、1948年〈昭和23年〉3月14日 -73歳 ) は、日本の演歌歌手、作曲家、俳優。本名:松山 数夫(まつやま かずお)。身長173cm、血液型はA型。京都府生まれ[2][3]、福井県三方郡美浜町出身。所属事務所は株式会社五木プロモーション。レコード会社は、ファイブズ・エンタテインメント。妻は元女優の和由布子 

コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 山下達郎68歳の「RIDE ON TIME」

2021-06-05 14:55:26 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
山下達郎の「RIDE ON TIME」
 山下 達郎(やました たつろう、1953年〈昭和28年〉2月4日 - 68歳)は、日本のシンガーソングライターで、ミュージシャン。日本における旧来の愛称はヤマタツ[9][10][11][12]。外国語のクレジットでは Tatsuro を Tatsu[13]もしくは Tats[14]と綴ることがある。東京都豊島区池袋生まれ。妻は竹内まりや(シンガーソングライター) 


コメント