世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

環境省・厚労省・IOCは2020東京5輪でのヒトとの距離=ソーシャルディスタンスは4mに規定か

2021-06-19 16:31:27 | 連絡
★日本の流体力学研究・技術者及び日本医師会所属研究者及び技術者は
フロリダ・アトランティック大学のシダータ・ヴァーマ助教(海洋機械工学)が投稿し採録され公開済み流体力学のジャーナル「Physics of Fluids」の再現実験を行い検証か>
★日本の流体力学研究・技術者及び医療研究者及び技術者は再現実験を行い検証結果に基づき、フロリダ・アトランティック大学のシダータ・ヴァーマ助教(海洋機械工学)使用マスクより優れたマスクの産業・完全自給・余剰輸出化とヒトとの距離=ソーシャルディスタンスの世界標準規格をIOCやWHO等の世界組織に発信か>
日本の流体力学研究・技術者及び医療研究者及び技術者投稿し、採録された流体力学のジャーナル「Physics of Fluids」等の要旨を基に著者代表が国内外記者会見(注1)か>
(注1)作家・百田尚樹氏が外国特派員協会で会見(2017年7月4日)
https://www.youtube.com/watch?v=4vnU514lpVo

Alice G. Walton |CONTRIBUTOR
編集=木内涼子
2020/07/12 13:00
コロナ感染抑制に有効とされるマスク、種類で効果はどれだけ違う?
米国では依然として、新型コロナウイルス感染者が急増しており、一部の州では公の場でのマスク着用が義務化された。だが、連邦レベルではそうした対策は取られていない。米国では奇妙なことに、マスク着用の問題が政治化されている。
そのマスクは、実際にはどのようなタイプに、どの程度の効果があるのだろうか。先ごろ流体力学のジャーナル「Physics of Fluids」に新たに掲載された論文は、実験結果を可視化することで、感染の抑制におけるマスクの重要性と、最も有効性が高いとみられるマスクを明らかにしている。
論文の著者であるフロリダ・アトランティック大学のシダータ・ヴァーマ助教(海洋機械工学)は、現時点で最も入手しやすい布製のマスクに関する情報が少ないことを指摘。「実験結果を示すことで、マスクが推奨される根拠が明確になり、着用への理解が深まればと考えた」と説明している。
研究チームは医療用マネキンとグリセリンを混ぜた水を使って咳やくしゃみを再現。煙霧機とレーザーを使い、飛沫粒子が肌とマスクの隙間や、生地そのものから噴出する様子を視覚化した。
 実験の対象としたのはバンダナと、ジェローム・アダムス医務総監(米国の公衆衛生政策を指揮)が作り方を紹介している「ハンカチを折り畳んで作った」マスク、コットンのキルト生地を2層に重ねて縫った手作りマスク、ドラッグストアで販売されているコーンマスクだ。
実験の結果、微粒子の飛散を抑制する効果が最も高かったのは、手作りマスクだった。素材自体からの漏れがほとんどなく、「飛沫が前方に向かって飛散する動きをほぼ完全に抑えていた」という。ただ、マスクと鼻の隙間から上方への噴出はあり、平均6.4cm先まで飛んでいた。
ー略ー
ハンカチを畳んでマスクにしたものは、平均で約38cm前方まで飛沫が飛んでいた。研究チームによれば、「(口元をまったく覆っていない場合と比べれば)大幅に飛散距離を抑えられるが、生地を通してかなりの量が前方に噴出していた」という。上部への噴出もみられた。
最も効果が低かったのは、バンダナ(折りたたまずそのままで顔を覆う)で、飛沫は平均1m先まで届いてでいた。また、口元を覆わずに咳やくしゃみをした場合は、ソーシャルディスタンスの確保に必要とされている距離(約1.8m)の2倍に当たる3.6m以上先まで飛んでいた。
同じジャーナルで発表された別の研究でも、何も覆うものがない場合、飛沫は最大約4m先まで飛んでいたとされている。これらの結果は、過去の研究で示されている「飛沫は空気中に何分間も残っている可能性がある」との結果に通じるものがある。 
-中略ー
もちろん、新たに発表された論文は、人ではなくマネキンを使った数回の実験に基づく観察研究の結果であり、その点には注意が必要だ。ただ、その他の研究の結果と合わせて考えれば、公共の場でのマスクの着用は、感染抑制のための比較的安価な、かつ簡単な方法だといえるだろう。
ヴァーマ助教も、「感染者の3人に1人(35%)には明確な症状が出ず、気づかないうちに重症化のリスクが高い人にうつしているとみられることから、マスクの着用は極めて重要性だ」と述べている。
経済活動のためにも重要
ゴールドマン・サックスが発表した感染拡大の経済的影響に関する報告書でも、マスクの義務化は将来における再度の都市封鎖(ロックダウン)の回避につながる可能性があり、多大な経済効果をもたらすとの見方が示されている。
経済活動が再開されれば、感染の第2波が来ることはおそらく避けられない。秋から冬にかけて、感染者が再び増加する恐れもあるとされている。こうしたことを考慮すれば、今回の実験結果はさらに重要な意味を持ったものとなるだろう。







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

環境省予防情報サイト令和2年度の熱中症予防行動から令和3年度東京5輪対応に改訂が必須か

2021-06-19 16:16:14 | 連絡
環境省厚労省予防情報サイト「令和2年度の熱中症予防行動、
「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント
ポスター「屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保で
きる場合には、マスクをはずす」は
https://www.wbgt.env.go.jp/pdf/20200526_leaflet.pdf

の3dB超え安全余裕是正措置「屋外で人と十分な距離(2メートル以上)×2倍~3倍」が必須か>

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ザ人物伝 小田和正

2021-06-19 14:01:07 | 連絡
■小田 和正(おだ かずまさ、1947年9月20日 - 73歳)は、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー、会社役員。元オフコースのリーダーでボーカリスト。株式会社ファー・イースト・クラブ (FAR EAST CLUB INC.) 代表取締役社長。身長172cm。血液型はA型。
生い立ち
関東学院六浦小学校、横浜市立八景小学校を経て、1960年、聖光学院に進学。小学3年生の時中学受験のため通っていた進学塾への通学途中、京浜急行の車中で鈴木康博と運命の出会いを果たす。鈴木とは第1志望だった栄光学園中学の受験に失敗(2人共に)し、進んだ中高一貫教育である聖光学院では中学校・高等学校を通じて同級生だった。
高校3年時、学園祭(「聖光祭」)にて小田、鈴木、地主道夫、須藤尊史の4人で演奏を披露した。オフコースとしてレコード・デビュー後も(5人構成となる前までは)小田と鈴木が母校を訪れ、聖光祭にて演奏を毎年披露していた(聖光学院には1,000名以上の観客を収容可能な大ホール(=ラ・ムネホール)がある)。これは、学園祭実行委員の後輩達より毎年のように出演依頼を受け、小田と鈴木が快諾したことにより実現したものであった。なお、1999年、聖光学院創立40周年記念行事にて、小田、地主、須藤の3人が再び集結、当時の演奏ナンバーを披露した。また、新校舎完成時にもホールで演奏を披露するコンサートに出演した 。
■オフコース
聖光学院卒業後、須藤は横浜市立大学、小田は地主とともに東北大学に進学、建築学を専攻。聖光学院在学時に授業で建築模型を製作して以来建築に興味を抱いていた。また、千葉大学医学部を受験しようとも思ったが、大学見学の際に消毒臭・カーテンの汚さに嫌気がさし、東北大学を選んだという。
鈴木は東京工業大学に進学、離ればなれとなったが、仙台と横浜をお互いに頻繁に行き来し、音楽活動も続けていた。後にグループは「ジ・オフ・コース」(後にオフコースと改名)と名付けられた。
1969年、アマチュア音楽活動にけじめをつけるために「ヤマハ・ライト・ミュージック・コンテスト」に東北地区より出場。東京でなく東北から出場したのは東京ではレベルが高く、東北のほうが勝ち抜きやすそうだからと考えたためだが、実際に出場してみると東北地区も大変レベルが高かったという。それでも東北地区を1位で通過、全国大会に進出した。全国大会は赤い鳥、フォー・シンガーズ(財津和夫のいたグループ)ら強敵がいたが、小田曰く「寝ててもできるくらい」猛練習を重ね、自信をもって臨んだにもかかわらず、1位は赤い鳥、オフコースは2位だった。小田らは優勝して音楽活動にけじめをつけるつもりだったが、2位になったことで「このまま終われない」とプロの道を歩むことを決める[4]。
しかし、鈴木は音楽一本に決めたが、地主は小田と鈴木の音楽性についていけず、建築家に進路を定めた。
小田も1971年早稲田大学大学院に進学、建築の研究も続ける一方で鈴木との音楽活動も続けていた。その後徐々に気持ちは音楽に傾き、1976年大学院修了時は完全に音楽の道を選択することを決めていた。修士論文のタイトルは「建築との訣別」(ただし、審査の担当教授安東勝男に「私的建築論」とタイトルを変更させられている)。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

6月19日(土)小林克也 Music Machine GO! GO!☆ ザ人物伝 小田和正

2021-06-19 13:52:14 | 連絡
パーソナリティ:小林克也
「小林克也流」音楽のエッセンスがつまったブログラム。ラジオだからこそ楽しめる音楽の世界を、土曜日の朝たっぷりお届けします。
メールアドレス:
katsuya@1242.com

twitterハッシュタグは「#jolf」
twitterアカウントは「@1242_PR」
facebookページは「http://www.facebook.com/am1242」

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ライブ情報、陸域天気、空域航空機、海域船舶、宇宙域観測衛星・国際宇宙ステーション

2021-06-19 12:09:46 | 連絡
●陸域:池上本門寺・・東京羽田国際空港・・海域・・宇宙域



●●空域航空機、Flightradar24 is a global flight tracking service that provides you with real-time information about thousands of aircraft around the world. Flightradar24は、世界中の何千もの航空機に関するリアルタイムの情報を提供するグローバルなフライト追跡サービスです。

●●海域船舶、300トン以上の船舶に搭載が義務付けられているAIS(自動船舶識別装置/Automatic Identification System)を活用し、船名や位置、針路などの情報をGoogleマップ上に表示するものです。
AIS ライブ船舶マップ (自動更新 600秒)

●●●辛坊治郎さん愛艇「KaorinV」太平洋横断チャレンジ中

●●●「辛坊治郎さん太平洋単独無寄港横断成功」ヨットで太平洋単独無寄港横断にチャレンジしていたキャスター辛坊治郎さん(65)が米西海岸・サンディエゴのヨットハーバーに17日午前9時52分(現地時間16日午後5時52分)、無事到着した。4月9日に大阪・淡輪を愛妻の名前にちなんだヨット「Kaorin5(カオリンファイブ)」で出港、70日で約9000キロの横断に成功した。


●●宇宙域観測衛星だいちAdvanced Land Observing SatelliteAW3D30 ver.3.1 (OpenLayers 4) (jaxa.jp) 



●●宇宙域国際宇宙ステーション「宇宙から見た地球のライブ映像(ISS HD Earth Viewing Experiment)」
●●●欧州宇宙機関(ESA)の実験モジュール、コロンバスの外部に取り付けられたHDカメラによる宇宙から見た地球の精細な映像です。ISSは、約90分かけて地球を一周します。

●●●NASA ISS Live Stream - Earth From Space | ISS LIVE FEED : ISS Tracker + Live Chat


★天気ライブ映像実況サイトは、
①本門寺公園の気温、湿度、天気予報のサイト
https://tenki.jp/leisure/3/16/97/66287/3hours.html
②不快指数計算サイト
https://keisan.casio.jp/exec/system/1202883065
③東京都大田区の雨雲レーダーのサイト
https://weathernews.jp/onebox/radar/tokyo/13111/
の補完・補強サイトか>
●●池上本門寺ライブカメラサイト

■東京モノレール羽田空港国際線ビル駅ライブカメラサイト

■JAL東京国際空港羽田第2ライブカメラサイト

■多摩川田園調布上水位観測所ライブカメラサイト
https://www.ktr.mlit.go.jp/keihin/keihin00781.html
★従来のライブカメラサイトは、超高速ワイヤレス伝送技術商品導入により映像品質が格段に向上か>
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/0d47f2a965ba66d40860bcd4e6d8ef35
●馬込文士村大桜まつりアーカイブ映像、第31回馬込文士村大桜まつりPR動画
https://www.youtube.com/watch?v=XLS3oQcK8lk
★馬込文士村大桜まつりサイトは高精細映像超高速ワイヤレス伝送技術商品導入により、映像品質が格段に優れた四季折々のさくら並木のライブ映像天気実況を全国や全世界向け発信サイトとなるか>
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/0d47f2a965ba66d40860bcd4e6d8ef35
●桜坂(大田区)の桜 福山雅治さんの歌で有名な桜の名所
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/5d2a70ce54388489417f732f4df889dd
●●大田区ご当地ソング
■介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 西島三重子70歳の「池上線」
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/c2f0f1f252ff87854b892df8fa502ace
■介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 福山雅治52歳の「桜坂」
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/6d707ab92e0811b7658c67aee61a4d62
■介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 松坂慶子68歳・風間杜夫72歳・平田満67歳の「蒲田行進曲」
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/0d9a2638566b37222cddb9bcc24787ef
■介護予防 元気アップ歌声エクササイズ ハイ・ファイ・セット=71歳+67歳没心不全+75歳の「土曜の夜は羽田に来るの」
https://blog.goo.ne.jp/globalstandard_ieee/e/e269c7c9d127f076b4e8162f69812688
★弧状列島,共助,肺炎ウイルス三密=密閉・密集・密接=問題解消、平時・有事の安全なICT環境で安心WEB会議、授業及びコンサート普及促進か>


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする