世界標準技術開発F2F会議

小電力無線IEEE802規格開発会議,奇数月,米欧亜大洋州都市開催

2021/06/09【コロナワクチン 今後の日本】『さざ波発言の真意』

2021-06-10 18:11:35 | 連絡
最新6/9(水)長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル#66 
【コロナワクチン 今後の日本】『さざ波発言の真意』
【6/9(水)内容】 
◎ 高橋洋一教授を何も知らないで暴言を吐くテレビのコメンテーター 
・某民放のお昼情報番組の某コメンテーター 
・高橋は財務省に恨みを持っている??本人確認もしてない伝聞デタラメ話 
・高橋教授ご本人はまったく関わりないコメンテーター 
・テレビの情報番組コメンテーターのデタラメさは呆れて失笑もの  
◎ 新型コロナ感染症予測、今後の行方 
・”さざ波”以下の各国と比較しての日本の状況 
・アメリカの学者が言う「終わらないコロナ」は本当か? 
・感染症数理モデルが本当に分かっている人間はほとんどいない。 
・このままコロナは、インフルエンザの亜種と同じ扱いになる。 
★出演者 
長谷川幸洋(ジャーナリスト) 
高橋洋一(数量政策学者・内閣官房参与) 
★ツイッター
 長谷川幸洋https://twitter.com/hasegawa24 
高橋洋一https://twitter.com/yoichitakahashi 
梅宮万紗子https://twitter.com/masakoumemiya
★ブログ 梅宮万紗子https://ameblo.jp/masako-umemiya/
★長谷川幸洋と高橋洋一のNEWSチャンネル 
水曜日、金曜日を中心に不定期配信 配信のお知らせは公式Twitterにて! 
★長谷川幸洋連載 
現代ビジネス「長谷川幸洋『ニュースの深層』」
 https://gendai.ismedia.jp/list/serial... 
夕刊フジ「長谷川幸洋『ニュースの核心』」 
https://www.zakzak.co.jp/soc/rensai/s... 
四国新聞「ニュース裏読み」 
月刊Hanada「未来を読む!」
 ★所属事務所 ㈱オフィス・トゥー・ワン HP http://www.oto.co.jp/profile/detail.p... 
★長谷川幸洋プロフィール 1953年千葉県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士(MIPP)。77年に中日新聞社に入社し東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長、論説副主幹などを経て2018年3月末に退社。ジャーナリストとして活動中。 06~09年に政府税制調査会委員、05~08年に財政制度等審議会臨時委員、13~16年に大阪市人事監察委員会部会長など。 07~15年に日本記者クラブ企画委員、13~16年に規制改革会議委員、16~19年規制改革推進会議委員など多数の公職を務める。 著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア---本当の権力者は誰か』(講談社)で09年の山本七平賞受賞。 最新刊に「新型コロナの正体〜日本はワクチン戦争に勝てるか!?」(ビジネス社、森下竜一大阪大学大学院寄附講座教授との対談) 趣味はスキー。SAJスキー指導員の資格を持つ。 
★高橋洋一プロフィール 1955年、東京生まれ。80年、大蔵省(現財務省)入省、理財局資金企画室長、内閣参事官など歴任。小泉内閣、安倍内閣では「改革の司令塔」として活躍。07年には財務省が隠す「埋蔵金」を公表、08年に山本七平賞受賞。政策シンクタンク「政策工房」会長、嘉悦大学教授、内閣官房参与。 

#高橋洋一 #新型コロナ #ワクチン





コメント

2021/06/09髙橋洋一チャンネル 第185回 アメリカの年次改革要望書に日本は支配されている?

2021-06-10 18:01:53 | 連絡
髙橋洋一が「素朴な疑問」に答えるチャンネル アメリカの年次改革要望書によって日本の政策は決められているのか?を解説。
郵政民営化とTPP亡国論についても サブチャンネル 
映画の話チャンネルは下記からどうぞ
 https://www.youtube.com/channel/UC96k... 
#高橋洋一 #年次改革要望書 #アメリカ #DS #郵政民営化 #TPP #亡国論 #髙橋洋一チャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=USqyNK6jgrY






コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ The Carpenters カレン33歳没心肺停止リチャード75歳- Yesterday Once More

2021-06-10 17:31:25 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
The Carpenters - Yesterday Once More (Lyrics)
Yesterday Once More (1991 Remix)
アーティスト
The Carpenters
作詞 / 作曲
John Bettis, Richard Carpenter

 
カーペンターズ (英: Carpenters[2]) は、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス出身の兄妹ポップ・ミュージック・デュオ。楽器を兄のリチャード・リン・カーペンターは1946年10月15日ー75歳、 が受け持ち、ヴォーカルを妹カレン・アン・カーペンターは1950年3月2日ー1983年の2月4日33歳没心肺停止 が担当。ロック全盛の1970年代において独自の音楽スタイルを貫き、大きな成功を収めた[3][4]。1983年のカレンの死により活動を終えた。
代表曲に「遥かなる影」、「雨の日と月曜日は」、「スーパースター」、
「イエスタデイ・ワンス・モア」、「トップ・オブ・ザ・ワールド」、「プリーズ・ミスター・ポストマン」等がある。
カレンの突然の死[編集]
ニューヨークの病院での2か月以上にわたる治療を経て、カレンは30ポンド(13.6キログラム)以上も体重を戻したが、急激な体重の増加は、長年の無理なダイエットですでに弱っていた彼女の心臓に、さらなる負担をかけてしまった。1983年の2月4日の朝、カレンはダウニーの両親の家で心肺停止状態に陥ってダウニー・コミュニティ病院に運ばれるが[43]、それから20分後に死亡が確認された。彼女はその日、離婚届へ署名するつもりであったという。
検死によると、カレンの死因は神経性無食欲症に起因するエメチンの心毒性であった。解剖学的な結論としては、心臓麻痺が第1の原因で、拒食症は第2の原因であった。第3に挙げられるのが悪液質で、これは負担や衰弱としては非常に軽いもので、慢性的な疾患と関連した一般的な体の衰えというべきものであった。エメチンの心毒性が死因であったことは、カレンが当時は簡単に入手できた薬である吐剤(誤って毒物を摂取してしまった人が即座に嘔吐できるようにするためのもの)を悪用していた可能性を示唆したが、明確な証拠はない[44]。
レンの死は拒食症だけでなく過食症に対してもメディアの注目を呼び寄せた。カレンの死によって有名人たちも自らの摂食障害を公表するようになったが、その中にはトレイシー・ゴールドやダイアナ妃といった人々がいた。医療センターや病院はこうした障害に悩む人々からの相談を受けることが多くなった。カレンの死が大きく報道されるまでは、一般大衆の間では拒食症や過食症についてあまり知られていなかったため、症状を正確に認識して対処することは困難だったのである。

コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ 山下達郎68歳の「スプリンクラー」

2021-06-10 17:18:21 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
山下達郎の「スプリンクラー」

 山下 達郎(やました たつろう、1953年〈昭和28年〉2月4日 - 68歳)は、日本のシンガーソングライターで、ミュージシャン。日本における旧来の愛称はヤマタツ[9][10][11][12]。外国語のクレジットでは Tatsuro を Tatsu[13]もしくは Tats[14]と綴ることがある。東京都豊島区池袋生まれ。妻は竹内まりや(シンガーソングライター)。 

コメント

介護予防 元気アップ歌声エクササイズ SINGIN' IN THE RAIN- GENE KELLY83歳没脳卒中

2021-06-10 16:52:22 | 連絡
〇太平洋弧状列島日本人の死因 著名人 介護予防エクササイズ

〇介護予防 元気アップ歌声エクササイズ
SINGIN' IN THE RAIN (Lyrics) - GENE KELLY
Singin' in the Rain
アーティスト
Gene Kelly, Gene Kelly, Debbie Reynolds, Debbie Reynolds, Donald O'Connor, Donald O'Connor, MGM Studio Orchestra, MGM Studio Orchestra, Lennie Hayton, Lennie Hayton
Eugene Curran Kelly (August 23, 1912 – February 2, 1996、83歳没脳卒中) was an American actor, dancer, singer, filmmaker, and choreographer. He was known for his energetic and athletic dancing style, his good looks, and the likable characters that he played on screen. He starred in, choreographed, or co-directed some of the most well-regarded musical films of the 1940s and 1950s, until they fell out of fashion in the late 1950s.
Kelly is best known today for his performances in films such as Cover Girl (1944), Anchors Aweigh (1945), for which he was nominated for an Academy Award for Best Actor, On the Town (1949), which was his directorial debut, An American in Paris (1951), Singin' in the Rain (1952), Brigadoon (1954), and It's Always Fair Weather (1955). Kelly made his film debut with Judy Garland in For Me and My Gal (1942), and followed by Du Barry Was a Lady (1943), Thousands Cheer (1943), The Pirate (1948), Summer Stock (1950), and Les Girls (1957) among others. After musicals he starred in two films outside the musical genre: Inherit the Wind (1960) and What a Way to Go! (1964).[2] In 1967, he appeared in French director Jacques Demy's musical comedy The Young Girls of Rochefort opposite Catherine Deneuve. Kelly solo directed the comedy A Guide for the Married Man (1967) starring Walter Matthau, and later the extravagant musical Hello, Dolly! (1969) starring Barbra Streisand,[3][4][5] recognized with an Oscar nomination for Best Picture.[6][7] Kelly co-hosted and appeared in Ziegfeld Follies (1946), That's Entertainment! (1974), That's Entertainment, Part II (1976), That's Dancing! (1985), and That's Entertainment, Part III (1994).
Illness and death[edit]
Kelly's health declined steadily in the late 1980s. In July 1994, 
he suffered a stroke =彼は脳卒中を起こした
and stayed in Ronald Reagan UCLA Medical Center hospital for seven weeks. In early 1995,
 he had another stroke in Beverly Hills.= 彼はビバリーヒルズで別の脳卒中を起こしました。
Kelly died on February 2, 1996, at the age of 83. 83歳没脳卒中
His body was cremated, without a funeral or memorial service.=彼の遺体は葬儀や追悼式なしで火葬された。


 
 
コメント