世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 桑田佳祐65歳の「波乗りジョニー」

2021-06-17 16:47:04 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
桑田佳祐の「波乗りジョニー」
 

コメント

【飯田泰之】2021年6月17日 飯田浩司のOK! Cozy up!

2021-06-17 16:47:04 | 連絡
▼安倍晋三前総理インタビュー
 ▼9都道府県の緊急事態宣言、20日に解除へ 
▼米露首脳会談初の対面開催  電話:慶応義塾大学 廣瀬陽子教授 
<
廣瀬 陽子(ひろせ ようこ、1972年 - 49歳)は、日本の政治学者(国際政治・比較政治学・コーカサス地域研究)。学位は博士(政策・メディア)(慶應義塾大学)。慶應義塾大学総合政策学部教授・大学院政策・メディア研究科委員。
慶應義塾大学総合政策学部講師、東京外国語大学大学院地域文化研究科准教授、静岡県立大学国際関係学部准教授、慶應義塾大学総合政策学部准教授などを歴任した。2018年には国家安全保障局顧問に就任。

>

▼FRB、2023年中にゼロ金利政策を解除する方針 
▼リナ・カーン 
<リナ・カーン(Lina Khan、1989年3月3日 - 32歳)は、アメリカ合衆国の反トラスト法を専門とする法学者。コロンビア・ロー・スクール准教授。ジョー・バイデン政権で連邦取引委員会の委員長を務める[1]。
 
1989年3月3日にパキスタン人の両親のもとに生まれ、11歳のときに両親とともにアメリカ合衆国に移住した。 2010年、ウィリアムズ大学卒業。ウィリアムズ大学では政治哲学者ハンナ・アーレントについての論文を執筆していた。 2014年までニューアメリカ財団で市場統合の問題についての調査に従事。 2017年にイェール・ロー・スクールで 法務博士号を取得した[2]。
イェール・ロー・スクール在学中の2017年1月にイェール・ロー・ジャーナルに発表した論文「Amazon's Antitrust Paradox (アマゾンの反トラスト・パラドックス)」で注目を集める。カーンの議論は、消費者利益(価格)に焦点を絞った1970年代以降の反トラスト法解釈を問題視する。この解釈ではデジタルプラットフォーマーの低価格戦略による反競争的な市場支配の枠組みを認識することができないと主張した[3]。
2021年6月15日、アメリカ合衆国連邦取引委員会委員長に就任

 
 
 
 

コメント

中川俊男会長、医療費の抑制=報酬の減少につながるオンライン診療=肺炎ウイルス感染防御環境の全面解禁には慎重堅持か

2021-06-17 16:07:44 | 連絡
●肺炎ウイルス感染症防御環境事例


時分割・空間分割シフト勤務事例



★超高速ワイヤレス伝送技術商品導入により映像品質が格段に向上か>
●時分割・空間分割シフトレッスン事例


:::::::::::::::::::::::::::::::::
■2020年7月6日 日本医師会の新会長はなぜオンライン診療に反対なのか 
6月27日の日本医師会の会長選挙で副会長の中川俊男氏=写真=が、現職の横倉義武氏を破って新会長に就任した。コロナ禍で課題が山積する中、関係者の間で早くも「医師の利益を優先する圧力団体」への先祖返りを懸念する声が出ている。
 中川氏は2010年から5期、副会長を務めた。同氏は会見で「政府に対してものを言う姿勢」を勝因にあげたが、「死に体」の安倍政権との距離が近い横倉氏への反対票が回った面が否めない。
 安倍首相との距離が近かった
横倉前会長は、後期高齢者窓口負担の1割から2割への引き上げや、コロナ禍を受けたオンライン診療での初診の容認など、改革策を次々と受け入れてきた。それに対し、
中川氏は、窓口負担増加が前提の全世代型社会保障は「給付を狭めて負担を上げる決め打ちの議論だ」と懸念を表明。報酬の減少につながるオンライン診療の全面解禁には慎重姿勢を崩していない。
 年間43兆円超に膨張した医療費の抑制は待ったなし。中川氏は政治や行政に「是々非々で対応する」と強調するが、新会長の下、改革の流れは止まるのか。
(本誌初出 日本医師会の新会長に中川氏 「先祖返り」へ懸念の声 20200714)

■中川 俊男(なかがわ としお、1951年6月27日[1] -70歳 )は、日本の医師(脳神経外科医)、医学者。学位は医学博士(札幌医科大学大学院・1994年)。第20代日本医師会・会長。新さっぽろ脳神経外科病院・理事長。 
新型コロナウイルス関連
  • 2021年1月6日の記者会見で新型コロナウイルスに対して、「新型コロナウイルスは普通の風邪ではない。急激に重症化し、致死率も風邪や季節性インフルエンザとは大きく違う。」と述べた[5]。
  • 2021年1月6日の記者会見において、国民に自粛を呼びかける上で、国会議員に「4人以下の会食なら感染しないとお思いなら間違いだ」「まず範を示していただきたい」「国民に生じた緩みの解消につながる」として、会食の全面自粛を促したが[6]、自身も政治資金パーティーへ参加したことが判明した(後述)。
  • 2021年1月13日の会見で、当時の感染状況について、「医療壊滅が起きる」と発言、さらに「有事」「戦争」の表現まで使用していた[7]点について、一部医師からも批判の声が挙がっている[8]。
  • 2021年4月28日の会見では、第4波における緊急事態宣言について、「かなり短い」とした上で、解除基準についても期間を定めず成果型とした上で「100人以下になったら解除」という考えを示していた[9]。
まん延防止等重点措置期間中における政治資金パーティーを主催
2021年4月20日、東京都で新型コロナウイルスに対するまん延防止等重点措置が適用されている期間にもかかわらず、自らが発起人となって自由民主党の自見英子参議院議員の政治資金パーティーに参加していたことが、『週刊文春』の取材で判明した。
中川は前述のようにメディアを通して国民へコロナウイルスの危機感を強く訴えているだけでなく、政治家の会食などには全面自粛を行うよう厳しい姿勢を見せてきた立場でありながら、感染リスクの高い会食に参加したことが批判の対象となった。なお、自見は医師でもあり、日本医師会傘下の政治団体である「日本医師連盟」の組織内候補として2016年の第24回参議院議員通常選挙で比例区から立候補し、当選している。
ーティーの案内状によると、中川は発起人として政治資金パーティーへの参加を周囲に呼び掛けていたとされており、医師会内部からも疑問の声が上がっていたという[12]。パーティーには日本医師会の常勤役員14人全員が参加し、全体では約100人が参加した。
中川は翌12日の定例会見で記事の事実を認め、「全国で多くの皆さまが我慢を続けている中で、慎重に判断すれば良かった」と陳謝しうえで、「会長職を退くつもりは全くない。これまで以上に責務を果たす」と会長辞任については否定した[13][14]。
東京医科歯科大学医学部附属病院は、2020年1月28日には大学全体のコロナ対策本部が設置され、2020年4月にコロナ患者受け入れに舵を切った、2020年5月1日時点で4台のECMOを使用、3つの病棟129床を閉鎖し、同時に、予定手術も4月中旬ですべて休止し、院内ICUと救急ICU(計26床)を重症患者用22床に転換し、中等症用として3病棟を用意し、80人以上の患者受け入れ態勢を整えた、結果として、100億の減収となった[15]他方、補正予算は、東京医科歯科大学医学部附属病院に充当することなく、日本医師会の中川俊男会長主導のもと、多くのコロナ患者を受け入れている公的病院ではなく、開業医等に充当された[16][17


コメント

コロナ禍の9割は情報災害  医療法人社団裕和会理事長 長尾クリニック院長 長尾和宏

2021-06-17 15:35:14 | 連絡
長尾 和宏(ながお かずひろ、1958年 - 63歳)は、日本の男性医師(博士)、作家である。医療法人社団裕和会理事長で、長尾クリニック院長、関西国際大学客員教授を務める傍ら、『歩くシリーズ』などの出版にも関わっている[1] 
1958年、香川県にて生まれる。1984年に東京医科大学卒業後、大阪大学第二内科に入局し、同年より聖徒病院に勤務。1986年より大阪大学病院第二内科勤務、1991年より市立芦屋病院内科に勤務。
1995年に兵庫県尼崎市にて長尾クリニックの院長に就任し、
1999年より医療法人社団裕和会の理事長に就任した[1][2]。 
詳細は、オフィシャルサイト内『著書』のページを参照。
コメント

約3000人の発熱患者 約400人のコロナ患者 コロナの看取りはゼロ[長尾和宏の町医者で行こう!!

2021-06-17 14:37:47 | 連絡
コロナ第四波の現状と課題─認知症の陽性者をどう見守るか[長尾和宏の町医者で行こう!!

2021年05月15日発行 長尾和宏 (長尾クリニック院長 )

■保健所と医師会の連携
筆者の診療所がある兵庫県尼崎市は緊急事態宣言のど真ん中に位置している。新型コロナウイルス感染症の第四波においては変異株の流入のため感染拡大が急速で、一気に医療崩壊に至った
今回、5月6日現在の当院におけるコロナ対応の現状と課題を報告する。
入院もホテル療養もできない自宅療養者が大阪府に1万4000人、兵庫県には2000~3000人いるという。
連日、医療の手が入らないまま亡くなる「放置死」が報じられている。
尼崎市医師会は昨年末、自宅療養者への往診医を募り約30人が手を挙げた。
在宅主治医がいない中等症Ⅱ以上の自宅療養者の情報は、保健所→医師会の担当理事→コロナ在宅医のメーリングリスト、と流れてくる。手挙げをした登録医がすぐに往診し酸素濃縮器の設置とステロイドなどを処方するシステムが稼働している。
自宅療養中の死亡を防ぐためには保健所と医師会の連携で、取り残されている感染者への介入が重要である。コロナ在宅はやはり往診に慣れている在宅医が中心になっていくのだろう。
一方、筆者の診療所では例年どおり大型連休中も通常外来を開いた。それと並行して発熱外来も開いたところ連日、30~40人の発熱患者が押し寄せ、毎日数人~10人程度の陽性者が出ている。そのうち中等症Ⅱ以上の患者には酸素濃縮器を設置しデキサメタゾン6mg×10日とイベルメクチンを処方している
。酸素飽和度が60~80%の重症者であってもすぐには入院できないので、在宅で亡くならないようにステロイドパルス療法なども行っている。
昨年来、約3000人の発熱患者を診察し、約400人のコロナ患者の診断と初期治療、約80人の中等症以上の自宅待機者への訪問診療やオンライン診療、ドライブスルー診療、そして重症化の早期発見と保健所への報告などを行ってきた。幸いなことに現在までコロナの看取りはゼロである。

コメント